動物生態学研究室

立教大学理学部 生命理学科
立教大学大学院理学研究科 生命理学専攻

上田研 卒業生一覧 (1997~2015年度)

学年 氏名 研究テーマ・論文題目
2015年度
理学部研究員 田中啓太 Keita Tanaka 熱帯性カッコウにおける軍拡競争と同所的種分化:寄生雛に見られる視覚擬態
理学部研究員 森本元 Gen Morimoto 鳥類の羽衣・羽色に関する研究
理学部研究員 佐藤望 Nozomu Sato アカメテリカッコウ―センニョムシクイによる雛排除行動の適応的意義
博士6年 遠藤幸子 Sachiko Endo 社会的一夫一妻制鳥類における給餌を介した雌雄間相互作用の機能
博士6年満期退学 上沖正欣 Masayoshi Kamioki Social and genetic mating system in the Asian Stubtail Urosphena squameiceps (ヤブサメの社会的および遺伝的配偶システム)
博士3年満期退学 徐敬善 Kyungsun Seo Stractural color of feathers and breeding ecology in the blue-and-white flycather Cyanoptila cyanomelana (オオルリの繁殖生態及び羽衣の構造色)
学部生 中西葉月 Hazuki Nakanishi マイクロサテライトDNA多型によるシジュウカラのつがい外父性判定
学部生 須田裕司 Yuji Suda 長野県野辺山高原におけるカッコウの宿主と繁殖結果
学部生 植野健司 Kenji Ueno オオヨシキリの巣の大きさと一腹卵数の関係
学部生 日野大智 Daichi Hino 有毒果実の種子散布における動物と植物の相利共生 ―シキミの散布の様態と種子散布者―
学部生 井上咲穂 Saho Inoue アリスイにおける雛の成長率の性差と孵化順番の関係
学部生 越智美里 Misato Ochi コムクドリにおけるバッジサイズと繁殖パラメータ―の関係
学部生 稲毛誠 Makoto Inage スズメにおける雛の成長率の性差
学部生 下村晃大 Akihiro Shimomura オオヨシキリの営巣環境と食物の関係
研究補助 ヌメリン Monopterus albus  自身の行動と学生の言動の関連についての考察
研究補助 ウッズー Coturnix japonica 研究室内の空間配置および砂浴びについて
2014年度
海外学振PD/理学部特別研究員 (2011.4-2014.08) Craig Barnett Ontogeny of behavioural syndromes in Japanese great tits (シジュウカラ Parus major minor における固定的行動傾向の個体発生の仕組み).
理学部特別研究員 (2012.4-2014.10) 櫻井麗賀 Reika Sakurai スズメの蛾類成虫の捕食について
博士5年 榮村奈緒子 Naoko Emura 海岸植物クサトベラ Scaevola taccada の分散性果実二型の適応的意義
博士2.5年および学振PD (2014.10-2015.2) 岡久雄二 Yuji Okahisa Plumage colour function in the Narcissus flycatcher (キビタキの羽色の機能).
修士2年 橋間清香 Sayaka Hashima アリスイの繁殖生態と食物資源選択
学部生 古川裕之 Hiroyuki Furukawa カッコウの“本能” -宿主卵・ヒナを排除するカッコウヒナの行動の神経メカニズムの解明を目指して-
学部生 清水柾宏 Masahiro Shimizu ヤマトシロアリが補助生殖虫に分化する要因を探る
学部生 森澤賢斗 Kento Morisawa 種間比較によるオオジュリンの羽衣の微細構造と発色に関する研究
学部生 宮亮介 Ryosuke Miya オオジュリンにおける性的二型発現に関わる羽毛の構造の違い
学部生 辻野敦子 Atsuko Tsujino オオルリの警戒声:繁殖ステージによる変化と性差
学部生 本岡允 Mitsuru Motooka 動物の貯食行動によるシキミ種子散布の可能性 -親木下と親木から離れている場所での実生の空間分布パターン-
学部生 楠周 Shu Kusunoki オオジュリンの年齢と羽の微細構造の関係に関する研究
2013年度
招聘研究員(2013.9) Jörn Theuerkauf Group territory defence as a form of cooperative breeding in the flightless Kagu Rhynochetos jubatus, an endemic bird of New Caledonia.
博士3年 佐藤望 Nozomu Sato The co-evolution of bronze-cuckoos (Chalcites spp.) and their hosts. (テリカッコウ属とその宿主の托卵をめぐる攻防)
修士2年 加藤貴大 Takahiro Kato スズメにおける営巣密度依存的な雄胚の性特異的死亡 Density dependent sex specific embryo mortalitiy in Tree Sparrows Passer montanus
学部生 大石日乃紀 Hinoki Ohishi スズメの繁殖が巣に生息する昆虫相に与える影響
学部生 鶴見ゆり香 Yurika Tsurumi シラユキウミウシNoumea属の配偶行動と生殖器系の形態
学部生 中辻裕 Yu Nakatsuji 高水温下での初期サンゴの生残と褐虫藻相の変化
学部生 羽田徳士 Tokushi Haneda ニューカレドニアに生息する飛べない鳥カグーの羽の重金属分析 Origin of variation in metal exposure and accumulation of Kagus Rhynochetos jubatus at three different regions
学部生 山口暁未花 Amika Yamaguchi 4種の鳥の巣に生息する昆虫相比較
学部生 山崎実香 Mika Yamazaki Sexually dichromatism and development of nestlings in the blue-and-white flycather Cyanoptila cyanomelana (オオルリの雛における性的二型の発達)
2012年度
スズメPD (2010-2012) 笠原里恵 Satoe Kasahara 都市部と農村部におけるスズメの基礎生態
スズメPD (2010-2012) 松井晋 Shin Matsui 都市部と農村部におけるスズメの基礎生態
博士6年 高橋雅雄 Masao Takahashi オオセッカの個体群動態と繁殖場所選択に関する行動生態学的研究-階層的な空間スケールでの選択要因の解明-
学部生 木下豪 Go Kinoshita アオスジアゲハにおける幼虫、蛹のカモフラージュと葉への付き方
学部生 大山弘貴 Hiroki Ohyama アオスジアゲハとミカドアゲハの蛹の擬装:形態と葉への付き方
学部生 吉川枝里 Eri Yoshikawa アゲハの幼虫における擬装と隠蔽:体色変化の捕食防御適応の解明
学部生 土橋亮太 Ryota Dobashi アリスイにおける非同時孵化と雛の成長率
2011年度
EAPSI研究員
(2011.6-8)
David Wheatcroft 鳥類における相利共生関係とコミュニケーションの進化
博士4年 鈴木俊貴 Toshitaka Suzuki Behavioural ecology of anti-predator communication in Japanese great tits (シジュウカラの音声コミュニケーションにみる対捕食者適応)
修士2年 岡久雄二 Yuji Okahisa Effect of pre-breeding moult on arrival condition of the Narcissus Flycatcher Ficedula narcissina(キビタキの渡来時のコンディションに対する繁殖前換羽の影響)
学部生 笠間駿平 Shumpei Kasama ツバメの繁殖ステージに伴うホルモンレベルの変化
学部生 神山準 Jun Kamiyama 都市環境に生息するノネコ Felis catus の生活圏と行動
学部生 佐々木礼佳 Ayaka Sasaki キビタキの営巣環境に対する選択性
学部生 宮田和裕 Kazuhiro Miyata クサトベラの種子散布様式が異なる二型の分布と鳥による採食頻度の比較
学部生 菅原卓也 Takuya Sugawara 都市部と農村部でのスズメの営巣可能な構造物の比較
2010年度
EAPSI研究員
(2010.6-8)
静大三郎 Daizaburo Shizuka オオバンの生活史進化と種内托卵
客員研究員
(2010.9-11)
Ruhyat Partasasmita Feeding ecology, seed dispersal, and ecology of bird communities in West Java.
博士6年 杉田典正 Norimasa Sugita Evolution of roosting behavior and mating system of the Bonin flying fox Pteropus pselaphon(オガサワラオオコウモリのねぐらと社会組織に関する行動生態学研究)
博士4年 徳江紀穂子 Kihoko Tokue Cuckoo versus hosts with unique defence strategy at nestling stage: evolutionary arms-race in the tropics. (雛段階で対托卵戦略を進化させた宿主と托卵鳥との攻防:熱帯地域における軍拡競争)
学部生 加藤貴大 Takahiro Kato 都市部と農村部におけるスズメの営巣環境と繁殖時期および巣の空間配置の比較.
学部生 山嵜大輔 Daisuke Yamazaki 都市部と農村部におけるスズメ Passer montanus の餌内容の比較
2009年度
論文博士 植田睦之 Mutsuyuki Ueta 猛禽類ツミ Accipiter gularis の防衛行動を利用して繁殖するオナガ Cyanopica cyana の繁殖適応についての研究 ― 防衛者とその寄生者そして捕食者との動的な関係
学振PD
(2008-2010)
三上修 Osamu Mikami 都市の鳥類群集を対象とした種組成を決定する要因の解明
博士課程 酒井嘉子 Yoshiko Sakai 飼育下ペンギンに見られる同性ペア・顔の魅力における性的二型の影響
修士2年 佐藤望 Nozomu Sato Anti-parasitism behaviour of Large-billed Gerygone Gerygone magnirostris(ハシブトセンニョムシクイの対托卵戦略)
修士2年 上沖正欣 Masayoshi Kamioki A new song pattern discoverd: nightlong nocturnal song to attract migrating females?(新しいさえずりパターンの発見:夜型さえずりは渡り途中の雌を誘引するためか?)
学部生 赤松陽介 Yosuke Akamatsu 小笠原諸島父島におけるメジロ Zosterops japonica のハイビスカス花への盗蜜行動
学部生 大野淳也 Junya Ohno カブトムシ Trypoxylus dichotomus septentrionalisの雄間闘争における勝者効果と敗者効果の存在の検証
学部生 小林潤 Jun Kobayashi 船舶を利用したカツオドリ Sula leucogaster の採餌行動
学部生 中村立樹 Tatsuki Nakamura オオセッカ Locustella pryeri の繁殖活動における雌雄の役割と貢献度
学部生 吉村充史 Atsushi Yoshimura オオセッカ Locustella pryeri のさえずりの日周変化と繁殖サイクルとの関係
2008年度
学振PD
(2007-2009)
北村俊平 Shumpei Kitamura 熱帯林における大型の果実食動物(特にサイチョウ)による種子散布
学部生 齋田行宏 Yukihiro Saita 大洋島に侵入したメジロ Zosterops japonica の採食行動における行動的形質置換
2007年度
博士6年 齋藤武馬 Takema Saito メボソムシクイ Phylloscopus borealis の種内系統-系統地理学的研究
学部生 佐藤望 Nozomu Sato オーストラリアマングローブに生息するセンニョムシクイ Gerygone 類2種の巣の形態と営巣場所選択
学部生 上沖正欣 Masayoshi Kamioki Nightlong nocturnal singing activity of the Asian Stubtail Urosphena squameiceps(ヤブサメに見られる夜鳴き活動の生態)
2006年度
博士6年 遠藤菜緒子 Naoko Endo ゴイサギ Nyticorax nictycorax の採食に関する生態学的研究 -時空間的に変動する環境の利用-
博士6年 森本元 Gen Morimoto ルリビタキTrasiger cyanurusの羽衣成熟遅延 -性淘汰における機能についての研究-
修士2年 伊藤洋子 Yoko Ito ツバメ Hirundo rustica gutturalis におけるつがい外受精
学部生 山王達也 Tatsuya Sanno オーストラリアに生息するハシブトセンニョムシクイにおける営巣様式 ー古巣の近傍に営巣する意味についてー
学部生 中根貴郎 Takao Nakane 鳥に散布される果実の色彩形質に関する研究
学部生 森下誠 Makoto Morishita ルリビタキは雛の数に応じてどのように行動変化させるのか? ジュウイチの宿主としての養育習性の研究
2005年度
学振PDおよび理学部PD
(2002-2006)
山口典之 Noriyuki Yamaguchi ヤマガラの母親による子の性比調節
博士3年 田中啓太 Keita Tanaka Host manipulation by the chick of horsfield's hawk cuckoo Cuculus fugax(ジュウイチの雛による宿主操作)
修士2年 矢野晴隆 Harutaka Yano Breeding Ecology of Ruddy Kingfisher Halcyon coromanda bangsi - nest selection and breeding success -
学部生 山下大和 Hirokazu Yamashita 都市の隔離された緑地の生息するコゲラの生態
学部生 高橋雄史 Takafumi Takahashi 伊豆諸島神津島に生息するナミエヤマガラの個体数推定と遺伝子多様性の評価
学部生 佐藤祥 Sho Sato ルリビタキのオスの羽色二型における繁殖成功と給餌努力の関係
学部生 小俣晶嗣 Shoji Omata 日本列島に生息するメボソムシクイの地域個体群間および亜種間のさえずりの差異
2004年度
修士2年 金子崇人 Takahito Kaneko Social stracture of Phylloscopus borealis
修士2年 福永杏 Anzu Fukunaga ルリビタキの親子判定
学部生 小林孝裕 Takahiro Kobayashi メボソムシクイ Phylloscopus borealis 集団の性比と外部形態の測定値について
学部生 長滝智行 Tomoyuki Nagataki 日本列島に生息するメボソムシクイの地域集団間のさえずりの差異
学部生 中村敏希 Toshiki Nakamura 一夫一妻のメボソムシクにおけるつがい外ヒナ(EPO)の存在
2003年度
修士2年 片岡優子 Yuko Kataoka Dynamics of mixed-species flocks in a sub-tropical island, Iriomote-jima
修士2年 斉当史恵 Fumie Saito Pollination Ecology of Bruguiera gymnorrhiza on Iriomote Island:roles of Japanese White-eye Zosterops japonica
学部生 富川聡子 Satoko Tomikawa ヘルパーのいるハイガシラゴウシュウマルハシの社会構造Ⅱ.群れ構成と繁殖分担
学部生 原島洋将 Yosuke Harashima ジュウイチ Cuculus fugax のヒナにおける翼角による begging display
学部生 八幡麻衣子 Maiko Yawata ハイガシラゴウシュウマルハシ Pomatostomus temporalis の社会構造
学部生 吉池克寿 Katsuhisa Yoshiike 警告色をもつ餌生物に対するスズメ幼鳥の反応
2002年度
学部生 石井拓也 Takuya Ishii カッコウのヒナの羽色多型の意味
学部生 宮下烈 Isao Miyashita ジュウイチの宿主選択と宿主操作
学部生 安江美保 Miho Yasue オヒルギとヤエヤマヒルギの送粉生態学的研究
2001年度
修士4年 齋藤武馬 Takema Saito ミソサザイおよびコジュリンの社会構造に関する研究
修士2年 石毛久美子 Kumiko Ishige マングローブ林における訪花者の相互関係と鳥類群集の動態
修士2年 成井康貴 Yasutaka Narui ヨシゴイの非同時孵化に関する研究
修士2年 高木憲太郎 Kentaro Takagi ハシボソガラスの貝落とし行動
学部生 須藤成人 Naruhito Sudo ルリビタキのオスの羽色と巣内ビナの性比調節
学部生 中道里絵 Rie Nakamichi 本州冷温帯湿地におけるオオセッカの生息地選好と繁殖鳥類群集に巻する研究
学部生 中村千尋 Chihiro Nakamura カッコウのヒナの羽色変異について
学部生 中山紘之 Hiroyuki Nakayama ヨシゴイの非同時孵化と巣内ビナの性比調節
学部生 富沢弥生 Yayoi Tomizawa カッコウの宿主操作:モズの親の雛サイズによる給餌頻度の調節
2000年度
論文博士 濱尾章二 Shoji Hamao コヨシキリのオスの配偶戦術:つがい相手誘引行動のコストと利益
学部生 牛田義一 Yoshikazu Ushida ルリビタキの繁殖生態と巣内ビナの性比
学部生 浦田亜希子 Akiko Urata ヤマガラの貯食行動
学部生 佐野裕一 Yuichi Sano ヨシゴイの巣内ビナの性比が親の給餌努力に及ぼす影響
1999年度
修士2年 相川直史 Naofumi Aikawa CHD遺伝子を用いた複婚型社会を持つウグイス亜科鳥類の一次性比に関する研究
修士2年 染谷明彦 Akihiko Someya ウズラの繁殖周期と内分泌系に関する研究:東京医科歯科大学(和田研究室)との共同研究
学部生 下田剛範 Takenori Shimoda 雌雄同色(monomorphic)のメボソムシクイの渡り個体群の性比と性判定に関する研究
学部生 早川伸二 Shinji Hayakawa アリジゴク(ウスバカゲロウ)の採餌戦略と社会行動に関する研究(飼育実験)
学部生 佐藤大輔 Daisuke Sato ハビタットのパッチ状構造がオオヨシキリの社会システムとEPC(つがい外交尾)に及ぼす影響に関する研究
1998年度
学振PD
(1997-1998)
髙木昌興 Masaoki Takagi 小笠原諸島父島と沖縄県南大東島に隔離分布するモズの集団遺伝学、および外部形態形質の比較研究
学部生 田村實 Minoru Tamura コルリ Luscinia cyane の繁殖行動と営巣場所選択
1997年度
学部生 相川直史 Naofumi Aikawa タモロコの地理的変異のアイソザイムとDNAによる解析
学部生 染谷明彦 Akihiko Someya タナゴ2種の産卵管伸張の同調性と産卵貝の選考性に関する研究
学部生 西垣内和志 Kazushi Nishigaito マイクロサテライトDNA解析によるセッカのつがい外交尾の研究
Copyright © Laboratory of Animal Ecology, Rikkyo University All rights reserved.