Rikkyo Department of Letters Course in English and American Literature INDEX >>
ハワイ大学ヒロ校体験記

第10回 TN国際貢献奨励奨学金受賞者 石井孝明
私がハワイで得たもの
   週末トリップ、バスでビーチへ
地理のクラスでMauna Keaフィールドワーク
 私は大学3年次の夏、ハワイ大学ヒロ校(以下UHH)にて、半期の留学に行ってきました。時の流れが緩やかと聞いてやってきたわけですが、1週間、1ヶ月、そして1セメスターは怒涛のように過ぎて行きました。半期で申し込んだことをとても悔やんでいるほどです。今回のこの留学経験記では、私がUHHへ留学したことで大きく変わった3つのことついて触れていきたいと思います
 1つ目は心の持ち方と人への無償の愛です。それはアロハと言ってもいいでしょうか。道を歩く友達や顔見知り、はたまた初対面の人でさえ"aloha"や"hi"、"what's up?"と挨拶をしてきてくれます。ハワイの海洋生物を守るためのNPOに協力するための資金を得るためにキーホルダーを作り、売るという授業があった際、多くの人が惜しまず協力してくれて、また商品を買わずにお金だけを置いていく人さえもいました。日本の大学の1セメスターの授業において、教養を得たと実感することはあっても、他の感情を私は特に抱くことができずにいました。しかしUHHの授業において先生(kumuと呼ばれます)、クラス、授業に対して心から感謝をし、最後は泣きながら全員でハグをして、ハワイアンチャントを歌うことで、人の繋がりというものを再認識しました。当初は物事全般において節義という厳しい判断基準だけに従っていた私も、ハワイの人や土地が創り出す雰囲気により、次第に寛容になり、2点目でも触れさせていただきますが、相対する意見を持つ他者を理解し、愛を以て受容するアロハの精神を学びました。また、人との交流の根底に存在するのは人への愛であるということに改めて気付かされました。
 2つ目は「日本」についてです。留学生として来た以上、私たちは「日本人」として見られます。UHHでの日本人以外の人達との交流から、「親切かつ礼儀正しい」と言われている日本人像とは何なのかと深く考えるきっかけになり、先人の残した多くの書物を読み、自らの行い(食前食後の挨拶などから)を省みるようになりました。Japanese Student Associationという団体を日本人学生達で立ち上げ、食事や集まり、ラジオや発表を通して、他国の人たちと日本の文化を共有しました。また私は留学中に台湾人の女性と交際したり、韓国人の友人も多くいたりした事から、彼らから太平洋戦争やそれに関連する諸問題について聞かれる機会が多くありました。そこから自国の歴史について調べ直し、それを元にプレゼンテーションとディスカッションを行い、母国では知らされていない、隠された、もしくは捏造された歴史の存在を互いに知り、自らの意見を持ち、真剣に話し合い、文化を超えた意見の相互理解を深めることができました。これらの体験から「日本とは、日本人とは何か」と深く考え、それを体現し、それを実践し、その精神を伝えたくなりました。
 最後に勉強への姿勢です。日本では4年制の大学をストレートで卒業し、会社に就職して安泰な人生を送ることが美徳とされていて、私も母親からそれを望まれています。しかし大学に入って以降、そこからの道は決して一つではなく、多種多様に存在するという事を知りました。私は理数系の卓越した教養を持つミクロネシアの友人達と接した際に、当初持っていたバイアスを打ち砕かれ、己の怠惰さを実感し知識欲を覚えました。また一度大学を卒業したのにも関わらず夢を志すために、メジャーを変えてもう一度大学へ入学し、30歳過ぎに卒業をした地理学の教授から話を聞き、現状への不安があろうとも、未来への可能性と勉強というものは一生をかけて追及していくものであると気づかされました。特に、先に申し上げたアジアの友人たちとの交流の中で、戦争とそれに付随する諸問題についての私の意見を聞かれたとき、当初、私は答えることができませんでした。それが非常に悔しく、また日本人として自国に対する意見を持てなかったことが本当に恥ずかしかったため、邦文英文問わず資料を見て歴史を調べ直し、認めなくてはならない事実は認め、あらぬ誤解は解けるように努力をしました。そこで私は自分の意見を持って相手にぶつかって少しでも分かり合えた時、今までにない感覚を得ました。そして、それ以来湧き出る「学びたい」という気持ちから、帰国後は毎日、その問題について考え、自らの意見を洗練しています。「学ぶ」ということを深く考えさせられました。
 枚挙に暇がないので、今回はこの3つに絞らせていただきました。西洋と東洋が混ざり合う地だからこそ、またアロハという他者を愛で受け入れる精神のあるハワイだからこそ、この「学び、考え、伝え、受け入れ、愛し合う」ということが互いにできたのかもしれません。私はこの留学前まで、どうやら思考停止をしていたようです。UHHに留学したことは、私の考え方や生きる姿勢を変えたと言っても過言ではありません。この経験を生かして、自身の未来を切り開いていこうと思います。

 ヒロ校TOPページへ
 Indexへ