結成報告集会アピール



STOP! 痴漢えん罪
私たちは痴漢などしていません!
無実の者を犯罪者とする日本の警察、検察、裁判所を変えるために、
どうかみなさんの力を貸してください!

「痴漢えん罪被害者ネットワーク」結成報告集会アピール

 市民のみなさん、私たちは、電車の中などで痴漢に間違われ、「何もしていない」
ということを言いつづけたために、長期の勾留をされた上で裁判にかけられ、十分な
証拠のないまま有罪にされるなど、警察、検察、裁判所によって人権を踏みにじられ
た者です。私たちは痴漢など絶対にしていません。無実の者を犯罪者に作り上げるこ
の日本の警察、検察、裁判所を変えるために、どうかみなさんの力をかしてください。
  私たちは今日この「痴漢えん罪被害者ネットワーク」を13名の当事者によって結成
しました。私たちの中には、無罪となった者、不起訴になった者、裁判中の者、有罪
判決を受けた者、一年近く服役し再審準備中の者、無罪が確定して国家賠償・民事賠
償を申し立てている者などさまざまですが、警察、検察、裁判所など公権力によって
憲法で保障された人権を侵害され、物理的にも経済的にも大きな被害を受けた点では
同じ立場に立つものです。
  私たちは、短くても3週間から長いケースでは 300日にもおよぶ長期の勾留をされ
ました。どうしてこんなことが許されるのでしょうか。私たちは、電車の中などで女
性に痴漢として訴えられましたが、女性の証言だけしかなく物的な証拠は何もありま
せん。しかし、警察と検察は、長期の勾留を裁判所に請求し、裁判所も「逃亡の恐れ
がある」とか「罪証隠滅の恐れがある」として、証拠を調べることもなく簡単にそれ
を認めるのです。そして、警察と検察は、「早く白状しろ」、「どうなるかわかって
るんだろうな」などの脅しや、痴漢を「認めたら出してあげる」と嘘の自白をするよ
うにしているのです。こうした中、職場を失ったものもいますし、また、多額の裁判
費用を払うために大変な経済的な苦しみを背負って苦しんでいます。
  そして裁判では、十分な証拠もないまま、ほとんどの人が有罪とされているのです。
 市民のみなさん、これはけっして他人事の事件ではないのです。混雑した電車のな
かで痴漢に間違えられたら、女性が犯人の手を見ていなくても、痴漢の手を捕まえた
わけでなくても、警察・検察によって長期勾留をされ、裁判では有罪とされてしまう
のです。もし、「やっていない」と否認をすれば、反省の色がないとほとんどが実刑
判決にされています。
 最高裁発表の資料では、1990年からの10年間に、全国の簡易裁判所で「私は痴漢を
していない」として裁判にかけられた人が200人以上いましたが、裁判の結果は全員
が有罪とされています。しかし、痴漢に間違えられている人がいる、痴漢えん罪があ
るということがマスコミで報道されだした2000年度には、8件もの無罪判決が出され
ました。しかし、報道が下火になった2001年度は、年間で3件しか無罪が出されませ
んでした。今年はもう無罪の声をきいていません。
 私たちは、この統計を見て、裁判所が真実を明らかにするところではないと気がつ
きました。マスコミが注目すればまじめな裁判をするが、誰も見ていなければ証拠が
なくても有罪にしてしまうのです。私たちは、無実の者を犯罪者として作り出す、警
察、検察、裁判所を、絶対に許すことができません。無実の者が日々犯罪者とされて
いっているこの日本の国の司法を、どうしても変えなければならなりません。私たち
は、自分たち自身の無実証明し、この日本の司法のあり方を変えていくために、小さ
な力ですが全力を尽くしていきます。無実の者がこれ以上犯罪者とされないために、
私たちのこのとりくみへ力を貸していただけるよう心からお願いをいたします。
   2002年7月15日 痴漢えん罪被害者ネットワーク結成総会

[現在は、改組の上、「痴漢えん罪被害者救済ネットワーク」と改称しています。]
STOP!痴漢えん罪!

戻る