地下鉄御堂筋線事件



第9回公判傍聴記      written by HK
1月30日(金) 15:30−17:30
大阪地方裁判所 602号法廷

今回も傍聴席の抽選が行われ、
裁判所裏口には事件名と名前が3箇所に張り出され、
通る人の多くは大事件と思うのか、ご丁寧に
張り出されたものを読んで行ってくれます。(さらし者)
裁判所の事務の人たちも前回と同じ人たちが出てきて、
マニュアル通りの抽選業務をしてくれました。

公判の内容、
最終弁論、最終陳述を行いました。昨年の1月27日の違法逮捕
から一年以上になって、やっとここまできました。
1 最終弁論
本文84ページ+痴漢冤罪の9事件14の判決文や
再現実験ビデオの静止画プリントなど115ページの添付資料、
合計199ページに亘るものになりました。
これを5名の弁護人で分担して、
被害者と言っている女性の供述変遷について、
再現実験、乗降状況実写について、
検察官の論告に対する反論、捜査批判まで、
熱のこもった最終弁論をしていただきました。
本来であれば、84ページを読み上げるには、1ページ2分で
最低168分程度かかるのですが、90分しか時間がないので、
裁判官の事前了承を得て、要点を読み上げていくというやり方
になりましたが、それでも30分オーバーしました。
これだけやっても、検事からすれば、
「微に入り細にわたり」という程度になるんでしょうね。
あと、痴漢冤罪の9事件14の判決文の添付とその引用部分
について検察官から異議が出ましたが、裁判官は異議を認め
ませんでした。
2 最終陳述
最終陳述では、緊張して言い洩れそうに思いましたので、書
面を読み上げて、その後そのまま提出しました。
裁判官に気持ちを伝えるには、直接述べた方が良かったかな
とか、紙に書くならもっといっぱい言えたかな、とも思いま
すが、最低限言いたいことは言えたと思います。

今後の日程は、
判決公判 3月3日(水) 14:10−
大阪地方裁判所 602号法廷
STOP!痴漢えん罪!

戻る