渡辺 正 (わたなべ まさし)

1936年1月11日 広島県生まれ。

1954〜58、62〜71年
       八幡製鐵(1970年から新日本製鐵)で活躍
1957年 日本代表初キャップ
1964年 第18回東京オリンピック(ベスト8)
1968年 八幡製鐵コーチに就任
1969〜75年 八幡製鐵の監督に就任
1971年〜 日本代表Bチーム監督就任
       日本ユース代表監督就任(1973年第15回アジアユース大会準優勝)
1979年 下村監督のもと日本代表コーチに就任
1980年5月 日本代表監督に就任
   同年秋 病のため退任  
1995年没  

 広島市立基町高校卒業後、八幡製鐵(1954〜58、62〜71年。1970年から新日本製鐵)での活躍を経て、立教大学に進学。立教大学では体育会サッカー部に所属し、1959年度関東大学リーグ、東西学生王座決定戦で優勝される。
 1957年に初めて日本代表に召集。1970年まで主にFWとして活躍。ゴールへの執念はすさまじく、『ゴール前のスペシャリスト』といわれた。1964年の第18回オリンピック競技大会(東京)、1968年の第19回大会(メキシコシティー)に出場。メキシコオリンピックでは、右サイドを高速で駆け上がりゴールを奪った。この大会6試合、日本の9得点のうち7得点が釜本で、あとの2得点は渡辺が挙げたものである。なかでも、ブラジル戦で奪った同点ゴールは、日本がブラジルから初めて奪った記念すべき1点である。3位決定戦(対メキシコ)では中盤の起点役として活躍した。また、ローマオリンピック予選、FIFAワールドカップチリ、メキシコ両大会予選、アジア競技大会(1966年第5回大会では3位)などに出場(Aマッチ出場38試合、13得点)。

 1962年に再入社した八幡製鐵では、1963、64年度全日本実業団選手権2連覇、1964年度天皇杯全日本選手権優勝。JSLでは79試合出場、19得点(1965〜71年)。1965、67年度には主将を務める。1968年度年間優秀11人賞受賞。

  1968年八幡製鐵コーチ、1969〜75年には監督をつとめる(1971年まで選手兼任)。
1971年からは、日本代表Bチーム、日本ユース代表(1973年第15回アジアユース大会準優勝)、日本ジュニア代表、日本選抜などの監督を歴任。1979年、下村監督のもと日本代表コーチをつとめ、翌1980年5月、代表の再建を目指して日本代表監督に就任。しかしながら同年秋、クモ膜下出血のために志半ばで監督を退かれ、1995年に亡くなられる。

 
2006年8月10日、横山謙三さん(S40年度卒)と共に、日本サッカー殿堂に掲額されました。

 

 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
Copyright 2002-2004 Rikkyo Football Club