★パート紹介★

普段ハモソで使用している様々な楽器を紹介したいと思います。
ハモソでは、ハーモニカパート、フルートとクラリネットで編成されるフルクラパート、バンド楽器を中心としたバックパート存在します。

ハーモニカパート

ソプラノシングル

ソプシンことソプラノシングルは、ハモソの主役である4種のハーモニカの1つです。

ハモソのメロディー担当、ソプラノシングルパート、略してソプシン。まさに”ザ・ハーモニカ!”という銀色のシンプルな見た目で、その見た目通り綺麗な高音が特徴です! 吸ったり吐いたり忙しいので、きっと腹式呼吸の練習になるはず!(?)吹き方次第で鋭い音も優しい音も表現できる優れもの。筆箱サイズで小さなバッグにも収納可能。持ち運びが便利! とにかく小さくて、音も見た目も可愛らしい魅力的な楽器です!そんなソプシンにぜひご注目。

アルトシングル

アルシンことアルトシングルは、優しい音色・程よい低音が魅力の癒し系ハーモニカです!

小さくて持ち運び楽ちん、息を吸ったり吹き込んだりするだけで音が出るかわいいやつですが、その日の息の入れ方次第で音色がコロコロ変わる気分屋さんでもあります。 脇役でがんばる時もあれば、主役でメロディーを華やかにつとめるときもアリ曲によっていろんな役割に挑戦できます!

メロディーも吹きたいけど、ずっと主役であり続けるのはちょっと…という方、いろいろやってみたくて一つに決められないよ!というよくばりな方、王道じゃなくてちょっと味のあるものが好きという方にぴったりのハーモニカです(笑) 一度聴いたらやみつきになるかも(?)不思議な魅力をもつアルシンをぜひ一緒に吹いてみませんか?

ソプラノホルン

ソプラノホルン、通称ソプホルはきれいな高音が特徴的なハーモニカです。

普通のハーモニカよりも長く、そして少し重いソプホルですが、それを颯爽と吹きこなす姿はとてもかっこいいですよ!
優しく、厚みのある高音でメロディーを吹きたい!そんな方にお勧めのハーモニカです。
アルトホルン

小さくてかわいらしい手軽な楽器、ハーモニカ。…を想像していると、予想外な大きさに驚くでしょう。

それがアルトホルンと呼ばれるハーモニカの正体です。
見た目はずっしり、音もずっしり。力強くもなめらかな低音でハーモニカの音色に厚みを持たせます! 我々がいるのといないのといないのとでは大きな差が!?まだまだ認知度向上の余地があるアルトホルンの活躍、とくとご覧ください!

フルクラパート

フルート

フルートは吹奏楽やオーケストラでもよく見かける銀色の横笛です。

そのキラキラ澄んだ音色でメロディーを吹くことはもちろん、ハーモニカには難しい細かい動きを任されることも多く、様々な場面で活躍しちゃいます! ソロで華やかなフルートの音色を響かせることも出来ますよ♪

ハモソといってもハーモニカだけじゃない!とにかく楽しくフルート吹きたいそこのあなた!ぜひぜひハモソのフルートパートへ!!

クラリネット

クラリネットは、木で作られた「木管楽器」です!

音色は全体的にあたたかく、柔らかな音が出ます!また、音域は管楽器の中ではかなり広い部類に入り、深々とした低音から鋭い高音まで出すことができます☆

その音域の広さゆえに、メロディーラインを担当したり、伴奏に回ったりと、音楽上で様々な役割を果たすことができます♪ぜひハモソでクラリネットを楽しく演奏しましょう!

バックパート

ピアノ

私たちピアノパートは、ピアノのほかにシンセ・アコーディオンを扱っています。

♪『楽器』と聞いたらまず思い浮かぶもの!!…ピアノ
♪豊富な音色、どんな曲にも柔軟に対応!!…シンセ
♪伸び縮みする、誰もが一度はやってみたいと思う!!…アコーディオン

ピアノとシンセは似たような楽器で、指1本から弾くことができます。
ある音を出したいときはその音の鍵盤をおせばいいだけ。

それに比べ、アコーディオンは両手を使うことが必須。
右手で鍵盤をおしながら左手で蛇腹を伸び縮みさせて空気を送り込み、そこで初めて音が出るのです。

これら3種類の楽器はとても素直。なんと弾く人の性格を音であらわしてしまうのですよ☆それって本当?と思ったそこのあなた、ぜひ鍵盤楽器に触れてみてください。
あなたの性格も音にして表現しちゃいますよ(´v`*)

ギター

カッティングで軽快なリズムをつくりだし、
アルペジオでしなやかな音の流れを生み、
ストロークで和音の美しい重なりを感じつつ、
ソロでかっこ良く目立って己をぶちまける!!!

弾けば弾くほどのめりこむ楽しい相棒、ギター。ハモソのギター弾きはロックからクラシックまでいろんなジャンルに挑戦できるという特徴があり、曲によって全く違った音色が楽しめるのです!

経験者も初心者も大歓迎、ハモソのギタパで新たな自分の個性を発見し、ギターの可能性を広げてみませんか?

ベース

こっそり目立たず、しかし力強く音楽を支えるかっこいいやつ。
ときどき美味しいフレーズで、音楽の”ノリ”を出すかっこいいやつ。
そういうやつに、私はなりたい。

肩こりと戦い、指の短さにめげ、暗譜できない記憶力に悩みながらも、ハモソの音楽を支える立派な”縁の下の力持ち”になるべく、今日もベースパートの旅は続く。続くったら続く!

鉄琴

鉄琴パートは、キラキラした音が特徴のグロッケン、優しい音色が特徴のビブラフォン、二つの鉄琴を演奏します。
叩けば誰でも音が鳴る!楽器代もかからない! ハモソ1始めやすい楽器ではないでしょうか!もちろん経験者も大大大歓迎です!

ドラム
スティックを持って好きに叩くだけで音が出ます。簡単ですね。
でもちゃんとリズムに乗って叩くとなるとこれがなかなか難しい、そんな楽器です。 ドラムパートはタンバリン、ボンゴなどのパーカッションもやっちゃいます。お得ですね。

フッター