沖田国賠訴訟事件



沖田国賠事件第八回口頭弁論傍聴記 written by NA	
2005年2月14日13:10〜13:50
東京地裁八王子支部401号法廷。

 傍聴席からでは良く分からないが、原告提出の証拠・被告ら
提出の証拠が、採用されたようである。原告提出証拠の中には、
高尾駅で弁護団が実施した再現実験の写真撮影結果も含まれて
いるとのことである。
 誰を、どのような順番で証人尋問するかが問題となる。国の
代理人・東京都の代理人・自称被害者の代理人・原告代理人の
思惑が食い違う。かなり長時間にわたる一時休廷で合議。
 次回は警察官、次々回は検察官、必要ならもう一人の検察官
という方針が示される。国の代理人は色々と抵抗するが、成功
せず。
 次回公判期日は、5月16日(月)10:20〜
  沖田さんを逮捕した警察官(竹之内)の証人尋問
 次々回公判期日は、7月11日(月)13:30〜を予定。
  沖田さんを取り調べた検察官(小池)の証人尋問
STOP!痴漢えん罪!

戻る