佐々木 徹先生 略歴
佐々木先生

京都大学文学部、ニューヨーク大学大学院修士課程、京都大学大学院博士後期課程に学び、1984年、大阪府立大学総合科学部助手に着任後、奈良女子大学文学部講師を経て、1993年より京都大学文学部助教授、2006年より同大学大学院文学研究科教授。この間、ブリティッシュ・カウンシル奨学金を得てロンドン大学ならびにノッティンガム大学客員研究員として連合王国に留学、また合衆国のアーカンーソー州ヘンドリクス・カレッジ、メイン州ベイツ・カレッジにて招聘教授を務める。現在、日本英文学会会長ならびにディケンズ・フェロウシップ日本支部長。主要な論文に、“Major Twentieth-Century Critical Responses,” “Modern Screen Adaptations” in Charles Dickens in Context (Cambridge UP, 2011)、共編著に『ディケンズ鑑賞大事典』(南雲堂、2007年)、シリーズ監修に『ウィルキー・コリンズ傑作選』全12巻(臨川書店、1999-2001年)、翻訳にチャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』(河出文庫、2011年)など業績多数。

BACK