事実をねじまげて犯人にされる怖さ



                             1998年1月27日事件発生
                                     大田隆幸
1. 事件概要
大田事件は、1998年1月27日朝、通勤途上の総武快速線の電車内で起こりまし
た。たまたま身動きできない超満員の電車の中で、被害者といわれる女性の後ろに
立っていただけで、痴漢の犯人と間違われ本所警察署に逮捕されました。28日間の
勾留の末、起訴されました。本人は全く身に覚えのない逮捕に、一貫して否認して
闘ってきました。

2. 一審の経緯
東京簡易裁判所での裁判は、13回の公判の末、被害者女性の証言には変遷があり、全
面的に信用できないとして無罪判決が出されました。一審での争点は、
 (1)被告人の供述の一貫性、自然さ、客観的証拠との符合。
 (2)混雑状況について被告人と被害者の接触に時期、被害者の証言には変遷がある。
 (3)被告人は鞄を手に持っていたか、肩から下げていたか。
 (4)市川駅以降の接触の仕方に被告人の供述に変遷はあるか。
などでした。
 被害者の証言に基づいた、再現写真、ビデオなどを証拠として提出し、採用され
ました。

3. 検察控訴による控訴審
検察庁は控訴期限ギリギリの13日目に控訴しました。
東京高等裁判所での控訴審では、裁判官の職権による被害者女性の所在地尋問(千葉
地裁・非公開)が実施されました。弁護士による反対尋問の途中、被害者女性は法廷
から逃走、2度と戻りませんでした。しかし、反対尋問が成立しないまま公判は成立、
証拠採用されました。
裁判の結果は、控訴棄却。検察は上告を断念し2001年5月に無罪が確定しました。
STOP!痴漢えん罪!

戻る