立教レビュー総目次へ

2010~
No.45
No.44
No.43
No.42
No.41
No.40
No.39
2000~2009
1990~1999
1980~1989
1972~1979
  
第45号(2016年)
Contents
不在と実在の逆説
  ─ Edith Wharton のゴシック短篇にみる
 ジェンダーとセクシュアリティ
藤原あゆみ
Refusing to Play Assigned Roles for Women and Changing the Plot:
 Beth Henley’s Crimes of the Heart
 and Marsha Norman’s
night, Mother
鈴木 あや
TOP
第44号(2015年)
Contents
Under Morgan's Control:
 The Function of The Lady and The Green Knight
河野 智帆
トラウマの物語としての Oranges Are Not the Only Fruit
倉田 晴奈
TOP
第43号(2014年)
Contents
“Listeth, Lordes” and “Herkneth”:
 Chaucer’s Direct Address in The Tale of Sir Thopas
濱田 里美
“The Crystal Egg” における秘密の表象
熊谷 めぐみ
越境するジェンダーとセクシュアリティ
 ─ The Blithedale Romance における同性愛的欲望
加藤 惠梨香
TOP
第42号(2013年)
Contents
Robert Frost再読
 ―Ezra Poundとの比較から―
朝倉 さやか
ナショナリズムの彼方へ
 ―Israel Potterにおける親密さ―
小椋 道晃
<書評>
Ian Frederick Finseth, Shades of Green: Visions of Nature in the Literature of American Slavery, 1770-1860.
山本 洋平
TOP
第41号(2012年)
Contents
The Pardoner’s Prologueにおける<模擬説教>
―文体的技巧とその効果について―
阿部 剣一
復讐、老獪、欲望
The Reeve’s Taleにおける語り手の投影
玉川 明日美
Ezra Poundの “The Return”再読
―イマジズムとヴォーティシズムの原点として
当津 宏昭
A Study of Semantic Relations and Change in “Rapid” Adverbs
Sayaka Ogasawara
TOP
第40号(2011年)
Contents
‘fantoum and fayryȝe’?
Interpretation of the Other in Sir Gawain and the Green Knight
岡本 広毅
The Origins of Aunt Ester in August Wilson’s The Piano Lesson
Malashok Yuliya

沈黙する“Traveller”
―Emily Dickinsonの自然詩への一考察―

関根 全宏
TOP
第39号(2010年)
Contents
The Canterbury Tales におけるfaste
小笠原 清香
「真実」が映し出すHemingwayの作家像
Green Hills of Africaから読み解くHemingwayの政治性―
横山 晃
The Dramatist as a Poet:
"Plastic Theatre" in A Streetcar Named Desire
梶 真子
TOP