亀井 俊介先生 略歴
亀井先生

亀井俊介氏は、日本を代表するアメリカ文化ならびに文学研究者であり、日本の近代文学黎明期の文化および文学の研究者としても知られ、いずれの分野においても旺盛な著作活動を行ってきた。1932年生。東京大学文学部卒、同大学院比較文学比較文化専攻課程修了、1963年東京大学教養学部助教授、84年教授、93年退官後、東京女子大学、岐阜女子大学に奉職。著作はここに列挙するにはあまりにも数が多く、主な受賞作のみあげれば、1971年『近代文学におけるホイットマンの運命』(日本学士院賞)、1976年『サーカスが来た!』(日本エッセイスト・クラブ賞)、1994年『アメリカン・ヒーローの系譜』(大佛次郎賞)、2015年『有島武郎』(和辻哲郎賞)など。最新作に『日本近代詩の成立』(2016年)。2008年に瑞宝中綬章を受勲。

BACK