高宮利行先生 プロフィール
高宮利行先生
1944年東京生まれ。
慶応義塾大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程及び、ケンブリッジ大学英文学部博士課程修了。
1985年より、慶應義塾大学文学部教授。2009年に定年退職後は名誉教授。

日本英文学会理事、日本中世英語英文学会長、国際アーサー王学会日本支部会長などを歴任。 現在ロンドン好古家協会フェロー、シェフィールド大学名誉文学博士、グラスゴー大学名誉上級研究フェロー、『ポエティカ』編集長、ケンブリッジ大学図書館参事。
専門は中世英文学、書物史。

著書に『西洋書物学事始め』青土社(1992)、『アーサー王伝説万華鏡』中央公論社(1995)、『グーテンベルクの謎』岩波書店(1998)、『アーサー王物語の魅力』秀文インターナショナル(1999年)などがある。
また、中世写本のコレクターとしも広く知られている。


BACK