動物生態学研究室

立教大学理学部 生命理学科
立教大学大学院理学研究科 生命理学専攻

2014年度 メンバー紹介

動物生態学上田研究室に現在所属しているメンバーの紹介です。 リンクをクリックすれば、プロフィールの詳細または個人のウェブサイトにアクセスできます。 研究室の日常は、WEBアルバムからご覧になれます。

ポスドク | 大学院生 | 学部生 | 卒業生一覧(1997年度以降)

No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available! No Photo Available!

教授

上田 恵介 UEDA, Keisuke

父性判定や個体群の遺伝構造など、DNA解析の手法を積極的に取り入れた研究を進めたいと思っています。広い意味での進化生態学研究を行なっていきたいと思っています。
研究者情報ResearchGate最近の写真こだわりアカデミー対談立教ジャーナル記事ベイエフエム記事

 
博士研究員(PDs)

特別研究員
松井 晋 MATSUI, Shin

鳥類の生活史・宿主-媒介者-寄生者の相互関係

客員研究員/バードリサーチ
笠原 里恵 KASAHARA, Satoe

スズメの基礎生態・河川の鳥類群集

 

客員研究員/山階鳥類研究所
森本 元 MORIMOTO, Gen

ルリビタキにおける性的二型発現遅延の適応的意義

ポスドク/若手研究(B)
田中 啓太 TANAKA, Keita

ジュウイチの雛による宿主操作および熱帯域に生息するセンニョムシクイ属によるテリカッコウ属の雛排除の進化

田中啓太

客員研究員/新潟大学朱鷺自然再生学研究センター特任助手
高橋 雅雄 TAKAHASHI, MASAO

オオセッカおよびトキの保全・基礎生態

 

客員研究員/日本学術振興会特別研究員(SPD)
鈴木 俊貴 SUZUKI, Toshitaka

鳥たちが鳴き声によってどのような情報を伝えているのか、また、彼らのコミュニケーションがどのように進化してきたのかという疑問について研究しています。他にも、昆虫のもつ色彩の機能に関する研究などを進めています(研究紹介記事 1 | 2 )。

 

理学部PD/ポーランド科学アカデミー国際生態学センター
佐藤 望 SATO, Nozomu

熱帯域に生息するテリカッコウ類の宿主(センニョムシクイ属)による雛排除の進化を研究しています。ニューカレドニアで調査をしています。

 
博士課程

3年+
酒井 嘉子 SAKAI, Yoshiko

顔の魅力における性的二型の影響

3年+
栄村 奈緒子 EMURA, Naoko

クサトベラ果実の形態変異を調べています。果実と鳥の関係に興味があります。

3年+
遠藤 幸子 ENDO, Sachiko

モズの雌による雄への餌乞い(給餌行動)について調べています。なわばり内における異なる種との関係にも興味があります。

 

3年+
上沖 正欣 KAMIOKI, Masayoshi

ヤブサメは昼行性なのに夜鳴いたり、ペア以外の個体が巣を訪れたりする変な鳥です。その生態的意義を解き明かしたいと思っています。また、個体間・種間コミュニケーションにも興味があります。ウェブサイト管理担当。

 

2年
徐 敬善 SEO, Kyungsun

オオルリの羽の構造色と繁殖生態

No Photo Available!
修士課程

2年
橋間 清香 HASHIMA, Sayaka

秋田県大潟村でアリスイの基礎繁殖生態の解明に取り組んでいます。

No Photo Available!
学部生

学部4年
楠 周 KUSUNOKI, Shu

 

No Photo Available!

学部4年
清水 征宏 SHIMIZU, Masahiro

No Photo Available!

学部4年
辻野 敦子 TSUJINO, Atsuko

No Photo Available!

学部4年
古川 祐之 FURUKAWA, Hiroyuki

No Photo Available!

学部4年
宮 亮介 MIYA, Ryosuke

 

No Photo Available!

学部4年
本岡 允 MOTOOKA, Mitsuru

No Photo Available!

学部4年
森澤 賢斗 MORISAWA, Kento

 

No Photo Available!
居候

研究補助
ヌメリン Slimy

本当の名前はタウナギ Monopterus albus と言います。好物は金魚です。趣味は仰向けに寝ることで、特技は空気呼吸です。よくウナギに間違われますが、別の仲間です。部屋がちょっと狭いのが最近の悩みです。

 

研究補助
ウズピー Quaily

僕のお母さん(孵卵器)の名前から、フランキーとも呼ばれます。本当の名前はウズラ Coturnix japonica と言います。一度だけ脱走してシャバの自由を味わいました。でもやっぱり手の中にいるときが一番落ち着きます。

 

写真提供

名前: 種名.

山口 典之: ハイガシラゴウシュウマルハシ Pomatostomus temporalis; 矢野 晴隆: アカショウビン Halcyon coromanda; 田中 啓太: ジュウイチ Cuculus fugax と ルリビタキ Tarsiger cyanurus; 杉田 典正: オガサワラオオコウモリ Pteropus pselaphon; 酒井 嘉子: ケープペンギン Spheniscus demersus; 上沖 正欣: ハシブトガラ Parus palustris, キビタキFicedula narcissina, ヤブサメ Urosphena squameiceps, セッカ Cisticola juncidis.

全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、個人・教育・学術目的以外の無断使用を禁じます。

Copyright © Laboratory of Animal Ecology, Rikkyo University All rights reserved.