手のひらに中国語を

Last Update 1999.09.17

Palm/Pilot用中国語OS

EVStarの使い方
 EVStar とは
 初期設定
 詳しい設定

CJKOS の使い方
 CJKOS 1.34 

Chinese OS の使い方

中国語でネットサーフ

中国語でEmail

 


Palm China

Palm/Pilot で中国語を使う人のための情報ページです

 

 新着情報


1999.09.17

最新バージョンである 1.34 で、日本語の文字化けが改善されました。これまでは環境設定でSmart Detect Char Set(文字コードの自動認識)を on にすると日本語が真っ黒なトーフ状態になってたいへん見苦しかったのですが、このバージョンでそれがほとんど改善されました。詳しくは CJKOS 1.34 をご覧下さい。これまで日本語の文字化けに悩まされてきたユーザにとっては嬉しいバージョンアップです。

1999.08.16

Palm/Pilot 用wwwブラウザとして定評のある Palmscape を使った中国語でネットサーフをアップロードしました。EVStar やCJKOS のGB・Big5 自動識別機能を利用するとエンコード方式をGB やBig5 に切り替える必要がないため、簡体字のページから繁体字のページへと気軽に移動することができます。Palmscape のおかげで文字どおり中国語世界をてのひらに載せることができます。Palmscape の作者・奥一穂さんに感謝!

1999.08.10

およそ3か月ぶりの更新です。この3か月の間に Palm/Pilot の中国語環境に大きな動きがありました。そのひとつが中日韓対応のCJKOS の登場です。このOS は6月1日に最初のバージョンである1.0 が発表されて以来、小刻みにバージョンアップを重ね、現在でも進化を続けています。一方EVStar はと言えば、開発元のEVSoft が他の業務展開に追われてほとんど開発停止状態です。

機能的に見ても CJKOS はEVStar を越えた使いやすさがあり、将来性から見ても最も可能性を感じさせるソフトと言えます。そこでこのCJKOS の使い方をまとめてみました。

1999.05.17

Palm China の誕生日。

 Palm/Pilot 用中国語OS(1999.08.07 改訂)

ここで紹介する中国語OS は、すべてアプリケーションタイプのソフトですから、中国語環境が必要なときに起動し、必要がなくればまた日本語環境に戻ることができます。Palm/Pilot用の中国語OSは、現在以下の3種類のものが登場しています。これらを Palm/Pilot 機にインストールすることにより、中国語の表示・入力などが可能になります。

名称
作者・会社名
使用できる文字コード
入力方式
Chinese OS(v.1.33) Water Lou Big5(繁体字)GB(簡体字) 単漢字変換
Dragon Pen(v.2) Synergy Technology Big5(繁体字) 手書き認識
EVStar(v.1.1) EVSoft GB(簡体字)Big5(繁体字) ピンイン、聯想・詞組変換
CJKOS(v.1.34) Du YongTao's Studio GB(簡体字)Big5(繁体字) ピンイン、聯想・詞組変換


このうちChinese OSの登場がもっとも早かったのですが、漢字変換が単漢字変換であったため、私自身はほとんど使い込むこともなく終わってしまいました。しかし最新バージョンでは辞書機能も搭載されて、かなり使えるようになっているようなので、テストしてみたいと考えています。

Dragon Pen(龍筆)は98年暮れに登場した最も新しいOSです。やはり繁体字のみの対応ですが、画期的なことに漢字をそのまま認識する「手書き認識」ソフトです。これについては Palm Labo に詳しいレビューがあります。 私が試用したところでは、認識にかなり時間がかかり、おまけに筆画の多い繁体字をかなり正確に書かないとならないので、そこでまた時間がかかり、早々に投げ出してしまいました。字の汚い人はやめた方がいいかも。

EVStar は中国語OS として初めてピンイン、聯想・詞組変換を実現し、ながらく私の愛用ソフトとなっていました。しかし、辞書機能がやや弱く、さらに声調入力に対応していないなどの欠点もありました。こうした問題について開発元に対して再三にわたり改善要求を出していたのですが、最近では開発元が他の業務展開に追われてすっかり開発停止状態となっています。バージョンも、この1年あまりの間ずっと 1.1 のままです。

そこに登場したのが CJKOS です。その名の示すとおり中国語・日本語・韓国語に対応し、GB・Big5(中国語)、EUC-JIS・Shift-JIS(日本語)、KSC-5601(韓国語)という5種類の文字コードを表示できるという画期的なソフトです。EVStar では辞書の弱さと声調入力に対応していないところが欠点でしたが、CJKOS は辞書もなかなかよくできており、なにより声調入力に対応しているため快適な入力ができます。現在のところ、中国語OS としては最も優れたソフトと言えるでしょう。

 中国語OS とPalm Desktop

ここで紹介する中国語OS はPalm/Pilot 機上での中国語入力や中国語表示を可能にします。しかしPalm Desktop 上では中国語は完全に文字化けしてしまいます。そのため母艦で中国語を入力する場合は、Palm Desktop に直接打ち込むことはできず、かならず他のマルチリンガルエディタやワープロ上で書いたものをPalm Desktop に貼りつけることになります。

Palm Desktop に貼りつけた中国語は完全に文字化けしていますが、HotSync でPalm/Pilot 機に転送すれば正常に表示されます。Palm Desktop がはやくマルチリンガル対応になればよいのですが。




EVStar の使い方CJKOS の使い方中国語でネットサーフ