ブログだったもの

ブログをやめて素のホームページで書くことにしました。コメントはtwitter @asatsuma 宛にお送りいただけると幸いです。

目次
2021/12-70 Wildwood Forest, 84-008-21-2-8-00302-21ボーイスカウトキャンプ非課税と所有者変更
2021/12-69 E&Z Inc., S. 19-989-LPコンビニエンスストア売上税評価
2021/12-68 Faisal Ahmed, TC Memo 2021-14ムートネスの法理
2021/12-67 Edward J. O'Donnell, 2021 Pa LEXIS 4356笛吹報酬課税対象
2021/12-66 Lopinto v. Expedia Inc., 2021 La App LEXIS 2073オンライン旅行販売と売上税
2021/12-65 Westside Neighborhood Association, 2021 Mo. App. LEXIS 1110資産評価異議申立
2021/12-64 United Launch Alliance, Alabama Tax Tribunal Docket No. S. 18-1033-JPロケット製造
2021/12-63 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1963銀行預金と投資の配分のみなし課税(box 3)はEU法違反
2021/12-62 米ウィスコンシン州City of Waukesha, 2021 WI 89市は委員会の固定資産税評価の再評価を申請できない
2021/12-61 米ニュージャージー州Punish & Idou Malhotra, 2021 NJ Tax LEXIS 13還付金再徴収禁止
2021/12-60 Conversant/Valueclick 20PA03971仏愛条約2(9)PE課税。但しactivité occulte認定取消
2021/12-59 William A. Goddard, 2021 US App LEXIS 37325 Son of Boss損失控除否認
2021/12-58 米イリノイ州Deerpath Consolidated Neighborhood Association2021 IL App (2d) 190985原告適格
2021/12-57 米カリフォルニア州Hill RHF Housing, 2021 Cal LEXIS 8665|BID (business improvement district)
2021/12-56 米オハイオ州Curcio, et. al. v. Hufford, et. al., G-4801-CI-202101522-000遠隔勤務者市民税合憲
2021/12-55 米オハイオ州Barry v. McClain, 2020-2250理由附記
2021/12-54 Charles Crispino, Jr. & Toni M. Crispino, 2021 US Dist LEXIS 139086夫婦:郵便箱ルール
2021/12-53 James Tarpey, 2021 US Dist LEXIS 240533タックスシェルタープロモーター罰則
2021/12-52 Singapore Telecom Australia Investments [2021] FCA 1597グループ内貸付移転価格紛争
2021/12-51 In re Jet Sales West LLC, 2021 Bankr. LEXIS 3448滞納処分回避目的破産申請はbad faithでない
2021/12-50 米ニュージャージー州Atlantic City Opera Theater, 013513-2018劇場か只の家屋か
2021/12-49 米ニューメキシコ州A Class RV Storage, A-1-CA-38581リース契約:控除否認を覆す
2021/12-48 米ワシントン州Walter Dorwin Teague, 2021 Wash App LEXIS 2983航空機内装設計所得配賦
2021/12-47 独欧Fachverband Spielhallen eV and LM (T-510/20)公営カジノ
2021/12-46 Toi Gillies, 2021 US App LEXIS 36915前夫にID番号等を盗まれたとの訴えの管轄
2021/12-45 米ニューヨーク州1Life Healthcare, DTA No. 829434ソフトの販売と役務提供との線引き
2021/12-44 米ニュージャージー州Cargill Meat Solutions, 008146-2018肉処理は製造であり卸売ではない
2021/12-43 Fulham, 2021 U.S. Dist. LEXIS 228361不服申立て方法の狭さ
2021/12-42 米NY州LendingTree, DTA No. 829714オンラインローンマーケットプレイス売上税非課税
2021/12-41 独BFH IV R 34/18現金商売と電子レジスター使用業者との間で税制上の違憲の問題はない
2021/12-40 Kerr v. Polis, 2021 U.S. App. LEXIS 36682コロラド州憲法TABOR増税の有権者承認
2021/12-39 米ワシントン州Walter Dorwin Teague Associates Inc., 2021 Wash. App. LEXIS 2983企業所得配賦
2021/12-38 Calcasieu Parish School Board Sales&Use Department v. Nelson Industrial Steam売上免税限定違憲
2021/12-37 芬KHO:2021:171スウェーデン法人従業員がフィンランド内でした活動が準備的補助的であるのでPE非認定
2021/12-36 Calcasieu Parish Sch. Bd. Sales & Use Tax Dep't v. Nelson Indus. Steam Co.; 2021-OC-00552
2021/12-35 米ニュージャージー州E.S.S. Co., Docket No. 007589-2016; 007595-2016徴収売上税額送金義務
2021/12-34 米ニューヨーク州Dipesh Parikh, 2021 NY Slip Op 06893遠隔販売売上税
2021/12-33 Alice J. Coggin, 157 TC No 12無垢配偶者救済innocent spouse reliefの裁判管轄
2021/12-32 米ニューヨーク州Matter of Lender Consulting Services; DTA No. 829198環境リスク報告書売上税
2021/12-31 米テキサス州The Duncan House Charitable Corp., 2021 Tex App LEXIS 9769非営利非課税主張棄却
2021/12-30 伊欧SA.100542コロナ被害企業支援国家補助非該当
2021/12-29 米ニューメキシコ州High Desert Recovery, 2021 N.M. App. LEXIS 65事業承継主体
2021/12-28 米ウィスコンシン州Menard Inc. v. City of Hudson, 2021 Wisc. App. LEXIS 1115財産評価
2021/12-27 米ワシントン州Quinn/Clayton v. Washington; Cause No. 21-2-00075-09; 21-2-00087-09譲渡益税
2021/12-26 米マサチューセッツ州U.S. Auto Parts Network (C339523)遡及wayfair適用違法
2021/12-25 William E. Ruhaak, 157 TC No 9 CDP (Collection Due Process)
2021/12-24 United Trade Action Group v. Transport for London; [2021] EWHC 3290付加価値税Uber
2021/12-23 Electronic Privacy Information Center, 2021 US Dist LEXIS 232291トランプ前大統領申告書
2021/12-22 Frank J. Kilton, Jr. v. Cass County Board of Equalizationネブラスカ州土地評価
2021/12-21 Diana Lejins v. City of Long Beach, 2021 Cal App LEXIS 1012水道料金:市の主張認めず
2021/12-20 John Charman, [2021] EWCA Civ 1804ストックオプション減税と居住者性
2021/12-19 James Forrest Willetts, TC Sum Op 2021-39過納金税額控除適時提出
2021/12-18 Loblaw Financial Holdings 2021 SCC 51外国子会社所得非課税認容、独立当事者間原則適合
2021/12-17 Estate of Prince R. Nelson v. Commissioner, US Tax Court, No. 11442-20
2021/12-16 Austin v. Metro , 2021 US Dist LEXIS 230260雇用か下請(independent contractor)か
2021/12-15 ラトビア欧SA. 100633コロナ被害企業支援国家補助非該当
2021/12-14 Om P. Soni & Anjali Soni, TC Memo 2021-137共同申告:夫の所得を知らなくてよいということはない
2021/12-13 ノルウェー欧Decision No. 267/21/COL従業員ストックオプション国家補助非該当
2021/12-12 米ペンシルベニア州James and Karen Pearlstein, 2021 Pa Commw LEXIS 580同種交換譲渡益税
2021/12-11 James Forrest Willetts, TC Summ Op 2021-39過納金還付請求
2021/12-10 米デラウェア州最高裁Verisign, 2021 Del LEXIS 375欠損金控除制限無効化
2021/12-09 Alexandru Bittner, 2021 US App LEXIS 35341非故意FBAR違反罰則口座ごとに適用
2021/12-08 米オハイオ州Buckeye Inst., 2021-Ohio-4196遠隔勤務地方税合憲審査
2021/12-07 仏国務院456995フランス居住越境労働者がスイス雇用者に居住証明書を提出しなかった場合
2021/12-06 独欧SA. 64524島嶼運輸、国家補助非該当
2021/12-05 Canadian Imperial Bank of Commerce, 2021 TCC 71銀行の為替損失控除の可否
2021/12-04 Bank of Nova Scotia, 2021 TCC 70利子計算における書面記載支払日の意義
2021/12-03 Brenda L. White, 2021 US Claims LEXIS 2512過納税還付による控除の可否
2021/12-02 東京地R2.9.25平30行ウ251共同相続人の課税価格が減額されても自らの審査請求期間は経過する
2021/12-01 最判R3.6.22裁時1770-22滞納処分における配当金の充当:法定充当(民法489条)
2021/11-32 Sand Investment, 157 T.C. No. 11米歳入庁職員の直近の上司
2021/11-31 米サウスダコタ州最高裁Thom v. Barnett, 2021 SD 65合法化マリファナ売上税違憲
2021/11-30 スウェーデン欧SA. 56348国家補助審査Risk Tax非該当
2021/11-29 North Star Properties, 2021 Md App LEXIS 1008
2021/11-28 Oconee Landing Property, Dk. No. 11814-19
2021/11-27 蘭最高裁ECLI:NL:PHR:2021:1004ガーンジー島基金への利子支払の控除否認
2021/11-26 Andrew McNulty and Donna McNulty, 157 T.C. No. 10退職年金checkbook IRA
2021/11-25 印ボンベイ高裁2021.10.28非課税Abu Dhabi Investment Authority
2021/11-24 露仲裁裁判所A40-78613/21株式保有期間が組織再編によって中断されるか
2021/11-23 Hanover Floral v. East Hanover Twp., 30 N.J. Tax 181固定資産税過大聴取額還付
2021/11-22 仏国務院454105外国子会社株式譲渡益に係る源泉徴収税の仏における外税控除拒絶は条約違反か
2021/11-21 West Virginia v. Treasury, 2021 US Dist LEXIS 220075反州減税禁止訴訟 州勝訴
2021/11-20 米カリフォルニア州One Technologies, 21STCV21844売上単一要素配賦制度合憲
2021/11-19 独BFH III R 18/21児童手当誤受給後の異議申立手続き費用の負担
2021/11-18 Paul Puglisi, et. al. (4796-20 et al.)キャプティヴ保険
2021/11-17 Gillette, 62 Cal.4th 468カリフォルニア州が多州委員会の3要素でなく売上2倍配賦を採用できる
2021/11-16 Mainpay, [2021] UKUT 270病院への人材派遣はVAT非課税ではない
2021/11-15 独BFH II R 1/19 2016年11月の立法は2016年7月1日に遡及する
2021/11-14 Alan H. Ginsburg, 2021 US App LEXIS 32144 "supervisory approval" defense
2021/11-13 Pamela Cashaw, TC Memo 2021-123選択
2021/11-12 西憲法裁判所2021.10.26地方税で不動産譲渡益を客観的に測定する課税標準算定方法は違憲
2021/11-11 希1行政最高裁A1833/2021社会保障債務不服申立期間は20年間か10年間か
2021/11-10 Cairn Energy遡及課税方撤回合意
2021/11-09 米カリフォルニア州租税不服審判所Sarafian Video 19075022アマゾンではなく小売業者の納税義務
2021/11-08 Evelyn Solomon, 2021 US Dist LEXIS 210602非故意FBAR違反
2021/11-07 Aspro, T.C. Memo. 2021-8管理費用控除
2021/11-06 Manitoba, 2021 FC 1115炭素税法案異議却下
2021/11-05 Laetitia Smet, 2021 US Dist LEXIS 209696仏ロッカー未亡人サモン拒絶否認
2021/11-04 Joseph A. Insinga, 157 T.C. No. 8内部通報者死亡後の訴訟承継
2021/11-03 勃欧Viva Telekom Bulgaria (C-257/20)無利息貸付源泉徴収課税
2021/11-02 JET Farm東京地R2.2.19平28行ウ588役員退職金功績倍率8倍に対し平均功績倍率1.06倍超過部分は不相当に高額
2021/11-01 最判R2.6.26民集74-759国民健康保険税の相続人に対する通知と消滅時効の中断
2021/10-48 独BFH I R 4/17関連会社間金利の移転価格税制:コストプラス法と独立価格比準法
2021/10-47 Tribune Media, TC Memo 2021-122シカゴカブス保有に関するdebtをequity扱い
2021/10-46 丁欧SA.62065海運支援国家補助非該当
2021/10-45 独BFH V B 25/21非営利と政治的活動:コロナ対策批判は非営利非適格
2021/10-44 独BFH
2021/10-43 伊欧SA.100005国家補助非該当:女性雇用支援
2021/10-42 Colestock v. Commissioner (102 T.C. 380)
2021/10-41 Blue Bell Creameries, 333 S.W.3d 59テネシー州税配賦要素
2021/10-40 白破毀院F.20.0056.N 白韓租税条約みなし外税控除subject to tax要件不要
2021/10-39 Lorie B. Sharpe, 2021 US Dist LEXIS 186390還付請求
2021/10-38 米イリノイ最高裁Guns Save Life, Inc. v. Zahra Ali, 2021 IL 126014銃税は州憲法違反
2021/10-37 Anthony Uvari, 2021 US Dist LEXIS 200747期間制限放棄政府署名不要
2021/10-36 独BFH IX R 20/18 & IX R 21/18スポーツ賭博課税EU法適合性
2021/10-35 仏欧Schneider Electric (C-556/20)予納税と配当再分配税額控除は親子会社指令に違反しない
2021/10-34 白憲法裁判所143/21財政再建報告書懈怠行政罰延期拒絶は違憲
2021/10-33 Online Merchants Guild v. Nicolas Maduros, 2021 US Dist LEXIS 198069州外販売業者課税
2021/10-32 CITGO Petroleum, 2021 Tex App LEXIS 8332所得配賦
2021/10-31 パナマ最高裁と租税裁判所:石油自由特区登録会社移転価格文書申告義務
2021/10-30 Canadian Pacific Railway, 2021 FC 1014非課税を認めない
2021/10-29 伊欧コロナ被害企業支援国家補助非該当
2021/10-28 Timberly E. Hughes, 2021 U.S. Dist. LEXIS 197522故意FBAR違反
2021/10-27 Oracle, 2021 Ore. Tax LEXIS 46 Subpart F所得の配賦のやり直し
2021/10-26 4,432 Mastercases of Cigarettes, 448 F.3d 1168ハワイ州の使用税
2021/10-15 米ネバダ州最高裁Morency, 2021 Nev. LEXIS 61教育寄附に係る賃金税税額控除上限
2021/10-24 Bank of America v. US, 680 F.2d 142
2021/10-23 独BFH VIII R 9/19スピンオフに伴うキャピタルゲイン課税の有無
2021/10-22 独BFH II R 24/19贈与税:受贈者が相続人等に返還請求回避のために支払った額の控除
2021/10-21 芬欧A SCPI (C-342/20)資本移動の自由:源泉徴収税非課税透明投資基金に限定
2021/10-20 In re Walmart Stores, Inc., No 122162米カンザス州財産税評価
2021/10-19 Council for Better Education v. Johnson, No. 21-CI-00461民間学校税額控除
2021/10-18 西欧Sigma Alimentos Exterior v. Commission (Case C-50/19 P)等:のれん償却国家補助認定
2021/10-17 Taryn L. Dodd, TC Memo 2021-118組合員は受領の有無に関わらず配当可能所得に課税される
2021/10-16 Vitale v. Commissioner, T.C. Memo. 1999-131
2021/10-15 独欧Finanzamt V (C-394/20)不動産相続:制限納税義務無制限納税義務で異なる控除と資本移動の自由
2021/10-14 Odette (Estate), 2021 TCC 65株式寄附慈善税額控除否認
2021/10-13 New York v. Yellen, 2021 US App LEXIS 29862州地方税控除上限合憲
2021/10-12 米連邦最高裁Healthcare Distribution, 20-1611上告不受理opioid tax(合成麻薬税)
2021/10-11 リトアニア欧UB v Kauno teritorinė muitinė (C-489/20)関税不適用品へVAT&物品税賦課
2021/10-10 独欧I GmbH v Finanzamt H (C-228/20)民間病院のVAT指令2006/112 132(1)(b)該当要件
2021/10-09 City of Ashdown v. Netflix, 2021 US Dist LEXIS 187663ストリーミング税アウト
2021/10-08 米ワシントン州最高裁Washington Bankers Association, 2021 Wash LEXIS 519大銀行税合憲
2021/10-07 米ワシントン州控訴審Sifferman, 2021 Wash App LEXIS 2343 Native American土地賃貸不動産移転税
2021/10-06 伊最高裁24874(2021.9.15)伊仏租税条約10条と親子会社指令:仏→伊配当のavoir fiscalと受取配当益金不算入
2021/10-05 Stanford v Atlanta, 2021 Ga App LEXIS 465固形ごみ料が役務費超過
2021/10-04 Indians of Wisconsin v Evers, 7th Cir. 21-1817インディアン種族財産税免除資格
2021/10-03 ウクライナ最高裁280/5134/19事業目的が認定されない場合の費用控除否認
2021/10-02 レノ東京地判R2.9.3判時2473-18居住者から借入れをし後に貸主が非居住者となった場合の過小資本税制
2021/10-01 東京地判R2.8.6平31行ウ101解決金が株式売買代金減額調整ではなく損害賠償金であると認定された例
2021/09-48 独BFH IV R 20/18基金運用参加の損害賠償額の課税所得算入の要否
2021/09-47 米ミズーリ州税委員会Bethel Area Housing v Rinehart低所得老人障害者住宅財産税免除可否
2021/09-46 IRS v Starling, 2021 US Dist LEXIS 177567破産裁判所課税免除判断を地裁が覆す
2021/09-45 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1352外国税額控除否認ディスクジョッキー
2021/09-44 City of Lancaster v. Netflix et al., 2021 Cal Super LEXIS 7497配信業者勝訴
2021/09-43 Kentucky v. Yellen, 2021 US Dist LEXIS 183134反州減税禁止訴訟でケンタッキー州テネシー州勝訴
2021/09-42 モルドバ憲法裁判所2021.9.14判決番号27法律で地方税率上限設定することは許されない
2021/09-41 Lorillard Tobacco税還付訴訟、違憲的命令
2021/09-40 独欧Grundstücksgemeinschaft Kollaustraße 136 (C-9/20)支払時主義v供給時主義
2021/09-39 独欧I GmbH v Finanzamt H (C-228/20)付加価値税資礼132条(1)(b)にいう社会保険拠出
2021/09-38 独BFH III R 40/19児童手当目的の高等教育の開始時期と終了時期
2021/09-37 Paletta International Corporation, 2021 FCA 182映画投資sham認定
2021/09-36 Kevin Kalkhoven, 2021 US Dist LEXIS 160167危険評価
2021/09-35 Rubinas v. Maduros, 2021 US Dist LEXIS 176745アマゾン販売者カリフォルニア銀行口座税
2021/09-34 CAE Inc. (2021 CCI 57)政府拠出研究開発費控除否認
2021/09-33 ケニア高裁Machakos Constitutional Petition No. E.005 of 2021総収入×1%の最低税は違憲
2021/09-32 Katie Van v. LuLaRoe, 2021 US Dist LEXIS 176071不適切に売上税を徴収しているか
2021/09-31 One Technologiesカリフォルニア州売上単一要素配分売上税の適法性
2021/09-30 仏国務院443914米株を譲渡した仏居住個人の為替損益は課税対象キャピタルゲイン算入
2021/09-29 米オハイオ州最高裁Lamar Advantage GP, 2021-Ohio-3155 Cincinnati市ビルボード広告税違憲
2021/09-28 伊欧SA.64420若年雇傭企業支援国家補助非該当
2021/09-27 独BFH X R 37/19目的限定寄附金(特定動物救済)の控除可能性
2021/09-26 独欧XY v. Finanzamt V (C-394/20)相続税の制限・無制限納税義務に関する控除計算の異同
2021/09-25 Lindsay Manor Nursing Home, 148 T.C. No. 9個人だけがIRC section 6343(a)(1)困難救済適用
2021/09-24 Babylon Farm, [2021] UKUT 224 (TCC) VAT登録取消前でも仕入税額控除否認可
2021/09-23 Kallis, (2021 TCC 58)貸倒損失控除否認
2021/09-22 Alcatel-Lucent USA, 2021 Pa Commw Unpub LEXIS 498欠損金繰越控除還付請求否認
2021/09-21 Government of Guam v. Guerrero, No. 19-16793
2021/09-20 波欧SA.__コロナ対策国家補助非該当
2021/09-19 Gayle Gaston, TC Memo 2021-107退職年金プランミス損失控除
2021/09-18 独BFH X R 5/19事業分割不成立事例:A社株主がA社を保有するB社の50%を保有
2021/09-17 City of Reno Nevada v. Netflix, 2021 US Dist LEXIS 167703ストリーミング税敗訴
2021/09-16 ナイジェリア連邦高裁Rivers StateにおけるVAT、源泉徴収税等の課税権限否定
2021/09-15 Seminole Nursing Home, 2021 US App LEXIS 26555経済苦境救済不適用
2021/09-14 スウェーデン欧SA. 63198生体燃料課税免除一年延長
2021/09-13 Asia Today (ITA 4628-4629/Mum/2006)BVI設立法人がMauritiusに居住地を移転→租税条約便益資格なし
2021/09-12 Terrell v. Harrison Township Assessors Office, 2021 US Dist LEXIS 162494教会廃止と財産税
2021/09-11 John Q. Rodgers, 2021 US App LEXIS 26081故意の証明責任はIRS
2021/09-10 独BFH VI R 27/19従業員食事提供時の一括食事手当減額は納税者が第一作業所を有してなくても適用される
2021/09-09 独BFH I R 61/17ルクセンブルク投資会社からの受取配当の非課税
2021/09-08 Nilda E. Vera, 157 TC No 6過年度のIRSの処分に関する租税裁判所の管轄の有無
2021/09-07 以イェルサレム地裁2021.8.16Amram and Sephira Veofek一般的租税回避否認不適用
2021/09-06 Haresh C. Sheth, ITA No. 1380/Mum/2014?居住証明提出遅延に正当な理由がある場合の租税条約便益
2021/09-05 Telenor, ITA 1307/Del/2015ノルウェー企業の在印従業員の技術役務提供
2021/09-04 パナマ租税裁判所TAT-RF-066製薬会社移転価格再販売価格基準法
2021/09-03 白ヘント控訴審Unilin case関連者間ライセンス契約の無使用料報酬独立当事者間基準適合性
2021/09-02 ワイズ・東京地判R2.9.1平30行ウ268キャバクラのキャスト報酬の給与所得該当性
2021/09-01 日本碍子・東京地判R2.11.26平28行ウ586残余利益分割法の分割要素は研究開発費だけでなく超過減価償却費も
2021/08-33 ナイジェリアFHC/PH/CS/149/2020連邦政府にはVAT・源泉徴収税・教育税・技術税を課す憲法上の権限がない
2021/08-32 希欧SA.61574企業流動性支援国家補助非該当
2021/08-31 独BFH V R 1/19難民やホームレスのための施設運用のVAT免除適格
2021/08-30 Castellanos v. California, 2021 Cal Super LEXIS 7285ギグ経済提案22号違憲
2021/08-29 チェコ プラハ地方裁判所2021.8.19判決Airbnb所得は事業所得扱い(not賃貸所得)
2021/08-28 米フロリダ連邦地裁Lillian Shiffmanイスラエル銀行口座相続秘匿罰則
2021/08-27 Eran Shemesh, 2021 US Dist LEXIS 157009未開示イスラエル銀行口座
2021/08-26 Steve Vaught, 2021 US Dist LEXIS 154863サモン不承認
2021/08-25 蘭ハーグ控訴審ECLI:NL:GHDHA:2021:1508海運契約が国際開発非該当なので二重課税救済否認
2021/08-24 米アリゾナ州最高裁3.5%高所得者税許可
2021/08-23 伊欧SA.64385国家補助審査:文化(劇場、ライブ)支援肯定
2021/08-22 Frances L. Rogers, 2021 US App LEXIS 24535 innocent spouse否認
2021/08-21 Deborah C. Wood, TC Memo 2021-103アフガニスタン国外稼得課税除外適用
2021/08-20 蘭アムステルダム控訴審ECLI:NL:GHAMS:2021:873仏航空会社パイロット二重課税部分救済
2021/08-19 Canada North Group, (2021 SCC 30)リストラ費用を租税債務より優先
2021/08-18 独憲法裁判所1 BvR 2237/14, 1 BvR 2422/17一律年6%利子税は違憲
2021/08-17 独BFH VI R 8/19公務員法一時死亡金、非課税所得非該当
2021/08-16 David Evan Ushio & Judith S. Ushio, TC Summ Op 2021-27無価値化株式通常損失控除非適格
2021/08-15 Catherine S. Toulouse, 157 T.C. No. 4投資所得外税控除否認
2021/08-14 亜連邦最高裁INC S.A. c/ D.G.I. (2021.7.15) debt pushdown structure利子控除否認
2021/08-13 露仲裁裁判所A73-4779/2021配当源泉徴収税納付遅延
2021/08-12 Leonard Tobin, 2021 US App LEXIS 23427国外所得免税不適用
2021/08-11 蘭最高裁2021.8.6スイス銀行口座を持つ蘭居住者死亡の相続税調査のEU法適合性
2021/08-10 Moorings of Leelanau v. Traverse, 2021 Mich App LEXIS 4628 LLC構成員の所有権移転
2021/08-09 蘭ECLI:NL:GHAMS:2021:1765瑞子会社為替損益参加免税不適用
2021/08-08 Manal Morsy v. Sharon Dumas, CV-21-946057遠隔勤務
2021/08-07 K. Slaughter, No. 20-10786自営業税に出版所得が含まれる
2021/08-06 米バミューダ銀行560万ドル支払い合意
2021/08-05 伊欧SA62194映画産業支援国家補助非該当
2021/08-04 伊欧SA63720旅行業等支援国家補助非該当
2021/08-03 チェコ欧SA62970自営業者健康保険料支払繰延国家補助非該当
2021/08-02 米ペンシルベニア州控訴審Duffield House Associates v. Philadelphia, 2021 Pa. Commw. LEXIS 520
2021/08-01 米オレゴン州最高裁Estate of Evans, 368 Or 430州外信託財産課税の合憲性
2021/07-42 独BGH 1 StR 519/20 Cum-Ex-Strafverfahrenで有罪判決
2021/07-41 西欧European Commission v. Spain (C-788/19)海外資産開示懈怠罰則比例原則違背
2021/07-40 GSS Holdings, 2021 US Claims LEXIS 1452飛石取引法理
2021/07-39 Howard Jarvis Taxpayers Association vs. County of Yuba, 2021 Cal App Unpub LEXIS 4741
2021/07-38 George S. Harrington, TC Memo 2021-95詐欺税申告期間制限否定
2021/07-37 英欧Zipvit (C-156/20)インボイスなしのVAT仕入税額控除の可否
2021/07-36 Arizona v. Yellen, 2021 US Dist LEXIS 136971州税減税連邦禁止法案無効確認訴訟
2021/07-35 Test Claimants in the Franked Investment Income Group Litigation, [2021] UKSC 31
2021/07-34 米カリフォルニア州フランチャイズ税委員会Chief Counsel Ruling 2021-01親会社への配当に当たるか
2021/07-33 独BFH V R 35/18英国大学非営利法人該当性
2021/07-32 独BFH III R 30/20幼稚園拠出金を免税雇用者補助金から控除することの可否
2021/07-31 Jeffrey T. Maehr, 10th Cir., No. 20-1124パスポート破棄合憲性
2021/07-30 Morris F. Garcia Deceased, & Sharon Garcia, 157 TC No 1夫婦租税債務明確化
2021/07-29 Liberty Justice Center, 3:21-cv-13616; 1:21-cv-06024寄附者開示法
2021/07-28 State of Missouri v. Yellen, 8th Cir., No. 21-2118州減税禁止連邦法
2021/07-27 Maher Bassily & Nermine Bassily, TC Summary Opinion 2021-20国外源泉申告所得0の外税控除
2021/07-26 蘭ECLI:NL:HR:2021:1152グループ会社買収時の人為的借入利子控除否認の可否
2021/07-25 ルーマニア欧E.On Energy Trading SE (C-323/12)非居住者VAT還付
2021/07-24 独BFH I R 88/13証券貸与取引
2021/07-23 Eric D. Speidall, No. 20-1332連邦マリファナ控除禁止訴訟
2021/07-22 Target Group, [2021] EWCA Civ 1043銀行に提供されるローン管理役務のVAT課税
2021/07-21 Li v. British Columbia, 2021 BCCA 256外国購入者財産税合憲
2021/07-20 蘭欧Nike & Converse (T-648/19)国家補助認定取消請求棄却
2021/07-19 米オハイオ州City of Maple Heights v. Netflix & Hulu, Case No. 20-CV-1872フランチャイズ税
2021/07-18 estate of Harold Kahn, 2021 US App LEXIS 20622故意FBAR違反罰則420万ドル
2021/07-17 南ア行政判断BPR366内国法人の現物(株式)配当
2021/07-16 Morsy v. Dumas; CV 21 946057オハイオ州remort worker tax違憲?
2021/07-15 蘭ECLI:NL:HR:2021:1102アメリカ親会社受領利子の控除の可否
2021/07-14 仏国務院433915ニューカレドニア社会連帯税(配当)は税であり租税条約の5%制限に服する
2021/07-13 独BFH VI R 43/18自由意志の消防団に消防車を提供することに対する賃金課税の是非
2021/07-12 独欧X-Beteiligungsgesellschaft (C-324/20)割賦払いで未払い部分VAT調整不適用時の役務課税
2021/07-11 Ohio v. Yellen, 2021 US Dist LEXIS 123008州税減税を連邦法が禁ずることは違憲
2021/07-10 Collins v. Yellen, 141 S Ct 1761連邦政府代表を更迭する大統領権限を制約する連邦法は違憲
2021/07-09 Americans for Prosperity Foundation, No. 19-251カリフォルニア州寄附者開示法違憲
2021/07-08 In re SKAT Tax Refund Scheme Litigationデンマーク課税庁請求
2021/07-07 Amarijt Gill, 2021 US Dist LEXIS 122038納税者死亡時の外国銀行口座申告懈怠
2021/07-06 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1044二重居住法人(蘭星)から非居住株主への配当支払に対する蘭源泉徴収税
2021/07-05 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1043ノルウェー系多国籍企業のドイツ子会社損失の越境的利用の可否
2021/07-04 チェコ憲法裁判所2021.6.29 2020年所得税法改正の大統領署名欠如を理由するとする廃止主張を棄却
2021/07-03 独BFH XI R 30/20健康保険基金の医療役務のVAT取扱
2021/07-02 国際興業管理株式会社・最判R3.3.11裁時1763-4みなし配当に関する法人税法施行令が違法・無効
2021/07-01 東京地判R1.11.19平28行ウ377相続人らとの共有ではなく被相続人単独所有不動産と認定された事例
2021/06-32 仏国務院448486欧州司法裁判所へ回付:DAC6
2021/06-31 希行政最高裁2021.6.15会社への金銭出資は制限の5年から10年への延長を正当化しない
2021/06-30 伯連邦最高裁、海外相続財産に係る州相続税法の適用を停止
2021/06-29 Karen Fann, CV2020-015495高所得付加税
2021/06-28 米|ワシントン州のキャピタルゲイン税は無効か
2021/06-27 New Hampshire v. Massachusetts, Supreme Court, Orig. No. 154遠隔勤務紛争
2021/06-26 Kirik, 2021 US App LEXIS 16815 Tax Courtが判決を修正する範囲
2021/06/25 米欧航空機WTO紛争協力枠組合意
2021/06-24 南アTourvest Financial Services, [2021] ZASCA 61付加価値税仕入税額控除の配賦|為替役務
2021/06-23 丁欧Apcoa Parking Danmark (C-90/20)VAT対価としての行政費用:駐車便益
2021/06-22 伊欧SA.63138映像制作会社支援国家補助非該当
2021/06-21 米ワシントン州シアトル市賃金費用税("JumpStart" tax)合憲
2021/06-20 勃欧|子会社非課税廃止要請
2021/06-19 Hector I. Garcia & Brenda I. Landrau, TC Memo 2021-72社会保障給付はアメリカ源泉
2021/06-18 芬最高裁KHO:2021:75 Air BnB賃貸物件は住居譲渡益非非課税適格喪失
2021/06-17 独欧E v Finanzamt N & Z v. Finanzamt G (C-45/20 & C-46/20)資産配分不明瞭時のVAT仕入税額控除
2021/06-16 ルクセンブルク欧State of the Grand Duchy of Luxembourg v L (C-437/19)会社状況情報要請
2021/06-15 Kenneth G. Kronowitz, 2021 US Dist LEXIS 104157故意FBAR違反
2021/06-14 アイスランドルクセンブルクノルウェー欧国家補助非認定
2021/06-13 Mazzei, 2021 US App LEXIS 16410 FSC利用タックスシェルターのform over substance
2021/06-12 独BFH VIII R 11/18株式譲渡損失利用制限の違憲性審査の為憲法裁判所へ回付
2021/06-11 白Ghent控訴審L.W., 2019/AR/930フランス不動産法人からの分配は配当である
2021/06-10 蘭Arnhem-Leeuwarden控訴審2021.5.18ベルギーサッカー選手移籍金はオランダで課税対象となるか
2021/06-09 仏欧Icade Promotion Logement (C-299/20)土地分譲販売のVATの計算
2021/06-08 米バージニア州最高裁 短期宿泊税有効
2021/06-07 米オハイオ州最高裁Willacy, 2021-Ohio-1734ストックオプション譲渡益税還付拒絶
2021/06-06 Logix Data Products (2021 TCC 36)科学研究実験開発費用控除と投資税額控除の可否
2021/06-05 米NY租税裁判所Albert R. Lepage, etc., DTA Nos. 828035 to 828038株式移転はS法人選択強制
2021/06-04 マデイラ葡欧国家補助Madeira (T-131/21)
2021/06-03 チェコ憲法裁判所Pl. ÚS 87/20所得税法改正の合憲性判定
2021/06-02 最判R2.3.24民集74-3-292家屋評価誤りによる過大固定資産税等の損害賠償請求権の除斥期間起算点
2021/06-01 東京地判R2.1.30平28行ウ462麻酔報酬の租特26条1項「社会保険診療につき支払を受けるべき金額」非該当例
2021/05-27 Robert Goldsmith, 2021 US Dist LEXIS 99650故意FBAR違反|不適切不必要な動機
2021/05-26 米マサチューセッツ州最高裁Oracle & Microsoft, SJC 130-13売上税他州配賦部分還付
2021/05-25 伯連邦最高裁RE 574.706州VATを社会保障税賦課標準から除外
2021/05-24 Hurstwood Properties (A) v Rossendale Borough Council, [2021] UKSC 16
2021/05-23 ケニア国税不服審判所Appeal No. 474 of 2020過納税還付は申請しなければならない
2021/05-22 丁欧SA.62998コロナ対応企業支援
2021/05-21 独BMF X R 20/19 & X R 33/19 年金二重課税
2021/05-20 Leg. of State of Nev. v. Settelmeyer, 2021 Nev. LEXIS 21 特別多数非充足ゆえ違憲
2021/05-19 Virgin Australia Airlines, [2021] FCA 523従業員に駐車便益を与えることはfringe benefitか
2021/05-18 Shell Energy Holdings Australia, [2021] FCA 496ChevronとのJV結成の為の持分の償却可否
2021/05-17 Mussalli, [2021] FCAFC 71フランチャイジー将来賃料減額のための支払の控除の可否
2021/05-16 伯最高裁RE 855.649非開示銀行預金所得税賦課合憲
2021/05-15 Tooth, [2021] UKSC 17故意過少申告:納税者勝訴
2021/05-14 葡欧Allianzgi-Fonds Aevn (C-545/19)対非居住者支払配当源泉徴収税
2021/05-13 Kam-Press Metal Products (2021 FCA 88)研究開発費控除否認
2021/05-12 Missouri v Yellen, Case No. 4:21 CV76 HEA
2021/05-11 ルクセンブルク欧Affaire Halet c. Luxembourg (21884/18) LuxLeaksのwhistleblowerに対する罰則
2021/05-10 ルクセンブルク欧Luxembourg & Engie (T-516/18 & T-525/18)国家補助:濫用対策不適用
2021/05-09 ルクセンブルク欧Luxembourg & Amazon (T-816/17 & T-318/18)国家補助:移転価格
2021/05-08 伯控訴審1201-004.560身元確認受領者への支払に源泉徴収税率35%不適用
2021/05-07 米カリフォルニア州連邦裁判所北部管轄|暗号通貨利用者の身元確認
2021/05-06 伯最高裁2021.3.5未申告国外財産保有納税者が提供した情報の開示の禁止の合憲性
2021/05-05 Skatteforvaltningen v Solo Capital Partners, [2021] EWHC 974 (Comm)デンマーク課税庁の請求
2021/05-04 ルーマニア欧Wilo Salmson France (C-80/20) VAT越境還付税額控除権発生時期
2021/05-03 Ronnie S. Baum and Teresa K. Baum, TC Memo 2021-46
2021/05-02 Tetra Pak Processing Systems (BS-19502/2020-HJR)移転価格:文書化における比較対象
2021/05-01 最三小判R2.3.24集民263-63所基通59-6非明記の財産評価基本通達の読替え
2021/04-29 Kimberly-Clark Corporation, DTA No. 828259国外関連会社使用料所得算入
2021/04-28 Stephen Hoey, [2021] UKUT 82 IT指導者PAYE控除適格の有無
2021/04-27 丁SKM2021.216.SR投資組合に対するハイブリッドミスマッチルールの適用
2021/04-26 独BFH VII R 34/18外国雇用者に対する最低賃金法の下の関税執行の調査権限
2021/04-25 独BFH IV R 35/19ビデオ会議での諮問に基づく判決の可否
2021/04-24 独BFH III R 73/18ドイツの児童手当から未利用他EU国家族手当を控除することの可否
2021/04-23 Said Rum, 2021 US App LEXIS 12160過失FBAR違反
2021/04-22 The Prudential Assurance Company, [2021] UKFTT 50グループ内取引でVAT非課税の範囲
2021/04-21 General Electric, [2021] EWCA Civ 534 10億ポンド勝利
2021/04-20 Leon Landa, 2021 US Claims LEXIS 635スイス銀行口座故意非開示
2021/04-19 芬行政裁判所H1675/2021他 所得情報公開とGDPR:マスコミへの情報提供を課税庁は拒めない
2021/04-18 Davendra Anand, 2021 US App LEXIS 10920 FBAR申告懈怠の利息減免請求棄却
2021/04-17 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:582スコットランド信託のオープンエンド基金の配当源泉徴収税還付請求棄却
2021/04-16 独BFH X R 20/19 & X R 33/19老齢年金二重課税
2021/04-15 Duane Pankratz, T.C. Memo. 2021-26
2021/04-14 仏国務院427880デラウェア州法人はsociété par actions simplifiée相当で不透明
2021/04-13 チリ租税裁判所Chile vs. Avery Dennison Chile S.A. (Case N RUT 96.721.090-0)移転価格<
2021/04-12 CSX Transportation v. Alabama
2021/04-11 丁SKM2018.511.LSR移転価格
2021/04-10 南アAbsa Bank, [2021] ZAGPPHC 127合法性の原則|通知の撤回
2021/04-09 Gaetano, 2021 US App LEXIS 10253主権免税
2021/04-08 Auctus Resources, [2021] FCAFC 39研究開発費控除還付
2021/04-07 Comtek Network Systems, [2021] UKUT 81 (TCC)土地印紙税回避罰則的法
2021/04-06 洪欧Balgarska natsionalna televizia (C-21/20)公共放送のVAT納税義務の範囲
2021/04-05 Balhousie Housing, [2021] UKSC 11セール&リースバック:二つの取引だがVAT self-supply不適用
2021/04-04 米連邦最高裁Google v. Oracle:Fair Use認める(租税訴訟ではない)
2021/04-03 Sleeth, 2021 US App LEXIS 8108無責配偶者非該当事例
2021/04-02 東京地判R2.1.30平29行ウ371不相当に高額な役員給与
2021/04-01 東京地判R01.10.18平30行ウ529高額譲受けの寄附金認定
2021/03-33 John K. Crandall and Nives M. Crandall, TC Memo 2021-39外税控除減額
2021/03-32 白ヘント控訴審AR 2019/206欧州親子会社指令の濫用
2021/03-31 コロンビア憲法裁判所C-057金融機関付加税合憲
2021/03-30 伯連邦最高裁RE 855091遅延賃金支払付帯利子所得税非課税
2021/03-29 加最高裁2021 SCC 11オタワ州の炭素税は合憲
2021/03-28 Galloway, TC Memo 2021-24適正手続
2021/03-27 伯連邦最高裁RE 851108海外の相続・寄附に対する州の課税権と法律の留保
2021/03-26 Dombrowski, 2021 US Dist LEXIS 42603裁判を受ける権利と租税訴訟延長
2021/03-25 独 VI R 15/19 & VI R 52/18学校犬(?Schulhund)費用の所得控除の可否
2021/03-24 Jane Boyd, 2021 US App LEXIS 8569海外金融口座報告遅延|正確な場合の罰則
2021/03-23 波欧G. Sp. z o.o. (C-855/19)域内取得燃料に係るVAT賦課の時期
2021/03-22 Minor, 2021 US Dist LEXIS 46984破産免責時のIRSの徴税能力
2021/03-21 丁SKM2021.158.SRデンマークに住みドイツで働く者の条約上の居住地判定
2021/03-20 Caylor Land & Development, T.C. Memo 2021-30キャプティヴ:保険と認められなかった事例
2021/03-19 Alice Kimble, 2021 US App LEXIS 8247過失FBAR懈怠50%上限罰則
2021/03-18 Frank Giraldi, 2021 US Dist LEXIS 49481 非故意FBAR懈怠
2021/03-17 Jota Jota Alimentos Global SL, [2021] UKFTT 14非居住者の英国経由輸送財VAT還付の可否
2021/03-16 西欧CB (C-521/19)交響楽団管理役務会社の代表が現金で受ける報酬でインボイスを受けてない場合
2021/03-15 Imprimatur Capital Holdings, [2021] UKFTT 19研究開発計画代表会社への役務提供:仕入税額控除
2021/03-14 独BFH XI R 35/18非営利有限責任会社が社員のために行う活動に関する売上税納税義務の有無
2021/03-13 独BFH VIII R 20/18破産手続に際しての株式損失の認識時
2021/03-12 American Resort Development Association, 2021 US App LEXIS 6632合憲timeshare occupancy tax
2021/03-11 Craig Thomas Jones, 2021 US Dist LEXIS 43047滞納者へのパスポート発行許否の合憲性
2021/03-10 伊最高裁(破毀院)5609人材派遣業のVAT
2021/03-09 Odey Asset Management, [2021] UKFTT 31個人組合員に配賦された基金は雑所得
2021/03-08 丁欧SA. 55760国家補助非該当:COVID-19被害中小企業支援
2021/03-07 南ア租税裁判所[2021] ZATC 1瑞法人移転価格
2021/03-06 希行政最高裁650/2020国内源泉徴収税+予納税は外国税の前に外国税額控除可能
2021/03-05 伯連邦最高裁RE 1187264州付加価値税額を総収入金額に算入するか:社会保障税
2021/03-04 印最高裁Engineering Analysis Centre of Excellence, 8733-8734 of 2018使用料非該当
2021/03-03 伊破毀院no. 1232移転価格:長期間に亘る市場価格を下回る浸透戦略
2021/03-02 エーディーワークス東京地R2.9.3平30行ウ559転売用不動産購入は課税対応課税仕入れ:非課税賃料収入ありでも
2021/03-01 大阪地判R1.11.7平30行ウ163従業員の隠蔽仮装行為を以って使用者たる法人に重加算税を課せる
2021/02-24 伊欧UBS Real Estate (C-478/19 & C-479/19)不動産投資基金の不動産移転税半分軽減
2021/02-23 独BFH III R 49/18児童の病気がいつ終わるか予想できない場合の児童手当不支給
2021/02-22 希行政最高裁A2602/2019専門役務対価使用料非該当
2021/02-21 コロンビア行政最高裁2021.2.2利子費用控除否認ルーリング延長
2021/02-20 米Trump元大統領納税申告書開示
2021/02-19 Uber BV v Aslam, UKSC 2019/0029 労働者である
2021/02-18 Tower Bridge GP, [2021] UKUT 30欧州司法裁判所への上訴を阻止
2021/02-17 伯A最高裁RE 1.294.969/SP (RG)不動産移転登記時のみITBIは課される
2021/02-16 独BFH XI R 7/20中心部の建設に関する仕入税額控除の配分
2021/02-15 希行政最高裁418/2020ギリシャ法人管理参加は居住地変更申請拒絶の理由にならない
2021/02-14 仏欧Ryanair (T-259/20)国家補助:航空税繰延
2021/02-13 Foojit, [2021] UKUT 14企業投資スキーム救済の優先株的防錆
2021/02-12 Clipperton, [2021] UKFTT 12配当代替支払の配当扱いの是非
2021/02-11 仏国務院430594対英国法人支払音楽著作権料の受益者
2021/02-10 Richard Collins外国銀行口座報告義務故意懈怠罰則算定
2021/02-09 CUB Australia Holding, [2021] FCA 43課税庁の情報提供要請に対する法律家秘密保持特権成否
2021/02-08 Tartaruga Insurance, [2021] UKFTT 7北海油田パイプライン損害リスクと英保険料税
2021/02-07 白憲法院12/2021ケイマン信託からの分配を配当扱いして30%所得税を課す
2021/02-06 勃欧"ALTI" OOD (C-4/20)未払VAT第三者の納税債務に係る利子
2021/02-05 Copley, 959 F.3d 118破産時のIRSの優先権
2021/02-04 Bryan Keith Hawker, 2021 US Dist LEXIS 17783 FBAR申告懈怠
2021/02-03 洪欧SA.60910コロナ企業支援国家補助非該当
2021/02-02 東京地判R1.11.21平29行ウ179消費税法30条7項帳簿保存義務と提示義務と調査手続の違法性
2021/02-01 塩野義製薬・東京地判R2.3.11平28行ウ395国外パートナシップ持分譲渡は国外資産譲渡か
2021/01-21 Sirius XM Radio, 604 S.W.3d 125フランチャイズ税配賦
2021/01-20 墺欧technoRent InternationalC-844/19 VAT還付加算金
2021/01-19 独BFH V R 14/20政治活動団体の非営利該当性
2021/01-18 ルクセンブルク欧EQ (C-846/19)心身障碍者指導弁護士の社会的性質活動はVAT非課税
2021/01-17 Colchester Institute Corporation, [2020] UKUT 368教育役務のための政府基金のVAT
2021/01-16 丁欧SA.61233コロナ被害支援賃金税無利息貸付国家補助金非該当
2021/01-15 仏国務院425577フェラガモの移転価格紛争
2021/01-14 Adams Challenge (UK), 156 TC No 2 IRSが申告代替をするまで英法人が未申告の場合の控除権喪失
2021/01-13 スウェーデン行政下級審2021.1.4 Tele2 為替損失控除否定
2021/01-12 欠番
2021/01-11 勃欧国家補助非該当SA.59027地域投資支援スキーム
2021/01-10 エストニア欧Heavyinstall (C-420/19)納税確保の被要請国は要請国(芬)のPE認定判決に拘束されるか
2021/01-09 スウェーデン欧Lexel AB (C-484/19)利子受領者たる仏法人が仏内営業損失と相殺した場合の利子控除制限
2021/01-08 Sabena Puri, 2021 US Dist LEXIS 6187米印租税条約Summons
2021/01-07 Kaufman, 2021 US Dist LEXIS 4602非故意FBAR違反罰金上限
2021/01-06 シント・マールテン最高裁ECLI:NL:HR:2020:1988サービス・チップの賃金税源泉徴収義務
2021/01-05 Kronowitz 2021 U.S. Dist. LEXIS 3607故意FBAR懈怠
2021/01-04 独BFH XI R 20/18銀行税控除不可は合憲
2021/01-03 Bogiatto, [2020] FCA 1139 Lambda Chase Chartered Accountantsの租税回避指南
2021/01-02 丁SKM2020.480.SR平日ドイツで働き週末妻子とデンマークに住む人は国籍重視でドイツ居住者
2021/01-01 福岡高判R1.7.31訟月66-2-261社会福祉法人の営む高給有料老人ホームが旅館業該当、医療保健業非該当
2020/12-31 Development Securities, [2020] EWCA Civ 1705ジャージー法人が英国居住者とされた事例
2020/12-30 蘭ECLI:NL:HR:2020:1914付加価値税非課税の資産管理役務:集合的投資
2020/12-29 La Mancha Group International [2020] FCA 1799外国法に基づく外国法人合併の租税属性引継
2020/12-28 モルジブ高裁HPL Resorts (2017/HC-A/373)費用償還のための支払いは源泉徴収税に服さない
2020/12-27 In Re Perrigo Co. PLC Secs. Litig. 2020 US Dist LEXIS 228178弁護士秘匿特権放棄範囲
2020/12-26 独BFH VI R 42/18「Biberschaden」(ビーバー損害?)関連費用を所得税法33条「特別負担」として控除できるか
2020/12-25 独BFH VI R 14/18会社の費用負担による従業員のフィットネスプログラム参加は非課税たりうる
2020/12-24 仏国務院Valueclick420174代理人PE認定(契約締結権限なくとも)OECDコメンタリーの動的解釈的参照
2020/12-23 希行政最高裁653/2020キプロスPEを有するギリシャ法人の外税控除:源泉徴収税・予納税
2020/12-22 丁最高裁BS-5212/2020-HJR期限徒過後の未申告損失控除
2020/12-21 瑞連邦最高裁2C_835/2017瑞米租税条約下の配当源泉徴収税の還付:英米居住
2020/12-20 Sabena Puri 2:2020cv07270 (AGRx)インド課税調査のための第三者サモンを勧告
2020/12-19 McKenny, 973 F.3d 1291過納税
2020/12-18 Frank Agrama, 2020 U.S. Dist. LEXIS 226136サモンの有効性
2020/12-17 Comcast, 2020 Ore. Tax LEXIS 63受動的投資所得配賦可能性
2020/12-16 独BFH X R 6/19リビアからドイツに専門を学ぶため来た人がリビアから受ける奨学金は所得税の課税対象
2020/12-15 Arthur Bedrosian, 2020 U.S. Dist. LEXIS 228208故意FBAR違反
2020/12-14 仏憲法院2020-868 QPC仏居住者宝石等売却税(通常の譲渡益税より有利)はEU域内外の売却に適用
2020/12-13 伊欧国家補助SA.38399港湾課税における所得控除
2020/12-12 ウガンダSamsung Electronics East Africa (TAT application no. 36 of 2019)韓国本支店間役務VAT
2020/12-11 独BFH VII R 56/18煙草税脱税者は同時にAO71条の債務を負わない
2020/12-10 独BFH VI R 3/18外国に留学している学生の追加食費・宿泊費を前年の所得に関する費用として控除できる
2020/12-09 独BFH X R 23/17非課税国外給与に係る年金掛金の控除可能性
2020/12-08 白欧Belgium Magnetrol International (C-337/19 P)超過利潤税と国家補助
2020/12-07 伯連邦最高裁ADI 5659 & ADI 1945ソフトウェアライセンスへの州付加価値税賦課は違憲
2020/12-06 仏国務院427182仏瑞条約の居住ルールは居住証明書が作成されても適用される
2020/12-05 ウクライナ826/21951/15ウ法人から米居住者への使用料支払いにつき控除を制限:条約違反か
2020/12-04 Forsyth, John Russell, [2020] SGHC 258退職時の特別給付金が非課税たる失業給付金に当たるか
2020/12-03 コロンビア行政最高裁2020.9.22外国投資家の国税登録に関する要件の緩和が違法とされた例
2020/12-02 東京高判R1.5.22訟月65-11-1657弁護士のロータリークラブ年会費の必要経費控除を認めない
2020/12-01 クラヴィス(プロミス)最判R2.7.2平31行ヒ61後発的理由に基づく更正の請求
2020/11-53 葡欧MK (C-388/19)非居住者保有不動産譲渡益課税に係る国籍差別
2020/11-52 独BFH IX R 26/19賃貸住居を11万ユーロで購入した際の減価償却部分への配分(土地対建物)方法
2020/11-51 芬欧Veronsaajien oikeudenvalvontayksikköC-480/19ルク基金への投資から得た所得の種類
2020/11-50 Charles G. Moore & Kathleen F. Moore, 2020 US Dist LEXIS 216771 Subpart F還流金税合憲性
2020/11-49 David C. Shnier & Evelyn Z. Shnier, 2020 U.S. Claims LEXIS 2331 PFICの合法性
2020/11-48 ケニア控訴審Barclays Bank of Kenya, 195/2017銀行間手数料と国際カード役務の源泉徴収義務
2020/11-47 勃No. 12276公共インフラ建築VAT税額控除否定のEU法適合性
2020/11-46 Douglas H. Cutting, TC Memo 2020-158タイ居住米航空会社勤務パイロット国外稼得免税適否
2020/11-45 波欧J.K. (C-703/19)ケータリング役務のVAT軽減税率適用の有無
2020/11-44 Coca-Cola, 155 T.C. No. 10移転価格(supply points)
2020/11-43 独BFH VI R 4/18所得税法35a条2項:公道掃除と職人の作業場での仕事の控除の可否
2020/11-42 RSR Sports, [2019] UKFTT 678 (TC)学校休日クラブ活動VAT非課税範囲
2020/11-41 以地裁74155-12-18非pro-rata株式償還に係る株主の課税取扱い:譲渡益か配当か
2020/11-40 希行政最高裁658/2020希瑞情報交換による取得情報:法令の期間制限を延長
2020/11-39 仏国務院435295仏法人本店の独西英支店に対する費用補填請求はVATに関し単独法人格内部取引か
2020/11-38 ウガンダNational Social Security Fund, (Civil Appeal No. 29 of 2020)会員向利子支払控除可否
2020/11-37 仏控訴審18VE03012 EU域外居住者がフランス法人株式譲渡益課税を受けることと資本移動の自由
2020/11-36 独BFH VI R 15/18娘を母(外国)からドイツに取戻す為の訴訟費用を特別費用として控除できない
2020/11-35 独BFH VIII R 29/19経済的に不合理な場合、電子申告義務はない
2020/11-34 Wee Teng Yau, [2020] SGHC 236歯科医院⇒歯科医から歯科医院⇒会社⇒歯科医へ:GAAR適用
2020/11-33 米カリフォルニア州控訴審Uber, 2020 Cal App LEXIS 988従業員扱い⇒提案22号自営業者扱い
2020/11-32 ペルー租税裁判所03701-9-2020ペルー・チリ租税条約恩恵適用の前提となる居住証明
2020/11-31 仏国務院428048課税庁のガイドラインに沿った取引への罰則(租税手続法L64条:権利濫用)
2020/11-30 伯STJ 1.864.227源泉徴収税の引鉄は債務の満期or現実の支払いの早い方
2020/11-29 米バーモント州最高裁Vermont National Telephone, 2020 VT 83無形資産売却の場所
2020/11-28 モルジブ最高裁Medianet (2016/SC-A/23)使用料支払い取戻し税
2020/11-27 Window to the Womb, [2020] UKFTT 201 (TC) VAT妊婦音波解析役務非課税
2020/11-26 葡欧Frenetikexito (C-581/19)フィットネスと栄養助言は独立の役務か
2020/11-25 Estate of Danielsen, 2020 US Dist LEXIS 195307故意FBAR違反
2020/11-24 西最高裁STS 3062/2020米⇒瑞⇒西license:西瑞租税条約使用料条項受益者定義
2020/11-23 パキスタン高裁No. D-1329 of 2016同一年度につき税務調査を二回選択した者は二重処罰
2020/11-22 墺欧SK Telecom (C-593/19)韓国法人ローミング役務は使用・享受(use or enjoyment)に服する
2020/11-21 コロンビア憲法裁判所C-448領域主義課税違憲
2020/11-20 モルジブ最高裁Moosa Naseer, (2014/SC-A/41)非租税収入を回収する権限がMIRAにない
2020/11-19 仏破毀院19-81.929二重処罰禁止についてECJに回付
2020/11-18 Cheshire Centre for Independent Living, [2020] UKUT 275 (TCC)障害者への役務提供とVAT
2020/11-17 Arjunan, [2020] AATA 4024七か月間Kuwaitで働いていても豪州居住者認定
2020/11-16 仏国務院421524伊居住株主の株式譲渡益への源泉徴収税のEU法適合性
2020/11-15 西欧Fútbol Club Barcelona (C-362/19 P)サッカークラブ国家補助金該当性
2020/11-14 波欧European Commission v Poland (C-562/19 P)小売税国家補助金該当性
2020/11-13 洪欧European Commission v Hungary (C-596/19 P)広告税の国家補助該当性
2020/11-12 Robert T. Brockman, (3:20-cr-00371-WHA)20億ドルの脱税
2020/11-11 米オハイオ州最高裁McClain, 2020-Ohio-4594会社の受領の場所
2020/11-10 伊最高裁21693 (2020.10.8) パナマ法人が国内個人を通じて建築石材を購入・転売:PE認否と帰属利得算定
2020/11-09 Reefco Services, (18-3290)米バージン諸島物品税賦課は違憲
2020/11-08 Wilkinson, [2020] UKFTT 362 (TC)利子率スワップ誤売は譲渡益か所得か
2020/11-07 ナイジェリア連邦高裁(FHC/L/CS/1082/19)法改正が違憲とされた事例
2020/11-06 ルーマニア欧Impresa Pizzarotti (C-558/19)移転価格税制
2020/11-05 NZ最高裁Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints Trust Board, [2020] NZSC 102寄附税額控除
2020/11-04 Rowntree, [2020] FCA 1322将来無保証炭素割当の即時控除の可否
2020/11-03 瑞連邦最高裁2C_32/2020寄附課税
2020/11-02 東京地H30.1.23税資268-13115共同事業性
2020/11-01 東京地判R1.10.30平30行ウ219当たり馬券収入のうち通常馬券は雑所得、WIN5は一時所得と認定した事例
2020/10-37 ルーマニア欧UCMR-ADA (C-501/19)音楽著作権管理団体VAT:ライセンス料受領者は誰か
2020/10-36 伯連邦最高裁Appeal RE 603.624大企業賃金賦課金の合憲性
2020/10-35 HMRC v Smith & Nephew, [2020] EWCA Civ 299親会社ローン為替損失控除可否
2020/10-34 Annette B. DeMauro, 2020 US Dist LEXIS 180027故意FBAR違反
2020/10-33 独欧QM (C-288/19)社用車の従業員私用は移動手段賃貸VAT課税取引か
2020/10-32 Pike, [2019] FCA 2185居住地判定:豪タイ条約タイブレーカー
2020/10-31 ナイジェリア租税裁判所Ess-Ay Holdings (TAT/LZ/VAT/029/2019)不動産賃貸所得VAT非課税
2020/10-30 パキスタン最高裁CP No.398-L, CP No.584-L and CP No.674-L of 2018
2020/10-29 ナイジェリア租税裁判所Tetra Pak West Africa TAT/LZ/CIT/030/2015費用控除認否
2020/10-28 Sam Zimmerman, 2020 US Dist LEXIS 170610外国銀行口座情報開示FBAR
2020/10-27 ノルウェー最高裁HR-2020-1777-AヨットチャーターのためのVAT仕入税額控除適格:取得時の収益見込
2020/10-26 Monica Toth, (15-cv-13367-ADB)故意FBAR(Foreign Bank and Financial Account Reporting)違反
2020/10-25 Bernstein, (19-cv-2912 (BMC))国外銀行口座報告懈怠罰則と憲法
2020/10-24 Sanghvi Foods (ITA 743&744/Ind/2018)印瑞租税条約:印子会社経由で非居住者から購入
2020/10-23 Lease Plan India (ITA No. 6461 & 6462/Del/2015)印蘭租税条約保証料非課税
2020/10-22 波欧Gmina Wrocław (C-604/19)不動産永続使用権譲渡はVAT課税対象である
2020/10-21 モルドバ憲法裁判所2020.8.6詐欺犯の所得関連情報提供拒絶と自白強制禁止
2020/10-20 ノルウェー最高裁Fagerasen Eiendom, HR-2020-1732-A付加価値税の仕入税額控除の売手調整依存
2020/10-19 独欧WEG Tevesstraße (C-449/19)暖房供給のVAT:共用部分向け、個人所有向け
2020/10-18 Parry, [2020] UKSC 35年金受領県利用除外と相続税適用の有無
2020/10-17 Kickabout Productions, [2020] UKUT 216ラジオプレゼンターの従業員性
2020/10-16 独BFH V R 16/17テクノ音楽コンサート(とハウス)のVAT税率
2020/10-15 独BFH VI R 1/17従業員の駐車違反金を雇用主が代わりに払うことは給与か(消極)
2020/10-14 IGE USA Investments [2020] EWHC 2121 GEグループの豪州子会社投資
2020/10-13 AgraCity, 2020 TCC 91ロジスティック役務契約がshamでなくarm's length priceであるとされた事例
2020/10-12 NZ Frucor Suntory New Zealand, [2020] NZCA 383人為的な利子控除を制限
2020/10-11 独BFH VI R 24/18旅費課税:全日教育訓練のため雇用関係から離れて訪れた教育機関は最初の雇用地である
2020/10-10 独BFH II R 40/17相続人不明時の相続税賦課
2020/10-09 独BFH VIII R 3/17相続間近の親が住居を子に売り見返りに年金を得る場合、親は利子所得を得ている
2020/10-08 独BFH VIII R 7/17「金地金証券Gold Bullion Securities」取得一年後の譲渡益課税なし
2020/10-07 独BFH II B 39/20 (AdV)贈与税と曾孫への贈与
2020/10-06 独BFH III R 61/18子の成人後の控除枠の移転
2020/10-05 独BFH III R 51/19子が欧州「Erasmus+」計画の自発的サービスに参加している場合の児童手当
2020/10-04 独BFH VIII R 9/18社用車の私用に対する課税は自動車売却の利益の減額事由ではない
2020/10-03 独BFH VIII R 27/18子供の社会的ケアのための公的資金からの手当て金は非課税所得
2020/10-02 東京地判H31.1.25平29行ウ490租特42条の12の4所得拡大税制における給与増加額の事後的修正は不可
2020/10-01 東京地判R1.8.27金判1583-40相続税軽減目的不動産購入(銀行から借金)→評価通達に拠らず鑑定評価に拠る
2020/09-05 独BFH VII B 73/20コロナ非関連執行停止措置は2020.3.19以前に有効
2020/09-04 独BFH VI R 43/17親が扶養する娘がパートナーと暮らしていても養育費上限減額はない
2020/09-03 コロンビア憲法裁判所C-258コロナ対応で年金基金に強制拠出すべき負担を16%から3%に軽減したことは違憲
2020/09-02 東京高判R1.11.27金判1587-14日本に所得税法上の住所がないと認定された事例
2020/09-01 大阪高H30.11.2税資268-13206外注経費の控除を否認した事例
2020/08-13 仏国務院423810ルクセンブルク法人がbeneficial ownerでないとし配当源泉徴収税免除(親子会社指令)を否認
2020/08-12 独BFH V R 5/17不相当に高額の役員報酬が支払われている場合に慈善団体の非営利性認定が剥奪される
2020/08-11 ベネズエラ最高裁Decision No. 078-2020 & 118-2020地方税の協調のための自治体首長全国合意
2020/08-10 コロンビア憲法裁判所 コロナ社会連帯所得税は違憲
2020/08-09 伯最高裁RE 946.648 製造物税を輸入品の転売に課すことの合憲性
2020/08-08 伯最高裁576967産休(育休?)給付を社会保障税の課税標準に算入することは違憲か
2020/08-07 Bayer, 2020 FC 750医薬品会社の移転価格に係る外国関連文書提出命令
2020/08-06 伯最高裁Volvo, 460.320スウェーデン法人への配当支払に係る源泉徴収税の可否
2020/08-05 蘭ECLI:NL:GHDHA:2020:1317取締役か否かは形式的に判断
2020/08-04 蘭最高裁ECLI:NL:PHR:2020:672利子控除制限
2020/08-03 伯地裁Case No. 0024442-10.2001.4.03.6100非居住者技術役務・技術支援の対価の源泉徴収税
2020/08-02 南ア憲法裁判所Big G Restaurants, [2020] ZACC 16フランチャイズ契約に基づく将来改修費用
2020/08-01 ウガンダCentury Bottling, TAT application no. 33 of 2020予納金30%
2020/07-31 洪欧BAKATI PLUS (C-656/19)セルビア居住者が支配する顧客への商品の卸売が輸出免税の対象となるか
2020/07-30 瑞行政裁判所SB.2018.00094投資助言者機能の移転価格における機能評価
2020/07-29 伊憲法院158/2020登録税の明確性
2020/07-28 波Szczecin地方行政裁判所I SA/Sz 944/19 Poland-Cyprus租税条約のbeneficial owner概念(背後にSlovakia)
2020/07-27 仏国務院436570常用の住所(façon habituelle)の動的解釈の是非
2020/07-26 瑞連邦最高裁2C_354/2018瑞法人から愛法人への配当支払いに係る予納税の還付
2020/07-25 独BFH X R 18/18賃貸不動産を売る際に増築することは事業か
2020/07-24 Apple (T-778/16) & ASI and AOE (T-892/16)欧州委員会あかんよ
2020/07-23 瑞連邦最高裁2C_880/2018 Beneficial Owner概念のdynamic interpretation動的解釈:瑞瑛租税条約
2020/07-22 韓最高裁2020.6.25外国法人が韓国外でゲーマー(韓国法人主催韓国賭場でプレイ)を勧誘した場合のPE認否
2020/07-21 仏行政控訴審18PA02724仏にPEを有しないチュニジア法人の居住地判定
2020/07-20 Royal Bank of Canada, [2020] UKFTT 267 (TC)石油産出使用料課税権の英国割当
2020/07-19 西憲法裁判所2020.7.1法人最低税予納違憲
2020/07-18 蘭欧SA.46470イケア
2020/07-17 伯最高裁Appeal Resp. 1805925繰越欠損金の合併利用制限30%ルール
2020/07-16 葡行政最高裁No. 01687/13不動産開発はVAT非課税か
2020/07-15 ベネズエラ最高裁No. 078-2020州・地方自治体の独自課税・賦課金の憲法適合性
2020/07-14 丁欧SA.55760国家補助審査:船乗り
2020/07-13 独BFH III R 44/17 27歳になって発見された遺伝的障害と障害児童給付
2020/07-12 星高裁BZZ, [2019] SGHC 252 REITに対し資産譲渡をし受託者となる場合の非課税適格
2020/07-11 英欧Wellcome Trust (C-459/19)投資管理をしており課税事業者として行動する者ではない者
2020/07-10 ウガンダ租税裁判所Red Chilli Hideaway (TAT application No. 38 of 2018)源泉徴収税額控除
2020/07-09 伊破毀院Citibank n. 7801イタリアPE帰属損失かアメリカ本店帰属損失か
2020/07-08 勃憲法裁判所2020.6.30 VAT登録義務閾値を超えた売上のある納税者の登録前の供給
2020/07-07 丁最高裁Adecco移転価格
2020/07-06 露破毀院Ф08-4280/2020露英租税条約beneficial owener認否
2020/07-05 ルクセンブルク欧Luxembourg (C-245/19 & C-246/19)スペイン居住芸術家に関する情報提供依頼
2020/07-04 勃行政最高裁10108/2017 VAT執行規則87a条2項は意見
2020/07-03 ノルウェー最高裁HR-2020-1130-AノルウェーShell社が負担した研究開発コストの配分
2020/07-01 東京地判H31.2.20平27行ウ583資産の譲受がないとして輸出免税が認められなかった事例
2020/06-30 伯連邦最高裁ARE 665.134/MG輸入付加価値税
2020/06-29 ザンビア最高裁Mopani Copper Mines, SCZ/8/269/2016スイス親会社への銅の売却の移転価格
2020/06-28 Gender Blind is not Gender Neutral
2020/06-27 Seribu, [2020] AATA 1840所得税制上bitcoinは外国通貨か
2020/06-26 東京地H31.3.15平29行ウ143付加価値税の仕入税額控除の仕入時期判定基準
2020/06-25 仏国務院423809受益者beneficial ownershipテストは親子会社指令違反ではない
2020/06-24 丁SKM2020.224.VLR課税庁の移転価格税制における裁量
2020/06-23 独BFH IX R 13/18会社に出資代替金融支援していた株主は会社売却/清算時に損失利用できるか
2020/06-22 独BFH VIII R 18/16定率源泉徴収税導入後の株主の会社に対する債権放棄による損失
2020/06-21 独BFH III R 22/16 旅行業者がホテルから部屋の移転を受けたことの対価は事業税法、役務対価か購入対価か
2020/06-20 独BFH VI R 42/17片道だけ通勤費が支給されている場合の通勤費用控除
2020/06-19 伊欧SA.48260イタリア海洋港優遇措置は国家補助規制に違反しない
2020/06-18 伯行政租税控訴審16095,720100/2014-98出国届未提出でポルトガルに移住した個人はブラジル居住者扱いか
2020/06-17 伯RE 603136フランチャイズ契約を地方役務税の課税対象に含むことは合憲か
2020/06-16 白国務院247.694納税者は自身に係るMAP(相互協議)文書を見る権限を有するか
2020/06-15 波欧E. Sp. z o.o. Sp. k. (C-335/19)役務代金回収不能とVAT納税義務
2020/06-14 独BFH II R 38/16生存配偶者相続家屋の相続税非課税措置の遡及適用範囲
2020/06-13 独BFH XI R 2/17非営利組織VAT軽減税率適用範囲
2020/06-12 波行政裁判所I SA/Po 935/19グループ内サービス費用支出の控除の可否
2020/06-11 シント・マールテン最高裁調査官2020.5.1賃金税の源泉徴収の範囲にチップを含むとする規定の効力
2020/06-10 独BFH VIII R 4/17納税者が適正に申告した諸島を税務署が記録してない場合、更正処分を修正できない
2020/06-09 西最高裁ECLI:ES:TS:2020:1071西瑞租税条約PE定義の動的解釈の是非
2020/06-08 David T. Myers, 928 F.3d 1025笛吹
2020/06-07 独BFH V R 57/17生命保険証書の中古市場売買はVAT非課税か
2020/06-06 伊破毀院No. 7801/2020アメリカ法人たる銀行の伊PE帰属利得算定に当たりAOAを適用
2020/06-05 ナイジェリア租税裁判所Prime Plastichem Nigeria, No. TAT/LZ/CIT/015/2017移転価格利益指標
2020/06-04 Broadcom Semiconductor, CA 26342-01-16事業再編と移転価格
2020/06-03 勃欧州人権裁判所Antonov, (58364/10)税還付の遅れ
2020/06-02 1) Rank Group; 2) Done Brothers (Cash Betting), [2020] UKUT 117ゲーム機VAT
2020/06-01 芬行政最高裁KHO:2020:35 グループ内取引を税務署が否認できる範囲
2020/05-27 独BFH V R 36/19 VAT非課税の郵便
2020/05-26 Vermilion, [2020] UKUT 162 (TCC)会社が助言者に付与した旧オプションが真オプションに切替った時
2020/05-25 ウクライナ最高裁640/7490/19二重課税救済は源泉徴収税引後支払に適用されない
2020/05-24 独BFH VIII R 4/17納税者が適切に申告した所得を記録してなかったら税務署は所得税決定処分を修正できない
2020/05-23 蘭アムステルダム控訴審18/00318 en 18/00319 配当のbeneficial owner
2020/05-22 伯最高裁AREsp 1618897 伯法人から非居住役務提供者(伯にPEなし)に対してした支払の源泉徴収税の有無
2020/05-21 ケニア控訴審Kenya Nut Company, 58 of 2015 [2020]内国法人から販促外国法人への支払の源泉徴収
2020/05-20 独BFH VII R 6/18滞納処分時に滞納税額を示さず執行令状が無効となった場合、差押物件の差押も違法となる
2020/05-19 ケニア高裁Okiya Omtatah Okoiti事件番号156 of 2017課税庁の情報収集とプライバシー侵害の成否
2020/05-18 ケニア控訴審Robert Anyisi [2020] eKLR [Civil Application No. 170 of 2018]課税庁差押制限
2020/05-17 英欧United Biscuits (Pensions Trustees) (C-235/19)年金基金管理役務のVAT仕入税額控除適格
2020/05-16 独BFH XI R 21/18スーパーマーケット会員割引はVATに関し通常税率
2020/05-15 独BFH II R 29/16訴訟で負けた場合の訴訟費用の相続税の課税標準からの控除
2020/05-14 葡欧Sonaecom SGPS (C-42/19)会社買収計画・資本政策諮問におけるVAT仕入税額控除
2020/05-13 クロアチア欧SA. 55577トン税
2020/05-12 丁SKM2020.105.ØLR移転価格TNMM暖簾の減耗
2020/05-11 PILCOM (Civil Appeal No. 5749 of 2012)クリケットW杯関連支払の源泉徴収納付義務肯定
2020/05-10 ケニアCoca-Cola Central East and West Africa (TAT NO. 5) [2018]国外関連会社への販促役務提供
2020/05-09 以地裁ISP Financial Management (2020.3.30)イスラエル法人→スイス法人役務提供のVAT課税
2020/05-08 Bank of Montreal (2020 FCA 82)為替レート変更に関する損失についてのGAAR適用の是非
2020/05-07 Whirlpool, 154 T.C. No. 9販売所得へのCFC税制適用の可否
2020/05-06 伯連邦最高裁Súmula Vinculante 58非課税(又は免税)物品仕入は仕入税額控除不適格
2020/05-05 英欧Kaplan International Colleges (C-77/19)教育VAT非課税の適用範囲
2020/05-04 伯最高裁Súmula Vinculante 57電子書籍非課税は合憲
2020/05-03 蘭ECLI:NL:GHSHE:2020:655オランダ法人からベルギー取締役に支払われた配当の源泉徴収税還付拒絶
2020/05-02 Toyota Kirloskar Auto Parts (1915/Bang/2017)技術の対価としてTNMMとPSMのどちらが適切か
2020/05-01 独BFH VIII R 34/16株式会社倒産時の株式無償償還による株主の損失控除
2020/04-21 U.A.E. Exchange Centre (Civil Appeal No. 9775 of 2011)非居住印人送金役務の印PE帰属利得
2020/04-20 リトアニア欧XT (C-312/19)組合の事業の業務執行組合員のVAT納税義務の範囲
2020/04-19 Thomas Lohmeyer, 957 F.3d 505海外脱税調査の顧客情報収集、弁護士秘匿特権
2020/04-18 独BFH I R 82/17欧州仲裁条約の下におけるドイツ・スペイン相互協議
2020/04-17 Loblaw, 2020 FCA 79カナダの外国銀行除外ルールによりCFC税制適用外とされた例
2020/04-16 独BFH V R 58/17保険商品ブローカー付加価値税非課税か
2020/04-15 独BFH III R 34/18ポーランドの児童扶養給付金がドイツで自動給付に算入される
2020/04-14 露仲裁裁判所A40-143296/19-107-2312金の延べ棒はVAT非課税ではない
2020/04-13 南ア最高裁Telkom (239/19) [2020] ZASCA 19為替差損とインセンティブボーナス控除不可
2020/04-12 南ア最高裁Diageo South Africa (330/2019) [2020] ZASCA 34広告費のVAT:輸出免税不適用
2020/04-11 瑞連邦最高裁2C_344/2018スイス法人からBVI法人に支払われた配当の源泉徴収税の還付を墺居住者が請求
2020/04-10 蘭高裁BK-18/00981二重居住法人がセント・マーチン島株主に払った配当はオランダで源泉徴収課税
2020/04-09 独BFH XI R 13/18スロットマシーンの売り上げは付加価値税に服す
2020/04-08 BHP Billiton Limited ([2020] HCA 5)CFC税制とdual listing
2020/04-07 瑞連邦最高裁2C_510/2018年金支払い源泉徴収義務タイ
2020/04-06 瑞連邦最高裁2C_748/2018年金支払い源泉徴収義務フィリピン、スリランカ
2020/04-05 蘭仲裁裁判所А57-30537/2019露ウクライナ租税条約受益者否認
2020/04-04 蘭ECLI:NL:GHSHE:2020:969蘭法人がマルタで管理されマルタで送金ベース課税を受けている場合の蘭での課税
2020/04-03 独BFH IX R 10/18: UEFA Champions League決勝チケットの転売に所得税が課せられる
2020/04-02 独BFH IX R 32/17欧州議会の選挙費用の控除が認められなかった事例
2020/04-01 露仲裁裁判所А40-282232/19-140-7336露蘭租税条約beneficial owner認否
2020/03-32 独ニーダーザクセン租税裁判所6 K 69/17ポーランド支店の損失のドイツにおける利用
2020/03-31 ルーマニア欧Terracult (C-835/18)税務調査後のインボイス訂正
2020/03-30 露仲裁裁判所А40-108386/2019キプロス法人に支配された国内法人同士の債権債務関係における過小資本税制
2020/03-29 独BFH V R 9/18無自動車島での馬車を使ったタクシーもVAT軽減税率(鉄道だけではない)
2020/03-28 独BFH IV R 59/16人的会社の事業譲渡の際の欠損金控除の事業引継要件
2020/03-27 独BFH XI R 3/19 仕入税額控除制限を欧州司法裁判所CJEUへ回付
2020/03-26 独BFH IX R 10/19自住用不動産を売った年に短期間賃貸していたとしても譲渡益非課
2020/03-25 独BFH VI R 8/18通勤時の事故の治療費を広告費用として控除できる
2020/03-24 露А48-8351/2019事業再分化
2020/03-23 露最高裁5-KA19-66不動産地籍価格はVAT課税標準不算入
2020/03-22 独ボン地裁2020.3.18 "cum/ex trades"(配当付/配当落の取引)の有罪性
2020/03-21 加最高裁Amazon v. Geneviève Gagnon (38842)誤徴収売上税返還請求集団訴訟の管轄
2020/03-20 ウガンダ高裁Vivo Energy Uganda 2020.3.9賃借地賃料支払いの控除可能性
2020/03-19 独BFH VIII R 27/17外部データ保護事務員は弁護士であっても商業企業である
2020/03-18 仏国務院435634行政庁解釈通達等に対する不服申立期間はオンライン発遣後2か月
2020/03-17 独欧国家補助Hochschul Informations-System GmbH SA.34402
2020/03-16 仏国務院437122租税法上の罰金が比例原則違背で財産権侵害である
2020/03-15 英欧Blackrock Investment Management (C-231/19) 基金管理役務VAT非課税範囲
2020/03-14 独BFH II R 5/17生物的な父から相続した場合クラス1ではなくクラス3が適用される
2020/03-13 Andrew Davies, [2020] UKUT 0067 (TCC)外国資産移転に英モーリシャス条約7条不適用
2020/03-12 BHP Billiton, [2020] HCA 5シンガポールにマーケティングハブを置く
2020/03-11 AT&T Advertising, 2020 U.S. Claims LEXIS 286電話帳広告収入と適格国内生産活動控除
2020/03-10 Zomaron (2020 TCC 35)統合売上税非課税の金融役務の範囲
2020/03-09 蘭欧Stichting Schoonzicht (C-791/18) 7アパートのうち4を非課税供給とした場合の仕入税額控除
2020/03-08 独BFH KAGG40a条1項第2文の遡及適用は違憲の疑い→BVerfGへ回付
2020/03-07 独BFH III R 59/18大人(離婚した父又は母)は児童手当審査を断ることはできない
2020/03-06 Jeffrey T. Maehr, 2020 U.S. Dist. LEXIS 34284税滞納者のパスポート取消の合憲性
2020/03-05 ナイジェリアPrime Plastichem Nigeria (TAT/LZ/CIT/015/2017)移転価格
2020/03-04 仏国務院436392仏米租税条約における不動産:議定書明示の会社以外の会社
2020/03-03 Ott, 2020 U.S. Dist. LEXIS 32514外国金融口座報告義務懈怠
2020/03-02 露10АП-23856/2019イスラエルで納税したとの証明の不足
2020/03-01 蘭欧C-331/19媚薬は食品としてVAT軽減税率の対象となるか
2020/02-19 独BFH(X R 12/18)§ 22 Nr. 1 Satz 3 Buchst. a Doppelbuchst. aa Satz 7 EStG高齢年金控除東西調整
2020/02-18 露仲裁裁判所А11-10353/2016露子会社からキプロス親会社への配当支払いにつき受益者不認定
2020/02-17 露А27-12352/2018社債格付役務(Fitch and Moody's)VAT仕入税額控除否認
2020/02-16 仏国務院435907社会保障税に関する仏英租税条約の二重課税排除措置
2020/02-15 洪欧KrakVet Marek Batko (C-276/18)越境ペットフード販売の供給地
2020/02-14 Estate of Daniel Wildenstein, etc., Docket No. 3423-18財産所在地
2020/02-13 独BFH IX R 23/18会社株式譲渡益の誤りについて税務署長が更正できなくなる時
2020/02-12 独BFH V R 23/19 (V R 62/17)監査役会の役員の事業者該当性
2020/02-11 瑞連邦最高裁2C_518/2019仏法人が瑞法人から受けた配当に係る税の還付請求の根拠法
2020/02-10 LINPAC, [2020] UKFTT 60 (TC)先に国内グループ救済が申請され後の越境救済申請が撤回された場合
2020/02-09 仏国務院423160不動産譲渡益税は外国(Kuweit)政府が間接保有の場合も免れない
2020/02-08 仏国務院421913外国(Kuweit)政府がフランス利益生産活動に課税される
2020/02-07 韓最高裁2020.1.16ルクセンブルクSICAVs&SICAFsの租税条約受益者適格について
2020/02-06 以地裁26342-01-16組織再編否認失敗
2020/02-05 白モンス控訴審2018/RG/454仏会社からの受取配当に係る源泉徴収税の税額控除権否定
2020/02-04 白アントワープ控訴審2018/AR/1588仏会社からの受取配当に係る源泉徴収税の税額控除権
2020/02-03 白憲法院11/2020 Cash for Car違憲:不平等取扱い。
2020/02-02 東京高H30.3.8訟月64-12-1794先物取引雑所得損失繰越控除の連年申告要件と期限後申告
2020/02-01 前橋地判H30.1.31判時2373-21給料等差押禁止は預金債権に承継されないが脱法的なら特段の事情あり
2020/01-19 In re SKAT Tax Refund Scheme Litigation, 2020 U.S. Dist. LEXIS 12129デンマーク源徴不当還付
2020/01-18 瑞連邦最高裁2C_209/2017ルクセンブルク法人が英国法人からスイス法人株式を購入した例の受益保有者認否
2020/01-17 仏国務院421914組合経由Kuwait政府稼得賃料所得へのフランス法人税の賦課
2020/01-16 仏憲法院2019-820 QPC富裕税の課税標準を直接保有住居につき30%減とすることの合憲性と組合経由保有
2020/01-15 西欧Banco de Santander (C-274/14)外国株式取得に係る金融資産の減耗
2020/01-14 伊欧Societe Generale (C-565/18)金融取引税と役務提供の自由及び資本移動の自由
2020/01-13 Unilever Brasil, 16561.720100/2017-97蘭持株会社過小資本税制適用に係る実質的経済活動基準
2020/01-12 ウガンダAirtel, [2019] UGCA 2022係争税額の利子の賦課
2020/01-11 独欧SA.29150 "Sanierungsklausel"欠損金繰越制限国家補助非該当
2020/01-10 独BFH II R 63/15社会保障税と事業税:合憲性
2020/01-09 Melford Capital General Partner, [2020] UKFTT 6 (TC)付加価値税グループ還付
2020/01-08 ベラルーシ最高裁2019.12.19
2020/01-07 白欧Pantochim (C-19/19)清算中の会社のベルギー政府の対する還付請求権とドイツVATとの相殺
2020/01-06 Adams Challenge (UK), 154 TC No 3 大陸棚外船舶時間貸し所得非課税拒絶
2020/01-05 白アントワープ控訴審2018/AR/1554蘭30%ルーリングによる非課税部分はベルギーで課税所得か(消極)
2020/01-04 News Corp UK & Ireland, [2019] UKUT 404 (TCC)電子新聞VAT0税率
2020/01-03 Vitaly Nikolaevich Baturin, 153 TC No 10露市民受領賃金の条約免税適格(積極)
2020/01-02 ノルウェー最高裁HR-2019-2335-A年金管理役務のVAT非課税適格の有無(消極)
2020/01-01 札幌地H31.3.27平28行ウ31相続税納税猶予対象農地の「譲渡等」の意義
2019/12-41 ウクライナ最高裁520/3060/19課税庁が算定した脱税(tax offence)罰則を裁判所が審査できる
2019/12-40 チェコ欧Agrobet (C-446/18) 輸入者がmissing traderである場合の輸出免税による還付の有無
2019/12-39 ウクライナ826/12108/18付加価値税インボイス登録ブロックは違法
2019/12-38 仏国務院405496仏→独配当支払いに係る源泉徴収税
2019/12-37 Redfern, 11th Cir., No. 19-12649 フランス政府SUMMONSES
2019/12-36 NZ Roberts, [2019] NZCA 654寄附金控除
2019/12-35 加最高裁British Columbia Investment Management (2019 SCC 63) Crown Corporation主権免税
2019/12-34 ナイジェリア連邦高裁FHC/L/CS/360/2018ホテル消費税
2019/12-33 コロンビア憲法裁判所C-593不動産移転に係る消費税法改正:違憲
2019/12-32 Ram K. Agrawal, 2019 US Dist LEXIS 212438; Reports of Foreign Bank and Financial Accounts
2019/12-31 Barness v. Ingenious Media, [2019] EWHC 3299 (Ch)租税回避が失敗しても投資家は請求権なし
2019/12-30 Ping Zong (2019 TCC 270)英国社会保障賦課金の外税控除適格(消極)
2019/12-29 仏国務院423698仏法人から外国法人への非商業専門役務対価支払の源泉徴収とTFEU 56・57条
2019/12-28 露最高裁No48 2019.11.26
2019/12-27 コロンビア憲法裁判所C-514税制改正合憲性審査
2019/12-26 Endeavor Partners Fund, 2019 U.S. App. LEXIS 35351経済的実質法理で損失否認
2019/12-25 Wilson, 2019 U.S. Dist. LEXIS 199902外国信託報告懈怠罰則
2019/12-24 Cobalt Data Centre, [2019] UKUT 0342 (TCC)建設権
2019/12-23 波欧Dong Yang Electronics (C-547/18) VAT:韓国法人ポーランド固定施設への役務提供か
2019/12-22 丁東高裁SKM2019.537.ØLRデンマーク子会社からスイス法人へ支払った使用料の控除の可否
2019/12-21 仏国務院430543ドイツ有限責任組合Kommanditgesellschaftをフランスで有限責任組合として扱う
2019/12-20 白控訴審2019.10.1減資を課税対象配当所得に性質変更する更正処分の是非
2019/12-19 独欧Golfclub Schloss Igling (C-488/18)ゴルフ倶楽部とVAT非課税スポーツの範囲
2019/12-18 チェコ欧AURES Holdings (C-405/18)オランダ法人から承継した欠損金の利用の可否
2019/12-17 コロンビア憲法裁判所 大規模金融機関surchareg合憲
2019/12-16 コロンビア憲法裁判所2019.10.22 C-493/19簡素化税制合憲
2019/12-15 Addy, [2019] FCA 1768バックパッカー税は豪英租税条約無差別原則違背
2019/12-14 露仲裁控訴審A40-49647/19 CFCリスト提出義務懈怠か
2019/12-13 Eaton, 153 TC No 6移転価格調整懈怠の罰則賦課を否定
2019/12-12 墺連邦租税裁判所RV/2101287/2017燃料カードchain transaction Kettentransaktion
2019/12-11 ウクライナ第六行政控訴審826/9966/18取引の真の性質を証明する責任:仕入税額控除
2019/12-10 勃欧GVC Services (Bulgaria) EOOD (C-458/18)設立の自由:英国法人とジブラルタル法人との比較
2019/12-09 葡欧IDEALMED III - Serviços de Saúde (C-211/18)医療役務提供者の仕入税額控除
2019/12-08 コロンビア憲法裁判所2019.10.22OECD加盟合憲
2019/12-07 丁欧SA.33159 Fat TaxはState Aidでない
2019/12-06 白憲法院138/2019証券口座税は平等原則違背で違憲
2019/12-05 ウガンダ高裁Target Well Control Uganda (HCCS No. 751 of 2015)英国法人へのリース料等支払い
2019/12-04 丁租税裁判所?SKM2019.499.LSRデンマークに住居を有しデンマーク居住者でない個人が海外で働く
2019/12-03 コロンビア憲法裁判所D-3207税制改正違憲
2019/12-02 東京地R1.6.27平28行ウ508 TPR株式会社事件・法人税法132条の2適用例
2019/12-01 東京高判平成30年5月17日平成29(行コ)386号
2019/11-33 G2A.COM Sp. (3rd Cir. No. 18-3401)ポーランド課税当局の調査要請拒絶
2019/11-32 チェコ欧Herst (C-401/18) 疑わしきは主権国家に有利にprinciple of in dubio mitius
2019/11-31 ウルグアイ行政最高裁Philips Uruguay 2019.7.25 事業譲渡の移転価格
2019/11-30 丁国税不服審判所SKM2019.492.SRドイツ集合投資基金に投資した持分の譲渡益課税を時価主義で
2019/11-29 Angelo Paletta (2019 TCC 205)ハリウッド映画に投資した同族会社の損失控除の可否
2019/11-28 伊破毀院n. 23674 EU外から財を輸入し国内で無料で配布する際の輸入VAT納付義務の有無
2019/11-27 Joseph S. Bellwood And Jacqueline E. Bellwood, T.C. Memo. 2019-135パイロット居住地
2019/11-26 ナイジェリア租税裁判所Earth Moving International (TAT/C2/CIT/030/2018)異議申立の期間制限
2019/11-25 希行政最高裁1880/2019 & 1888/2019社会保障制度の合憲性審査
2019/11-24 西欧Banco de Santander (C-274/14)金融業の暖簾
2019/11-23 Weschenfelder, T.C. Memo. 2019-133イラク独での国外所得免税の不適用
2019/11-22 グァテマラ憲法院Escalas Mercantiles Innovadoras 課税庁が銀行から直接納税者情報を得る事の合憲性
2019/11-21 James M. Cambria, T.C. Summary Opinion 2019-28アフガニスタン居住か
2019/11-20 洪欧Google Ireland (C-482/18)広告税と登録義務
2019/11-19 ジンバブエ高裁2019.9.18送金税無効化
2019/11-18 蘭最高裁18/048500英国政府勤務でオランダに移住した人が受ける年金
2019/11-17 仏憲法院2019-804 QPC (2019.9.27)
2019/11-16 モルドバ最高裁 VAT還付請求要件不備についての罰則適用の可否
2019/11-15 蘭欧Köln-Aktienfonds Deka (C-156/17)配当源泉徴収税還付
2019/11-14 蘭欧Netherlands (T-760/15) Starbucks国家補助金
2019/11-13 ルクセンブルク欧Luxembourg (T-755/15) & Fiat Chrysler Finance Europe (T-759/15)
2019/11-12 ウクライナ最高裁821/2067/17外国政府から送られた文書の管理
2019/11-11 ノルウェーskatteklagenemnda 01 NS 90/2019 アメリカ年金基金信託への配当支払いの源泉徴収税率
2019/11-10 仏破毀院n.18-81.980 (2019.9.11)二重処罰禁止
2019/11-09 洪欧Sole-Mizo (C-13/18) paid consideration条件のVAT仕入税額控除
2019/11-08 南ア最高裁BMW, South Africa 2019.9.6国外従業員税務代行役務費用負担はフリンジベネフィットか?
2019/11-07 露仲裁裁判所A17-11142/2018情報交換の遡及適用
2019/11-06 ウガンダMix Telematics East Africa, TAT 2019.8.21外国所在サーバから提供されるソフト役務のVAT
2019/11-05 日本赤十字献血ポスター宇崎ちゃん起用是非論
2019/11-04 白欧Brussels Securities C-389/18 想定利子控除と海外子会社配当控除の先後
2019/11-03 白Antwerp控訴審2017/AR/1184モロッコPE認定のための実際の事業活動の証明
2019/11-02 東京高判平成30年9月5日訟月65巻2号208頁
2019/11-01 東京地判H30.9.25TAINS:Z888-2235求償権の時効消滅ではないため一時所得不発生
2019/10-07 Silver Wheaton (2019 TCC 170)移転価格訴訟遂行のための文書開示請求
2019/10-06 蘭欧Köln-Aktienfonds Deka (C-156/17)
2019/10-05 Glencore Investment, [2019] FCA 1432移転価格紛争
2019/10-04 希行政最高裁No. 346/2019インド親会社への支払が使用料に当たるか
2019/10-03 蘭ECLI:NL:RBNHO:2019:4803露過小資本税制が蘭参加免税に与える影響
2019/10-02 東京高判令和元年5月29日平成29(行コ)388号
2019/10-01 最三H31.4.9判タ1461-12調整池の用に供すことが開発許可条件であっても宅地認定とは限らない
2019/09-02 最判H30.7.17集民259-1:3号道路判定に行政処分性はないので道路判定を前提とする登録価格決定は違法
2019/09-01 名古屋高判H29.12.14税資267-13099金地金スワップ取引における交換は混蔵寄託の準備行為であり譲渡非該当
2019/08-25 Isac Schwarzbaum, 2019 WL 3997132故意FBAR違反
2019/08-24 利益分割法の下での租税回避Sullivan vs. Devereux
2019/08-23 Mizuho Corp. Bank, ITA No. 4711/Mum/2016 & 4710/Mum/2016支店支払非課税
2019/08-22 Keybrand Foods 2019 TCC 161 arm's length基準に沿わない投資損失の控除を否認
2019/08-21 Glencore, [2019] HCA 26 Leaked documentsを課税庁が利用することの可否
2019/08-20 モルドバ最高裁 所得を申告してない場合、法令上の誓約は適用されない
2019/08-19 独BFH VIII R 35/16証明エンジニアは所得税法上フリーランサー扱いである
2019/08-18 独BFH VIII R 20/16みなし配当(隠れた利益処分)について源泉徴収で終了せず確定申告を要する
2019/08-17 ノルウェーSkatteklagenemnda 49/2019株主に対するローンが違法配当とされた事例
2019/08-16 白Hof van Beroep Brussel 2019.3.26オランダ投資基金の租税条約恩恵適格(消極)
2019/08-15 モルジブOoredoo (TAT-CA-W/2015/001)相互通信費用は源泉徴収税不適用
2019/08-14 ウクライナ最高裁No. 810/4482/16会計上の債権減損処理は税務上の債務免除の要件を満たさない
2019/08-13 ウクライナ最高裁No. 826/24145/15個別課税ルーリングは明瞭で非曖昧でなければならない
2019/08-12 独BFH V R 7/19自動車教習所はVAT非課税ではない
2019/08-11 独BFH VI R 28/17雇用者・被用者間の純額給与合意に基づく租税助言者費用の雇用者負担は給与か(消極)
2019/08-10 独BFH VIII R 2/16 und VIII R 26/16年金助言者はフリーランサーではなく能動的事業所得稼得者である
2019/08-09 ウクライナ最高裁2а-0770/2388/12国際運輸に係るVATゼロ税率
2019/08-08 丁高裁SKM2019.388.VLR外国法人からの送金はローンか課税所得か
2019/08-07 Dennis R. Ott & Tracey R. Ott, Case No. 18-cv-12174故意FBAR違反
2019/08-06 蘭欧Inspecteur van de Belastingdienst (C-631/17) Hoge Raad 17/01041bis社会保障
2019/08-05 米故意FBAR違反(Foreign Bank and Financial Accounts)
2019/08-04 蘭最高裁No. 18/04686株式cum-ex取引(配当付空売り、配当無し譲渡)の国外PE帰属の是非
2019/08-03 Jane Boyd, 2019 U.S. Dist. LEXIS 68863故意FBAR違反
2019/08-02 Satyam Polyplast (ITA 158/2019)非居住者向け支払の技術役務対価該当性
2019/08-01 洪欧Tesco (C-323/18)小売り特別税と設立の自由、国家補助
2019/07-40 露仲裁控訴審No. 09АП-25795/2019 CFC税制通知の技術的過誤
2019/07-39 墺行政最高裁Ro 2018/13/0004ルクセンブルク法人の欧州親子会社指令の濫用の有無
2019/07-38 瑞連邦最高裁2C_653/2018瑞仏執行共助
2019/07-37 ULO Systems (ITA 5279/2011) UAEの石油ガス産業建築会社の船舶利用注入でPE認定
2019/07-36 希行政最高裁No. 153/2018社会連帯特別一括税と希伊租税条約
2019/07-35 希行政最高裁No. 2556/2018減価償却の義務
2019/07-34 仏国務院424216米仏FATCA有効
2019/07-33 Hyva (ITA 3816/Mum/2017)技術役務対価としての源泉徴収税の可否
2019/07-32 蘭最高裁17/05809韓国での掘削船監督活動等で韓国PEが認められず二重課税救済は無い
2019/07-31 以地裁2019.7.14無申告所得課税において法令上の期間制限に課税庁は縛られない
2019/07-30 Credit Suisse Securities, [2019] EWHC 1922 (Ch)
2019/07-29 Mihelick, No. 17-14975
2019/07-28 ウクライナ最高裁case No. 822/1807/17納税者登録取消…連結納税に伴い
2019/07-27 露最高裁A05-879/2018法人税制上動産が不動産として扱われる場面
2019/07-26 蘭最高裁(18/03647)ベルギー居住組合員の利益の半分についてオランダ居住組合員が恒久的代理人である
2019/07-25 Shohat (AA 55937-01-17)従業員ストックオプションへのキャピタルゲイン税率適用の有無
2019/07-24 モルドバ憲法裁判所:収入と同額の罰金は違憲である
2019/07-23 ルーマニア欧Grup Servicii Petroliere (C-291/18)石油リグ売却に公海船舶売却(VAT0税率)か
2019/07-22 白欧Infohos (C-400/18)対会員提供役務VAT非課税の範囲
2019/07-21 独BFH VI R 27/17旅費控除制限合憲
2019/07-20 独BFH III R 42/18児童控除
2019/07-19 以地裁2019.4.10スーパーモデルの居住地が国外であるとの主張を棄却
2019/07-18 ウクライナ最高裁K/9901/4500/18ポーランドとの租税条約に関しPEが親会社から受領した基金は非課税
2019/07-17 瑞連邦最高裁2C_249/2018源泉徴収税還付請求の期間制限と租税条約との関係
2019/07-16 仏国務院n° 421460連結納税拒絶について行政裁判所で争える
2019/07-15 ナイジェリア控訴審(CA/l/556/2018)輸入役務課税
2019/07-14 伯最高裁591,340欠損金繰越控除を利益の30%に制限することは合憲
2019/07-13 独BFH VIII R 24/15法律事務所から抜けた弁護士が後継会社の株主となり直ぐに退社し退職金を受ける
2019/07-12 西控訴審IKEA (2019.3.6) 移転価格
2019/07-11 蘭欧(SA. 51284) NIKEへの国家補助
2019/07-10 波欧(T-836/16) & (T-624/17) →(SA.44351)累進的デジタルサービス売上税
2019/07-09 独BFH X R 28/17期限後年金申告における支払遅延は合憲
2019/07-08 仏国務院No. 422780スイス居住者への社会保障税賦課否認
2019/07-07 蘭最高裁2019 18/02384ベルギー居住者に支払われる会社清算所得への課税
2019/07-06 南ア租税裁判所:蘭との租税条約における最恵国待遇
2019/07-05 リトアニア行政最高裁eA-109-968/2019配当源泉徴収税回避違法
2019/07-04 洪欧Hungary v. Commission (T-20/17)広告税|欧州委員会決定を欧州司法裁判所が破棄
2019/07-03 Blue Lake Rancheria Economic Development Corp., 152 TC No 5
2019/07-02 東京高H30.10.31平30行コ104
2019/07-01 東京高H30.8.1平30行コ58期限後申告は法廷納期限後5年経過による徴収権時効消滅と共に不可となる
2019/06-24 Renee Vento, 152 T.C. No. 1時期に後れた攻撃防御方法
2019/06-23 Schoenfeld, 2019 U.S. Dist. LEXIS 105906 FBAR違反
2019/06-22 白最高裁2019.5.24 Notional Interest Deduction利用目的の人為的仕組み
2019/06-21 ウガンダ高裁2019.6.14通達の拘束力と保険代理人の従業員性
2019/06-20 希行政最高裁no. 2570/2018費用に基づく所得の推計
2019/06-19 Mr and Mrs PQ, [2019] UKFTT 371 (TC)第三者情報収集
2019/06-18 Hawk, 924 F3d 821
2019/06-17 Daniela Dadurian, 2019 U.S. Dist. LEXIS 104683故意FBAR違反
2019/06-16 芬行政最高裁KHO:2018:11相対金銭消費貸借とクラウドファンディング
2019/06-15 西欧Energía de Galicia (Engasa) (C-105/18 to C-113/18)国家補助該当性
2019/06-14 洪欧Vodafone Magyarország Mobil Távközlési (C-75/18)テレコム税
2019/06-13 希行政最高裁no. 580/2019利子使用料源泉徴収非課税
2019/06-12 ノルウェー租税審判所Ruling 01 NS 9/2019会社買収後の欠損金繰越
2019/06-11 ウクライナ最高裁0940/1240/18 VAT登録拒絶にあたり役務の詐欺性を審査(勘案?)してはならない
2019/06-10 米テキサス連邦地裁Edward S. Flume 2019.6.11 FBAR違反故意
2019/06-09 独FG Duesseldorf 7 K 1093/18 Kg→上訴BFH Az. III R 35/19障害子扶養控除の申告前の適用
2019/06-08 独BFH IX R 44/17給与か補償手当か
2019/06-07 洪欧Glencore Agriculture Hungary (C-189/18)付加価値税詐欺
2019/06-06 露最高裁A70-6340/2018キプロス&セイシェル諸島未受領利子控除認めず
2019/06-05 独BFH VI R 18/17家具等の控除
2019/06-04 McCabe, [2019] UKFTT 317 (TC)
2019/06-03 白憲法院75/2019配当逓減源泉徴収税率は新株についてのみ適用
2019/06-02 名古屋地判H29.9.21平27行ウ125源泉所得税の誤納金還付請求事件行使可能時期は受給者から返還された時
2019/06-01 船井電機・東京地判H28.9.26広東型来料加工はCFC税制の適用除外基準を満たさない
2019/05-22 Timbron, T.C. Memo 2019-31
2019/05-21 独BFH VII R 27/17判例変更:事業移転と租税管轄変更
2019/05-20 独BFH VI R 19/17介護ホーム費用控除は自分についてだけ主張可
2019/05-19 ラトビア欧SIA Altic (C-329/18)付加価値税詐欺と食品衛生基準
2019/05-18 Jung Joo Park, 2019 U.S. Dist. LEXIS 87477故意FBAR違反
2019/05-17 希行政最高裁2019.5.17(判決日?公開日?)no. 691/2019 貸倒損失
2019/05-16 ウクライナ最高裁No. 804/6909/17外国通貨で支払われた配当の為替換算報告の要否
2019/05-15 独BFH 2018.12.11 VIII R 44/15
2019/05-14 ウクライナ地裁640/1240/19リスクの高い納税者とVAT invoice制度
2019/05-13 ウクライナ最高裁805/329/17-а机上税務調査後の納税遅延罰金を取消す
2019/05-12 以地裁2019.5.19譲渡益課税に関しbitcoinは通貨ではない
2019/05-11 モルジブ高裁Jetan Travel Services (2015/HC-A/214)法施行日前の役務提供に源泉徴収税不賦課
2019/05-10 Taylor Lohmeyer Law Firm, 2019 U.S. Dist. LEXIS 81809海外脱税John Doe summons
2019/05-09 中国最高裁2019.4.30教育目的所得税非課税規定適用範囲
2019/05-08 パキスタン高裁Khurram Shahzad (WP No. 14138 of 2019)税務署調査における建物立入権限
2019/05-07 ジブラルタル(英)欧SA.34914国家補助:受動的利子・使用料所得非課税
2019/05-06 独欧Cardpoint (C-42/18)支払役務のVAT非課税適格
2019/05-05 ベラルーシ最高裁2019.5.3公表:租税法33条4項GAAR適用について
2019/05-04 瑞最高裁2C_254/2019スイス国籍フランス居住EUスイス・リヒテンシュタイン部ジュネーブ勤務
2019/05-03 葡欧Paulo Nascimento Consulting (C-692/17) VAT:不動産会社の債権譲渡と金融役務の範囲
2019/05-02 米ワシントン州GameStop, 436 P.3d 435ゲーム販売業者売上税property of like kind
2019/05-01 最判H29.12.15民集71巻10号2235頁 競馬
2019/04-17 Gardner, 2019 U.S. Dist. LEXIS 68032 FBARs(Reports of Foreign Bank and Financial Accounts)
2019/04-16 瑞連邦最高裁2C_473/2018 Canton Thurgau居住夫婦の夫がSouth Africaへ妻がCanton Zurichへ
2019/04-15 希行政最高裁2660/2018違法国家補助金の返還
2019/04-14 ルーマニア欧Grup Servicii Petroliere (C-291/18)石油探索掘削リグVAT免税適格と船の定義
2019/04-13 露А40-66788/18キプロス持株会社を受益者と認めた例
2019/04-12 英[2019] UKSC 19
2019/04-11 露仲裁裁判所А40-142855/18-115-4029外国法人の実質的管理地判定…ロシア
2019/04-10 勃憲法裁判所2019.4.4固定資産税リゾート地増税は違憲
2019/04-09 Resource Capital Fund IV LP ([2019] FCAFC 51)有限責任組合を法人扱い
2019/04-08 Keith & Laura Tucker, 5th Cir. No. 17-60833経済的実質法理による損失否認
2019/04-07 波NSA sygn. akt II FSK 996/17課税庁は納税者の税務手続における情報へのアクセスを制限できる
2019/04-06 英欧国家補助、CFC税制
2019/04-05 Vistadis (No. 18-190)米法人に対するフランス税務調査に関するサモン
2019/04-04 Gallaher ([2019] UKFTT 207 (TC))グループ内移転 資本移動の自由違反
2019/04-03 Gladwin Realty (2019 TCC 62)不動産譲渡益課税軽減のための組合利用:GAAR適用例
2019/04-02 東京地H30.1.24平28行ウ344
2019/04-01 東京地H29.12.6平27行ウ514資本剰余金及び利益剰余金を原資とする配当につき令を違法・無効とした例
2019/03-33 ノルウェー控訴審LB-2017-202539移転価格において無形資産購入価格をbasisに用いることの是非
2019/03-32 ケニア高裁TJN-A (494 of 2014)モーリシャスとの租税条約がケニア憲法に反するか
2019/03-31 Rajaram K. Matkari, Civil Action No. 18-mc-00051-MSK-KLM外国銀行口座情報提出命令
2019/03-30 Hyrax Resourcing [2019] UKFTT 175 (TC)租税回避商品プロモーター潰し
2019/03-29 丁欧KPC Herning (C-71/18)ビルが付随する不動産のVATの扱い
2019/03-28 Harding [2019] FCAFC 29居住判定Bahrain or Australia
2019/03-27 ウクライナ最高裁826/13953/15非居住者PE帰属利得:PEが本店から資金提供を受けた場合
2019/03-26 露最高裁A70-13715/2017従業員契約を支週40時間労働して個人企業としても登録している場合
2019/03-25 NZ Interpretation Statement 19/01 (Inland Revenue 2019.2.28) 非居住者取締役への支払の源泉徴収税
2019/03-24 NZ Cullen Group ([2019] NZHC 404) equityをdebtに変え源泉徴収税軽減を目論む。否認例
2019/03-23 ノルウェー欧Decision No: 018/19/COL石油探索費用にかかる税の還付は国家補助非該当
2019/03-22 チリRuling 778法人組織再編とVAT仕入税額控除権に関するGAAR事例
2019/03-21 M.G. & E.D. 2017/AR/1035オランダ法人からベルギー居住取締役への支払は給与所得
2019/03-20 洪憲法裁判所最高裁判所「署名」事件
2019/03-19 仏欧Photographiques (C-145/18) VATの芸術家軽減税率の写真(自画像、結婚)販売
2019/03-18 露モスクワ仲裁裁判所Case No. Α40-241026/2018アラブ首長国連邦法人との移転価格
2019/03-17 露最高裁No. 307-ΚΓ18-24877納税代理人の配当源泉徴収税未納付時の法人所得税納付義務
2019/03-16 Microsoft最高裁2019.1.31移転価格
2019/03-15 G2A.COM, Misc. No. 17-177-LPS波課税庁からの波法人情報の要請。IRCのsummon却下
2019/03-14 Knauf Insulation A70-8087/2018独親会社から露子会社が借入れ。利子の配当扱いを認めず
2019/03-13 GE Energy Parts (ITA 621/2017)米法人のliaison officeがPEと認定された事例
2019/03-12 ウクライナ最高裁2019.2.12 (case no. 802/2253/16-a)電子invoice登録遅延
2019/03-11 米Proposed regulations issued on deduction for FDII and GILTI (REG-104464-18)
2019/03-10 仏電子役務税digital service tax
2019/03-09 仏欧Sofina (C-575/17)内国法人から外国法人(赤字)への配当支払の源泉徴収税は不可
2019/03-08 ウクライナ最高裁No. 804/2278/16 財サービス提供が仮装
2019/03-07 ケニアCivil Appeal No. 311 of 2013源泉徴収税に関するpaidの意義
2019/03-06 伯連邦最高裁RE 651703民営健康保険会社は役務税に服さない
2019/03-05 伯控訴審1045387-14.2016.8.26.0114非居住者たる贈与者・被相続人からの贈与・相続に課税できない
2019/03-04 独欧Federal ExpresS (C-26/18)運輸業者の付加価値税法上の輸入の範囲
2019/03-03 ウクライナ最高裁No. 805/2554/16-a付加価値税登録抹消の租税法令上の根拠
2019/03-02 クラヴィス(プロミス)大阪高判H30.10.19平30行コ21前期損益修正のみならず過年度遡及会計基準も可(未確定)
2019/03-01 東京地H29.4.11ワールドファミリー再販売価格基準法の差異調整が違法とされた事例
2019/02-11 伊n. 32255/2018ルクセンブルク法人にEU親子会社指令の保護は無い。二重課税が無いから
2019/02-10 伯2019.2.21法人格否認incidente de desconsideração da personalidade jurídica
2019/02-09 アドビ移転価格事件からuser participationモデル・marketng intangibleの妥協点を考える
2019/02-08 蘭欧Geelen (C-568/17)比の演者と蘭の顧客を結ぶlive interactieve erotische webcamsessies
2019/02-07 白欧Belgium v. Commission (T-131/16)ベルギー超過利潤免税
2019/02-06 丁SKM2019.57.SRノルウェー親会社-デンマーク子会社-ノルウェー孫会社の親→孫グループ出資
2019/02-05 Estate of Lewin (2019 TCC 21)遺産の評価。子会社の評価。
2019/02-04 ケニアTotal Touch Cargo Holland (17 of 2013)輸出役務該当性とVAT免税
2019/02-03 NN (l) International (2011/AR/2950)集合的投資基金特別税と租税条約の資産税
2019/02-02 最判H30.9.25源泉徴収法定納期限後の錯誤無効主張は可。経済的成果喪失要件を満たしてない
2019/02-01 東京地H30.4.19平26行ウ649債務免除益が不動産所得・事業所得に当たるか、と借入時の事情の重要度
2019/01-11 丁SKM2019.33.LSR外国での研究に関する資金は政府職員給与ではなくその他所得である
2019/01-10 Peter Horowitz (Case No. PWG-16-1997) FBAR違反
2019/01-09 伊欧EN.SA. (C-712/17)電力販売業者のVAT
2019/01-08 韓最高裁2018.12.27アイルランド租税条約の特許使用料beneficial owner条項とGAAR
2019/01-07 仏欧Sea Chefs Cruise Services GmbH (C-133/18)ドイツ法人VAT還付申請報告書要件
2019/01-06 蘭ECLI:NL:HR:2019:57南アフリカとの条約の最恵国待遇条項とスウェーデン配当所得条項
2019/01-05 スウェーデン欧Srf konsulterna (C-647/17)会計講座料金のVAT取扱い
2019/01-04 スウェーデン欧Holmen AB (C-608/17)スペイン子会社の欠損金のスウェーデン親会社における利用
2019/01-03 スウェーデン欧Memira Holding AB (C-607/17)域内他国法人の損失のスウェーデンにおける控除
2019/01-02 米18-md-2865 (LAK)デンマーク課税庁の租税還付詐欺の訴えはrevenu ruleで斥けられない
2019/01/01 東京高H30.7.19平29行コ283財産評価基本通達の文理解釈
2018/12-97 Totel ([2018] UKSC 44)付加価値税
2018/12-96 西欧European Commission v. Spain (C-128/16 P)船会社資金調達国家補助疑い
2018/12-95 Sanjeev Arora, 2018 WL 3429915
2018/12-94 Pertemps ([2018] UKFTT 369 (TC))暫定代理人費用
2018/12-93 Morgan Stanley (地裁2018.5.2)
2018/12-92 Taylor Clark Leisure ([2018] UKSC 35)付加価値税還付請求をできるのは代表者だけ
2018/12-91 David Moulsdale ([2018] UKFTT 309 (TC))リース不動産のVAT非課税適格:回転取引
2018/12-90 Lorenzo Shipping Corporation (CTA Case No. 8694)
2018/12-89 Softbrands India (ITA 536/2015 & 537/2015)移転価格コンパラ選定(TNMM)は事実問題
2018/12-88 仏欧SGI & Valériane SNC (C-459/17 & C-460/17)供給者不存在取引仕入税額控除VAT fraud
2018/12-87 蘭欧A-Fonds (C-598/17)源泉徴収税還付、国家補助
2018/12-86 モルディブTAT-CA-W/2017/005チャンネルライセンスフィー源泉徴収税不適用
2018/12-85 波欧Związek Gmin Zagłębia Miedziowego (C-566/17)仕入税額控除配分ルール不存在
2018/12-84 コロンビア憲法裁C-120/2018非雇用所得を得る個人が非雇用活動関連費用を控除できることは合憲
2018/12-83 白憲法院判決番号163/2018国際トラック運転手に対する差別は許される
2018/12-82 韓最高裁2018.11.29 GAAR適用制限。beneficial owner判定…ハンガリー法人かアメリカ法人か
2018/12-81 露仲裁裁判所?Φ07-11188/2018組織再編後の簡易課税制度利用可
2018/12-80 勃行政最高裁10906/17.09.2018英法人現地治験支店が本店のみに供給する場合の仕入税額控除の可否
2018/12-79 Gamestop, 428 P.3d 1269州売上税の同種資産取引非課税規定とゲーム売買
2018/12-78 Money Shinday, 2018 WL 6330424 FBAR違反者
2018/12-77 ドミニカ憲法院No. TC/0404/2018米国FATCA合憲
2018/12-76 南アフリカ最高裁(破毀院?)2018.11.9石油仮装取引否認の可否
2018/12-75 Burton [2018] FCA 1857居住地国で半額課税となる譲渡益に関する外税控除
2018/12-74 白ブリュッセル控訴審2013/AF/27アラブ首長国連邦由来取締役報酬非課税非該当
2018/12-73 露仲裁裁判所Φ09-5576/18出国時の株主の所得は配当とみなされず0%税率は適用されない
2018/12-72 丁地裁コペンハーゲン地裁SKM2018.584.BR移転価格文書提出懈怠罰金賦課可
2018/12-71 Atlas Tube Canada (2018 FC 1086)会計士意見は優先しない
2018/12-70 Andrew Rush Wentworth TC Memo 2018-194国外(Iraq)稼得免税認容
2018/12-69 露最高裁310-КГ-18-8658経済的実質法理substance-over-form
2018/12-68 希行政最高裁No. 2105/2018ギリシャに妻子を残しスイスで働くギリシャ人はスイス居住
2018/12-67 希行政最高裁No. 1734/2018ワイン特別税の賦課決定に係る移行措置が遡及なので憲法に適合しない
2018/12-66 チリ控訴審Agrícola Ancaldi (Ruling 1/2018)濫用対策規定は施行前でも適用される
2018/12-65 丁Landsskatteretten (SKM2018.556.LSR)株主の父への貸し付けを配当とみなした事例
2018/12-64 波憲法裁判2018.11.14老齢年金傷害保険拠出額上限撤廃の合憲性
2018/12-63 Ford Motors Company, 908 F.3d 805税額過少支払・過大支払の利子の相殺の可否
2018/12-62 Enrique Fernando Dancausa Valle TC Summary Opinion 2018-51外国弁護士の就学費用控除の可否
2018/12-61 独欧瑞Martin Wächtler (C-581/17)出国税
2018/12-60 Richard Liljeberg, 907 F.3d 623外国居住者の国務省就業体験での所得控除
2018/12-59 Larry L. Leuenberger TC Summary Opinion 2018-52飛行士国外稼得所得免税不適用アフガニスタン
2018/12-58 丁Skatterådet SKM2018.544.SRベンチャーキャピタリストPE非認定例
2018/12-57 スウェーデン行政最高裁判所4428-17天候補償費用を市場費用として控除
2018/12-56 墺BFG RV/7101477/2010夫婦共有財産制の夫婦が妻(医師)と賃貸借契約を締結することの仕入税額控除適格
2018/12-55 墺行政裁判所Ro 2017/13/0003建設業への付加価値税の適用
2018/12-54 白破毀院F.16.0062.N/1オランダの学校の先生だった人がベルギー居住者として受け取る年金
2018/12-53 丁Skatterådet SKM2018.529.SRスイスとの間で個人居住地タイブレーカールール
2018/12-52 丁Skatterådet SKM2018.525.SRドイツジャーナリスト情報収集PE非該当事例
2018/12-51 希行政最高裁No. 1442/2018 (2018 October 23)株式評価方法の法改正は遡及しない
2018/12-50 希行政最高裁No. 1774/2018 (2018 October 22)株式資本蓄積課税
2018/12-49 希行政最高裁No. 1445/2018 (2018 October 25)ギリシャに納税代理人を有さないイタリア居住者
2018/12-48 仏憲法院n° 2018-739 QPC第三者の租税便益のための不正文書への罰則、比例原則違背
2018/12-47 独Bundesfinanzhof I R 94/15独−蘭−キプロス三角事案のCFC税制、C-196/04人為的基準
2018/12-46 仏破毀院16-24070倒産会社の資本償還課税
2018/12-45 白Hof van Beroep Antwerpen 2016/AR/2064蘭子会社株式のwrite-downのtake backへの課税
2018/12-44 蘭Gerechtshof Amsterdam 17/00407 ベルギー投資保護協定とPE帰属利得
2018/12-43 仏国務院Smith International France (407903)租税条約違反納税額控除可否
2018/12-42 VK&AL (Hof van Beroep Gent 2017/AR/401)自転車競技者の二重課税排除における日数の考慮
2018/12-41 Western Union Financial Services Argentina 施設を有さない事業者に課す賦課金
2018/12-40 マレーシアKuala Lumpur高裁2018.4.2課税庁の調査は弁護士特権としての顧客秘密を破らない
2018/12-39 丁SKM2018.510.LSR製造控除閉鎖に伴う非関連者間対価支払の関連企業内への当てはめの可否
2018/12-38 丁SKM2018.511.LSR多国籍企業グループを現地市場で代表するという役務の認否
2018/12-37 独欧A & G Fahrschul-Akademie (C-449/17)自動車学校へのVAT課税
2018/12-36 白Liege控訴審2010/RG/887累進留保付国外所得免税は資本移動の自由・労働者移動の自由に違反しない
2018/12-35 GDF Suez Teeside(fka Teeside Power) ([2018] EWCA Civ 2075)グループローン租税回避否認
2018/12-34 瑞Bundesgericht 2C_450/2017賃金源泉徴収税率での子の勘案と妻が仏で働く場合
2018/12-33 蘭欧Köln-Aktienfonds Deka (C-156/17) X (C-157/17)国外投資ファンド還付請求権
2018/12-32 仏欧Morgan Stanley (C-165/17)英国本店への供給に係る仕入税額控除の可否
2018/12-31 Autoridade Tributaria e Aduaneira (0884/17)配当源泉徴収課税が資本移動の自由に抵触しない
2018/12-30 Union Castle Mail Steamship, [2018] UKUT 316 (TCC)デリヴァティヴ取引損失
2018/12-29 露最高裁A40-154449/2017建物全壊後の法人資産税賦課の適否
2018/12-28 Guy Laliberté (2018 TCC 186)宇宙飛行費用10%事業費用として控除、90%は株主便益
2018/12-27 ウクライナ803/976/17課税庁が納税者の資産・銀行口座を凍結させる
2018/12-26 露A40-254413/2017ベラルーシ親会社の100%子会社露法人からの配当に係る15%源泉税|受益者概念
2018/12-25 露最高裁A81-813/2017申告期限徒過でも0%法人税率適用
2018/12-24 白破毀院F.16.0071.Fベルギー人飛行士がノルウェー航空会社に雇われアイスランド航空会社に派遣される
2018/12-23 Estate of Schoenfeld, 2018 WL 4599743死亡した者のFBAR違反の罰則適用
2018/12-22 Norman Catlos (2018 TCC 177)法律紛争費用の賃金からの控除(消極)
2018/12-21 Sidney O'Kagu (151 TC No 6)国務省賃金非課税非該当
2018/12-20 Barry M. Smith & Rochelle Smith (151 TC No 5) CFCからの受取配当
2018/12-19 ルクセンブルクはマクドナルドに違法な国家補助を与えてない
2018/12-18 愛欧Commission v. Ireland (C-678/17) (Apple)国家補助
2018/12-17 G2A.COM Sp., 2018 WL 4219237ポーランド課税庁の要請による波法人米関連会社召喚状
2018/12-16 Roberto Toso & Marcela Salman (151 TC No 4)PFIC株譲渡益無申告、損益通算の可否
2018/12-15 独欧Harry Mensing (C-264/17)美術品中古商VAT margin scheme
2018/12-14 瑞2C_648/2017インドとの徴収共助
2018/12-13 P. Lda. No. 02016/08.0BEPRTスペイン芸能人所得
2018/12-12 ルーマニア欧Gamesa Wind România (C-69/17)
2018/12-11 丁SKM2018.461.SRルクセンブルク特別投資目的会社・基金が丁にPEを有し丁法人と同等扱いを受けるか
2018/12-10 Solvay Chemicals, 424 P.3d 1238製造業のための薬剤が売上税非課税となるか
2018/12-09 丁欧C&D Foods Acquisition (C-502/17)持株会社のデューディリジェンス費用のVAT控除の可否
2018/12-08 墺欧Vetsch Int. Transporte (C-531/17)域内輸入取引と付加価値税詐欺
2018/12-07 波欧Skarpa Travel (C-422/17)旅行代理店のVATに関する役務提供時点
2018/12-06 独欧Alpenchalets Resorts (C-552/17)旅行代理店の補助的役務とVAT軽減税率の適否
2018/12-05 丁SKM2018.458.SR仮想通貨(bitcoin)譲渡損控除可
2018/12-04 Alta Energy Luxembourg (2018 TCC 152) (2020 FCA 43) GAAR不適用
2018/12-03 ウクライナ最高裁Case No. 810/1570/16 VATについて紙での申告が拒絶されない
2018/12-02 東京地判H28.9.30他に職ありとして所令165U二括弧書後段に当たらず所法57青色専従者非該当とされた例
2018/12-01 国税不服審判所H29.9.1裁決事例集108-24国送法6条2項の参照は通則法65条5項を含む。国外財産調書
2018/11-29 Flume Civil No. 16-2133 (RBK/AMD)故意FBAR違反罰則請求を棄却
2018/11-28 墺BFG RV/2100359/2018農林業者の地役権
2018/11-27 墺BFG RV/2100470/2018輸出業者の域内取得証明の要否
2018/11-26 丁No. 13-5396150インターネット新聞の広告・IT役務への支払はVAT支払税額控除可
2018/11-25 蘭ECLI:NL:GHDHA:2018:1780蘭国籍で米居住者登録をしていた者の蘭住居により蘭居住認定
2018/11-24 墺Bundesfinanzgericht RV/4100026/2018 VAT番号発行要請
2018/11-23 墺Verwaltungsgerichtshof Ro 2015/13/0004居住用コンテナVAT軽減税率適用
2018/11-22 丁Copenhagen City Court 2018.6.26ポーランド法人のデンマーク内活動が補助的でなくPEを構成する
2018/11-21 Medallion Corporation 2018 TCC 157ジョイントベンチャー管理費用でないのでexcise tax比課税
2018/11-20 Ya Global Investments 151 T.C. No. 2ケイマン所得パートナーシップの源泉徴収義務
2018/11-19 Illinois Tool Works TC Memo 2018-121 CFC会社間債務は真正か
2018/11-18 Mindy P. Norman, 138 Fed. Cl. 189故意FBAR違反$10万超え罰金
2018/11-17 チェコ欧Arex CZ (C-414/17)輸出免税
2018/11-16 勃欧Petar Dzivev (C-310/16) VAT詐欺に関する違法収集証拠
2018/11-15 露A40-229342/17-115-4656英国法人への利子支払いにおける受領者英国居住証明失敗
2018/11-14 モルドヴァ憲法裁判所2018.7.4インヴォイス不提出罰金違憲
2018/11-13 墺行政最高裁2018.3.22 Ro 2017/15/0001 & Ro 2017/15/0002カルテル罰則関連弁護士費用控除可
2018/11-12 Wadhan, 325 F. Supp. 3d 1136故意FBAR違反罰則上限1口座$10万
2018/11-11 Markus, 2018 U.S. Dist. LEXIS 118871イラクで賄賂とキックバックを貰ったアメリカ市民
2018/11-10 ルーマニア欧Cartrans Spedition (C-495/17) VAT輸出証明書
2018/11-09 蘭欧K.M. Zyla (C-272/17)社会保障税の税額控除
2018/11-08 韓最高裁2018.6.28適格スピンオフ要件
2018/11-07 Estate of Travis L. Sanders, T.C. Memo. 2018-104信託居住地判定US Virgin Islands
2018/11-06 スウェーデン行政最高裁no. 6034-17国内居住者無制限納税義務
2018/11-05 独瑞欧C-135/17 CFC税制10%1%要件standstill clause
2018/11-04 丁欧NN A/S v Skatteministeriet (C-28/17)国外子会社の国内支店(PE)の損失の利用制限
2018/11-03 CIBC (2018 TCC 109)金融役務付加価値税非課税非該当
2018/11-02 上村工業東京地H29.11.24平25行ウ263残余利益分割法と同等の方法による独立企業間価格算定
2018/11-01 DENSO最判H29.10.2CFC税制の主たる事業判定における地域統括業務の株式保有業包含性(消極)
2018/10-02 東京地H29.1.13平27行ウ448退職金収入金額算入時は退職金支払(供託)時であり裁判確定時ではない
2018/10-01 大阪地H29.6.15平24行ウ259号:評価通達20-2(無道路地評価減40%上限)に拠り難い特別の事情の認定例
2018/09-02 大阪高H29.9.28訟月64-2-244賃貸用不動産の贈与税は不動産所得の必要経費に該当しない
2018/09-01 東京地H28.7.15税資266-12882相続財産評価通達による評価は時価以下であるとの「推認」効が働く
2018/07-02 国税不服審判所H29.8.22裁決事例集108-1
2018/07-01 東京地H29.1.31平24行ウ809号 シンガポール法人の損益計算を日本法に基づいてするとの原告主張が斥けられた例
2018/06-18 スウェーデンSkandinaviska Enskilda Banken (Case No. 1003-18)デンマーク所在PEの付加価値税
2018/06-17 Ardmore Construction [2018] EWCA Civ 1438国外負債利子の源泉:債務者居住地国
2018/06-16 Dundas Heritable, [2018] UKFTT 244 (TC)期間制限
2018/06-15 蘭英欧米Starbucks国家補助非認定
2018/06-14 ルクセンブルク欧Engie (←GDF Suez)国家補助認定:関連企業グループ内金融について
2018/06-13 仏国務院415769 Deutsche Bahn AGが仏PE非保有なのでIFER還付請求→棄却
2018/06-12 Strathedin Properties Ltd and Humayun Reza [2018] UKFTT 293 (TC)ロンドン資産関連者売却
2018/06-11 Reserve Mechanical, T.C. Memo. 2018-86関連会社間保険(Captive)否認
2018/06-10 Project Blue [2018] UKSC 30イスラム金融における不動産印紙税の負担者
2018/06-09 仏国務院395495持株会社株式の個人による譲渡益の非課税要件
2018/06-08 Redwood Birkhill [2018] UKUT 189 (TCC)ビール値下げ交渉役務へのVAT課税
2018/06-07 葡欧MEO-Serviços de Comunicações e Multimédia C-295/17違約金とVAT
2018/06-06 CIBC World Markets 2018 TCC 103銀行GST仕入税額控除輸出免税不可
2018/06-05 墺連邦租税裁判所RV/1100084/2017会社の半分以上の持分を有する取締役は別人格扱いされない
2018/06-04 墺連邦租税裁判所RV/101027/2017仕入税額控除なし小企業VAT非課税
2018/06-03 Mediapart紙の新聞2.1%VAT税率と標準税率19.6%の適用間違いに関する脱税意図
2018/06-02 ルーマニア欧Lucretiu Hadrian Vadan C-664/16インボイス無しでの仕入税額控除の可否
2018/06-01 東京地判H29.8.30平24行ウ185非上場株式譲渡と配当還元方式・類似業種比準方式
2018/05-76 墺租税裁判所RV/2101122/2016 EC内供給の連鎖取引に係る配分基準
2018/05-75 墺行政最高裁Ra 2015/15/0066旅行者輸出免税、データベース登録は決め手でない
2018/05-73 Gerdau 関連企業グループ内のれん費用支払いの控除を容認
2018/05-73 Gerdau 関連企業グループ内のれん費用支払いの控除を容認
2018/05-72 Emjo Holdings 2018 TCC 97キーマン生命保険料控除否認
2018/05-71 仏炭素排出権取引付加価値税詐欺有罪
2018/05-70 Canadian Imperial Bank of Commerce ヘッジ目的株式保有
2018/05-69 独Frankfurt裁判所 a cum-ex strategy involving the short sale of stocks
2018/05-68 墺VwGH Ra 2015/15/0045付加価値税のEU法と墺国内法の選択はどちらかだけ。両方いいとこどりは不可
2018/05-67 ケニアDr. Robert K. Ayisi 412 of 2016租税手続法による課税庁の脱税疑惑納税者文書等差押は違憲
2018/05-66 デンマーク2018.5.22外国法人の従業員の契約締結権限の有無はPE認定に当たり決め手とならない
2018/05-65 Jerome Anderson [2018] UKUT 159 (TCC)アフリカサッカー代理人サッカーアカデミー損失控除
2018/05-64 スウェーデン行政最高裁1158-17外国要人国内雇用非課税要件としての給与額要件
2018/05-63 Seabird Exploration FZ 403 ITR 82 UAE法人の石油鉱物探索の為の地震波調査:FTSかPEか
2018/05-62 丁SKM2018.216.SR墺法人の建設PE認否
2018/05-61 Coal Staff Superannuation Scheme Trustees [2018] UKUT 152 (TCC)海外製造由来配当源泉徴収税
2018/05-60 Dominique G. Colliot, 2018 U.S. Dist. LEXIS 83159
2018/05-59 仏憲法院2018-700 QPC繰越欠損金控除制限合憲
2018/05-58 Helmut Hohnholz独銀職員の排出権取引VAT詐欺関与、懲役3年
2018/05-57 独欧Netflix International and Netflix T-818/16映画基金の為のビデオ課税は国家補助か
2018/05-56 南アフリカケープタウン租税裁判所14218米租税条約15条1項の給与所得の意義
2018/05-55 Google India (IT(TP)A No.881/Bang/2016)使用料支払として源泉徴収税に服すか
2018/05-54 丁国税不服審判所?2018.5.9丁墺租税条約PE12ヶ月ルールの数え方
2018/05-53 John Barr 2018 TCC 86事業上の販売に係る仲立ち手数料費用の付加価値税
2018/05-52 葡行政最高裁2018.4.18 No. 01171/17個人破産時の破産財団資産の譲渡益課税の名宛人
2018/05-51 英欧Volkswagen Financial Services C-153/17間接経費
2018/05-50 Infinity Distribution [2018] UKFTT 249 (TC)仕入税額控除否認要件:納税者の財の不存在の認識
2018/05-49 Patrick Cannon, [2017] UKFTT 859 (TC) & [2018] UKFTT 160 (TC)印紙税
2018/05-48 蘭ECLI:NL:PHR:2018:426移転価格税制とCFC税制との関係
2018/05-47 葡欧TGE Gas Engineering GmbH C-16/17グループ内移動費用のVAT仕入税額控除適格
2018/05-46 愛欧Ryanair C-249/17会社買収管理役務の付加価値税仕入税額控除適格
2018/05-45 Marriott Rewards [2018] UKUT 129 (TCC)ホテル役務に係るVATは不動産・広告と非関連
2018/05-44 蘭ECLI:NL:GHDHA:2018:998利子控除制限。外部債務との牽連性を要請
2018/05-43 Schaeffler, 2018 U.S. App. LEXIS 11523外税控除修正申告期限と外国租税原因
2018/05-42 葡行政最高裁012211/17(2016.4.18)モニュメント地方固定資産税非課税とBaixa Pombalina
2018/05-41 白憲法院48/2018(2018.4.26)非居住者国外勤務内国法人支払賃金課税の違憲性
2018/05-40 葡行政最高裁01169/17法人税法上の報酬概念と社会保障との関係
2018/05-39 波欧Gmina Ryjewo C-140/17地方自治体の付加価値税仕入税額控除権
2018/05-38 Glyn [2018] UKFTT 219 (TC)個人の居住地
2018/05-37 仏国務院417809ビットコイン売却益は動産譲渡益として申告しなければならない
2018/05-36 Mitchell Drilling India (ITA No. 5921/Del/2010)移転価格税制適用に際し仮装取引を無視
2018/05-35 ルーマニア欧Zabrus Siret SRL C-81/17付加価値税調査後の修正
2018/05-34 愛欧Eamonn Donnellan C-34/17無申告煙草トラック運転手ギリシャ拘束
2018/05-33 丁租税最高裁?15-2945434移転価格手法
2018/05-32 Conegate [2018] UKFTT 82 (TC)無議決権株式購入
2018/05-31 仏パリ行政控訴審Cerep Imprimerie Sarl, 15PA02628ルクセンブルク法人のPE認否
2018/05-30 Hacon, [2017] FCAFC 181プライベートルーリング拒絶
2018/05-29 独欧Juhler Holding A/S (C?504/16 & C-613/16)配当源泉徴収税免税要件
2018/05-28 The Investment Trust Companies [2017] UKSC 29誤徴収VAT還付、事業者から、例外的にHMRCから
2018/05-27 Bloomberg PE [2018] UKFTT 205 (TC) PE帰属利得計算における無形資産控除否認
2018/05-26 白仏欧SA.38393 & SA.38398国家補助金:港を被課税法人として扱うべし
2018/05-25 Rowe [2017] EWCA Civ 2105映画組合租税回避スキーム
2018/05-24 ING Intermediate Holdings ([2017] EWCA Civ 2111)銀行の付加価値税に関する預金業の範囲
2018/05-23 New Delhi Television, ITA No. 1212/Del/2014一般的租税回避否認GAAR
2018/05-22 丁租税裁判所?2017.12.12アメリカLLCは透明扱い
2018/05-21 アルゼンチン連邦最高裁Bayer SA v. Provincia de Santa Fe州の差別的課税を禁止
2018/05-20 白憲法院6564, 6567, 6576, 6577, 6579 & 6584オンライン賭博付加価値税
2018/05-19 George Markou (2018 TCC 66)寄附税額控除否認
2018/05-18 蘭地裁ECLI:NL:RBZWB:2018:1646オーストリア基金の配当源泉税還付請求適格の有無
2018/05-17 Paul Newey (t/a Ocean Finance) ([2018] EWCA Civ 791付加価値税濫用法理
2018/05-16 伯連邦最高裁RE 574,706州際取引付加価値税(州税)は社会保障賦課金の課税ベース不算入
2018/05-15 英:従業員持株優遇制度・優遇税制は国家補助金なので廃止する
2018/05-14 Aria Technology 2018 UKUT 111 (TCC)付加価値税詐欺裁判文書にメディアはアクセスできる
2018/05-13 ラトヴィア欧E LATS C-154/17売却物から抽出した貴金属・宝石類の中古品売買とVAT
2018/05-12 Beneficial House and Stanley Dock [2017] UKFTT 801 (TC)
2018/05-11 西欧ANGED C-233/16売上基準付加価値税はEU法違反か
2018/05-10 仏憲法院2017-669 QPCテレビ広告税違憲
2018/05-09 GE Consumer Finance (CTA Case No. 9144)株式譲渡益課税なし
2018/05-08 2078970 Ontario (2017 TCC 173)組合損失控除否認更正処分通知取消訴訟の組合の原告適格
2018/05-07 US v. Paul J. Manafort Jr. et al.
2018/05-06 蘭Rechtbank Zeeland-West Brabant (2017 October 27)組織再編移転価格課税処分不支持
2018/05-05 ノルウェー控訴審?2017.10.24公表:比準対象取引や株式将来価値が不明
2018/05-04 ESPN Software India (399 ITR 554)移転価格税制における複数部署の集合的取扱い
2018/05-03 独BVerfG 1 BvL 11/14不動産評価が1964年に基づいているのは基本法3条1項平等原則違背
2018/05-02 Petróleo Brasileiro SA費用控除vs.資本化
2018/05-01 JBS SA食肉加工業者の減税措置と資産差押
2018/04-99 西欧Asociación Profesional Élite Taxi v. Uber Systems Spain SL C-434/15運送
2018/04-98 Bank of Tokyo-Mitsubishi, UFJ ITA 3707 of 2014インドPE帰属従業員賃金控除可
2018/04-97 JCB India, ([2018] 61 ITR (Trib) 148)清算法人の名においてする移転価格調整の許否
2018/04-96 コロンビア憲法裁判所C-010 of 2018欠損金繰越制限の憲法適合性
2018/04-95 Plains Midstream Canada 2017 TCC 207貸付契約無記載利子控除否認
2018/04-94 Investec 2018 UKUT 69 (TCC)リース組合持分取得費用控除否認
2018/04-93 波欧SA.48929トン税と国家補助金該当性回避条件
2018/04-92 仏欧SA.49469郵便局課税減免と国家補助金該当性回避条件
2018/04-91 蘭ECLI:NL:GHSHE:2017:4323資本移動の自由と国家補助金規制の相克?
2018/04-90 丁欧Fidelity Funds C-480/16集合的証券投資媒体配当免税と資本移動の自由
2018/04-89 蘭ECLI:NL:GHDHA:2017:3582蘭瑞から所得を得ている蘭非居住者のモーゲージローン利子控除制限
2018/04-88 葡欧Biosafe C-8/17誤ったVAT税率に基づく取引についての仕入税額控除期間制限
2018/04-87 English Holdings (BVI) [2017] UKUT 842 (TCC)非居住企業の英国内PE利得からの損失控除
2018/04-86 モルドヴァ憲法裁判所No. 78/2017.7.27富裕税の共有者・夫婦差別の違憲訴訟の訴訟適格
2018/04-85 マルタ欧SA.33829トン税の国家補助金非該当条件
2018/04-84 愛SA.49747中小企業支援税制の国家補助金該当性
2018/04-83 独蘭欧Hornbach-Baumarkt C-382/16外国子会社債務保証のarm's length適格
2018/04-82 チリ最高裁…納税者自発的開示プログラム(Law 20,780)に租税秘密が適用される
2018/04-81 伊欧SA.49294 SA.49296映画映像制作減税の国家補助金該当性
2018/04-80 仏欧Marc Jacob & Marc Lassus C-327/16 & C-421/16株式交換譲渡益非課税の範囲_白英ルクセンブルク
2018/04-79 蘭ECLI:NL:HR:2017:3128イスラエル法人が所有するオランダ法人と連結納税(fiscale eenheid)の可否
2018/04-78 丁14-4406991英系航空会社勤務パイロットの居住地判定
2018/04-77 丁16-1837739免税特権の国際機関勤務者の退職後の年金は掛金控除後の額に国が課税できる
2018/04-76 丁17-0941577債権放棄に係る損失控除は認められない
2018/04-75 Nancy E. Kelley-Hunter, 281 F. Supp. 3d 121スイス銀行口座意図的非開示50% penalty
2018/04-74 墺欧Firma Hans Bühler KG C-580/16ドイツ法人がオーストリアで営業するためのVAT番号
2018/04-73 洪欧Dávid Vámos C-566/16小規模事業者オンライン販売VAT登録懈怠と期間制限
2018/04-72 チェコ行政最高裁2017.1.11No. 2 Afs 166/2016-35ドイツ法人株式譲渡益とチェコ独租税条約二重課税救済
2018/04-71 伊欧M.A.S. and M.B. C-42/17付加価値税詐欺
2018/04-70 スウェーデン行政最高裁2017.11.28過少申告加算税
2018/04-69 Nineveh 2017 U.S. Dist. LEXIS 199486信託設定者でなく信託に帰属するとの外国判決の承認非承認
2018/04-68 Jarnagin v. US, 134 Fed. Cl. 368米加二重国籍。妻がカナダ居住。FBAR懈怠
2018/04-67 NZ Van Uden [2017] NZHC 2554恒久的住居保有認定
2018/04-66 希行政最高裁No. 2190/2017使用料控除
2018/04-65 ノルウェー欧Marine Harvest ASA & Norsk Industri E-12/16魚&魚製品課税の国家補助金該当性
2018/04-64 丁SKM2017.651.SRデンマーク雇用、ドイツ居住者がデンマークから受け取る年金
2018/04-63 Marathon Oil UK [2017] UKFTT 822 (TC)人為的租税回避リングフェンシング
2018/04-62 Tottenham Hotspur [2017] UKUT 453 (TCC)サッカー従業員退職金所得税社会保障税非課税
2018/04-62 蘭ECLI:NL:RBZWB:2017:7617蘭居住者英国航空会社パイロットイタリア所在の蘭伊租税条約二重課税救済適格
2018/04-60 蘭Hoge Raad2017.11.24イスラエルへの出国者の年金請求権に対する出国税は蘭以租税条約違反
2018/04-59 ラトヴィア憲法裁判所2017.10.19&2017.11.16社会連帯税と憲法91条平等原則・109条社会保障権
2018/04-58 ノルウェーYara International (E-15/16)グループ内出資に係る損失控除制限可
2018/04-57 勃行政最高裁2017.10.19等VAT仕入税額控除等
2018/04-56 勃行政最高裁2018.3.20No.3565独法人勃支店広告頒布物の印刷のVAT国内外判定
2018/04-55 東京地判H29.10.13平27行ウ730法人役員退職金「不相当に高額」と比準企業の平均功績倍率
2018/04-44 Godaddy.com (ITA No.1878/Del/2017)ドメイン登録料の使用料該当性
2018/04-43 US v. Garrity, 2018 U.S. Dist. LEXIS 56888海外銀行口座申告懈怠の意思の立証責任
2018/04-42 丁2018.4.3暗号通貨取引の利益は個人所得、マージン取引の利益は資本所得
2018/04-41 西最高裁2018.2.19No. 62/2017カナダ居住者への相続税課税と資本移動の自由
2018/04-40 リトアニア欧Enteco Baltic C-108/17直後に域内輸出を想定する域内輸入のVAT免税
2018/04-39 丁SKM 2017.628. SR英国のauthorized contractual scheme (ACS)は透明か。租税条約便益の可否
2018/04-38 Hudson T.C. Memo. 2017-221米市民韓国航空機パイロットの国外稼得所得免税可否
2018/04-37 Zhongxia Ye T.C. Memo. 2017-216中国人助教授の居住地判定
2018/04-36 CIC Services v. IRS, 2017 U.S. Dist. LEXIS 181482: Captive Insurance開示義務Notice 2016-66
2018/04-35 Arthur, [2017] EWCA Civ 1756居住地判定と児童税額控除
2018/04-34 丁SKM 20117.615.SR米Delaware trustはtranparent
2018/04-33 希行政最高裁No.2476/2016非営利団体稼得不動産所得
2018/04-32 Glencore Energy UK [2017] EWCA Civ 1716 DPTについての司法審査の原告適格
2018/04-31 スロヴェニア欧T-2 C-396/16倒産処理における債務整理に対応する仕入税額控除取消
2018/04-30 Gerencser T.C. Memo. 2016-151独NATO勤務独居住者認定ゆえ米で外税控除否定
2018/04-29 韓国最高裁2017.10.12白韓租税条約に関し韓国PEが認定されなかった事例
2018/04-28 Google India 1511 to 1516/Bang/2013広告プログラム転売支払は使用料該当_印愛租税条約
2018/04-27 Letantia Bussell, 699 Fed. Appx. 695罰金100万ドルFBAR
2018/04-26 蘭ECLI:NL:RBZWB:2017:5965移転価格と組織再編
2018/04-25 ノルウェーNo.71/2017非関連者株式の関連者間譲渡価格の修正にけるcomparablesの要否
2018/04-24 蘭欧X BV & X NV C-398/16 & C-399/16他加盟国関連会社に関する利子控除と為替差損控除
2018/04-23 Peck [2017] UKFTT 770 (TC)住所は1つといえども居住は複数たりうる
2018/04-22 仏国務院392908 SAS Thermo Electron Holdings過小資本税制は独立当事者間原則に適合
2018/04-21 希行政最高裁2017.8.17?No.1226
2018/04-20 希行政最高裁2017.8.16No.1290仏法人希PE帰属利得算定における控除可能費用の範囲
2018/04-19 John H. Thompson; Melanie Salyers Thompson 16-72537国外稼得所得免税認めず
2018/04-18 BCP Trading, T.C. Memo. 2017-151タックスシェルター仮装組合Son of BOSS
2018/04-17 Curtis Investment Company, LLC, T.C. Memo. 2017-150タックスシェルター損失否認
2018/04-16 ノルウェー2017.7.18公表:北欧租税条約に関し大陸棚作業が30日要件を満たしPEを構成するか
2018/04-15 白破毀院J.-H.L. & M.W. F.15.0102.N仏会社支払配当源泉徴収税の外税控除は白国内法に優先
2018/04-14 Henderson, [2017] UKFTT 556 (TC)ブラジル生まれ英国居住
2018/04-13 波欧Kozuba Premium Selection C-308/16ビル改築付加価値税
2018/04-12 Duane Crithfield and Stephen Donaldson Sr., 2017 U.S. Dist. LEXIS 127465脱税
2018/04-11 蘭Hoge Raad 16/03578蘭白租税条約183日ルール労働非従事日算入
2018/04-10 英欧Shields & Sons Partnership C-262/16農家に対するVAT標準税率と軽減税率の中間税率
2018/04-09 Delphi Automotive Systems Do Brasil保険代・航空代をresale price法で算入しない規則
2018/04-08 ナイジェリアCNOOC Exploration & Production Nigeria v. Nigerian National Petroleum Corporation
2018/04/07 仏欧Solar Electric Martinique C-303/16太陽光パネル設置は単一複雑取引か複数取引か
2018/04-06 伊欧Enzo di Maura C-246/16invoice受領者が支払わない場合の貸倒事後修正制限と比例原則
2018/04-05 ウガンダ最高裁Rabbo Enterprises & MT. Elgon Hardwares 輸入関税の租税裁判所管轄
2018/04-04 スウェーデンストックホルム高裁2017.6.16蘭法人の国内PEの株式取得費用控除損失の帰属
2018/04-03 独欧Geissel & Butin (C-374/16 & C-375/16)仕入先企業の活動実態を理由とする仕入税額控除制限
2018/04-02 仏国務院Givenchy 386579外国税額損金算入は租税条約が明示的に禁じている場合に限り不適用
2018/04-01 丁最高裁2017.6.30No.C137-2016会社合併に際し標的会社の従業員の雇用費用を控除できない
2018/03-77 瑞連邦最高裁2C_1078/2015スペイン法人のスイス子会社の支払配当に係る15%源泉徴収税の還付請求棄却
2018/03-76 瑞連邦最高裁2C_140/2016仏居住者が瑞で90%以上稼ぐ場合の準居住者扱いと控除の書類提出義務
2018/03-75 NZ Patty Tzu Chou Lin [2018] NZCA 38: 中国法人たるCFCについてのみなし外税控除適格はNZ株主に無い
2018/03-74 瑞連邦最高裁2C_829/2016 & 2C_830/2016ポルトガル所在不動産の帰属家賃算定
2018/03-73 瑞連邦最高裁2C_404/2017仏所在不動産収入に係る赤字を控除することの可否(累進税率についてのみ考慮)
2018/03-72 Stewardship Ontario, 2018 TCC 59非営利法人の付加価値税仕入税額控除容認
2018/03-71 丁東部高裁2018.3.28(B-2008-16)Microsoft移転価格紛争勝訴
2018/03-70 露A27-25564/2015過小資本税制対象の控除不能利子支払いの源泉徴収税率は配当扱い
2018/03-69 伯連邦最高裁2018.3.23違憲直接宣告5835:役務受領者所在地課税の役務税は多重課税の恐れがあり違憲
2018/03-68 瑞2C_573/2016 & 2C_574/2016ドイツ配当源泉徴収税の外国税額控除適格とスイスでの所得課税
2018/03-67 蘭欧イケア国家補助金SA.46470 Potential aid to IKEA ? NL
2018/03-66 英欧DPAS C-5/17契約上は患者に直接は提供されない役務のVAT非課税取引該当性
2018/03-65 伯São Paulo州下級審2018.3.15ソフトウェアダウンロードへの州際付加価値税
2018/03-64 スウェーデン行政最高裁2017.5.15No6608-16北欧租税条約:居住者のノルウェー船籍炭化水素採掘船賃金
2018/03-63 西憲法裁判所3856-2102未申告所得課税猶予措置は違憲
2018/03-62 IMF working paper Mooij & Liu移転価格税制は自国への投資を減らす
2018/03-61 Fortunata Silvia Fontana C-648/16推計課税。推計売上高への付加価値税
2018/03-60 南アフリカPienaar Brothers, 87760/2014|2007.8.8立法|2007.5合併第二次納税義務に遡及
2018/03-59 蘭ECLI:NL:HR:2017:964 社用車への課税と欧州人権条約
2018/03-58 ブルガリア行政最高裁2018.3.13No3213内国法人から英国法人(VAT未登録)への広告役務提供の輸出免税可否
2018/03-57 瑞Bundesgericht 2C_128/2016 & 2C_130/2016ドイツ人でスイス国籍も取得した者の居住地判定
2018/03-56 Krishak Bharati Cooperative 2017 [TS-160-HC(Delhi)]オマーンPE保有インド法人の外税控除
2018/03-55 Fowler [2017] UKUT 219 (TCC)南アフリカ大陸棚で作業していた潜水士の英国課税
2018/03-54 スウェーデンSveaskog Förvaltnings 5311-15, 5312-15組織再編株式売却助言費仕入税額控除
2018/03-53 白破毀院F.15.0119.Nオランダ年金を受領するベルギー居住者のベルギー課税はベルギー勤務限定
2018/03-52 蘭ECLI:NL:HR:2017:913オランダ法人に雇われアメリカで勤務した後の退職金
2018/03-51 Stephen T. May, 9th Circuit, 2017 May 16租税回避取引開示期限徒過罰則
2018/03-50 白欧Argenta Spaarbank C-39/16親子会社指令と利子費用控除
2018/03-49 白破毀院F.15.0120.F (2017 avril 27)株式譲渡益雑所得扱い
2018/03-48 蘭Hoge Raad X10 BV (No. 13/00794) & X9 BV (No. 13/00796)銀行グループ租税回避非詐欺的
2018/03-47 Colaingrove, [2017] EWCA Civ 332付加価値税軽減税率
2018/03-46 News Corp UK & Ireland (2018 UKFTT 129 (TC)デジタルニュースに新聞VATゼロ税率は適用されない
2018/03-45 スロヴァキア欧Volkswagen AG C-533/16仕入税額控除還付請求期間制限始期
2018/03-44 Jimenez, R v The First Tier Tribunal (Tax Chamber) & HMRC [2017] EWHC 2585 (Admin)
2018/03-43 印Bombay高裁Amphenol Interconnect India (Income Tax Appeal No. 1100 of 2015)CUP法不適合
2018/03-42 Hargreaves Lansdown Asset Management 2018 UKFTT 127 (TC)投資プラットフォーム忠誠ボーナス
2018/03-41 NZ Chatfield [2017] NZHC 3289韓国課税庁からの情報交換要請に基づくNZ課税庁の情報要請を拒絶
2018/03-40 トルコ憲法裁判所2018.2.1No.2015/6728自動車部品販売への欧州人権条約14条の適用
2018/03-39 ブルガリア行政最高裁2018.3.7No2901 No2908キャンペーンと仕入税額控除 英会社の国内子会社
2018/03-38 白最高裁(破棄院?)F.16.0060.N/1オランダで実際に課税されることは国外所得免税の要件でない
2018/03-37 蘭地裁AWB-15_7793米上場投資会社配当源泉税還付拒絶はEU法違反でない
2018/03-36 蘭アムス高裁2018.1.16ドイツで拘留されていた期間はオランダに戻る意思があってもオランダ居住者ではない
2018/03-35 ブルガリア行政最高裁2018.2.27&28インボイス撤回|下請けによる役務提供
2018/03-34 Bank of India (ITA No. 3082/Mum/2015)賃料所得は租税条約6条により非課税
2018/03-33 Essex International College [2018] UKFTT 85 (TC)一つの教育役務vs.多段階非課税役務
2018/03-32 Conversant International Ltd パリ行政控訴審no. 17PA01538愛法人デジタル役務PE非認定
2018/03-31 Iggillis Holdings 2018 FCA 51弁護士秘匿特権の範囲…CIP: common interest privilege
2018/03-30 福岡高宮崎支決H28.5.26判時2329-55遺産分割調停で相続税申告書の文書提出命令を却下
2018/03-29 Kasi Group Eastern High Court (B-1400-15) (2018 March 7)租税目的合併規則撤回
2018/03-28 英欧Marcandi C-544/16: Online penny auction site利用者が購入するcreitsのVAT
2018/03-27 ノルウェーHR 2018-391-A基金管理手数料部分控除
2018/03-26 白Constitutional Court代替最低限税(alternative minimum tax, fairness tax)はEU法違反
2018/03-25 Franck Hanse, 17-cv-4573フランス市民IRS summons
2018/03-24 瑞Schweizerisches Bundesgericht (2C_735/2017)仏→ジュネーヴ遠距離通勤費用控除上限
2018/03-23 Christa Ackroyd Media Ltd v. HMRC [2018] UKFTT 69 (TC)フリーランスで賃金税・社会保障税不徴収
2018/03-22 Celia Mazzei et al., 150 TC No 7バミューダFSC経由でRoth IRAにお金を流し込む
2018/03-21 モルディヴHPL Resorts (TAT-CA-W/2015/003)外国法人への費用払戻か役務対価として源泉徴収税に服すか
2018/03-20 EV C-685/16比法人→墺法人→独法人の受取配当非課税の範囲
2018/03-19 モルドヴァTrofim Prigala (欧州人権裁判所No. 36763/06) 社会保障税の曖昧性と欧州人権条約7条違反
2018/03-18 ギリシャ行政最高裁2018.2.28No.2866/2017第三国法人がギリシャと租税条約未締結の場合に課す特別財産税
2018/03-17 ブルガリア行政最高裁2018.2.20No.2288イタリア受領者のtaxabality確認が不充分であり輸出免税不適用
2018/03-16 ブルガリア行政最高裁2018.2.19No.2217ルーマニアのmissing traderとつるんでいない内国輸出業者のVAT0%税率
2018/03-15 丁国税不服審判所?2018.2.21生命保険会社の欠損金は非課税合併後使える。子会社欠損金は使えない
2018/03-14 ブルガリア欧ZPT AD C-518/16貿易に無影響の国家補助でEU法違反とならない上限を設定
2018/03-13 丁欧Z Denmark ApS C-299/16欧州利子・使用料条項1条1項、beneficial owner概念、濫用防止
2018/03-12 丁欧C Denmark 1t C-119/16欧州利子・使用料条項1条1項、beneficial owner概念、濫用防止
2018/03-11 丁欧X Denmark A/S C-118/16欧州利子・使用料条項1条1項、beneficial owner概念、濫用防止
2018/03-10 東京高判H28.12.1脱税する気で嘘をつく不動産譲渡人の非居住者性の確認を怠った譲受人の源泉徴収義務
2018/03-09 蘭盗まれた銀行情報
2018/03-08 墺欧Kreuzmayr GmbH C-628/16誤invoiceに基づく仕入税額控除
2018/03-07 波欧Gmina Wrocław C-665/16市町村の不動産所有権取引の付加価値税
2018/03-06 丁欧Y Danmark C-117/16親子会社指令1条1項、beneficial owner概念、濫用防止
2018/03-05 丁欧T Danmark C-116/16欧州親子会社指令1条1項、beneficial owner概念、濫用防止
2018/03-04 丁欧N Luxembourg 1 C-115/16欧州利子・使用料指令1条1項のbeneficial owener概念
2018/03-03 Coca-Cola Company, 149 TC No 21メキシコに支払った税は強制的であり米で外税控除可
2018/03-02 China State Philippines Construction (CTA EB No. 1558)過年度申告過誤の年数制限
2018/03/01 Goldfingermodellen IV R 50/14独富裕者がロンドン金業者に投資し控除し益は独英条約で非課税
2018/02-55 ルクセンブルク欧SA.38944アマゾン国家補助金認定(Case T-816/17)
2018/02-54 ブルガリア行政最高裁2018.2.15No.2088保険商品の仲介業者と認められずディーゼル燃料仕入税額控除不可
2018/02-53 ブルガリア行政最高裁2018.2.13No.1921購入を年内に支払わなかった。仕入税額控除不可
2018/02-52 ブルガリア行政最高裁2018.2.15No.2081無免許医療機器販売者からの購入でもVAT仕入税額控除可
2018/02-51 MDL Property Consultants LLP, [2017] UKFTT 894 (TC)組合情報申告通知
2018/02-50 Nestl UK Ltd 2018 UKUT 29 (TCC)チョコレートでないので通常付加価値税率
2018/02-49 Fortyseven Park Street 2018 UKUT 41 (TCC)不動産リースの為細分化持分譲渡形式。VAT非課税
2018/02-48 Fiducie Financière Satoma 2017 TCC 84信託利用租税回避計画GAAR適用
2018/02-47 チリ最高裁事業目的テスト
2018/02-46 National Federation of Occupational Pensioners 2018 UKFTT 0026 (TC)会員購読料支店経費
2018/02-45 ベラルーシ電子商取引デジタル経済付加価値税
2018/02-44 Prevezon, 2018 U.S. Dist. LEXIS 17492
2018/02-43 See's Candies Inc. v. Utah State Tax Commissionウォーレンバフェット保有会社の移転価格紛争
2018/02-42 Fonds de solidarité des travailleurs du Québec, 2018 CCI 3市寄附控除否認
2018/02-41 印digital PE rule
2018/02-40 ノルウェーExxonMobil Production Norway, LB-2016-160306利子率
2018/02-39 Hess Corp., ExxonMobil Oil Corp., & Shell Oil Co.移転価格聴聞2018.1.26請求棄却
2018/02-38 Vodafone, Income Tax Appellate Tribunal Ahmedabad Bench 2018.1.23移転価格納税者敗訴
2018/02-37 Johnson&Johnson暖簾費用控除、納税者勝訴
2018/02-36 蘭欧Stadion Amsterdam C-463/16複数の要素から成る一役務提供について主たる要素の税率適用
2018/02-35 VHC, Inc. v. Commissioner, T.C. Memo. 2017-220家族経営企業のdebt-equity判定
2018/02-34 NZChatfield & Co. Limited ([2017] NZHC 3289韓国から情報要請。内国法人への義務の賦課、違法
2018/02-33 Evgeny Kiselev T.C. Summ. Op. 2018-2ロシア人学生の研究奨励金を非課税とした例
2018/02-32 R.V.I. Guaranty, 145 T.C. 209外交通貨取引と保険の関係
2018/02-31 丁欧A/S Bevola, Jens W. Trock ApS C-650/16国外PE閉鎖時の最終損失の国内所得からの控除
2018/02-30 ブルガリア行政最高裁2018.2.6No.1586採掘業者の仕入税額控除否認
2018/02-29 ブルガリア行政最高裁2018.2.7No.1642コンサル役務の仕入税額控除否認にはtax fraudの立証が必要
2018/02-28 白ブリュッセル控訴審2017.11.23no. 2014/AF/271中間持株会社の居住地判定ルクセンブルク対ベルギー
2018/02-27 Resource Capital Fund IV [2018] FCA 41米投資家→ケイマンLPS→豪法人の豪米租税条約適用
2018/02-26 ブルガリア行政最高裁2018.1.30No.1322供給者VAT不納付時の受領者の第二次納税義務
2018/02-25 ブルガリア行政最高裁2018.1.29No.1246仕入たる建築役務が供給者以外の者から供給されたか
2018/02-24 仏国務院408561配当支払法人(内国法人)から配当支払書類を受け取れない非居住者の配当源泉税還付権
2018/02-23 ヴェネズエラ租税(最高?)裁判所Coca-Cola Femsa移転価格:原料&固定資産購入費用減額、利子費用控除
2018/02-22 Boot Hill Casino and Resort Kansas Supreme Court No.112,911ゲーム機州くじ使用税
2018/02-21 独欧Kollroß & Wirtl (C-660/16 & C-661/16)前払いしたが供給者が破産した場合の仕入税額控除
2018/02-20 蘭Hoge Raad ECLI:NL:HR:2018:47管理支配地基準
2018/02-19 ブルガリア行政最高裁2018.1.15No.531アパートメント仮契約前払金に係るcredit notesの認否
2018/02-18 ブルガリア行政最高裁2018.1.16No.600墺からの域内取得に関する未申告と付加価値税仕入税額控除の可否
2018/02-17 ブルガリア行政最高裁2018.1.15No.529付加価値税登録前購入資産の仕入税額控除
2018/02-16 仏国務院2017.12.13No.387969米Sarbanes-Oxley Act関連費用はフランス法下で控除不可
2018/02-15 Melissa Coffey Hulett, 150 TC No 4: US Virgin Islands提出の申告書の効力
2018/02-14 仏国務院2018.1.24No.402167米年金基金への配当支払い。15%源泉徴収課税
2018/02-13 Maersk Oil, [2018] UKFTT 20 (TC)リングフェンス利得配賦
2018/02-12 Shiner, [2018] EWCA Civ 31
2018/02-11 Cyclops Electronics & Graceland Fixing, [2018] UKUT 7 (TCC) "restricted securities"非該当
2018/02-10 SIH Partners LLLP, 150 TC No 3: ローン保証を以ってアメリカ財産保有とみなす規則
2018/02-09 Trigg, [2018] EWCA 17 Civ
2018/02-08 ブルガリア行政最高裁2018.1.8英国法人国内支店のfixed establishment不認定
2018/02-07 ブルガリア行政最高裁2018.1.5オランダからの輸入に係る仕入税額控除
2018/02-06 ブルガリア行政最高裁2018.1.3キプロスへのチューイングガム輸出と輸出免税
2018/02-05 英ソフトドリンク産業税
2018/02-04 Hicks, [2018] UKFTT 22 (TC)
2018/02-03 Lunar Missions, [2018] UKFTT 0007 (TC)クラウドファンディングのvoucher認否
2018/02-02 仏国務院414974 Worms et Cie 配当参加免税遡及選択は欧州親子会社指令に違反しない
2018/02-01 NPO法人グローバルヒューマン東京地判H28.3.29平26行ウ190:特定非営利活動法人の不動産貸付業該当認定等
2018/01-20 蘭ECLI:NL:GHDHA:2017:3518 artificial arrangementを通じたオランダ法人税・配当源泉徴収税の回避を否認
2018/01-19 芬欧A Oy C-292/16事業資産移転税は設立の自由(freedom of establishment)に違反する
2018/01-18 英プラスチック税
2018/01-17 ルクセンブルク最高裁(破毀院?)2018.1.11笛吹Antoine Deltour逆転勝訴
2018/01-16 芬ヘルシンキ行政裁判所2018.1.10?移転価格調整:国内流通業者の累積欠損金を国外関連者に配賦
2018/01-15 Robert Christopher M. Carmona, CTA EB No. 1324売上過少申告が意図的でないとされた例
2018/01-14 本田光宏ら:日本のテリトリアル税制の経験からアメリカが学ぶこと
2018/01-13 瑞連邦最高裁2C_640/2016 18-12-2017米国からのスイス銀行職員開示請求拒絶
2018/01-12 Mac & Mac Hydrodemolition Services Inc 2017 TCC 256科学的研究開発投資優遇の納税者証明責任
2018/01-11 Lone Star Fund IV 最高裁2017.12.28源泉徴収税ベルギー韓国租税条約適用の有無
2018/01-10 Kiselev, TC Summ Op 2018-2露国籍米大学博士課程院生のgrantの租税条約18条適格性
2018/01-09 芬KHO:2018:2ガーンジー基金から出資・貸し付けを受けている芬法人A社・B社の利子控除否認の可否
2018/01-08 リトアニア欧SEB bankas C-532/16不動産VAT課税対象のつもり。非課税(判例)の場合の仕入税額控除
2018/01-07 丁Landsskatteretten No. 15-2711185 (SK2017.698.LSR)丁居住者英航空会社(本部ポルトガル)勤務
2018/01-06 丁Skatterådet No. 17-1277538 (SKM2017.723.SR)アイルランド基金の透明性判定
2018/01-05 丁Skatterådet No. 17/1359247 (SKM 2017.691.SR)出国者の居住地判定
2018/01-04 仏憲法院Décision n° 2017-759 DC財政法2017年予算修正合憲
2018/01-03 仏憲法院Décision n° 2017-758 DC財政法2018年合憲
2018/01-02 仏憲法院Décision n° 2017-756 DC社会保障法2018年改正合憲
2018/01-01 Mehrdad Rafizadeh, 150 T.C. No. 1国外金融資産申告6年期限
2017/12-03 東京地H28.11.29過納金の還付加算金/雑所得に係る弁護士費用按分控除は認められない
2017/12-02 蘭ECLI:NL:RBZWB:2017:1974日本の投資ファンドのポートフォリオ投資に係る配当は源泉徴収税還付不適格
2017/12-01 大阪地H24.8.26判タ1434号192頁通則法71T二→令30→令24Wが令6T五を除外…委任の範囲を逸脱しない
2017/10-24 Hardy [2017] UKFTT 754 (TC)映画を購入した組合が事業に従事してないため株式譲渡損失否認
2017/10-23 Routier [2017] EWCA Civ 1584双務主義に則りジャージーとの相続税二重課税救済を拒絶してよい
2017/10-22 希行政最高裁2017.10.13No.1609/2017非上場株式評価相続税法12条4項遡及適用認めず
2017/10-21 Barclays Wealth Trustees (Jersey) [2017] EWCA Civ 1512国外財産性判定
2017/10-20 Root2tax [2017] UKFTT 696 (TC)株式市場で取締役等がspread bet→DOTASで開示義務あり
2017/10-19 K E Entertainments [2017] UKUT 328:VAT課税対象はカジノの役務の対価。それはBing参加費
2017/10-18 洪欧Lombard Ingatlan Lízing C-404/16賃貸が早く終わり価格が下げられたら政府は修正を許せ
2017/10-17 Farnborough Airport Properties [2017] UKUT 394破綻子会社の復帰可能性とグループ税制救済の可否
2017/10-16 Degorce, [2017] EWCA Civ 1427非事業者は事業損失を利用できない
2017/10-15 仏憲法院n° 2017-660 QPC:3%出資ルールは憲法平等取扱原則違背
2017/10-14 伊欧Menci C-524/15脱税の行政罰金の分割払い合意後の刑事罰訴追:二重処罰の是非
2017/10-13 長戸貴之東京地H280527平27行ウ390教授の職務発明の相当の対価(特許法35条)雑所得。一時所得非該当
2017/10-12 Trusted Media Brands (7:15-cv-09872)外国税額損金算入繰戻還付期間制限徒過
2017/10-11 独FG Münster 11 K 4108/14従業員等に無償提供されるパン珈琲は賃金税の対象か?消極
2017/10-10 US v. David L. Smith 2017 BCSC 1764租税回避(脱税?)商品開発販売者の米からの引渡し要請拒まず
2017/10-09 リトアニアNidera BV C-387/16過納付加価値税還付加算金の利子率は法定利率を下回れるか
2017/10-08 仏憲法院n° 2017-654 QPC未利用外国税額控除繰越制限合憲
2017/10-07 Newcastle United Football Club [2017] EWHC 2402サッカークラブ-選手の保証、脱税調査継続
2017/10-06 ルクセンブルク欧Amazon国家補助2兆5000万ユーロ+利子|Margrethe Vestager
2017/10-05 独FG Hamburg (2 K 245/17)会社所有変更ルール損益通算制限KStG8c条第2文違憲。憲法裁判所へ回付
2017/10-04 丁租税裁判所2017oct02ドイツ建築管理会社がデンマーク顧客事務所にPEを有する
2017/10-03 Pei Fang Guo, 149 T.C. No. 14カナダ居住者のアメリカ失業手当は米加租税条約15条で米課税
2017/10-02 Chamber of Commerce v. IRS インヴァージョン対策規則T.D. 9761は違法
2017/10-01 瑞Taxing Robots? From the Emergence of an Electronic Ability to Pay on Robots or the Use of Robots
2017/09-39 Ventura UK Ltd., [2017] UKFTT 585 (TC)納税申告書書き直し
2017/09-38 Irish Bank Resolution [2017] UKFTT 702 (TC)外国銀行英国支店のグループ内利子支払控除否認
2017/09-37 蘭ECLI:NL:HR:2017:2420蘭法人従業員に米親会社Stock Option付与。出国後SO行使。30%ルール不適用
2017/09-36 露Arbitrazh Court No. A21-2521/2017租税条約のbeneficial ownerの認定
2017/09-35 Lynn Cassan 2017 TCC 174投資組合基金のための借入金利子費用控除可
2017/09-34 愛欧Ireland C-552/15自動車登録税の短期自動車レンタルへの賦課は役務提供の自由に違反
2017/09-33 Collins T.C. Summary Opinion 2017-74精神的苦痛に対する損害賠償金は課税所得
2017/09-32 波欧Stanisław Pieńkowski C-307/16付加価値税輸出免税還付の最低売上要件と旅行者
2017/09-31 James S.A. MacDonald 2017 TCC 157先渡し取引決済支払は事業損失に当たる
2017/09-30 JDI International Leasing [2017] UKFTT 329 (TC)Cayman法人掘削機賃貸FEなしVAT還付請求棄却
2017/09-29 瑞連邦最高裁2C_411/2016フランスからの情報交換要請に応じるべき情報の種類
2017/09-28 丁B-0643-16単独株主の配偶者に会社の狩猟場を使わせることは株主への隠れた配当に当たる
2017/09-27 蘭Hoge Raad 15/05278等スイス親会社ロンドン支店が第三者から蘭事業会社を買収。グループ内貸付の利子控除
2017/09-26 丁SKM2017.322.SR丁居住独勤務。独社会保険で傷病保険金受領。丁独条約18条2項より独のみ課税権
2017/09-25 Panagiota Pam Sotiropoulos TC Memo 2017-75米市民英居住勤務映画投資組合損失暫定還付外税控除
2017/09-24 Damon Aaron Redfield TC Memo 2017-71米市民海軍アフガン勤務国外所得免税申告遅延
2017/09-23 東京高H27.10.15平27行コ72特例民法法人から公益社団法人に移行する期に使用人賞与の債務確定なし
2017/09-22 McQuillan無配当株式と通常株式資本
2017/09-21 丁控訴審2017.9.11英居住者が蘭ファンドを通じてデンマーク法人から得る配当に源泉徴収税を課す
2017/09-20 仏国務院N° 386269国外源泉所得の外国源泉徴収税はフランス標準税率・軽減税率にかかわりなく外税控除可
2017/09-19 BNP Paribas [2017] UKFTT 487 (TC)ルクセンブルク子会社の配当権をロンドン支店が購入→控除不可
2017/09-18 DDRA Capital v. KPMG: RICO請求:SOS(short option strategy)不適法と知りつつ販売したKPMG
2017/09-17 McMahan & Nasal v. DB: Son of BOSS shelterが有効でなくなった→プロモーターに賠償請求→棄却
2017/09-16 愛欧Cussens C-251/16権利濫用法理(Halifax)は個人取引のVAT適用にも当てはまるか
2017/09-15 英欧Avon Cosmetics C-305/16付加価値税未登録販売者
2017/09-14 ルーマニアIspas C-298/16付加価値税防御権:処分を基礎づける情報・文書の納税者請求権の有無
2017/09-13 瑞連邦最高裁2C 628/2016 & 2C_629/2016ジュネーブ州居住者フランス支店勤務退職金スイス課税条約禁止
2017/09-12 蘭控訴審ECLI:NL:GHSHE:2017:3641南アフリカ法人がオランダ有限会社から受ける配当の最恵国待遇(Sweden)
2017/09-11 伯WTO Panel対日欧(DS472 and DS497) (30 August 2017)自動情報技術減税
2017/09-10 伯行政租税控訴審2017.8.28金融営業税(IOF)はグループ銀行内取引にも課される
2017/09-09 丁租税裁判所2017.8.28:販売代理人PE認定問題と補助的・準備的活動の範囲
2017/09-08 Blackrock [2017] UKFTT 633 (TC)アメリカ関連企業からの役務を非課税取引に割当てることの可否
2017/09-07 Borenstein, 149 T.C. No. 10納税するも申告書未提出
2017/09-06 Shamrock, T.C. Memo. 2016-193; 860 F.3d 433無免許弁護士
2017/09-05 Smith, 148 TC No 21課税庁への情報提供者(内部通報者whistleblower)の報酬
2017/09-04 Hancock, [2017] EWCA Civ 198会社持分譲渡益課税をqualifying corporate bondsで回避できるか
2017/09-03 印デリ高裁Vodafone, Hutchisonいつまで続くの?この紛争
2017/09-02 東京地H28.7.22平27(行ウ)57租特69条の4小規模宅地等特例の選択同意書未提出→不適用
2017/09-01 芬行政裁判所2017.8.30課税庁は放送会社にパナマ文書を要求できない
2017/08-75 独BFH V R 38/16運転教習所のVATについてCJEUに回付
2017/08-74 独BFH III R 32/15児童扶養控除と外国籍の移動の自由(ブルガリア・ルーマニア)
2017/08-73 丁租税裁判所2017.8.23墺法人が国外法人に委託したデンマーク所在ビル清掃等につきデンマークPE認定
2017/08-72 独IX R 24/15損失を主張する根拠となる契約について状況がその契約の基礎を欠くとした例
2017/08-71 Puttaswamy, WP(C) No. 494 of 2012生体認証租税身元確認システムとプライバシー侵害懸念
2017/08-70 仏欧AFEP C-365/16法人税の配当3%上乗せは親子会社指令違反
2017/08-69 e英SDI (Brook EU) [2017] UKUT 327 (TCC)オンライン小売業者はEU売却額について争える
2017/08-68 Gregory L. Acone T.C. Memo. 2017-162飛行士居住地判定:国外所得面税適格なし
2017/08-67 Avrahami 149 T.C. No. 7待ちに待ったキャプティヴ控除可否。結論:棄却。線引き依然不明?
2017/08-66 Crawford, 868 F.3d 438: FATCA・FBARは違憲か?阿保か!
2017/08-65 Umaad Butt [2017] UKUT 325 (TCC)個別立法なしで付加価値税詐欺(MTIC-Fraud)を潰せる
2017/08-64 Norkis Trading, CTA Case No. 8862ヤマハ販売業者に対するPHP 286 million課税処分は期限切れ
2017/08-63 伯最高裁?(11,452/2007)2006年より前のソフトウェア購入に関する使用料税
2017/08-62 三井ITA 13/2005 & ITA 334/2005:PE非認定
2017/08-61 Starr 2017 U.S. Dist. LEXIS 128617アイルランドからスイスに移って租税条約便益狙う→否定
2017/08-60 中国では国内取引でも移転価格対策税制が適用される
2017/08-59 Cameco 2017 FC 763従業員への課税庁口頭調査を拒絶
2017/08-58 芬KHO:2017:128関連者たる米不動産保有会社へのメザニン債利子支払控除不可
2017/08-57 Neymar脱税紛争和解提案BRL 8 million
2017/08-56 露最高裁2017.7.12海外株主受領配当源泉徴収課税租税条約適用
2017/08-55 以最高裁CA 3328/15海外出張ビジネスマンのイスラエル居住(妻子がいる)認定
2017/08-54 アルゼンチンProductos Roche Tax Court 26-988-1移転価格TNMM
2017/08-53 Donald Dewees, 2017 U.S. Dist. LEXIS 124989アメリカ罰金不納付→カナダ税還付停止。合憲
2017/08-52 Burlington Resources Finance 2017 TCC 144グループ内保険料価格も移転価格問題となる
2017/08-51 Wells Fargo: STARSで外国税額控除は認められないにしても外国税額損金算入は認められるか
2017/08-50 丁租税裁判所2017.8.8ヘリコプター会社が5条4項に照らしPEを有するが8条に照らし非課税
2017/08-49 加:ブリティッシュコロンビアで外国人が家屋を買うのは費用がかかる
2017/08-48 Academy Cleaning & Security [2017] FCA 875排出権取引が事業目的を欠くとした例
2017/08-47 Callidus Capital (2017 FCA 162)破産してもGST滞納者に対する政府の権利は消滅しない
2017/08-46 白最高裁:フランス源泉配当課税の外税控除:条約が国内法に優先する
2017/08-45 NZ Great North Motor, [2017] NZCA 328濫用的納税申告に対する課税処分は期間制限で塞がれない
2017/08-44 Karin Vrang, [2017] EWHC 1055 (Admin)瑞英税務協力協定:何もするな税を払え
2017/08-43 アルゼンチンVicentin移転価格裁判:BEPS基準に依拠
2017/08-42 リトアニア欧UAB 'Toridas' C-386/16転売目的エストニア法人がリトアニア供給者から購入。VAT非免除
2017/08-41 Itaú Unibanco南米最大銀行BRL 775.9 million課税処分:親会社への利子支払い源泉徴収
2017/08-40 Crestek Inc. 149 T.C. No. 5超音波機器関連企業間ローン利子にもCFC税制適用
2017/08-39 仏欧Christian Picart C-355/16フランスからスイスへ出国する者に出国税を課してよいか
2017/08-38 Veer Gems Tax Appeal No. 338 of 2017ベルギー法人と関連会社関係にあるか:移転価格税制
2017/08-37 Eaton TC Memo 2017-147納税者がAPA交渉で開示不充分だったからAPAを撤回→IRS裁量権逸脱
2017/08-36 3M移転価格紛争納税者敗訴
2017/08-35 瑞連邦行政裁判所2017.7.13インド居住者HSBC口座データをインド政府と共有してよい
2017/08-34 Grecian Magnesite Mining, Industrial & Shipping 149 T.C. No. 3ギリシャ法人償還益非課税
2017/08-33 Porus F. Kaka:源泉課税の意味わかっているのか
2017/08-32 リトアニア欧Vakaru Baltijos laivu statykla C-151/16船製造者が船を届けるための燃料の燃料税非課税
2017/08-31 伊欧Mauro Scialdone C-574/15付加価値税不納付刑事訴追の閾値をイタリアが上げてよいか
2017/08-30 GoogleはPEを有さず11.2億ユーロの納税義務は無い
2017/08-29 独欧Boehringer Ingelheim PharmaC-462/16製薬会社が民間保健プランに安売りできないのはEU法違反か
2017/08-28 ブラジル鉄鋼業Gerdauが賄賂を受けたとの廉でアメリカ・クラスアクション和解。$15m支払う
2017/08-27 Rowe 2017 TCC 122意図してなくても過少申告成立
2017/08-26 Rangers Football [2017] UKSC 45選手・従業員福利目的非課税ローン信託利用は課税対象報酬
2017/08-25 希1738/2017一年延期の繰り返しは遡及立法違反として違憲
2017/08-24 Klubo-Gwiezdzinska T.C. Summ. Op. 2017-45ポーランド研究員への支払は米波条約下で控除不可
2017/08-23 Telit Communication
2017/08-22 独欧Bechtel, C-20/16仏社会保障税をドイツ税率決定で参照することは労働者の移動の自由に違反
2017/08-21 B3 SAブラジル株式市場運営会社暖簾評価納税者勝訴
2017/08-20 英欧English Bridge Union (C-90/16)付加価値税に関しContract Bridgeはスポーツか?
2017/08-19 News Australia Holdings [2017] FCA 645関連者間貸付の利子所得発生認定。not現金主義
2017/08-18 西:未払租税のある居住者が未開示資産の所得の10%を払うことでのamnestyは違憲
2017/08-17 Pomerantz, 2017 U.S. Dist. LEXIS 88448国側のFBAR告知懈怠を認めるも国に追完の余地を残す
2017/08-16 波法人が外国から法助言役務を受けて法人税源泉徴収税が課せられる
2017/08-15 Satoma Financial Trust, 2014-3800(IT)G信託租税回避スキームGAAR適用例
2017/08-14 Microsoftイスラエル法人Gteko Ltd.買収移転価格紛争敗訴
2017/08-13 独2 BvL 6/13核燃料税という事業用資源への物品税は合憲の範囲の物品税ではないので違憲
2017/08-12 SLFI Group - Invesco, 2017 TCC 78カナダCitibank融資契約は役務としてGST課税対象
2017/08-11 Hess グループ内債務利子と独立当事者間基準
2017/08-10 Acornwood [2016] UKUT 361 (TCC)アイスブレイカーって何か格好いい?
2017/08-09 独欧Wallenborn Transports C-571/15ドイツ税関free zoneから違法に物品が離れた場合のVAT課税
2017/08-08 西欧Elecdey Carcelén C-221/16風力発電機課税は再生エネルギー指令違反か
2017/08-07 英欧Mercedes Benz Financial Services UK Ltd, C-164/16素早さリースVAT課税対象取引
2017/08-06 ルーマニア欧SC Paper Consult SRL, C-101/16付加価値税仕入控除適格:不活動リストで拒否不可
2017/08-05 瑞典Sveaskog Förvaltnings AB 5311-15, 5312-15株式売却コンサル費用控除可
2017/08-04 NZ Lin [2017] NZHC 969:NZ居住者保有のBVI法人保有の中国法人の中国の税につき見なし外税控除可
2017/08-03 比ホンダCTA EB No. 1432申告書未記入源泉徴収税の税額控除還付請求は他の証拠で可
2017/08-02 伯連邦行政租税裁判所2402-005.697税務助言者の連帯納税債務の有無
2017/08-01 独2 BvL 6/11:25%-50%持分移転時のpro rata損失利用制限は違憲
2017/07-06 白欧C-68/15公正税を課しても親子会社指令・設立の自由に違反しないか?
2017/07-05 Litdana UAB v. Lithuania (C-624/15) VAT margin scheme中古品売買
2017/07-04 東京地H28.7.19平26行ウ498匿名組合員への利益分配が計算し直したら出資の払戻しであると主張できない
2017/07-03 FCE Bank C-210/04英銀行本店が伊支店にイタリアで課税対象役務を提供していない
2017/07-02 東京高判H26.10.29日本法人たる営業者から愛法人たる匿名組合員への利益分配の源泉徴収納付義務。消極
2017/07-01 東京地判H27.11.26金判1482-57破産者の税を代位弁済→求償権は原債権たる租税債権の優先性を受け継ぐか?消極
2017/06-14 独欧Alphonse Eschenbrenner C-496/151仏居住者越境労働者課税
2017/06-13 Godrej & Boyce Manufacturing 7020/2011受取配当益金不算入ゆえ関連支出否認か。消極
2017/06-12 現代自動車842/Chny/2016ブランド価値が上昇したからといってインド法人への課税は正当化されない
2017/06-11 Armour Group 2017 TCC 65リース解約費用控除否認
2017/06-10 ル欧European Commission v. Luxembourg C-274/15独立グループ役務VAT非課税違法
2017/06-09 Michael Little 1:12-cr-00647英国籍弁護士米市民権保有者外国銀行口座申告懈怠米英条約無関係
2017/06-08 伊最高裁No. 27113/2016持株会社に対するbeneficial ownership条項の適用
2017/06-07 European Commission v. Greece C-98/16指名国NPO相続税優遇は資本移動の自由に違反
2017/06-06 Foote 2017 TCC 61機関投資家の証券譲渡益がcapital gainでなくincome(事業所得)とされた事例
2017/06-05 Cable&Wireless [2017] FCAFC 71会社買収みなし配当源泉税還付請求棄却
2017/06-04 墺独欧Austria v. Germany (Case C-648/15)Genussscheineの解釈についての仲裁の可否
2017/06-03 Formula One World Championship, Civil Appeal No. 3851 of 2017フォーミュラワンはPEを有する
2017/06-02 東京地H28.4.27平25行ウ38ワシントン州LPS法人該当
2017/06-01 スタンダード電気・東京高判H28.7.14平27行コ381外税控除は外国租税債務の確定を要する
2017/05-09 東京地判H27.7.19平26行ウ498
2017/05-08 Bedrosian 2017 U.S. Dist. LEXIS 56535瑞UBSのFBAR(外国銀行口座報告)懈怠が意図的だったか
2017/05-07 Tay, [2017] NSWSC 338シンガポール富豪所有オーストラリア不動産印紙税が相続人に課される
2017/05-06 Li & Fung Indiaデリ高裁2017.3.8移転価格処分通知と異なる理由は認められない
2017/05-05 スウェーデン組合員の外国組合の資産の処分について国外源泉所得免税適用対象外
2017/05-04 独BFH I R 22/14独親会社開発の会社ロゴの波蘭子会社使用に関する使用料所得計上の要否
2017/05-03 Pimlico, [2017] EWCA Civ 51税務上自営業者として登録していてもworkerである
2017/05-02 独欧European Commission v. Germany C-616/15病院役務提供VAT非課税主体の限定がEU指令違反か
2017/05-01 丁2008年版OECDモデル租税条約に基づく租税条約下でのPE帰属利得
2017/04-06 Iberdrola C-132/16リゾート不動産所有者が自治体と契約し負担したポンプ修繕費用の仕入税額控除
2017/04-05 東京地H27.9.25平27行ウ676前期損益修正による損金算入がTFK事件と異なり認められなかった例
2017/04-04 東京地H28.7.19平25行ウ808リース契約買取選択権行使時がプラチナ取得時期である
2017/04-03 瑞連邦最高裁HSBC 2C_1000/2015スイス盗難銀行情報に基づく仏課税庁情報提供要請を拒絶
2017/04-02 South Dakota v. Wayfair, Inc.売上税州外販売業者nexus立法違憲
2017/04-01 蘭ECLI:NL:RBDHA:2017:3429サッカー移籍金は欧州人権条約に照らし過大退職金75%源泉徴収税適用外
2017/03-54 Nestle Canada 2017 TCC 33仕入税額控除要件
2017/03-53 Good Fortune Shipping 148 T.C. No. 10国際海運所得免税無記名株式非適格規定有効
2017/03-52 独欧X-Steuerberatungsgesellschaft C-342/14外国税理士法人営業解禁せよ
2017/03-51 Amazon 148 TC No 8: Cost Sharing Arrangement buy-in payment IRS discounted cash flow分析敗訴
2017/03-50 白憲法院2017.3.9No32/2017ベルギー・アメリカFATCA銀行情報自動交換合意は合憲
2017/03-49 仏憲法院2017.3.16比例的罰金は比例原則違背で違憲(洒落か)
2017/03-48 Adecco [2017] UKUT 113 (TCC)役務提供ではなく人材派遣でありVAT課税対象は紹介手数料ではない
2017/03-47 白Gent控訴審2015/AR.2208文書箱fixed base(白瑞租税条約14条事由職業所得)非該当
2017/03-46 Aeronautic Development 2017 TCC 39研究開発税額控除否認
2017/03-45 Sifto Canada 2017 TCC 37移転価格カナダ・アメリカ相互協議は拘束力あり
2017/03-44 Richard Liljeberg, 148 T.C. No. 6芬露愛大学生夏季労働体験費用控除不可
2017/03-43 伯連邦最高裁:CFC税制は租税条約違反。伯連邦行政裁判所:CFC税制は租税条約違反でない…どっち?
2017/03-42 Chevron [2015] FCA 1092グループ企業間利子控除制限
2017/03-41 Holland Institute of Traffic Technology蘭法人ソフトウェア使用料の使用料非該当例/PE非認定例
2017/03-40 伊欧Marco Identi C-493/15自然人破産時VAT免除は厳しい要件の下ならEU法違反state aidでない
2017/03-39 東京地判H27.7.16法令上の制約が無いので相続土地は財産評価基本通達24私道非該当
2017/03-38 Antoine Deltour & Raphaal Halet内部通報者LuxLeaks減刑
2017/03-37 丁租税裁判所(国税不服審判所?)2017.3.13TNMMで暖簾償却は無視する
2017/03-36 Bernhard Gubser 5th Cir. 16-40948瑞二重国籍FBAR(foreign bank account report)懈怠
2017/03-35 新西蘭Dior Jay Sabatini [2017] NZHC 149濫用的租税回避スキーム開発者罰金
2017/03-34 瑞連邦最高裁UBS 2C_893/2015盗まれた銀行データのフランスとの共有
2017/03-33 Cairn Energy 1669/Del/2016外国法人間インド資産間接譲渡益遡及立法課税は許される
2017/03-32 伯RE 330.817 & RE 595.676本等非課税は電子本、電子リーダーを含みタブレット、スマホを含まない
2017/03-31 IMCOPA連邦課税ベースに州付加価値税額を含むことは憲法違反か
2017/03-30 白欧Wereldhave C-448/15オランダで非課税の蘭親会社へのベルギー子会社配当は免税適格なし
2017/03-29 Larry Lee Lock T.C. Summ. Op. 2017-10イラク稼得米国免税否定例
2017/03-28 H1 V/Aポーランド法人がデンマークに建設PEを有すると認定された例
2017/03-27 波欧Rzecznik Praw Obywatelskich C-390/15ダウンロードとCDでVAT税率変えてよい
2017/03-26 蘭ECLI:NL:HR:2017:346内外投資ファンド差別の是非
2017/03-25 A.P. Moller Maerskコンピュータネットワーク使用料が技術役務対価に当たらない
2017/03-24 McManus愛米租税条約のアイルランド居住者でないバックギャモン勝者
2017/03-23 仏憲法院2016-614 QPC個人CFC税制適用範囲狭めよ
2017/03-22 Compass Contract Services C-38/16付加価値税還付・控除期間制限始期
2017/03-21 東京高判H27.4.22甲社株主が甲株を乙社へ低額譲渡したことは乙社株主へのみなし贈与に該当する
2017/03-20 蘭ECLI:NL:GHSHE:2016:5157蘭→スウェーデン出国者への年金出国税
2017/03-19 Paul Munford v. HMRC [2017] UKFTT 19 (TC)住宅キャピタルゲイン課税逃れ
2017/03-18 ラトビアDNB Banka C-326/15;ポーランドAviva C-605/15グループ企業役務の独立適格と越境適格
2017/03-17 比トヨタ2017.2.23使用料発生前条約税率適用申請義務懈怠は条約税率適用を妨げない
2017/03-16 丁租税裁判所2017.2.24外国支店帰属利得AOA
2017/03-15 仏国務院2014.3.12 No.362528租税条約外国税額損金算入禁止は外国税額控除が使えない場合にも及ぶ
2017/03-14 瑞連邦最高裁2C_606/2016年金源泉徴収税免除は居住地国イスラエルでの課税を条件とする
2017/03-13 墺RV/2101460/2016ポルトガル法人従業員派遣純所得課税
2017/03-12 Uber 2017 FCA 110運転手は売上に関わらずGST登録義務があり課税される
2017/03-11 Ladbroke [2017] UKUT 45 (TCC)デリヴァティヴ租税回避否認
2017/03-10 Summa Holdings No. 16-1712経済的実質法理で否認できない…DISC経由でRoth IRAに流し込む
2017/03-09 西欧Congregación C-74/16教会非課税は国家補助金に該当しうる
2017/03-08 波欧Posnania Investment C-36/16物納はVAT課税対象者でない者を課税対象者にするものではない
2017/03-07 伊最高裁2016.12.28受益保有者概念
2017/03-06 英[2017] UKFTT 0850 (TC)有名人のプライバシー
2017/03-05 伯労働裁判所20170213: UBERの運転手は自営業者ではない
2017/03-03 蘭欧C-317/15外国口座5年後調査はEU条約資本移動の自由に違反しない
2017/03-02 Wiltonpark [2016] EWCA (Civ) 1294紳士倶楽部Voucherは金融サービスとしての非課税適格なし
2017/03-01 瑞国民投票法人税改革不支持
2017/02-28 Barrick Gold 2017 TCC 18デリヴァティヴ金価格ヘッジ採掘非営業年度控除
2017/02-27 伯三菱自動車
2017/02-26 蘭ECLI:NL:RBZWB:2016:6797国外スポーツ訓練は二重課税救済の理由とならない
2017/02-25 蘭ECLI:NL:RBDHA:2017:444 Box 3の4%擬制収益課税は欧州人権条約に違反しない
2017/02-23 蘭天然ガス非課税石炭課税は環境を理由に正当化されるか
2017/02-22 Douglas Thompson & Lisa Thompson 148 TC No 3過少申告、憲法第8修正過剰な刑罰非該当
2017/02-21 仏欧de Lobkowicz C-690/15仏国籍EC勤務二重社会保障税と不動産所得
2017/02-20 101139810 Saskatchewan 2017 TCC 3みなし配当か譲渡益か
2017/02-19 Noel Wilson [2017] AATA 119豪国籍米軍下請アフガニスタン勤務の所得は非課税でない
2017/02-18 仏欧Eqiom & Enka C-6/16非居住者受領配当濫用防止
2017/02-17 露A11-6602/2016キプロス法人が受益保有者でないと判断した例
2017/02-16 瑞2C_436/2016瑞国籍仏居住瑞労働遠距離通勤183日要件
2017/02-15 西欧Fútbol Club Barcelona T-865/16非営利団体国家補助金認定取消請求
2017/02-14 東京高判H28.2.26判タ1427-133所得の帰属が法人ではなく個人であるとした事例
2017/02-13 蘭ECLI:NL:RBZWB:2016:8017墺特別財団の非透明性
2017/02-12 米海外銀行口座利用脱税に関するJohn Doe Summons
2017/02-11 Santogal C-26/16購入者の居住者VAT域内輸出免税の要件でない
2017/02-10 欧州人権裁判所G.S.B. 28061/11サウジ米国籍瑞UBSデータ米IRS提供人権侵害非該当
2017/02-09 Multi Construction, 6411 (5/2017)付加価値税詐欺のため7年期限延長
2017/02-08 Bakri, [2017] FCA 20豪市民ドバイ居住租税未納者出国禁止令
2017/02-07 ベルギー前川製作所T-800/16超過利潤税違法判定の取消し請求
2017/02-06 チェコElektromodul下請け製造業者に損失は発生しない
2017/02-05 英欧Panayi C-646/15信託未実現利益出国税
2017/02-04 英欧London Borough of Ealing C-633/15地方自治体のスポーツ施設をVAT非課税対象外としてよいか
2017/02-03 丁、有限責任組合について投資家のPE非認定のルーリング
2017/02-02 カナダは新しいtax havenである:Snow Washing
2017/02-01 Bozzer 2011 FCA 186
2017/01-31 独Anti-Patent-Box (BEPS Action 5RECTIFICATION)
2017/01-30 英脱欧brexit:[2017] UKSC 5
2017/01-29 英欧Gibraltar Betting and Gaming C-595/15役務の自由と国の数
2017/01-28 丁欧Sjelle Autogenbrug, C-471/15自動車買取り、部品販売。中古品として差益課税
2017/01-27 伊欧IRCCS C-189/15エネルギー集約産業減税の適用範囲の国の裁量
2017/01-26 Songa 15-072850TVI-OTIR/04キプロスに移転した掘削業者への出国税
2017/01-23 東京高H27.12.17判時2282-22建替え前マンションの比準価格重視鑑定評価認めず
2017/01-18 仏法人税率1/3→1/4提案
2017/01-17 蘭ECLI:NL:RBZWB:2016:6609会社清算所得は譲渡益でなく配当
2017/01-16 伊欧Orsi C-217/15 & Baldetti C-350/15付加価値税不納付二重処罰禁止に当たらない
2017/01-15 蘭ECLI:NL:RBZWB:2017:67見なし収益率課税(Box3)は欧州人権条約に違反しない
2017/01-14 ルクセンブルク欧仏Berlioz C-682/15情報交換に関する行政罰
2017/01-13 蘭Hoge Raad 15/05836:蘭独退職金課税相互協議は条約違反
2017/01-12 Maze:海外口座自発的開示プログラム(OVDP)
2017/01-11 パキスタンPepsi-Cola:フランチャイジーの広告販促費は物品税の課税対象に含まれるか
2017/01-10 米:仕向地主義キャッシュフロー法人税と付加価値税との違い
2017/01-09 米法務省声明:独銀$95million和解
2017/01-08 米NY amusement tax & cabaret taxは平等条項に違反しない
2017/01-07 希欧C-244/15居住用不動産相続税非課税は資本移動の自由違反
2017/01-06 ElecNet [2016] HCA 51信託としての法人税率適用が認められなかった例
2017/01-04 仏欧de Ruyter C-623/13→国務院(401716)→憲法院:EU加盟国・非加盟国勤務者の社会保障税
2017/01-03 仏憲法院2016-744 DC通称taxe Google迂回利益税違憲
2017/01-02 仏国務院(404270)個人CFC税制が違憲か憲法院に回付
2017/01-01 英[2016] UKSC 54オフレコでもHMRC職員の守秘義務違反
2016/12/31 Brockenhurst College C-699-15訓練目的学生運営レストランのVAT
2016/12/30 Timothy Charles Qunell Jr. T.C. Summ. Op. 2016-86国外所得免税適用外、過少申告加算税不適用
2016/12/29 BP Canada, 2015 FC 714 tax position納税者見積りを歳入庁は開示請求できる
2016/12/28 BT Pension Scheme C-628/15内国法人受領国外源泉配当と予納法人税
2016/12/27 欧葡C-503/14出国税即時納税要件違法
2016/12/26 欧西World Duty Free Group (C-20/15 P & C-21/15 P)外国法人株式取得金融暖簾償却は国家補助金該当
2016/12/25 Aer Lingus & Ryanair (C-164/15 P & C-165/15 P)短距離飛行の航空税軽減は国家補助金該当
2016/12/24 Masco Denmark ApS and Damixa ApS C-589/14外国子会社から受け取った利子の非課税は設立の自由違反
2016/12/23 米STARS続報Santander 1st Cir. 16 Dec 2016逆転敗訴、経済的実質欠如
2016/12/21 松山地判平成27年6月9日判タ1422号199頁理由附記、リース取引の中途解約不能要件
2016/12/20 Curtis Lee Owens, TC Summ Op 2016-83文民でも国外所得免税不適用
2016/12/19 欧伊Benz C-378/15付加価値税費用売上連動配賦OK
2016/12/18 欧独Radgen C-478/15独居住瑞労働課税差別
2016/12/17 Rio Tinto, 2016 TCC 172買収銀行手数料控除
2016/12/16 Bohanec:外国(スイス)銀行口座情報意図的非開示
2016/12/15 Jean Coutu 2016 SCC 55 Fairmont Hotels 2016 SCC 56契約遡及的修正(rectification)の可否
2016/12/13 仏憲法院2016-741 DC公開国別報告書違憲
2016/12/08 ボリヴィア最高裁・憲法裁判所:遡及適用
2016/12/07 蘭ECLI:NL:HR:2016:2497役員株主見なし賃金課税は条約違反
2016/12/06 仏憲法院2016-598 QPC合憲75%源泉徴収税
2016/12/05 WTOパネルBoeing米負欧勝
2016/12/04 Poulin and Turgeon, 2016 TCC 154移転価格
2016/12/03 Analog Devices, 147 T.C. No. 15関連者間負債非該当CFC税制受取配当控除
2016/11/23 MNWA Pty, [2016] FCAFC 154和解は後の年度の課税処分を妨げない(内縁の夫婦)
2016/11/22 Bywater, [2016] HCA 45中心的管理支配地基準居住者認定
2016/11/21 瑞最高裁2C_916/2014, 2C_917/2014カルテル罰金損金算入不可
2016/11/20 Euro Park Service (C-14/16)親子会社指令、濫用防止
2016/11/19 墺行政最高裁2013/15/0253独会社の損失の計算
2016/11/18 Univar, 2016 TCC 159英企業蘭法人経由間接買収
2016/11/17 白最高裁F.14.0006.F仏不動産保有会社経由所得は条約にいう不動産所得でない
2016/11/16 葡憲法裁判所430/2016連結企業州付加税合憲
2016/11/15 独BFH II R 51/14米生命保険源泉徴収税額の独相続税における控除・税額控除
2016/11/14 VI Derivatives LLC米ヴァージンアイランド居住判定既判力
2016/11/13 Retfalvi米加徴収共助外国租税債権
2016/11/12 独BFH I R 50/15条約PE定義より国内PE定義が優先する
2016/11/11 仏憲法院2016-591 QPC信託情報開示違憲
2016/11/10 白憲法裁判所No.135/2016法人税額非控除合憲
2016/11/09 DreamWorks映画外国著作権使用料ETI不適格
2016/11/08 Salinger [2016] UKFTT 677 (TC)マン島撤回可能信託損失否認
2016/11/07 Lomas [2016] EWHC 2492 (Ch)利子源泉徴収税
2016/11/06 仏憲法院2016-571QPC連結法人3%出資配当非課税違憲
2016/11/05 Brisal C-18/15利子控除制限
2016/11/04 Oxford Properties 2016 TCC 204遡及適用不可
2016/11/03 Tech Mahindra ([2016] FCAFC 130)使用料支払い
2016/11/02 Linde (SLP No 34138-34139/2014)社団性
2016/11/01 フランス居住ベルギー勤務
2016/10/30 Apple国家補助金
2016/10/29 Croft, [2016] QSC 190徴税代行契約有効
2016/10/28 西憲法院121/2016遡及減税要件違憲
2016/10/27 Leekes[2016] UKUT 320 (TCC)買収会社損失利用
2016/10/27 Ingenious Games [2016] UKFTT 521 (TC)映画投資損失控除否認
2016/10/27 Eshel, DC Circuit No. 14-1215仏社会保障税外税控除適格
2016/10/26 ポルトガル憲法院:租税回避対策譲渡益課税合憲
2016/10/26 仏憲法院2016.7.22外国銀行口座無申告過料違憲
2016/10/22 Oroville Reman & Reload (2016 TCC 75)非PE外国企業還付金課税の是非
2016/10/19 蘭Hoge Raad 15/00194グループ利子控除制限
2016/10/18 蘭Hoge Raad 15/00878為替損失控除制限
2016/10/17 Flix Innovations [2016] UKUT 313 (TCC)目的論的解釈
2016/10/16 芬KHO:2016:71 & KHO:2016:72利子控除否定PE
2016/10/16 芬KHO:2016:100盗まれた銀行データは証拠に使える
2016/10/16 最一小判平成28年4月28日平成27(受)330:生命保険と破産財団
2016/10/16 IMF米税制
2016/10/16 仏憲法院24.6.2016: 二重処罰禁止に違反しない
2016/10/16 Coal Staff Superannuation: 資金移動の自由と源泉徴収
2016/07/16 Hanatour東京地判H27.3.26:非居住者向け国内パック旅行は輸出免税不適用
2016/07/02 岡山地判H26.7.16:租特66条の6第6項適用除外記載書面添付義務は適用除外規定の適用要件
2016/06/25 アイルランド最高裁2016.6.22 McNamee:GAAR適用例
2016/06/22 ZTE Corp. (ITA 5870/Del/12):PE帰属利得はarm's lengthに拠らない
2016/06/18 Mondelez India Foods: 広告宣伝費のarm's length
2016/06/18 Gujarat Pipavav Port (ITA No. 7878/Mum/2010):技術役務対価・建設PE否定例
2016/06/18 TMD, C-412/15:免税人血に医薬品製造向け血漿は含まれる
2016/06/12 蘭Hoge Raad No. 14/05020:Box3みなし利益課税は欧州人権条約に違反しない
2016/06/12 Mabbutt ([2016] UKFTT 306 (TC))
2016/06/12 Medtronic, TC Memo 2016-112:移転価格シークレットコンパラブル
2016/06/09 蘭Hoge Raad 14/05100:西PE内部フランチャイズ料否認
2016/06/08 デンマークSKM2016.250.SR:所得課税PEあり、付加価値税fixed establishmentなし
2016/06/03 東京地平27.5.14:外れ馬券費用控除不可
2016/06/02 仏国務院389994:居住者認定基準liable to tax
2016/05/27 伯連邦行政院租税訴訟部2016.5.1:CFC税制は伯蘭租税条約に違反しない
2016/05/26 白憲法院6130: 63/2016:特定の形態の会社のみの配当源泉徴収税賦課は違憲
2016/05/25 フィンランドKHO:2016:71 & KHO:2016:72:組織再編と支店利子控除否認
2016/05/21 最判H27.11.6:地方税条11条の8徴収不足要件は客観的に
2016/05/20 Adobe Delhi高裁2016.5.16:子会社がPEと認定されなかった例
2016/05/20 Hamilton [2016] EWHC 1132 (Ch):亡父のリヒテンシュタインstiftungがshamでないとされた例
2016/05/20 Chemtech, 5th Cir., No. 15-30577:limited partnership組成がshamであるとされた例
2016/05/19 Elazar M. Cole:米市民イスラエル居住者が米で免税されなかった例
2016/05/18 Herbalife, Delih HC ITA 7/2007:技術役務対価支払源泉徴収税は印米租税条約無差別条項違反
2016/05/18 デンマークC-593/14:独過小資本税制と受取利子益金不算入不適用と設立の自由
2016/05/13 中国間接株式譲渡事例
2016/05/13 中国非課税組織再編税制不適用事例
2016/05/11 BNP Paribas:印PE→仏本店利子源泉徴収税非課税
2016/05/11 Nortel Networks, Delhi高裁2016.5.4:米衛星電話システム会社のPE認否
2016/05/10 Fessal [2016] UKFTT 285 (TC):過大申告過少申告非救済は人権侵害
2016/05/10 Christianuyi [2016] UKFTT 272 (TC):managed service company (MSC)
2016/05/09 独BFH I R 50/14:独弁護士の米国内遂行役務対応所得
2016/04/30 露А40-241361:租税条約受益者概念
2016/04/30 Bing Zhu, 2016 FCA 113:株式譲渡損失と国内事業関連性
2016/04/29 Riskin & Timmermans C-176/15:域内投資配当源泉税外税控除不適格と第三国投資との比較
2016/04/26 独BFH 2.12.2015 - I R 13/14:米LP為替損失非控除
2016/04/26 Clavis Liberty[2016] UKFTT 253 (TC):所得税法730条のGAAR最初の適用
2016/04/22 Siro Clinpharm 2618/Mum/2014:債務保証移転価格税制適用法改正は遡及適用せず
2016/04/21 Prudential Assurance, [2016] EWCA Civ 376
2016/04/16 Sparkasse Allgäu C-522/14:独相続税に関する墺銀行口座情報開示要求
2016/04/16 Morrison [2016] UKFTT 250 (TC):信託持分譲渡を人為的非商業的取引として否認した例
2016/04/16 Fowler [2016] UKFTT 234 (TC):大陸棚ダイビング所得は給与か事業か
2016/04/16 東京地H27.5.28平24行ウ152:車用品ネット販売業のPE認定例
2016/04/15 Trigg, [2016] UKUT 165 (TCC):ポンドでないとキャピタルゲイン非課税適格社債非該当
2016/04/14 Eclipse Film Partners No. 35:映画投資組合控除否認…事業でない
2016/04/12 独IV B 5 - S 1341/11/10004-07:国内法による否認と租税条約による移転価格との関係
2016/04/08 西最高裁16.3.2016 No.1130/2014:伯Jurosは配当である
2016/04/06 独BFH 20.5.2015, I R 75/14:外国PE課税Veranlassungsprinzip
2016/04/02 ドイツ証券・東京地H27.5.28:ストックアワード/所得分類は給与所得/日本法人源泉徴収義務なし
2016/04/01 仏国務院383335:露国籍の者のフランス居住認定
2016/04/01 Feilen C-123/15:墺相続税に関する相次相続控除
2016/04/01 Herman Korfage 2016 TCC 69:非課税退職年金の米加為替換算時
2016/03/31 AstraZeneca, A40-146032/2014:第三者に無料で準備的補助的活動をするPE
2016/03/24 瑞行政裁判所A-8400/2015:UBS銀行口座情報…蘭執行共助要請を拒絶
2016/03/22 E Buyer UK [2016] UKUT 123 (TCC):付加価値税詐欺
2016/03/17 米STARS等上告不受理(経済的実質法理)
2016/03/17 Denso, ITA 443/2013 & 451/2013:移転価格TNMMでなくCUP法で
2016/03/17 Whistleblower 22716-13W, 146 TC No 6:公益通報者報奨の範囲
2016/03/11 Vodafone [2016] UKUT 89 (TCC):VAT過払い主張を認めた原審から逆転
2011/03/11 ノルウェー・イケア組織再編利子控除敗訴
2016/03/11 Connell,[2016] UKFTT 154 (TC):人為的損失否認(Ramsay)
2016/03/11 UBS & DB, [2016] UKSC 13:制限証券ボーナス非課税の原審から逆転
2016/03/11 仏国務院371435:管理の場所たるPE認定例
2016/03/11 TDL Group, 2016 FCA 67:所得獲得目的が無いから利子控除を否定した一審から逆転
2016/03/10 Hunnebeck C-479/14:相続税法の控除額の違いが資本移動の自由を害す
2016/03/09 印ITA No. 1321/Del/2015:川崎重工業連絡事務所PE非該当
2016/03/05 Guidant, 146 TC No. 5:個別の移転価格調整不要
2016/03/04 独BFH IX R 48/14, 49/14 & 50/14:オプション損失控除
2016/02/13 蘭Hoge Raad 2016:183:外国からの入れ知恵による情報交換要請
2016/02/13 独BFH, VIII R 27/12:見なし所得課税は米ファンドでも資本移動の自由に違反する
2016/02/13 独BVerfG, 2 BvL 1/12:国内法による条約蹂躙は合憲
2016/02/12 独BFH, I R 20/15:国内支払利子控除制限は違憲の疑い
2016/02/12 仏憲法院Metro Holding France SA, n° 2015-520 QPC:無議決権株式配当への参加免税不適用は違憲
2016/02/11 Timac Agro (C-388/14)墺PE損失利用制限は条約違反でない
2016/02/11 最適最高所得税率は73%(54%-80%)
2016/02/11 デンソー名古屋高判H28.2.10株式保有事業としてCFC税制適用
2016/02/10 白Antwerp控訴審2014/AR/1776: ACE利子控除額を人為的に増やして構わない
2016/02/06 最判H27.6.12:匿名組合通達改正と信義則
2016/02/05 GFKL Financial ServicesT-620/11 Heitkamp BauHoldingT-287/11欠損金繰越制限国家補助
2016/02/04 Toenec Philippines: 日本親会社からの資金注入について納税義務者
2016/02/04 Marzen Artistic Aluminum (2016 FCA 34): 子会社への支払がarm's lengthでない
2016/02/02 Peter Vaines, [2016] UKUT 2 (TCC): 和解金控除不可
2016/02/02 仏国務院N° 357189:借株の外税控除は無し
2016/01/30 仏国務院N° 370974: PEは本店から利子を受領しなければならない
2016/01/29 イスラエルKontera case:ストックオプション費用をコストプラス法で考慮する
2016/01/29 Ardmore Construction, [2015] UKUT 633 (TCC):利子の源泉地は英国
2016/01/28 ベルギー超過利潤税は国家補助金
2016/01/28 NGC Network Asia LLC, ITA No. 7994/Mum/2011:米放送会社のPE認定例
2016/01/28 白憲法裁判所No. 11/2016:タックスヘイヴン未申告費用控除否認
2016/01/28 Gerd Topsnik, 146 T.C. No. 1:独国籍者への出国税課税
2016/01/28 Green v. The Queen (2016 TCC 10)二層組合損失利用の可否
2016/01/28 蘭Hoge Raad, Nr. 14/03647:インド固定施設否定…期間不足
2016/01/28 仏国務院30.12.2015 n°372522等:CFC税制の現地営業基準
2016/01/27 仏国務院7.12.2015 n°368227: PE無申告時の加算税不適用
2016/01/18 最判H27.7.17平26行ヒ190:所有者不明の土地について固定資産税を課せないとした事例
2016/01/08 Wright, 6th Cir. No. 15-1071為替取引時価主義適用
2016/01/08 瑞2C_894/2013 vom 18.9.2015米LLCは透明扱い
2016/01/08 瑞2C_642/2014 vom 22.11.2015株取引のPEへの帰属
2015/12/31 Bloomsbury Verlag [2015] UKFTT 660 (TC)未申告繰越欠損金利用の可否
2015/12/31 仏憲法院2015-725 DC 29.12.2015金融取引税棄却
2015/12/30 Donoghue, [2015] FCAFC 183法律事務所情報漏洩に基づく課税処分は合法
2015/12/29 CIT v. Whirlpool of India Ltd.国際取引でない広告宣伝費は移転価格税制対象外
2015/12/29 GSB v Switzerland銀行口座情報提供は人権侵害でない
2012/12/25 名古屋地H27.1.29平等原則違反の課税が国家賠償法上違法とされた例
2015/12/24 伊Luca Toni教会税より孤児院への寄附を
2015/12/23 蘭Hoge Raad 18.12.2015匿名通報者の名前開示の要否
2015/12/23 スペインDell case問屋でも代理人PE認定
2015/12/19 東京地H27.3.12:破綻銀行株式は資産非該当であるため譲渡損失否認
2015/11/27 ベルギーLuik控訴審L. 15/0705監督PE認定
2015/11/20 日産事件・東京高H26.6.12子会社株式消却に伴う低額払戻金について差額が寄附金
2015/11/12 仏国務院370054:独非課税年金基金は租税条約恩恵主張適格なし
2015/11/09 Youssef Youssefzadeh: 憲法第5修正と外国銀行口座情報
2015/11/09 仏sharing economy等の課税
2015/11/07 大阪高H26.6.18一時所得たる死亡共済金から負担金控除不可
2015/10/29 Columbia Sportswear: スポーツ用品店の連絡事務所はPEでない
2015/10/27 スペインING Bank, 281/2012: PE自己資本の解釈遡及不適用
2015/10/24 ルーマニアSmaranda Bara (C-201/14)情報を納税者の許可なく転用してはならない
2015/10/23 スウェーデンHedqvist C-264/14: bitcoinはVAT非課税
2015/10/17 最判平成26年9月25日民集68巻7号722頁:1月2日以後の登記
2015/10/11 最判平成27年10月8日:給与?収入金額?
2015/10/10 租税法学会第44回:再分配
2015/10/09 Birchcliff Energy:合併損失否認とGAAR
2015/10/02 ヤフー事件・東京高判平成26年11月5日:法人税法132条の2初適用
2015/09/19 東京高判平成26年4月9日:仲介手数料・固定資産税等相当額の必要経費不算入・取得費算入
2015/09/18 大阪地判H27.4.14:みなし配当は最判H22.7.6の射程外
2015/09/10 米国STARS transaction続報: Bank of New York MellonAIG控訴審
2015/09/05 日興コーディアル事件・東京地判平成26年6月27日:日本で課税された外国子会社とCFC税制
2015/08/29 DHL Operations BV (ITA No. 431 of 2012)還付加算金はPE帰属利得ではない
2015/08/27 仏テレビ受信料:2016年からパソコン・スマートフォンにも適用か?
2015/08/22 英APVCO [2015] EWCA Civ 648租税回避対策遡及立法は許される
2015/08/19 NZ越境取引付加価値税提案
2015/08/19 英Neil Hockin (2015 UKFTT 325):利子控除仮装取引否認
2015/08/19 米Albemarle:外税控除の時効
2015/08/13 印JAL(9875/2013): rent vs. service
2015/08/13 南アフリカAB LLC and BD Holdings LLC:サービスPE
2015/08/08 米Notice 2015-54外国組合への出資
2015/08/08 米Hermine Dinger, T.C. Memo. 2015-145在独米軍勤務で米課税を受ける
2015/08/08 印BJ Services (ITA No. 4 of 2010)還付加算金は事業利得
2015/08/07 英Abbey National [2015] UKFTT 0341 (TC)
2015/08/07 インド三菱ITA No. 5042/Del/11移転価格事案
2015/08/03 露憲法裁判所VAT保険金課税違憲
2015/08/02 米Altera Corp., 145 T.C. No. 3移転価格
2015/08/02 仏国務院371412居住認定
2015/08/02 仏憲法院2015-475 QPC株式譲渡損非認識遡及適用合憲
2015/07/17 limited partnership (LPS)は法人か?
2015/07/13 蘭Hoge Raad 14/03956:ルクセンブルク投資ファンドは配当源泉徴収税還付適格なし
2015/07/10 英Rank Group Plc [2015] UKSC 48:外部生成データによればVAT非課税?
2015/07/05 大阪高判平成26年10月30日平26(行コ)64:相続前後の耐用年数の引継ぎ
2015/07/03 伊:盗んだHSBC情報の利用と瑞:Credit Suisse従業員情報提供違法
2015/07/02 印B4U International:代理人PE非認定とsingle taxpayer approach
2015/07/01 独BFH 04.11.2014, I R 19/13:三角事案
2015/06/28 Georgia最高裁2015年5月6日法人格の否認?
2015/06/27 英Cater Allen International [2015] UKFTT 232 (TC):利子無受益権
2016/06/26 仏Conseil d'État, 12 mai 2015, 366398他:配当税額控除
2015/06/20 オリックス銀行事件・東京高判平成26年8月29日・信託受益権複層化
2015/06/12 東京地判平成27年2月26日平24行ウ592退職給与
2015/06/09 スイスbeneficial owner
2015/06/05 東京高判平成26年5月19日平25(行コ)391:高額譲渡と二重利得法
2015/05/29 米国Validus Reinsurance:外国再々保険物品税の外国税額控除
2015/05/29 英国Littlewoods Retail:付加価値税還付は複利計算
2015/05/23 独BFH(I R 10/14)外国受動的所得は事業税非課税
2015/05/23 米国モデル租税条約Exempt PE Provision他
2015/05/23 エルサルバドル最高裁:代替ミニマム税は違憲
2015/05/23 米加Nortel Network:移転価格と移転価格と倒産は無関係
2015/05/23 米国Maryland v. Wynne:二重課税救済と資本輸出中立性
2015/05/22 米国Lehman Brothers Holding英国源泉配当外税控除否定
2015/05/22 米国STARS tax shelter transaction続報:Salem Financial控訴審で一部逆転(利子控除可)
2015/05/22 英国rate boosters
2015/05/22 仏憲法院遡及適用合憲性の判断へ
2015/05/07 From Spouse Deduction to Married Couple Deduction
2014/06/21 GergenのWrappingを企業課税・企業流出に応用
2014/05/10 結婚に関するコースの定理 Seto, A Coasean Theory of Marriage
2014/04/09 Gamage, A Framework for Analyzing the Optimal Choice of Tax Instruments 最適課税手法選択
2014/04/08 Resource Capital Fund III LP [2014] FCAFC 37
家族制度と税制とエストニア 2014/04/03
ウェブサイト運用収入は技術役務対価に当たらない eBay International AG 2014/1/30
条約上英国居住者、カナダは国内法上居住者扱いConrad Black, 2014 TCC 12 2014/01/23
Captive保険料控除可Rent-A-Center, 142 TC No.1 2014/01/18
国内国外子会社の法人税の国内親会社での還付Kronos International (C-47/12) 2014/01/13
法人か組合かYamagata & Maughan v. US 2014/01/09
租税優遇:所得控除対税額控除Batchelder, Goldberg & Orszag, Efficiency and Tax Incentives: The Case for Refundable Tax Credits 2014/01/07
定式配賦:州税から国際課税へClausing, Lessons for International Tax Reform from the U.S. State Experience Under Formulary Apportionment 2014/01/06
外国問屋への支払が技術的役務対価としてインド源泉徴収税に服す:Device Driven (ITA No. 282/Coch/2013) 2014/01/05
カナダ移転価格とOECD: McKesson, 2013 TCC 404 2014/01/04
排出権取引を炭素税で包むGergen, The Case in Economic Theory of Wrapping a Carbon Tax Around Cap and Trade 2014/01/03
消費税逆進対策としての生体認証活用Ainsworth, A Technological Approach to Reforming Japan's Consumption Tax 2014/01/02
国際租税体制の効能と限界Cockfield, The Limits of the International Tax Regime as a Commitment Projector 2014/01/01
取締役性別割当制Alstott, Gender Quotas for Corporate Boards 2013/12/31
雇用カットと法人税率増を連関させる Rosenzweig, Dynamic Self-Adjusting Tax rate 2013/12/26
Double Irish等のbase erosionはdebt financeに類するのでは?の続き 2013/12/05
東京地判平成24年3月2日判時2180号18頁(株式保有割合が25%を超える大会社が財産評価基本通達189の(2)にいう株式保有特定会社に該当しないとされた事例)はタックスヘイヴン対策税制のような捉え方をしていたのでは? 2013/12/02
CBIT 1.9とBEIT 1.9のモデル 2013/11/29
付加価値税:理想論のレベルではフロー課税がストック課税に勝る 2013/11/18
租税法における禁止・賠償 Andrew Blair-Stanek, Tax in the Cathedral: Property Rules, Liability Rules, and Tax 2013/11/15
財政破綻に至る道Gamage & Louk, Government Shutdowns, the New Fiscal Politics, and the Case for Default Budgets 2013/11/13
効率性重視vs.規制第一Gordon & Morriss, Moving Money: International Financial Flows, Taxes, & Money Laundering 2013/11/09
線引による不公平の量的表現Borden, Quantitative Model for Measuring Line-Drawing Inequity2013/11/05
被相続人の所得税の過納金還付請求権は相続税の課税財産となるとした事例 最判平成22年10月15日民集64巻7号1764頁 2013/11/03
アイルランドで働いてもオーストリア居住者 VwGH 2011/15/0193 2013/11/02
国際税制はanti credit methodに収斂しそう?Shaviro, Fixing U.S. International Taxation 2013/11/01
所得税より法制度の方が不平等是正に資するDe Geest, Removing Rents: Why the Legal System is Superior to the Income Tax at Reducing Income Inequality 2013/10/30
時価主義不徹底というより所得分類?Brennan, Perils of Partial Mark-to-Market Taxation 2013/10/28
CBIT 2.0 (Hasen)とBEIT (Kleinbard)の対比 2013/10/24
bitcoinがtax havenにとってかわる?Marian, Are Cryptocurrencies 'Super' Tax Havens? 2013/10/22
破産時の租税債権優先とex ante/ex post:Shu-Yi Oei, Taxing Bankrupts 2013/10/19
規制と課税は代替物:Alexander Wu, US International Taxation in Comparison with Other Regulatory Regimes 2013/10/18
知的財産の価格の問題かdebt-financeの問題か 2013/10/16
full inclusion派がterritorial派に塩を送ってる?:Shay, Fleming & Peroni, Territoriality in Search of Principles and Revenue: Camp and Enzi 2013/10/15
包括的所得課税の徹底:Kleinbard, Designing an Income Tax on Capital 2013/10/13
第42回租税法学会|Canada hybrid entity & tower structure: FLSmidth v. The Queen (2013 FCA 160) 2013/10/07
包括的所得概念はリスク収益に課税してない(Domar-Musgrave)、のモデルはloss aversionを考慮すると成り立たない、のモデルは消費型所得概念にも当てはまりそう 2013/10/07
鬼教員・仏教員の発生余地を減らす連続的な成績評価 2013/09/29
信託税制研究:英国事例の紹介と金融所得課税モデルの応用 2013/09/25
必要経費補填型立退料の事業所得認定:東京地判平成25年1月25日平23(行ウ)736号 2013/09/22
出資法違反の貸付元本損失と所令141条3号&所法51条2項:福岡高判平成23年9月8日訟月58巻6号2417頁 2013/06/08
麻酔科医の報酬の給与所得該当…東京地判平成24年9月21日平成23年(行ウ)127号TAINS:Z888-1723確定 2013/05/31
最判平成23年9月30日(22日でも)が云う駆け込み売却防止目的・不動産価格下落防止目的の政策的合理性は? 2012/11/28
弁護士会役員の懇親会費等、会長立候補活動費等のうち必要経費算入(課税仕入れ該当)部分があるとした例 2012/11/18
burden-neutral deduction tax rateとdeferralとの関係 2012/11/12
UK Windfall Taxのアメリカにおける外税控除適格その他 2012/11/10
IFA 66th Congress 2012 Boston雑感 Subject 1 Enterprise Services 2012/10/06
持分割合50%の場合の移転価格の誘因 2012/09/08
capital ownership neutralityを事業承継に応用 の続編 親の遺産動機は? 2012/07/21
東京高判平成22年12月16日訟月57巻4号864頁 相続税制限納税義務者の債務控除と国内財産仮差押えに係る債務 続 2012/06/16
東京高判平成22年12月16日訟月57巻4号864頁 相続税制限納税義務者の債務控除と国内財産仮差押えに係る債務 2012/06/14
第37回信託法学会で報告 2012/06/11
capital ownership neutralityを事業承継に応用 2012/05/12
最判平成21年12月10日民集63巻10号2516頁 遺産分割協議に国税徴収法39条が適用される 2012/04/26
ファイナイト事件・東京高判平成22年5月27日判時2115号35頁…再保険契約と準拠法 2011/12/13
消費税の提供地基準と、独立当事者間契約における配分について 2011/11/26
フィルムリース大阪高判平成12年1月18日民集60巻1号307頁…当事者の真意と異なる契約解釈 2011/11/11
「その他」の範囲…最判平成22年7月6日判タ1331号68頁:自動車税減免 2011/11/05
非対称的扱い…双輝汽船事件・最判平成19年9月28日民集61巻6号2486頁 2011/11/05
東京地判平成22年10月13日訟月57巻2号549頁 15/16米開催1/16日本開催のレース参戦→日本が役務提供地 2011/10/21
東京地判平成20年11月28日税資258号順号11089 余剰容積率の移転の対価は不動産所得 2011/10/20
武富士事件最高裁判決と高裁判決 2011/06/13
最判平成23年3月25日裁時1528号17頁 2011/06/01
東京地判平成19年11月16日税資257号順号10826 2011/05/21
最判平成22年6月3日民集64巻4号1010頁 2011/05/21
最判平成22年10月15日裁時1517号6頁 2011/02/18
外国法下での物権変動と贈与時期 2010/11/19
英国における居住の認定 2010/11/15
土地の使用・開発を控えるという環境保全と法人税制 2010/11/04
生命保険年金二重課税事件 草稿 2010/07/27
最判平成22年7月6日により得する人、損する人 2010/07/07
学力検査はなくなるだろうか? 2010/06/21
銀行が預金者に毎年利子を支払い課税繰延の利益が生じない場合の考察 2010/06/18
仙台高判平成19年3月27日訟月54巻4号983頁 2010/06/13
最判平成21年10月29日試訳 2010/03/24
税額控除より損金算入の方が有利になる場面? 2010/02/23
最判平成21年10月29日速報草稿 2010/02/15
遡及効:福岡高判平成20年11月27日平成20(行コ)9号 2010/02/05
最判平成21年10月29日追記 2009/12/18
利他は自己満足の贈与より劣る? 2009/12/12
5×12×10=600<700 2009/11/30
最判平成21年10月29日 2009/10/30
体育会系は就職に有利? 2009/10/29
Winny:価値中立は無罪の必要条件か 2009/10/08
アパート+自販機営業で消費税還付 2009/10/05
相続という不平等の根源に関して非嫡出子に責任なしといわれてもな 2009/10/05
更新料訴訟 2009/08/28
福岡高判平成19年10月25日訟月54巻9号2090頁 2009/08/20
海の家とかけて電波ととく、その心は 2009/07/30
プリンスホテルに3億円寄付すれば? 2009/07/29
ペット葬祭業は収益事業 続き 2009/07/07
ペット葬祭業は収益事業に当たる 2009/06/19
パートナーシップ契約下でPE認定を回避? 2009/06/04
法律家はマル経? 2009/05/11
消費税増税&定額給付(還付) 2009/04/28
ホームラン・ボール二重課税、現金一回課税 2009/02/22
所得計算で累乗を使う場合 2009/02/09
大学へ寄付→相続税額控除by小宮山宏 2008/11/25
田母神論文問題と逆寄りの仮想設例 2008/11/13
「日本型」企業システム 2008/07/27
東京地判平成19年3月29日 2008/07/02
取り易いところから取る 2008/06/13
匿名組合と日蘭租税条約とPE 2008/06/11
租税法の遡及適用 2008/06/09
国籍法違憲→同性愛夫婦の配偶者控除 2008/06/05
海外所得の国内還流 2008/05/10
4月30日立法、翌日施行 2008/04/30
後継ぎ遺贈のコストと便益 2008/04/27
ケーキかビスケットか 2008/04/16
LLCと配当所得概念 2008/04/05
ローンスター|見解の相違?脱税? 2008/03/31
消費税1%増税の見返り 2008/03/28
神奈川県の臨時特例企業税は違法 2008/03/19
現金の譲渡損益等について 2008/03/19
フィルムリース事件について 2008/03/19
住所|居住意思の位置付け 2008/03/07
ボールを拾った場合と現金を拾った場合 2008/02/25
ホームラン・ボールの課税 5 2008/02/08
親孝行は5年分割で 2008/02/07
ペット供養は宗教行為 2008/01/28
ホームラン・ボールの課税 2008/01/28








































































































































































































































































































2021/12-70 Wildwood Forest, 84-008-21-2-8-00302-21ボーイスカウトキャンプ非課税と所有者変更
Wildwood Forest LLC v. Vigo County Assessor, Indiana Board of Tax Review, Petition No.: 84-008-21-2-8-00302-21; Parcel No.: 84-07-18-276-001.000-008 (2021.11.9) (Indiana Board Rules in Boy Scout Campground Tax Exemption Tiff) Amy Hodges, Boy Scout Camp Still Exempt for New Owner, Indiana Board Rules, Tax Notes Today State, 2021.12.30


2021/12-69 E&Z Inc., S. 19-989-LPコンビニエンスストア売上税評価
E&Z Inc. v. State of Alabama Department of Revenue, Alabama Tax Tribunal, Docket No. S. 19-989-LP (2021.12.28) (Alabama Tribunal Affirms Store's Sales Tax Assessment) Andrea Muse, Alabama Tribunal Upholds Assessment Against Convenience Store, Tax Notes Today State, 2021.12.30


2021/12-68 Faisal Ahmed, TC Memo 2021-14ムートネスの法理
Faisal Ahmed v. Commissioner of Internal Revenue, Docket No. 12876-18L, T.C. Memo. 2021-14 (2021.12.28) 解説IBFD TNS 2021.12.30 cf. Charles Leich & Co. v. United States, 329 F.2d 649, 165 Ct. Cl. 127 (Ct. Cl. 1964.3.13)


2021/12-67 Edward J. O'Donnell, 2021 Pa LEXIS 4356笛吹報酬課税対象
Edward J. O'Donnell v. Allegheny Cnty. N. Tax Collection Comm., 2021 Pa. LEXIS 4356, Supreme Court of Pensylvania, No. 8 WAP 2021; No. 880 C.D. 2019 (2021.12.27) (Whistleblower Award Is Taxable, Says Pennsylvania Supreme Court) Amy Hodges, Pennsylvania High Court OKs Local Tax on Whistleblower Award, Tax Notes Today State, 2021.12.29


2021/12-66 Lopinto v. Expedia Inc., 2021 La App LEXIS 2073オンライン旅行販売と売上税
Lopinto v. Expedia Inc., 2021 La. App. LEXIS 2073, No. 21-CA-132; No. 790-815 (2021.12.23) (Louisiana Court Rules in Online Hotel Booking Tax Tiff) 匿名解説OTC Fees Not Subject to Local Tax, Says Louisiana Court, Tax Notes Today State, 2021.12.28


2021/12-65 Westside Neighborhood Association, 2021 Mo. App. LEXIS 1110資産評価異議申立
Westside Neighborhood Association v. Gail McCann Beatty, 2021 Mo. App. LEXIS 1110; 2021 WL 6037613, Missouri Court of Appeals, WD84146 (2021.12.21) (Missouri Court Upholds Dismissal of Challenge to County Assessment Policy) Jennifer McLoughlin, Missouri Appellate Court Affirms Dismissal of Property Assessment Challenges, Tax Notes Today State, 2021.12.27


2021/12-64 United Launch Alliance, Alabama Tax Tribunal Docket No. S. 18-1033-JPロケット製造
United Launch Alliance LLC v. State of Alabama Department of Revenue, Alabama Tax Tribunal Docket No. S. 18-1033-JP (2021.12.21) (Alabama Tax Tribunal Rules in Gases Tax Dispute) 匿名解説Alabama Rocket Maker Scores Sales Tax Refund for Gases, Tax Notes Today State, 2021.12.27


2021/12-63 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1963銀行預金と投資の配分のみなし課税(box 3)はEU法違反
Hoge Raad der Nederlanden, Datum uitspraak 2021.12.24, Zaaknummer 21/01243, ECLI:NL:HR:2021:1963 解説IBFD TNS 2021.12.27


2021/12-62 米ウィスコンシン州City of Waukesha, 2021 WI 89市は委員会の固定資産税評価の再評価を申請できない
State of Wisconsin ex rel. City of Waukesha v. City of Waukesha Bd. of Review, 2021 WI 89, Supreme Court of Wisconsin, 2021 WI 89; Case No.: 2019AP1479; 395 Wis. 2d 239,952 N.W.2d 806 (2021.12.21) (Wisconsin Supreme Court Holds City Can't Appeal Board's Assessment) Andrea Muse, Wisconsin High Court: City Can't Seek Review of Board's Assessment, Tax Notes Today State, 2021.12.23


2021/12-61 米ニュージャージー州Punish & Idou Malhotra, 2021 NJ Tax LEXIS 13還付金再徴収禁止
Punish & Idou Malhotra v. Dir., Div. of Taxation, 2021 N.J. Tax LEXIS 13, Tax Court of New Jersey, Docket No. 010788-2018 (2021.12.16) (New Jersey Tax Court Rules Refund Doesn't Have to Be Repaid) Andrea Muse, New Jersey Tax Court: Statute of Limitations Bars Refund Repayment, Tax Notes Today State, 2021.12.23


2021/12-60 Conversant/Valueclick 20PA03971仏愛条約2(9)PE課税。但しactivité occulte認定取消
Conversant/Valueclick case, Cour administrative d'appel de Paris, 2021.12.8, Numéro d'arrêt: 20PA03971, Numéro NOR: CETATEXT000044462134 cf. Counseil d'Éta 420174⇒2020/12-24 解説IBFD TNS 2021.12.23


2021/12-59 William A. Goddard, 2021 US App LEXIS 37325 Son of Boss損失控除否認
William A. Goddard v. Commissioner, 2021 U.S. App. LEXIS 37325; 2021 WL 5985581, No. 20-73023 (9th Cir. 2021.12.17) cf. David B. Greenberg v. Commissioner, 10 F.4th 1136; 2021 U.S. App. LEXIS 24879; 2021-2 U.S. Tax Cas. (CCH) P50,208; 29 Fla. L. Weekly Fed. C 250; 2021 WL 3700294 (11th Cir. 2021.8.20) (1143-05, 1335-06, 20676-09, 20677-09, 20678-09) 解説IBFD TNS 2021.12.23


2021/12-58 米イリノイ州Deerpath Consolidated Neighborhood Association2021 IL App (2d) 190985原告適格
Deerpath Consolidated Neighborhood Association v. The Lake County Board of Review & Martin P. Paulson, 2021 Ill. App. LEXIS 688, Illinois Appellate Court, Second District, 2021 IL App (2d) 190985; No. 17-CH-1420 (2021.12.20) (Illinois Court: Homeowner Association Has Standing in Property Tax Case) Andrea Muse, Illinois Court: Homeowners Association Can Pursue Tax Appeals, Tax Notes Today State, 2021.12.22


2021/12-57 米カリフォルニア州Hill RHF Housing, 2021 Cal LEXIS 8665|BID (business improvement district)
Hill RHF Housing Partners LP, et al. v. City of Los Angeles, 2021 Cal. LEXIS 8665, Supreme Court of California, S263734; B295181; B295315; BS170127; BS170352 (2021.12.20) (California High Court Allows Assessment Suit to Continue) Amy Hodges, Opponents to BID Assessments Can Sue, California High Court Says, Tax Notes Today State, 2021.12.22


2021/12-56 米オハイオ州Curcio, et. al. v. Hufford, et. al., G-4801-CI-202101522-000遠隔勤務者市民税合憲
Curcio, et. al. v. Hufford, et. al., Lucas County Court of Common Pleas G-4801-CI-202101522-000 (2021.12.16)未入手 解説IBFD TNS 2021.12.22


2021/12-55 米オハイオ州Barry v. McClain, 2020-2250理由附記
不服審判所相当?Barry v. McClain, Ohio Board of Tax Appeals, Case No. 2020-2250 (2021.12.20) (Ohio BTA: Commissioner Must Address Taxpayer's New Evidence) 解説Amy Hodges, Ohio Tax Commissioner Has Some Explaining to Do, Board Says, Tax Notes Today State, 2021.12.21


2021/12-54 Charles Crispino, Jr. & Toni M. Crispino, 2021 US Dist LEXIS 139086夫婦:郵便箱ルール
Charles Crispino, Jr. & Toni M. Crispino v. United State Internal Revenue Service, 2021 U.S. Dist. LEXIS 139086; 2021 WL 3910000, US district court of New Jersey, Civ. No. 17-13751 (2021.7.26) (Couple Can't Rely on Mailbox Rule in Refund Suit) 解説Leslie Book, District Court Latest to Find Mailbox Rule Supplanted By Regulations (Procedurally Taxing 2021.12.21)


2021/12-53 James Tarpey, 2021 US Dist LEXIS 240533タックスシェルタープロモーター罰則
James Tarpey v. USA, 2021 U.S. Dist. LEXIS 240533, US District Court for the District of Montana, Butte Division, CV-17-94-BU-BMM, 2021.12.16 解説IBFD TNS 2021.12.21


2021/12-52 Singapore Telecom Australia Investments [2021] FCA 1597グループ内貸付移転価格紛争
Singapore Telecom Australia Investments Pty Ltd v. Commissioner of Taxation [2021] FCA 1597 (2021.12.17) 解説IBFD TNS 2021.12.21


2021/12-51 In re Jet Sales West LLC, 2021 Bankr. LEXIS 3448滞納処分回避目的破産申請はbad faithでない
In re Jet Sales West LLC, 2021 Bankr. LEXIS 3448, No. 20-12179 (Bankr. D.N.M. 2021.12.15) 解説Chandra Wallace, No Bad Faith in Bankruptcy Filing to Avoid Jet Seizure to Pay Tax, Tax Notes Today State, 2021.12.20


2021/12-50 米ニュージャージー州Atlantic City Opera Theater, 013513-2018劇場か只の家屋か
Atlantic City Opera Theater v. City of Atlantic City, Tax Court of New Jersey, Docket No. 013513-2018 (2021.12.16) (New Jersey Court Defers Decision in Tax Exemption Suit) 解説Amy Hodges, Opera House or Just a House? New Jersey Court Needs a Trial, Tax Notes Today State, 2021.12.20


2021/12-49 米ニューメキシコ州A Class RV Storage, A-1-CA-38581リース契約:控除否認を覆す
A Class RV Storage v. New Mexico Taxation & Revenue Department; COURT OF APPEALS OF THE STATE OF NEW MEXICO No. A-1-CA-38581; Letter ID No. L2055615280; Letter ID No. L0446191408; Letter ID No. L2042133296 (2021.12.16) (New Mexico Court Concludes Agreements for RV Storage Spaces Were Leases) 解説Jennifer McLoughlin, New Mexico Court Reverses Deduction Denial for RV Storage Spaces, Tax Notes Today State, 2021.12.20


2021/12-48 米ワシントン州Walter Dorwin Teague, 2021 Wash App LEXIS 2983航空機内装設計所得配賦
Walter Dorwin Teague Associates, Inc. v. Department of Revenue, 2021 Wash. App. LEXIS 2983; 2021 WL 5896680, Court of Appeals of Washington, Division Two, No. 54959-0-II (2021.12.14) 解説IBFD TNS 2021.12.20


2021/12-47 独欧Fachverband Spielhallen eV and LM (T-510/20)公営カジノ
Fachverband Spielhallen eV and LM (T-510/20) (2021.10.22決定) 解説IBFD TNS 2021.12.20


2021/12-46 Toi Gillies, 2021 US App LEXIS 36915前夫にID番号等を盗まれたとの訴えの管轄
Toi Gillies v. Commissioner, 2021 U.S. App. LEXIS 36915; 2021 WL 5895126, No. 21-9000 (10th Cir. 2021.12.14) 解説IBFD TNS 2021.12.20


2021/12-45 米ニューヨーク州1Life Healthcare, DTA No. 829434ソフトの販売と役務提供との線引き
Matter of 1Life Healthcare Inc., DTA No. 829434 (N.Y. Div. Tax App. 2021.11.10)(未入手)解説Kathleen M. Quinn & Arthur R. Rosen, New York Loses Another Remote Software Case, Tax Notes State, 2021.12.13


2021/12-44 米ニュージャージー州Cargill Meat Solutions, 008146-2018肉処理は製造であり卸売ではない
Cargill Meat Solutions Corp. v. Dir., Div. of Taxation, Tax Court of New Jersey, Docket No. 008146-2018 (2021.12.15) (New Jersey Tax Court Rules in Litter Fee Dispute) Amy Hodges, Litter Fee Sticks to Meat Packer, Says New Jersey Court, Tax Notes Today State, 2021.12.17


2021/12-43 Fulham, 2021 U.S. Dist. LEXIS 228361不服申立て方法の狭さ
Andrew Fulham v. USA, 2021 U.S. Dist. LEXIS 228361; 2021 WL 5578759, US District court for the northern district of illinois eastern division 1:20-cv-05871 (2021.11.30) 解説Keith Fogg, Court Rejects Informal Claim, Procedurally Taxing, 2021.12.17


2021/12-42 米NY州LendingTree, DTA No. 829714オンラインローンマーケットプレイス売上税非課税
(不服審判所みたいな行政組織?)Matter of LendingTree Inc., State of New York Division of Tax Appeals, DTA No. 829714 (2021.12.9) (New York ALJ: Loan Marketplace Services Not Subject to Sales Tax) cf. Wegmans Food Mkts. Inc. v. Tax Appeals Tribunal of New York, 33 N.Y.3d 587, State of New York Court of Appeals Docket No. 56 (2019.6.27) (New York Appeals Court Dismisses Grocery Store Chain's Sales Tax Petition) Andrea Muse, New York ALJ Rules LendingTree Services Not Taxable, Tax Notes Today State, 2021.12.17


2021/12-41 独BFH IV R 34/18現金商売と電子レジスター使用業者との間で税制上の違憲の問題はない
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.9.16, IV R 34/18 (ECLI:DE:BFH:2021:U.160921.IVR34.18.0) 解説BFH Pressemitteilung 2021.12.16 Nummer 043/21, Kein verfassungswidriges Vollzugsdefizit bei der Besteuerung von bargeldintensiven Betrieben im Jahr 2015


2021/12-40 Kerr v. Polis, 2021 U.S. App. LEXIS 36682コロラド州憲法TABOR増税の有権者承認
Kerr v. Polis, 2021 U.S. App. LEXIS 36682; __ F.4th __, Tenth Circuit No. 17-1192; D.C. No. 1:11-CV-01350-RM-NYW (2021.12.13) (Tenth Circuit Upholds Dismissal of Challenge to TABOR) Andrea Muse, Tenth Circuit Affirms Dismissal of TABOR Challenge, Tax Notes Today State, 2021.12.15 (TABOR: Article X, section 20)


2021/12-39 米ワシントン州Walter Dorwin Teague Associates Inc., 2021 Wash. App. LEXIS 2983企業所得配賦
Walter Dorwin Teague Associates Inc. v. Department of Revenue, 2021 Wash. App. LEXIS 2983, Washington Court of Appeals, Division II, No. 54959-0-II (2021.12.14) (Washington Court: Aircraft Design Services Income Apportioned to State) 解説Andrea Muse, Washington Appeals Court: Design Firm Income Apportioned to State, Tax Notes Today State, 2021.12.15


2021/12-38 Calcasieu Parish School Board Sales&Use Department v. Nelson Industrial Steam売上免税限定違憲
Calcasieu Parish School Board Sales and Use Department, et al. v. Nelson Industrial Steam Company, Supreme Court of Louisiana No. 2021-OC-00552 (2021.12.10) (2021 La. LEXIS 2339 2021.10.10)cf. Bridges v. Nelson Indus. Steam Co., 190 So. 3d 276;2016 La. LEXIS 1056; 2015-1439 (2016.5.3) Supreme Court of Louisiana No. 2015-C-1439 解説IBFD TNS 2021.12.15副産物売上税非課税限定規定違憲


2021/12-37 芬KHO:2021:171スウェーデン法人従業員がフィンランド内でした活動が準備的補助的であるのでPE非認定
芬蘭行政最高裁Korkein hallinto-oikeus, KHO:2021:171 ECLI:FI:KHO:2021:171 H4294 2021.12.3 解説IBFD TNS 2021.12.15


2021/12-36 Calcasieu Parish Sch. Bd. Sales & Use Tax Dep't v. Nelson Indus. Steam Co.; 2021-OC-00552
Calcasieu Parish Sch. Bd. Sales & Use Tax Dep't v. Nelson Indus. Steam Co.; Louisiana Supreme Court No. 2021-OC-00552 (2021.12.10) (Louisiana: Tax on Further-Processed Materials Unconstitutional) (2021 La. LEXIS 2339は2021.10.10らしい) 解説Andrea Muse, Louisiana Supreme Court Voids Tax on Further Processed Materials, Tax Notes Today State, 2021.12.14


2021/12-35 米ニュージャージー州E.S.S. Co., Docket No. 007589-2016; 007595-2016徴収売上税額送金義務
E.S.S. Co. v. Dir., New Jersey Div. of Taxation; Tax Court of New Jersy, Docket No. 007589-2016; Docket No. 007595-2016 (2021.12.3) (New Jersey Tax Court: Collected Sales Tax Must Be Remitted) 解説Amy Hodges, New Jersey Court Says Company President Responsible for Tax Blunder, Tax Notes Today State, 2021.12.13


2021/12-34 米ニューヨーク州Dipesh Parikh, 2021 NY Slip Op 06893遠隔販売売上税
Dipesh Parikh v. Michael R. Schmidt, as Commissioner of Taxation and Finance, et al., 2021 NY Slip Op 06893 (2021.12.9) (New York Appellate Court Upholds Sales Tax Assessment) 解説Amy Hodges, New York Court: Out-of-State Retailer Owes $2.3 Million in Sales Tax, Tax Notes Today State, 2021.12.13


2021/12-33 Alice J. Coggin, 157 TC No 12無垢配偶者救済innocent spouse reliefの裁判管轄
Alice J. Coggin v. Commissioner, 157 T.C. No. 12, Docket No. 21580-19, 2021.12.8 解説IBFD TNS 2021.12.13 cf. "res judicata" doctrine(既判力法理) in Commissioner v. Sunnen, 333 U.S. 591, 597-598 (1948.4.5)


2021/12-32 米ニューヨーク州Matter of Lender Consulting Services; DTA No. 829198環境リスク報告書売上税
Matter of Lender Consulting Services, Inc.; state of new york, division of tax appeals, determination DTA No. 829198 (New York ALJ Finds Consulting Reports Not Subject to Sales Tax) 解説Amy Hodges, Environmental Risk Reports Not Taxable, Says New York ALJ, Tax Notes Today State, 2021.12.10


2021/12-31 米テキサス州The Duncan House Charitable Corp., 2021 Tex App LEXIS 9769非営利非課税主張棄却
The Duncan House Charitable Corp. v. Harris County Appraisal District, 2021 Tex. App. LEXIS 9769, Court of Appeals of Texas, No. 14-20-00461-CV; Trial Court Cause No. 2018-75883 (2021.12.9) (Texas Court Upholds Dismissal of Nonprofit’s Property Tax Exemption Claim) 解説Jennifer McLoughlin, Texas Court Affirms Dismissal of Nonprofit’s Tax Exemption Claim, Tax Notes Today State, 2021.12.10


2021/12-30 伊欧SA.100542コロナ被害企業支援国家補助非該当
SA.100542(未)解説IBFD TNS 2021.12.10


2021/12-29 米ニューメキシコ州High Desert Recovery, 2021 N.M. App. LEXIS 65事業承継主体
High Desert Recovery LLC v. Taxation & Revenue Department and TVSLR LLC v. Taxation & Revenue Department, 2021 N.M. App. LEXIS 65, New Mexico Court of Appeals No. A-1-CA-37852, 2021.12.6 解説Amy Hodges, New Mexico Court: Companies Were Successors in Business, Tax Notes Today State, 2021.12.9


2021/12-28 米ウィスコンシン州Menard Inc. v. City of Hudson, 2021 Wisc. App. LEXIS 1115財産評価
Menard Inc. v. City of Hudson, 2021 Wisc. App. LEXIS 1115 (2021.12.7); Appeal No. 2020AP2005; Cir. Ct. No. 2018CV488 (Wisconsin Court Rules Against Company in Property Valuation Case)解説Jennifer McLoughlin, Wisconsin Court Strikes Company’s Property Valuation Challenge, Tax Notes Today State, 2021.12.9


2021/12-27 米ワシントン州Quinn/Clayton v. Washington; Cause No. 21-2-00075-09; 21-2-00087-09譲渡益税
Quinn/Clayton v. Washington; Cause No. 21-2-00075-09; Cause No. 21-2-00087-09 (2021.9.10) (Washington Court Declines to Dismiss Capital Gains Tax Challenges) 解説Paul Jones, Washington Judge Rejects Motion to Dismiss Capital Gains Tax Suits, Tax Notes Today State, 2021.9.15; Paul Jones, Opponents File Motion to Overturn Washington's Capital Gains Tax, Tax Notes Today State, 2021.12.9; IBFD TNS 2021.12.10


2021/12-26 米マサチューセッツ州U.S. Auto Parts Network (C339523)遡及wayfair適用違法
U.S. Auto Parts Network Inc. v. Commissioner of Revenue (Massachusetts Appellate Tax Board 2021.12.7, Docket No. C339523) (Massachusetts Board Issues Findings, Report for Cookie Nexus Decision); 2021.1.28 decision 解説IBFD TNS 2021.12.9; Maria Koklanaris, Mass. Board Nixes Tax On Auto Parts Co. In Pre-Wayfair Row, 2021 Law360 28-166 (2021.1.28); Paul Williams, Mass. 'Cookie Nexus' Tax Can't Apply Pre-Wayfair, Board Says, 2021 Law360 28-166 (2021.12.7); Andrea Muse, Massachusetts Board: No Retroactivity of Wayfair for Cookie Nexus, Tax Notes Today State, 2021.12.9


2021/12-25 William E. Ruhaak, 157 TC No 9 CDP (Collection Due Process)
William E. Ruhaak v. Commissioner, 157 T.C. No. 9 (2021.11.16) (Equivalent Hearing Precluded by Timely CDP Hearing Request) cf. Weiss v. Commissioner, 147 T.C. 179 (2016.8.17) 解説Keith Fogg, Taxpayers Wanting an Equivalent, Rather Than CDP, Hearing Must Be Patient (Procedurally Taxing 2021.12.8)


2021/12-24 United Trade Action Group v. Transport for London; [2021] EWHC 3290付加価値税Uber
United Trade Action Group Ltd v. Transport for London; C0/4087/2020; CO/3046/2021; [2021] EWHC 3290 (Admin) (2021.12.6) (U.K. Court Decision Leaves Uber Facing Greater VAT Liability) 解説William Hoke, Uber Faces VAT Bill After U.K. Court Rules on Contractual Issue, Tax Notes Today International, 2021.12.7


2021/12-23 Electronic Privacy Information Center, 2021 US Dist LEXIS 232291トランプ前大統領申告書
Electronic Privacy Information Center v. IRS, 2021 U.S. Dist. LEXIS 232291, US district court for the distric of columbia, No. 1:18-cv-00902 (memorandum opinion 2021.12.3) (IRS Obliged to Disclose Some Trump Tax Information, Court Says) 解説Mary Katherine Browne, Trump's Agreements With IRS Get the Green Light for Release, Tax Notes Today Federal, 2021.12.7


2021/12-22 Frank J. Kilton, Jr. v. Cass County Board of Equalizationネブラスカ州土地評価
Frank J. Kilton, Jr. v. Cass County Board of Equalization, before the Nebraska Tax Equalization and Review Commission, Case No: 20R 0013; Case No: 20R 0014 (2021.11.24) (Nebraska Tax Commission Reclassifies Land as Recreational) 解説unknown, Fun Cabins? Fun Land, Says Nebraska Valuation Commission, Tax Notes Today State, 2021.12.6


2021/12-21 Diana Lejins v. City of Long Beach, 2021 Cal App LEXIS 1012水道料金:市の主張認めず
Diana Lejins v. City of Long Beach, 2021 Cal. App. LEXIS 1012; B305134; B306506; Los Angeles County Super. Ct. No. 18STCP02628 (2021.12.1) (California Court Rules Against City's Water Fee) 解説Amy Hodges, California City's Water Fee Unconstitutional, Appellate Court Holds, Tax Notes Today State, 2021.12.6


2021/12-20 John Charman, [2021] EWCA Civ 1804ストックオプション減税と居住者性
John Charman v. HMRC, [2021] EWCA Civ 1804 (2021.12.3) A3/2020/2024 (No Tax Relief for Resident-Owned Stock Options, U.K. Appeals Court Finds) 解説U.K. Court Denies Stock Option Vesting Appeal, Tax Notes Today International, 2021.12.6


2021/12-19 James Forrest Willetts, TC Sum Op 2021-39過納金税額控除適時提出
James Forrest Willetts v. Commissioner, T.C. Summary Opinion 2021-39 (2021.11.22) (Rejected Return Was Timely Filed for Overpayment Credit or Refund) 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: Taxpayer 'Filed' Return Even Though IRS Could Not Process It (TaxProf Blog 2021.12.6)


2021/12-18 Loblaw Financial Holdings 2021 SCC 51外国子会社所得非課税認容、独立当事者間原則適合
The Queen v. Loblaw Financial Holdings Inc. (2021 SCC 51) (2021.12.3) 39220 (Supreme Court of Canada Affirms Offshore Subsidiary's Income Not Taxable) (supreme court of canada: brief) Ryan Finley, Canadian Supreme Court Affirms Taxpayer Win in Loblaw Case, Tax Notes Today International, 2021.12.6; Doug Connolly, Canadian company not liable for tax for foreign affiliate bank, Supreme Court holds, MNE Tax 2021.12.6; IBFD TNS 2021.12.8


2021/12-17 Estate of Prince R. Nelson v. Commissioner, US Tax Court, No. 11442-20
Estate of Prince R. Nelson v. Commissioner, US Tax Court, No. 11442-20 (2021.11.30 order ⇒2022.3.21 trial session) 解説Kristen A. Parillo, IRS and Prince’s Estate Settle Tax Court Case, Tax Notes Today Federal, 2021.12.6


2021/12-16 Austin v. Metro , 2021 US Dist LEXIS 230260雇用か下請(independent contractor)か
Jen Austin & Austin Marketing, LLC v. Metro Development Group LLC, et al., 2021 U.S. Dist. LEXIS 230260; __ F.Supp.3d __; 2021 WL 5629162, US District Court for the Middle District of Florida, Tampa Division, No. 8:20-cv-1472-KKM-TGW, filed 2021.12.1 解説IBFD TNS 2021.12.6


2021/12-15 ラトビア欧SA. 100633コロナ被害企業支援国家補助非該当
SA. 100633(未入手) 解説IBFD TNS 2021.12.6


2021/12-14 Om P. Soni & Anjali Soni, TC Memo 2021-137共同申告:夫の所得を知らなくてよいということはない
Om P. Soni & Anjali Soni v. Commissioner, T.C. Memo. 2021-137; US Tax Court, No. 15328-15 (2021.12.1) (Wife's Tacit Consent Led to Filing Joint Return) 解説Mary Katherine Browne, Ignorance Isn't Bliss When It Comes to Couple's Taxes, Tax Notes Today Federal 2021.12.3


2021/12-13 ノルウェー欧Decision No. 267/21/COL従業員ストックオプション国家補助非該当
EFTA Surveillance Authority, Subject: Employee share options 2022-2031 (2021.12.1) case No. 87755, Document No. 1230694, Decision No. 267/21/COL 解説William Hoke, Norway’s Option Scheme Ruled in Compliance With State Aid Rules, Tax Notes Today International 2021.12.3


2021/12-12 米ペンシルベニア州James and Karen Pearlstein, 2021 Pa Commw LEXIS 580同種交換譲渡益税
James and Karen Pearlstein v. Commonwealth of Pennsylvania, 2021 Pa. Commw. LEXIS 580, in the Commonwealth Court of Pennsylvania, No. 741 F.R. 2017 (filed 2021.12.2) (Pennsylvania Appeals Court Upholds Assessment on Like-Kind Exchange Gain) 解説unknown, Pennsylvania Court: Net Gain Taxed in Year Like-Kind Exchange Occurs, Tax Notes Today State 2021.12.3; IBFD TNS 2021.12.6 cf. Reed & Gail Slogoff v. Commonwealth of Pennsylvania, No. 742 F.R. 2017 (2021.12.2); Robert Pearlstein & Cynthia Pearlstein v. Commonwealth of Pennsylvania, No. 743 F.R. 2017 (2021.12.2)


2021/12-11 James Forrest Willetts, TC Summ Op 2021-39過納金還付請求
James Forrest Willetts v. Commissioner, T.C. Summ. Op. 2021-39, Tax Court No. 19160-19S, filed 2021.11.22 (Rejected Return Was Timely Filed for Overpayment Credit or Refund) 解説Leslie Book, IRS Failure to Process Return Does Not Mean Taxpayer Failed to File A Return (Procedurally Taxing 2021.12.2)


2021/12-10 米デラウェア州最高裁Verisign, 2021 Del LEXIS 375欠損金控除制限無効化
Director of Revenue v. Verisign, Inc., 2021 Del. LEXIS 375, Supreme Court of Delaware No. 18, 2021 (2021.11.29) cf. The Delaware Constitution, Article VII, Section 1 cf. 2021 House Bill 171 解説IBFD TNS 2021.12.2; Amy Hodges, Delaware High Court Invalidates Revenue Division’s NOL Policy, Tax Notes Today State, 2021.12.1, Doc 2021-44722


2021/12-09 Alexandru Bittner, 2021 US App LEXIS 35341非故意FBAR違反罰則口座ごとに適用
United States v. Alexandru Bittner, 2021 U.S. App. LEXIS 35341, US Court of Appeals for the Fifth Circuit No. 20-40597, 2021.11.30 解説IBFD TNS 2021.12.2; Andrew Velarde, Fifth Circuit Holds FBAR Violation Penalties Apply Per Account, tax notes today international, 2021.12.1, Doc 2021-44742


2021/12-08 米オハイオ州Buckeye Inst., 2021-Ohio-4196遠隔勤務地方税合憲審査
The Buckeye Institute, Greg R. Lawson, Rea S. Hederman, and Joe Nichols v. Megan Kilgore et al., 2021-Ohio-4196, Ohio Court of Appeals Tenth Appellate District, No. 21AP-193 (C.P.C. No. 20CV-4301) (2021.11.30) cf. 2020 HB 197 cf. The Ohio Constitution, Article II, Section 1d 解説IBFD TNS 2021.12.2; Andrea Muse, Ohio Appeals Court Affirms Dismissal of Remote Tax Challenge, tax notes today state, 2021.12.2, Doc 2021-44847


2021/12-07 仏国務院456995フランス居住越境労働者がスイス雇用者に居住証明書を提出しなかった場合
Conseil d'État, no. 456995 (2021.11.29) 解説IBFD TNS 2021.12.1 仏瑞交換公文2007.7.12(BOI-INT-CVB-CHE-10-20-60)no. 80


2021/12-06 独欧SA. 64524島嶼運輸、国家補助非該当
SA. 64524(未) 解説IBFD TNS 2021.11.30


2021/12-05 Canadian Imperial Bank of Commerce, 2021 TCC 71銀行の為替損失控除の可否
Canadian Imperial Bank of Commerce v. The Queen, 2021 TCC 71 (2021.11.2) file number 2020-175(IT)G 解説IBFD TNS 2021.11.30


2021/12-04 Bank of Nova Scotia, 2021 TCC 70利子計算における書面記載支払日の意義
Bank of Nova Scotia v. The Queen, 2021 TCC 70 (2021.10.20) file number 2018-834(IT)G 解説IBFD TNS 2021.11.30


2021/12-03 Brenda L. White, 2021 US Claims LEXIS 2512過納税還付による控除の可否
Brenda L. White v. United States, 2021 U.S. Claims LEXIS 2512, US Court of Federal Claims No. 21-1535C, 2021.11.23 解説IBFD TNS 2021.11.30


2021/12-02 東京地R2.9.25平30行ウ251共同相続人の課税価格が減額されても自らの審査請求期間は経過する
第900回租税判例研究会 柴由花2021年12月17日報告 東京地判令和2年9月25日平成30(行ウ)251号一部棄却、一部却下
 Dが死亡した。原告たる相続人はX1(三女の夫、養子)、X2(三女)、X3(三女の長女、養子)。本件の原告ではない相続人は他に4名いる。DのX1に対する債権が相続財産に含まれてないとして更正処分がなされた。X2は再調査の請求をした。X2について再調査の結果として更正処分の時より課税価格が減額された。X1、X2、X3は不服審査を申し立てた。X1とX3が不服審査申立期間(国税通則法77条1項「不服申立て(第七十五条第三項及び第四項(再調査の請求後にする審査請求)の規定による審査請求を除く。第三項において同じ。)は、処分があつたことを知つた日(処分に係る通知を受けた場合には、その受けた日)の翌日から起算して三月を経過したときは、することができない。ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。」)を徒過していた。
 争点1 X2の課税価格が減額された場合でもX1、X3の不服審査申立期間徒過について「正当な理由」(国税通則法77条1項但書)は認められないか。
 争点2 DのX1に対する求償債権についてDは債務免除の黙示の意思表示をしたと認められるか。(本報告では焦点を当てない)
 判旨 「原告X1及び原告X3は,原告らには,本件各処分において,本件求償債権が本件相続により取得した財産であるとされたことについてのみ不服があったところ,この点については原告X2が再調査の請求をしており,同請求に理由があると認められれば,それに伴って課税価格が減少し,原告X1及び原告X3の相続税の額も減少するという関係にあったことを踏まえて,あえて直ちに原告X1に対する各処分及び原告X3に対する各処分につき不服申立てをしなかったものであるから,不服申立期間内に不服申立てをしなかったことにつき「正当な理由」がある旨主張する。
 しかしながら,「正当な理由」とは,天災その他やむを得ない事由により不服申立期間内に不服申立てをしなかったことが社会通念上正当であると認められる理由をいうものと解されるところ,本件各処分は原告ら各自に対し別個独立にされたものであり,原告X2による再調査の請求が認められて,前記前提事実(5)イの原告X2に対する各処分の一部が取り消された場合であっても,それに伴って法律上当然に原告X1及び原告X3の納付すべき相続税及び加算税の額が減少するわけではない上,上記の場合において,原告X1及び原告X3に対し職権で減額更正処分等がされ,両名の納付すべき相続税及び加算税の額が減少するという事実上の関係があるとしても,そのことは両名が不服申立てをするにつき何ら障害になるものではない。
 以上に加え,原告X1及び原告X3に対してされた通知書(甲2,3)には,不服申立て(再調査の請求又は審査請求)の期間が3月以内である旨,取消訴訟は,一定の場合を除き,審査請求に対する裁決を経た後でなければ提起することができない旨明記されていたことが認められることをも踏まえれば,原告X1及び原告X3が不服申立期間内に不服申立てをしなかったことが社会通念上正当であると認めることはできないから,本件において「正当な理由」があるということはできない。

 平成26年改正前国税通則法77条は3項で「やむを得ない理由」と定めていた。
 報告者は「天災その他やむを得ない事由により不服申立期間内に不服申立てをしなかったことが社会通念上正当であると認められる理由」という判示について、「正当な理由」についての具体的な判断はしていないのではないか」と報告した。私からは、報告者から裁判所に対して過剰な要求をしているような印象を受ける、何を書いたら裁判所は十分な基準を示したことになるのか、という質問をした。
 松山地判平成27年6月9日判タ1422号199頁に関する増井良啓・判批・ジュリスト1504号131-134頁(2017.4)の租税判例研究会報告において、フロアから、「何を書けば理由付記不備に当たらないと考えているのか」という質問が出た。この質問を増井は真摯に受け止め、133頁で「理由付記として〜〜という程度の理由は記載すべき」との記述がなされた。このように、学説が判決や課税実務を批判する際に、何をしていたならば批判されずに済んだのかが裁判所や課税庁に伝わるような評釈を書くことが、学説による貢献の姿として理想である、と私は思う。
 77条1項(3か月)の主観的な「正当な理由」と3項(1年)の客観的な「正当な理由」との内容は異なりうる、例えば、税務署長の納税者に対する教示の誤りは1項の「正当な理由」に含まれるが3項の「正当な理由」に含まれない、と考えることができるのではないか、というコメントがフロアからなされた。
 フロアから、争点2の方が重要だ(裁判官だったら争点1について軽く流す)、という意見が出された。他方、フロアの別の所から、本件は国税通則法77条1項の改正後の「正当な理由」に関する初判断であることが、重要だ、という意見が出された。
 判旨の射程が相続税事案に限られるのは「処分は〜〜別個独立になされる」の部分か?例えばマンションの持分の固定資産税における評価とか、共有土地譲渡に係る複数の者への所得税の課税のように、必ずしも本判旨の射程が相続税に限られるとも言いにくいのでは?という質問がフロアから出た。


2021/12-01 最判R3.6.22裁時1770-22滞納処分における配当金の充当:法定充当(民法489条)
第899回租税判例研究会 神山弘行2021年12月3日報告 最三小判令和3年6月22日裁判所時報1770号22頁令和2(行ヒ)337号破棄差戻(一審・札幌地判令和元年10月24日平成30(行ウ)42号請求棄却、控訴審・札幌高判令和2年9月10日令和元(行コ)25号控訴棄却)
 X氏(原告、控訴人、上告人)の平成20年分〜平成22年分の所得税(国税)について、所轄税務署長が増額更正処分をした。Y市(被告、非控訴人、被上告人)が市道民税の滞納処分をした。平成29年12月15日に国税について増額更正処分の取消が確定した。
平成23年03月07日 |Xが平20〜平22年度分の各所得税(国税)の確定申告
平成23年03月14日 |本件各増額更正処分(国税)
平成23年04月25日 |市道民税の賦課決定
            | 平21年1931万6300円
            | 平22年2561万6300円
平成23年06月10日 | 平23年1192万8700円
平成23年07月07日〜|本件各滞納処分 合計6468万9760円
 平成29年12月26日|
平成29年12月15日 |本件各増額更正処分(国税)取消確定
平成29年12月27日 |本件各減額賦課決定(市道民税){上記賦課決定との差}
            | 平21年1054万5700円{877万0600円}
            | 平22年2079万2200円{482万4100円}
            | 平23年0556万5000円{636万3700円}
 争点 本件の争点は、本件各減額賦課決定により存在しなかったこととなる年度分の市道民税に充当されていた部分は、本件各滞納処分の配当時に存在していた他の年度分の市道民税に充当されない、としたYの計算方法が認められるか。X主張の通り民法489条(現488条4項)の法定充当によるべきか。  一審、控訴審はYの計算方法を是認した。
 判旨 破棄差戻「複数の地方税を差押えに係る地方税とする滞納処分において,当該差押えに係る地方税に配当された金銭は,当該複数の地方税のいずれかに滞納分が存在する限り,法律上の原因を欠いて徴収されたものとなるのではなく,当該滞納分に充当されるべきものである。滞納処分制度が地方税等の滞納状態の解消を目的とするものであることに照らせば,このことは,上記のように当初の充当が効力を有しないこととなった配当金についても同様に妥当し,当該配当金は,その配当時において差押えに係る地方税のうちに他に滞納分が存在する場合には,これに充当されるべきものである。仮に,当該配当金が直ちに法律上の原因を欠いて徴収された過納金に当たるものとして還付されるとすれば,その配当時において当該差押えに係る地方税に滞納分が存在したにもかかわらず,その滞納状態を解消する効果が生じず,当該滞納状態を基礎とする延滞金が生ずることにもなって,滞納処分制度の上記目的に反するものといわざるを得ない。そして,滞納処分制度が設けられている趣旨に照らせば,上記のように当初の充当が効力を有しないこととなった配当金について他に充当されるべき差押えに係る地方税が存在する場合には,債務の弁済に係る画一的かつ最も公平,妥当な充当方法である民法(平成29年法律第44号による改正前のもの)489条の規定に従った充当(以下「法定充当」という。)がされるものと解すべきである。
 複数年度分の個人住民税を差押えに係る地方税とする滞納処分において,当該差押えに係る地方税に配当された金銭であって,その後に減額賦課決定がされた結果配当時に存在しなかったこととなる年度分の個人住民税に充当されていたものは,その配当時において当該差押えに係る地方税のうち他の年度分の個人住民税が存在する場合には,当該個人住民税に法定充当がされる
」。(下線:浅妻)
 実質的な考慮として、Yの主張の通りであると、Xが何も打つ手がないまま、延滞金が積み重なってしまうという、納税者にとって酷な事態となる。この点、X側は「衡平」(最判平成26年12月12日訟月61巻5号1073頁)に反する、と一審・控訴審で主張していた(恐らく上告理由でも?)が、最高裁は「衡平」という表現をわざと避けているように読める。
 最高裁は形式論理で推し進めているように一見読めるが、「滞納処分制度の上記目的に反する」という判示において、延滞税がペナルティの要素を含むことが考慮されているのか読み取りにくい(仮に最高裁の結論が納税者に不利な場合、すなわち還付加算金の率より延滞金の率の方が低い場合でも、最高裁の形式論理が当てはまるのか、分かりにくい)。
 私からは「画一的かつ最も公平,妥当な充当方法」の「公平」が、水平的公平か垂直的公平かはともかく、どういう比較を念頭に置いて用いられているのか、読み取りにくい、という意見を述べた。
 「法律上の原因を欠いて徴収されたものとなるのではなく」の部分が法定充当という結論を導いているという建付になっている(し、そこが一審・控訴審との論理の分かれ目である)けれども、本当にそう考えてよいのだろうか、という議論もなされた。


2021/11-32 Sand Investment, 157 T.C. No. 11米歳入庁職員の直近の上司
Sand Investment Co., LLC, et al. v. Commissioner, 157 T.C. No. 11 (2021.11.23) Docket No. 7307-19 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: Who Is An IRS Employee's Immediate Supervisor For §6751 Penalty Approval? (TaxProf Blog 2021.11.29) cf. Oakbrook Land Holdings, LLC v. Commissioner, 154 T.C. No. 10; 154 T.C. 180 (2020.5.12) Docket No. 5444-13


2021/11-31 米サウスダコタ州最高裁Thom v. Barnett, 2021 SD 65合法化マリファナ売上税違憲
Sheriff Kevin Thom, in his official capacity as Pennington County Sheriff, and Colonel Rick Miller, in his official capacity as superintendent of the South Dakota highway patrol, v. Steve Barnet, in his official capacity as the South Dakota secretary of state, and South Dakotans for better marijuana laws, Randolph Seiler, William Stocker, Charles Parkinson, and Melissa Mentele, 2021 S.D. 65 (2021.11.24), in the Supreme Court of the State of South Dakota #29546, #29547-a-SRJ


2021/11-30 スウェーデン欧SA. 56348国家補助審査Risk Tax非該当
SA.56348 Swedish tax on credit institutions | Daily News 2021.11.24 解説IBFD TNS 2021.11.25


2021/11-29 North Star Properties, 2021 Md App LEXIS 1008
North Star Properties LLC v. Nadel, 2021 Md. App. LEXIS 1008; 2021 WL 5410248, Court of Special Appeals of Maryland (No. 831, September Term, 2020) (2021.11.19 filed) 解説my Hodges, Maryland Court Denies Tax Relief for COVID-19-Delayed Foreclosure (taxnotes 2021.11.23)


2021/11-28 Oconee Landing Property, Dk. No. 11814-19
Oconee Landing Property, LLC et al v. Commissioner, Dk. No. 11814-19 (2021.11.8) 解説Keith Fogg, Depositions in Tax Court (Procedurally Taxing 2021.11.24)


2021/11-27 蘭最高裁ECLI:NL:PHR:2021:1004ガーンジー島基金への利子支払の控除否認
Hoge Raad der Nederlanden, Zaaknummer 21/01534, advocate general Wattel opinion, conclusie 2021.10.27, publicatie 2021.11.19, ECLI:NL:PHR:2021:1004 解説IBFD TNS 2021.11.23


2021/11-26 Andrew McNulty and Donna McNulty, 157 T.C. No. 10退職年金checkbook IRA
Andrew McNulty and Donna McNulty v. Commissioner, 157 T.C. No. 10 (2021.11.18) Docket No. 1377-19 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: How To Mess Up Your Checkbook IRA (TaxProf Blog 2021.11.22)


2021/11-25 印ボンベイ高裁2021.10.28非課税Abu Dhabi Investment Authority
Bombay High Court, 2021.10.28(未入手) 解説Ritu Shaktawat & Milind Hasrajani, Indian court extends tax exemption of Abu Dhabi Investment Authority to its Jersey trust (MNE Tax 2021.11.19)


2021/11-24 露仲裁裁判所A40-78613/21株式保有期間が組織再編によって中断されるか
Appellate Arbitration Court of Moscow Decision no. 09AП-62950/2021 in case no. A40-78613/21 (2021.11.9)(未入手) 解説IBFD TNS 2021.11.19


2021/11-23 Hanover Floral v. East Hanover Twp., 30 N.J. Tax 181固定資産税過大聴取額還付
Hanover Floral v. East Hanover Twp., 30 N.J. Tax 181 (2017.9.29) DOCKET NO.: 018815-2012 解説IBFD TNS 2021.11.18


2021/11-22 仏国務院454105外国子会社株式譲渡益に係る源泉徴収税の仏における外税控除拒絶は条約違反か
Conseil d'État, Nº 454105, ECLI:FR:CECHR:2021:454105.20211115, 2021.11.15 解説IBFD TNS 2021.11.18(BOI-IS-BASE-20-20-10-20, 180 & 190)


2021/11-21 West Virginia v. Treasury, 2021 US Dist LEXIS 220075反州減税禁止訴訟 州勝訴
State of West Virginia, et al v. US Department of Treasury, et al, 2021 U.S. Dist. LEXIS 220075; __ F.Supp.3d __; 2021 WL 5300944, US District Court for the Northern District of Alabama Case No. 7:21-cv-00465-LSC (2021.11.15) cf. Kentucky2021/09-43 解説IBFD TNS 2021.3.15; IBFD TNS 2021.8.31; IBFD TNS 2021.11.17; Lauren Loricchio, States' ARPA Suit Should Be Tossed, DOJ Argues (taxnotes 2021.9.1) | Lauren Loricchio, States Urge Court to Reverse Dismissal of Arizona's ARPA Suit (taxnotes 2021.9.3)


2021/11-20 米カリフォルニア州One Technologies, 21STCV21844売上単一要素配賦制度合憲
One Technologies LLC v. Franchise Tax Board, (Los Angeles County Superior Court Case No. 21STCV21844) (2021.11.10) (未入手) cf. Senate of State of Cal. v. Jones, 21 Cal.4th 1142 (1999.12.13, No. S083194) cf. California Constitution, Article II, Section 8(d) 解説IBFD TNS 2021.11.16


2021/11-19 独BFH III R 18/21児童手当誤受給後の異議申立手続き費用の負担
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.9.1, III R 18/21 (ECLI:DE:BFH:2021:U.010921.IIIR18.21.0) 解説BFH Pressemitteilung 2021.11.18 Nummer 042/21, Keine Kostenerstattung im Einspruchsverfahren wegen Hinterziehungszinsen


2021/11-18 Paul Puglisi, et. al. (4796-20 et al.)キャプティヴ保険
Paul Puglisi & Ann Marie Puglisi, et. al., v. Commissioner (4796-20, 4799-20, 4826-20, 13487-20, 13488-20, 13489-20) (Nov. 5, 2021) (Tax Court Accepts IRS Concessions in Captive Insurance Cases) cf. Avrahami, 149 T.C. No. 7 (2017.8.12)⇒2017/08-67 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: Not Every Decision Comes With An Opinion (TaxProf Blog 2021.11.15); Lesson From The Tax Court: The Hotel California Rule (TaxProf Blog 2018.11.12)


2021/11-17 Gillette, 62 Cal.4th 468カリフォルニア州が多州委員会の3要素でなく売上2倍配賦を採用できる
Gillette Company v. Franchise Tax Board, 62 Cal.4th 468; 363 P.3d 94; 196 Cal. Rptr. 3d 486 (2015.12.31) No. S206587; certiorari denied, 2016 U.S. LEXIS 6040; 137 S. Ct. 294; 196 L. Ed. 2d 238; 85 U.S.L.W. 3166; 2016 WL 3058637 (2016.10.11) 上告不受理FTB Notice 2016-03 (2016.11.1) Processing of Cases Raising the Compact Election Issue After the United States Supreme Court Denied the Petition for a Writ of Certiorari in The Gillette Company v. Franchise Tax Board


2021/11-16 Mainpay, [2021] UKUT 270病院への人材派遣はVAT非課税ではない
Mainpay Limited v. HMRC, [2021] UKUT 270 (TCC) (2021.11.1)


2021/11-15 独BFH II R 1/19 2016年11月の立法は2016年7月1日に遡及する
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.5.6, II R 1/19 (ECLI:DE:BFH:2021:U.060521.IIR1.19.0) 解説BFH Pressemitteilung 2021.11.11 Nummer 041/21, Keine Erbschaftsteuerpause beim Erwerb von Privatvermögen BVerfG 2014年12月17日判決(1 BvL 21/12)により当時の相続税法が違憲と判断されたが法改正するまで適用され続けるとも判断され2016年6月30日までに法改正することが要請された。本件相続日2016.9.28。法改正2016.11.4(BGBl I 2016, 2464)。2016.7.1に遡及適用されるか?


2021/11-14 Alan H. Ginsburg, 2021 US App LEXIS 32144 "supervisory approval" defense
Alan H. Ginsburg v. United States of America, 2021 U.S. App. LEXIS 32144, __ F.4th __; 2021 WL 4958468, US Court of Appeals for the Eleventh Circuit No. 19-11836, 2021.10.26 解説IBFD TNS 2021.11.9


2021/11-13 Pamela Cashaw, TC Memo 2021-123選択
Pamela Cashaw v. Commissioner, T.C. Memo. 2021-123 (2021.10.27) §6672 Trust Fund Recovery Penalty 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: A Hard Choice Is Still A Choice (TaxProf Blog 2021.11.8); Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: §6672 Trust Fund Recovery Penalty Is Really A Penalty ... Sort Of (TaxProf Blog 2020.1.27) cf. David J. Chadwick v. Commissioner, 154 T.C. 84 (154 T.C. No 5, 2020.1.20)


2021/11-12 西憲法裁判所2021.10.26地方税で不動産譲渡益を客観的に測定する課税標準算定方法は違憲
Spain: Tribunal Constitucional (Constitutional Court) sentencia (judgment) 2021.10.26 (publish 2021.11.3) case no. 4433-2020 cf. 憲法31条1項(担税力原則と没収禁止原則)cf. 判決対応法改正(2021.11.10施行) Royal Decree-Law 26/2021 解説IBFD TNS 2021.11.8; IBFD TNS 2021.11.10


2021/11-11 希1行政最高裁A1833/2021社会保障債務不服申立期間は20年間か10年間か
Greece: Supreme Administrative Court, decision no. A1833/2021 [1822/2021は誤記?] ECLI:EL:COS:2021:1105A1833.20E2664 (2021.11.5) 解説IBFD TNS 2021.11.8


2021/11-10 Cairn Energy遡及課税方撤回合意
解説Cairn and India to resolve long-running tax dispute (MNE Tax 2021.11.3)


2021/11-09 米カリフォルニア州租税不服審判所Sarafian Video 19075022アマゾンではなく小売業者の納税義務
In the Matter of Appeal of: Sarafian Video, Inc. (Office of tax appeals: state of California: OTA Case No. 19075022 | CDTFA Case ID 717975) 解説IBFD TNS 2021.11.4


2021/11-08 Evelyn Solomon, 2021 US Dist LEXIS 210602非故意FBAR違反
United States v. Evelyn Solomon, 2021 U.S. Dist. LEXIS 210602; 2021 WL 5001911, US District Court for the Southern District of Florida, West Palm Beach Division, Case No. 20-82236-CIV-CANNON/Reinhart, 2021.10.27 解説IBFD TNS 2021.11.4


2021/11-07 Aspro, T.C. Memo. 2021-8管理費用控除
Aspro v. Commissioner, T.C. Memo. 2021-8 (2021.1.21) Benjamin Alarie & Christopher Yan, Would Management Fees by Any Other Name Still Be Deductible?, 173 Tax Notes Fed. 499 (2021.10.25)


2021/11-06 Manitoba, 2021 FC 1115炭素税法案異議却下
Manitoba v. Canada (Attorney General), 2021 FC 1115 (2021.10.21) T-685-19 cf. Greenhouse Gas Pollution Pricing Act (S.C. 2018, c. 12, s. 186) 解説IBFD TNS 2021.11.3


2021/11-05 Laetitia Smet, 2021 US Dist LEXIS 209696仏ロッカー未亡人サモン拒絶否認
Laetitia Smet v. United States of America, 2021 U.S. Dist. LEXIS 209696, US District Court for the District of Arizona No. MC-20-00055-PHX-JJT, 29 October 2021) cf. United States v. Powell, 379 U.S. 48; 85 S. Ct. 248; 13 L. Ed. 2d 112 (1964.11.23 No. 54) 解説IBFD TNS 2021.11.2


2021/11-04 Joseph A. Insinga, 157 T.C. No. 8内部通報者死亡後の訴訟承継
Joseph A. Insinga v. Commissioner, 157 T.C. No. 8 (2021.10.27) 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: Whistleblower Died, But His Claim Survived (TaxProfBlog 2021.11.1)


2021/11-03 勃欧Viva Telekom Bulgaria (C-257/20)無利息貸付源泉徴収課税
Viva Telekom Bulgaria EOOD v. Direktor na Direktsia Obzhalvane i danachno-osiguritelna praktika - Sofia (C-257/20) Advocate general Athanasios Rantos opinion (2021.9.30) ECLI:EU:C:2021:779; Judgment () 解説IBFD TNS 2020.8.24; IBFD TNS 2021.11.1


2021/11-02 JET Farm東京地R2.2.19平28行ウ588役員退職金功績倍率8倍に対し平均功績倍率1.06倍超過部分は不相当に高額
第898回租税判例研究会 岸田貞夫2021年11月19日報告 株式会社ジェイイーティファーム・東京地判令和2年2月19日平成28(行ウ)588号棄却(JET FARM | Japan Ebetsu Tochigi)
 原告X社が平成25年12月期に元代表取締役に対して支給した退職給与の額が法人税法34条2項の「不相当に高額な部分の金額」に当たるか。退職慰労金(本件役員退職給与)の額、2億9920万円、最終月額報酬、110万円、勤続年数、34年、功績倍率、8倍。(功績倍率=退職給与額÷(最終月額報酬額×勤続年数))
 判旨 「被告は,本件役員退職給与のうち相当と認められる金額の算定方法として,平均功績倍率法を用いている。その算定要素のうち,まず,最終月額報酬額は,通常,当該退職役員の在任期間中における報酬の最高額を示すものであるとともに,当該退職役員の在任期間中における法人に対する功績の程度を最もよく反映しているものということができる。また,勤続年数は,法人税法施行令70条2号が規定する「当該役員のその内国法人の業務に従事した期間」に相当する。さらに,功績倍率は,これらの要素以外の役員退職給与の額に影響を及ぼす一切の事情を総合評価した係数であり,同業類似法人における功績倍率の平均値(平均功績倍率)を算定することにより,同業類似法人間に通常存在する諸要素の差異やその個々の特殊性が捨象され,より平準化された数値が得られるものということができる。このような各算定要素を用いて役員退職給与の相当額を算定しようとする平均功績倍率法は,その同業類似法人の抽出が合理的に行われる限り,法人税法34条2項及び法人税法施行令70条2号の趣旨に合致する合理的な方法というべきである。
 ……原告は,ある役員の役務の対価として相当と認められる金額は一定額に限られるものではないから,法人税法施行令70条2号に規定する「退職した役員に対する退職給与として相当であると認められる金額」とは,その性質上,相当と認められる金額のうち最高額を意味すると解すべきであり,本件においても,功績倍率の最高値又は勤続年数1年当たりの役員退職給与額の最高額を用いるべきである旨主張する。しかしながら,功績倍率の平均値(平均功績倍率)を算定することにより,同業類似法人間に通常存在する諸要素の差異やその個々の特殊性が捨象され,より平準化された数値が得られることは上記のとおりである一方,功績倍率の最高値や勤続年数1年当たりの役員退職給与額の最高額は,それらに係る法人の特殊性等に影響されるものであって,指標としての客観性が劣るといわざるを得ない。また,後記のとおり本件において合理的と認められる抽出基準により同業類似法人を抽出した結果,3法人という相当数の法人が抽出されている上,これらの法人の功績倍率には極端なばらつきがないのであって,本件において役員退職給与の相当額を算定するための指標として平均功績倍率を採用することが相当でないとか,最高功績倍率等がより適切であるとみるべき事情は見当たらない。したがって,原告の上記主張は採用できない。

 報告者は平均功績倍率法が不適切であると批判[最高功績倍率法が適切であるとは名言していなかったと思う]。比較対象法人の抽出についても売上が倍以上なので不適切。
 本件は8倍ですが何倍までならOKですか?⇒5倍くらいかねえ。
 私からの質問:功績倍率に着目することの是非はあれど、納税者は税務署が功績倍率に着目することを知っているので、この取締役の功績が高いので金銭的に報いるべきであると考えた会社は、退職前の数年前から徐々に月額報酬を上げておく等、対策を講じるということは、現場でないのであろうか?仮にあるとしたら、色々な企業が功績倍率を低めにするようにする結果として、再帰的に、比較対象企業の功績倍率も低下していく、というサイクルができるということが考えられそうであるが、如何か?⇒現場で月額報酬を上げようとしても平成18年改正前は難しいし改正後も簡単ではないから、そういう対策が広まっているとは思えない。[だからサイクルも生じていないであろう]
 「不相当に高額」を「著しく高額」と読み替えた上での報告になっていないか、という質問がフロアからあった。「相当に高額」(穏当に高額)をどの程度と見るか。
 会社の年間の利益が3億円弱で、退職金も3億斤弱というのは、やはり高すぎるのではないか、という質問がフロアからあった。
 当事者自治の原則とはいえ、「相当」の退職金は、客観的に決まる、という前提を法は採用しているのではないか、という質問がフロアからあった。⇒それはそう。
 この主の事例で比較対象法人の数が少ない(4〜7例程度。本件は3例)ことが気になるが、増やせないか(特に、地域性について、拘る意義が弱まりつつあるのではないか)、という質問がフロアからあった。⇒地域性については、そうですね。ただ、地域特有の産業もありますね。
 この取締役は〜〜という貢献をしたという個別事情を原告側が本件ではあまりしていないように見えるが、一般論として、そういう原告側の主張は尊重されるべきか、という質問がフロアからなされた。⇒尊重されるべきです。
 取締役の個別の貢献に着目した場合、功績倍率について主張するのか、月額報酬額について主張するのか、比較対象法人との違いを主張するのか?
 古田孝夫裁判官は東京地判平成29年10月13日税資267号順号13076で平均功績倍率×1.5倍で出して、控訴審で取り消されたので、古田裁判官は不貞腐れ気味に1.06倍で課税庁側主張を認めたのかもしれませんんね、というフロアからの指摘。まあ、それにしたって1.06倍はびっくりする位、低いよね。


2021/11-01 最判R2.6.26民集74-759国民健康保険税の相続人に対する通知と消滅時効の中断
第897回租税判例研究会 佐藤英明2021年11月5日報告 最二小判令和2年6月26日民集74巻4号759頁(平成29年法律第44号による改正前の民法147条の時効の「中断」について現在は「完成猶予」と「更新」に改正されている)
平成22年04月01日Xの父Aに対し国民健康保険税決定処分とその通知
平成23年01月26日Aに対し督促状(確実に時効中断効あり)(11月18日A死亡)
平成24年01月24日XがY(加須市長)に対し平成20〜21年度分を納付(「平成24年納付」……時効中断効なし)
平成24年10月25日YがXに対しAの納税義務をXが承継する旨の通知(「本件承継通知」……これの時効中断効の有無が主たる争点)
平成29年01月10日YがXの預金払戻請求権を差押え(「本件差押処分」)。13日配当(「本件配当処分」)

 一審 請求認容 時効中断事由が無かったと論じているが、本件承継通知の時効中断効について判示なし。(却下部分は本件差押処分の取消請求。控訴審でも却下。恐らく上告不受理……最高裁判決文より抜粋「他方,上告人のその余の請求に関する上告については,上告受理申立ての理由が上告受理の決定において排除された。」
 控訴審 控訴認容(原判決取消) 「[本件承継通知]は、地方税法13条に基づく納入告知に当たるものであり、同法18条の2により、確定的な時効中断効があり、前記告知により指定された納入期限である平成24年11月16日を経過した時から更に進行するものと認められる。」 (なお、Xの追加請求としての支払請求は、却下。「追加請求は、行政処分の取消訴訟に伴う義務付けの訴えと解されるところ、当該訴えは、取消訴訟の対象となる処分又は裁決が取り消されるべきものであり、又は無効若しくは不存在であるときに限り提起することができるものである(行政事件訴訟法37条の3第1項2号)。[改行] ……本件配当処分の取消しを求める部分は理由がないから棄却すべきところ、このような場合、行政処分の取消訴訟に伴う義務付けの訴えは不適法であるから、当審における追加請求に係る訴えは却下すべきである。」
 最高裁判旨 T「被相続人に対して既に納付又は納入の告知がされた地方団体の徴収金につき,納期限等を定めてその納付等を求める旨の相続人に対する通知は,これに係る地方税の徴収権について,地方税法18条の2第1項1号に基づく消滅時効の中断の効力を有しないというべきである。」
 U「本件差押処分がされた時点で,本件係争債権は時効により消滅していたというべきであり,本件配当処分のうち本件係争債権に係る部分は,租税債権が存在しないにもかかわらずされた違法な滞納処分として,取り消されるべきである。」
 V「[Xの追加請求]は,本件配当処分の一部に瑕疵があることを前提に,本件係争債権相当額の金員を過誤納金として還付することを求める給付の訴えと解することが相当であり,その適法性を否定すべき事情はうかがわれないから,適法な訴えであるというべきである。」


 Tについて、本件承継通知に時効中断効という強い効力を認めることは他とのバランスがとれないこと、相続人が被相続人の立場を承継すること、それら二つのロジックが繋がっている。私は、相続人が被相続人の立場を承継するとしてしまうと課税庁が納税者(相続人)に情報提供をすることに熱心になりにくく納税者の便宜に反してしまうが、他方で本件承継通知に強い効力を認めるわけにはいかない、ということで、incentive構造(課税庁が納税者に積極的に情報を提供していく)に照らして捻じれてしまう印象を受けるけれども、この捻じれは、時効制度に伴う仕方のないものなのか、と質問した。報告者は、その捻じれは、相続人が被相続人の立場を承継する、ということに由来すると考えている、と回答した。
 Uについて、本件配当処分を取り消さずに不当利得返還請求できるか。最高裁判例によればできる筈。最判昭和39年3月16日集民72号505頁(滞納処分による売得金の充当処分が形式的に争いえなくなつても、国に対し優先権を有する抵当権者は、国に対し不当利得の返還請求をすることを妨げられない。)。
 ただし、その後の下級審裁判例の中には、不当利得返還請求をするためには配当処分の取り消しを要する、とする判決が少なくない。
 Vについて、本判決は、不当利得返還請求を認めないと論じているつもりではないであろうから、配当処分の違法を争い金銭を請求するに当たり配当取消と不当利得返還請求と、二つのルートを残したものと読解せざるをえない。報告者はこれを「過剰な救済と評価する余地が残る」と述べた。フロアからは、「過剰」という評価の当否についても意見が戦わされた。


2021/10-48 独BFH I R 4/17関連会社間金利の移転価格税制:コストプラス法と独立価格比準法
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.5.18, I R 4/17 (ECLI:DE:BFH:2021:U.170521.IXR20.18.0) 解説BFH Pressemitteilung 2021.10.21 Nummer 038/21, Wie hoch darf der Zins für ein Konzerndarlehen sein?


2021/10-47 Tribune Media, TC Memo 2021-122シカゴカブス保有に関するdebtをequity扱い
Tribune Media Co. v. Commissioner, Docket Nos. 20940-16, 20941-16, T.C. Memo 2021-122 (2021.10.26) cf. Dixie Dairies Corp v. Commissioner, 74 T.C. 476 (1980.5.29) 解説IBFD TNS 2021.10.29


2021/10-46 丁欧SA.62065海運支援国家補助非該当
SA.62065 Prolongation of the Danish tax deduction scheme for seafarers (2021.10.26) 解説IBFD TNS 2021.10.29


2021/10-45 独BFH V B 25/21非営利と政治的活動:コロナ対策批判は非営利非適格
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2021.8.18, V B 25/21 (AdV) (ECLI:DE:BFH:2021:BA.180821.VB25.21.0) 解説BFH Pressemitteilung 2021.10.28 Nummer 040/21, Kritik an Corona-Maßnahmen: Gemeinnützigkeit und politische Betätigung; Stephan Radomsky, Verschwörungsmythen sind nicht gemeinnützig (Süddeutsche Zeitung 2021.10.28)


2021/10-44 独BFH
Bundesfinanzhof Urteil vom __, __ (__) 解説BFH Pressemitteilung 2021.10.28 Nummer 039/21未, __


2021/10-43 伊欧SA.100005国家補助非該当:女性雇用支援
SA.100005未入手 (2021.10.28) 解説IBFD TNS 2021.10.28; State aid: Commission approves €96.9 million Italian scheme to support companies hiring female workers in the context of the coronavirus outbreak | EU Commission Press (2021.10.28)
 追記European Commission announcement 2021.11.10


2021/10-42 Colestock v. Commissioner (102 T.C. 380)
Colestock v. Commissioner (102 T.C. 380) (1994.3.1) cf. Memorandum 202142009 (2021.10.22) Statute of Limitations on Assessment under Section 6501(e) and Claims for Credit or Refund under Section 6511


2021/10-41 Blue Bell Creameries, 333 S.W.3d 59テネシー州税配賦要素
Blue Bell Creameries, LP v. RichardRoberts, commissioner, department of revenue, state of Tennessee, 333 S.W.3d 59 (Tennessee Supreme Court 2011.2.24)Appeal of Fibreboard Corporation, 87-SBE-002, 1987.1.6


2021/10-40 白破毀院F.20.0056.N 白韓租税条約みなし外税控除subject to tax要件不要
ベルギー最高裁(破毀院?)Hof van Cassatie van België/Cour de Cassation F.20.0056.N (2021.6.4) 解説IBFD TNS 2021.10.26


2021/10-39 Lorie B. Sharpe, 2021 US Dist LEXIS 186390還付請求
United States v. Lorie B. Sharpe, 2021 U.S. Dist. LEXIS 186390; 2021 WL 4453623, United States District Court, E.D. Pennsylvania, Civil Action No. 2:20-cv-02490 (2021.9.29) 解説Keith Fogg, Taxpayer Fails in Effort to Dismiss Erroneous Refund Suit (Procedurally Taxing 2021.10.25)


2021/10-38 米イリノイ最高裁Guns Save Life, Inc. v. Zahra Ali, 2021 IL 126014銃税は州憲法違反
Guns Save Life, Inc. v. Zahra Ali, 2021 IL 126014 (supreme court of the state of illinois, 2021.10.21) 解説IBFD TNS 2021.10.25


2021/10-37 Anthony Uvari, 2021 US Dist LEXIS 200747期間制限放棄政府署名不要
United States v. Anthony Uvari, 2021 U.S. Dist. LEXIS 200747: 2021 WL 4818635, US District Court for the District of Nevada No. 2:18-cr-00253-APG-NJK (2021.10.5) 解説IBFD TNS 2021.10.25


2021/10-36 独BFH IX R 20/18 & IX R 21/18スポーツ賭博課税EU法適合性
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.5.17, IX R 20/18 (ECLI:DE:BFH:2021:U.170521.IXR20.18.0) und IX R 21/18 (ECLI:DE:BFH:2021:U.170521.IXR21.18.0) 解説BFH Pressemitteilung 2021.10.21 Nummer 037/21, Besteuerung von Sportwetten mit Verfassungs- und Europarecht vereinbar


2021/10-35 仏欧Schneider Electric (C-556/20)予納税と配当再分配税額控除は親子会社指令に違反しない
Schneider Electric and Others (C-556/20) Conseil d'Étatから回付2020.10.23; Advocate General Juliane Kokott opinion (2021.10.14); Judgment () 解説IBFD TNS 2021.10.21


2021/10-34 白憲法裁判所143/21財政再建報告書懈怠行政罰延期拒絶は違憲
ベルギー憲法院Cour Constitutionelle/Grondwettelijk Hof, Arrest nr. 143/21 (2021.10.14) 解説IBFD TNS 2021.10.20


2021/10-33 Online Merchants Guild v. Nicolas Maduros, 2021 US Dist LEXIS 198069州外販売業者課税
Online Merchants Guild v. Nicolas Maduros, 2021 U.S. Dist. LEXIS 198069, US District Court for the Eastern District of California, Case No. 2:20-cv-01952-MCE-DB 2021.10.13


2021/10-32 CITGO Petroleum, 2021 Tex App LEXIS 8332所得配賦
CITGO Petroleum Corporation v. Glenn Hegar, Comptroller of Public Accounts of The State of Texas; and Ken Paxton, Attorney General of The State of Texas, 2021 Tex. App. LEXIS 8332, Texas Court of Appeals, No. 03-21-00011-CV (2021.10.14) 解説IBFD TNS 2021.10.18


2021/10-31 パナマ最高裁と租税裁判所:石油自由特区登録会社移転価格文書申告義務
Corte Suprema de Justicia de Panama 2021.9.22判決(未入手) & Tribunal Administrativo Tributario, resolucion TAT-RF-057(未入手) press release Corte Suprema de Justicia ratifica multa de Precios de Transferencia a multinacional (2021.10.11) 解説IBFD TNS 2021.10.18


2021/10-30 Canadian Pacific Railway, 2021 FC 1014非課税を認めない
Canadian Pacific Railway Company v. Canada, 2021 FC 1014, 2021.9.29, T-1359-07 cf. Kingstreet Investments Ltd v. New Brunswick (Finance), 2007 SCC 1; [2007] 1 SCR 3, 2007.1.11 解説IBFD TNS 2021.10.18


2021/10-29 伊欧コロナ被害企業支援国家補助非該当
SA.62668未入手 (2021.10.15) 解説IBFD TNS 2021.10.18


2021/10-28 Timberly E. Hughes, 2021 U.S. Dist. LEXIS 197522故意FBAR違反
United States of America v. Timberly E. Hughes, 2021 U.S. Dist. LEXIS 197522, US District Court for the Northern District of California Case No. 18-cv-05931-JCS (2021.10.13) 解説IBFD TNS 2021.10.15


2021/10-27 Oracle, 2021 Ore. Tax LEXIS 46 Subpart F所得の配賦のやり直し
Oracle Corporation and Subsidiaries v. Department of Revenue, State of Oregon, 2021 Ore. Tax LEXIS 46, Oregon Tax Court, TC 5340 (2021.10.6 order on partial summary judgment (on reconsideration)) 解説IBFD TNS 2021.10.15; Andrea Muse, Oregon Court Reconsiders Order in Oracle Apportionment Suit未2021.10.14


2021/10-26 4,432 Mastercases of Cigarettes, 448 F.3d 1168ハワイ州の使用税
United States v. 4,432 Mastercases of Cigarettes, 448 F.3d 1168 (9th Cir. 2006.6.2)


2021/10-25 米ネバダ州最高裁Morency, 2021 Nev. LEXIS 61教育寄附に係る賃金税税額控除上限
Morency v. State, Dep't of Education, 2021 Nev. LEXIS 61; 137 Nev. Adv. Rep. 63 (Nevada Supreme Court, No. 81281, 2021.10.7 filed) 解説IBFD TNS 2021.10.14 cf. (Nevada憲法article 4, section 18(2)) (AB 458)


2021/10-24 Bank of America v. US, 680 F.2d 142
Bank of America v. US, 680 F.2d 142; 230 Ct. Cl. 679 (Ct. Cl. 1982.6.2)


2021/10-23 独BFH VIII R 9/19スピンオフに伴うキャピタルゲイン課税の有無
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.7.1, VIII R 9/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.010721.VIIIR9.19.0解説BFH Pressemitteilung vom 2021.10.14, Nummer 036/21, Aktienzuteilung im Rahmen eines US-amerikanischen "Spin-Off" kein steuerpflichtiger Kapitalertrag


2021/10-22 独BFH II R 24/19贈与税:受贈者が相続人等に返還請求回避のために支払った額の控除
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.5.6, II R 24/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.060521.IIR24.19.0解説BFH Pressemitteilung vom 2021.10.14, Nummer 035/21, Abziehbarkeit von Zahlungen an beeinträchtigte Nach- bzw. Vertragserben


2021/10-21 芬欧A SCPI (C-342/20)資本移動の自由:源泉徴収税非課税透明投資基金に限定
A SCPI (C-342/20) Advocate general Henrik Saugmandsgaard Øe opinion (2021.10.6) ECLI:EU:C:2021:823; Judgment () 解説IBFD TNS 2018.12.14; IBFD TNS 2020.10.12; IBFD TNS 2021.10.13


2021/10-20 In re Walmart Stores, Inc., No 122162米カンザス州財産税評価
In re Walmart Stores, Inc., No 122162 (Kan. Ct. Appl. 2021) cf. In re Prieb Properties, L.L.C., 275 P.3d 56 (Kan. App. 2012)


2021/10-19 Council for Better Education v. Johnson, No. 21-CI-00461民間学校税額控除
Council for Better Education, Inc., et al v. Johnson, et al, Civil Action No. 21-CI-00461 (2021.10.8) cf. Rose v. Council for Better Education, 790 S.W.2d 185 (Ky. 1989)


2021/10-18 西欧Sigma Alimentos Exterior v. Commission (Case C-50/19 P)等:のれん償却国家補助認定
Sigma Alimentos Exterior v. Commission (Case C-50/19 P); World Duty Free Group v. Commission and Spain v. Commission (joined Cases C-51/19 P and C-64/19 P); Banco Santander v. Commission (Case C-52/19 P); Banco Santander and Santusa v. Commission and Spain v. Commission (joined Cases C-53/19 P and C-65/19 P); Axa Mediterranean v. Commission (case C-54/19 P); Prosegur Compañía de Seguridad v. Commission (case C-55/19 P) 解説IBFD TNS 2021.10.11


2021/10-17 Taryn L. Dodd, TC Memo 2021-118組合員は受領の有無に関わらず配当可能所得に課税される
Taryn L. Dodd v. Commissioner, Docket No. 7316-17L, T.C. Memo 2021-118 (2021.10.5) 解説IBFD TNS 2021.10.11


2021/10-16 Vitale v. Commissioner, T.C. Memo. 1999-131
Vitale v. Commissioner, T.C. Memo. 1999-131 | Hess v. Commissioner, T.C. Summary Opinion 1994-79 | Hynes v. Commissioner, 74 T.C. 1266 (1980) | Bryan Camp, Classic Lesson From The Tax Court: Sex And Deductions (taxpfog blog 2021.10.11)


2021/10-15 独欧Finanzamt V (C-394/20)不動産相続:制限納税義務無制限納税義務で異なる控除と資本移動の自由
XY v. Finanzamt V (C-394/20) Advocate General Jean Richard de la Tour opinion (2021.9.16) ECLI:EU:C:2021:749; Judgment (2021.12.21) cf. Welte (C-181/12) 解説IBFD TNS 2020.11.9; IBFD TNS 2021.10.6


2021/10-14 Odette (Estate), 2021 TCC 65株式寄附慈善税額控除否認
Odette (Estate) v. The Queen, 2021 TCC 65 (2021.9.28)


2021/10-13 New York v. Yellen, 2021 US App LEXIS 29862州地方税控除上限合憲
New York v. Yellen, 2021 U.S. App. LEXIS 29862; __ F.4th __, 2nd Circuit, docket No. 19-3962-cv (2021.10.5) (STATE OF NEW YORK, STATE OF CONNECTICUT, STATE OF MARYLAND, STATE OF NEW JERSEY, Plaintiffs-Appellants, v. JANET YELLEN, IN HER OFFICIAL CAPACITY AS SECRETARY OF THE UNITED STATES DEPARTMENT OF TREASURY, UNITED STATES DEPARTMENT OF TREASURY, CHARLES P. RETTIG, IN HIS OFFICIAL CAPACITY AS COMMISSIONER OF THE UNITED STATES INTERNAL REVENUE SERVICE, UNITED STATES INTERNAL REVENUE SERVICE, AND UNITED STATES OF AMERICA, Defendants-Appellees) cf. 26 U.S.C. § 164(b)(6): SALT cap (state and local tax cap); Article I, Section 8 and the Tenth Amendment of the Constitution 解説IBFD TNS 2021.10.7; Andrea Muse, Second Circuit Holds That SALT Deduction Cap Is Constitutional


2021/10-12 米連邦最高裁Healthcare Distribution, 20-1611上告不受理opioid tax(合成麻薬税)
Healthcare Distribution, et al., v. James, Att'y Gen. of NY, et. al., Supreme Court, Case No. 20-1611 (certiorari denied 2021.10.4) 解説IBFD TNS 2021.10.6


2021/10-11 リトアニア欧UB v Kauno teritorinė muitinė (C-489/20)関税不適用品へVAT&物品税賦課
UB v. Kauno teritorinė muitinė (C-489/20) Advocate General Evgeni Tanchev opinion (2021.10.6); Judgment () 解説IBFD TNS 2020.12.14; IBFD TNS 2021.10.6; IBFD TNS 2021.10.12


2021/10-10 独欧I GmbH v Finanzamt H (C-228/20)民間病院のVAT指令2006/112 132(1)(b)該当要件
I GmbH v Finanzamt H (C-228/20) Advocate General Gerard Hogan opinion (2021.9.23); Judgment () 解説IBFD TNS 2020.8.17; IBFD TNS 2021.10.6


2021/10-09 City of Ashdown v. Netflix, 2021 US Dist LEXIS 187663ストリーミング税アウト
City of Ashdown v. Netflix, Inc., 2021 U.S. Dist. LEXIS 187663, US District Court for the Western District of Arkansas Case No. 4:20-cv-4113 (2021.9.30); City of New Boston v. Netflix, Inc., US District Court for the Eastern District of Texas (2021.9.30)未入手 cf. カリフォルニア州⇒2021/09-44 解説IBFD TNS 2021.10.5


2021/10-08 米ワシントン州最高裁Washington Bankers Association, 2021 Wash LEXIS 519大銀行税合憲
Washington Bankers Association, et. al. v. State of Washington, et. al., 2021 Wash. LEXIS 519, Washington Supreme Court No. 98760-2 (2021.9.30) cf. Pike v. Bruce Church, Inc., 397 U.S. 137 (1970) 解説IBFD TNS 2021.10.1


2021/10-07 米ワシントン州控訴審Sifferman, 2021 Wash App LEXIS 2343 Native American土地賃貸不動産移転税
Philip Edward Sifferman, et al. v. Chelan County, et al., 2021 Wash. App. LEXIS 2343; 2021 WL 4436230, Washington Court of Appeals, docket number: 54514-4-II (2021.9.28) 解説IBFD TNS 2021.10.1


2021/10-06 伊最高裁24874(2021.9.15)伊仏租税条約10条と親子会社指令:仏→伊配当のavoir fiscalと受取配当益金不算入
イタリア最高裁(破毀院?Cassazione?)判決番号24874 (2021.9.15)(未入手) 参照:伊→英配当事例20646 (2021.7.20)(未入手) 解説maisto e-mail 2021.10.1


2021/10-05 Stanford v Atlanta, 2021 Ga App LEXIS 465固形ごみ料が役務費超過
Stanford v. City of Atlanta, 2021 Ga. App. LEXIS 465, Court of Appeals of Georgia, A21A1004, 2021.9.27 cf. Holman et al. v. Glen Abbey Homeowners Association, Inc., 356 Ga. App. 379; 847 S.E.2d 1 (2020.7.28) A20A0895 解説IBFD TNS 2021.9.30


2021/10-04 Indians of Wisconsin v Evers, 7th Cir. 21-1817インディアン種族財産税免除資格
Lac Courte Oreilles Band of Lake Superior Chippewa Indians of Wisconsin, et al., v. Tony Evers, et.al., 7th Circuit, Case 21-1817 (係属中); Montana v. United States, 450 U.S. 544 (1981); Brendale v. Confederated Yakima Indian Nation, 492 U.S. 408 (1989); Cass County v. Leech Lake Band of Chippewa Indians, 524 U.S. 103 (1998); City of Sherrill v. Oneida Indian Nation of N.Y., 544 U.S. 197 (2005) 解説IBFD TNS 2021.9.30


2021/10-03 ウクライナ最高裁280/5134/19事業目的が認定されない場合の費用控除否認
Ukraine Supreme Court decision in case no. 280/5134/19 (2021.8.2)未入手(https://reyestr.court.gov.ua/Review/98710865が繋がらない) 解説IBFD TNS 2021.9.30


2021/10-02 レノ東京地判R2.9.3判時2473-18居住者から借入れをし後に貸主が非居住者となった場合の過小資本税制
第896回租税判例研究会 駒宮史博2021年10月15日報告 株式会社レノ事件・東京地判令和2年9月3日判時2473号18頁平成30(行ウ)171号棄却(評釈対象外だが東京高判令和3年7月7日令和2(行コ)195号も棄却)。内国法人が居住者から借入れをし、後に貸主が非居住者となった場合でも、租税特別措置法66条の5過小資本税制は適用されるとした事例。租税特別措置法施行令39条の13第11(現12)項3号ロ「非居住者等からの借入れ」という文言であっても、利子支払時の負債を含む。
 判旨 「ア 措置法66条の5第4項1号は,非居住者等が内国法人の「国外支配株主等」に該当するための要件として,非居住者等と内国法人との間に同号所定の関係その他の政令で定める特殊の関係があることを定めているところ,これを受けた措置法施行令39条の13第11項3号は,上記「特殊の関係」の一つとして,内国法人と非居住者等との間に同号イからハまでに掲げる事実その他これに類する事実が存在することにより,当該非居住者等が当該内国法人の事業の方針の全部又は一部につき実質的に決定できる関係(事業方針決定関係)があることを定め,同号ロは「当該内国法人がその事業活動に必要とされる資金の相当部分を当該非居住者等からの借入れにより,又は当該非居住者等の保証を受けて調達していること」と定めている(関係法令(2)イ)。」
 「原告は,本件借入れが実行された時点においてP4は非居住者ではなかったから,本件借入れは「非居住者等からの借入れ」に当たらない旨主張する。
 しかし,借入れ(貸付け)の実行時とは,貸主と借主との消費貸借関係という継続的な契約関係の始点であり,その関係は借入金が完済されるまで存続し,借入れの利子も,かかる消費貸借関係が存続する間,継続的に発生するものである。そして,過少資本税制について定める措置法66条の5は,内国法人が非居住者である国外支配株主等から過大な貸付けを受けることによる租税回避を防止する趣旨で,国外支配株主等に対する支払利子の一部について損金算入を認めない旨を定めている(関係法令(2)ア)ところ,貸付け後に貸主が住所地を日本国外に移転した場合(本件借入れにおいては,最後の貸付けがされたのと同じ平成23年7月4日に,P4の住所地がシンガポールに移転されている。)に同条の規定が適用されないこととなれば,上記趣旨が容易に潜脱されることとなってしまう。これらに加え,措置法施行令39条の13第11項3号ロの文言上も,貸主が貸付けの実行時において非居住者である場合に限定する旨の定めはないことや,国外支配株主等に対する支払利子について損金算入を認められない場合の一つとして同号ロが定められていることにも鑑みれば,損金算入が認められるか否かが問題とされている支払利子との関係で,「当該内国法人がその事業活動に必要とされる資金の相当部分を当該非居住者等からの借入れにより調達している」と認められれば足り,貸付けの実行時において貸主が非居住者であることを要しないものと解するのが相当である。」

 私は「借入れ」が利子支払いという履行を含むと判決は解釈しているが、よろしいか、と質問した。よろしい、という答えだった。
 私は、租税負担軽減の動機が無さそうな場面(貸主が外国に徴兵されたとか。或いは貸主から非居住者に債権譲渡が適正額でなされて日本全体ではbase erosionがないと考えられるかもしれない[私は適正額でもbase erosionはありうると考えているが]場合)でも適用されるのか、と質問した。恐らく現場の職員は租特66条の5を適用しようとしないのではないか、という答えだった。これに対し、フロアから、要件を満たしていれば適用される筈では?という意見が出た。
 私は租税特別措置法施行令39条の13第11(現12)項3号柱書「に掲げる事実その他これに類する事実が存在することにより、当該非居住者等が当該内国法人の事業の方針の全部又は一部につき実質的に決定できる関係」の解釈について、イロハが満たされるなら直ちに事業方針決定関係が肯定される(←国側はこのように主張している)という訳ではないという前提を判決は採用していないが、事業方針決定関係を審査する必要があるのか、と質問した。必要がある、という答えだった。但し資金調達関係を決定できる関係、ということを強調した。
 「借入れ」が利子支払いを含むことについては、法律が「負債」という文言を用いていたこともあって、法律の趣旨も加味して、解釈されたのでは、という議論もなされた。
 移転価格税制における特殊関係についても本件のイロハと同様の要件が並べられているが順番が異なるところ、なぜコピペせず順番を変えたのだろうか?という質問がフロアからなされた。イロハのどれから審査すべきかというpriorityがないので順番に意味はない、という答えだった。


2021/10-01 東京地判R2.8.6平31行ウ101解決金が株式売買代金減額調整ではなく損害賠償金であると認定された例
第895回租税判例研究会 谷口智紀2021年10月1日報告 東京地判令和2年8月6日平成31(行ウ)101号請求棄却(東京高判令和3年3月11日(未入手)控訴棄却らしい)。
 X社(原告)がB社(対象会社)の株式を公開買付で購入した。X社はE氏からB株を購入し8億7885万円を支払った。その後、X社はB社を完全子会社化した。しかし、B社の過年度の財務諸表等に不適切な会計処理があることが判明した。X社(B社と一体として「本件別訴Xら」と呼ぶ)は、B社の取締役であったE氏及びF氏&G氏に損害賠償請求した(本件別訴)。XらとEらとの間の和解調書では、B株取得対価の減額として「本件解決金」をBらがXらに1億4000万円を支払った(B氏1億2000万円、F氏1000万円、G氏1000万円)。X社は、本件解決金がB株取得対価の減額であることを前提として、本件解決金を一旦益金計上し、「子会社株式評価損認容」として損金算入した。課税庁は、本件解決金は損害賠償金であるという前提で、本件解決金の損金算入は認められない、と主張した。
 判旨 「裁判上の和解により当事者の一方が相手方に対して負担した給付義務の内容は,和解調書の文言の解釈によって定まるところ,その文言の解釈に当たっては,一般の法律解釈と同様に,文言とともにその解釈に資するべき他の事情も参酌して当事者の真意を探求し,その権利義務の法的性質を判断する必要がある(大審院昭和8年(ク)第1444号同年11月24日決定・大審院裁判例7巻民事267頁,最高裁昭和29年(オ)第62号同31年3月30日第二小法廷判決・民集10巻3号242頁参照)。」
 「本件和解調書の記載は,本件解決金の法的性質が損害賠償金であることと整合的である一方,本件D氏所有株式の売買代金の減額分の支払であることと整合しない部分があるといわざるを得ない。また,本件和解の経緯に係る事情をみても,本件和解条項の第2項について,第4回和解期日において原告ら案の趣旨が課税上の理由であるとの説明がされたこと等を考慮しても,これを根拠に本件D氏所有株式の売買代金の減額分の支払として本件解決金を支払う旨の合意があったものということはできず,かえって,本件解決金の法的性質を損害賠償金とみることと整合する事情もうかがわれる。そうすると,D氏らは,本件和解において,原告が取得した対象会社の株式の対価が過大であったことを理由とする損害賠償金として本件解決金を支払い,原告はこれを受領したものと認めるのが相当である。」

 報告者は、判旨賛成と述べた。その割には、和解について文言通りの解釈を強調する最判昭和44年7月10日民集23巻8号1450頁ではなく、本判決が、和解の文言に拘泥しない最判昭和31年3月30日民集10巻3号242頁を引用していることについて、疑問を呈している。[報告者は本当に判旨賛成なのだろうか?]
 本件の和解で、課税上の考慮から、損害賠償金ではなくB株取得対価の減額であるという和解調書が作成された。和解の解釈については、和解の文言に拘泥しない過去の判例から和解の文言に拘泥するようになる最近(といっても昭和44年)の判例の流れを紹介した。
 私は報告者に二つの質問をした。(1)X説を前提とすると本件解決金受領時に取得原価を減額するので将来B株譲渡時に株式譲渡益がその分大きくなる一方、Y(国)説を前提とすると本件解決金受領時に取得原価が減額されない代わりに将来B株譲渡時に株式譲渡益がその分小さくなるので、XとYの対立の経済的な実体はタイミングの問題にすぎない、と考えてよいか?(2)仮に(1)についてyesであるとして、しかし、8億7885万円という額は不当に高い額であるとすると、法人税法は適正な対価しか取得原価への算入を認めない筈だから、Y説を前提とするとタイミングの問題というにとどまらずXが将来B株を譲渡した際にX説が前提とする取得原価と同額の取得原価しか控除できない、という問題が起きるか?
 報告者の答え:(1)yes。タイミングの問題にすぎない。(2)no。本件は通常の高額譲受の事案と異なり、公開買付であるので、Y説を8億7885万円を取得原価に算入できる。もしも相対取引であったならば適正対価を超える部分の額の取得原価算入ができないという事態もあるかもしれないけれども。
 (2)に関して。最近の裁判所は法人税法に関して商法上不可能な取引も要請することがある(日産事件・東京高判平成26年6月12日訟月61巻2号394頁が念頭にあった)。だから(2)の質問をした。公開買付だから(2)の心配はないという報告者の回答は真っ当であると私は感じる。しかし日産事件に照らして一抹の不安が残る。  なお、判旨のうち「かえって,本件解決金の法的性質を損害賠償金とみることと整合する事情もうかがわれる。」の部分は筆が滑った(「売買代金の減額分の支払として本件解決金を支払う旨の合意があったものということはでき」ない、という記述で終わらせるべきであった)と私は思う。税を減らす目的の契約は有効であり否認できないのだから(相互売買事件・東京高判平成11年6月21日判時1685号33頁)。
 追記(2021.10.2):和解調書の第2項の文言は「原告エムスリーによる原告メビックスの株式の取得対価が過大であったことを理由とするものであることを確認する」であり、「対価が過大」であることを確認するにとどまり、返金であることまでを明記しておらず、「過大」が損害賠償という性質決定と必ずしも排他的とまでは言い切れない、という指摘を受けた。この指摘は正当であると考える。そこで、「判旨のうち〜〜の部分は筆が滑った〜〜と私は思う」の部分が私の筆の誤りであることを認め、「判旨のうち〜〜の部分は、税軽減動機が税を増やす契約(本件では和解)の真意の認定の補強材料にならないという前提でも読解可能である〜〜と私は思う」に訂正する。「税を減らす目的の契約は有効であり否認できない」部分が私の筆の誤りである(本件とは関連性が低い)ことを認め、「税を減らす動機は契約(和解)の当事者の真意が税軽減と神話的である方向への補強材料(但し補強材料にとどまるので、それでも真意は返金ではないという認定の余地は残るし、真意は返金であったという認定ができるとしても契約解釈として返金ではないという認定の余地は残る)となりこそすれ、税軽減と非親和的な方向への補強材料とはならない(フィルムリース事件(パラツィーナ事件)・大阪高判平成12年1月18日民集60巻1号307頁が映画購入を否定したことに対し税軽減目的は映画購入の真意を補強する筈であるとの批判が沸き起こったことを想起)」に訂正する。


2021/09-48 独BFH IV R 20/18基金運用参加の損害賠償額の課税所得算入の要否
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.3.17, IV R 20/18, ECLI:DE:BFH:2021:U.170321.IVR20.18.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.9.30 Nummer 034/21 Schadensersatz wegen Prospekthaftung bei Beteiligung an gewerblich tätiger Fonds-KG steuerpflichtig


2021/09-47 米ミズーリ州税委員会Bethel Area Housing v Rinehart低所得老人障害者住宅財産税免除可否
Bethel Area Housing Inc., and Bethel Area Housing South v. Cathey Rinehart, Assessor, Clay County, Missouri State Tax Commission held on 2021.9.24 (Appeal No. 18-32001 and 18-32002) 解説IBFD TNS 2021.9.29


2021/09-46 IRS v Starling, 2021 US Dist LEXIS 177567破産裁判所課税免除判断を地裁が覆す
Internal Revenue Serv. v. Starling (In re Starling), 2021 U.S. Dist. LEXIS 177567, 20-CV-7478 (CS) (S.D.N.Y. 2021.9.16); In re Bryan Starling, 617 B.R. 208; 125 AFTR2d 2020-2587 (Bankr. S.D.N.Y 2020) 解説Keith Fogg, District Court Reverses Outlying Bankruptcy Court Decision Regarding Discharge of Taxes Following SFR Assessment (Procedurally Taxing 2021.9.27); Keith Fogg, Discharge of Late Filed Return Takes a Turn in Taxpayer's Favor ? Has the Objective Test of Colson Migrated Out of the 8th Circuit? (Procedurally Taxing 2020.7.14)


2021/09-45 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1352外国税額控除否認ディスクジョッキー
Hoge Raad der Nederlanden, Datum uitspraak 24-09-2021, Zaaknummer 20/01875, ECLI:NL:HR:2021:1352, In cassatie op ECLI:NL:GHARL:2020:4220


2021/09-44 City of Lancaster v. Netflix et al., 2021 Cal Super LEXIS 7497配信業者勝訴
City of Lancaster v. Netflix et al., 2021 Cal. Super. LEXIS 7497 (Los Angeles County Superior Court, Case No. 21STCV01881, decision 2021.9.20)未入手 cf. アーカンサス州⇒2021/10-09 解説IBFD TNS 2021.9.27 Digital Infrastructure and Video Competition Act of 2006


2021/09-43 Kentucky v. Yellen, 2021 US Dist LEXIS 183134反州減税禁止訴訟でケンタッキー州テネシー州勝訴
Commonwealth of Kentucky and State of Tennessee, v. Janet Yellen, et al., 2021 U.S. Dist. LEXIS 183134, US District Court Eastern District of Kentucky, Civil No. 3:21-cv-00017-GFVT-EBA (2021.9.24) 解説Lauren Loricchio, Kentucky, Tennessee Urge Court Not to Dismiss Their ARPA Challenge 2021.8.13; Lauren Loricchio, Feds Urge Court to Dismiss 13 States' ARPA Challenge 2021.8.17; Lauren Loricchio, Judge Rules in Favor of Kentucky and Tennessee in ARPA Challenge (taxnotes 2021.9.27); Jared Walczak, Federal Judge Rules Against ARPA's Tax Mandate (tax foundation 2021.9.27)


2021/09-42 モルドバ憲法裁判所2021.9.14判決番号27法律で地方税率上限設定することは許されない
Moldova constitutional court decision no. 27 (2021.9.14)未入手 解説IBFD TNS 2021.9.24


2021/09-41 Lorillard Tobacco税還付訴訟、違憲的命令
unpublished opinion, Lorillard Tobacco Company v. Director, Division of Taxation, Superior Court of New Jersey, Docket No. A-3444-18 A-0002-19 (decided 2021.9.21) 解説IBFD TNS 2021.9.23


2021/09-40 独欧Grundstücksgemeinschaft Kollaustraße 136 (C-9/20)支払時主義v供給時主義
Grundstücksgemeinschaft Kollaustraße 136 v Finanzamt Hamburg-Oberalster (C-9/20) Advocate General Evgeni Tanchev opinion (2021.9.9); Judgment () 解説IBFD TNS 2020.4.28; IBFD TNS 2021.9.23


2021/09-39 独欧I GmbH v Finanzamt H (C-228/20)付加価値税資礼132条(1)(b)にいう社会保険拠出
I GmbH v Finanzamt H (C-228/20) Advocate General Gerard Hogan opinion (2021.9.23); Judgment () 解説IBFD TNS 2021.9.23


2021/09-38 独BFH III R 40/19児童手当目的の高等教育の開始時期と終了時期
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.7.7, III R 40/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.070721.IIIR40.19.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.9.23 Nummer 033/21, Zeitpunkt des Beginns und der Beendigung eines Hochschulstudiums für Zwecke des Kindergelds


2021/09-37 Paletta International Corporation, 2021 FCA 182映画投資sham認定
Paletta International Corporation v. Canada, 2021 FCA 182 (2021.9.16)


2021/09-36 Kevin Kalkhoven, 2021 US Dist LEXIS 160167危険評価
Kevin Kalkhoven v. United States, 2021 U.S. Dist. LEXIS 160167; 2021 WL 3779863, United States District Court, Eastern District of California, No. 2:21-cv-01440 (E.D. Cal. Aug. 24, 2021); 2021 U.S. Dist. LEXIS 175844 (2021.9.15)解説Keith Fogg, Jeopardy Assessments (Procedurally Taxing 2021.9.22)


2021/09-35 Rubinas v. Maduros, 2021 US Dist LEXIS 176745アマゾン販売者カリフォルニア銀行口座税
Isabel Rubinas and IJR Corp. v. Nicolas Maduros, 2021 U.S. Dist. LEXIS 176745, US District Court for the Northern District of Illinois Case: 1:21-cv-00096 (2021.9.16) 解説IBFD TNS 2021.9.22


2021/09-34 CAE Inc. (2021 CCI 57)政府拠出研究開発費控除否認
CAE Inc. v. Sa Majesté la Reine (The Queen), (2021 CCI 57) (2021.9.14) (2016-4984(IT)G) (CCI: cour canadienne de l'impôt) 解説IBF TNS 2021.9.21


2021/09-33 ケニア高裁Machakos Constitutional Petition No. E.005 of 2021総収入×1%の最低税は違憲
In The High Court of Kenya at Machakos Constitutional Petition No. E.005 of 2021 (Consolidated with Petition No. 1 of 2021), Officials of Kitengela Bar Owners Association & Others v The National Assembly & 2 Others, High Court 2021.9.20 解説IBFD TNS 2021.9.21; Kenya's minimum tax ruled unconstitutional, government to appeal (MNE Tax 2021.9.23); cf. Kenyan court suspends implementation of minimum tax on revenues (MNE Tax 2021.5.11)


2021/09-32 Katie Van v. LuLaRoe, 2021 US Dist LEXIS 176071不適切に売上税を徴収しているか
Katie Van, individually and on behalf of all others similarly situated, v. LLR, INC. d/b/a LuLaRoe, and LULAROE, LLC, 2021 U.S. Dist. LEXIS 176071, US District Court for the District of Alaska, Case No. 3:18-cv-00197-HRH (certified 2021.9.16) 集団訴訟として受理 解説IBFD TNS 2021.9.20


2021/09-31 One Technologiesカリフォルニア州売上単一要素配分売上税の適法性
One Technologies LLC v. Franchise Tax Board, Los Angeles County Superior Court, Case No. 21STCV21844, filed on 2021.6.11 (未判決)| cf. Proposition 39 | cf. Brosnahan v. Brown, 32 Cal. 3d 236; 651 P.2d 274; 186 Cal. Rptr. 30; 1982 Cal. LEXIS 222 (Supreme Court of California, 1982.9.2) S.F. No. 24441.


2021/09-30 仏国務院443914米株を譲渡した仏居住個人の為替損益は課税対象キャピタルゲイン算入
Conseil d'État, Nº 443914, ECLI:FR:CECHR:2021:443914.20210913 (2021.9.13) 解説IBFD TNS 2021.9.17 cf. DGFP Zeta, Conseil d'État, Nº 352212, ECLI:FR:CESSR:2014:352212.20140312 (国際税務35巻1号16頁参照)も同様。


2021/09-29 米オハイオ州最高裁Lamar Advantage GP, 2021-Ohio-3155 Cincinnati市ビルボード広告税違憲
Lamar Advantage GP Co., L.L.C. v. Cincinnati, 2021-Ohio-3155; 2021 Ohio LEXIS 1819; 2021 WL 4201656, No. 2020-0931; Slip Opinion No. 2021-Ohio-3155; No. C-180675; 2020-Ohio-3377 (2021.9.26) (Ohio High Court: Billboard Tax Violates First Amendment) | CMC 313-3 解説IBFD TNS 2021.9.17
 Andrea Muse, Cincinnati Urges Supreme Court to Take Up Billboard Tax Dispute, Tax Notes Today State, 2021.12.21; IBFD TNS 2021.12.22 Cincinnati petitions on 2021.12.1 (Cincinnati Petitions U.S. Supreme Court to Take Up Billboard Tax Dispute)
 Clear Channel Outdoor, LLC, v. Henry J. Raymond, Director, Department of Finance of Baltimore City, Supreme Court No. 21-219 (係属中。petition for certiorari 2021.8.12, Brief in Opposition 2021.9.15, reply brief 2021.9.28)←Court of Appeals of Maryland, 2021.3.15, Case No. 24-C-18-001778 解説IBFD TNS 2021.9.20; IBFD TNS 2021.10.1
 City of Austin v. Reagan National Advertising of Austin, Inc., Supreme Court Docket No. 20-1029 (係属中。granted a petition for review on 2021.6.28)
 Reed v. Town of Gilbert, Supreme Court No. 13-502 (certiorari decided 2015.6.18)


2021/09-28 伊欧SA.64420若年雇傭企業支援国家補助非該当
SA.64420(未登録未入手); European Commission, State aid: Commission approves €1.24 billion Italian scheme to support companies hiring young workers in the context of the coronavirus outbreak (2021.9.16) 解説IBFD TNS 2021.9.17


2021/09-27 独BFH X R 37/19目的限定寄附金(特定動物救済)の控除可能性
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.3.16, X R 37/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.160321.XR37.19.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.9.16 - Nummer 032/21 Zweckgebundene Spende kann anzuerkennen sein


2021/09-26 独欧XY v. Finanzamt V (C-394/20)相続税の制限・無制限納税義務に関する控除計算の異同
XY v. Finanzamt V (C-394/20) Advocate General (AG) Jean Richard de la Tour opinion (2021.9.16); Judgment () 解説IBFD TNS 2020.11.9; IBFD TNS 2021.9.16


2021/09-25 Lindsay Manor Nursing Home, 148 T.C. No. 9個人だけがIRC section 6343(a)(1)困難救済適用
Lindsay Manor Nursing Home, Inc. v. Commissioner, 148 T.C. No. 9 (2017.3.23) 解説Keith Fogg, 10th Circuit Affirms That Nursing Homes and Other Entities Lack Protection from Levy for Hardship (Procedurally Taxing 2021.9.15); Keith Fogg, Lindsay Manor Reprise (Procedurally Taxing 2018.4.17)


2021/09-24 Babylon Farm, [2021] UKUT 224 (TCC) VAT登録取消前でも仕入税額控除否認可
Babylon Farm Ltd v. HMRC, [2021] UKUT 224 (TCC) (2021.9.9); affirming [2019] UKFTT 562 (TC) (2019.9.3) cf. Wakefield College v HMRC, [2018] EWCA Civ 952 (2018.5.1); [2016] UKUT 19 (TCC) (2016.1.20); [2013] UKFTT 731 (TC) (2013.12.6) 解説IBFD TNS 2021.9.15


2021/09-23 Kallis, (2021 TCC 58)貸倒損失控除否認
Kallis v. The Queen, (2021 TCC 58) (2021.9.1) 解説IBFD TNS 2021.9.15


2021/09-22 Alcatel-Lucent USA, 2021 Pa Commw Unpub LEXIS 498欠損金繰越控除還付請求否認
Alcatel-Lucent USA Inc. v. Commonwealth of Pennsylvania, 2021 Pa. Commw. Unpub. LEXIS 498, Pennsylvania Commonwealth Court No. 803 F.R. 2017 (2021.9.13); following Nextel Communications of the Mid-Atlantic, Inc. v. Commonwealth of Pennsylvania, 642 Pa. 729; 171 A.3d 682; 2017 Pa. LEXIS 2456 (Supreme Court of Pennsylvania, No. 6 EAP 2016, 2017.10.18); distinguished from General Motors Corporation v. Commonwealth of Pennsylvania, 222 A.3d 454 (Pa. Cmwlth., No. 869 F.R. 2012, 2019.11.21) cf. Commonwealth of Pennsylvania v. Molycorp, 392 A.2d 321; 481 Pa. 208 (Supreme Court of Pennsylvania 1978.10.5) 解説IBFD TNS 2021.9.15; Pennsylvania Court Upholds Prospective Application of Nextel


2021/09-21 Government of Guam v. Guerrero, No. 19-16793
Government of Guam v. Guerrero, No. 19-16793 (9th Cir. 2021.8.31) 解説 Keith Fogg, Proving the Liability - The Presumption of Regularity (Procedurally Taxing 2021.9.14)


2021/09-20 波欧SA.__コロナ対策国家補助非該当
SA. __ European Commission 2021.8.4 発表(未入手 ここには未掲載らしい?) 解説IBFD TNS 2021.9.14


2021/09-19 Gayle Gaston, TC Memo 2021-107退職年金プランミス損失控除
Gayle Gaston v. Commissioner, T.C. Memo. 2021-107 (2021.9.2) Docket No. 25899-17 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: Retirement Plan Drafting Error Loses Taxpayer $51k Deduction (TaxProf Blog 2021.9.13); IBFD TNS 2021.9.23


2021/09-18 独BFH X R 5/19事業分割不成立事例:A社株主がA社を保有するB社の50%を保有
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.4.14, X R 5/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.140421.XR5.19.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.9.9 - Nummer 031/21 „Stimmen-Patt” begründet keine Betriebsaufspaltung


2021/09-17 City of Reno Nevada v. Netflix, 2021 US Dist LEXIS 167703ストリーミング税敗訴
City of Reno Nevada v. Netflix, Inc., et alia, 2021 U.S. Dist. LEXIS 167703, US District Court, Nevada, Case No. 3:20-cv-00499-MMD-WGC (2021.9.3) cf. NV Rev Stat § 711.670 (2013): 2013 Nevada Revised Statutes Chapter 711 - Video Service NRS 711.670 - Imposition by local governments; requirements, conditions and limitations. 解説IBFD TNS 2021.9.8


2021/09-16 ナイジェリア連邦高裁Rivers StateにおけるVAT、源泉徴収税等の課税権限否定
Nigeria Federal High Court in Port-Harcourt decision 2021.9.6事件番号等不明未入手 解説IBFD TNS 2021.9.8


2021/09-15 Seminole Nursing Home, 2021 US App LEXIS 26555経済苦境救済不適用
Seminole Nursing Home, Inc. v. Commissioner of Internal Revenue, 2021 U.S. App. LEXIS 26555; __ F.4th __, 10th Circuit, No. 20-9005, 2021.9.2 解説IBFD TNS 2021.9.6


2021/09-14 スウェーデン欧SA. 63198生体燃料課税免除一年延長
SA. 63198 Prolongation of the tax reductions for pure and high blended liquid biofuels in Sweden Daily News 2021.9.3: State aid: Commission approves one-year prolongation of tax exemption for biofuels in Sweden cf. SA.55695 Prolongation of the tax exemptions for pure and high blended liquid biofuels in Sweden 解説IBFD TNS 2021.9.6


2021/09-13 Asia Today (ITA 4628-4629/Mum/2006)BVI設立法人がMauritiusに居住地を移転→租税条約便益資格なし
ADIT (Assistant Director of Income Tax: International Taxation 1(1), Mumbai) v. Asia Today Limited (ITA 4628-4629/Mum/2006) (2021.7.30) 解説IBFD TNS 2021.9.6


2021/09-12 Terrell v. Harrison Township Assessors Office, 2021 US Dist LEXIS 162494教会廃止と財産税
Terrell v. Harrison Township Assessors Office, 2021 U.S. Dist. LEXIS 162494; 2021 WL 3849748, US Indiana Federal Court, No. 2:21-cv-00157-JHP-MJD (2021.8.27) 解説IBFD TNS 2021.9.2


2021/09-11 John Q. Rodgers, 2021 US App LEXIS 26081故意の証明責任はIRS
John Q. Rodgers v. United States of America, 2021 U.S. App. LEXIS 26081; __ Fed. Appx. __; 2021 WL 3855706, 9th Cir., No. 20-55378, 2021.8.30 cf. United States v. Louis Joseph Salerno, 902 F.2d 1429 (9th Cir. 1990.5.9) 解説IBFD TNS 2021.9.2


2021/09-10 独BFH VI R 27/19従業員食事提供時の一括食事手当減額は納税者が第一作業所を有してなくても適用される
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.7.12, VI R 27/19 ECLI:DE:BFH:2021:U.120721.VIR27.19.0 解説BFH Presssemitteilung vom 2021.9.2 Nummer 030/21, Kürzung der Verpflegungspauschalen bei Mahlzeitengestellung gilt auch für Arbeitnehmer ohne erste Tätigkeitsstätte cf. VI R 16/18 (2020.7.7)


2021/09-09 独BFH I R 61/17ルクセンブルク投資会社からの受取配当の非課税
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.3.15, I R 61/17, ECLI:DE:BFH:2021:U.150321.IR61.17.0 解説BFH Presssemitteilung vom 2021.9.2 Nummer 029/21, Steuerfreie Ausschüttungen einer Luxemburger Investment-Gesellschaft ("SICAV") 解説IBFD TNS 2021.9.6


2021/09-08 Nilda E. Vera, 157 TC No 6過年度のIRSの処分に関する租税裁判所の管轄の有無
Nilda E. Vera v. Commissioner, 157 T.C. No. 6 (2021.8.23)解説Timothy M. Todd, Tax Court Holds It Has Jurisdiction Over Prior Year Denial Erroneously Included In IRS Determination (Forbes 2021.8.31); Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: IRS Can Issue Multiple 'Final' Spousal Relief Determinations (TaxProf Blog 2021.9.7)


2021/09-07 以イェルサレム地裁2021.8.16Amram and Sephira Veofek一般的租税回避否認不適用
Amram and Sephira Veofek Ltd. vs the Jerusalem 3 Assessment office, District Court of Jerusalem decision 2021.8.16 解説IBFD TNS 2021.9.1


2021/09-06 Haresh C. Sheth, ITA No. 1380/Mum/2014?居住証明提出遅延に正当な理由がある場合の租税条約便益
Haresh C. Sheth v. ITO (ITA Nos. 1380/Mum/2020)[正しくは(ITA No. 1380/Mum/2014)か?] (Mumbai bench of the Income Tax Appellate Tribunal, 2021.7.19)未入手 解説IBFD TNS 2021.9.1


2021/09-05 Telenor, ITA 1307/Del/2015ノルウェー企業の在印従業員の技術役務提供
Telenor ASA v. DCIT (ITA 1307/Del/2015) (2021.8.12)未入手 解説IBFD TNS 2021.9.1


2021/09-04 パナマ租税裁判所TAT-RF-066製薬会社移転価格再販売価格基準法
パナマ行政租税裁判所Tribunal Administrativo Tributario, Resolución de Fondo n.º TAT-RF-066 (2021.7.9) expendiente: 230-18 解説IBFD TNS 2021.8.31


2021/09-03 白ヘント控訴審Unilin case関連者間ライセンス契約の無使用料報酬独立当事者間基準適合性
Unilin case, Hof van Beroep Gent事件番号等不明未入手 解説IBFD TNS 2021.8.31


2021/09-02 ワイズ・東京地判R2.9.1平30行ウ268キャバクラのキャスト報酬の給与所得該当性
第894回租税判例研究会 木村弘之亮2021年9月17日報告 株式会社ワイズ事件・東京地判令和2年9月1日平成30(行ウ)268号平成31(行ウ)197号 キャバクラのキャスト報酬が給与所得(所得税法204条2項1号、28条1項)に該当し事業所得(204条1項6号参照)に該当しないとした事例。有名な方の弁護士顧問料事件・最二小判昭和56年4月24日民集35巻3号672頁ではなく、同じ原告の同様の論点(係争対象課税年度が違う)の最二小判昭和56年4月24日判時1001号34頁を引用。尤も給与所得の意義に関する最高裁の判示は両判決で同様。同様の事例(原告側代理人も同じ。結論も同じく給与所得。最二小判昭和56年4月24日判時1001号34頁を引用している)として福岡地判平成28年7月28日税資266号順号12891(請求棄却)とその控訴審福岡高判平成29年1月11日税資267号順号12951(控訴棄却)がある。参照:タックスアンサーNo.2807ホステス等に支払う報酬・料金
 なお、本件では「本件月払キャスト」「本件日払キャスト」「本件スタッフ」に対する原告の支給額の所得分類が争われており、「本件派遣キャスト」の所得分類については争われていない。「原告は,当該キャストの所属する派遣業者に対して,当該キャストを通じて派遣代として金員を支払っていた」という事実関係。恐らく派遣先たる原告ではなく派遣元が給与所得として源泉徴収しているのであろうと推測される。
 判旨 「事業所得とは,自己の計算と危険において独立して営まれ,営利性,有償性を有し,かつ,反復継続して遂行する意思と社会的地位とが客観的に認められる業務から生ずる所得をいい,これに対し,給与所得とは,雇用契約又はこれに類する原因に基づき使用者の指揮命令に服して提供した労務の対価として使用者から受ける給付をいうものであって,給与所得については,取り分け,給与支給者との関係において何らかの空間的,時間的な拘束を受け,継続的ないし断続的に労務又は役務の提供があり,その対価として支給されるものであるかどうかが重視されなければならない(最高裁昭和53年(行ツ)第90号同56年4月24日第二小法廷判決・判例時報1001号34頁)。
 (略)
 以上によれば,本件各キャストは,雇用契約又はこれに類する原因に基づき,空間的,時間的な拘束を受け,継続的ないし断続的に労務又は役務の提供をしていたということができるから,本件各キャスト支給額は,所得税法28条1項に規定する給与等に該当するものと認められる。

 報告者は、結論支持、判旨疑問、とする。所得税法204条1項6号、同条2項1号、同項3号、同条3項について判旨の説明が不十分であるとする。なお報告者は東京高判昭和49年9月26日東高民時報25巻9号156頁を参照する。
 なお、原告は本件月払キャストについて源泉徴収税を所得税法204条1項6号に即して納付しており本件日払キャストについて源泉徴収税を納付していなかった。
 判旨が「所得税法204条1項6号,2項1号によれば,ホステスの業務に関する報酬についても,同法28条1項に規定する給与等に該当することがあり得るのは明らかである。」が述べている点について、報告者は説明不足であるとしていた。私からは、裁判官は所得税法204条2項1号の給与の範囲と28条1項の給与の範囲が同じであるという理解(一元説と呼んでおく)を前提としているように読解できるが、204条2項1号と28条1項とで給与の範囲が異なりうる(又は受取人にとっての給与の範囲と支払者から見た給与の範囲が異なりうる……例えば最判平成22年7月6日で年金受領者にとって所得が0円でも支払者の源泉徴収は適法であるという食い違いが生じたように)という理解(二元説と呼んでおく)を報告者は前提としているのか、或いは一元説と二元説のどちらが妥当するかを裁判官が説明する必要があるということを報告者は言わんとしているのか、と質問した。報告者は、ホステス等は原則として事業所得であり例外的にアルバイト的な人が給与所得となるにすぎないという理解を前提に、二元説を前提としている、と応えた。[浅妻は一元説が妥当するとの前提の判旨に疑問を抱かない。]
 フロアからは、報告者は結論も支持していないように読解できる、という質問が出た。報告者は、給与所得であるという部分については疑問を抱いているが、源泉徴収が不十分だとしたら判決の結論を不支持とまでいうことはできないと考えた、と述べた。


2021/09-01 日本碍子・東京地判R2.11.26平28行ウ586残余利益分割法の分割要素は研究開発費だけでなく超過減価償却費も
第893回租税判例研究会 大野雅人2021年9月3日報告 日本碍子事件・東京地判令和2年11月26日平成28(行ウ)586号一部認容、一部棄却(大筋で原告の勝訴)。川端康之・ジュリスト1562号10-11頁(判決に批判的)参照。
 日本法人たる原告・X社が関連会社たるポーランド法人・E社から受ける使用料が独立企業間価格(租税特別措置法66条の4)より低いかについて。欧州の規制の強化のため、その規制に適合するディーゼル社関連部品を提供できるのはXとイビデン(揖斐川電力株式会社)の2社のみという寡占状態となった。残余利益分割法の適用に際し、被告(Y)・国側(課税庁側)は、【Xの研究開発費+Eの特定部門研究開発費】を主張したのに対し、裁判所は、【Xの研究開発費+Eの特定部門研究開発費+Eの超過減価償却費】を採用した・
 なお、基本的利益の算定方法についてはY側の主張を裁判所は採用した。
 判旨 「本件国外関連取引に係る独立企業間価格の算定において残余利益分割法を適用するに当たり、被告の主張する基本的利益の算定は相当である一方、残余利益の分割については、重要な無形資産の開発に係る原告及び本件国外関連者の各支出額のほかに、本件国外関連者に係る超過減価償却費を分割要因に加えて配分するのが相当であ」る。
 「  (2) 本件国外関連者において高い売上高が生じた要因
  ア EU市場におけるセラミックス製DPFの需要の急増[略]
  イ 本件国外関連者がEU市場に早期に参入したこと[略]
  ウ 2社寡占状態の継続により高いシェアを維持できたこと[略]
  エ 本件製品の●●●[略]
  (3) 本件国外関連者において高い売上高営業利益率が生じた要因[略]
  ア 売上高の増大に伴う規模の利益[略]
  イ 本件製品の●●●[略]
  ウ 生産効率の向上[略]
  (4) 本件超過利益の発生メカニズムについての小括
  以上のとおり、〈1〉本件国外関連者において高い売上高が生じた要因は、(a)EUにおいて自動車の排ガス規制を強化するEuro規制が導入されたことなどを契機として、EU市場におけるセラミックス製DPFの需要が急増する中で(上記(2)ア)、(b)本件国外関連者が競争者に先駆けて業界2番目という早さでEU市場に参入し(同イ)、(c)EU市場への参入企業が本件国外関連者を含む先行2社しか存在しないという●●●状況の下で、自動車メーカーとの間で本件製品の供給契約が長期の契約期間により締結され、後からEU市場に参入する競争者にとって非常に高い参入障壁が形成されて2社寡占状態が継続した結果、本件国外関連者がEU市場において高いシェアを維持できたこと(同ウ)、(d)また、このような2社寡占状態の下で、本件製品の●●●(同エ)によるものである。
  また、〈2〉本件国外関連者において高い売上高営業利益率が生じた要因は、(a)資本集約度が高い本件製品の生産構造の下で、損益分岐点を大きく超える売上高が得られたことにより、製品1個当たりの生産に必要な費用が大幅に減少するという規模の利益が生じたこと(上記(3)ア)、(b)本件製品の●●●(同イ)、(c)本件国外関連者が品質不良問題への対策を行った結果、歩留率が改善して生産効率が向上したこと(同ウ)によるものである。
  本件超過利益は、このようにして本件国外関連者に高い売上高及び売上高営業利益率が生じたことにより、発生したものである(上記(1))。」
 「 4 重要な無形資産以外の利益発生要因の位置付け[略]
  (5) 重要な無形資産以外の利益発生要因の位置付けについての小括
  以上のとおり、残余利益分割法の適用において基本的利益は重要な無形資産の貢献により得られる利益でないことが前提とされているところ(上記(2))、基本的利益の算定(比較対象法人の選定)に当たって、セラミックス製DPFであるがゆえの事業内容、市場条件、生産構造(収益構造)等について類似性を求めることは、重要な無形資産を使用してセラミックス製DPFを量産できる企業が比較対象法人に選定されることを求めることにほかならず、残余利益分割法の本質と相容れないものとなってしまうこと(同(3))、また、本件超過利益を重要な無形資産により発生したものとそうでないものとに分別することが困難であること(同(4))に照らせば、本件超過利益をもたらした各要因のうち原告が主張する重要な無形資産以外の利益発生要因を基本的利益の算定において考慮することはできないものというべきであり、これに反する原告の上記主張は採用することができない(なお、これらの利益発生要因を残余利益の分割において考慮すべきか否かについては、後記6において詳述する。)。」
 「 5 争点(1)〈1〉(基本的利益の算定方法の適否)について[略]」
 「 6 争点(1)〈2〉(残余利益の分割方法の適否)について
  (1) 残余利益の分割において重要な無形資産以外の利益発生要因を考慮することの可否[略]
 残余利益分割法の適用に当たり、基本的利益の算定においては重要な無形資産の影響が排除されているから、分割対象利益から基本的利益を控除して得られる残余利益は重要な無形資産に起因して得られる利益であることとなるが、残余利益(超過利益)をもたらした利益発生要因は必ずしも一つに限られるものではなく、重要な無形資産以外の利益発生要因が寄与していることも十分に想定し得るのであり、現に、上記3で説示したとおり、本件超過利益については、原告及び本件国外関連者が保有する重要な無形資産とともに、他の複数の利益発生要因が重なり合い、相互に影響しながら一体となって得られているものである。そして、このような他の利益発生要因の中には、法人又は国外関連者のいずれかが超過利益の発生に寄与したものとして、独立企業間価格の算定においてその寄与の程度に応じた利益を当該法人又は当該国外関連者に帰属させることが相当であると評価すべきものが含まれている可能性がある。
  そうすると、本件のように重要な無形資産とともに他の複数の利益発生要因が重なり合い、相互に影響しながら一体となって得られた超過利益(残余利益)について、法人及び国外関連者に合理的に配分するためには、重要な無形資産以外の利益発生要因に関しても、当該法人又は当該国外関連者が支出した人件費の額や投下資本の額など、その寄与の程度の推測にふさわしい要素(分割要因)を適切に考慮すべきである。なお、このような重要な無形資産以外の利益発生要因の考慮は、利益分割法の一種である残余利益分割法の適用の在り方として相当である[略]
 一般に、残余利益の分割において重要な無形資産以外の利益発生要因を分割要因として考慮することは許される」
 報告者は、(数字が墨塗りなので)結論への賛否は述べられないが、残余利益分割要因として無形資産以外の要因も認めるとする大枠については賛成、と述べた。その方が、現在の租税特別措置法施行令39条の12第8項一号ロ(寄与度利益分割法)とハ(残余利益分割法)との間のギャップも小さくなると期待できるし、OECD移転価格ガイドラインとも親和的である、と述べた(なお、事件当時の平成18年4月1日の租税特別措置法施行令39条の12第8項一号(比較利益分割法、寄与度利益分割法、残余利益分割法といった区別がない)の下では租税特別措置法通達66の4(4)-5が残余利益分割法の根拠であるが、無形資産だけが分割要因であるとすることの論拠ははっきりしない)。
 判決理由6(4)イ(ウ)波法人が「原告による事業計画の策定作業から便益を受けている」との被告主張を斥けた部分は、cash box corporationに関し人間に着目して投資計画策定場所を重視することと整合しないのでは、と私は質問した。報告者は判決の「対価の支払を受けるべき有償性のある活動で」はないに賛成した。
 フロアからは、E社の大量の設備投資や規模の利益というのは、OECD移転価格ガイドラインでいうところの「unique and valuable」な貢献とは言えないのではないか、という違憲が出された。


2021/08-33 ナイジェリアFHC/PH/CS/149/2020連邦政府にはVAT・源泉徴収税・教育税・技術税を課す憲法上の権限がない
Attorney General for Rivers State v. Federal Inland Revenue Service and Attorney General of the Federation, (FHC/PH/CS/149/2020) (The federal high court in Port Harcourt, 2021.8.9)(未入手) cf. Mary Ugbodaga, Court stops FIRS, says state government should collect VAT, income taxes in Rivers (2021.8.9); Aderemi Ojekunle, FIRS: We've appealed Rivers court judgment on VAT collection (2021.8.15) 解説IBFD TNS 2021.8.30


2021/08-32 希欧SA.61574企業流動性支援国家補助非該当
SA.61574 European Commission, State aid: Commission approves €500 million Greek aid scheme to support uncovered fixed costs of companies affected by coronavirus outbreak (Brussels 2021.8.27) 解説IBFD TNS 2021.8.30


2021/08-31 独BFH V R 1/19難民やホームレスのための施設運用のVAT免除適格
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.3.24, V R 1/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.240321.VR1.19.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.8.26 Nummer 027/21 Umsatzsteuerfreiheit des Betriebs von Flüchtlings- und Obdachlosenunterkünften


2021/08-30 Castellanos v. California, 2021 Cal Super LEXIS 7285ギグ経済提案22号違憲
Castellanos v. California, 2021 Cal. Super. LEXIS 7285, Superior Court of the State of California, Case No. RG21088725, 2021.8.20 解説IBFD TNS 2021.8.26 Proposition 22: EXEMPTS APP-BASED TRANSPORTATION AND DELIVERY COMPANIES FROM PROVIDING EMPLOYEE BENEFITS TO CERTAIN DRIVERS (2020.11.3 Ballot); California Business and Professional Code §§ 7448 et seq.; Aeembly Bill No. 5 (2019.9.19) cf. Dynamex Operations West, Inc. v. Superior Court of Los Angeles, 4 Cal.5th 903 (2018.4.30)


2021/08-29 チェコ プラハ地方裁判所2021.8.19判決Airbnb所得は事業所得扱い(not賃貸所得)
Municipal Court in Prague decision 2021.8.19 解説IBFD 2021.8.25


2021/08-28 米フロリダ連邦地裁Lillian Shiffmanイスラエル銀行口座相続秘匿罰則
United States of America v. Lillian Shiffman, Magistrate Judge for the US District Court for the Middle District of Florida, Orlando Division, Case No: 6:20-cv-1747-PGB-DCI, 2021.8.23未入手 解説IBFD 2021.8.24


2021/08-27 Eran Shemesh, 2021 US Dist LEXIS 157009未開示イスラエル銀行口座
United States of America v. Eran Shemesh, 2021 U.S. Dist. LEXIS 157009, US District Court for the District of New Jersey, Civ. No. 20-16305 (KM)(ESK), 2021.8.18 解説IBFD 2021.8.24


2021/08-26 Steve Vaught, 2021 US Dist LEXIS 154863サモン不承認
United States v. Steve Vaught, 2021 U.S. Dist. LEXIS 154863; 2021 WL 3639414, US District Court for the District of Idaho Case No. 1:18-cv-00452-DCN, 2021.8.16 解説IBFD TNS 2021.8.23; Leslie Book, District Court Finds That IRS Failed to Adequately Notify Taxpayer Before it Contacted Third Party (Procedurally Taxing 2021.8.30)


2021/08-25 蘭ハーグ控訴審ECLI:NL:GHDHA:2021:1508海運契約が国際開発非該当なので二重課税救済否認
Gerechtshof Den Haag, Datum uitspraak 2021.6.15, Datum publicatie 2021.8.18, Zaaknummer BK-21/00076, ECLI:NL:GHDHA:2021:1508 原審ECLI:NL:RBDHA:2021:4064 解説IBFD TNS 2021.8.23
 続報Hoge Raad der Nederlanden, Datum uitspraak 24-12-2021, Zaaknummer 20/03226, ECLI:NL:HR:2021:1845 解説IBFD TNS 2021.12.28


2021/08-24 米アリゾナ州最高裁3.5%高所得者税許可
Arizona Supreme Court 2021.8.19 opinion(未入手)解説IBFD TNS 2021.8.23


2021/08-23 伊欧SA.64385国家補助審査:文化(劇場、ライブ)支援肯定
SA.64385 Tax credit for culture support (2021.8.4) 解説IBFD TNS 2021.8.23


2021/08-22 Frances L. Rogers, 2021 US App LEXIS 24535 innocent spouse否認
Frances L. Rogers v. Commissioner of Internal Revenue, 2021 U.S. App. LEXIS 24535; __ F.4th __, 7th Circuit, Nos. 20‐2789, et al, 2021.8.17 解説IBFD TNS 2021.8.20; Benjamin Alarie & Stefanie Di Giandomenico, Seventh Circuit Affirms Spouse Is Not So Innocent on Appeal, 172 Tax Notes Fed. 2149 (2021.9.27)


2021/08-21 Deborah C. Wood, TC Memo 2021-103アフガニスタン国外稼得課税除外適用
Deborah C. Wood v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Memo. 2021-103, Docket Nos. 23239-18, 23260-18, 2021.8.18 解説IBFD TNS 2021.8.19


2021/08-20 蘭アムステルダム控訴審ECLI:NL:GHAMS:2021:873仏航空会社パイロット二重課税部分救済
Gerechtshof Amsterdam, Datum uitspraak 2021.3.18, Datum publicatie 2021.8.16, Zaaknummer 19/00284, ECLI:NL:GHAMS:2021:873 解説IBFD TNS 2021.8.19


2021/08-19 Canada North Group, (2021 SCC 30)リストラ費用を租税債務より優先
Canada v. Canada North Group, (2021 SCC 30) (2021.7.28) 解説case in brief; IBFD TNS 2021.8.19


2021/08-18 独憲法裁判所1 BvR 2237/14, 1 BvR 2422/17一律年6%利子税は違憲
ドイツ連邦憲法裁判所Bundesverfassungsgericht, Beschluss vom 2021.7.8, 1 BvR 2237/14, 1 BvR 2422/17 解説BVerG Pressemitteilung Nr. 77/2021 vom 2021.8.18, Verzinsung von Steuernachforderungen und Steuererstattungen mit jährlich 6 % ab dem Jahr 2014 verfassungswidrig; IBFD TNS 2021.8.19


2021/08-17 独BFH VI R 8/19公務員法一時死亡金、非課税所得非該当
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.4.19, VI R 8/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.190421.VIR8.19.0 解説BFH Pressemitteilung Nummer 026/21 2021.8.19 Keine Steuerbefreiung für beamtenrechtliches pauschales Sterbegeld


2021/08-16 David Evan Ushio & Judith S. Ushio, TC Summ Op 2021-27無価値化株式通常損失控除非適格
David Evan Ushio and Judith S. Ushio v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Summary Opinion 2021-27, Docket No. 23021-17S, 2021.8.16解説IBFD TNS 2021.8.18


2021/08-15 Catherine S. Toulouse, 157 T.C. No. 4投資所得外税控除否認
Catherine S. Toulouse v. Commissioner of Internal Revenue, 157 T.C. No. 4, Docket No. 19076-19L, 2021.8.16 解説IBFD TNS 2021.8.17


2021/08-14 亜連邦最高裁INC S.A. c/ D.G.I. (2021.7.15) debt pushdown structure利子控除否認
Argentina Federal Supreme Court: decision in INC S.A. c/ D.G.I. (2021.7.15) 事件番号不明 未入手 解説IBFD TNS 2021.8.16


2021/08-13 露仲裁裁判所A73-4779/2021配当源泉徴収税納付遅延
Arbitration Court of Khabarovsk Krai decision in case no. A73-4779/2021 (publication 2021.6.29)未入手 解説IBFD TNS 2021.8.12


2021/08-12 Leonard Tobin, 2021 US App LEXIS 23427国外所得免税不適用
Leonard Tobin v. Commissioner of Internal Revenue, 2021 U.S. App. LEXIS 23427, 9th Circuit, No. 20-71585 (2021.8.6) 解説IBFD TNS 2021.8.9


2021/08-11 蘭最高裁2021.8.6スイス銀行口座を持つ蘭居住者死亡の相続税調査のEU法適合性
オランダ最高裁Hoge Raad der Nederlanden, 2021.8.6判決(事件番号等不明未入手)解説IBFD TNS 2021.8.9


2021/08-10 Moorings of Leelanau v. Traverse, 2021 Mich App LEXIS 4628 LLC構成員の所有権移転
Moorings of Leelanau, LLC v. City of Traverse City, 2021 Mich. App. LEXIS 4628; 2021 WL 3233564, Michigan Court of Appeals, No. 353911 (2021.7.29) 解説IBFD TNS 2021.8.6


2021/08-09 蘭ECLI:NL:GHAMS:2021:1765瑞子会社為替損益参加免税不適用
オランダアムステルダム控訴審Gerechtshof Amsterdam, zaaknummer 20/00352, datum uitspraak 2021.6.15, publicatie 2021.8.2, ECLI:NL:GHAMS:2021:1765 解説IBFD TNS 2021.8.5


2021/08-08 Manal Morsy v. Sharon Dumas, CV-21-946057遠隔勤務
Dr. Manal Morsy v. Sharon Dumas, et al., CV-21-946057 (2021.7.31 Cleveland City主張) 解説IBFD TNS 2021.8.4


2021/08-07 K. Slaughter, No. 20-10786自営業税に出版所得が含まれる
K. Slaughter v. Commissioner of IRS, US Court of Appeals for the Eleventh Circuit No. 20-10786 (2021.8.3) 解説IBFD TNS 2021.8.4


2021/08-06 米バミューダ銀行560万ドル支払い合意
Department of Justice: U.S. Attorney's Office Manhattan U.S. Attorney Announces Agreement With Bermudian Bank To Resolve Criminal Tax Investigation: The Bank of N.T. Butterfield & Son Limited Pays $5.6 Million in Forfeiture and Restitution; Receives Non-Prosecution Agreement as a Result of its Cooperation (press release 2021.8.3 tuesday); U.S. Department of Justice, Re: The Bank of N.T. Butterfield & Son Limited Non-Prosecution Agreement (2021.7.26) 解説IBFD TNS 2021.8.4


2021/08-05 伊欧SA62194映画産業支援国家補助非該当
SA.62194 Tax credit to attract investments for cinematographic and audiovisual works in Italy 解説IBFD TNS 2021.8.4


2021/08-04 伊欧SA63720旅行業等支援国家補助非該当
SA.63720 COVID-19: Contribution waiver in the tourism, spas and commerce sectors 解説IBFD TNS 2021.8.4


2021/08-03 チェコ欧SA62970自営業者健康保険料支払繰延国家補助非該当
SA.62970 COVID-19 Deferral of payment of public health insurance premiums for the self-employed 解説IBFD TNS 2021.8.2


2021/08-02 米ペンシルベニア州控訴審Duffield House Associates v. Philadelphia, 2021 Pa. Commw. LEXIS 520
Duffield House Associates, L.P., et al v. City of Philadelphia, 2021 Pa. Commw. LEXIS 520; 2021 WL 3196906; 1516 C.D. 2019 (Pa. Cmmw. Ct. 29 July 2021) 解説IBFD TNS 2021.8.2


2021/08-01 米オレゴン州最高裁Estate of Evans, 368 Or 430州外信託財産課税の合憲性
Estate of Evans v. Dept. of Rev., 368 Or 430 (Oregon Supreme Court 2021.7.29) 解説IBFD TNS 2021.8.2


2021/07-42 独BGH 1 StR 519/20 Cum-Ex-Strafverfahrenで有罪判決
Bundesgerichtshof Urteil vom 2021.7.28 - 1 StR 519/20 原審Landgericht Bonn Urteil vom 2020.3.18 解説IBFD TNS 2021.7.28; BGH Pressemitteilung Nr. 146/2021 Bundesgerichtshof bestätigt Urteil im bundesweit ersten Cum-Ex-Strafverfahren; William Hoke, Germany's High Court Upholds Cum-Ex Convictions and Fines, Tax Notes Today International, 2021.7.29; William Hoke, Warburg Owners Lose Challenge to German Court Cum-Ex Ruling, Tax Notes Today International, 2021.12.6


2021/07-41 西欧European Commission v. Spain (C-788/19)海外資産開示懈怠罰則比例原則違背
European Commission v. Spain (C-788/19) Advocate General Øe opinion ECLI:EU:C:2021:621 (2021.7.15); Judgment () 解説IBFD TNS 2019.12.24; IBFD TNS 2021.7.29


2021/07-40 GSS Holdings, 2021 US Claims LEXIS 1452飛石取引法理
GSS Holdings (Liberty) Inc. v. USA, 2021 U.S. Claims LEXIS 1452, US Court of Federal Claims No. 19-728T, 2021.7.26 解説IBFD TNS 2021.7.28


2021/07-39 Howard Jarvis Taxpayers Association vs. County of Yuba, 2021 Cal App Unpub LEXIS 4741
Howard Jarvis Taxpayers Association, et al. vs. County of Yuba, et al., 2021 Cal. App. Unpub. LEXIS 4741; 2021 WL 3087671, California Third District Court of Appeal, C090473 (Super. Ct. No. CVPT1802127) (2021.7.22) 解説IBFD TNS 2021.7.28


2021/07-38 George S. Harrington, TC Memo 2021-95詐欺税申告期間制限否定
George S. Harrington v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Memo. 2021-95, Docket No. 135331-18, 2021.7.26 解説IBFD TNS 2021.7.28


2021/07-37 英欧Zipvit (C-156/20)インボイスなしのVAT仕入税額控除の可否
Zipvit Ltd v HMRC (C-156/20) Advocate General opinion (2021.7.8) Judgment () 解説IBFD TNS 2020.6.29; IBFD TNS 2021.7.28


2021/07-36 Arizona v. Yellen, 2021 US Dist LEXIS 136971州税減税連邦禁止法案無効確認訴訟
State of Arizona v. Yellen, 2021 U.S. Dist. LEXIS 136971, United States District Court for the District of Arizona, Case No. 2:21-cv-00514-DJH (desicion 2021.7.22) 解説IBFD TNS 2021.7.12; IBFD TNS 2021.7.26; IBFD TNS 2021.10.8 cf. Ohio v. Yellen2021/07-11


2021/07-35 Test Claimants in the Franked Investment Income Group Litigation, [2021] UKSC 31
Test Claimants in the Franked Investment Income Group Litigation v. HMRC, [2021] UKSC 31 (2021.7.23); on appeals from: [2010] EWCA Civ 103 and [2016] EWCA Civ 1180 解説IBFD TNS 2021.7.23


2021/07-34 米カリフォルニア州フランチャイズ税委員会Chief Counsel Ruling 2021-01親会社への配当に当たるか
US, State of California, Franchise Tax Board, Chief Counsel Ruling 2021-01 (2021.7.14) 解説IBFD TNS 2021.7.22


2021/07-33 独BFH V R 35/18英国大学非営利法人該当性
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2021.3.24, V R 35/18, ECLI:DE:BFH:2021:B.240321.VR35.18.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.7.22 Nummer 025/21, Gemeinnützigkeit eines britischen Colleges


2021/07-32 独BFH III R 30/20幼稚園拠出金を免税雇用者補助金から控除することの可否
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2021.4.14, III R 30/20, ECLI:DE:BFH:2021:B.140421.IIIR30.20.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.7.22 Nummer 024/21, Kein Abzug von Kindergartenbeiträgen in Höhe steuerfrei gezahlter Arbeitgeberzuschüsse


2021/07-31 Jeffrey T. Maehr, 10th Cir., No. 20-1124パスポート破棄合憲性
Jeffrey T. Maehr v. United States Department of State, 2021 U.S. App. LEXIS 21406, US Court of Appeals for the Tenth Circuit No. 20-1124, 2021.7.20 解説IBFD TNS 2021.7.21


2021/07-30 Morris F. Garcia Deceased, & Sharon Garcia, 157 TC No 1夫婦租税債務明確化
Morris F. Garcia Deceased, and Sharon Garcia, Commissioner of Internal Revenue, 157 T.C. No. 1, 2021.7.19 Docket No. 7612-20P 解説IBFD TNS 2021.7.20


2021/07-29 Liberty Justice Center, 3:21-cv-13616; 1:21-cv-06024寄附者開示法
Liberty Justice Center v. Gurbir S. Grewal, as attorney general of the State of New Jersey, US District Court for the District of New Jersey, Case 3:21-cv-13616; Liberty Justice Center v. Letitia James, as attorney general of the State of New York, US District Court fo the Southern District of New York, Case 1:21-cv-06024 解説IBFD TNS 2021.7.20; IBFD TNS 2021.8.4; IBFD TNS 2021.9.7


2021/07-28 State of Missouri v. Yellen, 8th Cir., No. 21-2118州減税禁止連邦法
State of Missouri v. Yellen, No. 21-2118 (8th Cir., 2021.7.15) 解説IBFD TNS 2021.7.20


2021/07-27 Maher Bassily & Nermine Bassily, TC Summary Opinion 2021-20国外源泉申告所得0の外税控除
Maher Bassily and Nermine Bassily v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Summary Opinion 2021-20, 2021.7.19 Docket No. 3404-19S 解説IBFD TNS 2021.7.20


2021/07-26 蘭ECLI:NL:HR:2021:1152グループ会社買収時の人為的借入利子控除否認の可否
Hoge Raad der Nederlanden, zaaknummer 19/02596, datum uitspraak 2021.7.16 ECLI:NL:HR:2021:1152 解説IBFD TNS 2021.7.19


2021/07-25 ルーマニア欧E.On Energy Trading SE (C-323/12)非居住者VAT還付
E.On Energy Trading SE (C-323/12) ECLI:EU:C:2014:53 (Judgment 2014.2.6) イタリア課税庁Risposta n.393/2021 解説IBFD TNS 2021.7.19


2021/07-24 独BFH I R 88/13証券貸与取引
Bundesfinanzhof Urteil vom 18. August 2015, I R 88/13 BStBl 2016 II S. 961 "Zurechnung von Aktien bei einer Wertpapierleihe" | Bundesministerium fü:r Finanzen vom 2021.7.9 IV C 6-S 2134/19/10003:007 解説IBFD TNS 2021.7.19


2021/07-23 Eric D. Speidall, No. 20-1332連邦マリファナ控除禁止訴訟
Eric D. Speidall, et. al v. United States of America, through its agency of the Internal Revenue Service, No. 20-1332 (Colorado businesses filed a Petition for Rehearing 2021.7.12) (Section 280E of the IRC) 解説IBFD TNS 2021.7.16 cf. Standing Akimbo, LLC, et al. vs. United States, 594 US ___ (No. 20-645, 2021.6.28)
 Rehearings Denied, 2021.8.23, 20-645, Standing Akimbo 解説IBFD 2021.8.25


2021/07-22 Target Group, [2021] EWCA Civ 1043銀行に提供されるローン管理役務のVAT課税
Target Group Ltd v HMRC, [2021] EWCA Civ 1043 (2021.7.12); appealed from [2019] UKUT 340 (TCC) 解説IBFD TNS 2021.7.16


2021/07-21 Li v. British Columbia, 2021 BCCA 256外国購入者財産税合憲
Li v. British Columbia, (2021 BCCA 256) (2021.6.29) 解説IBFD TNS 2021.7.16


2021/07-20 蘭欧Nike & Converse (T-648/19)国家補助認定取消請求棄却
Nike European Operations Netherlands and Converse Netherlands v Commission (T-648/19) Judgment of the General Court (Second Chamber) (2021.7.14) ECLI:EU:T:2021:428 General Court of the European Union Press Release No 124/21, Tax rulings issued to Nike and Converse by the Netherlands tax administration: the General Court dismisses the action brought against the Commission's decision to initiate the formal investigation procedure (2021.7.14) 解説IBFD TNS 2021.7.15


2021/07-19 米オハイオ州City of Maple Heights v. Netflix & Hulu, Case No. 20-CV-1872フランチャイズ税
City of Maple Heights, Ohio b. Netflix, Inc. and Hulu, LLC, Case No. 20-CV-1872 解説IBFD TNS 2021.7.14
 City of New Boston, Texas v. Netflix, Inc., and Hulu, LLC, Civil action No. __
 City of Creve Coeur, Missouri v. Hulu LLC and Netflix, Inc., case number 4:2018cv01495
 Gwinnett Country, Georgia; City of Brookhaven, Georgia, and Unified Government of Athens-Clark County, Georgia v. Netflix, Inc., Hulu, LLC, Disney DTC LLC, DirecTV, LLC, Dish Network Corp., and Dish Network L.L.C., civil No. __, in the US District Court fo the Nothern District of Georgia Atlanta Division


2021/07-18 estate of Harold Kahn, 2021 US App LEXIS 20622故意FBAR違反罰則420万ドル
United States of America v. Jeffrey Kahn and Joel Kahn, as co-executors of the estate of Harold Kahn, 2021 U.S. App. LEXIS 20622, US Court of Appeals for the Second Circuit Docket No. 19-3920, 2021.7.13 解説IBFD TNS 2021.7.14


2021/07-17 南ア行政判断BPR366内国法人の現物(株式)配当
South African Revenue Service Binding Private Ruling 366 (2021.6.21) subject: distribution in specie of shares 解説IBFD TNS 2021.7.14


2021/07-16 Morsy v. Dumas; CV 21 946057オハイオ州remort worker tax違憲?
Morsy v. Dumas; CV 21 946057; Ohio Policy Group Defends Position in Remote Worker Case (2021.7.8); Andrea Muse, Ohio Institute Says Local Remote Tax Provision Is Unconstitutional (2021.7.10)


2021/07-15 蘭ECLI:NL:HR:2021:1102アメリカ親会社受領利子の控除の可否
オランダHoge Raad, zaaknummer 19/05112, datum uitspraak 2021.7.9, ECLI:NL:HR:2021:1102 解説IBFD TNS 2021.7.12 cf. Bosal (C-168/01)


2021/07-14 仏国務院433915ニューカレドニア社会連帯税(配当)は税であり租税条約の5%制限に服する
Conseil d'État, Nº 433915, 2021.5.5, CETATEXT000043482309 解説IBFD TNS 2021.7.9


2021/07-13 独BFH VI R 43/18自由意志の消防団に消防車を提供することに対する賃金課税の是非
ドイツ連邦財政裁判所決定Bundesfinanzhof VI. Senat Beschluss vom 2021.4.19 VI R 43/18 ECLI:DE:BFH:2021:B.190421.VIR43.18.0 解説BFH Pressemitteilungen Nummer 023/21 2021.7.8 Kein lohnsteuerbarer Vorteil bei Überlassung eines Feuerwehreinsatzfahrzeugs an den Leiter der Freiwilligen Feuerwehr


2021/07-12 独欧X-Beteiligungsgesellschaft (C-324/20)割賦払いで未払い部分VAT調整不適用時の役務課税
Finanzamt B v X-Beteiligungsgesellschaft (C-324/20) Advocate General Szpunar opinion ECLI:EU:C:2021:532 (2021.7.1); Judgment (2021.10.28) 解説IBFD TNS 2020.9.21; IBFD TNS 2021.7.8


2021/07-11 Ohio v. Yellen, 2021 US Dist LEXIS 123008州税減税を連邦法が禁ずることは違憲
State of Ohio v. Janet Yellen, Secretary of the Treasury, et al., 2021 U.S. Dist. LEXIS 123008, US District Court for the Southern District of Ohio, Case No. 1:21-cv-181 (2021.7.1), about American Rescue Plan Act of 2021 (P.L. 117-2) 解説IBFD TNS 2021.6.28; IBFD TNS 2021.7.2; IBFD TNS 2021.7.7; Lauren Loricchio, Judge Blocks Treasury From Enforcing Offset Provision Against Ohio (tax notes 2021.7.6) 2021.5.12判決ではオハイオ州の主張を斥けていた。Ohio v. Yellen, 2021 U.S. Dist. LEXIS 90274; __ F. Supp. 3d __; 2021 WL 1903908, United States District Court for the Southern District of Ohio, Western Division, Case No. 1:21-cv-181 (2021.5.12 decided, filed)


2021/07-10 Collins v. Yellen, 141 S Ct 1761連邦政府代表を更迭する大統領権限を制約する連邦法は違憲
Collins v. Yellen, 141 S. Ct. 1761; 2021 U.S. LEXIS 3397; 2021 WL 2557067, US Supreme Court, No. 19-422 (2021.6.23)


2021/07-09 Americans for Prosperity Foundation, No. 19-251カリフォルニア州寄附者開示法違憲
Americans for Prosperity Foundation v. Bonta, Attorney General of California, 2021 U.S. LEXIS 3569; __ S.Ct. __; 2021 WL 2690268, US Supreme Court, No. 19-251, together with No. 19-255, Thomas More Law Center v. Bonta (2021.7.1) (6-3) 解説IBFD TNS 2021.7.7


2021/07-08 In re SKAT Tax Refund Scheme Litigationデンマーク課税庁請求
In re SKAT Tax Refund Scheme Litigation, US District Court for the Southern District of New York, 18-md-2865 (LAK), 2021.6.30 (2020 U.S. Dist. LEXIS 225968; 2020 WL 7059843は2020.12.2付け判決?)解説IBFD TNS 2021.7.6


2021/07-07 Amarijt Gill, 2021 US Dist LEXIS 122038納税者死亡時の外国銀行口座申告懈怠
United States of America v. Amarijt Gill, 2021 U.S. Dist. LEXIS 122038, US District Court for the Southern District of Texas, Houston Division, CIVIL ACTION H- 18-4020, 2021.6.30解説IBFD TNS 2021.7.6


2021/07-06 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1044二重居住法人(蘭星)から非居住株主への配当支払に対する蘭源泉徴収税
Hoge Raad der Nederlanden, zaaknummer 20/01212 (BK-18/00981, BK-18/00982, BK-18/00983) (2021.7.2) ECLI:NL:HR:2021:1044 解説IBFD TNS 2021.7.5


2021/07-05 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:1043ノルウェー系多国籍企業のドイツ子会社損失の越境的利用の可否
X BV v. State Secretary for Finance, Hoge Raad der Nederlanden, zaaknummer 19/03443 (2021.7.2) ECLI:NL:HR:2021:1043 解説IBFD TNS 2021.7.5


2021/07-04 チェコ憲法裁判所2021.6.29 2020年所得税法改正の大統領署名欠如を理由するとする廃止主張を棄却
Česká republika NÁLEZ ústavního soudu (Czech Constitutional Court), Pl. ÚS 6/21 (2021.6.29) 解説IBFD TNS 2021.7.2


2021/07-03 独BFH XI R 30/20健康保険基金の医療役務のVAT取扱
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.2.24, XI R 30/20 (XI R 11/17), ECLI:DE:BFH:2021:U.240221.XIR30.20.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.7.1 Nummer 022/21, Zur umsatzsteuerrechtlichen Behandlung von Gutachtertätigkeiten im Auftrag des Medizinischen Dienstes der Krankenversicherung


2021/07-02 国際興業管理株式会社・最判R3.3.11裁時1763-4みなし配当に関する法人税法施行令が違法・無効
第892回租税判例研究会 渡辺徹也2021年7月16日報告 国際興業管理株式会社事件・最一小判令和3年3月11日裁判所時報1763号4頁令和元(行ヒ)333号棄却・原審東京高判令和元年5月29日資料版商事法務427号88頁平成29(行コ)388号棄却(⇒2019/10-02)・原々審東京地判平成29年12月6日税資267号順号13095資料版商事法務427号104頁平成27(行ウ)514号認容(⇒2019/04-01)
 判旨 「(2)そして,会社法における剰余金の配当をその原資により区分すると,@利益剰余金のみを原資とするもの,A資本剰余金のみを原資とするもの及びB利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とするものという3類型が存在するところ,法人税法24条1項3号は,資本の払戻しについて『剰余金の配当(資本剰余金の額の減少に伴うものに限る。)…』と規定しており,これは,同法23条1項1号の規定する『剰余金の配当(…資本剰余金の額の減少に伴うもの…を除く。)』と対になったものであるから,このような両規定の文理等に照らせば,同法は,資本剰余金の額が減少するA及びBについては24条1項3号の資本の払戻しに該当する旨を,それ以外の@については23条1項1号の剰余金の配当に該当する旨をそれぞれ規定したものと解される。
 したがって,利益剰余金と資本剰余金の双方を原資として行われた剰余金の配当は,その全体が法人税法24条1項3号に規定する資本の払戻しに該当するものというべきである。
 以上によれば,利益剰余金及び資本剰余金の双方を原資として行われた剰余金の配当について,利益剰余金を原資とする部分には法人税法23条1項1号が適用されるとした原審の判断には法人税法の解釈を誤った違法がある。」

 「(4)以上によれば,法人税法は,資本部分と利益部分とをしゅん別するという基本的な考え方に立ちつつも,会社財産の株主への払戻しについて,その原資の会社法上の違いにより23条1項1号と24条1項3号の適用を区別することとし,利益剰余金のみを原資とする払戻しは,23条1項1号により,資本部分が含まれているか否かを問わずに一律に利益部分の分配と扱った上でその全部又は一部を益金の額に算入しないこととする一方で,資本剰余金のみを原資とする払戻しは,24条1項3号により,資本部分の払戻しと利益部分の分配とに分け,後者の金額を23条1項1号の配当とみなすこととするという仕組みを採っているものということができる。
 上記の仕組みに照らしてみれば,法人税法24条1項3号は、利益剰余金及び資本剰余金の双方を原資として行われた剰余金の配当の場合には,そのうち利益剰余金を原資とする部分については,その全額を利益部分の分配として扱う一方で,資本剰余金を原資とする部分については,利益部分の分配と資本部分の払戻しとに分けることを想定した規定であり,利益剰余金を原資とする部分を資本部分の払戻しとして扱うことは予定していないものと解される。
(5)法人税法24条3項の委任を受けて株式対応部分金額の計算方法について規定する法人税法施行令23条1項3号は,会社財産の払戻しについて,資本部分と利益部分の双方から純資産に占めるそれぞれの比率に従って比例的にされたものと捉えて株式対応部分金額を計算しようとするものであるところ,直前払戻等対応資本金額等の計算に用いる施行令規定割合を算出する際に分子となる金額(前記2(2)イ(ア)A)を当該資本の払戻しにより交付した金銭の額ではなく減少資本剰余金額とし,資本剰余金を原資とする部分のみについて上記の比例的な計算を行うこととするものであるから,この計算方法の枠組みは,前記の同法の趣旨に適合するものであるということができる。しかしながら,簿価純資産価額が直前資本金額より少額である場合に限ってみれば,上記の計算方法では減少資本剰余金額を超える直前払戻等対応資本金額等が算出されることとなり,利益剰余金及び資本剰余金の双方を原資として行われた剰余金の配当において上記のような直前払戻等対応資本金額等が算出されると,利益剰余金を原資とする部分が資本部分の払戻しとして扱われることとなる。
 そうすると,株式対応部分金額の計算方法について定める法人税法施行令23条1項3号の規定のうち,資本の払戻しがされた場合の直前払戻等対応資本金額等の計算方法を定める部分は,利益剰余金及び資本剰余金の双方を原資として行われた剰余金の配当につき,減少資本剰余金額を超える直前払戻等対応資本金額等が算出される結果となる限度において,法人税法の趣旨に適合するものではなく,同法の委任の範囲を逸脱した違法なものとして無効というべきである。」

 報告者は一応判旨賛成と述べた。しかし、納税者にとっての本丸は株式譲渡損益の計算の方であると思われるので、法人税法61条の2との関係についても最高裁はもっと述べてくれた方が親切だったのではないか、とも述べた。(私からのコメント:仮に法人税法61条の2が配当・みなし配当の計算と連動していなかったら(そういう立法は課税の不整合をもたらしてしまうが、不整合な立法はありえないではない)23条・24条と61条の2との関係を論じた筈であろうから、連動していることによって最高裁判旨が横着してよいということにはならないのではなかろうか)
 なぜ最高裁は、配当の数え方について論じなかったのだろう?わからない。1個というのが最高裁判決文の暗黙の前提であると読むのが素直であるけれども、会社法上2個の配当を法人税法上1個の配当として扱う(国側はそういう主張もしている)ということがありえないと現時点で言い切ることにも躊躇がある、と報告者は述べた。
 少なくとも、日が1日でも違えば会社法上の配当の数は2個であろう(本件は日が違わないが決議が2つなので、やはり会社法上は2個の配当である気がするが、そのあたり、最高裁判決は明言を避けているようである)。それでも法人税法に関して、「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資として行われた」1個の配当として扱うのか、という問題について、本判決からは分からない。
 政令を書き換える必要があるか?報告者の個人的見解としては改正が望ましいと思われる。パブコメが必要かというと、地裁判決と同内容で良かろうと報告者は答えた。
 立法論としては、租税法上の配当概念を作るとか、アメリカのE&P(earnings & profits)勘定のように法人税法独自の利益部分概念を(会社法から離れて)規定すべきとか、報告者は考えている。
 司法と立法府(政令も含め)との役割分担という観点から、配当の数で処理して済ませるのではなく、最高裁が政令の違法性を宣言するというボールの投げ方をしたと理解できるかもしれない。
 なお、一審は二重課税が生じないようにすることを重視していたが、最高裁は利益剰余金から資本部分が出てこないことを重視しているという違いがある。
 デラウェア州法のLLCに関する配当規制が緩いけれども、利益積立金額がマイナスになる事態は、決して稀ではない、と弁護士らが書いている。デラウェア州法下のみならず日本の会社法の下でも生じうる事態である。平川雄士=石井裕樹・T&Amaster880号22頁。


2021/07-01 東京地判R1.11.19平28行ウ377相続人らとの共有ではなく被相続人単独所有不動産と認定された事例
第891回租税判例研究会 川端康之2021年7月2日報告 東京地判令和元年11月19日平成28(行ウ)377号棄却(控訴中らしい)
 被相続人A氏とその妻で原告であるX3氏と訴外H氏と訴外B社が任意組合契約を締結し、米国不動産の購入をした。本件不動産1はA氏、X3氏、H氏の1/3ずつの共有名義、本件不動産2〜17はA氏名義で登記(register)されていた。A氏が死亡し(原告X1と原告X2はA氏の子)、本件不動産1については1/3、本件不動産2〜17についてはA氏所有不動産であったという前提でニューヨーク州遺産税申告がなされた。
 争点1:本件不動産2〜17はA氏単独所有であったか。
 争点2:本件不動産2〜17がA氏単独所有であったことを前提として、他の組合員の出捐に関しA氏は債務を負っていた筈であるとして債務控除(日本の相続税法13条)が適用されるか。
 判旨 争点1 「ア ……本件米国不動産1については持分3分の1が,本件米国不動産2ないし17については持分全てが,Aの所有であることを前提として米国において登記されていると認められるところ,米国における登記制度においては,売主から買主に対する物件移転の意思をもって交付される不動産物件譲渡証書をして登記記録を構成することとされるなど……,登記記録の正確性を担保するための手当てがなされていることからすれば,本件米国不動産1ないし17に係る登記がなされた時点において,本件被相続人,X3及び訴外Hは,本件米国不動産の登記記録上に記載された所有権又は持分を取得する意思で登記記録に係る手続を行ったといえる。
 また,……本件米国不動産2ないし17を取得するための資金については,A又は仲介業者が借主又は抵当権設定者となっており,X3,H及びBは借主又は抵当権設定者となっていない。
イ さらに,……原告らは本件遺産分割協議書及び本件申告書について,X3はニューヨーク州遺産税申告書についても,本件米国不動産1については持分3分の1が,本件米国不動産2ないし17については持分全てが,本件被相続人の相続財産である旨記載して,それらの文書を作成していることからすれば,原告らは,本件相続開始日において,本件米国不動産1については持分3分の1が,本件米国不動産2ないし17については,持分全てにつきAが所有している旨認識していたといえる。
ウ 以上からすれば,本件相続開始日において,本件米国不動産1については持分3分の1が,本件米国不動産2ないし17については持分全てが,Aの所有であったと認められる。」
 争点2 「X3,H及びBが本件米国不動産に係る購入資金を拠出したとしても,本件組合員らの間で,拠出した購入資金の割合とは無関係に共有持分や所有権についての合意をすることはあり得るから,本件組合員らが本件米国不動産に原告ら主張割合の共有持分を有していないとしても,それだけで,Aが,X3,H及びBが本件米国不動産を取得するために拠出した金員を個人で費消したといえないことは明らかであるところ,原告らは,Aが上記金員を個人的に費消したことを裏付ける事情について何ら主張していない。そして,……本件遺産分割協議書及び本件申告書には,AのX3,H及びBに対する不当利得返還債務を含むその他の債務は記載されていなかったことなどからすれば,本件相続開始日において,Aは,X3,H及びBに対し,不当利得返還請求権等に係る債務を負っていなかったと認められる。」

 争点1に関する原告らの主張は所得税法12条(実質的帰属)を思わせるが、相続税法に所得税法12条に相当する規定が無いことが結論に影響しているか。報告者は、所得税法12条について法律的帰属説を前提とすれば、相続税法に同様の規定があろうとなかろうと結局真実の法律的実質を探求することになるので、変わりなかろう、との見通しを述べた。
 アメリカ、ニューヨーク州法における物権変動と、日本法とで、違いがあるのか?(判決は、あまり違いを見出していないように見えるが)。
 争点2に関し、報告者は、A以外の組合員の出捐の事実自体があやしい、という見通しを述べた(原告側の主張立証が不十分であった事案、と当初はまとめておられたが、それはかなりマイルドな表現であったようだ)。
 相続税法13条、14条に関し判旨がなぜ「債権者から履行が求められることが確実と認められる」と表現したのか。


2021/06-32 仏国務院448486欧州司法裁判所へ回付:DAC6
Conseil d'État, Nº 448486 2021.6.25 ECLI:FR:CECHR:2021:448486.20210625 解説IBFD TNS 2021.6.29


2021/06-31 希行政最高裁2021.6.15会社への金銭出資は制限の5年から10年への延長を正当化しない
Greek Supreme Administrative Court 2021.6.15 (未入手) 解説IBFD TNS 2021.6.24


2021/06-30 伯連邦最高裁、海外相続財産に係る州相続税法の適用を停止
Supremo Tribunal Federal 2021.3.1 RE 851.108 (未入手) 解説STF referenda suspensão de normas que regulamentam imposto sobre heran&ccdeil;as e doações do exterior(2021.6.14 18h37) 解説IBFD TNS 2021.6.23


2021/06-29 Karen Fann, CV2020-015495高所得付加税
Karen Fann, et al. v. State of Arizona, Arizona Superior Court, CV2020-015495 (20216.6.11)解説IBFD TNS 2021.6.21


2021/06-28 米|ワシントン州のキャピタルゲイン税は無効か
Chris Quinn & others v. State of Washington, Department of Revenue & Vikki Smith as Director of the Department of Revenue; April Clayton v. State of Washington, Department of Revenue & Vikki Smith as Director of the Department of Revenue, State of Washington's motion to dismiss plaintffs' complaints


2021/06-27 New Hampshire v. Massachusetts, Supreme Court, Orig. No. 154遠隔勤務紛争
State of New Hampshire v. Commonwealth of Massachusetts, Supreme Court, Orig. No. 154, Supplemental brief in opposition
 続報 連邦最高裁上告不受理2021.6.28解説IBFD TNS 2021.6.29; Richard C. Auxier, Supreme Court Punts on State Tax Question About Remote Work (taxvox 2021.6.28)


2021/06-26 Kirik, 2021 US App LEXIS 16815 Tax Courtが判決を修正する範囲
Yaroslav Kirik & Galina Kirik v. Commissioner, 2021 U.S. App. LEXIS 16815; __ Fed. Appx. __; 2021 WL 2308815 (2nd Cir., No. 20-2813, 2021.6.7) 解説Keith Fogg, Finality of a Tax Court Decision (Procedurally Taxing 2021.6.15) cf. Myers2020/06-08


2021/06/25 米欧航空機WTO紛争協力枠組合意
USTR Announces Joint U.S.-E.U. Cooperative Framework for Large Civil Aircraft (2021.6.15) UNDERSTANDING ON A COOPERATIVE FRAMEWORK FOR LARGE CIVIL AIRCRAFT


2021/06-24 南アTourvest Financial Services, [2021] ZASCA 61付加価値税仕入税額控除の配賦|為替役務
South African Revenue Service v Tourvest Financial Services (Pty) Ltd, [2021] ZASCA 61 (2021.5.25), Case no 435/2020 解説IBFD TNS 2021.6.16


2021/06-23 丁欧Apcoa Parking Danmark (C-90/20)VAT対価としての行政費用:駐車便益
Apcoa Parking Danmark A/S v Skatteministeriet (C-90/20) Advocate General Jean Richard opinion (2021.6.3); Judgment () 解説IBFD TNS 2020.5.11; IBFD TNS 2021.6.15


2021/06-22 伊欧SA.63138映像制作会社支援国家補助非該当
SA.63138 Covid 19 - Tax credit for audiovisual production companies - IT cf. SA.62007 Internal Tax Credit for the production of cinematographic works and SA.62008 Internal Tax credit for the production of audiovisual works-IT - modification 解説IBFD TNS 2021.6.11


2021/06-21 米ワシントン州シアトル市賃金費用税("JumpStart" tax)合憲
Greater Seattle Chamber of Commerce d/b/a Seattle Metropolitan Chamber of Commerce v. City of Seattle, Superior Court of Washington for King County, No. 20-2-17576-5 SEA (2021.6.4) 解説IBFD TNS 2021.6.10; David Gutman, King County judge tosses out chamber of commerce challenge to Seattle’s ‘JumpStart’ payroll tax (2021.6.4)
 続報Greater Seattle Chamber of Commerce v. Seattle, Superior Court of Washington for King County, No. 20-2-17576-5 SEA (2021.7.7)解説IBFD TNS 2021.7.9


2021/06-20 勃欧|子会社非課税廃止要請
European Commission, Taxation: Commission requests BULGARIA to abolish exemption for undertaxed subsidiaries (2021.6.9) ギリシャ:郵便VAT非課税Taxation: Commission takes action against GREECE for failure to comply with EU VAT rules on postal services|スウェーデン利子控除改正要請Taxation: Commission requests SWEDEN to amend its rules limiting tax deductibility of interest paid to affiliated companies established in other EU/EEA States解説IBFD TNS 2021.6.10


2021/06-19 Hector I. Garcia & Brenda I. Landrau, TC Memo 2021-72社会保障給付はアメリカ源泉
Hector I. Garcia and Brenda I. Landrau v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Memo. 2021-72 (2021.6.8) 解説IBFD TNS 2021.6.9


2021/06-18 芬最高裁KHO:2021:75 Air BnB賃貸物件は住居譲渡益非非課税適格喪失
芬蘭行政最高裁Korkein hallinto-oikeus (KHO) Vuosikirjanumero(事件番号): KHO:2021:75 (decision (Antopäivä) on 2021.6.7) 解説IBFD TNS 2021.6.8


2021/06-17 独欧E v Finanzamt N & Z v. Finanzamt G (C-45/20 & C-46/20)資産配分不明瞭時のVAT仕入税額控除
E v Finanzamt N and Z v. Finanzamt G, (C-45/20 and C-46/20) and Advocate General Evgeni Tanchev opinion (2021.5.20); Judgment (2021.10.14) 解説IBFD TNS 2020.6.8; IBFD TNS 2021.6.8


2021/06-16 ルクセンブルク欧State of the Grand Duchy of Luxembourg v L (C-437/19)会社状況情報要請
State of the Grand Duchy of Luxembourg v L, (C-437/19) Advocate General Kokott opinion (2021.6.3); Judgment (2021.11.25) 解説IBFD TNS 2019.8.12; IBFD TNS 2021.6.8; IBFD TNS 2021.11.25


2021/06-15 Kenneth G. Kronowitz, 2021 US Dist LEXIS 104157故意FBAR違反
United States of America v. Kenneth G. Kronowitz, 2021 U.S. Dist. LEXIS 104157 (US District Court for the Southern District of Florida, Case No. 19-cv-62648-BLOOM/Valle, 2021.6.3); 2021.6.8 2021 U.S. Dist. LEXIS 3607; 2021 WL 76344 解説IBFD TNS 2021.6.7


2021/06-14 アイスランドルクセンブルクノルウェー欧国家補助非認定
ESA closes investigation into tax-ruling practices in Iceland, Liechtenstein and Norway 2021.6.4 解説IBFD TNS 2021.6.7


2021/06-13 Mazzei, 2021 US App LEXIS 16410 FSC利用タックスシェルターのform over substance
Celia Mazzei; Angelo L. Mazzei; Mary E. Mazzei v. Commissioner of Internal Revenue, 2021 U.S. App. LEXIS 16410; __ F.3d __; US Court of Appeals for the Ninth Circuit, No. 18-72451, 2021.6.2 解説IBFD TNS 2021.6.4


2021/06-12 独BFH VIII R 11/18株式譲渡損失利用制限の違憲性審査の為憲法裁判所へ回付
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Beschluss vom 2020.11.17, VIII R 11/18, ECLI:DE:BFH:2020:VV.171120.VIIIR11.18.0解説BFH Pressemitteilung vom 2021.6.4 - Nummer 021/21, Vorlage an das Bundesverfassungsgericht: Der BFH hält die Verlustverrechnungsbeschränkung für Aktienveräußerungsverluste für verfassungswidrig; IBFD TNS 2021.6.7


2021/06-11 白Ghent控訴審L.W., 2019/AR/930フランス不動産法人からの分配は配当である
L.W. v. Belgian state and tax administration, Hof van beroep Gent, Zaaknummer 2019/AR/930 (2020.10.6) (recently published?)未入手 解説IBFD TNS 2021.6.3


2021/06-10 蘭Arnhem-Leeuwarden控訴審2021.5.18ベルギーサッカー選手移籍金はオランダで課税対象となるか
X NV v. The Tax Administration, Gerechtshof Arnhem-Leeuwarden, Zaaknummer 19/00599, Datum uitspraak 2021.5.18, Datum publicatie 2021.5.28, ECLI:NL:GHARL:2021:4878 解説IBFD TNS 2021.6.2


2021/06-09 仏欧Icade Promotion Logement (C-299/20)土地分譲販売のVATの計算
Icade Promotion Logement SAS v. Ministère de l'Action et des Comptes publics (C-299/20) Advocate General Rantos opinion (2021.5.20); Judgment (2021.9.30) 解説IBFD TNS 2020.9.8; IBFD TNS 2021.6.2フランス法人Icade社は建物無し土地を非課税者から購入した。その土地を区分けし宅地として自然人向けに販売した。Icade社は売却額と購入額との差額法を用いた。土地に相当の改変が加えられている場合に差額法を用いることはできないと課税庁は主張した。


2021/06-08 米バージニア州最高裁 短期宿泊税有効
事件名、事件番号、判決年月日等不明 解説IBFD TNS 2021.6.1 Dillon's Rule by Tabler v. Fairfax County, 221 Va. 200 (Supreme Court of Virginia, Record No. 781176, 1980.8.28)


2021/06-07 米オハイオ州最高裁Willacy, 2021-Ohio-1734ストックオプション譲渡益税還付拒絶
Willacy v. Cleveland Bd. Of Income Tax Rev., Slip Opinion No. 2021-Ohio-1734 (Supreme Court of Ohio, 2021.5.25); 2021 Ohio LEXIS 988; 2021 WL 2093284 解説IBFD TNS 2021.6.1 Willacy v. Cleveland Bd. Of Income Tax Rev., 159 Ohio St.3d 383, 2020-Ohio-314, 151 N.E.3d 561 (Supreme Court of Ohio, 2020.2.4) | Collateral estoppel, Whitehead v. Gen. Tel. Co., 20 Ohio St. 2d 108 (Supreme Court of Ohio, 1969.12.17)


2021/06-06 Logix Data Products (2021 TCC 36)科学研究実験開発費用控除と投資税額控除の可否
Logix Data Products Inc. v. The Queen, (2021 TCC 36) 解説IBFD TNS 2021.6.1 cf. Northwest Hydraulic Consultants Limited v. The Queen, (1998, C.T.C. 2520, 52 D.T.C. 1839) (Tax Court of Canada, 1998.5.1) cf. Kam-Press Metal Products2021/05-13


2021/06-05 米NY租税裁判所Albert R. Lepage, etc., DTA Nos. 828035 to 828038株式移転はS法人選択強制
In the Matter of Albert R. Lepage, Francoise O. Lepage, Ronald A. Jalbert, Mariette Jalbert and Andrew P. Barowsky, New York Tax Appeals Tribunal, DTA Nos. 828035 to 828038 (2021.5.__) 解説IBFD TNS 2021.5.31


2021/06-04 マデイラ葡欧国家補助Madeira (T-131/21)
Região Autónoma da Madeira v. Commission (T-131/21)


2021/06-03 チェコ憲法裁判所Pl. ÚS 87/20所得税法改正の合憲性判定
チェコ憲法裁判所Pl. ÚS 87/20 (2021.5.25) 解説IBFD TNS 2021.5.31


2021/06-02 最判R2.3.24民集74-3-292家屋評価誤りによる過大固定資産税等の損害賠償請求権の除斥期間起算点
第890回租税判例研究会碓井光明2021年6月18日報告 如水会事件・最三小判令和2年3月24日民集74巻3号292頁一部破棄差戻、一部却下|原審東京高判平成29年12月5日民集74巻3号414頁取消|東京地判平成28年11月10日民集74巻3号311頁一部認容、一部棄却
 X(如水会)は昭和57年9月14日に新築された非木造家屋(本件家屋)を当時から所有している。東京都知事は昭和58年(1983年)6月30日家屋について評価し価格決定。平成3年3月31日増築。Xは平成25年(2013年)1月27日に本件訴訟を提起。なお改正後の民法724条2号の20年は時効と明記されているので本判決の射程が及ぶか分からない。
 一審……除斥期間の起算点たる「不法行為の時」は、平成4年度について平成5年(1993年)3月1日であり、除斥期間は経過していない。
 控訴審……「不法行為の時」は、昭和58年の建築当初の評価行為及び価格決定時であり、遅くとも同年6月30日の価格決定時である。
 上告代理人私市大介上告受理申立て理由……最三小判平成16年4月27日民集58巻4号1032頁は「民法724条後段所定の除斥期間の起算点は、『不法行為ノ時』と規定されており、加害行為が行われた時に損害が発生する不法行為の場合には、加害行為の時がその起算点となると考えられる。しかし、身体に蓄積した場合に人の健康を害することとなる物質による損害や、一定の潜伏期間が経過した後に症状が現れる損害のように、当該不法行為により発声する損害の性質上、加害行為が終了してから相当の期間が経過した後に損害が発生する場合には、当該損害の全部又は一部が発生した時が除斥期間の起算点となると解すべきである」と判示している。
 最高裁判旨……「ある年度の家屋の固定資産税等の税額が過大に決定されて所有者に損害が生じた場合に,その原因が,手続の過程におけるいずれかの行為(当該年度の賦課に係る行為のほか,その基礎とされた従前の年度における行為を含む。)に過誤があったことに求められるときには,過誤のあった当該行為が故意又は過失により違法に行われたものであるということができれば,当該一連の手続により生じた損害に係る国家賠償責任が生ずるものということができる。」
 「家屋の評価に関して誤りが生ずると,前記2(1)の課税の仕組みの下では,当該誤りがその年度における価格決定や賦課決定だけでなく翌基準年度における評価等にも影響を及ぼし,将来における過大な固定資産税等の賦課という結果を招くおそれが生ずるということはできるものの,その後の手続において課税庁の判断等により当該誤りが修正されるなどすれば,過大な固定資産税等が課されることはなく,所有者に損害は発生しないこととなる。また,当該誤りが生じた後に所有者に変更があれば,過大な固定資産税等を課されて損害を受ける者も変わることとなる。このように,当該誤りが生じた時点では,これを原因として実際に過大な固定資産税等が課されることとなるか否か,過大な固定資産税等を課されて損害を受ける者が誰であるかなどは,なお不確定であるといわざるを得ない。そして,当該誤りが修正されるなどすることなく手続が進められ,これに基づいてある年度の固定資産税等につき賦課決定及び納税通知書の交付がされて初めて,これを受けた者が当該賦課決定の定める税額につき納税義務を負うことが確定することとなる。」
 「固定資産税等の賦課に関し,その税額が過大であることによる国家賠償責任が問われる場合において,これに係る違法行為及び損害は,所有者に具体的な納税義務を生じさせる賦課決定等を単位として,すなわち年度ごとにみるべきであり,家屋の評価に関する同一の誤りを原因として複数年度の固定資産税等が過大に課された場合であっても,これに係る損害賠償請求権は,年度ごとに発生するというべきである。そして,ある年度の固定資産税等の過納金に係る損害賠償請求権との関係では,被害者である所有者に対して当該年度の具体的な納税義務を生じさせる賦課決定の効力が及んだ時点,具体的には納税通知書の交付がされた時点をもって,除斥期間の起算点である「不法行為の時」とみることが相当である。以上のことは,所有者が,当該年度以前の基準年度等の価格決定やこれに基づいて課された固定資産税等に関し,評価の誤り等を理由に審査の申出及び取消訴訟又は国家賠償請求訴訟をもって争い得たとしても,左右されるものではない。」
 「家屋の評価の誤りに基づきある年度の固定資産税等の税額が過大に決定されたことによる損害賠償請求権の除斥期間は,当該年度の固定資産税等に係る賦課決定がされ所有者に納税通知書が交付された時から進行するものと解する」。

 報告者は判旨賛成。「不法行為の時」の候補は[1]建築当初の評価行為及び価格決定がなされた時、[2]三年毎の基準年度の価格決定がなされた時、[3]各年度の賦課決定の時、[4]各年度の賦課決定に基づき納付した時。X主張及び一審は[4]だが、最高裁判決は[3]。  本判決は最三小判平成16年4月27日を先例視していないが「損害発生が確定するとき」に着目している、と報告者は述べた。(財賀理行・ジュリスト1554豪84頁以下は「本判決は、除斥期間の起算点に関する加害行為時説や損害発生時説のような一般論には触れることなく結論を導いているが、加害行為時説の立場からは、……[[1]〜[3]]が全体として『加害行為』を構成し、その完成時である[3]が起算点となるものであると説明することになろうか。また、損害発生時説の立場からは、納税者が実際に固定資産税等を徴収される([4])に至らなくても、当該年度の納税義務を負うこと自体が『損害』であり、その発生時である[3]が起算点となるとしたものであると説明することになろうか。」(87頁)という両睨みの説明をしている。)
 参考裁判例……三井生命保険株式会社事件・前橋地判平成29年9月27日平成24(ワ)411号(D1-Law.com 28264941、LEX/DB 25547660)・東京高判平成30年10月25日平成30(ネ)400号(D1-Law.com 28264942)……固定資産の評価誤りの国家賠償請求を一部認容。
 前橋地判平成24年11月28日(判例集未登載、未確認)


2021/06-01 東京地判R2.1.30平28行ウ462麻酔報酬の租特26条1項「社会保険診療につき支払を受けるべき金額」非該当例
第889回租税判例研究会岩崎政明2021年6月4日報告 東京地判令和2年1月30日平成28(行ウ)462号
 原告Xが本件各病院において行なわれた本件手術について本件麻酔施術を提供していた。租税特別措置法26条1項は「医業又は歯科医業を営む個人が、各年において社会保険診療につき支払を受けるべき金額を有する場合において、当該支払を受けるべき金額が五千万円以下」である場合に、所定の控除率で必要経費を計算するとしていた。Xは、租特26条1項の適用を前提に所得税に関して事業所得の計算をした申告をし、消費税について非課税資産の譲渡等に当たるという前提で消費税の申告をしなかった。課税庁は、所得税について租特26条1項の適用はなく、消費税について課税資産の譲渡等に当たる、と主張した。
 判旨――「当該患者の治療等への本件クリニック(原告)の関与は,本件各病院が主体となって実施した本件手術において,その各種の医療関係行為の一環として行われた本件麻酔施術につき,麻酔専門医である原告を提供したにとどまるものといえる。」
 「本件クリニック(原告)は,本件各病院との本件各業務委託契約に基づき,本件各病院が実施した本件手術における本件麻酔施術を本件クリニックの医師(原告)に行わせていたにすぎないものであって,自ら主体となって本件各病院と共に本件手術を実施したとまで評価することができるものではない。また,本件手術における各種の医療関係行為の一環として行われた本件麻酔施術を,本体たる手術から切り離して,これとは別個の医療サービスの給付を成すものと解するのも相当ではない。そうすると,原告が行った本件麻酔施術は,本件各病院が実施した本件手術に包摂され,本件手術の一部を成すものとして医療サービスの給付(療養の給付)を構成するものというべきである。」

 本件クリニックとしての原告(指定医療機関としての原告)と、人間としての原告とが、区別されるという論理。
 報告者は、本件の結論に賛成するものの、「医業又は歯科医業を営む個人」が事業主体としての「個人」に限られ役務提供主体としての「個人」を含まないとする本件判旨の限定解釈に疑問を呈し、原告が受け取ったのは「社会保険診療」以外の事業所得である(そして消費税法上は非課税資産の譲渡等に該当せず課税資産の譲渡等に該当する)と論ずれば良かったのではないか、と報告した。
 私からの質問として、判決が「医業又は歯科医業を営む個人」を限定解釈したと読む必要はなく、結局のところ「社会保険診療につき支払を受ける」に当たらないことを判旨が論証したと理解すれば、報告者の考え方にも沿っているのではないか、と質問した。
 フロアからは、実体基準のみならずレセプトに着目する形式基準も国側が主張していたことに対し、本判決が実体基準のみを論拠としたことについて、疑問が呈された。他方、フロアから、実体基準のみが意味を持ちうるのでは、という疑問が呈された。
 フロアから、麻酔科医が給与所得を得たとされた事例との比較が提起された。
 (1)給与所得である場合。←東京地判平成24年9月21日税資262号順号12043平成23(行ウ)127号。
 (2)事業所得であるが事業主体性が認められないので社会診療報酬に当たらない場合。←本件の国側主張。
 (3)事業所得であり事業主体性があるので社会診療報酬に当たる場合。←本件の原告の主張。
 (4)事業所得であり事業主体性もあるが自由診療報酬など社会診療報酬に当たらない場合。←今回は度外視してよい。
 このように並べてみると、(2)が一見分かりにくいような気もする。事業主体性が認められないのに事業所得である、って何なのさ?という感覚。しかし、そこでいう事業主体性が認められないというのは、患者との関係において元請け的な主体性が認められないということであるにすぎず、下請け的な者が受ける所得が事業所得である(消費税法上は給与ではなく事業者として課税資産の譲渡等をしたとして扱われる)ということは十分ありうる、と。
 また、本件と異なり麻酔科医が本件各病院と共同して患者と契約し共同受任の法形式を採ることで(3)ルートに行く、というのは、難しそうである。
 (1)の給与所得だと消費税が課せられないが(2)の事業所得だと消費税が課せられる、というのが、若干気持ち悪い。


2021/05-27 Robert Goldsmith, 2021 US Dist LEXIS 99650故意FBAR違反|不適切不必要な動機
United States of America v. Robert Goldsmith, 2021 U.S. Dist. LEXIS 99650, US District Court for the Southern District of California, Case No.: 3:20-cv-00087-BEN-KSC (2021.5.25) 解説IBFD TNS 2021.5.28 FBAR (Foreign Bank Account Reporting)


2021/05-26 米マサチューセッツ州最高裁Oracle & Microsoft, SJC 130-13売上税他州配賦部分還付
Oracle USA, Inc. v. Commissioner of Internal Revenue and Microsoft Licensing, GP v. Commissioner of Internal Revenue, SJC 130-13 (2021.5.21) 解説IBFD TNS 2021.5.27


2021/05-25 伯連邦最高裁RE 574.706州VATを社会保障税賦課標準から除外
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal RE 574.706(未入手) 解説IBFD TNS 2021.5.27州付加価値税Imposto Sobre Circulação de Mercadorias e Serviços (ICMS)、社会保障拠出金contribution for the employees' profit participation programme (PIS) contribution for the financing of social security (COFINS)


2021/05-24 Hurstwood Properties (A) v Rossendale Borough Council, [2021] UKSC 16
Hurstwood Properties (A) Ltd v Rossendale Borough Council, [2021] UKSC 16 (2021.5.14); appeal from [2019] EWCA Civ 364 (2019.3.7); appeal from [2017] EWHC 3461 (Ch) (2017.11.30) 解説IBFD TNS 2021.5.26 Local Government Finance Act 1988


2021/05-23 ケニア国税不服審判所Appeal No. 474 of 2020過納税還付は申請しなければならない
ケニア国税不服審判所(?Tax Appeals Tribunal)National Bank of Kenya (NBK) Ltd. v. Commissioner of Domestic Taxes (commissioner) [Appeal No. 474 of 2020] (2021.5.13 解説IBFD TNS 2021.5.26


2021/05-22 丁欧SA.62998コロナ対応企業支援
SA.62998 解説IBFD TNS 2021.5.26


2021/05-21 独BMF X R 20/19 & X R 33/19 年金二重課税
Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.5.19, X R 33/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.190521.XR33.19.0 & X R 20/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.190521.XR20.19.0 解説Pressemitteilung 2021.5.20 Nummer 018/21 Verkündungstermine in den Revisionsverfahren X R 20/19 und X R 33/19 (sogenannte doppelte Besteuerung von Altersrenten); Pressemitteilung 2021.5.31 Nummer 019/21, Zur sog. doppelten Besteuerung von Renten I - BFH legt Berechnungsgrundlagen fest und zeigt damit drohende doppelte Besteuerung künftiger Rentnergenerationen auf; Pressemitteilung 2021.5.31 Nummer 020/21, Zur sog. doppelten Besteuerung von Renten II - Bei privaten Renten kann es systembedingt nicht zu einer doppelten Besteuerung kommen; IBFD TNS 2021.6.3


2021/05-20 Leg. of State of Nev. v. Settelmeyer, 2021 Nev. LEXIS 21 特別多数非充足ゆえ違憲
アメリカ・ネバダ州最高裁Leg. of State of Nev. v. Settelmeyer, (Nevada Supreme Court No. 81924, 2021.5.13) 2021 Nev. LEXIS 21 | 137 Nev. Adv. Rep. 21 | 2021 WL 1936551 解説IBFD TNS 2021.5.21


2021/05-19 Virgin Australia Airlines, [2021] FCA 523従業員に駐車便益を与えることはfringe benefitか
Virgin Australia Airlines Pty Ltd v Commissioner of Taxation, [2021] FCA 523[ (2021.5.18) 解説IBFD TNS 2021.5.20


2021/05-18 Shell Energy Holdings Australia, [2021] FCA 496ChevronとのJV結成の為の持分の償却可否
Shell Energy Holdings Australia Limited v Commissioner of Taxation, [2021] FCA 496 (2021.5.12) 解説IBFD TNS 2021.5.19 Shell EnergyとChevron Australiaが石油ジョイントベンチャーを組む。


2021/05-17 Mussalli, [2021] FCAFC 71フランチャイジー将来賃料減額のための支払の控除の可否
Mussalli v Commissioner of Taxation, [2021] FCAFC 71 (2021.5.14); appeal from [2020] FCA 544 (2020.4.28) 解説IBFD TNS 2021.5.19


2021/05-16 伯最高裁RE 855.649非開示銀行預金所得税賦課合憲
ブラジル連邦最高裁判所Supremo Tribunal Federal, RE 855.649 (2021.4.30) 解説IBFD TNS 2021.5.18; https://velosodemelo.com.br/novo-entendimento-do-supremo-tribunal-federal-referente-a-tributacao-sobre-deposito-bancario-julgamento-do-re-no-855-649/ https://www.conjur.com.br/2021-abr-30/ir-incidir-depositos-origem-nao-comprovada-decide-stf


2021/05-15 Tooth, [2021] UKSC 17故意過少申告:納税者勝訴
HMRC v Tooth, [2018] UKUT 38 (TCC) (2018.2.7); [2019] EWCA Civ 826 (2019.5.15); [2021] UKSC 17 (2021.5.14) 解説IBFD TNS 2021.5.17


2021/05-14 葡欧Allianzgi-Fonds Aevn (C-545/19)対非居住者支払配当源泉徴収税
Allianzgi-Fonds Aevn v. Autoridade Tributária e Aduaneira (C-545/19) 解説IBFD TNS 2021.5.6; IBFD TNS 2021.5.17


2021/05-13 Kam-Press Metal Products (2021 FCA 88)研究開発費控除否認
Kam-Press Metal Products Ltd. v. The Queen (2021 FCA 88) (2021.5.17) 解説IBFD TNS 2021.5.17 cf. Northwest Hydraulic Consultants Limited v. The Queen ([1998]3 C.T.C. 2520, 52 D.T.C. 1839, [1998] CarswellNat 3632) (1998.5.1) cf. Logix Data Products2021/06-06


2021/05-12 Missouri v Yellen, Case No. 4:21 CV76 HEA
State of Missouri v. Janet Yellen, et al., Case No. 4:21 CV76 HEA (opinion on 2021.5.11); Missouri AG Files Suit Over American Rescue Plan Act Restriction (2021.3.29) 解説Lauren Loricchio, Judge Dismisses Missouri's Suit Over Restriction on Federal Funding (taxnotes 2021.5.12)


2021/05-11 ルクセンブルク欧Affaire Halet c. Luxembourg (21884/18) LuxLeaksのwhistleblowerに対する罰則
欧州人権裁判所Affaire Halet c. Luxembourg (Requête nº 21884/18) Judgement on 2021.5.11 European Court of Human Rights Press Release ECHR 143 (2021) on 2021.5.11 解説Molly Quell, European Rights Court Upholds Fine in LuxLeaks Whistleblower Case (Courthouse News Service 2021.5.11); IBFD TNS 2021.5.26


2021/05-10 ルクセンブルク欧Luxembourg & Engie (T-516/18 & T-525/18)国家補助:濫用対策不適用
Luxembourg v Commission (T-516/18) and Engie, Engie Global LNG Holding Sàrl and Engie Invest International SA v Commission (T-525/18) (General Court judgement: ECLI:EU:T:2021:251 on 2021.5.12) press release No. 80/21 on 2021.5.12 解説IBFD TNS 2018.11.5; IBFD TNS 2021.5.12
 Engie上訴2021.7.22 解説IBFD TNS 2021.9.20
 関連SA. 44888 Aid to Engie C(2018) 3839 final (2018.6.20)


2021/05-09 ルクセンブルク欧Luxembourg & Amazon (T-816/17 & T-318/18)国家補助:移転価格
Luxembourg v. Commission (T-816/17) & Amazon EU and Amazon.com v. Commission (T-318/18) (General Court judgement:ECLI:EU:T:2021:252 on 2021.5.12) Press Release No. 79/21 on 2021.5.12 解説IBFD TNS 2021.5.12


2021/05-08 伯控訴審1201-004.560身元確認受領者への支払に源泉徴収税率35%不適用
ブラジル租税救済行政控訴審Conselho Administrativo de Recursos Fiscais, Acórdão nº 1201-004.560 do Processo 17883.000059/2006-14, (2021.1.19, published on 2021.3.23)未入手 解説IBFD TNS 2021.5.7


2021/05-07 米カリフォルニア州連邦裁判所北部管轄|暗号通貨利用者の身元確認
Department of Justice, Court Authorizes Service of John Doe Summons Seeking Identities of U.S. Taxpayers Who Have Used Cryptocurrency (2021.5.5) | Department of Justice, Court Authorizes Service of John Doe Summons Seeking Identities of U.S. Taxpayers Who Have Used Cryptocurrency (2021.4.1) 解説IBFD TNS 2021.5.6


2021/05-06 伯最高裁2021.3.5未申告国外財産保有納税者が提供した情報の開示の禁止の合憲性
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal, 2021.3.5事件番号等不明未入手 解説IBFD TNS 2021.5.6 (Regime Especial de Regularização Cambial e Tributária)


2021/05-05 Skatteforvaltningen v Solo Capital Partners, [2021] EWHC 974 (Comm)デンマーク課税庁の請求
Skatteforvaltningen (i.e. the Danish Customs and Tax Administration) v Solo Capital Partners LLP & Ors, [2021] EWHC 974 (Comm) (2021.4.27) 解説IBFD TNS 2021.5.5


2021/05-04 ルーマニア欧Wilo Salmson France (C-80/20) VAT越境還付税額控除権発生時期
Wilo Salmson France SAS (C-80/20) Advocate General Kokott opinion (2021.4.22); Judgement (2021.10.21) 解説IBFD TNS 2020.8.24; IBFD TNS 2021.5.5


2021/05-03 Ronnie S. Baum and Teresa K. Baum, TC Memo 2021-46
Ronnie S. Baum and Teresa K. Baum v. Commissioner, T.C. Memo. 2021-46 (2021.4.27) 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: The Multiple Paths For Loss Deductions (TaxProf Blog 2021.5.3)


2021/05-02 Tetra Pak Processing Systems (BS-19502/2020-HJR)移転価格:文書化における比較対象
Højesterets Domデンマーク最高裁Tetra Pak Processing Systems A/S v. Skatteministeriet (Sag BS-19502/2020-HJR) (2021.4.26) 解説IBFD TNS 2021.5.3


2021/05-01 最三小判R2.3.24集民263-63所基通59-6非明記の財産評価基本通達の読替え
第888回租税判例研究会浅妻章如2021年5月21日報告 最三小判令和2年3月24日集民263号63頁平成30(行ヒ)422号所得税更正処分取消等請求事件、破棄差戻 東京地判平成29年8月30日金判1602号26頁平成24(行ウ)185号 東京高判平成30年7月19日金判1602号21頁平成29(行コ)283号
浅妻章如「所得税基本通達59−6に明記されていない財産評価基本通達の読替え:タキゲン事件」2021.5.21報告資料version4


2021/04-29 Kimberly-Clark Corporation, DTA No. 828259国外関連会社使用料所得算入
In the Matter of the Petition of Kimberly-Clark Corporation and Combined Affiliates, DTA No. 828259, (New York Division of Tax Appeals, 2021.4.15) 解説IBFD TNS 2021.4.30


2021/04-28 Stephen Hoey, [2021] UKUT 82 IT指導者PAYE控除適格の有無
Stephen Hoey v. HMRC, [2021] UKUT 82 (TCC) (2021.4.12) 解説IBFD TNS 2021.4.29


2021/04-27 丁SKM2021.216.SR投資組合に対するハイブリッドミスマッチルールの適用
デンマーク国税不服審判所相当?Skatterådet (tax council) SKM2021.216.SR (2021.3.23) 解説IBFD TNS 2021.4.29; Denmark Tax Agency Explains Application of Hybrid Mismatch Rules for Specific Investment Partnerships (bloomberg tax 2021.4.22)


2021/04-26 独BFH VII R 34/18外国雇用者に対する最低賃金法の下の関税執行の調査権限
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.8.18, VII R 34/18, VII R 35/18 & VII R 12/19, ECLI:DE:BFH:2020:U.180820.VIIR34.18.0, ECLI:DE:BFH:2020:U.180820.VIIR35.18.0, ECLI:DE:BFH:2020:U.180820.VIIR12.19.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.4.29 - Nummer 015/21 - Prüfungsbefugnisse der Zollverwaltung nach dem Mindestlohngesetz gegenüber ausländischen Arbeitgebern


2021/04-25 独BFH IV R 35/19ビデオ会議での諮問に基づく判決の可否
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2021.2.10, IV R 35/19, ECLI:DE:BFH:2021:U.100221.IVR35.19.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.4.29 - Nummer 014/21 - Gerichtliche Entscheidungen aufgrund einer Beratung im Rahmen einer Videokonferenz


2021/04-24 独BFH III R 73/18ドイツの児童手当から未利用他EU国家族手当を控除することの可否
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.12.9, III R 73/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.091220.IIIR73.18.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.4.29 - Nummer 013/21 - Anrechnung von nicht im EU-Ausland beantragten Familienleistungen auf deutsches Kindergeld


2021/04-23 Said Rum, 2021 US App LEXIS 12160過失FBAR違反
United States of America, v. Said Rum, 995 F.3d 882; 2021 U.S. App. LEXIS 12160 (11th Cir., No. 19-14464, 2021.4.23) 解説IBFD TNS 2021.4.26
 続報Said Rum v. US, Sup. Ct. Dkt. No. 21-589 (2021.12.6未入手) 解説Patrice Gay, Supreme Court Declines Review of FBAR Penalty, Other Tax Cases, Tax Notes Today Federal, 2021.12.7


2021/04-22 The Prudential Assurance Company, [2021] UKFTT 50グループ内取引でVAT非課税の範囲
The Prudential Assurance Company Ltd v HMRC, [2021] UKFTT 50 (TC) (2021.2.26) 解説IBFD TNS 2021.4.26


2021/04-21 General Electric, [2021] EWCA Civ 534 10億ポンド勝利→後に和解
(1) IGE USA Investments Limited, (2) GE Capital Investments, (3) GE Capital Finance, (5) GE Capital Corporation (Holdings), (6) GE (Holdings) and (7) International General Electric (U.S.A) (the Appellants) v HMRC, [2021] EWCA Civ 534 解説Josh White, This week in tax: General Electric wins battle with HMRC 2021.4.16; IBFD TNS 2021.4.23
 2021.7.8最高裁上告受理
 和解2021.9.15解説IBFD TNS 2021.9.20; George Turner, TaxWatch challenges HMRC over "sweetheart" deal with GE (TaxWatch 2021.12.6); Sarah Paez, TaxWatch Threatens Legal Action Against HMRC Over GE Settlement (Tax Notes Today International, 2021.12.7)


2021/04-20 Leon Landa, 2021 US Claims LEXIS 635スイス銀行口座故意非開示
Leon Landa v. United States, 2021 U.S. Claims LEXIS 635 (US Court of Federal Claims No. 18-365, 2021.4.19) 解説IBFD TNS 2021.4.22


2021/04-19 芬行政裁判所H1675/2021他 所得情報公開とGDPR:マスコミへの情報提供を課税庁は拒めない
フィンランド:ヘルシンキ行政裁判所District Administrative Court of Helsinki (Helsingin hallinto-oikeus) 2021.4.20判決(case numbers H1675/2021, H1676/2021, H1677/2021, H1680/2021, H1684/2021, H1689/2021 and H1696/2021) 未入手 解説Finnish Court Tells Tax Agency to Release Names of High Earners (2021.4.22); IBFD TNS 2021.4.22; IBFD TNS 2021.5.7(課税庁上訴断念)


2021/04-18 Davendra Anand, 2021 US App LEXIS 10920 FBAR申告懈怠の利息減免請求棄却
Davendra Anand v. Commissioner of Internal Revenue, (2nd Circuit, 2021.4.16, No. 20-2408) 2021 U.S. App. LEXIS 10920 解説IBFD TNS 2021.4.21納税者は利息減免、FBAR懈怠罰金の還付、印米租税条約の修正を求めていた。[裁判で条約の修正を求める?]


2021/04-17 蘭最高裁ECLI:NL:HR:2021:582スコットランド信託のオープンエンド基金の配当源泉徴収税還付請求棄却
オランダ最高裁Hoge Raad der Nederlanden, zaaknummer 18/01052, 18/01053, 18/01056, 18/01058, 18/01061, 18/01062 und 18/01065 (2021.4.16) ECLI:NL:HR:2021:582 解説IBFD TNS 2021.4.21 cf. A-Fonds C-598/17 (2018/12-87)


2021/04-16 独BFH X R 20/19 & X R 33/19老齢年金二重課税
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof X R 20/19 & X R 33/19 BFH Pressemitteilung 2021.3.30 Nummer 010/21, Mündliche Verhandlung im Revisionsverfahren X R 20/19 (sog. doppelte Besteuerung von Altersrenten); BFH Pressemitteilung 2021.4.20 Nummer 012/21 Mündliche Verhandlungen in den Revisionsverfahren X R 20/19 und X R 33/19 (sog. doppelte Besteuerung von Altersrenten)


2021/04-15 Duane Pankratz, T.C. Memo. 2021-26
Duane Pankratz v. Commissioner, T.C. Memo. 2021-26 (2021.3.3) 解説Bryan Camp, Lesson From The Tax Court: Blind Reliance Is Not Reasonable Reliance (taxanalyst 2021.4.19)


2021/04-14 仏国務院427880デラウェア州法人はsociété par actions simplifiée相当で不透明
World Investment Corporation, Conseil d'État, Nº 427880 (2021.4.2) 解説IBFD TNS 2021.4.19 cf. Conseil d'État, Nº 363556 (2014.11.24)


2021/04-13 チリ租税裁判所Chile vs. Avery Dennison Chile S.A. (Case N RUT 96.721.090-0)移転価格<
Chile vs. Avery Dennison Chile S.A. (Tax Court, Case RUT Nº 96.721.090-0) 解説J. Harold McClure, Avery Dennison wins Chile transfer pricing dispute over intercompany loans, distributor margin (MNE Tax 2021.4.14)


2021/04-12 CSX Transportation v. Alabama
CSX Transportation Inc. v. Alabama Department of Revenue, 886 F.3d 974 (11th Cir. 2018.3.23) 解説Roxanne Bland, A Lesson in Legal Strategy: CSX v. Alabama Department of Revenue (tax notes 2021.4.8)


2021/04-11 丁SKM2018.511.LSR移転価格
SKM2018.511.LSR (2021.3.25) 解説Susi Baerentzen, Danish Ministry of Taxation admits defeat in important transfer pricing case (MNE Tax 2021.4.14)


2021/04-10 南アAbsa Bank, [2021] ZAGPPHC 127合法性の原則|通知の撤回
Absa Bank Limited and Another v The Commissioner for the SARS, (High Court, Case no 2019/21825 [P]) [2021] ZAGPPHC 127 (2021.3.11) 解説IBFD TNS 2021.4.14


2021/04-09 Gaetano, 2021 US App LEXIS 10253主権免税
Gaetano v US, 2021 U.S. App. LEXIS 10253 (6th Cir. 2021.4.9, No. 20-192) 解説Leslie Book, Sixth Circuit Weighs in On Sovereign Immunity and Exceptions to Notice in Third-Party Summons Case (Procedurally Taxing 2021.4.12)


2021/04-08 Auctus Resources, [2021] FCAFC 39研究開発費控除還付
Commissioner of Taxation v Auctus Resources Pty Ltd, [2021] FCAFC 39 (2021.3.19) Australian court holds R&D tax offset refund was paid by mistake, subject to recovery provision (MNE Tax 2021.4.8)


2021/04-07 Comtek Network Systems, [2021] UKUT 81 (TCC)土地印紙税回避罰則的法
HMRC v. Comtek Network Systems (UK) Limited, [2021] UKUT 81 (TCC) (2021.4.1) 解説IBFD TNS 2021.4.8


2021/04-06 洪欧Balgarska natsionalna televizia (C-21/20)公共放送のVAT納税義務の範囲
Balgarska natsionalna televizia v. Direktor na Direktsia 'Obzhalvane idanachno-osiguritelna praktika' - Sofia pri Zentralno upravlenie na Natsionalnata Agentsia za Prihodite (C-21/20) Advocate General Szpunar opinion (2021.3.25); Judgment (2021.9.16) 解説IBFD TNS 2021.4.6


2021/04-05 Balhousie Housing, [2021] UKSC 11セール&リースバック:二つの取引だがVAT self-supply不適用
Balhousie Housing Limited v HMRC, [2021] UKSC 11 (2021.3.31); on appeal from [2019] CSIH 7; [2019] STC 1298 (2019.2.7) 解説IBFD TNS 2021.4.6


2021/04-04 米連邦最高裁Google v. Oracle:Fair Use認める(租税訴訟ではない)
Google v. Oracle, Supreme Court, No. 18-956 (2021.4.5)


2021/04-03 Sleeth, 2021 US App LEXIS 8108無責配偶者非該当事例
Loli D. Sleeth v. Commissioner, _ F.3d _; 2021 U.S. App. LEXIS 8108; 2021 WL 1049815 (11th Cir. 2021.3.19) 解説Keith Fogg, Innocent Spouse Updates (Procedurally Taxing 2021.4.5) cf. Lindsey Jones v. Commissioner, T.C. Memo. 2019-139 (2019.10.16)


2021/04-02 東京地判R2.1.30平29行ウ371不相当に高額な役員給与
第887回租税判例研究会 長島弘2021年4月16日報告 レインボーエンタープライズ株式会社事件・東京地判令和2年1月30日平成29(行ウ)371号
 法人税法34条2項、法人税法施行令70条1項イ「……当該役員の職務の内容、その内国法人の収益及びその使用人に対する給与の支給の状況、その内国法人と同種の事業を営む法人でその事業規模が類似するものの役員に対する給与の支給の状況等に照らし、当該役員の職務に対する対価として相当であると認められる金額を超える場合……」
判旨 「役員給与は,[法人税]法22条3項2号に規定された費用の一種ではあるものの,法人と役員との関係に鑑みると,役員給与の額を無制限に損金の額に算入することとすれば,法人において役員給与の支給額をほしいままに決定し,法人の所得の金額を殊更に少なくすることにより,法人税の課税を回避するなどの弊害が生ずるおそれがある。そこで,法人税法34条は,上記別段の定めを設け,損金の額に算入される役員給与を上記のような弊害がないと考えられるものに限定することにより,役員給与の金額決定における恣意性の排除を図り,もって課税の公平性を確保したものと解される。」
 「本件役員給与は,他の役員に支給された役員給与と比べて著しく高額であるばかりでなく,原告の収益が,本件各事業年度を通じて減少傾向にあり,使用人に対する給与の支給額も横ばいないし緩やかな減少傾向にある中で,これに逆行する形で急増しており,その結果,原告の改定営業利益の大部分を占めることとなって,原告の営業利益を大きく圧迫するに至っているのである。このことに鑑みると,……本件代表者の職務内容や原告の売上げを得るために本件代表者が果たした職責等に照らしても,本件役員給与の額の高さ及び増加率は著しく不自然であると評価せざるを得ない。」
 「原告の売上げを得るために本件代表者が果たした職責及び達成した業績が相当高い水準にあったことに鑑み,当該調査対象事業年度における本件各抽出法人の役員給与の最高額を超える部分がこれに当たると認めるのが相当である。

 『隠れた利益処分』という嘗ての損金不算入の根拠を、本判決は述べていない。これに対し、報告者は、本件の代表者が株主でもあることから、隠れた利益処分の趣旨を法人税法34条2項に見出した方が良かったのではないか、と主張した。
 また、本件では埼玉県の企業が同業類似法人として選定されているところ、本件の代表者はマレーシアで活動しており、全国から類似法人を選定すべきであった、と報告者は主張した。また、日本標準産業分類の「542 自動車卸売業」で選定していることについて、本件ではインターネットを駆使したオークションで仕入れているといった業種との類似性(必ずしも自動車でなくても)に着目すべきであった、と報告者は主張した。
 また、最高額をもって損金算入の枠を見出したことに対し、偶然の影響が強すぎる、と報告者は主張した。
 なお、判旨の結論には報告者は賛成しているように読めた(納税者側の主張の額の正当性は到底認めがたい)が、フロアとのやりとりの中で、判決の理由付けには不備があるので判決に反対であるという結論を、報告者は述べた。
 代表者が居住者である場合は、高額の役員給与を支払うと所得税・住民税が課せられるので、あまりに高額にする誘因が弱い、そういう状況でせいぜい7000万円という額が支払われている、しかし本件の代表者は非居住者であるので日本では源泉徴収税20%だけが適用されるので、役員給与を高額化する誘因が強い、そういう場合であるのに、代表者が居住者であるような事例を比較対象としてよいのか、という疑問が提起される。他方で、ここは立法の不備である、と報告者は主張した(役員が非居住者である場合は役員給与を高額化する誘因があるから一層損金不算入が適用されやするくなるような法改正をすべし、という趣旨であろうか?)


2021/04-01 東京地判R01.10.18平30行ウ529高額譲受けの寄附金認定
第886回租税判例研究会 藤岡祐治2021年4月2日報告 キタノ産業株式会社東京地判令和元年10月18日平成30(行ウ)529号一部棄却、一部却下(広裁(法)平29-24) 先行評釈:酒井貴子「判批」新・判例解説Watch租税法No.158、高橋貴美子「判批」月刊税務事例52巻8号20頁、黒住茂雄=奥谷健「判批」月刊税務事例52巻8号99頁、林仲宣=谷口智紀「判批」税務弘報68巻9号140頁、渡辺充「判批」税理62巻12号162頁(国税不服審判所裁決について)
判旨 「イ 法人税法37条8項は……譲渡又は供与の対価の額が当該資産又は経済的な利益の時価に比して低いときは,当該対価の額と当該時価との差額のうち実質的に贈与又は無償の供与をしたと認められる金額は,「寄附金の額」に含まれるものとする旨を規定する。
 ……法人税法37条7項が定義する「寄附金の額」に該当することから,当該金額が損金算入限度額を超えて損金の額に算入されないものであることを確認的に規定したものと解される。
ウ 法人が時価よりも高額の売買代金により不動産等の資産を購入した場合も,売買代金と時価との差額は,買主たる法人から売主に「供与」された「経済的な利益」であり……法人税法37条7項が定義する「寄附金の額」に該当することになるから,当該金額は損金算入限度額を超えて損金の額に算入されないこととなるものと解される。
 この場合も……当該法律行為の私法上の性質を変更するものではないと解される。
エ ……棚卸資産の高額譲受けにおいても,当該対価の額と当該資産の時価との差額については……当該資産の販売の収益に係る費用として当然に損金の額に算入される「売上原価」とは異質なものといわざるを得ず,「売上原価」とは異なる費用又は損失の額として別途損金該当性を判断すべきものというべきである。
 したがって,当該差額は,法人税法22条3項1号にいう「売上原価」に当たらず,法人税法施行令32条1項1号イの「当該資産の購入の代価」には含まれないと解するのが相当である。」
(下線:引用者)
 高額譲受けの寄附金の捉え方……(1)「経済的な利益の……無償の供与」(37条7項)、(2)「無償による資産の譲渡」(22条2項)、(3)金銭の贈与(37条7項)、(4)37条8項の適用(渡辺徹也スタンダード法人税法2版160頁…尤も渡辺説というより可能性の一つとして挙げられている?)……本判決は(1)をとることを明らかにした。過去の裁判例(大分瓦斯株式会社事件・福岡高判平成11年2月17日訟月46巻10号3878頁……判旨というよりは被告主張?)や学説では(3)を採るものもあった。(3)説だと、「高額譲受け」を「低価売買」「差額贈与」へ契約の読み替えをしている(いわゆる引き直し課税である)と批判されてしまう、と本判決は懸念したのかもしれない。だから本判決は「私法上の性質を変更するものではない」ことを強調(原告の主張への応答でもあるが)している。
 法人税法132条ですら私法上の性質を変更するものではないと判例で述べられてきたところ、本件においても私法上の性質を変更するものではないのは当然であろうし、判旨として必要な部分ではない(先ほどの(1)か(3)かの争いで(1)を基礎付けるために有用というにとどまる)ように思われる、というのが拙コメント。
 大分瓦斯株式会社事件・福岡高判平成11年2月17日訟月46巻10号3878頁で被告側は、37条8項の低額譲渡時には「経済的な利益」と言わざるをえない一方で、高額譲受け時に一応金銭の移動がある、ということに着目していた。
 {1}本件の原告側の狙いは、債権回収不能であるところ、譲渡損失の形式にしようとしたのであろうところ、債権回収不能の貸倒損失の計上について本件では期ズレの問題として切り捨てられているが、売買と相殺が同じ事業年度だったら?……やっぱり寄附金だろうね。
 {2}代物弁済だったら、債権を額面で見るのか?……債権を額面で見ることになるだろう。債権を時価評価せず、本件と同じ結論となるであろう。
 結局、貸倒損失の計上が厳しい(経済的実態を税制が反映しない)のが諸悪の根源だよねぇ。
 本判決は37条7項だけを根拠にしていると読めるか?37条8項も援用しているのか?……本判決は37条7項の解釈だけでいけると書いていると読める。金銭の贈与とか言い出すと前述の引き直し課税批判が再燃しかねない。(尤も報告者自身は37条7項の解釈だけでいえることか、迷い中)。
 私法上の対価、租税法上の対価、というのは、どこまで意味があるのだろうか?現在の法人税法22条の2第4項は、引き直し課税をしているのと一緒?
 37条8項を立法する際に高額譲渡について規定しなかった経緯はあるのであろうか?……調べがついていません。
 22年8月期に寄附金課税できた筈。22年8月期に寄附金課税(損金算入限度額を使い切っていなかった)か、23年8月期に売上原価不算入か、選べるのか、選べるとしたら不当ではないか、という外在的な感想。
 「法人税法22条3項1号にいう「売上原価」に当たらず,法人税法施行令32条1項1号イの「当該資産の購入の代価」には含まれない」の判旨は、なぜ、この順番で書いているのか?……先行評釈でも批判されていた。


2021/03-33 John K. Crandall and Nives M. Crandall, TC Memo 2021-39外税控除減額
John K. Crandall and Nives M. Crandall v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Memo. 2021-39 (2021.3.29) 解説IBFD TNS 2021.3.31 Offshore Voluntary Disclosure Program (OVDP)で開示した国外源泉所得から生じる外国税額控除について


2021/03-32 白ヘント控訴審AR 2019/206欧州親子会社指令の濫用
Hof van beroep Gent (Cour d'appel de Gand), AR 2019/206 & 2019/207, 2020.12.1 (未入手) 解説IBFD TNS 2021.3.31


2021/03-31 コロンビア憲法裁判所C-057金融機関付加税合憲
Constitutional Court decision (C-057) Official Communiqué No. 9 (2021.3.11)(未入手) 解説IBFD TNS 2021.3.30


2021/03-30 伯連邦最高裁RE 855091遅延賃金支払付帯利子所得税非課税
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal, RE 855091 (2021.3.12) 解説IBFD TNS 2021.3.30


2021/03-29 加最高裁2021 SCC 11オタワ州の炭素税は合憲
Reference re Greenhouse Gas Pollution Pricing Act, 2021 SCC 11 (2021.3.25) 解説John Paul Tasker, Supreme Court rules Ottawa's carbon tax is constitutional (CBC 2021.3.25)


2021/03-28 Galloway, TC Memo 2021-24適正手続
Galloway v Commissioner, TC Memo 2021-24 (2021.2.24) (Docket No. 18722-18L) 解説 Keith Fogg, Recent Collection Due Process Decisions (Procedurally Taxing 2021.3.29)


2021/03-27 伯連邦最高裁RE 851108海外の相続・寄附に対する州の課税権と法律の留保
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal, RE 851108 (2021.2.26) 解説IBFD TNS 2021.3.29


2021/03-26 Dombrowski, 2021 US Dist LEXIS 42603裁判を受ける権利と租税訴訟延長
Dombrowski v US, 2021 U.S. Dist. LEXIS 42603; 2021 WL 855470 (US District Court for the eastern district of Michigan southern division, Case No. 18-11615, 2021.3.8) 解説Leslie Book, Right to Jury Trial Does Not Extend to Certain Federal Tax Collection Suits (Procedurally Taxing 2021.3.26)


2021/03-25 独 VI R 15/19 & VI R 52/18学校犬(?Schulhund)費用の所得控除の可否
Bundesfianzhof Urteil vom 2021.1.14 VI R 15/19 & VI R 52/18 (ECLI:DE:BFH:2021:U.140121.VIR15.19.0 & ECLI:DE:BFH:2021:U.140121.VIR52.18.0) BFH Pressemitteilung vom 2021.3.25 Nummer 008/21, Aufwendungen für einen sog. Schulhund als Werbungskosten


2021/03-24 Jane Boyd, 2021 US App LEXIS 8569海外金融口座報告遅延|正確な場合の罰則
United States of America v. Jane Boyd, 2021 U.S. App. LEXIS 8569; __ F.3d __ (9th Cir., No. 19-55585, 2021.3.24) 解説IBFD TNS 2021.3.26


2021/03-23 波欧G. Sp. z o.o. (C-855/19)域内取得燃料に係るVAT賦課の時期
G. Sp. z o.o. v. Dyrektor Izby Administracji Skarbowej w Bydgoszczy (C-855/19) Advocate General Saugmandsgaard Øe opinion (2021.3.18); Judgment (2021.9.9) 解説IBFD TNS 2020.2.24; IBFD TNS 2021.3.25


2021/03-22 Minor, 2021 US Dist LEXIS 46984破産免責時のIRSの徴税能力
Minor v. United States, 2021 U.S. Dist. LEXIS 46984; 2021 WL 949599; Bankruptcy Case No. 2:13-bk-23787-BR (United States District Court for the Central District of California 2021.3.12) 解説Keith Fogg, Stipulations and Res Judicata in Quest for Bankruptcy Discharge (Procedurally Taxing 2021.3.24)


2021/03-21 丁SKM2021.158.SRデンマークに住みドイツで働く者の条約上の居住地判定
Skatterådet(国税不服審判所?)SKM2021.158.SR (2021.3.22) 解説IBFD TNS 2021.3.24; Denmark Tax Agency Clarifies Tax Residence Under DTA With Germany (Bloomberg Tax 2021.3.25)


2021/03-20 Caylor Land & Development, T.C. Memo 2021-30キャプティヴ:保険と認められなかった事例
Caylor Land & Development, et al v Commissioner, T.C. Memo 2021-30 (2021.3.10) 解説Doug Connolly, US Tax Court finds microcaptive insurer failed to provide insurance for tax purposes (MNE Tax 2021.3.22)


2021/03-19 Alice Kimble, 2021 US App LEXIS 8247過失FBAR懈怠50%上限罰則
Alice Kimble v. United States, 2021 U.S. App. LEXIS 8247 (US Court of Appeals 2021.3.22) (Appeal from the United States Court of Federal Claims in No. 1:17-cv-00421-SGB, 2018.12.27) 解説IBFD TNS 2021.3.23


2021/03-18 Frank Giraldi, 2021 US Dist LEXIS 49481 非故意FBAR懈怠
United States of America v. Frank Giraldi, 2021 U.S. Dist. LEXIS 49481; 2021 WL 1016215 (US District Court for the District of New Jersey 2:20-cv-02830-SDW-LDW). 解説IBFD TNS 2021.3.23


2021/03-17 Jota Jota Alimentos Global SL, [2021] UKFTT 14非居住者の英国経由輸送財VAT還付の可否
Jota Jota Alimentos Global SL v Revenue and Customs Commissioners (VAT - EU refund claim), [2021] UKFTT 14 (TC) (2021.1.22) 解説IBFD TNS 2021.3.23


2021/03-16 西欧CB (C-521/19)交響楽団管理役務会社の代表が現金で受ける報酬でインボイスを受けてない場合
CB v. Tribunal Económico-Administrativo Regional de Galicia (C-521/19) Advocate General Gerard Hogan opinion (2021.3.4); Judgment (2021.7.1) 解説IBFD TNE 2019.10.28; IBFD TNS 2021.3.18


2021/03-15 Imprimatur Capital Holdings, [2021] UKFTT 19研究開発計画代表会社への役務提供:仕入税額控除
Imprimatur Capital Holdings Ltd v HMRC, [2021] UKFTT 19 (TC) (27 January 2021) 解説IBFD TNS 2021.3.17


2021/03-14 独BFH XI R 35/18非営利有限責任会社が社員のために行う活動に関する売上税納税義務の有無
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.9.23, XI R 35/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.230920.XIR35.18.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.3.11 Nummer 007/21 Zur Frage der Umsatzsteuerpflicht bei Tätigkeiten einer gemeinnützigen GmbH zugunsten ihrer Mitglieder


2021/03-13 独BFH VIII R 20/18破産手続に際しての株式損失の認識時
Budesfinanzhof Urteil vom 2020.11.17, VIII R 20/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.171120.VIIIR20.18.0 解説BFH Pressemitteilung 2021.3.11 Nummer 006/21 Steuerlicher Wertverlust von Aktien infolge der Eröffnung des Insolvenzverfahrens


2021/03-12 American Resort Development Association, 2021 US App LEXIS 6632合憲timeshare occupancy tax
American Resort Development Association, et al. v. Government of the US Virgin Islands, 2021 U.S. App. LEXIS 6632 (US Court of Appeals for the Third Circuit, Nos. 20-1964 and 20-1965, 2021.3.8)解説IBFD TNS 2021.3.11


2021/03-11 Craig Thomas Jones, 2021 US Dist LEXIS 43047滞納者へのパスポート発行許否の合憲性
Craig Thomas Jones v. Mnuchin, 2021 U.S. Dist. LEXIS 43047 (US District Court for the Southern District of Georgia, Case 1:19-cv-00222-JRH-BKE, 2021.3.8)解説IBFD TNS 2021.3.10


2021/03-10 伊最高裁(破毀院)5609人材派遣業のVAT
Italian Supreme Court (Corte di Cassazione?) Ordinanza N. 5609 (2021.3.2)未入手


2021/03-09 Odey Asset Management, [2021] UKFTT 31個人組合員に配賦された基金は雑所得
Odey Asset Management Llp v HMRC, [2021] UKFTT 31 (TC) (2021.2.4) 解説IBFD TNS 2021.3.8


2021/03-08 丁欧SA. 55760国家補助非該当:COVID-19被害中小企業支援
SA. 55760 (2020.7.9) (announcement 2021.3.5) (C(2020) 4791 final) 解説IBFD TNS 2021.3.8


2021/03-07 南ア租税裁判所[2021] ZATC 1瑞法人移転価格
South Africa Tax Court: ABC(Pty) Ltd v The Commissioner for the SARS, (Case No IT 14305) [2021] ZATC 1 (2021.1.7) 解説IBFD TNS 2021.3.5


2021/03-06 希行政最高裁650/2020国内源泉徴収税+予納税は外国税の前に外国税額控除可能
Greece Supreme Administrative Court (resolution nr. 650/2020) (2020.4.15) 解説IBFD TNS 2021.3.5反対resolution nr. 653/2020 (2020/12-23)


2021/03-05 伯連邦最高裁RE 1187264州付加価値税額を総収入金額に算入するか:社会保障税
Supremo Tribunal Federal, RE 1187264 (2021.2.23)解説IBFD TNS 2021.3.5先例RE 574,706 2018/05-16


2021/03-04 印最高裁Engineering Analysis Centre of Excellence, 8733-8734 of 2018使用料非該当
Engineering Analysis Centre of Excellence Private Limited v. CIT and another, Supreme Court decision 2021.3.2, Civil Appeal Nos. 8733-8734 of 2018 解説IBFD TNS 2021.3.4; IBFD TNS 2021.3.9; Navjot Singh, Supreme Court ruling backs taxpayers in software royalty case (Tax Guru 2021.3.3); Manu Sebastian, Amounts Paid By Indian Companies To Use Foreign Software Not 'Royalty';Not Income Taxable In India; No TDS Liability : Supreme Court (LiveLaw.in 2021.3.2); Indian Supreme Court rules on taxability of software payments (EY 2021.3.5 2021-5264);


2021/03-03 伊破毀院no. 1232移転価格:長期間に亘る市場価格を下回る浸透戦略
Italian Supreme Court (Corte di Cassazione) 2021.1.21 ordinanza no. 1232(未入手)イタリア法人のアメリカ子会社に対し市場価格より低めの使用料を請求するにとどめアメリカ市場での浸透を図ろうとしていても、独立企業間価格であるとは言えない。原審Provincial Tax Court of Milan, decision no. 262


2021/03-02 エーディーワークス東京地R2.9.3平30行ウ559転売用不動産購入は課税対応課税仕入れ:非課税賃料収入ありでも
第885回租税判例研究会今村隆2021年3月19日 エー・ディー・ワークス事件・東京地判令和2年9月3日平成30(行ウ)559号認容 潜幸評釈 田中治・ジュリスト1555号10-11頁等。
 転売用不動産購入は課税対応仕入れ(消費税法30条2項1号イ)であり非課税賃料収入が見込まれていても付随的であるので変わらないとした事例。
 類例:ムゲンエステート事件・東京地判令和元年10月11日平成29(行ウ)590号平成30(行ウ)2号棄却……非課税賃料収入が見込まれるので共通対応課税仕入れ(消費税法30条2項1号ロ)であるとした事例。
 判旨 「個別対応方式は,事業者が当該課税期間中に国内において行った課税仕入れ等につき,@課税資産の譲渡等にのみ要するもの(課税対応課税仕入れ),Aその他の資産の譲渡等にのみ要するもの(非課税対応課税仕入れ),B課税資産の譲渡等とその他の資産の譲渡等に共通して要するもの(共通対応課税仕入れ)のいずれかに当たるかにつき区分した場合の控除対象仕入税額の算定方法であって,〔ア〕課税対応課税仕入れに区分したものについてはその消費税額の全部を,〔イ〕共通対応課税仕入れに区分したものについてはその消費税額に課税売上割合を乗じた額を,控除対象仕入税額に含めるものとされている(消費税法30条2項1号……)。」
 「消費税法30条2項1号が課税仕入れ等の用途区分につき『要するもの』という文言を用いているのは,@課税仕入れ等に対応する取引(資産の譲渡等)が必ずしも当該課税期間中に行われるとは限らないことや,A課税仕入れ等が事業者による経済活動の一環として行われるものである以上,将来における一定の取引を目指したものということができ,実際に当該課税仕入れ等に対応するどのような取引が行われたか(あるいは,行われなかったか)を見るまでもなく,当該課税仕入れ等がどのような取引を目指して行われたかを見れば,用途区分を判定するのに十分であることによるものと解される。
 このような消費税法30条2項1号の文言及び趣旨に鑑みると,課税仕入れ等の用途区分に係る判断は,当該課税仕入れ等を行った日(仕入日)を基準に,事業者が将来におけるどのような取引のために当該課税仕入れ等を行ったのかを認定して行うべきである。そして,かかる認定に当たっては,税負担の判断が事業者の恣意に左右されることのないよう,@当該事業者の事業内容・業務実態,A当該事業者における過去の同種の課税仕入れ等及びこれに対応して行われた取引の内容・状況,B当該課税仕入れ等と過去の同種の課税仕入れ等との異同など,仕入日に存在した客観的な諸事情に基づき認定するのが相当である。」
 「一般に,事業者が課税仕入れ等を行う場合に,当該活動が本来得ることを目的としている収入(課税資産の譲渡等)のほかに,当該活動の過程で生じる他の収入(その他の資産の譲渡等)が見込まれることにより,当該課税仕入れ等が共通対応課税仕入れに区分されることとなるのか否かについては,一義的に解するのではなく,@他の収入が当該事業者の経済活動におけるどのような過程で得られ,その活動全体の中でどのように位置付けられているのか,A他の収入が見込まれることが,課税仕入れ等やこれに対応する取引にどのような影響を及ぼしているのか,B全体の収入の見込額のうちに他の収入の見込額が占める割合など,当該事業者が行う経済活動に関する個別の事情を踏まえ,課税仕入れに係る消費税額について税負担の累積を招くものとそうでないものとに適正に配分するという観点に照らし,他の収入が見込まれることをもって当該課税仕入れ等につき『その他の資産の譲渡等』にも要するものと評価することが相当といえるか否かを考慮して判断すべきである。
エ そうすると,本件ビジネスモデル下における課税仕入れについては,仕入日に将来の賃料収入が確実に見込まれるというだけで直ちに共通対応課税仕入れに区分されるものと解すべきではなく,上記ウのような当該事業者が行う経済活動に関する個別の事情に基づく検討がされるべきであるから,被告の上記ア[原告が本件各マンションの賃料を収受することは確実であったものであり,そうである以上,本件各課税仕入れは共通対応課税仕入れに区分すべきである旨]の主張は採用することができない。」  「原告が本件事業において仕入れた収益不動産を賃貸して得られる賃料収入は,当該収益不動産の販売を行うための手段としての賃貸から不可避的に生じる副産物として位置付けられるものであって,このことは,原告の会計処理における取扱いや,収益不動産の仕入れ及び販売の際に原告がどれだけ賃料収入を得られるかが考慮に入れられていないことからも裏付けられるものである。そして,原告が実際に得ている賃料収入も,販売収入と賃料収入の総和に対して3課税期間の平均で5%未満(販売収入のうち建物部分を仮に3割として,建物の販売収入と賃料収入の総和に占める割合を見ても,おおむね1割程度)にとどまっている。また,これらに関しては,直近3課税期間と本件各課税期間とで有意な差が見られない。
 これらの事実関係に照らせば,本件各仕入日に上記のような賃料収入が見込まれることをもって,本件各課税仕入れにつき『その他の資産の譲渡等』にも要するものとして共通対応課税仕入れに区分することは,本件事業に係る経済実態から著しくかい離するばかりでなく,課税仕入れに係る消費税額について税負担の累積を招くものとそうでないものとに適正に配分するという観点に照らしても,相当性を欠くものといわざるを得ない。
 したがって,本件各課税仕入れは課税資産の譲渡等にのみ要するものとして課税対応課税仕入れに区分するのが相当であるから,本件各課税仕入れに係る消費税額は,その全額が控除対象仕入税額となる。」


┌課税売上高5億円以下で課税売上割合95%以上――→全額控除(30条1項)

├課税売上高5億円超――┐         ┌―→個別対応方式(30条2項1号)
|           ├―――――――――┤
└課税売上割合95%未満―┘         └―→一括比例配分方式(30条2項2号)

 報告者は判旨反対(結論及び理由付けに疑問)。判旨は消費税法30条2項1号の「要するもの」「のみ」を限定解釈しており、解釈手法としておかしい、と報告者は主張した。立法趣旨による「保存」限定解釈は許される(最判平成16年12月16日民集58巻9号2458頁)。しかし、本件のビジネスモデルという個別事情に依拠して限定解釈を施す事は条文解釈の限界を超えている、と報告者は主張した。
 私の質問……レジュメ11頁で「事業者は, 販売に至るまでの間の住宅の貸付けによる賃料について非課税の便益を得ている」と経済実質的な理由を述べているところ、この理由は経済実質的には成立し難いのではないか?判旨反対の理由は専ら条文解釈だけで押し通すべきではないか?経済実質的な観点からすると、包括的所得概念に基づく課税と比べると早く控除できることは課税繰延の利益を納税者にもたらす。そこでいう課税繰延はtime value of money(金銭の時間的価値)であり、繰延税額×利子率×繰延期間として計算される(そこで用いる利子率が何%であるべきかについて議論が混乱しやすい)。他方、消費税法は消費型所得概念に基づくものであり、課税繰延の利益が納税者に生じて構わない。そして住宅の貸付による賃料が、住宅仕入額と比べてtime value of moneyを超えていないならば、消費型所得概念に照らして問題が無いということになる。賃料の額が或る程度大きいので、課税繰延の利益として容認されるべき利益を超えている、という事情がない限り、経済実質的には「非課税の便益を得ている」という表現はミスリーディングと評されるべきでは?よって今村説は、経済実質的な検討に踏み入らず、条文解釈だけで押し通すべきではないか?
 消費税法30条3項の税務署長の承認(単純に土地取引価格も含めた課税売上割合に依拠せず、建物購入費のうち非課税賃料の部分に対応するように仕入税額控除否定部分を限定する)を得ることができたであろうか?
 「要する」「のみ」の限定解釈の根拠を判旨は説明しているとは読解できないであろうか?「経済実態に即して適切に行うべき」という判旨が個別事情考慮の理由であるとは読解できないであろうか?
 報告者は日本法下での仕入税額控除はbenefitである(理念的にはEU法における「shall be entitled to deduct」が望ましいけれども)。

追記
 金利部分については浅妻の説明を理解できるけど、賃料のうち減価償却回収部分についてはVATを課す方がよいのではないか、というご指摘を頂きました。私なりに検算した結果、ご指摘は正しいと思います。(賃料のうちリスクリターン部分や経費回収部分は削ぎ落とした検算です)

研究会での設例(減価償却なし)
time value of moneyとしての利子率・割引率を4%(年複利)とし、付加価値税率を10%とする。
税抜価格1000で購入し1年後に税抜価格1040で売る。
付加価値税が課せられる(計算の便宜のため単純に税抜価格に10%上乗せされる)とすると、
税込価格1100で購入し1年後に税込価格1144で売る。
この際、104の納税義務と100の仕入税額控除により、1144−1100−(104−100)=40が納税者の手元に残る。
time value of money部分が切り出される場合、
税抜価格1000で購入し1年後にtime value of money部分40と税抜販売価格1000が生じる。
time value of money部分40が非課税対象で販売収入1000が課税対象である場合、
税込価格1100で購入し1年後にtime value of money部分40と税込販売価格1100が生じる。
(1100+40)−1100−(100−100)=40が納税者の手元に残る。
以上が研究会での設例の説明。

減価償却を考慮するため、第1年度から第30年度にかけて毎年40ずつの収益(VATに関し非課税対象)が生ずる資産を第0年度末に購入(VAT課税対象)し第1年度末に売却(VAT課税対象)する数値例を考える。
減価償却は真の経済的減価償却(Samuelson償却)とする。
第0年度末の資産の時価(税抜価格)をSとおくと、
S=40/1.04+40/1.04^2+40/1.04^3+……+40/1.04^30として求められる。
S=1000−1000/1.04^30≒691.68

第1年度末の資産の時価(税抜価格)をTとおくと
T=40/1.04+40/1.04^2+40/1.04^3+……+40/1.04^29として求められる。
T=1000−1000/1.04^29≒679.35

よって第1年度の減価償却部分は691.68−679.35=12.33
第1年度の賃料40は、679.35×0.04=27.67(time value of money部分)と12.33の減価償却部分の合計である。

資産の購入、販売がVATの課税対象であるので、
第0年度末の資産の税込購入価格は1.1S=760.85
第1年度末の資産の税込販売価格は1.1T=747.28
1.1(S−T)=13.57(端数処理の結果、数字が0.01大きくなっている)であり、第1年度の40の賃料収入のうち12.33の減価償却部分が非課税であることによって12.33×10%の便益が納税者に不当に生じてしまっている。


2021/03-01 大阪地判R1.11.7平30行ウ163従業員の隠蔽仮装行為を以って使用者たる法人に重加算税を課せる
第884回租税判例研究会吉村典久2021年3月5日報告 大阪地判令和元年11月7日平成30(行ウ)163号棄却 大阪高判令和2年11月6日控訴棄却らしい。上告受理申立て中。
判旨 「通則法68条1項は,過少申告をした納税者が,その国税の課税標準等又は税額等の計算の基礎となるべき事実の全部又は一部を隠蔽し又は仮装し,その隠蔽し又は仮装したところに基づき納税申告書を提出していたときは,その納税者に対して重加算税を課することとしている。この重加算税の制度は,納税者が過少申告をするにつき隠蔽又は仮装という不正手段を用いていた場合に,過少申告加算税よりも重い行政上の制裁を課すことによって,悪質な納税義務違反の発生を防止し,もって申告納税制度による適正な徴税の実現を確保しようとするものである。同項は,隠蔽仮装行為の主体を納税者としているのであって,本来的には,納税者自身による隠蔽仮装行為の防止を企図したものと解される。しかし,納税者以外の者が隠蔽仮装行為を行った場合であっても,それが納税者本人の行為と同視することができるときには,形式的にそれが納税者自身の行為でないというだけで重加算税の賦課が許されないとすると,重加算税制度の趣旨及び目的を没却することになる(最高裁平成18年判決参照)。」
 報告者(吉村典久)は結論に賛成するも、最一小判平成18年4月20日民集60巻4号1611頁(以下「平成18年判決」)の基準を本件にもそのまま適用しているように見えることについて、理由付けに疑問アリとしている。
 平成18年判決:納税者は個人、隠蔽仮装行為水後者は税理士。
 本件:納税者は法人、隠蔽仮装行為水後者は従業員。
 法人の場合は、認識を問いようがないので、客観的に隠蔽仮装の防止に努めていたかという基準の方がよかったのではないか、と報告者は主張した。立法趣旨による限定解釈には賛成する(最判平成16年12月16日民集58巻9号2458頁における消費税法30条7項「保存」の限定解釈に賛成する)が、ビジネスモデルの個別事情から限定解釈をすることは解釈論の限界を超えている、と主張した。
 浅妻は、平成18年判決を参照したことは不適切であったと考えているのか、質問した(著作権の侵害主体に関するロクラクII事件・最一小判平成23年1月20日民集65巻1号399頁は、カラオケ法理で有名なクラブキャッツアイ事件・最三小判昭和63年3月15日民集42巻3号199頁を参照してない。上野達弘「著作権法に関する最高裁判決の射程 最高裁判決のミスリード?」コピライト686号2-35頁(2018)によれば「カラオケ法理において主たる考慮要素とされてきた『利益性』を[ロクラクII判決は]考慮していない」(25頁)から。)。報告者は、参照したことは不適切ではない、認識可能性の違いに配慮して基準をたてかえるべきであった、と答えた。
 もし認識を問うとしたら、法人の代表者の認識を問うべきであろう、という意見がフロアから出された。報告者は、主観的な認識可能性を重視することに難色を示した。
 防止可能性ではなく有責性で判断すべきではないか、という意見がフロアから出された。報告者は有責性は採用できない、と応えた。
 民法715条(使用者責任)と民法415条(債務不履行による損害賠償)との比較がフロアから出された。  不埒な従業員がいることによって法人が重加算税を免れるためには、どの程度の防止措置を講ずればよいのか、という疑問がフロアから出された。従業員が狡猾になると防止措置を講じても防ぎきれるものではないが、本件では法人側が杜撰すぎたということは言える、と報告者は応えた。
 使用者が個人の場合と法人の場合とで、同じか違うか、という疑問がフロアから出された。報告者は、使用者が個人なら、当該自然人との関係において判断するという平成18年判決の基準を使える、と応えた。また、本判決の裁判官は、個人でも法人でも同じ基準を採るつもりであろう。
 法人の確定決算基準を意識すべきか、という疑問がフロアから出された。確定決算基準は株主総会との関係の問題であり、株主と従業員との関係は重加算税に関して注目されてこなかった(過去の事例において)ので、確定決算基準は影響を及ぼさないであろう、と報告者は応えた。
 資料14頁で本判決がC(実行者)の権限の重さを重視している。


2021/02-24 伊欧UBS Real Estate (C-478/19 & C-479/19)不動産投資基金の不動産移転税半分軽減
UBS Real Estate Kapitalanlagegesellschaft mbH v Agenzia delle Entrate (joined case C-478/19 & C-479/19) Advocate General Hogan opinion (2021.2.25); Judgment (2021.12.16) 解説Maisto mail magazine 2021.2.26; IBFD TNS 2021.2.25; IBFD TNS 2021.12.16


2021/02-23 独BFH III R 49/18児童の病気がいつ終わるか予想できない場合の児童手当不支給
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.11.12, III R 49/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.121120.IIIR49.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 005/21 2021.2.25 Kein Kindergeld wegen Ausbildungsplatzsuche bei nicht absehbarem Ende der Erkrankung eines Kindes


2021/02-22 希行政最高裁A2602/2019専門役務対価使用料非該当
Supreme Administrative Court Judgment no. A2602/2019 (2019.12.18) 解説IBFD TNS 2021.2.25


2021/02-21 コロンビア行政最高裁2021.2.2利子費用控除否認ルーリング延長
Colombia Supreme Administrative Court 2021.2.2判決 未入手 解説IBFD TNS 2021.2.23


2021/02-20 米Trump元大統領納税申告書開示
TRUMP, DONALD J. V. VANCE, CYRUS R., ET AL. (20A63), 592 U.S. ___ (2021.2.22)


2021/02-19 Uber BV v Aslam, UKSC 2019/0029 労働者である
Uber BV and others v Aslam and others, [2021] UKSC 5 (2021.2.19) UKSC 2019/0029; appealed from [2018] EWCA Civ 2748 (2018.12.19) Hamza Ali tweet; Hamza Ali, Uber's U.K. Court Loss Leaves Behind $2.1 Billion Tax Question (Bloomberg Tax 2021.2.20)


2021/02-18 Tower Bridge GP, [2021] UKUT 30欧州司法裁判所への上訴を阻止
Tower Bridge GP Limited v. HMRC, [2021] UKUT 30 (TCC) (2021.2.12) Hamza Ali tweet


2021/02-17 伯A最高裁RE 1.294.969/SP (RG)不動産移転登記時のみITBIは課される
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal (STF), ARE 1.294.969/SP (RG) (2021.2.12)判決文未入手 ITBI (Imposto sobre a Transmissão de Bens Imóveis) 解説IBFD TNS 2021.2.19


2021/02-16 独BFH XI R 7/20中心部の建設に関する仕入税額控除の配分
独Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.11.11, XI R 7/20, ECLI:DE:BFH:2020:U.111120.XIR7.20.0 解説BFH Pressmitteilung Nummer 004/21 (2021.2.18) 先例Bundesfinanzhof Urteil vom 2016.08.10, XI R 31/09, Pressmitteilung Nummer 063/16 (2016.9.28)


2021/02-15 希行政最高裁418/2020ギリシャ法人管理参加は居住地変更申請拒絶の理由にならない
Supreme Administrative Court no. 418/2020 (2020.3.11) 解説IBFD TNS 2021.2.18


2021/02-14 仏欧Ryanair (T-259/20)国家補助:航空税繰延
Ryanair v. Commission (T-259/20) General Court Judgment ECLI:EU:T:2021:92 (2021.2.17) 解説IBFD TNS 2021.2.18


2021/02-13 Foojit, [2021] UKUT 14企業投資スキーム救済の優先株的防錆
Foojit v HMRC, [2021] UKUT 14 (TCC) 2021.1.25 解説IBFD TNS 2021.2.17


2021/02-12 Clipperton, [2021] UKFTT 12配当代替支払の配当扱いの是非
Clipperton and another v. HMRC, [2021] UKFTT 12 (TC) 2021.1.20 解説IBFD TNS 2021.2.17 単独株主取締役 Winn & Co (Yorkshire) Ltd cf. Ramsay case cf. Dunsby, [2020] UKFTT 271 (TC)


2021/02-11 仏国務院430594対英国法人支払音楽著作権料の受益者
Conseil d'État, Nº 430594 ECLI:FR:CECHR:2021:430594.20210205 (2021.2.5) (Lecture du vendredi 5 février 2021) 解説IBFD TNS 2021.2.11 仏Société des auteurs, compositeurs et éditeurs de musique (SACEM)が英Performing Rights Society (PRS)に支払った音楽著作権料でPRSの英非居住者membresに分配される部分はPRSがbénéficiaire effectifでない。源泉徴収税不還付。OECD Commentary Article 29 Paragraph 182 Example Iに国務院は不言及。


2021/02-10 Richard Collins外国銀行口座報告義務故意懈怠罰則算定
USA v. Richard Collins, Case 2:18-cv-01069-CB, (2021.2.8) 解説IBFD TNS 2021.2.10 taxpayer’s legal professional privilege claims


2021/02-09 CUB Australia Holding, [2021] FCA 43課税庁の情報提供要請に対する法律家秘密保持特権成否
CUB Australia Holding Pty Ltd v Commissioner of Taxation, [2021] FCA 43 (2021.2.2) 解説IBFD TNS 2021.2.10


2021/02-08 Tartaruga Insurance, [2021] UKFTT 7北海油田パイプライン損害リスクと英保険料税
Tartaruga Insurance Ltd v. HMRC, [2021] UKFTT 7 (TC) (2021.1.14) 解説IBFD TNS 2021.2.9 cf. Kvaerner v Staatssecretaris van Financien (C-191/99)


2021/02-07 白憲法院12/2021ケイマン信託からの分配を配当扱いして30%所得税を課す
ベルギー憲法院Grondwettelijk Hof, Rolnummer 6968, Arrest nr. 12/2021 van 2021.1.28 解説IBFD TNS 2021.2.2


2021/02-06 勃欧"ALTI" OOD (C-4/20)未払VAT第三者の納税債務に係る利子
"ALTI" OOD v. Direktor na Direktsia 'Obzhalvane i danachno-osiguritelna praktika' Plovdiv pri Tsentralno upravlenie na Natsionalnata agentsia za prihodite (C-4/20) Advocate General Kokott opinion (2021.1.14) ECLI:EU:C:2021:12; Judgment (2021.5.20) 解説IBFD TNS 2020.3.9; IBFD TNS 2021.2.2


2021/02-05 Copley, 959 F.3d 118破産時のIRSの優先権
Copley v. US, 959 F.3d 118 (4th Cir. 2020) 解説Michelle Lyon Drumbl, Bankruptcy, Taxes, and the Primacy of IRS Refund Offsets: Copley v. United States, 73 S.C. L. Rev. ___ (2021)


2021/02-04 Bryan Keith Hawker, 2021 US Dist LEXIS 17783 FBAR申告懈怠
USA v. Bryan Keith Hawker, 2021 U.S. Dist. LEXIS 17783, US District Court for the District of Utah, Case No. 2:19-CV-836 TS, 2021.1.28) 解説IBFD TNS 2021.2.1


2021/02-03 洪欧SA.60910コロナ企業支援国家補助非該当
SA.60910 COVID-19 scheme for the reduction of local business tax rates applicable to small and medium-sized enterprises to moderate the effects of the coronavirus pandemic on the economy 解説IBFD TNS 2021.2.1


2021/02-02 東京地判R1.11.21平29行ウ179消費税法30条7項帳簿保存義務と提示義務と調査手続の違法性
第883回租税判例研究会増田英2021年2月19日敏報告 東京地判令和元年11月21日平成29(行ウ)179号棄却判例集未登載D1-Law.com 29058134 LEX/DB 25581096 控訴審東京高判令和2年8月26日令和元(行コ)325号棄却(未入手)(最高裁上告棄却・上告不受理決定、年月日不詳)
判旨 「法30条7項は,法58条の場合と同様に,当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿又は請求書等が税務職員による検査の対象となり得ることを前提にしているものであり,事業者が,国内において行った課税仕入れに関し,法30条8項1号所定の事項が記載されている帳簿を保存している場合又は同条9項1号所定の書類で同号所定の事項が記載されている請求書等を保存している場合において,税務職員がそのいずれかを検査することにより課税仕入れの事実を調査することが可能であるときに限り,同条1項を適用することができることを明らかにするものであると解される。……法30条7項の規定の反面として,事業者が上記帳簿又は請求書等を保存していない場合には同条1項が適用されないことになるが,このような法的不利益が特に定められたのは,資産の譲渡等が連鎖的に行われる中で,広く,かつ,薄く資産の譲渡等に課税するという消費税により適正な税収を確保するには,上記帳簿又は請求書等という確実な資料を保存させることが必要不可欠であると判断されたためであると考えられる。[改行] 以上によれば,事業者が,消費税法施行令50条1項の定めるとおり,法30条7項に規定する帳簿及び請求書等を整理し,これらを所定の期間及び場所において,通則法74条の2第1項3号に基づく税務職員による検査に当たって適時にこれを提示することが可能なように態勢を整えて保存していなかった場合は,法30条7項にいう「事業者が当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿及び請求書等を保存しない場合」に当たり,事業者が災害その他やむを得ない事情により当該保存をすることができなかったことを証明しない限り(同項ただし書),同条1項の規定は,当該保存がない課税仕入れに係る課税仕入れ等の税額については適用されないものというべきである」。
参照
 最一小判平成16年12月16日民集58巻9号2458頁……事業者が帳簿又は請求書等を税務職員による検査に当たって適示に提示することが可能なように体制を整えて保存していなかった場合の消費税法30条7項にいう「事業者が当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿又は請求書等を保存しない場合」該当性(積極)。同旨、最二小判平成16年12月20日集民215号1005頁(但し滝井繁男裁判官反対意見)。
 最一小判平成17年3月10日民集59巻2号379頁……帳簿不提示時の青色申告承認取消処分は適法。
 荒川民商事件・最三小決昭和48年7月10日刑集27巻7号1205頁 所得税法234条1項の質問検査権における理由および必要性の告知の要否(消極)
 歯科医院親子共同経営事件・東京高判平成3年6月6日訟月38巻5号878頁「更正処分の取消訴訟においては客観的な課税標準の有無が争われ、これについて完全な審査がされるのであるから、調査手続の単なる瑕疵は更正処分に影響及ぼさないものと解すべきであり、調査の手続が刑罰法規に触れ、公序良俗に反し又は社会通念上相当の限度を超えて濫用にわたる等重大な違法を帯び、何らの調査なしに更正処分をしたに等しいものとの評価を受ける場合に限り、その処分に取消原因がある」。
 東京地判令和元年9月26日平成30(行ウ)275号LEX/DB 25581437……「(事前通知を欠くことが課税処分の取消事由となるか否か)について」 「税務調査の手続は,租税の公平,確実な賦課徴収のため,課税庁が課税要件の内容を成す具体的事実の存否を調査する手段として認められた手続であること等に鑑みれば,調査手続の単なる瑕疵は,更正処分や加算税の賦課決定処分に影響を及ぼさないものと解すべきであり,調査の手続が刑罰法規に触れ,公序良俗に反し又は社会通念上相当の程度を越えて濫用にわたるなど,重大な違法を帯びる場合に限り,これらの処分の取消原因となるものと解するのが相当である。……原告に対する税務調査に当たり,原告代表者への事前通知を欠いているものの,原告は小池税理士らが所属する税理士法人を税務代理人とする本件税務代理権限証書を処分行政庁に対し提出していたこと……,E事務官は,小池税理士との間で実地調査の日程調整を行って実施日を決定し……,小池税理士に対し事前通知をしたこと……,E事務官が平成29年1月19日に原告の本店に訪問した際,原告代表者及び小池税理士らがおり、両名はE事務官に対し原告への事前通知が欠けていることについて指摘しなかったこと……,小池税理士らが立ち会っている中で本件非違事項指摘等を行ったこと……が認められる。これらの事情に照らせば,本件非違事項指摘等が調査手続の透明性及び納税義務者の予見可能性を確保するという事前通知の趣旨を著しく没却する状態で行われたと評価することはできない。[改行]  したがって,原告に対する税務調査の手続において,原告代表者への事前通知を欠いたことは違法であるものの,刑罰法規に触れ,公序良俗に反し又は社会通念上相当の程度を越えて濫用にわたるなど重大な違法を帯びるものであったとはいえないから,これが本件賦課決定処分の取消事由になるとはいえない。」(東京高判令和2年3月4日が控訴審?)
討論
 報告者は「判旨に疑問」とした。最高裁判例があるので結論に反対とは言えないが、最高裁判例への疑義も報告しており、「判旨に疑問」が結論への反対を意味するのか否か、報告者自身も迷っているようであった。
 私から、消費税法30条7項「保存」要件は手続要件なのか、近年の裁判所が手続要件について割と文言解釈(杓子定規な解釈)をする傾向がある(東京高判平成30年3月8日訟月64巻12号1794頁(先物取引雑所得損失繰越控除の連年申告要件)、東京高判平成26年3月26日税資264号順号12441(外国税額控除繰越の各年申告要件)。近年ではないが理由附記不備に関する鵜殿事件・最判昭和38年5月31日民集17巻4号617頁は課税庁にとって衝撃であった)ことと対比して、「保存」要件が杓子定規な解釈でないことをどう整理したらよいか、ひょっとすると「保存」要件は実体要件と位置付けられているのであろうか、と質問した。報告者は、裁判所は「保存」要件を実体要件と位置付けて解釈論を構築しているようである、と返答された。
 1回目の調査について事前通知はなかった。2回目以降は事前通知はあったとされている。国税通則法74条10項参照。
 東京地判平成29年11月2日判タ1454号127頁……国税通則法74条の9第1項に基づく税務署長による調査の事前通知は、職員に行わせることができる。
 荒川民商最判法理は平成23年法改正で終わったのか、今に至るまで生きている(現在完了形)なのか、という質問に対し、報告者は、現在完了形、と答えた。


2021/02-01 塩野義製薬・東京地判R2.3.11平28行ウ395国外パートナシップ持分譲渡は国外資産譲渡か
第882回租税判例研究会藤谷武史2021年2月5日報告 塩野義製薬事件・東京地判令和2年3月11日平成28(行ウ)395号(一部認容、一部棄却)
 法人税法62条の4第1項、法人税法2条12号の14「外国法人に国内にある資産又は負債として政令で定める資産または負債の移転を行うもの」、法人税法施行令4条の3第9項[現10項]「国内にある事業所に属する資産(外国法人の発行済株式等の総数の[25%]以上の株式を有する場合におけるその外国法人の株式を除く。)」、法基通1-4-12「実質的に国内にある事業所において経常的な管理が行われていたと認められる資産又は負債」
 参考:オウブンシャ・ホールディング事件・最三小判平成18年1月24日訟月53巻10号2946頁
 日本法人X社がケイマン有限責任組合(limited partnership)たるCILPの49.99%を保有していたところ、X社がCILP持分をX社の英国100%子会社たるSL社に現物出資した。CLIP持分は日本の事務所に記帳されていた。国外資産の国外法人への現物出資として課税繰延が認められる(適格現物出資。原告X社が主張)か、日本の資産の外国法人への現物出資であるから適格現物出資に該当しない(被告・国Y側の主張)か。Yは、CLIP持分が日本の事務所に記帳されていたから現物出資で移転した資産は日本国内の資産であると主張した。Xは、CLIPが法人格を有さず、Xが譲渡したのはCLIP事業用財産全体(個々の事業用財産ではない)に係る持分であり、CLIPの事業は主に外国で遂行されていたので、国外資産の移転であると主張した。
判旨 (3)ア「CILPのパートナーシップ持分は譲渡可能な資産として位置付けられている。……本件現物出資の対象資産は本件CILP持分であったと解するのが相当である。」
 イ「もっとも,CILPは,我が国の組合に類似した事業体であり,ELPS法及び本件パートナーシップ契約においても,CILPの事業用財産の共有持分(準共有持分を含む。)と切り離されたパートナーとしての契約上の地位のみが他に移転することは想定されていないものと解される。この点が,法人における株式の移転とは根本的に異なる点である。
 そうすると,本件現物出資の対象資産となった本件CILP持分についても,その内実は,CILPの事業用財産の共有持分とLPとしての契約上の地位とが不可分に結合されたものと捉えられなければならない。

 フロアから、Grecian Magnesite Mining, Industrial & Shipping Co. SA v. Commissioner (149 T.C. No. 3)ではaggregate approach(集合体理論)ではなくentity approach(実体理論)でIRSが敗れた、という指摘があった。(でも裁判所もentity approachだと経済実質的におかしな帰結となってしまうことは認識していて、法令解釈としてやむなく納税者側を勝たせたというトーンであったし、その後の法改正でaggregate approachが採用された。浅妻章如「Grecian Magnesite Mining事件等のPE帰属損益認否の検討」租税研究841号123-140頁(2019.11)参照。)
 高橋祐介先生の一連の組合課税研究によれば、問題領域ごとに、entity approachが当てはまりやすい領域と、aggregate approachが当てはまりやすい領域があると言われている。所得の人的帰属や年度帰属についてはentity approachが当てはまりやすく、所得の種類についてはaggregate approachが当てはまりやすい、ということであったと思われる(間違っていたら後で修正)。場所の問題についてentity vs. aggregateのどちらが当てはまりやすいかについて……高橋祐介「パートナーシップと国際課税」フィナンシャル・レビュー84号84頁(2006)で何かおっしゃっていただろうか?
 本件を含め場所が関係する事案では、aggregate approachが当てはまりが良いことが多いという推測(Grecian Magnesite事件のように法令解釈としてどうにもならない場面は別論として)をすることが許されようか。


2021/01-21 Sirius XM Radio, 604 S.W.3d 125フランチャイズ税配賦
Hegar v. Sirius XM Radio, Inc., 604 S.W.3d 125 (Texas Court of Appeals, Third District, 2020.5.1, No. 03-18-00573-CV) 解説IBFD TNS 2021.1.29 cf. Hallmark Marketing Company, LLC v. Hegar, 488 S.W.3d 795 (Supreme Court of Texas, 2015.12.9, No. 14-7075)


2021/01-20 墺欧technoRent InternationalC-844/19 VAT還付加算金の計算方法
CS and Finanzamt Graz-Stadt v. Finanzamt Judenburg Liezen and TechnoRent International GmbH (C-844/19) Advocate General Kokott opinion (2021.1.21); Judgment (2021.5.12) 解説IBFD TNS 2020.3.9; IBFD TNS 2021.1.29


2021/01-19 独BFH V R 14/20政治活動団体の非営利該当性
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2020.12.10, V R 14/20 ECLI:DE:BFH:2020:B.101220.VR14.20.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 002/21 2021.1.28, Gemeinnützigkeit und politische Betätigung cf. Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.1.10, V R 60/17, ECLI:DE:BFH:2019:U.100119.VR60.17.0 in BFHE 263, 290, BStBl II 2019, 301 解説 Pressemitteilung Nummer 009/19 vom 2019.2.26, Kein allgemeinpolitisches Mandat für gemeinnützige Körperschaften: Bundesfinanzhof entscheidet gegen attac-Trägerverein


2021/01-18 ルクセンブルク欧EQ (C-846/19)心身障碍者指導弁護士の社会的性質活動はVAT非課税
EQ v. Administration de l'Enregistrement, des Domaines et de la TVA (C-846/19) Advocate General Giovanni Pitruzella opinion (2021.1.14); Judgment (2021.4.15) 解説IBFD TNS 2020.2.17; IBFD TNS 2021.1.27


2021/01-17 Colchester Institute Corporation, [2020] UKUT 368教育役務のための政府基金のVAT
Colchester Institute Corporation v HMRC, [2020] UKUT 368 (TCC) (2020.12.22) HMRC 解説IBFD TNS 2021.1.26


2021/01-16 丁欧SA.61233コロナ被害支援賃金税無利息貸付国家補助金非該当
SA.61233 COVID-19 - Credit facility and deferral of withholding taxes for SME employers (Decision 2021.1.25) 解説IBFD TNS 2021.1.26


2021/01-15 仏国務院425577フェラガモの移転価格紛争
Ferragamo case 仏国務院Conseil d'État Nº 425577 (2020.11.23) ECLI:FR:CECHR:2020:425577.20201123 解説 J. Harold McClure, Ferragamo France’s transfer pricing dispute and resale price method abuse (MNE Tax 2021.1.25)


2021/01-14 Adams Challenge (UK), 156 TC No 2 IRSが申告代替をするまで英法人が未申告の場合の控除権喪失
Adams Challenge (UK) Limited v. Commissioner, 156 T.C. No. 2 (2021.1.21) 解説IBFD TNS 2021.1.25 Cf. 154 T.C. No. 3→2020/01-06


2021/01-13 スウェーデン行政下級審2021.1.4 Tele2 為替損失控除否定
Tele2 解説Erik Koponen, Swedish court denies telecom giant's tax deduction for exchange losses (MNE Tax 2021.1.20)


2021/01-12 欠番



2021/01-11 勃欧国家補助非該当SA.59027地域投資支援スキーム
SA.59027 (2020.11.19) (C(2020) 8219 final

2021/01-10 エストニア欧Heavyinstall (C-420/19)納税確保の被要請国は要請国(芬)のPE認定判決に拘束されるか
Maksu- ja Tolliamet v. Heavyinstall OÖ (C-420/19) Advocate General Pitruzzella opinion (2020.9.17); Judgment (2021.1.20) 解説IBFD TNS 2019.8.5; IBFD TNS 2020.12.29


2021/01-09 スウェーデン欧Lexel AB (C-484/19)利子受領者たる仏法人が仏内営業損失と相殺した場合の利子控除制限
Lexel AB (C-484/19) ECLI:EU:C:2021:34 Judgment (2021.1.20); Emiliha Ferrão, EU court rejects Swedish rules limiting deductions for cross-border interest payments (MNE Tax 2021.2.24)


2021/01-08 Sabena Puri, 2021 US Dist LEXIS 6187米印租税条約Summons
Sabena Puri v. USA, 2020 U.S. Dist. LEXIS 247196 (2020.12.9); 2021 U.S. Dist. LEXIS 6187 (CV 20-07270-RGK (AGRx), The US District Court for the Central District of California 2021.1.12) 解説IBFD TNS 2021.1.14; U.S. Court Refuses to Quash Indian Treaty Request for Bank Info (tax notes 2021.1.14)


2021/01-07Kaufman, 2021 US Dist LEXIS 4602非故意FBAR違反罰金上限
USA v. Zvi Kaufman, 2021 U.S. Dist. LEXIS 4602 (3:18-CV-00787(KAD), US District Court for the District of Connecticut 2021.1.11) 解説IBFD TNS 2021.1.14


2021/01-06 シント・マールテン最高裁ECLI:NL:HR:2020:1988サービス・チップの賃金税源泉徴収義務
X v. the Minister of Finance of Sint Maarten, ECLI:NL:HR:2020:1988 (2020.12.11) Zaaknummer 19/03405 解説IBFD TNS 2021.1.13


2021/01-05 Kronowitz 2021 U.S. Dist. LEXIS 3607故意FBAR懈怠
USA v. Kenneth G. Kronowitz, 2021 U.S. Dist. LEXIS 3607 (Case No. 19-cv-62648-BLOOM/Valle) 解説IBFD TNS 2021.1.12


2021/01-04 独BFH XI R 20/18銀行税控除不可は合憲
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.1, XI R 20/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.010720.XIR20.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 001/21 vom 2021.1.7 Das steuerliche Abzugsverbot für die sog. Bankenabgabe ist verfassungsmäßig


2021/01-03 Bogiatto, [2020] FCA 1139 Lambda Chase Chartered Accountantsの租税回避指南
Commissioner of Taxation v Paul Bogiatto, [2020] FCA 1139 (2020.8.7) 解説"Federal Court of Australia: Holds CA guilty of promotig 'tax exploitation scheme' for facilitating unreasonable R&D claims" (taxsutra 2021.1.7)


2021/01-02 丁SKM2020.480.SR平日ドイツで働き週末妻子とデンマークに住む人は国籍重視でドイツ居住者
Skatterådet (Denmark tax council) SKM2020.480.SR (2020.11.17 公表2020.11.30) Sagsnummer (case number) 20/0740881 Taxsutra英訳 解説IBFD TNS 2021.1.4 デンマークに140日、ドイツに121日、他国に103日。


2021/01-01 福岡高判R1.7.31訟月66-2-261社会福祉法人の営む高給有料老人ホームが旅館業該当、医療保健業非該当
第881回租税判例研究会 加藤友佳2021年1月15日報告 福岡高判令和元年7月31日訟月66巻2号261頁平成31(行コ)11号控訴棄却、原審福岡地判平成31年3月6日訟月66巻2号219頁平成29(行ウ)25号請求棄却、上告審最一小決令和1年(行ツ)290号令和1年(行ヒ)356号上告棄却上告不受理 社会福祉法人が運営する有料老人ホームが法人税法施行令5条1項15号の旅館業に該当し、非課税の医療保健業(同項29号ロ)に該当せず、法人税法2条13号に規定する収益事業として課税対象となるとした事例。
一審 「(2)公益法人等の収益事業に対する法人税課税の趣旨等
 法人税法は,内国法人について法人税を納める義務を定めているが,内国法人のうち公益法人等については,その所得のうち収益事業から生じた所得以外の所得には法人税を課さないとし(法人税法4条1項,7条),収益事業から生じた所得についてのみ法人税を課すと定めている。  これは,社会的に有用な非営利活動を行うことを主たる目的とする公益法人等が行う活動に対して税制上の便宜を提供するとともに,これらの者が行う事業のうち収益事業から生じた所得については,同種の事業を行うその他の内国法人との競争条件の平等を図り,課税の公平を確保するなどの観点から,課税の対象としたものと解される。
 このような法人税法の規定の趣旨目的に照らすと,公益法人等が行う事業が法施行令5条1項各号に掲げられた各事業に該当し,収益事業といえるかどうかを検討するに当たっては,事業に伴う財貨の移転が役務等の対価の支払として行われる性質のものか,また,当該事業が,公益法人等以外の法人の一般的に行う事業と競合するものか否か等の観点を踏まえた上で,当該事業の目的,内容,態様等の諸事情を社会通念に照らして総合的に検討して判断するのが相当である(最高裁平成18年(ヒ)第177号同20年9月12日第二小法廷判決・裁判集民事228号617頁参照)。

二審 「このような法人税法の規定の趣旨目的に照らすと,公益法人等が行う事業が法施行令5条1項各号に掲げられた各事業に該当するか否かについては,事業に伴う財貨の移転が,財産権,使用収益,役務等の対価の支払として行われる性質のものか,また,当該事業が公益法人等以外の法人の一般的に行う事業と競合するものか否か等の観点を踏まえた上で,当該事業の目的,内容,態様等の諸事業を社会通念に照らして総合的に検討して判断するのが相当である(宗教法人の行う事業が法施行令5条10号の請負業等に該当するか否かに関する最高裁平成18年(ヒ)第177号同20年9月12日第二小法廷判決・裁判集民事228号617頁参照)。」(下線:引用者)
 「社会福祉法上の公益事業(社会福祉事業以外の事業であって当該事業を行うことが法人の設立目的となり得る事業)又は収益事業(その収益を社会福祉事業又は政令で定める公益事業の経営に充当することを目的とする事業)該当性と,法人税法上の収益事業該当性は,異なる法令の根拠に基づき異なる観点から判断されるべきものであり,本件事業が社会福祉法上の公益事業であると判断されたとしても,これによって本件事業が法人税法上の収益事業に当たらないとは直ちにはいえず,社会福祉法上の公益事業とされている事業について法人税法上の収益事業に当たるとして課税したとしても,憲法84条,31条に反するとはいえない」。
 「本件事業の目的,内容,態様等の諸事情を社会通念に照らして総合的に検討すれば,本件事業は,実質的に宿泊及びそれに付髄するサービス(役務)を提供することの対価を受ける事業であるといえ,本件15号規定の旅館業に該当すると認められる。
 「本件施設においては,入居者は自立した生活を送ることができることが予定されており,医療行為,歯科医療行為,介護保険法の定めるサービスを提供することは予定されていない。したがって,本件施設において,入居者に対し,希望に応じて減塩食を提供し,本件施設の職員が体温計測,血圧測定,爪切り,耳垢掃除を行い,また,看護師が健康相談に応じ服薬指導などを行っているとしても,これらは,健康管理と治療への協力,食事サービス,生活相談・助言等の一環として行われているものであり,看護師の雇用はその専門的知見を活かしたより質の高いサービスを提供しようとしたというにすぎず,上記各サービスの提供をもって,本件事業の全部又は一部が本件29号規定の医療保健業に該当するとはいえない」。
 報告者は、結論に賛成しながらも、旅館業・医療保健業の定義を示していない点で、理由付けに疑問がある、とした。
 報告者は、旅館業は、旧営業税法における「旅人宿業」を引き継いだ規定であろう、と主張した。厚生労働省通知で「生活の本拠を置くような場合」は「貸失業・貸家業であって旅館業に含まれない」と規定されていることを、本件の判決(特に地裁判決)は軽視している。
 医療保健業について、東京地判平成15年5月15日税資253号順号9344号、東京高判平成16年3月30日税資254号順号9615(「医学部等を擁する学校法人が治験等に起因して製薬会社等から受領した寄附金による収入の収益事業該当性が争われた」訟月66巻2号227頁)参照。
 社会福祉法上の公益事業であっても法人税法上は収益事業として扱われることがある、という点で、厚生労働省にとってはびっくりする判決。報告者は、本件のような高給有料老人ホームが社会福祉法・法人税法が想定していなかった業態であるといえるのではないか、そして立法的解決が求められる、と主張する。「住宅型有料老人ホーム」「介護付有料老人ホーム」の区別も課題。


2020/12-31 Development Securities, [2020] EWCA Civ 1705ジャージー法人が英国居住者とされた事例
HMRC v Development Securities Plc & Ors [2020] EWCA Civ 1705 (2020.12.15); appealed from [2019] UKUT 169 (TCC) (2019.6.5), [2019] STC 1424, [2019] STI 1225, 21 ITL Rep 801 解説 Katerina Heal & Stephen Pevsner, Court of Appeal Decides that Jersey Companies were UK Tax Resident (2020.12.23) (National Law Review, Volume X, Number 360, 2020.12.25) 吉村政穂先生


2020/12-30 蘭ECLI:NL:HR:2020:1914付加価値税非課税の資産管理役務:集合的投資
Hoge Raad, Zaaknummer 18/03680, ECLI:NL:HR:2020:1914 (2020.12.4), In cassatie op Gerechtshof Amsterdam, 17/00347, ECLI:NL:GHAMS:2018:2367 (2018.7.10) 解説Dutch Supreme Court allows VAT exemption for 'asset management services' fulfilling 'collective investment' criteria (Taxsutra 2020.12.22)


2020/12-29 La Mancha Group International [2020] FCA 1799外国法に基づく外国法人合併の租税属性引継
La Mancha Group International B.V. v Commissioner of Taxation ([2020] FCA 1799) (Federal Court of Australia, 2020.12.16) 解説IBFD TNS 2020.12.22


2020/12-28 モルジブ高裁HPL Resorts (2017/HC-A/373)費用償還のための支払いは源泉徴収税に服さない
High Court, Maldives Inland Revenue Authority v. HPL Resorts (Maldives) Pvt. Ltd. (2017/HC-A/373) (2020.12.15) & Maldives Inland Revenue Authority v. Lan'daa Giraavaru Pvt. Ltd. (2017/HC-A/374) (2020.12.15)未入手 解説IBFD TNS 2020.12.21 "Resort Management Agreement"に基づくHPL Resorts (Maldives)からFour Seasons Hotels & Resorts BVへの支払。


2020/12-27 In Re Perrigo Co. PLC Secs. Litig. 2020 US Dist LEXIS 228178弁護士秘匿特権放棄範囲
In Re Perrigo Company PLC Securities Litigation 2020 U.S. Dist. LEXIS 228178 (19cv70 (DLC)) (US District Court for the Southern District of New York 2020.12.4) 解説IBFD TNS 2020.12.17


2020/12-26 独BFH VI R 42/18「Biberschaden」(ビーバー損害?)関連費用を所得税法33条「特別負担」として控除できるか
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.10.1, VI R 42/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.011020.VIR42.18.0 解説 BFH Pressemitteilungen 2020.12.17 Nummer 060/2020 Keine Berücksichtigung von Aufwendungen in Zusammenhang mit einem "Biberschaden" als außergewöhnliche Belastungen i.S. des § 33 EStG


2020/12-25 独BFH VI R 14/18会社の費用負担による従業員のフィットネスプログラム参加は非課税たりうる
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.7, VI R 14/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.070720.VIR14.18.0 解説 BFH Pressemitteilungen 2020.12.17 Nummer 059/2020 Teilnahme an einem Firmenfitnessprogramm kann steuerfrei sein


2020/12-24 仏国務院Valueclick420174代理人PE認定(契約締結権限なくとも)OECDコメンタリーの動的解釈的参照
Valueclick, Conseil d'Éta, Nº 420174 (2020.12.11) ECLI:FR:CECHR:2020:420174.20201211 原審Paris Administrative Court of Appeal (CAA Paris 1-3-2018 No. 17PA01538: RJF 6/18 No. 600). 解説IBFD TNS 2020.12.15; Mickael Duquenne & Pascal Luquet, French High Court in Valueclick interprets tax treaty permanent establishment rules (MNE Tax 2021.1.5); Irish Sub of U.S. Digital Company Has PE, French Court Holds (tax notes 2020.12.31) cf. Conversant/Valueclick2021/12-60


2020/12-23 希行政最高裁653/2020キプロスPEを有するギリシャ法人の外税控除:源泉徴収税・予納税
Greece Supreme Administrative Court Resolution No. 653/2020 (2020.4.15) 解説IBFD TNS 2020.12.15反対650/2020 (2021/03-06)


2020/12-22 丁最高裁BS-5212/2020-HJR期限徒過後の未申告損失控除
デンマーク最高裁Højesteret BS-5212/2020-HJR (2020.12.8) 解説IBFD TNS 2020.12.14


2020/12-21 瑞連邦最高裁2C_835/2017瑞米租税条約下の配当源泉徴収税の還付:英米居住
Schweizerisches Bundesgericht 2C_835/2017 (2020.11.27) 解説IBFD TNS 2020.12.14


2020/12-20 Sabena Puri 2:2020cv07270 (AGRx)インド課税調査のための第三者サモンを勧告
Sabena Puri v. USA (US District Court for the Central District of California) (case number 2:2020cv07270) 未入手 解説IBFD TNS 2020.12.14


2020/12-19 McKenny, 973 F.3d 1291過納税
Joseph M. McKenny & Amy F. McKenny v. US, 973 F.3d 1291 (No. 18-10810) (11th Cir., 2020.9.1) 解説Douglas A. Kahn & Jeffrey H. Kahn, Recovery for Causing Tax Overpayment - Lyeth v. Hoey and Clark Revisited, 74 Tax Law. ___ (2021) cf. Lyeth v. Hoey, 305 U.S. 188 (1938) cf. Clark v. Commissioner, 40 B.T.A. 333 (1939)


2020/12-18 Frank Agrama, 2020 U.S. Dist. LEXIS 226136サモンの有効性
USA v. Frank Agrama, 2020 U.S. Dist. LEXIS 226136; 2020 WL 7056288 (Case No. CV 19-09204 DDP (JCx)) (US District Court for the Central District of California 2020.12.2) 解説IBFD TNS 2020.12.11 cf. US v. Powell, 379 U.S. 48 (1964)


2020/12-17 Comcast, 2020 Ore. Tax LEXIS 63受動的投資所得配賦可能性
Comcast Corporation and Subsidiaries v. Department of Revenue, State of Oregon, 2020 Ore. Tax LEXIS 63; (TC 5265(Control); TC 5346) (Oregon Tax Court Regular Division, 2020.11.25) 解説IBFD TNS 2020.12.10 cf. Allied-Signal (504 U.S. 768) (1992.6.15)


2020/12-16 独BFH X R 6/19リビアからドイツに専門を学ぶため来た人がリビアから受ける奨学金は所得税の課税対象
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.8, X R 6/19, ECLI:DE:BFH:2020:U.080720.XR6.19.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 058/20 Einkommensteuerpflicht eines Gastarztstipendiums


2020/12-15 Arthur Bedrosian, 2020 U.S. Dist. LEXIS 228208故意FBAR違反
Arthur Bedrosian v. USA, 2020 U.S. Dist. LEXIS 228208 (2:15-cv-05853-MMB) (2020.12.4) 解説IBFD TNS 2020.12.9 cf. →2017/05-08


2020/12-14 仏憲法院2020-868 QPC仏居住者宝石等売却税(通常の譲渡益税より有利)はEU域内外の売却に適用
Conseil Constitutionnel Décision nº 2020-868 QPC du 2020.11.27 解説IBFD TNS 2020.12.9


2020/12-13 伊欧国家補助SA.38399港湾課税における所得控除
SA.38399 Ports taxation in Italy State aid: Commission requires Italy to put an end to tax exemptions for ports


2020/12-12 ウガンダSamsung Electronics East Africa (TAT application no. 36 of 2019)韓国本支店間役務VAT
Samsung Electronics East Africa Limited V. Uganda Revenue Authority (TAT application no. 36 of 2019, 2020.11.30) 解説IBFD TNS 2020.12.7韓国企業がケニアで法人化した外国会社(支店)をウガンダに登録していた。


2020/12-11 独BFH VII R 56/18煙草税脱税者は同時にAO71条の債務を負わない
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.6.23, VII R 56/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.230620.VIIR56.18.0 解説BFH Pressemitteilung Nummer 057/20, 2020.12.3 Geschmuggelte Zigaretten: Der Steuerschuldner kann nicht zugleich Haftungsschuldner sein


2020/12-10 独BFH VI R 3/18外国に留学している学生の追加食費・宿泊費を前年の所得に関する費用として控除できる
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.5.14, VI R 3/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.140520.VIR3.18.0解説BFH Pressemitteilung Nummer 056/20, 2020.12.3 Steuerliche Berücksichtigung von Verpflegungsmehraufwand und Unterkunftskosten bei Auslands(praxis)semestern


2020/12-09 独BFH X R 23/17非課税国外給与に係る年金掛金の控除可能性
Bundesfinanzhof Urtein vom 2019.11.5, X R 23/17, ECLI:DE:BFH:2019:U.051119.XR23.17.0 | EStG §10(2)第1文 | 財務省通達 解説IBFD TNS 2020.12.3


2020/12-08 白欧Belgium Magnetrol International (C-337/19 P)超過利潤調整と国家補助
Belgium Magnetrol International v. Commission (C-337/19 P) Advocate General Kokott opnion (2020.12.3); Judgment (2021.9.16) cf. T-131/16→2019/02-07 解説IBFD TNS 2019.2.15; IBFD TNS 2020.12.3; IBFD TNS 2020.12.4; IBFD TNS 2016.1.11; IBFD TNS 2016.1.12; Maisto mail magazine 2020.12.3; IBFD TNS 2021.9.16 ベルギー課税庁のベルギー法人に対する利得下方調整ルーリング(Advance Tax Rulings)が国家補助に当たるとEuropean Commissionが判断した(decision。2016年1月11日)ところ、General CourtはCommissionのdecisionを破棄した(judgment)。Commissionが採り上げたルーリングは偏っているか。AGはjudgment破棄を助言した。利得下方調整(downward adjustments of profits)が一般的・抽象的(general and abstract)か。2021.9.16 ECJ判決はGeneral Courtの判決を破棄し差戻した。
 2021.9.16 Press Release No 158/21 Tax exemptions granted by Belgium to multinational companies by way of rulings: the Commission correctly found that there was an aid scheme; Stephanie Bodoni, EU's Crackdown on Belgian Tax Breaks Gets Top Court Boost (Bloomberg 2021.9.16)


2020/12-07 伯連邦最高裁ADI 5659 & ADI 1945ソフトウェアライセンスへの州付加価値税賦課は違憲
STF (Supremo Tribunal Federal) Ação Direta de Inconstitucionalidade ADI 5659 (State of Minas Gerais) & ADI 1945 (State of Mato Grosso) (decision 2020.11.4 解説IBFD TNS 2020.12.2; IBFD TNS 2021.2.25; IBFD TNS 2021.3.5 Noticias STF "CNS questiona incidência de ICMS sobre operações com software" (2017.3.13); Francisco Lisboa Moreira & Rachel Mira Lagos, Brazil's Supreme Court takes up taxation of software downloads (MNE Tax 2020.12.3)


2020/12-06 仏国務院427182仏瑞条約の居住ルールは居住証明書が作成されても適用される
Conseil d'État nº 427182 (2020.12.23) 解説IBFD TNS 2020.12.2 (formulaire d'attestation de résidence)


2020/12-05 ウクライナ826/21951/15ウ法人から米居住者への使用料支払いにつき控除を制限:条約違反か
Ukrainian Supreme Court decision of case No. 826/21951/15 (LINK繋がらない) (2020.11.11) 解説IBFD TNS 2020.12.2


2020/12-04 Forsyth, John Russell, [2020] SGHC 258退職時の特別給付金が非課税たる失業給付金に当たるか
Comptroller of Income Tax v. Forsyth, John Russell, [2020] SGHC 258 (2020.11.25) 解説IBFD TNS 2020.11.30


2020/12-03 コロンビア行政最高裁2020.9.22外国投資家の国税登録に関する要件の緩和が違法とされた例
Supreme Administrative Court decision 2020.9.22 (未公刊) 解説IBFD TNS 2020.11.30


2020/12-02 東京高判R1.5.22訟月65-11-1657弁護士のロータリークラブ年会費の必要経費控除を認めない
第880回租税判例研究会 今本啓介2020年12月17日報告 東京高判令和元年5月22日訟月65巻11号1657頁平成30(行コ)295号棄却25566126原審長野地判平成30年9月7日税資268号順号13183訟月65巻11号1634頁平成29(行ウ)1号棄却
一審判旨 所得税「法37条1項は、その年分の事業所得の計算上必要経費に算入すべき金額は、所得の総収入金額に係る売上原価その他当該総収入金額を得るために直接要した費用の額及び「その年における販売費、一般管理費その他これらの所得を生ずべき業務について生じた費用の額」(以下、上記括弧内の費用を「一般対応の必要経費」という。)とする旨規定している。法37条1項が、事業所得の金額の計算上必要経費の算入を認めている趣旨は、総収入金額のうち、課税対象を所得に限定し、投下資本の回収部分に課税が及ぶことを避けるためであると解される。この点、個人は、日常生活において事業による所得の稼得活動のみならず、所得の処分としての私的な消費活動も行っているところ、所得の処分としての私的な消費活動は、投下資本の回収とは無関係であるから、所得に対して適切に課税をするためには、事業所得の金額の計算に当たり、投下資本の回収部分である必要経費と所得の処分である家事費とを明確に区別する必要がある。そこで、法37条1項は、一般対応の必要経費について、所得を生ずべき業務について生じた費用であるとし、法45条1項は、家事費及び家事関連費で政令に定めるものは必要経費に算入しない旨規定し、同条項を受けた施行令96条は、必要経費として算入される家事関連費について、経費の主たる部分が事業所得を生ずべき業務の遂行上必要であり、かつ、その必要である部分を明らかに区分できるもの(同条1号)又は事業所得を生ずべき業務の遂行上直接必要であったことが明らかにされるもの(同条2号)であることを要する旨規定している。上記各規定に照らせば、個人の支出のうち、事業所得の金額の計算上必要経費に算入すべき金額は、支出が事業に係る収入を生み出す業務に直接関連して支出されたものであり、当該業務の遂行上必要なものに限られるというべきである。そして、上記関連性及び必要性の判断は、関係者の主観的判断を基準とするのではなく、客観的に判断されるべきである。[略]
 原告は、法37条1項の「業務について生じた費用」とは、「…経費の主たる部分が…所得を生ずべき業務の遂行上必要であり、かつ、その必要である部分を明らかに区分できる場合における当該部分に相当する額」(法45条1号、施行令96条1号)であれば足り、被告が主張するような家事費と必要経費との厳格な区別を行う法令上の根拠はなく、必要経費の判断に当たって、業務との直接関連性を要件とすることは租税法律主義の見地からして違法である旨主張する。
 しかしながら、前記(1)のとおり、事業所得の金額の計算上必要経費が算入される趣旨や法及び施行令の各規定に照らせば、法37条1項の「業務について生じた費用」とは、当該事業にかかわる収入を生み出す業務に直接関連して支出された費用と解するのが相当であり、かかる解釈は合理性を有するものとして租税法律主義に反するものということはできない。」
(下線、浅妻)
二審判旨 「控訴人は,事業所得の金額の計算に当たり必要経費と家事費等とを明確に区別する法令上の根拠はないとの前提に立った上で,事業所得の計算における一般対応の必要経費について原審が事業に係る収入を生み出す業務に直接関連してされた支出であるべきものと解したことを批判する。しかしながら,法(所得税法)は,所得税の課税標準である個人の総所得金額につき事業所得を含む各種所得の金額の合計額とするものとし(法22条1項及び2項),事業所得については,法律事務に係るものを含むサービス業等から生ずる所得とした上で(法27条1項),その金額については,特定の年中の事業所得に係る総収入金額から必要経費を控除した金額とするものとし(同条2項),必要経費の計算に関しては,原判決添付別紙1のような諸規定を定めているものであって,これらの規定に従って事業所得の金額を適切に計算しようとする際には,個人のした特定の支出の金額が事業所得の金額の計算上必要経費に算入すべき金額に当たるか否かに関し,他の各種所得の金額の計算及び必要経要に算入しないものとされる家事費等と区別して判断することが必要である。そして,上記の区別に当たり,各種所得の金額のうち不動産所得の金額,事業所得の金額又は雑所得の金額の計算における必要経費につき定める同法37条1項の規定(同別紙の第1)の意味内容について解釈をすることが妨げられるというべき理由はなく,その解釈の内容に関しては,必要経費の範囲に関する他の規定である法45条1項1号の規定(同別紙の第1)及び同規定の委任に基づきその趣旨に添って定められた施行令96条の規定(同別紙の第2)の文理等を考慮することも許されることは明らかである。以上を前提とした上で,個人のした各種の支出のうち事業所得の金額の計算上事業所得に係る総収入金額から控除すべき必要経費に算入すべきものについては,補正の上で引用した原判決の「事実及び理由」第3の2(1)に述べたように解するのが相当であり,これと異なる控訴人の主張は採用することができない。」
 報告者は、家事費ではなく家事関連費、というべきではないか、と主張した。顧客開拓費として広告宣伝費に類する費用性を一部有している、しかし、費用の部分を明確に区分できないので、家事関連費として控除できない、という論理の方がよかったのではないか、と主張した。
 東京高判平成24年9月19日判時2170号20頁(弁護士会役員の懇親会費の一部の必要経費算入を認めた)が、東京地判平成23年8月9日判時2145号17頁(直接性を要すると判断)を明示的に否定して直接性は要しないとしたのに対し、同じ東京高裁で、直接性を要求するのはおかしい(二審判決自身の言葉としては「直接」を用いていないが、「直接」を用いた一審判決の理由を受け容れている)、という批判がフロアからあがった。報告者は、弁護士会が強制加入であることと、本件では強制加入ではないこととの間の違いを述べた。
 フロアの別の人が、直接性を要しないとした東京高判平成24年9月19日は最高裁判例ではないし、その後の下級審は直接性を要すると述べているものが多く東京高判平成24年9月19日に追随していないようである、と述べた。
 フロアの別の人が、必要経費の立証責任は課税庁側にある、と述べた。
 余談ながら、東京高判平成24年9月19日に関連し山田麻未「所得稼得に寄与する支出と消費の関係」2020.12.16(税務研究会報告)は、家事費または家事関連費(所得税法45条1項1号)に当たる支出が、業務関連性を帯びると必要経費(所得税法37条1項)に該当しうるというのは、特則の筈の所得税法45条1項1号に原則である筈の所得税法37条1項が優先するという構造になってしまっていておかしいのではないか、と報告した。また、山田は、事業に関連する消費っぽい支出の控除を認める理屈として、フリンジ・ベネフィットに関する【強制された消費】(効用を感得しない強制された消費を従業員の課税所得に算入するのは酷である)の理屈が参考になるかもしれない、と述べた(山田麻未「弁護士会等の役員等として行う活動と事業所得における『事業』との関係」税法学571号233-240頁には出てこない面白い理屈である)。本件に当てはめると、弁護士がロータリークラブに加入するのは顧客開拓のためであって懇親を楽しんでいる訳ではない(効用を感得してない)という主張は理解できないではない。そして、もしも弁護士が雇われ人(給与所得を得る人)であって雇用主に命じられてロータリークラブに加入し雇用主が年会費を負担していた場合、フリンジ・ベネフィットが雇われ人の給与所得に算入される、というのは酷である、という理屈は成立しうるのかもしれない。しかし、本判決の結論に照らすと、雇われ人の給与所得に算入される、ということになるのかもしれない。或いは、雇われ人の場合は給与所得に算入されず、独立事業者の場合は必要経費に算入されない、という中間的な領域がありえようか?
 (cf. Green v. Commissioner, 74 T.C. 1229 (1980) 売血者の高蛋白質食費控除)(Smith v. Commissioner, 40 B.T.A. 1038 (1939) ベビーシッター)(Sutter v. Commissioner, 21 T.C. 170 (1953) 接待食費)(Moss v. Commissioner, 758 F.2d 211 (7th Cir. 1985) ランチミーティング)


2020/12-01 クラヴィス(プロミス)最判R2.7.2平31行ヒ61後発的理由に基づく更正の請求
第879回租税判例研究会 阿部雪子2020年12月3日報告 最判令和2年7月2日平成31(行ヒ)61号 控訴審→2019/03-02 貸金業者が制限超過利息等を益金に計上して申告した後、不当利得として返還すべきことが確定した。最高裁は、返還額を前期損益修正として計上することが公正処理基準に当たるとし原告の更正の請求は認められないとして、更正の請求を認めた原審を破棄し自判した。
原審 「前期損益修正は企業会計原則が定める会計基準であるが,企業会計原則は,企業の経済的活動が半永久的に営まれるとの仮定が成り立つことを前提とする考え方に基づくものである。しかし,破産手続開始の決定を受けた会社(以下「破産会社」という。)は,破産手続による清算の目的の範囲内において,破産手続が終了するまで存続するにすぎないから,破産会社には,上記の考え方は妥当せず,会社法上の前期損益修正に係る規定(同法435条2項,会社計算規則88条3項,96条7項等)の適用もないと解すべきである。また,法人の会計処理において一般に前期損益修正がされるのは,確定した財務諸表が配当制限その他の規制や課税所得計算等にも利用されており,そこでの利益計算を事後的に修正すると,利害調整の基盤が揺らいでしまうという考えによるものであるところ,破産会社において過年度に計上した収益の額を修正する必要がある場合には,事後的な修正をしても,株主等の利害関係人や債権者との利害調整の基盤が揺らぐとは考えられない。さらに,制限超過利息等の受領が法律上の原因を欠き,これを返還すべきことが破産手続で確定した場合には,破産会社が遡って収益の額を減少させることにより法人税の減額分につき還付を受けて過払金返還請求権を有する破産債権者に配当をすることに合理性が認められる。そうすると,過払金返還請求権に係る破産債権のうち既に配当がされた部分に対応する制限超過利息等に加えて,まだ配当がされていない部分に対応する制限超過利息等についても,これらを受領した日の属する事業年度に遡って益金の額を減額する計算をすることは,公正処理基準に従った計算方法に合致するといえる。」(いわゆる過年度減額基準
最高裁判旨 「(1)一般に,企業会計においては,会計期間ごとに,当期において生じた収益の額と当期において生じた費用及び損失の額とを対応させ,その差額として損益計算を行うべきものとされている。そして,企業会計原則は,過去の損益計算を修正する必要が生じても,過去の財務諸表を修正することなく,要修正額を前期損益修正として修正の必要が生じた当期の特別損益項目に計上する方法を用いることを定め(第二の六,同注解12),「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(平成21年12月4日企業会計基準第24号)も,過去の財務諸表における誤謬が発見された場合に行う会計処理としては,当該誤謬に基づく過去の財務諸表の修正再表示の累積的影響額を当期の期首の残高に反映するにとどめることとし(21項),同会計処理が認められる誤謬の範囲を当初の財務諸表作成時に入手可能な情報の不使用や誤用があった場合に限定している(4項(8))。企業会計原則等におけるこれらの定めは,法人の損益計算が法人の継続的な経済活動を人為的に区切った期間を単位として行われるべきものであることを前提としており,過去の損益計算を遡って修正することを予定していないものと解される。
 法人税法も,事業年度(法人の財産及び損益の計算の単位となる期間で,法令で定めるもの又は法人の定款等で定めるもの等。13条)における所得の金額を課税標準として課税することとし(21条),確定した決算に基づき各事業年度の所得の金額等を記載した申告書を提出すべきものとしており(74条1項),国税通則法も,当該申告書の提出による申告をもって,当該事業年度の終了時に成立した法人税の納税義務につき納付すべき税額が確定することとしている(15条2項3号、16条1項1号及び2項1号)。
 このように,法人税の課税においては,事業年度ごとに収益等の額を計算することが原則であるといえるから,貸金業を営む法人が受領し,申告時に収益計上された制限超過利息等につき,後にこれが利息制限法所定の制限利率を超えていることを理由に不当利得として返還すべきことが確定した場合においても,これに伴う事由に基づく会計処理としては,当該事由の生じた日の属する事業年度の損失とする処理,すなわち前期損益修正によることが公正処理基準に合致するというべきである。
  (2)法人税法は,事業年度ごとに区切って収益等の額の計算を行うことの例外として,例えば,特定の事業年度に発生した欠損金額が考慮されずに別の事業年度の所得に対して課税が行われ得ることに対しては,青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越し(57条)及び欠損金の繰戻しによる還付(80条)等の制度を設け,また,解散した法人については,残余財産がないと見込まれる場合における期限切れ欠損金相当額の損金算入(59条3項)等の制度を設けている。課税関係の調整が図られる場合を定めたこのような特別の規定が,破産者である法人についても適用されることを前提とし,具体的な要件と手続を詳細に定めていることからすれば,同法は,破産者である法人であっても,特別に定められた要件と手続の下においてのみ事業年度を超えた課税関係の調整を行うことを原則としているものと解される。そして,同法及びその関係法令においては,法人が受領した制限超過利息等を益金の額に算入して法人税の申告をし,その後の事業年度に当該制限超過利息等についての不当利得返還請求権に係る破産債権が破産手続により確定した場合に前期損益修正と異なる取扱いを許容する特別の規定は見当たらず,また,企業会計上も,上記の場合に過年度の収益を減額させる計算をすることが公正妥当な会計慣行として確立していることはうかがわれないことからすると,法人税法が上記の場合について上記原則に対する例外を許容しているものと解することはできない。このことは,上記不当利得返還請求権に係る破産債権の一部ないし全部につき現に配当がされ,また,当該法人が現に遡って決算を修正する処理をしたとしても異なるものではない。
 そうすると,上記の場合において,当該制限超過利息等の受領の日が属する事業年度の益金の額を減額する計算をすることは,公正処理基準に従ったものということはできないと解するのが相当である。
(3)これを本件についてみると,本件各事業年度に制限超過利息等を受領したクラヴィスが,これを本件各事業年度の益金の額に算入して行った本件各申告はもとより正当であったといえるところ(最高裁昭和43年(行ツ)第25号同46年11月9日第三小法廷判決・民集25巻8号1120頁参照),上記(2)で述べたところによれば,その後の事業年度に本件債権1が破産手続において確定したことにより,本件各事業年度に遡って益金の額を減額する計算をすることは,本件債権1の一部につき現に配当がされたか否かにかかわらず,公正処理基準に従ったものということはできない。
 したがって,上記の減額計算を前提とする本件各更正の請求が国税通則法23条1項1号所定の要件を満たすものでないことは明らかである。」




2020/11-53 葡欧MK (C-388/19)非居住者保有不動産譲渡益課税に係る国籍差別
MK v Autoridade Tributária e Aduaneira (C-388/19) Advocate General Hogan opinion (2020.11.19) ECLI:EU:C:2020:940; Judgment (2021.3.18) 解説IBFD TNS 2019.8.12; IBFD TNS 2020.11.27


2020/11-52 独BFH IX R 26/19賃貸住居を11万ユーロで購入した際の減価償却部分への配分(土地対建物)方法
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2020.1.21, IX R 26/19, ECLI:DE:BFH:2020:B.210120.IXR26.19.0; Urteil vom 2020.7.21, IX R 26/19, ECLI:DE:BFH:2020:U.210720.IXR26.19.0 解説 Pressemitteilungen 2020.11.26 Nummer 055/2020 "Kaufpreisaufteilung bei Erwerb einer vermieteten Eigentumswohnung"


2020/11-51 芬欧Veronsaajien oikeudenvalvontayksikköC-480/19ルク基金への投資から得た所得の種類
Veronsaajien oikeudenvalvontayksikkö (C-480/19) Advocate General Hogan opinion (2020.11.19); Judgment (2021.4.29) 解説IBFD TNS 2019.9.3; IBFD TNS 2020.11.25
 続報Korkein hallinto-oikeus, KHO:2021:90 2021.6.28 解説IBFD TNS 2021.7.1


2020/11-50 Charles G. Moore & Kathleen F. Moore, 2020 US Dist LEXIS 216771 Subpart F還流金税合憲性
Charles G. Moore and Kathleen F. Moore v. USA, 2020 U.S. Dist. LEXIS 216771 (US District Court for the Western District of Washington, 2020.11.19, Case No. C19-1539-JCC) 解説IBFD TNS 2020.11.24


2020/11-49 David C. Shnier & Evelyn Z. Shnier, 2020 U.S. Claims LEXIS 2331 PFICの合法性
David C. Shnier and Evelyn Z. Shnier v. USA, 2020 U.S. Claims LEXIS 2331 (Court of Federal Claims, 2020.11.17, No. 18-1257) 解説IBFD TNS 2020.11.24 | PFIC (passive foreign investment company)


2020/11-48 ケニア控訴審Barclays Bank of Kenya, 195/2017銀行間手数料と国際カード役務の源泉徴収義務
Commissioner of Domestic Taxes (Large Taxpayer Office) v. Barclays Bank of Kenya Ltd [2020] eKLR, Civil Appeal 195 of 2017 (2020.11.6) History Docket Number: JR MISC. CA No. 46 of 2013) 解説IBFD TNS 2020.11.24


2020/11-47 勃No. 12276公共インフラ建築VAT税額控除否定のEU法適合性
Sofia Appellate Court decision No. 12276 (2020.10.6) 解説IBFD TNS 2020.11.24


2020/11-46 Douglas H. Cutting, TC Memo 2020-158タイ居住米航空会社勤務パイロット国外稼得免税適否
Douglas H. Cutting v. Commissioner of Internal Revenue, T.C. Memo. 2020-158 (2020.11.19) 解説IBFD TNS 2020.11.23
 続報Douglas H. Cutting v. Commissioner, 2021 U.S. App. LEXIS 37928, Ninth Circuit No. 21-70235, 2021.12.14 解説IBFD TNS 2021.12.27


2020/11-45 波欧J.K. (C-703/19)ケータリング役務のVAT軽減税率適用の有無
J.K. v. Dyrektor Izby Administracji Skarbowej w Katowicach (C-703/19) Advocate General Jean Richard de la Tour opinion (2020.11.12) ECLI:EU:C:2020:921; Judgment (2021.4.22)解説IBFD TNS 2020.1.27; IBFD TNS 2020.11.23


2020/11-44 Coca-Cola, 155 T.C. No. 10移転価格(supply points)
Coca-Cola v. Commissioner, 155 T.C. No. 10 (2020.11.18) (Docket No. 31183-15) 解説IBFD TNS 2020.11.20; Aysha Bagchi, Coca-Cola Must Pay Bulk of $3.4 Billion Tax Bill, Court Says (4) (Bloomberg Tax 2020.11.19); Aysha Bagchi, Isabel Gottlieb, & Jeffery Leon, Coca-Cola Ruling Sends Warning on Facebook, Medtronic Tax Fights (Bloomberg Tax 2020.11.21)
 続報The Coca-Cola Company and Subsidiaries v. Commissioner of Internal Revenue, US Tax Court, Docket No. 31183-15 (2021.10.26) cf. Tax Court Rule 161 解説IBFD TNS 2021.12.3; Doug Connolly, Coca-Cola denied reconsideration in transfer pricing dispute due to ‘futile’ arguments (MNE Tax 2021.12.2); Ryan Finley, Tax Court Denies Coca-Cola's Motion for Reconsideration, Tax Notes Today International 2021.12.3


2020/11-43 独BFH VI R 4/18所得税法35a条2項:公道掃除と職人の作業場での仕事の控除の可否
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.5.13, VI R 4/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.130520.VIR4.18.0 解説 BFH Pressemitteilungen Nummer 054/20 2020.11.19 Keine Steuerermäßigung nach § 35a Abs. 2 EStG für die Reinigung einer öffentlichen Straße (Fahrbahn) und für in der Werkstatt des Handwerkers erbrachte Arbeiten


2020/11-42 RSR Sports, [2019] UKFTT 678 (TC)学校休日クラブ活動VAT非課税範囲
RSR Sports Ltd v HMRC, [2019] UKFTT 678 (TC) (2019.11.7) 解説IBFD TNS 2020.11.19 cf. Sport Academies Ltd v HMRC, [2016] UKFTT 417 (TC) (2016.6.14)


2020/11-41 以地裁74155-12-18非pro-rata株式償還に係る株主の課税取扱い:譲渡益か配当か
イスラエルHaifa地裁Tax Appeal 74155-12-18 Beit Hossen and others vs Assessing Officer Acre Court Ruling (2020.11.1)解説IBFD TNS 2020.11.18


2020/11-40 希行政最高裁658/2020希瑞情報交換による取得情報:法令の期間制限を延長
ギリシャ行政最高裁 判決番号658/2020 (2020.4.15判決文未公開) 解説IBFD TNS 2020.11.17


2020/11-39 仏国務院435295仏法人本店の独西英支店に対する費用補填請求はVATに関し単独法人格内部取引か
BNP Paribas Securities Services, Conseil d'État, 2020.11.4, Nº 435295, ECLI:FR:CECHS:2020:435295.20201104 原々審un jugement nº 1307739 et 1308039 du 2014.12.15 et un jugement nº 1600070 du 2017.2.9, le tribunal administratif de Montreuil 原審un arrêt nº 15VE00454 et 17VE01071 du 2019.9.19, la cour administrative d'appel de Versailles 解説IBFD TNS 2020.11.17 cf. Skandia America Corporation (C-7/13)


2020/11-38 ウガンダNational Social Security Fund, (Civil Appeal No. 29 of 2020)会員向利子支払控除可否
National Social Security Fund (NSSF) (Appellant) vs Uganda Revenue Authority (Respondent, (High Court of Uganda 2020.11.2) (Civil Appeal No. 29 of 2020; from TAT (Tax Appeals Tribunal) No. 3 of 2019) 未入手 解説IBFD TNS 2020.11.13


2020/11-37 仏控訴審18VE03012 EU域外居住者がフランス法人株式譲渡益課税を受けることと資本移動の自由
La société Runa Capital Fund I LP, Cour administrative d'appel de Versailles, 2020.10.20, 18VE03012 解説EY, French court rules taxes levied on capital gains on sale of French shares by non-EU companies is contrary to free movement of capital 2020.10.30 2020-6405


2020/11-36 独BFH VI R 15/18娘を母(外国)からドイツに取戻す為の訴訟費用を特別費用として控除できない
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.8.13, VI R 15/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.130820.VIR15.18.0 解説 BFH Pressemitteilungen Nummer 052/20, 2020.11.5, Prozesskosten im Zusammenhang mit einem Umgangsrechtsstreit kölnnen nicht als außergewölhnliche Belastungen abgezogen warden


2020/11-35 独BFH VIII R 29/19経済的に不合理な場合、電子申告義務はない
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.6.16, VIII R 29/19, ECLI:DE:BFH:2020:U.160620.VIIIR29.19.0 解説 BFH Pressemitteilungen Nummer 053/20, 2020.11.12, Keine Pflicht zur elektronischen übermittlung der Einkommensteuererklärung bei wirtschaftlicher Unzumutbarkeit


2020/11-34 Wee Teng Yau, [2020] SGHC 236歯科医院⇒歯科医から歯科医院⇒会社⇒歯科医へ:GAAR適用
Wee Teng Yau v. Comptroller of Income Tax and another appeal, [2020] SGHC 236 (2020.11.4) 解説IBFD TNS 2020.11.11 Cf. Comptroller of Income Tax v. AQQ and another appeal, [2014] 2 SLR 847; [2014] SGCA 15 (2014.2.26) 解説IBFD TNS 2014.5.21; Vikna Rajah presentation (PPT)
Section 33 Income Tax Act
Comptroller may disregard certain transactions and dispositions
33.-(1) Where the Comptroller is satisfied that the purpose or effect of any arrangement is directly or indirectly -
 (a) to alter the incidence of any tax which is payable by or which would otherwise have been payable by any person;
 (b) to relieve any person from any liability to pay tax or to make a return under this Act; or
 (c) to reduce or avoid any liability imposed or which would otherwise have been imposed on any person by this Act,
the Comptroller may, without prejudice to such validity as it may have in any other respect or for any other purpose, disregard or vary the arrangement and make such adjustments as he considers appropriate, including the computation or recomputation of gains or profits, or the imposition of liability to tax, so as to counteract any tax advantage obtained or obtainable at person from or under that arrangement.
(2) In this section, “arrangement” means any scheme, trust, grant, covenant, agreement, disposition, transaction and includes all steps by which it is carried into effect.
(3) This section shall not apply to -
 (a) any arrangement made or entered into before 29th January 1988; or
 (b) any arrangement carried out for bona fide commercial reasons and had not as one of its main purposes the avoidance or reduction of tax.


2020/11-33 米カリフォルニア州控訴審Uber, 2020 Cal App LEXIS 988従業員扱い⇒提案22号自営業者扱い
The People v. Uber Technologies, Inc., et al., 2020 Cal. App. LEXIS 988; in the Court of Appeal of the State of California, A160701, A160706 (2020.10.22); Proposition 22 by California voters. Cf. Dynamex Operations West, Inc. v. The Superior Court of Los Angeles County, & Charles Lee et al., 4 Cal. 5th 903; in the Supreme Court of California, S222732, Ct.App. 2/7 B249546 (2018.4.30) 解説IBFD TNS 2020.11.10


2020/11-32 ペルー租税裁判所03701-9-2020ペルー・チリ租税条約恩恵適用の前提となる居住証明
Tribunal Fiscal decision Nº 03701-9-2020 (2020.8.20) 解説IBFD TNS 2020.11.10


2020/11-31 仏国務院428048課税庁のガイドラインに沿った取引への罰則(租税手続法L64条:権利濫用)
Conseil d'État, Nº 428048, ECLI:FR:CEASS:2020:428048.20201028 (2020.10.28) 解説IBFD TNS 2020.11.6 la procédure spéciale de répression des abus de droit prévue à l'article L. 64 du livre des procédures fiscales


2020/11-30 伯STJ 1.864.227源泉徴収税の引鉄は債務の満期or現実の支払いの早い方
ブラジル連邦上級法院(控訴審?)Superior Tribunal de Justiça (STJ), Recurso Especial Nº (Superior Court of Justice, Appeal Case Number) 1.864.227 - SP (2020/0049097-0) (2020.10.13); 連邦歳入庁一般通達(?)Administración Federal de Ingresos Publicos (AFIP), Resolción General 4016. E/2017 (2017.3.23) 解説IBFD TNS 2017.3.27; IBFD TNS 2020.11.6


2020/11-29 米バーモント州最高裁Vermont National Telephone, 2020 VT 83無形資産売却の場所
Vermont National Telephone Company v. Department of Taxes, 2020 VT 83, No. 2019-280, Vermont Supreme Court, 2020.10.9; 2020 Vt. LEXIS 101 解説IBFD TNS 2020.11.5


2020/11-28 モルジブ最高裁Medianet (2016/SC-A/23)使用料支払い取戻し税
Medianet Pvt. Ltd. v. Maldives Inland Revenue Authority (2016/SC-A/23) (2020.10.1) 未入手 解説IBFD TNS 2020.11.3


2020/11-27 Window to the Womb, [2020] UKFTT 201 (TC) VAT妊婦音波解析役務非課税
Window to the Womb (Franchise) Ltd & Anor v HMRC, [2020] UKFTT 201 (TC) (2020.4.28) Revenue and Customs Brief 17 (2020): VAT liability of private sonography services ? First-tier Tribunal Decision (2020.10.30) 解説IBFD TNS 2020.11.2


2020/11-26 葡欧Frenetikexito (C-581/19)フィットネスと栄養助言は独立の役務か
Frenetikexito - Unipessoal, Lda. v. Autoridade Tributária e Aduaneira (C-581/19) AG Kokott opinion (2020.10.22); Judgment (2021.3.4) 解説IBFD TNS 2019.11.11; IBFD TNS 2020.11.2


2020/11-25 Estate of Danielsen, 2020 US Dist LEXIS 195307故意FBAR違反
USA v. Estate of Dean R. Danielsen, 2020 U.S. Dist. LEXIS 195307; (Case No. 2:19-cv-496-FtM-38NPM) (US District Court Middle District of Florida, 2020.10.21) 解説IBFD TNS 2020.10.29


2020/11-24 西最高裁STS 3062/2020米⇒瑞⇒西license:西瑞租税条約使用料条項受益者定義
Tribunal Supremo, No de Resolución (decision number) 1196/2020, Roj: STS 3062/2020 - ECLI: ES:TS:2020:3062 (No de Recurso (appeal number) 1996-2019) (2020.9.23), reversing Audiencia Nacional (National High Court) (2018.11.30) 解説IBFD TNS 2020.10.29 アメリカ法人がスイス法人たる関連会社にライセンスをし、スペイン法人たる関連会社は限定リスク流通業者として活動していてスイス法人にライセンス料を支払っていた。cf.動的解釈についてSTS 1071/2020 ⇒2020/06-09


2020/11-23 パキスタン高裁No. D-1329 of 2016同一年度につき税務調査を二回選択した者は二重処罰
Sindh High Court, Civil Petition No. D-1329 of 2016 (2020.10.20) 未入手 解説IBFD TNS 2020.10.28


2020/11-22 墺欧SK Telecom (C-593/19)韓国法人ローミング役務は使用・享受(use or enjoyment)に服する
Finanzamt Graz-Stadt v. SK Telecom Co. Ltd. (C-593/19) AG Sugmandsgaard Øe opinion (2020.10.22); Judgment (2021.4.15) 解説IBFD TNS 2020.1.27; IBFD TNS 2020.10.28


2020/11-21 コロンビア憲法裁判所C-448領域主義課税違憲
Constitutional Court (C-448) press release No. 43 2020.10.15-16未入手 解説IBFD TNSW 2020.10.28


2020/11-20 モルジブ最高裁Moosa Naseer, (2014/SC-A/41)非租税収入を回収する権限がMIRAにない
Maldives Supreme Court, Moosa Naseer v. Maldives Inland Revenue Authority, (2014/SC-A/41) (2020.6.22) 未入手 解説IBFD TNS 2020.10.27


2020/11-19 仏破毀院19-81.929二重処罰禁止についてECJに回付
フランス破毀院刑事部Cour de cassation: Chambre criminelle, Arrêt no 1899 du 21 octobre 2020 (19-81.929) ECLI:FR:CCAS:2020:CR01899 (2020.10.21) 解説IBFD TNS 2020.10.27 cf. Menci (C-524/15)⇒2017/10-14


2020/11-18 Cheshire Centre for Independent Living, [2020] UKUT 275 (TCC)障害者への役務提供とVAT
HMRC v. Cheshire Centre for Independent Living, [2020] UKUT 275 (TCC) (2020.9.15); [2019] UKFTT 354 (TC) (2019.6.3) 解説IBFD TNS 2020.10.26


2020/11-17 Arjunan, [2020] AATA 4024七か月間Kuwaitで働いていても豪州居住者認定
Arjunan and Commissioner of Taxation (Taxation), [2020] AATA 4024 (2020.10.13)


2020/11-16 仏国務院421524伊居住株主の株式譲渡益への源泉徴収税のEU法適合性
Conseil d'État no 421524 (2020.10.14) CETATEXT000042427492 解説IBFD TNS 2020.10.19


2020/11-15 西欧Fútbol Club Barcelona (C-362/19 P)サッカークラブ国家補助金該当性
European Commission v. Fútbol Club Barcelona (C-362/19 P) AG Pitruzella opinion (2020.10.15)


2020/11-14 波欧European Commission v Poland (C-562/19 P)小売税国家補助金該当性
European Commission v Republic of Poland (C-562/19 P) AG Kokott opinion (2020.10.15) 解説IBFD TNS 2020.10.16


2020/11-13 洪欧European Commission v Hungary (C-596/19 P)広告税の国家補助該当性
European Commission v Hungary (C-596/19 P) AG Kokott opinion (2020.10.15) 解説IBFD TNS 2020.10.16


2020/11-12 Robert T. Brockman, (3:20-cr-00371-WHA)20億ドルの脱税
US v. Robert T. Brockman, (Case No. 3:20-cr-00371-WHA) (US District Court for the Northern District of California, 2020.10.1) | Department of Justice Press Release (PR 20-1101) CEO of Multibillion-dollar Software Company Indicted for Decades-long Tax Evasion and Wire Fraud Schemes: Allegedly Used Secret Swiss and Bermudian Bank Accounts in Scheme to Conceal Approximately Two Billion Dollars of Capital Gains Income (2020.10.15) 解説IBFD TNS 2020.10.16
 US Senate Committee on Finance, Wyden Presses Swiss Bank Mirabaud on Billionaire Tax Evasion: Mirabaud held $1 billion in undeclared assets for Robert Brockman for over a decade (2021.9.15); US Senate Committee on Finance, Chairman Wyden letter to Mirabaud Group (2021.9.15) 解説IBFD TNS 2021.9.20


2020/11-11 米オハイオ州最高裁McClain, 2020-Ohio-4594会社の受領の場所
Defender Sec. Co. v. McClain, Slip Opinion No. 2020-Ohio-4594, 2020 Ohio LEXIS 2138 (2020.9.29); US Federal Supreme Court rejects certiorari on 2020.10.5 (592 U.S. __) 解説IBFD TNS 2020.10.14


2020/11-10 伊最高裁21693 (2020.10.8) パナマ法人が国内個人を通じて建築石材を購入・転売:PE認否と帰属利得算定
Italian Supreme Court (最高裁というより破毀院?) No. 21693 (2020.10.8)


2020/11-09 Reefco Services, (18-3290)米バージン諸島物品税賦課は違憲
Reefco Services, Inc. v. Government of the Virgin Islands; Virgin Islands Bureau of Internal Revenue, (US Court of Appeals, 3rd Cir., No. 18-3290, 2020.10.7) 解説IBFD TNS 2020.10.13


2020/11-08 Wilkinson, [2020] UKFTT 362 (TC)利子率スワップ誤売は譲渡益か所得か
Wilkinson v HMRC, [2020] UKFTT 362 (TC) (2020.9.11) 解説IBFD TNS 2020.10.8


2020/11-07 ナイジェリア連邦高裁(FHC/L/CS/1082/19)法改正が違憲とされた事例
集団訴訟Registered Trustees of Hotel Owners and Managers Association of Lagos vs Attorney-General of the Federation of Nigeria and Minister of Finance, (FHC/L/CS/1082/19) (Federal High Court, 2020.5.8) 未入手 解説IBFD TNS 2020.10.8; Strachan Partners 2020.6.8; Maxwell Ukpebor, Court declares section 1(2) of the Taxes and Levies (approved list for collection) Act and the Taxes an[d?] Levies (approved list for collection) Act (amendment) order null, void and unconstitutional (MAS tax & legal services)


2020/11-06 ルーマニア欧Impresa Pizzarotti (C-558/19)移転価格税制
Impresa Pizzarotti & C SPA Italia Sucursala Cluj v Agenţia Naţională de Administrare Fiscală ? Direcţia Generală de Administrare a Marilor Contribuabili (C-558/19)


2020/11-05 NZ最高裁Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints Trust Board, [2020] NZSC 102寄附税額控除
Commissioner of Inland Revenue v. Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints Trust Board, [2020] NZSC 102 (2020.9.30); [2020] NZCA 143 (2020.5.6); [2019] NZHC 52 (2019.2.1) 解説IBFD TNS 2020.10.5


2020/11-04 Rowntree, [2020] FCA 1322将来無保証炭素割当の即時控除の可否
Commissioner of Taxation v Rowntree, [2020] FCA 1322 (2020.9.18) 解説IBFD TNS 2020.10.5


2020/11-03 瑞連邦最高裁2C_32/2020寄附課税
Schweizerisches Bundesgericht 2C_32/2020 (2020.6.8) ex-President of International Sports Federation of Azerbaijan「animus dandi」「animus donandi」(free will to donate)


2020/11-02 東京地H30.1.23税資268-13115共同事業性
第878回租税判例研究会田中啓之2020年11月20日報告 東京地判平成30年1月23日税資268号順号13115一部認容、一部棄却
 X(原告)は遊技業(パチンコ)を営んでいたところ、イリタニ不動産株式会社(不動産売買、不動産斡旋、仲介)と共に宅地等分譲事業を実施し、Xはイリタニから損失負担金の支払いを求められた(「別件訴訟」)。別件訴訟の結果、Xはイリタニに対し宅地等分譲に係る損失負担金(「本件損失負担金」)を支払ったほか、弁護士費用(「本件弁護士費用」)及び訴訟費用(「本件訴訟費用」。本件弁護士費用と併せ「本件各費用」)が生じ、これら3つの費用を平成21年分の事業所得に係る必要経費に算入し、本件弁護士費用を消費税法上の課税仕入れに係る支払い対価の額に含めた。
 争点
(1)本件宅地等分譲が所得税法上の事業所得を生ずべき事業に当たるか
(2)本件宅地等分譲が所得税法上の事業所得を生ずべき事業に当たるとした場合,本件各費用が必要経費に当たるか
(3)本件損失負担金を平成21年分の事業所得の必要経費として控除できるか
(4)本件弁護士費用が消費税法上の課税仕入れに係る支払対価に当たるか
 判旨
 争点(1)「原告が,本件宅地等分譲において果たした役割あるいは関与の程度に加え,原告が本件宅地等分譲の意思決定に関わり得る地位にあったことに鑑みれば,原告は,本件宅地等分譲に関して,実質的にイリタニと共同してその事業を営む者としての地位を有するものと認めるのが相当である。」「原告がイリタニから本件宅地等分譲により生じた利益の分配を受けることに係る所得区分は,イリタニの営む事業の内容に従って判断されるべきことになるところ,イリタニは不動産売買に関する事業等を目的とする株式会社であり,本件宅地等分譲はイリタニが目的とする事業そのものであることに照らせば,原告が本件宅地等分譲により生じた利益の分配を受けることに係る所得区分は事業所得に当たり,本件損失負担金は,原告の事業所得の必要経費になるというべきである。」
 争点(2)「本件各費用は,別件訴訟に要した弁護士費用及び訴訟費用であるところ,別件訴訟は,原告とイリタニとの間の本件宅地等分譲により生じた損失の負担をめぐる訴訟であり,本件各費用は,本件宅地等の販売等そのものに係る業務の遂行等に必要なものとして生じた費用ではなく,被告が主張するように本件宅地等分譲そのものの遂行上必要となったものとはいえない。[改行] しかしながら,本件宅地等分譲に係る原告に生じる所得は,本件宅地等の販売等によって生じた利益そのものではなく,飽くまでイリタニから分配を受けることになる利益であり,その利益が原告にとっての事業所得となるものであることからすれば,本件宅地等分譲により生じた利益をイリタニから分配を受けることまでが原告にとっての事業所得を生ずべき業務であると解するのが相当である。そうすると,原告にとっての事業所得を生ずべき業務には,イリタニから受ける利益及び損失の分配に係るものも含まれるというべきであり,イリタニとの損失の負担に係る別件訴訟に要した本件各費用は,原告の事業所得を生ずべき業務の遂行上必要な費用に当たるというべきである。」
 争点(3)「原告のイリタニに対する本件損失負担金に係る債務は,原告とイリタニとの間でされた損失負担の合意に基づくものである上,イリタニが,本件事業継続期間において,本件宅地等分譲に係る収支をイリタニのものとして計算するなどして法人税の確定申告書を提出していたこと(乙13,乙14)からもうかがわれるように,本件宅地等分譲に係る各種費用の算定が困難であるともいえないのであり,かかる本件損失負担金に係る債務の性質に照らせば,本件損失負担金に係る原告のイリタニに対する債務は,別件訴訟の控訴審の判決の確定を待つまでもなく,その金額を合理的に算定できるものであったといえ,別件訴訟において本件宅地等分譲に係る損失負担の合意等に争いがあったとしても,それは単に本件損失負担金に係る債務の存否等につき,主観的に判断ができなかったというにとどまるものというべきである。[改行] そして,前記認定事実のとおり,本件宅地等分譲は,平成20年6月16日に本件宅地等の全ての売却が完了しており,本件宅地等分譲に係る損益については,本件宅地等が完売した際に精算するものであったという原告の供述(原告22〜23頁)等を前提にしても,遅くとも同日時点では,原告のイリタニに対する本件損失負担金に係る債務が成立し,原告が,当該債務に基づき,イリタニに対して,本件損失負担金に係る金銭の給付をすべき原因となる事実が発生していたというべきである。 」
 争点(4)「本件宅地等分譲は,原告にとって事業所得を生ずべき事業に当たり,イリタニとの損失の負担に係る別件訴訟に関して,弁護士に委任して役務の提供を受けることも,当該事業の業務の遂行に必要なものというべきであるから,本件弁護士費用は,課税仕入れに係る支払対価に当たるというべきである(なお,本件弁護士費用について,それが原告の事業所得に係る必要経費に当たる場合には,消費税法上の課税仕入れに係る支払対価にも当たることは当事者間に争いがない。)。」
 討論
 事業所得か否か(共同事業なのか、雑所得なのか)は、任意組合か匿名組合か内的組合か、が決定的ではない(私法上の法形式をまず問題とする方向、ではない。租税法上の判断のみを行う方向)、と報告者は理解する。匿名組合航空機リース事件・最二小判平成27年6月12日民集69巻4号1121頁が、租税法上の判断のみを行う方向と親和的。参照:田中晶国『所得の帰属法理の分析と展開』
 給与所得だって、委任だとか準委任だとか色々な私法上の法形式が問題となる訳ではない、と報告者は論じる。
 [浅妻:ドイツでは、任意組合だろうと匿名組合だろうと共同事業者性が焦点となる。それはそうなのかもしれない。他方で、国際租税法の文脈であるが、カナダ居住者がアメリカで事業を営んでいるか(be engaged in trade or business)に関し、争点はアメリカ居住者とpartnershipの関係にあるかだった。partnershipならば共同事業でありtrade or business肯定、という前提がある。アメリカでの議論の仕方は奇妙だな、と感じた記憶がある(W. C. Johnston v. Commissioner, 24 T.C. 920 (1955))。]


2020/11-01 東京地判R1.10.30平30行ウ219当たり馬券収入のうち通常馬券は雑所得、WIN5は一時所得と認定した事例
第877回租税判例研究会本田光宏2020年11月6日報告 東京地判令和元年10月30日平成30(行ウ)219号一部認容、一部棄却(高裁で本判決は取り消されたとの報道:「恒常的に利益を上げていたとまでは認められない」)(国税不服審判所平成30年3月22日裁決裁決事例集)
判旨
 「本件競馬所得が利子所得,配当所得,不動産所得,事業所得,給与所得,退職所得,山林所得及び譲渡所得以外の所得であることは,当事者間に争いがないから,本件競馬所得が「営利を目的とする継続的行為から生じた所得」に該当する場合には,本件競馬所得は,一時所得ではなく雑所得に区分されることになる。そして,「営利を目的とする継続的行為から生じた所得」であるか否かは,文理に照らし,行為の期間,回数,頻度その他の態様,利益発生の規模,期間その他の状況等の事情を総合考慮して判断するのが相当である([最三小判平成27年3月10日刑集69巻2号434頁(大阪事件)],[最二小判平成29年12月15日民集71巻10号2235頁(札幌事件)]参照)。」
 通常馬券について「原告は,平成22年以降の5年間のうち4年間で,年間を通して利益を上げており,その金額は約516万円(平成25年)から約1376万円(平成23年)に及ぶのであり,平成24年に約790万円の損失が生じているものの同年の回収率は中央競馬の平成24事業年度の払戻率(馬券の発売金額に対する払戻金額の割合。約75%)を相当程度超える86.4%を維持しているのであるから,上記のような馬券の購入行為の態様,利益発生の規模,期間その他の状況等によれば,原告は回収率が総体として100%を超えることが期待し得る独自のノウハウに基づき馬券を選別して購入を続けていたということができ,そのような原告の上記の一連の行為は,客観的にみて営利を目的とするものであったといえる。」
 WIN5について「原告がWIN5に係る馬券を購入した頻度は,WIN5に係る馬券の発売が開始された平成23年は不明,平成24年は54回中5回(9.3%)、平成25年は54回中22回(40.7%),平成26年は53回中53回(100%)と(別紙1),基本的に全てのWIN5で馬券を購入していたとはいえないものであるし,年によって購入の頻度に大きな差があることからすれば,これらの年を通じて同様の方法で購入する馬券を選別していたとは認め難い。また,WIN5の購入履歴(甲15)を見ると,購入した個々の馬券の内容は不明であるものの,平成24年においても1日当たり100円単位で500点(合計5万円)から600点(合計6万円)の馬券を購入していたことが認められ,この点も上記回答と相違する。そのほか,WIN5に係る馬券の購入の具体的な態様について直接的な証拠も見当たらないことからすれば,原告による上記回答の内容を事実として認定することはできず,本件において,WIN5に係る馬券を具体的にどのように購入していたかは明らかでないといわざるを得ない。……原告によるWIN5に係る馬券の購入は,通常馬券の購入行為とその態様において共通するものとは認められず,WIN5に係る馬券と通常馬券の購入行為を併せて一体の経済的行為として見ることができないものである。また,WIN5に係る馬券の購入のみを取上げて見ても,具体的な購入の態様が明らかでなく,一体の経済的行為と見ることができない本件においては,継続的行為であるとも,客観的にみて営利を目的とするものであるとも評価することができない。」

 cf.事業所得か否か……東京高判平成28年9月29日訟月63巻7号1860頁(東京事件)、東京高判平成29年9月28日平成28(行コ)428号(横浜事件)
 cf.別件の預金口座調査の情報の証拠能力……大阪地判平成30年5月9日平成(わ)4190号・大阪高判平成30年11月7日平成30(ウ)581号(市職員)
 数年間にわたって利益を上げているかということを評価するのであるとすると、1年目に雑所得であるとの前提で申告しても認められないということになってしまうのか、だとしたらおかしいのではないか?という問題提起。


2020/10-37 ルーマニア欧UCMR-ADA (C-501/19)音楽著作権管理団体VAT:ライセンス料受領者は誰か
UCMR-ADA Asociaţia pentru Drepturi de Autor a Compozitorilor v. Asociaţiei Culturală Suflet de Român, represented by its liquidator, Pro Management Insolv IPURL (C-501/19) AG Jean Richard de la Tour opinion (2020.10.1); Judgment (2021.1.21) 解説IBFD TNS 2020.10.8


2020/10-36 伯連邦最高裁Appeal RE 603.624大企業賃金賦課金の合憲性
Supremo Tribunal Federal, RE 603.624 (2020.9.17) 解説IBFD TNS 2020.10.1 中〜大規模企業の給与に課せられるcontribution for the intervention on the economic domain (Contribuição de Intervenção no Domínio Economico)の合憲性


2020/10-35 HMRC v Smith & Nephew, [2020] EWCA Civ 299親会社ローン為替損失控除可否
HMRC v Smith & Nephew Overseas Ltd & Ors, [2020] EWCA Civ 299 (2020.3.3); [2018] UKUT 393 (TCC) (2018.11.29)


2020/10-34 Annette B. DeMauro, 2020 US Dist LEXIS 180027故意FBAR違反
US v. Annette B. DeMauro, 2020 U.S. Dist. LEXIS 180027 (Case No. 17-cv-640-JL) (US District Court for the District of New Hampshire, 2020.8.28) 解説IBFD TNS 2020.9.30


2020/10-33 独欧QM (C-288/19)社用車の従業員私用は移動手段賃貸VAT課税取引か
QM v Finanzamt Saarbrücken (C-288/19) AG Maciej Szpunar opinion (2020.9.17); Judgment (2021.1.20) 解説IBFD TNS 2019.6.17; IBFD TNS 2020.9.30


2020/10-32 Pike, [2019] FCA 2185居住地判定:豪タイ条約タイブレーカー
Pike v Commissioner of Taxation, [2019] FCA 2185 (2020.9.22)


2020/10-31 ナイジェリア租税裁判所Ess-Ay Holdings (TAT/LZ/VAT/029/2019)不動産賃貸所得VAT非課税
Tax Appeal Tribunal, Ess-Ay Holdings Limited vs Federal Inland Revenue Service (TAT/LZ/VAT/029/2019) (2020.9.10) 解説IBFD TNS 2020.9.29; TAT's decisions on VAT on real property leases - some clarifications (Taxaide 2020.9.17); Applicability Of VAT To Leases And Efficacy Of FIRS Circulars (Banwo & Ighodalo, 2020.9.11); Bridget Edokwe, Rents On Leases Are Not Subject To Vat, Information Circulars Are Not Delegated Instruments Says the Tax Appeal Tribunal (2020.9.18)


2020/10-30 パキスタン最高裁CP No.398-L, CP No.584-L and CP No.674-L of 2018
原告番号CP No.398-L, CP No.584-L and CP No.674-L of 2018判決年月日等不明; reversing Lahore High Court decision未入手 解説IBFD TNS 2020.9.28


2020/10-29 ナイジェリア租税裁判所Tetra Pak West Africa TAT/LZ/CIT/030/2015費用控除認否
Nigeria Tax Appeal Tribunal, Tetra Pak West Africa Limited vs the Federal Inland Revenue Service (Case References TAT/LZ/CIT/030/2015, TAT/LZ/CIT/031/2015, TAT/LZ/CIT/032/2015, TAT/LZ/CIT/033/2015) (2020.2.28) 未入手 解説IBFD TNS 2020.9.28; Gabriel Nwodo, Tax Appeal Tribunal’s decision on deductibility of expenses in determining Companies Income Tax in Nigeria (The Guardian: Features, 2020.6.2)


2020/10-28 Sam Zimmerman, 2020 US Dist LEXIS 170610外国銀行口座情報開示FBAR
US v. Sam Zimmerman, et al., 2020 U.S. Dist. LEXIS 170610; 2020 WL 6065333 (US District Court for Central District of California, 2:19-cv-4912-CAS-Ex) (2020.9.16) 解説IBFD TNS 2020.9.23


2020/10-27 ノルウェー最高裁HR-2020-1777-AヨットチャーターのためのVAT仕入税額控除適格:取得時の収益見込
ノルウェー最高裁Norges Høyesterett ANG AS v Skatteetaten, HR-2020-1777-A, (sak nr. 19-154777SIV-HRET) (2020.9.14) 解説IBFD TNS 2020.9.23


2020/10-26 Monica Toth, (15-cv-13367-ADB)故意FBAR(Foreign Bank and Financial Account Reporting)違反
US v. Monica Toth, (US District Court District of Massachusetts, No. 15-cv-13367-ADB) (2020.9.16) 解説IBFD TNS 2020.9.22


2020/10-25 Bernstein, (19-cv-2912 (BMC))国外銀行口座報告懈怠罰則と憲法
US v. Daniel Bernstein & Yana Bernstein, (US District Court Eastern District of New York, 19-cv-2912 (BMC)) 解説IBFD TNS 2020.9.21 Report of Foreign Bank and Financial Accounts (FBAR)


2020/10-24 Sanghvi Foods (ITA 743&744/Ind/2018)印瑞租税条約:印子会社経由で非居住者から購入
Sanghvi Foods Private Limited v. ITO (ITA 743&744/Ind/2018) (2020.6.3) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.9.21; BCAJ 2020.8 vol.52A part 5 The Bombay Chartered Accountant Journal


2020/10-23 Lease Plan India (ITA No. 6461 & 6462/Del/2015)印蘭租税条約保証料非課税
Lease Plan India Private Ltd v. DCIT (ITA No. 6461 & 6462/Del/2015) (2020.6.15) 解説IBFD TNS 2020.9.21 cf. Johnson Matthey Public Ltd. Company v. DCIT (88 taxmann.com 127)


2020/10-22 波欧Gmina Wrocław (C-604/19)不動産永続使用権譲渡はVAT課税対象である
Gmina Wrocław v. Dyrektor Krajowej Informacji Skarbowej (C-604/19) AG Kokott opinion (2020.9.7); Judgment (2021.2.25) 解説IBFD TNS 2019.11.11; IBFD TNS 2020.9.17 Perpetual Usufructs in Ownership Rights


2020/10-21 モルドバ憲法裁判所2020.8.6詐欺犯の所得関連情報提供拒絶と自白強制禁止
モルドバ憲法裁判所2020.8.6事件番号不明 未入手 解説IBFD TNS 2020.9.16


2020/10-20 ノルウェー最高裁Fagerasen Eiendom, HR-2020-1732-A付加価値税の仕入税額控除の売手調整依存
ノルウェー最高裁Fagerasen Eiendom AS v. Skattetaten, HR-2020-1732-A (case no 19-191169) (Høyesterett, 2020.9.4) 解説IBFD TNS 2020.9.15


2020/10-19 独欧WEG Tevesstraße (C-449/19)暖房供給のVAT:共用部分向け、個人所有向け
WEG Tevesstraße v. Finanzamt Villingen-Schwenningen (C-449/19) AG Bobek opinion (2020.9.15); Judgment (2020.12.17) 解説IBFD TNS 2019.10.15; IBFD TNS 2020.9.14


2020/10-18 Parry, [2020] UKSC 35年金受領県利用除外と相続税適用の有無
HMRC v Parry and others, [2020] UKSC 35 (2020.8.19) 解説IBFD TNS 2020.9.14


2020/10-17 Kickabout Productions, [2020] UKUT 216ラジオプレゼンターの従業員性
HMRC v Kickabout Productions Limited, [2020] UKUT 216 (TCC) (2020.7.28) 解説IBFD TNS 2020.9.14 Mr Paul Hawksbee


2020/10-16 独BFH V R 16/17テクノ音楽コンサート(とハウス)のVAT税率
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.6.10, V R 16/17, ECLI:DE:BFH:2020:U.100620.VR16.17.0 解説 BFH 2020.10.29 Ermäßigter Umsatzsteuersatz für Techno- und House-Konzerte


2020/10-15 独BFH VI R 1/17従業員の駐車違反金を雇用主が代わりに払うことは給与か(消極)
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.8.13, VI R 1/17, ECLI:DE:BFH:2020:U.130820.VIR1.17.0 解説 BFH 2020.10.29 Arbeitslohn: Zahlung von Verwarnungsgeldern


2020/10-14 IGE USA Investments [2020] EWHC 2121 GEグループの豪州子会社投資
HMRC v (1) Ige USA Investments Limited, (2) GE Capital Investments, (3) GE Capital Finance, (5) GE Capital Corporation (Holdings), (6) GE (Holdings) and (7) International General Electric (U.S.A), [2020] EWHC 2121 (Ch) (2020.7.31) 解説IBFD TNS 2020.9.11


2020/10-13 AgraCity, 2020 TCC 91ロジスティック役務契約がshamでなくarm's length priceであるとされた事例
AgraCity Ltd., v. The Queen, 2020 TCC 91 (2020.8.27) 解説Taxsutra 2020.9.9


2020/10-12 NZ Frucor Suntory New Zealand, [2020] NZCA 383人為的な利子控除を制限
Commissioner v. Frucor Suntory New Zealand Limited, [2020] NZCA 383 (Court of Appeal of New Zealand, 2020.9.3) 解説IBFD TNS 2020.9.14 Deutsche BankからFrucorへの金銭貸付という体裁だがDBはFrucorの親会社経由で7割強の資金を受けていた。|サントリーがダノンからフルコアを買収。日本食糧新聞2008.10.29


2020/10-11 独BFH VI R 24/18旅費課税:全日教育訓練のため雇用関係から離れて訪れた教育機関は最初の雇用地である
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.5.14, VI R 24/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.140520.VIR24.18.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.8 Erste Tätigkeitsstätte bei einer vollzeitigen Bildungsmaßnahme


2020/10-10 独BFH II R 40/17相続人不明時の相続税賦課
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.6.17, II R 40/17, ECLI:DE:BFH:2020:U.170620.IIR40.17.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.15 Erbschaftsteuerfestsetzung gegen unbekannte Erben


2020/10-09 独BFH VIII R 3/17相続間近の親が住居を子に売り見返りに年金を得る場合、親は利子所得を得ている
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.14, VIII R 3/17, ECLI:DE:BFH:2020:U.140720.VIIIR3.17.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.15 Steuerpflichtiger Zinsertrag bei verbilligter Veräußerung eines Hausgrundstücks gegen Rentenzahlungen


2020/10-08 独BFH VIII R 7/17「金地金証券Gold Bullion Securities」取得一年後の譲渡益課税なし
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.6.16, ECLI:DE:BFH:2020:U.160620.VIIIR7.17.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.15 Gewinne aus der Veräußerung von "Gold Bullion Securities" Inhaberschuldverschreibungen sind ein Jahr nach der Anschaffung nicht steuerbar


2020/10-07 独BFH II B 39/20 (AdV)贈与税と曾孫への贈与
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2020.7.27, II B 39/20 (AdV), ECLI:DE:BFH:2020:BA.270720.IIB39.20.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.22 Urenkel sind keine Enkel - auch nicht in der Schenkungsteuer


2020/10-06 独BFH III R 61/18子の成人後の控除枠の移転
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.4.22, III R 61/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.220420.IIIR61.18.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.22 Keine Übertragung des dem anderen Elternteil zustehenden BEA-Freibetrages nach Volljährigkeit des Kindes | Betreuungs-, Erziehungs- oder Ausbildungsbedarf (BEA-Freibetrag)ケア・教育・訓練


2020/10-05 独BFH III R 51/19子が欧州「Erasmus+」計画の自発的サービスに参加している場合の児童手当
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.1, III R 51/19, ECLI:DE:BFH:2020:U.010720.IIIR51.19.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.22 Kindergeldanspruch im Rahmen eines Freiwilligendienstes "Erasmus+"


2020/10-04 独BFH VIII R 9/18社用車の私用に対する課税は自動車売却の利益の減額事由ではない
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.16, VIII R 9/18, ECLI:DE:BFH:2020:U.160620.VIIIR9.18.0 解説 BFH Pressemitteilung 2020.10.22 Die Besteuerung der privaten Nutzung eines betrieblichen Kfz rechtfertigt keine Minderung des Gewinns aus der Veräußerung des Fahrzeugs


2020/10-03 独BFH VIII R 27/18子供の社会的ケアのための公的資金からの手当て金は非課税所得
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.7.14, VIII R 27/18 ECLI:DE:BFH:2020:U.140720.VIIIR27.18.0 解説 BFH Pressmitteilung 2020.10.22: Pflegegelder aus öffentlichen Mitteln für die intensive sozialpädagogische Einzelbetreuung verhaltensauffälliger Kinder und Jugendlicher können steuerfreie Beihilfen sein


2020/10-02 東京地判H31.1.25平29行ウ490租特42条の12の4所得拡大税制における給与増加額の事後的修正は不可
第876回租税判例研究会渋谷雅弘2020年10月16日報告 東京地判平成31年1月25日平成29(行ウ)490号平成30(行ウ)144号一部棄却、一部却下……租税特別措置法42条の12の4(雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除)について雇用者給与等支給増加額を事後的に修正することはできないとされた事例。
 判旨 「租税特別措置法42条の12の4第1項の柱書きは……国内雇用者に対して給与等を支給する場合において,当該法人の雇用者給与等支給増加額の当該基準雇用者給与等支給額に対する割合が増加促進割合以上であるとき……は,当該法人の当該事業年度の所得に対する調整前法人税額……から,当該雇用者給与等支給増加額(中略)の100分の10に相当する金額(税額控除限度額)を控除するが(前段),この場合において,当該税額控除限度額が,当該法人の当該事業年度の所得に対する調整前法人税額の100分の10(中略)に相当する金額を超えるときは,その控除を受ける金額は,当該100分の10に相当する金額を限度とする(後段)旨を定め,同法42条の12の4第4項は,同条1項の規定は,確定申告書等,修正申告書又は更正請求書に同項の規定による控除の対象となる雇用者給与等支給増加額,控除を受ける金額及び当該金額の計算に関する明細を記載した書類の添付がある場合に限り,適用し(前段),この場合において,同項の規定により控除される金額は,当該確定申告書等に添付された書類に記載された雇用者給与等支給増加額を基礎として計算した金額に限るものとする(後段)旨を定めている。
 これらの規定の文言及び文理によれば,租税特別措置法42条の12の4の規定により法人税額から控除される金額は,確定申告書等に添付された書類に記載された雇用者給与等支給増加額を基礎として計算した金額に限られるものと認めるのが相当である。

 「原告が指摘する「正当な金額」は,誤りのない正当な雇用者給与等支給増加額を基礎として計算された金額を意味するものと解されるところ,租税特別措置法42条の12の4第4項は,「当該確定申告書等に添付された書類に記載された雇用者給与等支給増加額」と規定しているのであり,「誤りのない正当な雇用者給与等支給増加額」とは規定していないから,同項の文言及び文理に照らすと,同条が,誤りのない正当な雇用者給与等支給増加額を基礎として計算された金額(雇用者給与等支給増加額の100分の10に相当する金額)を法人税額から必ず控除する趣旨の規定であるとまでは解し難い。
 「最高裁平成21年判決の事案は,当該事案の原告が,確定申告書に添付した法人税法施行規則所定の明細書にその所有する株式の全銘柄を記載し,配当等として受け取った収入金額及びこれに対して課された所得税の額を各銘柄別に全て記載したことから,その所有する株式の全銘柄に係る所得税の額の全部を対象として,法令に基づき正当に計算される金額につき,所得税額の控除の制度の適用を受けることを選択する意思であったことを見て取れる事案であった(当裁判所に顕著な事実)のに対し,本件は,原告が,本件原告明細書には短時間労働者に対する課税支給額を含む雇用者給与等支給額自体,実際に支給したとされる金額の一部しか記載していないというのであるから,本件原告明細書の記載からは,原告が雇用者に対して給与等として支給した金額の全額を対象として,法令に基づき正当に計算される金額につき,本件特別控除の制度の適用を受けることを選択する意思であったことを見て取れるとは認め難いから,最高裁平成21年判決の事案が単純な誤りに起因したとされる事案であり,本件が本件原告明細書を作成する過程で生じた単純な転記ミスに起因するとされる事案であることと共通性があること等を勘案したとしても,本件と最高裁平成21年判決の事案とは,事案を異にしていると認めるのが相当である。

 参考判例:最三小判昭和62年11月10日集民152号155頁……納税者が租税特別措置法26条1項の規定により事業所得の金額を計算し確定申告をした場合には、たとえ実際に要した必要経費の金額が右規定による必要経費の金額を超えるため納付すべき税額が多くなつたとしても、納税者としては、そのことを理由として国税通則法23条1項1号による更正の請求をすることはできない。
 最三小判平成2年6月5日民集44巻4号612頁……所得税の確定申告において租税特別措置法26条1項に基づくいわゆる概算経費により事業所得金額を計算していた場合に修正申告においていわゆる実額経費に変更することが許されるとした事例
 最二小判平成21年7月10日民集63巻6号1092頁……法人税の確定申告において、法人税法68条1項に基づき配当等に係る所得税額を控除するに当たり、計算を誤ったために控除を受けるべき金額を過少に記載したとしてされた更正の請求が、法人税法68条3項の趣旨に反するということはできず、国税通則法23条1項1号所定の要件を満たすとされた事例。

 報告者:租特42条の12の4第4項後段の解釈として本判決のように解さざるを得ないように思われる(立法論として賛成するという意味ではない)。
 文理で押し切ろうとすると平成21年7月10日判決のような結論は出なかったかもしれないので、本判決が文理だけで正当化されるという論証は成功しないが、かといって、規定の趣旨を斟酌するにしても、本件で原告を勝たせるべき規定の趣旨が導かれるのかについて、肯定否定何れの論拠を見出すことも難しい。
 原告がその額を選択したのだという説明は、納税者が控除を限度いっぱいまで使わないことのメリットが考えにくいので、説明に無理があることは否めない。
 インセンティヴ措置だから当初申告要件を課したのだという説明の当否については、当にしても否にしても、よく分からない。インセンティヴ措置として申告時に納税者が意図している金額に限り優遇するという説明が可能かもしれない。
 インセンティヴ措置として理解すると、誤記か否かで救済の可否が変わる(誤記は救済される)という理解はありうるか?本判決は誤記であると認定しつつも当初申告要件で切り捨てているところ、つまり、本判決は、インセンティヴ措置としての趣旨から結論を導いたのではなく、誤記であろうとなかろうと当初申告に限定するという規定なのであるという理解を前提としている、と読むしかなさそうだ。


2020/10-01 東京地判R1.8.27金判1583-40相続税軽減目的不動産購入(銀行から借金)→評価通達に拠らず鑑定評価に拠る
第875回租税判例研究会 廣木準一2020年10月2日報告 東京地判令和元年8月27日金判1583号40頁請求棄却、東京高判令和2年6月24日令和1(行コ)239号控訴棄却 相続税軽減目的で銀行から借金して不動産を購入したところ、評価通達に拠らず鑑定評価に拠るとした事例。
 地裁判旨――「評価対象の財産に適用される評価通達の定める評価方法が適正な時価を算定する方法として一般的な合理性を有する場合においては,評価通達の定める評価方法が形式的に全ての納税者に係る全ての財産の価額の評価において用いられることによって,基本的には,租税負担の実質的な公平を実現することができるものと解されるのであって,相続税法22条の規定もいわゆる租税法の基本原則の一つである租税平等主義を当然の前提としているものと考えられることに照らせば,特定の納税者あるいは特定の財産についてのみ,評価通達の定める評価方法以外の評価方法によってその価額を評価することは,原則として許されないものというべきである。しかし,他方,評価通達の定める評価方法によっては適正な時価を適切に算定することができないなど,評価通達の定める評価方法を形式的に全ての納税者に係る全ての財産の価額の評価において用いるという形式的な平等を貫くことによって,かえって租税負担の実質的な公平を著しく害することが明らかである特別の事情(評価通達6参照)がある場合には,他の合理的な方法によって評価することが許される
 「〔1〕本件甲不動産について,評価通達の定める評価方法による評価額である本件甲不動産通達評価額は,2億0004万1474円である一方,不動産鑑定士により不動産鑑定評価基準に基づき算定された評価額である本件甲不動産鑑定評価額は,7億5400万円であり,本件相続開始時の約3年半前である平成21年1月30日に本件被相続人が購入した価額である本件甲不動産購入額は,8億3700万円であった,〔2〕本件乙不動産について,評価通達の定める評価方法による評価額である本件乙不動産通達評価額は,1億3366万4767円である一方,不動産鑑定士により不動産鑑定評価基準に基づき算定された評価額である本件乙不動産鑑定評価額は,5億1900万円であり,本件相続開始時の約2年半前である平成21年12月25日に本件被相続人が購入した価額である本件乙不動産購入額は,5億5000万円,本件相続開始時の約9か月後である平成25年3月7日に原告P4が売却した価額である本件乙不動産売却額は,5億1500万円であった
 先例との比較――東京地判平成4年3月11日判時1416号73頁、東京地判平成4年7月29日行集43巻6=7号999頁、東京地判平成5年2月16日判タ845号240頁は購入時から死亡時までの時間が近接していたことから、購入額=時価とされていた。本件では時間的間隔があるので鑑定評価に拠った。
 固定資産税に関する最判平成25年7月12日民集67巻6号1255頁は、評価基準による評価を受ける法的権利が納税者にあると述べていた(時価が評価基準を上回ることを立証しても上限は評価基準である)ことと、本判決との関係がフロアから問われた。評価基準には法規範性がある(?)一方、通達に法源性はないこととの違いは、影響するのか。
 金融商事判例のコメントの中で、最判平成25年7月12日が相続税法にも当てへまる前提での解説があり、解説として誤りであろう、とフロアから指摘があった。
 評価通達の適用に関して著しく不適切とか特別の事情とか述べているところ、評価通達に法規範性があるかの如き記述であるけれども法規範性はないことと、どのように整理されているのか、という質問がフロアからなされた。報告者は、評価通達6項を直接持ってきていないので(参照しているだけ)根拠とはしていない、と答えた。路線価より時価の方が低いという納税者の主張の余地は残されている。
 11〜13/20頁にて特別の事情があるか否かを検討している。アイウのうちのウの結論は、アのみで導けるか、それともイが結論の根拠となっているか、という質問がフロアからなされた。報告者は、裁判所はアでは足りないと考えたのであろう、と答えた。なお、控訴審判決でウの書き換えについてフロアから指摘がなされた。
 許容される範囲の租税負担軽減と、許容されない場合との、線引きの根拠は、どこにあるのか、判決が通達を根拠にしているとしたら通達を根拠にすることはおかしいのではないか、通達改正の経緯が述べられているけれども、法改正を要するというべきではないか(諸外国では時価評価について法律で定めていることがある)、という質問がフロアからなされた。報告者は、通達が判決の根拠となっている訳ではない、と答えた。相続税法22条「時価」の解釈として鑑定評価を持ってきたので、通達が根拠とはなってない、と答えた。
 評価通達の濫用とはどういうことかという質問がフロアからなされた。不動産評価は8割評価、更に賃貸不動産は2割減、他方で負債の額が評価通達による評価額を超えていると他の財産にかかる相続税負担が減ることになる、こういった狙いを「人為的」と評している、と報告者は答えた。評価通達通りの8割評価等を濫用と評すのはおかしいのではないか、とフロアから質問がなされた。財産評価が困難であるという前提で評価通達が評価をしようとしているところ、本件のような場面は評価が難しいという局面ではないので、8割評価等の要請はそもそもない場面であり、評価通達の目的から外れている場面である、と報告者は答えた。
 評価通達による課税が一般的に合理性を欠いている、と評せるのではないか、という意見がフロアから呈された。一般的な問題はあるかもしれない、しかし本件では租税負担軽減を図っていて他の納税者との公平性が著しく害されていることが問題になったのであろうと理解している、評価通達は公平を目指したものであるのに公平を害する結果となってしまってはまずい、と報告者は答えた。公平性が害されるのは、金額の多寡によるのかという質問がフロアからなされた。仮定も評価すると報告者は答えた。控訴審判決は、評価通達による評価の合理性についての記述を削除している、「公平を著しく害する」を「不当な結果」と書き換えている、とフロアから指摘された。
 鑑定評価額の方が評価通達による評価額より低い事例で鑑定評価額が採用されなかった事例も過去にあったと思われるが、鑑定評価額の使い方は評価通達による評価額より高い場合に限られてしまうのであろうか、という質問がフロアからなされた。評価通達による評価も時価です、鑑定評価額も時価です、考え方は色々ありうると思うけれど、評価通達による評価として形式的にやる方が平等ですといいうるのでないか、と報告者は答えた。フロアから、納税者側が鑑定評価額による評価を主張するには評価通達による評価がおかしいことを納税者が主張立証しなければならない、というのが近時の裁判例の傾向である[浅妻の私見にとどまるが、この近時の傾向は最判平成25年7月12日の誤用であると私は思う]、と指摘がなされた。


2020/09-05 独BFH VII B 73/20コロナ非関連執行停止措置は2020.3.19以前に有効
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2020.7.30, VII B 73/20, ECLI:DE:BFH:2020:BA.300720.VIIB73.20.0 解説 BFH Pressmitteilung 038/2020, 2020.9.3 Keine coronabedingte Aufhebung von bereits vor dem 19.03.2020 erfolgten Vollstreckungsmaßnahmen


2020/09-04 独BFH VI R 43/17親が扶養する娘がパートナーと暮らしていても養育費上限減額はない
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.4.28, VI R 43/17 ECLI:DE:BFH:2020:U.280420.VIR43.17.0 解説 BFH Pressmitteilung 037/2020, 2020.9.3 Keine Kürzung des Unterhaltshöchstbetrags, weil das von den Eltern unterstützte Kind mit dem Lebensgefährten in einem Haushalt zusammenlebt


2020/09-03 コロンビア憲法裁判所C-258コロナ対応で年金基金に強制拠出すべき負担を16%から3%に軽減したことは違憲
コロンビア憲法裁判所Constitutional Court decision (C-258) (2020.8.16) 解説IBFD TNS 2020.4.21; IBFD TNS 2020.8.31 労働省Legislative Decree 558 of 2020


2020/09-02 東京高判R1.11.27金判1587-14日本に所得税法上の住所がないと認定された事例
第874回租税判例研究会西山由美2020年9月18日報告 東京高判令和元年11月27日金判1587号14頁令和元(行コ)186号(控訴棄却・確定) 原審東京地判令和元年5月30日金判1574号16頁平成28(行ウ)434号(請求認容・控訴)……日本・米国・シンガポール3国で滞在日数は拮抗している。職業についてシンガポールが拠点であった。生計を一にする配偶者その他の親族の居所は日本にあった。資産の所在は日本にあった。その他の事情として、住民登録の転出の届出をしていなかった、日本の健康保険組合に加入を継続し日本で毎年の人間ドックを受診していた、等々。
 地裁判旨 「所得税法2条1項3号は、「国内に住所を有し、又は現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人」を「居住者」とし、同法5条1項は、居住者の所得税の納付義務を定めるところ、同法2条1項3号にいう「住所」とは、生活の本拠、すなわち、その者の生活に最も関係の深い一般的生活、全生活の中心を指すものであり、一定の場所がある者の住所であるか否かは、客観的に生活の本拠たる実体を具備しているか否かにより決すべきものと解するのが相当である(最高裁平成20年(行ヒ)第139号同23年2月18日第二小法廷判決・裁判集民事236号71頁参照)。
 そして、客観的に生活の本拠たる実体を具備しているか否かは、滞在日数、住居、職業、生計を一にする配偶者その他の親族の居所、資産の所在等を総合的に考慮して判断するのが相当である。

 高裁における補足 「(1)Yは、従前のX2の生活の本拠は日本にあったところ、精緻に時系列的に検討しても、過去にあった生活の本拠たる実体が日本から移転したと認めるべき事情は存しないと主張する。
 X2は、経営する会社の活動を日本から海外に広げ、日本と海外に複数の居所を有し、海外滞在日数が徐々に増加していったのであるから、通常の引越しのように、特定の日又は期間に目に見える形で生活の本拠が日本から海外に移転するというイベント的なものが存在しないのは当たり前のことである。このような者に対して、過去に日本にあった生活の本拠たる実体が時系列的にみて日本から海外に移転したかどうかを精緻に時系列的に検討することは、検討手法として時代遅れである。……
(2)Yは、シンガポールの滞在日数にインドネシア等の滞在日数を合算して、日本の滞在日数と比較するのは誤りであると主張する。
 しかし、X2は、インドネシア等への渡航の利便性をも考慮して、定住できる態勢の整った居宅をシンガポールに構えていたから、シンガポールをハブ(拠点)とする他国への短期渡航はシンガポール滞在と実質的に同一視する方が経済社会の実態に適合する。……
(3)Yは、金額だけでなく、その質からも、X2は資産の多くを日本国内に保有しており、本件各年に日本国内の資産を増加させ、シンガポール国内の資産を減少させていたと主張する。
 X2は日本国籍を有し、生計を一にする妻らの生活の本拠も日本であったから、金額及びその質の面から日本国内の保有資産が大きくなるのは自然なことである。しかし、資産の所在は、それだけで居住者判定に大きな影響力を与える要素ではない。資産の大半をカリブ海の国又は地域で保有していても、主に日本に滞在し、主に日本で経済活動をしている者は、居住者である。本件各海外法人の業務への従事状況、シンガポールを中心とする日本国外滞在日数を考慮するとき、資産の所在を理由に日本国内の居住者と判定するには無理がある。

 評釈者は、遠洋漁業乗組員事件・仙台高判平成23年4月13日税資261号順号11667[類例:東京地判平成21年1月27日税資259号順号11126]では生計を一にする配偶者等の所在が決め手になったことと、本件との対比が、なされた。
 評釈者は、住所複数説もありうるのではないか、と論じた[が、民法学説で有力視されている住所複数説と異なることを述べている気がする。浅妻]。
 評釈者は、住所は、相続税法(資産の使用重視)と所得税法(稼得重視)とで、着眼点が異なる、と論じた[浅妻は評釈者の見解に疑義を抱く。所得税法に関し稼得は源泉課税管轄の問題であり居住課税管轄を基礎づけるのは稼得ではなく消費の筈]。
 住所複数説は、複数の法律問題について複数の住所が認定されうるにとどまり、一つの法律問題について複数の住所が認定されうる(武富士事件・須藤正彦補足意見)という説は民法学説としてはあまりない(あるとしても少数説)なのではないか、という疑問がフロアから呈された。
 仮に、一つの法律問題について複数の住所が認定されうる、とした場合、それは住所の認定を緩めるということになるのか、という疑問がフロアから呈された。
 シンガポールで居住者扱いかどうかは日本の判決を書くに当たって関係ない筈ではないか、という疑問がフロアから呈された。


2020/09-01 大阪高H30.11.2税資268-13206外注経費の控除を否認した事例
第873回租税判例研究会袴田裕二2020年9月4日報告 大阪高判平成30年11月2日税資268号順号13206平成30(行コ)59号(控訴棄却) 原審大阪地判平成30年4月19日税資268号順号13144平成27(行ウ)393号(請求棄却) 最高裁令和元年7月16日上告不受理決定
 原告が営むB商店が、本件会社(原告が代表者)に業務(LPSガス等の配達等)を委託し、本件外注経費(年700万円程)を支払った。課税庁は、所得税法157条1項により本件外注費の必要経費算入を否認した。大阪地裁、大阪高裁は、ともに、本件外注費が所得税法37条1項の必要経費に該当しないと判断し、所得税法157条について判断しなかった。
 一審判旨「ある支出が事業所得の金額の計算上必要経費として控除されるためには,当該支出が事業所得を生ずべき業務と合理的な関連性を有し(関連性要件),かつ,当該業務の遂行上必要であること(必要性要件)を要する」。(下線:浅妻。以下同じ)
 「必要経費該当性(関連性要件及び必要性要件)の判断に当たっては,……関係者の主観的判断を基準とするのではなく,客観的な見地から判断すべきであり,また,当該支出の外形や名目等から形式的類型的に判断するのではなく,当該業務の内容,当該支出及びその原因となった契約の内容,支出先と納税者との関係など個別具体的な諸事情に即し,社会通念に従って実質的に判断すべきである。
 「B商店の業務に関し,B商店たる原告が本件会社に対し本件配達販売を委託し,本件会社がこれを遂行し,原告から本件会社に対し本件外注費が支払われたという形式及び外観が存在するものの,その実質は,原告が自らB商店の事業主としてその業務を遂行する一方で,本件取決めに基づく取扱いを継続することにより,本来支払う必要のない事業主自身の労働の対価(報酬)を,「外注配達費」や「人夫派遣費」という名目で本件外注費として本件会社に支払っていたものといわざるを得ない。
 以上によれば,本件外注費は,社会通念上,B商店の業務の遂行上必要であるとはいえず,必要経費該当性の判断基準における必要性要件を欠くものと認められるから,原告の事業所得に係る必要経費には該当しないというべきである。

 実質課税であるという原告主張に応えて「本件外注費の業務遂行上の必要性(必要性要件)を否定することは,あくまでも必要性の評価の問題であって,本件取決めや本件取引を無効又は不存在とみなすものではないから,このような理解を前提とする原告の主張は,その前提を誤る」。
 二審判旨「控訴人による本件委託業務の遂行の実質は,控訴人が自らB商店の事業主として主体的にその業務を遂行していたものであり,「外注配達費」や「人夫派遣費」という名目で本件会社に支払っていた本件外注費は,本来支払う必要のない事業主自身の労働の対価(報酬)と評価されることから,本件外注費は,委託契約を否認するまでもなく,社会通念上,B商店の業務の遂行上必要であるとはいえず,必要経費該当性の判断基準における必要性要件を欠くものと認められる。
 なお,ここにおいて,「外注配達費」や「人夫派遣費」という名目で本件会社に支払っていた本件外注費を,本来支払う必要のない事業主自身の労働の対価(報酬)と評価したからといって,当事者が選択し,有効に成立している私法上の取引関係の法形式を引き直して認定するものではなく,本件外注費の支払が業務の遂行上必要なかったことの根拠として述べるものに過ぎない。

 「控訴人は,原判決が,本件外注費の支払につき,関連性要件を満たしつつ,必要性要件を欠くと判断したことについて,論理が破綻している旨主張し,その根拠として,本件外注費がその実質において事業主自身の労働の対価(報酬)であるとすると,B商店は,本件会社から役務の提供を受けておらず,本来支払う必要のない金銭を外注費名目で支払ったことになり,その支払は,法律上の原因のないものか,又は贈与だったことになるから,関連性要件を満たす余地はないということを挙げる。
 しかし,B商店たる控訴人と本件会社との間に私法上有効な契約関係があり,本件会社は,それに基づいて本件配達販売という役務を提供したと認められることは,前記アにおいても説示したとおりである。B商店たる控訴人・本件会社間の契約は有効であるから,それに基づく本件外注費の支払は,不当利得でも贈与でもない。その一方で,B商店たる控訴人とは別の取引主体である本件会社から業務に関連する役務の提供を受け,その対価として本件外注費が支払われている以上,業務との関連性は認められる。したがって,控訴人が原判決の判断は論理が破綻している旨主張するのは当たらない。


 関連性要件と必要性要件……碓井光明「所得税における必要経費」租税法研究3号63頁(1985)が最初か。
 直接の関連性に関し、弁護士会懇親会費・東京高判平成24年9月19日判時2170号20頁が直接は要件ではないとしたことで注目された。但しその後の裁判例が直接性要件はないと考えているとは言い切りがたい(言葉を濁している裁判例や直接性要件又はそれに近い要件を前提としていると思しき裁判例がある)。
 本件の「合理的な関連性」の「合理的な」は直接性要件と同じかどうか議論の余地があるが少なくとも直接性要件に近い機能を果たしているとは言える。
 報告者は、本判決が、(取引の否認ではないと判決文が明言しているものの)取引の法律関係の認定の過程に、「社会通念に従った実質的な判断」を読み込んでいるのではないか、と述べる。
 配達は、事実としてB商店の車を使って原告がしていたので、本件会社の行為と見ることはできないのではないか、とフロアから指摘があった。フロアの別の人から、一審と二審で判断が異なるようである、二審は「本件会社がそれに基づいて役務を提供したにもかかわらず」と明言している、という指摘があった。一審は「本件会社は、このような設備、車両等をほゆうしていなかった」等と述べている。二審は、何を以って会社の役務提供を認定しているのだろう?
 フロアから、二審が所得税法56条に言及しているのは何故か?と質問があった。報告者は、二審は、所得税法56条の類推適用と読まれないように慎重に書いている、と答えた。
 フロアから、個人の所得税法37条1項と法人の法人税法22条3項とで、所得分割に関し異なることがあろうか?と質問があった。
 フロアから、本件で所得税法157条1項で本件の全額の必要経費算入を否認すること(報告者はこのように考えていた)は、従来適正費用を超える部分のみ必要経費算入を否認してきたことと、整合しないのではないか、との意見が出された。[浅妻:適正費用は本件では本件会社に配達のための設備等がなかったことから0円である、という筋はあるかもしれない]


2020/08-13 仏国務院423810ルクセンブルク法人がbeneficial ownerでないとし配当源泉徴収税免除(親子会社指令)を否認
フランス国務院Conseil d'État, Nº 423810, ECLI:FR:CECHR:2020:423810.20200605 (2020.6.5) 英訳Taxsutra 参照Denmark cases C-116/16 & C-117/16
 追記:デンマーク東部高等裁判所Skatteministeriet v. NetApp Denmark ApS, and Skatteministeriet v. TDC A/S, UDSKRIFT AF ØSTRE LANDSRETS DOMBOG 2020.5.3 b198012-og-b217312 解説IBFD TNS 2021.5.7; IBFD TNS 2021.5.11


2020/08-12 独BFH V R 5/17不相当に高額の役員報酬が支払われている場合に慈善団体の非営利性認定が剥奪される
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.3.12, V R 5/17, ECLI:DE:BFH:2020:U.120320.VR5.17.0 解説BFH Pressemitteilungen, Fehlende Gemeinnützigkeit bei unverhältnismäßig hohen Geschäftsführervergütungen (2020.8.20 Nummer 035/20)


2020/08-11 ベネズエラ最高裁Decision No. 078-2020 & 118-2020地方税の協調のための自治体首長全国合意
Venezuela El Tribunal Supremo de Justicia (Supreme Tribunal of Justice) Decision No. 118-2020 (2020.8.18) (210º y 161º); Decision No. 078-2020 (2020.7.7); precautionary measure Decision No. 250/2019 (2019.8.8) 解説IBFD TNS 2020.8.27 Municipality of Chacao, State of Miranda, Venezuelaが発した二つの命令Municipal Ordinances 001-19 and 008-09の違憲判断(2020.7.7)→地方税の協調のための全国合意(National Agreement of Municipal Tax Harmonization)の承認(2020.8.18)。


2020/08-10 コロンビア憲法裁判所 コロナ社会連帯所得税は違憲
Colombia Constitutional Court 判決年月日等不明 解説IBFD TNS 2020.8.28 Legislative Decree 568 of 2020


2020/08-09 伯最高裁RE 946.648 製造物税を輸入品の転売に課すことの合憲性
ブラジル最高裁Supreme Court Extraordinary Appeal No. 946.648 2020.8.21判決 解説IBFD TNS 2020.8.26 levy of tax on manufactured products (Imposto sobre Produtos Industrializados)と連邦憲法153条との関係


2020/08-08 伯最高裁576967産休(育休?)給付を社会保障税の課税標準に算入することは違憲か
ブラジル最高裁Supremo Tribunal Federal. Recurso Extraordinário nº 576967 (Relatoria do Ministro Roberto Barroso. Julgado mérito de tema com repercussão geral em 05/08/2020) (未入手) 原審連邦地裁Federal Regional Court of the 4th Region (Recurso Extraordinário em AMS No 2006.70.00.019937-4/PR) 解説IBFD TNS 2020.8.20 | section 28, paragraph 2, of Law 8212/1991


2020/08-07 Bayer, 2020 FC 750医薬品会社の移転価格に係る外国関連文書提出命令
Bayer Inc. v. Attorney General of Canada, 2020 FC 750 (2020.7.7) T-272-19


2020/08-06 伯最高裁Volvo, 460.320スウェーデン法人への配当支払に係る源泉徴収税の可否
ブラジル最高裁Extraordinary Appeal 460.320 (2020.8.5) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.8.19; By Gabriel Bez-Batti, Brazil Supreme Court in Volvo considers courts' power to interpret tax treaties (MNE Tax 2020.8.17) ブラジル法人が1993年に関連会社たるスウェーデン法人に対する配当支払いについて条約により源泉徴収税が免除されるか、国内法(Law 8,383/1991)の15%の税率が適用されるか。Superior Court of Justiceが納税者を勝たせていたので課税庁がextraordinary appeal(特別上告?)をした。なお、現行法のLaw 9,249/1995の下ではブラジル法人から居住者及び非居住者に支払われる配当について源泉徴収税は免除される。


2020/08-05 蘭ECLI:NL:GHDHA:2020:1317取締役か否かは形式的に判断
デンハーグ控訴審Gerechtshof Den Haag, uitspraak 2020.7.14, publicatie 2020.7.22, Zaaknummer BK-19/00527, ECLI:NL:GHDHA:2020:1317, Eerste aanleg: ECLI:NL:RBDHA:2019:7362 Rechtbank Den Haag, uitspraak 2019.7.18, publicatie 2019.7.24, Zaaknummer 18_7079 解説IBFD TNS 2020.8.18原告たるオランダ居住者が2013年にルクセンブルク法人に“directeur legal & compliance”として雇用された。原告は当該法人の株式を5%間接的に保有していた。形式的には取締役会の構成員ではなかったが、取締役として扱われるか。


2020/08-04 蘭最高裁ECLI:NL:PHR:2020:672利子控除制限
オランダ最高裁法務官意見Parket bij de Hoge Raad, conclusie 2020.7.3, publicatie 2020.7.24, zaaknummer 19/05112, ECLI:NL:PHR:2020:672 英訳Taxsutra


2020/08-03 伯地裁Case No. 0024442-10.2001.4.03.6100非居住者技術役務・技術支援の対価の源泉徴収税
ブラジル連邦地裁第三地区Federal Regional Court of the 3rd Region, Case No. 0024442-10.2001.4.03.6100 (伯独租税条約) & Case No. 5023086-93.2018.4.03.6100 (伯西租税条約) | 4th Panel Case no. 0004819-10.2014.4.03.6130 (伯亜租税条約) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.8.14


2020/08-02 南ア憲法裁判所Big G Restaurants, [2020] ZACC 16フランチャイズ契約に基づく将来改修費用
Big G Restaurants (Pty) Ltd v Commissioner for the South African Revenue Service, Constitutional Court, CCT 13/19 [2020] ZACC 16 (2020.7.21) (Commissioner for the South African Revenue Service v Big G Restaurants (Pty) Ltd (157/2018) [2018] ZASCA 179; 2019 (3) SA 90 (SCA) (3 December 2018)) 解説IBFD TNS 2020.8.3 Big G ResaurantはfranchiseeでありfranchisorはSpur Groupである。所得税法§24Cに基づき将来改修費用(franchise契約により要請されている)の控除を主張した。


2020/08-01 ウガンダCentury Bottling, TAT application no. 33 of 2020予納金30%
ウガンダ租税裁判所Century Bottling Company Limited vs. Uganda Revenue Authority, Ugandan Tax Appeals Tribunal at Kampala, miscellaneous application no. 32 of 2020, arising out of TAT application no. 33 of 2020 (2020.6.30) (判決文Taxsutra) Coca-Cola franchisee


2020/07-31 洪欧BAKATI PLUS (C-656/19)セルビア居住者が支配する顧客への商品の卸売が輸出免税の対象となるか
BAKATI PLUS Kereskedelmi és Szolgáltató Kft. v. Nemzeti Adó- és Vámhivatal Fellebbviteli Igazgatósága (C-656/19) Advocate General Campos Sánchez-Bordona opinion (2020.7.16); Judgment (2020.12.17) 解説IBFD TNS 2020.3.24; IBFD TNS 2020.7.29


2020/07-30 瑞行政裁判所SB.2018.00094投資助言者機能の移転価格における機能評価
スイス・チューリッヒ州行政裁判所Verwaltungsgericht des Kantons Zürich, Geschäftsnummer: SB.2018.00094, Urteil, Endentscheid vom 2019.12.18, A AG, vertreten durch B AG gegen Staat Zürich, & Schweizerische Eidgenossenschaft (英訳Taxsutra)


2020/07-29 伊憲法院158/2020登録税の明確性
Italian Constitutional Court 2020.7.21 judgment no. 158/2020 (未入手)登録税法20条2017年改正 解説Maistoメルマガ2020.7.23


2020/07-28 波Szczecin地方行政裁判所I SA/Sz 944/19 Poland-Cyprus租税条約のbeneficial owner概念(背後にSlovakia)
ポーランド地方行政裁判所I SA/Sz 944/19 - Wyrok WSA w Szczecinie z 2020-03-31 英訳(Taxsutra)


2020/07-27 仏国務院436570常用の住所(façon habituelle)の動的解釈の是非
French Supreme Administrative Courtフランス国務院Conseil d'État no. 436570 (2020.7.16) ECLI:FR:CECHR:2020:436570.20200716 解説IBFD TNS 2020.7.22


2020/07-26 瑞連邦最高裁2C_354/2018瑞法人から愛法人への配当支払いに係る予納税の還付
スイス連邦最高裁Schweizerisches Bundesgericht 2C_354/2018 (2020.4.20) 英訳Taxsutra


2020/07-25 独BFH X R 18/18賃貸不動産を売る際に増築することは事業か
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.1.15 - X R 18/18, X R 19/18 ECLI:DE:BFH:2020:U.150120.XR18.18.0 解説 BFH Presseservice 2020.7.16 Nummer 028/20


2020/07-24 Apple (T-778/16) & ASI and AOE (T-892/16)欧州委員会あかんよ
Apple (T-778/16) & ASI and AOE (T-892/16) General Court of the European Union, Press Release No 90/20, Luxembourg, 2020.7.15, Judgment in Cases T-778/16, Ireland v Commission, and T-892/16, Apple Sales international and Apple Operations Europe v Commission, The General Court of the European Union annuls the decision taken by the Commission regarding the Irish tax rulings in favour of Apple | Judgment 20200715 ECLI:EU:T:2020:338


2020/07-23 瑞連邦最高裁2C_880/2018 Beneficial Owner概念のdynamic interpretation動的解釈:瑞瑛租税条約
スイス連邦最高裁Schweizerisches Bundesgericht 2C_880/2018 英訳Taxsutra Cf. スペイン最高裁PE概念の動的解釈 解説IBFD TNS 2020.7.24


2020/07-22 韓最高裁2020.6.25外国法人が韓国外でゲーマー(韓国法人主催韓国賭場でプレイ)を勧誘した場合のPE認否
韓国最高裁2020.6.25事件番号不明、未入手 解説IBFD TNS 2020.7.14


2020/07-21 仏行政控訴審18PA02724仏にPEを有しないチュニジア法人の居住地判定
フランス・パリ行政控訴審CAA de PARIS 2020.6.30 N° 18PA02724 解説IBFD TNS 2020.7.14 課税庁はConseil d'Étatへ上告するかも。


2020/07-20 Royal Bank of Canada, [2020] UKFTT 267 (TC)石油産出使用料課税権の英国割当
Royal Bank of Canada v. HMRC, [2020] UKFTT 267 (TC) (2020.6.23) 解説IBFD TNS 2020.7.13


2020/07-19 西憲法裁判所2020.7.1法人最低税予納違憲
スペイン憲法裁判所(憲法院?) 判決文 2020.7.1判決(事件番号等不明) 解説IBFD TNS 2020.7.13 Royal Decree-Law 2/2016 of 30 September 2016 (Real Decreto-ley 2/2016, de 30 de septiembre)


2020/07-18 蘭欧SA.46470イケア
European Commission, State Aid - Netherlands: State aid SA.46470 (2017/C) ? Possible State aid in favour of Inter IKEA ? Extension of the formal investigation: Invitation to submit comments pursuant to Article 108(2) of the Treaty on the Functioning of the European Union (Text with EEA relevance) (2020/C 228/02)


2020/07-17 伯最高裁Appeal Resp. 1805925繰越欠損金の合併利用制限30%ルール
ブラジル最高裁(Federal Supreme Court連邦最高裁とは別?)First Panel of the Superior Court of Justice decision in Appeal Resp. 1805925 (2020.6.22) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.7.13 Cf. Federal Supreme Court Plenary decision of Appeal RE 591340/SP (2019.6.27) (未入手)


2020/07-16 葡行政最高裁No. 01687/13不動産開発はVAT非課税か
Acórdão do Supremo Tribunal Administrativo (Portuguese Supreme Administrative Court) (Case No. 01687/13) (2020.5.20) (未入手) 解説Andreia Gabriel Pereira, Portuguese Supreme Administrative Court clarifies law on VAT and real estate development (ITR 2020.7.10)


2020/07-15 ベネズエラ最高裁No. 078-2020州・地方自治体の独自課税・賦課金の憲法適合性
Venezuela Constitutional Chamber of the Supreme Tribunal of Justice (Tribunal Supremo de Justicia) case No. 078-2020 (2020.7.7) ← precautionary measure Municipal Ordinances 001-19 and 008-09 (Decision No. 0250/2019) 解説IBFD TNS 2020.7.10


2020/07-14 丁欧SA.55760国家補助審査:船乗り
SA.55760 解説IBFD TNS 2020.7.9


2020/07-13 独BFH III R 44/17 27歳になって発見された遺伝的障害と障害児童給付
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.11.27., III R 44/17 ECLI:DE:BFH:2019:U.271119.IIIR44.17.0 解説 BFH Pressmitteilung 2020.7.9 Kindergeld f?r behinderte Kinder bei Feststellung eines Gendefekts nach Vollendung des 27. Lebensjahres

habitual abode
2020/07-12 星高裁BZZ, [2019] SGHC 252 REITに対し資産譲渡をし受託者となる場合の非課税適格
In the High Court of the republic of Singapore, BZZ v. Comptroller of Income Tax, [2019] SGHC 252, Tax Appeal No 8 of 2019, judgment 2019.10.24


2020/07-11 英欧Wellcome Trust (C-459/19)投資管理をしており課税事業者として行動する者ではない者
HMRC v. Wellcome Trust Ltd (C-459/19) Advocate General Hogan opinion (2020.6.25); Judgment (2021.3.17) 解説IBFD TNS 2020.7.8 Cf. C-155/94


2020/07-10 ウガンダ租税裁判所Red Chilli Hideaway (TAT application No. 38 of 2018)源泉徴収税額控除
ウガンダ租税裁判所(?)Uganda Tax Appeals Tribunal 2020.5.25 Red Chilli Hideaway Limited (Red Chilli) v Uganda Revenue Authority (TAT application No. 38 of 2018) 解説IBFD TNS 2020.7.7


2020/07-09 伊破毀院Citibank n. 7801イタリアPE帰属損失かアメリカ本店帰属損失か
イタリア破毀院Citibank N.A. case, Sentenza del 14/04/2020 n. 7801 - Corte di Cassazione - Sezione/Collegio 5 https://tp.taxsutra.com/sites/tp.taxsutra.com/files//webform/citibank.pdf https://tp.taxsutra.com/sites/tp.taxsutra.com/files//webform/Citibank%20-%20translated.pdf


2020/07-08 勃憲法裁判所2020.6.30 VAT登録義務閾値を超えた売上のある納税者の登録前の供給
Bulgaria Constitutional Court 2020.6.30 Decision No. 8 解説IBFD TNS 2019.11.26; IBFD TNS 2020.7.6 recently amended article 102(4) of the VAT Act


2020/07-07 丁最高裁Adecco移転価格
Denmark's Supreme Court 2020.6.25 (未入手) 解説 Susi Baerentzen, Denmark Supreme Court rules in favor of Adecco in landmark transfer pricing decision (MNE Tax 2020.7.1)


2020/07-06 露破毀院Ф08-4280/2020露英租税条約beneficial owener認否
Russian Court of Cassation of the North Caucasus Region (コーカサス破毀院?) decision no. Ф08-4280/2020 (case no. A32-37495/2019) (2020.6.22) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.7.4 ロシア法人Vega-D社が英国法人TAD Enterprise Ltd and Concord International Limitedに利子を支払った。


2020/07-05 ルクセンブルク欧Luxembourg (C-245/19 & C-246/19)スペイン居住芸術家に関する情報提供依頼
State of the Grand Duchy of Luxembourg v. B (joined case C-245/19 & C-246/19) Advocate General Kokott opinion (2020.7.4); Press Release No 80/20 (2020.7.2); Judgment (2020.10.6) 解説IBFD TNS 2019.6.24; IBFD TNS 2020.7.8; Maisto e Associati 2020.7.3 スペイン政府がルクセンブルク政府に対しスペイン居住者たる芸術家について情報提供を依頼した。第一依頼(C-245/19)においてルクセンブルク制服はルクセンブルク会社に対し当該芸術家との間の契約等に関する文書のコピーを要請した。第二依頼(C-246/19)においてルクセンブルク政府はルクセンブルク銀行に対し銀行口座情報の提供を要請した。ルクセンブルク法では情報保持者の情報提供府遵守罰則として最大25万ユーロの罰金を定めていた。両ケースにおいて情報提供命令は拒絶された(challenged)。


2020/07-04 勃行政最高裁10108/2017 VAT執行規則87a条2項は意見
Bulgarian Supreme Administrative Court decision No. 10037 in administrative case No. 10108/2017 г. (未入手) 解説IBFD TNS 2020.7.2 Bulgaria's Tour Operators' Margin Scheme (TOMS)


2020/07-03 ノルウェー最高裁HR-2020-1130-AノルウェーShell社が負担した研究開発コストの配分
ノルウェー最高裁 2020.5.28 HR-2020-1130-A (sak nr. 19-177162SIV-HRET) (英訳Taxsutra)


2020/07-02 ユニバーサルミュージック東京地R1.6.27平27行ウ468 debt push downと法人税法132条1項の「不当」要件
第872回租税判例研究会吉村政穂2020年7月17日報告 ユニバーサルミュージック事件・東京地判令和元年6月27日平成27(行ウ)468号認容Z888-2250 (評釈対象は一審判決。控訴審判決は東京高判令和2年6月24日)
 「いわゆるデット・プッシュ・ダウン(debt push down)とは,一般に,親会社が,借入金の返済に係る経済的負担を,企業グループの資本関係の下流にある子会社に負担させることをいう。すなわち,企業グループは,事業に必要な資金を外部からの出資又は負債により調達し,調達した資金を企業グループ内の各社の資金需要に応じて分配するところ,外部から資金を借り入れた親会社がこれを子会社に出資する場合には子会社は負債の経済的負担を負わないのに対し,親会社が外部から借り入れた資金を子会社に貸し付ける場合には,負債の経済的負担が子会社に移転することになる。財務上の観点からは,規模が大きく多額の利益を計上している事業会社に対してより多くの負債を負担させることが合理的であり,税務上の観点からは,税率の高い国で多額の利益を計上し多額の税金を負担している会社に対してより多くの負債を負担させることが合理的であるとされている。
 当時、過小資本税制(1992年導入)はあったが、過大支払利子税制(2012年導入)は未導入であった。過小資本税制のdebt:equity比率1:3の範囲で、出資を増やすことで借入を増やすことができた。過小資本税制の1:3基準ギリギリを攻めてきやがって怪しからんと課税庁が地団駄踏みたくなる気持ちは理解できる(共感するかは別論)。
 納税者側の狙いとしては、音楽関係会社の組織再編として、日本に持株会社(原告X)を作り、Xが外国のグループ会社から245億円の増資を受け866屋円を借入れ、日本の音楽関係会社の株式を外国法人から購入した、という際に、利子負担をなるべく日本法人の課税所得を打ち消すように仕組む、というものであった。
判旨「当該同族会社の行為又は計算が,同項柱書にいう「これを容認した場合には法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に該当するか否かは,専ら経済的,実質的見地において,当該行為又は計算が純粋経済人として不自然,不合理なものと認められるか否か,すなわち経済的合理性を欠くか否かという客観的,合理的基準に従って判断すべきものと解される。
(イ)利益を産み出し,これを出資者である株主や社員に対して還元することを究極の目的とする会社にあっては,事業の目的に沿った種々の経済活動を遂行するに当たり,業務の管理・遂行上,財務上又は税務上などの様々な観点から,利益を最大化し得る方法を法令の許容する範囲内で自由に選択することができるところ,仮に,税務署長が法人税法132条1項の適用に当たり,会社の経営判断の当否や,当該行為又は計算に係る経済的合理性の高低をもって「不当」か否かを判断することができるとすれば,課税要件の明確性や予測可能性を害し,会社による適法な経済活動を萎縮させるおそれが生じるといわざるを得ない。したがって,当該行為又は計算が当該会社にとって相応の経済的合理性を有する方法であると認められる限りは,他にこれと同等か,より経済的合理性が高いといえる方法が想定される場合であっても,同項の適用上「不当」と評価されるべきものではない。
 そして,同族会社にあっては,自らが同族会社であることの特性を活かして経済活動を行うことは,ごく自然な事柄であって,それ自体が不合理であるとはいえないから,同族会社が,自らが同族会社でなければなし得ないような行為や計算を行ったとしても,そのことをもって直ちに,同族会社と非同族会社との間の税負担の公平が害されることとはならない。
 以上を踏まえると,同族会社の行為又は計算が経済的合理性を欠くか否かを判断するに当たっては,当該行為又は計算に係る諸事情や当該同族会社に係る諸事情等を総合的に考慮した上で,法人税の負担が減少するという利益を除けば当該行為又は計算によって得られる経済的利益がおよそないといえるか,あるいは,当該行為又は計算を行う必要性を全く欠いているといえるかなどの観点から検討すべきものである。
[中略]
 @原告による本件借入れが行われる原因となった,ヴィヴェンディ・グループが設定した本件8つの目的は,日本の関連会社に係る資本関係の整理や,同グループの財務態勢の強化(グループ内における負債の経済的負担の配分,為替リスクのヘッジに係るコストの軽減)等の観点からいずれも経済的合理性を有するものであり,かつ,これらの目的を同時に達成しようとしたことも経済的合理性を有するものであったと認められ,A本件再編成等スキームに基づく本件組織再編取引等は,これらの目的を達成する手段として相当であったと認められる。そして,B本件組織再編取引等によるこれらの目的の達成は原告にとっても経済的利益をもたらすものであったといえる一方,本件借入れが原告に不当な経済的不利益をもたらすものであったとはいえない。
 そうすると,原告による本件借入れについては,法人税の負担が減少するという利益を除けばこれによって得られる経済的利益がおよそないとか,あるいは,これを行う必要性を全く欠いているなどということはできないから,専ら経済的,実質的見地において,純粋経済人として不自然,不合理なものとはいえず,したがって,経済的合理性を欠くものと認めることはできない。

 伝統的に法人税法132条1項の「不当」の解釈について、
 (1)「非同族会社には通常なし得ないような行為計算」(明治物産事件・最判昭和33年5月29日民集12巻8号1254頁の一審)基準と、
 (2)「純経済人の選ぶ行為形態として不合理」(明治物産事件・最判昭和33年5月29日民集12巻8号1254頁の二審)基準があると言われてきた。
 (1)(2)であまり違いは出てこないと言われてきたが(例外的に違いが出たとされる例として南日本高圧コンクリート株式会社事件・福岡高宮崎支判昭和55年9月29日行集31巻9号1982頁の一審は(1)で納税者勝訴、控訴審は(2)で課税庁勝訴)、本判決は(1)を明示的に斥けた。
 かつ、本判決は(2)に関してもかなり納税者に有利な基準を示した。(2)は問題となっている法人単体で合理的か否か判断するとされてきたが、本判決はグループとしての合理性を斟酌している。
 報告者は、グループとしての合理性を斟酌することに疑問を示しつつも、組織再編としての合理性を一切斟酌しない方がよいと言い切ることには躊躇を示す。
 報告者は、本判決の(2)の考え方が、移転価格税制におけるarm's length principleと齟齬する可能性がある、と指摘する。原告が負担した利子(率)が移転価格税制に照らして不当に高い、といった争い方を課税庁が採用していたら、とも述べる(フロアからも同様の指摘)。


2020/07-01 東京地判H31.2.20平27行ウ583資産の譲受がないとして輸出免税が認められなかった事例
第871回租税判例研究会増井良啓2020年7月3日報告東京地判平成31年2月20日平成27(行ウ)583号棄却LEX/DB 25558742 D1-Law.com 29053855
 原告主張の取引:国内事業者→(本件各取引)→X1→(輸出)→香港事業者。
 課税庁の主張:香港事業者は国内事業者から購入した。X1は取引当事者ではない。
争点
 (1)本件各取引がq1[D1-Law.comではX1]が行った課税仕入れに該当するか(本報告では争点1に焦点を当てる)
 (2)本件各取引につきq1が法定の帳簿及び請求書等を保存しない場合に該当するか(争点1で決着したので争点2は判断されていない)
 (3)本件調査の違法の有無
 (4)理由付記の違法の有無
判旨(争点1について)
 「ア q1が本件各取引により資産を譲り受けた事業者と認められるか
(ア)本件各取引がq1が行った課税仕入れに該当するというには,q1が本件各取引により資産を譲り受けた事業者と認められる必要があり,そのためには,q1と本件各国内事業者との間に売買契約があったと認められることが必要というべきである。
(イ)そこで検討すると,まず,q1とアマガサ社等5社との間では,契約書等は作成されておらず,他方において,アマガサ社等5社は,香港等事業者との間で基本契約書等により売買基本契約を締結しており(ただし,アマガサ社・ハッピー社間を除く。),香港等事業者に係る取引について,取引の相手方を香港等事業者とする国内取引として経理処理を行っている(前記認定事実イ(ア)ないし(オ))。また,エトワール社等8社のサービスを利用してその商品を購入するためには,いずれも会員登録をすることが必要であるが,q1は,NEW’S GROUP名義を含めて,エトワール社等8社の会員登録をしていない(前記認定事実イ(カ)ないし(ス))。そうすると,本件各取引においては,q1と本件各国内事業者との間に売買契約があったといえる外形的根拠はない。
 さらに,本件各取引におけるq1の関与の実質をみても,前記認定事実によれば,q1は,発注する商品の内容や数量の決定に関与しておらず,これらを決定しているのは香港等事業者であり,また,代金については,q1がその支払に関与しない場合もある上,関与する場合であっても,本件各国内事業者に商品代金を支払った後,その支払額から消費税等相当額を控除し手数料を加算した金額を香港等事業者に請求するというものであり,商品代金額の決定自体にq1の意思が介在するものではなく,その実質は立替払であるといえる。こうしたことからすれば,q1は,本件各取引において売買契約の当事者として関与していたとはいい難く,本件各国内事業者と香港等事業者との間の売買契約において,商品の引渡しや代金の支払といった事実行為に関与していたにとどまるものというべきである。
 したがって,本件各取引の外形面,実質面のいずれからみても,q1と本件各国内事業者との間に売買契約があったと認めることはできない。
(ウ)これに対し,原告は,q1が香港等事業者からの買い付け委託を受け,自己の名義・計算において取引を行っていた旨を主張し,取引の相手方がq1(NEW’S GROUP)である旨の記載がある一部の香港等事業者の陳述書(甲41の1の1〜甲42の14の2,甲67の1〜13)を提出する。
 しかしながら,仮にq1と香港等事業者との間で買い付け委託契約が締結されていたとしても,上記(イ)に説示した事実行為の委託の性質であるということも十分にあり得るところ,上記の各陳述書は,かかる委託の趣旨や性質を判断するに足りる具体性や裏付けを伴うものとはいい難く,また,香港等事業者の陳述書をもって,q1と本件各国内事業者との間の契約関係を直接認定し得るものでもないから,これらの陳述書によっても,本件各取引につき,q1と本件各国内事業者との間に売買契約があったと認めることはできない。
 また,原告は,平成24年11月頃から,請求書等の宛名を香港等事業者からq1(NEW’S GROUP名義)に変更させた旨主張し,かかる主張に沿う証拠も存在するが,このような請求書等の宛名の変更をもって,契約当事者を含めた契約内容そのものの評価や解釈に直ちに影響するとはいえず,上記の認定を左右するものではない。
 さらに,原告は,本件各取引についての課税仕入れに係る消費税額の控除による還付をq1も香港等事業者も受けられなくなることの不当性を主張するが,そのような不利益は,取引の実態に則した帳簿及び請求書等を保存せず適正な還付申告をしてこなかったq1及び香港等事業者の行為に基因するものであり,q1及び香港等事業者自身において甘受すべきものである。
(エ)したがって,本件各取引に関し,q1と本件各国内事業者との間に売買契約があったと認めることはできず,q1が本件各取引により資産を譲り受けた事業者であるとして,本件各取引がq1が行った課税仕入れであるということはできない。

 本件では過少申告加算税が課されたにとどまる。
 重加算税の事案としてタシン事件・東京地判令和2年1月17日平成29(行ウ)571号棄却LEX/DB 25582028がある。
 刑事罰が科された事案として津地判令和元年12月23日令和1(わ)330号有罪(判例集、データベース未登載。南繁樹・ジュリスト1546号10-11頁)、大阪高判平成30年12月5日平成30(う)255号LEX/DB 25562347がある。
 重加算税の事案や刑事罰の事案と比べて、本件は、証拠こそ揃ってないものの、裁判官は同様の受還付ビジネスであろうという心証を抱いているように読める、とフロアから発言があった。
 消費税法基本通達10-1-12(2)の本文は原則として委託販売の事案について受託者に純額処理を認めている。なお書きは例外として総額処理を認めている。
 取引当事者性に関する先例として、牛枝肉販売に関する大阪地判平成25年6月18日税資263号順号12235平成23(行ウ)13号(浅妻章如・ジュリスト1495号135-138頁)がある。依頼者と問屋との関係において、原則として消費税法13条にいう「享受」する者は依頼者であるが、大阪地判平成25年6月18日では例外的に、問屋がリスク負担をしていたので問屋が「享受」者であると認定された。
 本件について、取引当事者性(の欠如)を理由として決着を付けることは、危うい、契約書の書き方次第で、取引当事者性を具備することは容易である、との指摘がフロアからなされた。フロアの別の発言として、本件のX1は香港居住者であったので、日本で取引当事者性を具備することすら、多少のハードルがあったという事案ということができるのではないか、との指摘もあった。
 私は、問屋に関する大阪地判平成25年6月18日がリスク負担に関する事実認定を要したのに対し、本件は取引当事者性だけで片付いたので、裁判官から見て大阪地判平成25年6月18日より結論を出すのが容易な事件といえると考えてよいか、と質問した。報告者は、報告ではリスク負担に言及しなかったが、本件の裁判官はリスク負担も勘案して取引当事者性の認定をした可能性もあるのではないかと考えている、と応答した。私は、取引当事者性の認定とリスク負担は別物であるという前提でないと問屋の話(原則としては依頼者が計算主体であって「享受」者である)が成立しないので、本件の裁判官がリスク負担も勘案したという理解や危ういのではないか、と疑問を呈した。
 私とは別のフロアからの発言として、本件は問屋に関する大阪地判平成25年6月18日とは矛盾しないと考えてよいのか、という質問があった。リスク負担込みで本件が取引当事者性で決着させたならば矛盾しないと理解できる。
 この点、私は、発言しなかったが、本件が問屋に関する大阪地判平成25年6月18日とは矛盾するか否かという問いの立て方は不適切であると思う。本件でリスク負担抜きで取引当事者性(の欠如)を認定したとすると、消費税法13条に関し、X1は取引当事者ではない(消費税法13条にいう「名義人」ではない)という認定だけでは結論を出すことができず、別途、本件についてX1が消費税法13条にいう「享受」者ではない、という認定もしなければ、結論を出すことができない筈なのではないか、という問いの立て方であろう、と思われる。しかし、この問いの立て方は不適切であると私は思う。本件のX1が使者のように事実行為をするだけの者であれば、「名義人」でも「享受」者でもない。他方、問屋の場合、依頼者が肉の売買契約の当事者でないとはいっても、依頼者は使者のような事実行為だけをする者ではなく、依頼者は問屋と法律行為をしているからこそ、大阪地判平成25年6月18日ではなく問屋に関する原則的な扱いとして「享受」者たりうる。本件で、X1が事実行為しかしていないという本判決の論じ方は、「名義人」ではないといったにとどまらず「享受」者でもないことも含意している、と理解できる、そして、そのように理解すれば、本件は、問屋に関する大阪地判平成25年6月18日とは矛盾するか否かとは別の段階の問題を扱ったものと位置付けられる、と私は思う。

 以下、判決の評釈というよりは立法論になるので、余談。(研究会の中での「代理人PE云々」という拙発言が説明不足で不適切であったので、ここで補う趣旨)
 取引当事者性という法的判断が現行消費税法の解釈として要請されることは仕方ない。
 ところで、所得税に関する代理人PE認定に関し、問屋や仲立人のような代理人PE候補者は代理をしてない(仲立人に至っては法律行為すらしていない)という法律論がかつて存在した。今は、問屋であろうとも、或いは、代理を法的に避けようとも、交渉等の事実行為に着目して代理人PE認定を可能ならしめるように、という国際的な共通了解が醸成されている。
 国際取引に関して、法的性質で決着させることは危ういのではないかという直感を私は抱いている。
 所得税の理想は個人の担税力(その指標をどう設定するかにつき論争がたえないものの)に対する課税であり、国家間税源配分に本来は馴染まない。  なぜ所得税なのに国家間税源配分の発想が生じるかといえば、殆どの国の所得税が実現主義を採用しているからであり、実現主義は人への課税ではなく取引への課税への近似をもたらす。
 人への課税については、誰に対する課税であるかが重要であるが、取引への課税については、累進税率の問題さえなければ、誰に対する課税であるかは重要ではない。累進税率の問題がなくとも損益通算等との関係で誰に対する課税であるかが問題になることは現行法上ある、しかし、それは損失に対する扱いが(恐らくは執行上)難しいためであって、本来、損失に対しては即時還付が理想の筈であるというところから演繹すれば、累進税率の問題以外で、誰に対する課税であるかは重要ではないというような制度設計が志向されて然るべきである。
 取引課税という性格は付加価値税において一層濃くなる。本件に関しても、二重課税や二重控除を防ぐことと輸出免税輸入課税の執行さえ確保されるなら、人への課税ではなく取引への課税であるという理解から、誰が当事者であるかについて法的性質決定を間に挟むことは不適切なのではないか、という疑問が湧く。(ただし、いわゆるカルーセル(回転木馬)取引の場合、内国で納められるべき付加価値税について納税義務者がトンズラすることがあるので(missing trader問題)、輸出の実態があるなら輸出免税は認められるべきであるとは言い難い事態も存在する。)
 インボイス(適格請求書保存方式)は、二重課税や二重控除を防ぐことを通じて、取引当事者性に関する法的判断への税制の依存度を下げる方向に作用してくれる(法的判断が不要になるところにまで至るとはいえないかもしれないにしても)のではないか、という期待を私は抱いている。


2020/06-30 伯連邦最高裁ARE 665.134/MG輸入付加価値税
Brazilian Federal Supreme Court ARE 665.134/MG (2020.4.27) (未入手) 解説Gabriel Caldiron Rezende & Júlio de Oliveira, The Brazilian Federal Supreme Court issues decision on ICMS-Import tax (ITR 2020.6.29)


2020/06-29 ザンビア最高裁Mopani Copper Mines, SCZ/8/269/2016スイス親会社への銅の売却の移転価格
Mopani Copper Mines Plc v. Zambia Revenue Authority, Supreme Court of Zambia, Appeal No. 24/2017, SCZ/8/269/2016, Judgment (2020.3.3 & 2020._._) 判決文(taxsutra)


2020/06-28 Gender Blind is not Gender Neutral
Michelle Harding, Grace Perez-Navarro, & Hannah Simon, In Tax, Gender Blind is not Gender Neutral: why tax policy responses to COVID-19 must consider women https://oecdecoscope.blog/2020/06/01/in-tax-gender-blind-is-not-gender-neutral-why-tax-policy-responses-to-covid-19-must-consider-women/ (reprinted in taxnotes)は、兼業主婦/夫の税負担が同じ賃金の独身と比べて重いことがあり、兼業主婦/夫の性比が偏っているので、gender blind taxはgender neutralでないと論じる。(以下は補足)日本の個人単位税制下ではあまり問題にならないが独仏等の二分二乗、N分N乗では深刻な問題となりうる。
My opinion: In tax discussion, "neutrality" is used when we look at choice between X and Y. (1) Most of us (including LGBTQ) cannot choose our gender. From this view point, gender blind tax is not concerned with neutrality. (2) We can choose gender of a second earner. From this view point, gender blind tax is gender neutral. (3) Some tax systems impose heavier tax burden on a second earner than a single with same wage income. This is concerned with traditional neutrality between labor and leisure (between taxable wage income and untaxable imputed income), not concerned with gender. Second earners' gender might be disproportionate under gender blind tax. However, choice of gender of a second earner is not tax matter. (4) Different tax between X and Y without looking at our choice is analyzed from the view point of "equity" (horizontal equity or vertical equity). Heavier tax burden on a second earner than a single should be discussed from the view point of equity. When a second earner's wage income and a single's wage income are same, are their economic situations same? Many students will have many arguments. (5) Unfortunately, some tax systems (including Japanese tax system) have gender unblind tax. Gender unblind tax is gender unneutral but migth be justified from the view point of equity (Widows and widowers might be in unsame economic situation.). But today's topic is gender blind tax. Gender blind tax is not gender unneutral. (6) Gender unblind tax might be justified from the view point of efficiency and equity. For example, female and male have different life duration, therefore gender unblind tax for in order to finance for public pension might be good tax policy. Female and male might have different preference between taxable wage income and untaxable imputed income. But I am reluctant with adopting gender unblind tax without robust evidence. 税について論ずる際、中立性は選択について用いる。(1)我々(LGBTQも含む)の殆どはgenderを選べない。だからgender blind taxはneutralityの問題ではない。(2)兼業主婦/夫のgenderを選ぶことはできる。この点でgender blind taxはgender neutralである。(3)兼業主婦/夫に同じ賃金の独身者よりも重い税を課す税制はありうる。これは古典的な労働と余暇との選択(課税対象となる賃金と課税対象とならない帰属所得との選択)に関する中立性の問題であって、genderの問題ではない。兼業主婦/夫のgender比に偏りがあるかもしれない。しかし兼業主婦/夫のgenderの選択は税の問題ではない。(4)選択に着目せずXとYとの異なる租税上の扱いについて論じる際、「公平」(水平的公平と垂直的公平)の問題として論じる。兼業主婦/夫の賃金と独身者の賃金が同じである場合、この二者は経済的に同じ状況にあるか。色々な学生が色々な意見を言うであろう。(5)残念だがgender unblind taxは(日本にも)ある。gender unblind taxはgender unneutralだが公平の観点から正当化されるかもしれない(寡婦と寡夫の経済状況は異なるかもしれない)。しかし今回の話題はgender blind taxである。gender blind taxはgender unneutralではない。(6)gender unblind taxが効率性と公平の観点から正当化されることがあるかもしれない。男女の寿命が違うから公的年金に関しgender unblind taxが良い政策かもしれない。男女は課税対象賃金と非課税帰属所得に関し異なる選好を有しているのかもしれない。でも確たる証拠があがらないかぎりgender unblind taxを支持しない。
[追記]租税の論者とフェミニズムの論者とで、neutralityの用法が異なるだけでなく、規範的評価軸も異なるのであろう。|gender blind taxが兼業主婦/夫に独身者より重い税を課すことがある→兼業主婦/夫は女性が多い→gender blind taxが女性の賃労働を抑圧することがある(ここまでは規範的評価無しに共有できる前提。次からが規範的評価)→或る制度がgenderに異なる影響を与えるならば、悪い制度である(という規範的評価軸をフェミズムの論者は持っているのであろう)。|租税の論者の規範的評価軸について、色々な意見があるであろうけれど、アメリカの租税法学の主流派は、効率性(中立性)と公平だけで評価する(アメリカの租税法学でも、効率性(中立性)と公平以外の評価軸を盛り込もうとしている人は居ないではない)(日本でどういう規範的評価軸が優勢であるかはよく分からない)。|gender blind taxが女性の労働を抑圧することがある。→genderの選択を歪めていないなら中立性の問題ではない。→公平の観点から、同じ賃金の兼業主婦/夫と独身者を比べたら兼業主婦/夫の方が経済的状況が良いことが多いから、税負担が重いことは公平に適っていないとは論証し難い。→悪い制度とはいえない。……アメリカの租税法学の主流派は恐らくこのように論を組み立てる。|いやいや、税制についても、効率性(中立性)と公平で話が尽きるのではなく、別の評価軸、例えばgender equalityという評価軸でも考慮すべきである、という議論の成立可能性はある。|僕自身は、税制の規範的評価軸が効率性(中立性)と公平に尽きるのかについて、内心疑問を抱いてはいる。しかし、他の有力な評価軸を見出すには至ってないので、論文等を書く際には、効率性(中立性)と公平だけで税制の規範的善し悪しを考えている。|中立性は効率性を審査する際の暫定的評価軸であるにすぎず、直接、効率性の評価軸で測るべきである、と考えている人はいる(Weisbachとか)。|ただ効率性を測るのは難しい。仮に効率性と公平だけで税制の規範的評価を考えるとしても、効率性を測る際に色々誤魔化しが入ってしまう、だから直接に効率性を測ろうとするのではなく、中間審査的にgender equalityも評価軸に加えるべきである、という議論の仕方があるであろうか。憲法14条1項の差別禁止はかように読み解くことが可能であるかもしれないが、この場合、gender blind taxのgenderに対する異なる影響を問題視する論拠に結びつけることは難しいであろう。


2020/06-27 Seribu, [2020] AATA 1840所得税制上bitcoinは外国通貨か
Seribu Pty Ltd and Commissioner of Taxation (Taxation), [2020] AATA 1840 (2020.6.16) 解説IBFD TNS 2020.6.23


2020/06-26 東京地H31.3.15平29行ウ143付加価値税の仕入税額控除の仕入時期判定基準
第870回租税判例研究会漆さき2020年6月19日報告株式会社アルコイリス事件・東京地判平成31年3月15日平成29(行ウ)143号棄却(東京高判令和元年9月26日平成31(行コ)90号棄却LEX/DB25564363(未確定))
 類似争点:香月堂事件・東京地判平成30年3月6日訟月65巻2号171頁税資268号順号13126平成28(行ウ)609号棄却・東京高判平成30年9月5日訟月65巻2号208頁税資268号13182平成30(行コ)101号棄却(上告、上告受理申立て)、プロパティエ事件・東京地判平成31年3月14日平成29(行ウ)142号棄却、東京地判平成31年3月15日平成29(行ウ)144号棄却・東京高判令和元年9月26日平成31(行コ)96号棄却。重要判例解説令和元年佐藤英明解説参照。
 X社(原告、株式会社アルコイリス)が本件建物を取得したこと等を課税仕入れとし、本件建物の売買契約締結日である平成25年6月28日が課税仕入れを行った日であるとの前提で、本件課税期間(平成25年6月10日〜30日)における課税仕入れに係る支払対価の額に含めて、確定申告をした。西税務署長は、Xが本件建物の引渡しを受けた平成25年7月31日が課税仕入れの日であるとの前提で、消費税等の更正処分等をした。r社(合同会社red)は、平成25年6月10日、新設分割によりX社を設立した上で、同年9月30日に解散した。Xについて、新設分割親法人であるr社の平成23年9月1日〜30日の課税期間を基準期間としてr社の課税売上高が84万6000円であるから、1年あたり1015万2000円となり、1000万円を超えるため、本件課税期間において消費税の課税事業者に該当する。Xは、平成25年6月17日、木谷貴金属から金地金5gを2万3475円で購入し、同月26日、同金地金を同社に2万0915円で売却した。本件課税期間のXの資産の譲渡等の対価の額はこれのみであったので、課税売上割合は100%であった。
 争点:(1)本件資産の譲受けに係る「課税仕入れを行った日」は,本件課税期間に属する日であるか否か (2)本件役務の享受に係る「課税仕入れを行った日」は,本件課税期間に属する日であるか否か (3)本件消費税等更正処分における理由の提示に不備があるか否か (4)本件消費税等更正処分は,信義則に反し,違法であるか否か (5)原告に通則法65条4項に規定する「正当な理由」があるか否か(報告では(1)のみ扱う)
 判旨――「課税仕入れとは,当該資産の譲渡等をした者から見た場合に,それが事業として行われれば課税資産の譲渡等に該当するものに限られていることからすると,課税仕入れと課税資産の譲渡等は表裏の関係にあり,課税仕入れの時期は課税資産の譲渡等の時期に準じて判断するのが相当である。[改行][略]課税資産の譲渡等の時期とは,当該課税資産の譲渡等が現実に行われた時,すなわち,資産の譲渡においては,原則として,当該資産に係る権利(所有権)が移転した時をいうものと解するのが相当である。したがって,課税仕入れの時期についても,当該課税仕入れが現実に行われた時,すなわち,資産の譲受けにおいては,原則として,当該資産に係る権利(所有権)を取得した時をいうものと解するのが相当である。[略]原告は……所得税法における収入金額や法人税法における益金と同様に,権利確定主義を基準として「資産の譲渡等」の時期を判断すべきであり,その対価を収受すべき権利が確定的に発生した時点をもって「資産の譲渡等」が行われたものと解すべきである旨主張する。[略]しかしながら,所得税法及び法人税法の解釈において,権利確定主義による収入ないし収益の実現の時期が課税時期と直結しているのは,まさに当該収入ないし収益によって構成される個人ないし法人の所得がそれぞれ所得税ないし法人税の課税対象となっているからであり,消費税の課税対象が「資産の譲渡等」という取引行為とされ,その対価の額が課税標準とされるにとどまる消費税法の場合とは前提を異にするものである。したがって,消費税の課税標準としての対価の額の算定に当たり,権利確定主義の考え方を導入する余地はあり得るとしても,それによる対価収受の実現の時期が直ちに当該資産の譲渡等の時期となるものではない。
 なお、評釈対象外であるものの、二審は、一審と同じ結論であるが、「消費税についても,いわゆる権利確定主義が妥当する。[略]消費税法30条1項1号にいう「課税仕入れを行った日」とは,仕入れの相手方において,当該資産の譲渡等について,同時履行の抗弁などの法的障害がなくなり,対価を収受すべき権利が確定した日をいうものと解するのが相当であり,このように解することが,取引段階の進展に伴う税負担の累積を防止するという仕入税額控除の制度趣旨に合致するものである。」と改めた。
 欧州では、処分権(right to dispose)移転日に着目している、とフロアからの解説があった。


2020/06-25 仏国務院423809受益者beneficial ownershipテストは親子会社指令違反ではない
フランス行政最高裁国務院Eqiom and Enka, Conseil d'État, 2020.6.5, case no. 423809 ECLI:FR:CECHR:2020:423809.20200605 解説IBFD TNS 2020.6.18 Cf. Eqiom and Enka, C-6/16⇒2017/02-18


2020/06-24 丁SKM2020.224.VLR課税庁の移転価格税制における裁量
デンマーク高裁SKM2020.224.VLR (case number: BS-9858/2018) (2020.5.1, release 2020.6.8) (原文) (英訳taxsutra)


2020/06-23 独BFH IX R 13/18会社に出資代替金融支援していた株主は会社売却/清算時に損失利用できるか
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.7.2, IX R 13/18, ECLI:DE:BFH:2019:U.020719.IXR13.18.0 解説 BFH Pressemitteilung 2019.11.14, Nummer 075/19 Vertrauensschutz bei nachtr?glichen Anschaffungskosten ? Nachweis von Gesellschafterforderungen vorgehend Finanzgericht Berlin-Brandenburg, April 2018.4.18, Az: 3 K 3138/15 | § 17 des Einkommensteuergesetzes | 先例Bundesfinanzhof Urteil vom 2017.7.11, IX R 36/15 (BFHE 258, 427, BStBl. II 2019, 208), ECLI:DE:BFH:2017:U.110717.IXR36.15.0


2020/06-22 独BFH VIII R 18/16定率源泉徴収税導入後の株主の会社に対する債権放棄による損失
Bundesfinanzhof mit Urteil vom 2019.8.6, VIII R 18/16, ECLI:DE:BFH:2019:U.060819.VIIIR18.16.0 解説 BFH press 2019.11.14 Nummer 074/19 Berücksichtigung des Forderungsverzichts eines Gesellschafters nach Einführung der Abgel-tungsteuer vorgehend Finanzgericht Berlin-Brandenburg, 2016.1.20, Az: 14 K 14040/13 | § 20 Abs. 2 Satz 1 Nr. 7, Satz 2 und Abs. 4 des Einkommensteuergesetzes (EStG)


2020/06-21 独BFH III R 22/16 旅行業者がホテルから部屋の移転を受けたことの対価は事業税法、役務対価か購入対価か
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.7.25, III R 22/16, ECLI:DE:BFH:2019:U.250719.IIIR22.16.0 解説 BFH Pressemitteilung 2019.11.7, Nummer 072/19 Keine gewerbesteuerrechtliche Hinzurechnung bei der Überlassung von Hotelzimmern an Reiseveranstalter vorgehend FG Münster, 2016.2.4, Az: 9 K 1472/13 G | § 8 Nr. 1 Buchst. d und e des Gewerbesteuergesetzes


2020/06-20 独BFH VI R 42/17片道だけ通勤費が支給されている場合の通勤費用控除
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.2.12, VI R 42/17(判決文がアップされてない?) 解説 BFH Pressemitteilung 2020.6.12. Nummer 026/20 Entfernungspauschale bei Hin- und Rückweg an unterschiedlichen Arbeitstagen 原審FG Münster Urteil vom 2017.7.14 (6 K 3009/15 E)


2020/06-19 伊欧SA.48260イタリア海洋港優遇措置は国家補助規制に違反しない
European Commission, State aid: Commission approves Italian tax measures for maritime transport, (IP/20/1039, 2020.6.11) 解説IBFD TNS 2020.6.12


2020/06-18 伯行政租税控訴審16095,720100/2014-98出国届未提出でポルトガルに移住した個人はブラジル居住者扱いか
ブラジル行政租税控訴審 Appeal 16095,720100/2014-98 [リンク先なにもなし?] (未入手) 解説IBFD TNS 2020.6.12


2020/06-17 伯RE 603136フランチャイズ契約を地方役務税の課税対象に含むことは合憲か
ブラジル最高裁Supremo Tribunal Federal RE 603136 2020.5.29判決(2020.6.8公開) 解説IBFD TNS 2020.6.12 原告はファストフードチェーンとフランチャイズ契約を締結していた。フランチャイズ契約はISS(Imposto Sobre Servi&ccdeil;os地方役務税)の課税対象であるとすることは合憲か。


2020/06-16 白国務院247.694納税者は自身に係るMAP(相互協議)文書を見る権限を有するか
ベルギー国務院(行政最高裁判所)Raad van State (Council of State), no. 247.694 (2020.6.2) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.6.12 ベルギー居住か英国居住か。


2020/06-15 波欧E. Sp. z o.o. Sp. k. (C-335/19)役務代金回収不能とVAT納税義務
E. Sp. z o.o. Sp. k. v. Minister Finansów (C-335/19) AG Kokott opinion (2020.6.4); Judgment (2020.10.15) 解説IBFD TNS 2019.8.19; IBFD TNS 2020.6.11


2020/06-14 独BFH II R 38/16生存配偶者相続家屋の相続税非課税措置の遡及適用範囲
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.7.11, II R 38/16, ECLI:DE:BFH:2019:U.110719.IIR38.16.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 077/19 Erbschaftsteuer: Nachversteuerung des Familienheims bei Eigentumsaufgabe (2019.11.28) 相続により生存配偶者が家屋を取得した場合の相続税非課税措置は、取得後10年以内に取得者が第三者に家屋の所有権を移転し、生存配偶者が生存中の使用権(lebenslangen Nießbrauchs)に基づき住み続けていた場合も遡及的に適用される。


2020/06-13 独BFH XI R 2/17非営利組織VAT軽減税率適用範囲
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.7.23, XI R 2/17, ECLI:DE:BFH:2019:U.230719.XIR2.17.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 076/19 Eingeschränkte Anwendung des ermäßigten Umsatzsteuersatzes bei gemeinnützigen Einrichtungen (2019.11.21) 非営利組織がビストロを経営し、公衆が利用することができ、障害者が働いている場合の、テイクアウト(Gastronomieumsätze)は軽減税率の対象とならない。


2020/06-12 波行政裁判所I SA/Po 935/19グループ内サービス費用支出の控除の可否
ポズナン行政裁判所Wojewódzki Sąd Administracyjny w Poznaniu (Poznań) 2020.2.6 (Symbol: 6560 | 6113 Podatek dochodowy od osób prawnych (法人税)) I SA/Po 935/19 英訳(taxsutra)


2020/06-11 シント・マールテン最高裁調査官2020.5.1賃金税の源泉徴収の範囲にチップを含むとする規定の効力
Advocate General of the Dutch Supreme Court in Sint Maarten conclusion (opinionではなく?) 2020.5.1 (未入手) 解説IBFD TNS 2020.6.10


2020/06-10 独BFH VIII R 4/17納税者が適正に申告した諸島を税務署が記録してない場合、更正処分を修正できない
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.1.14, VIII R 4/17, ECLI:DE:BFH:2020:U.140120.VIIIR4.17.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 025/2020 Keine Berichtigung des bestandskräftigen Einkommensteuerbescheids bei fehlender Erfassung der vom Steuerpflichtigen ordnungsgemäß erklärten Einkünfte 2020.5.28 | Abgabenordnung §129


2020/06-09 西最高裁ECLI:ES:TS:2020:1071西瑞租税条約PE定義の動的解釈の是非
スペイン最高裁Tribunal Supremo Nº de Resolución 308/2020 (Nº de Recurso 5448/2018) (2020.3.3) STS 1071/2020 - ECLI:ES:TS:2020:1071 (英訳taxsutra) (原語taxsutra) 解説IBFD TNS 2020.6.9スペイン法人のスイス支店が稼得した所得についてスペインで免税適格があるか。cf. STS 3062/2020 ⇒2020/11-24


2020/06-08 David T. Myers, 928 F.3d 1025笛吹
David T. Myers v. Commissioner, 928 F.3d 1025 (D.C. Cir. 2019.7.2) 解説 Carlton Smith, D.C. Cir. Myers Whistleblower Opinion Status Affecting Some Other Tax Court Cases (Procedurally Taxing 2019.12.16) cf. Kirik2021/06-26


2020/06-07 独BFH V R 57/17生命保険証書の中古市場売買はVAT非課税か
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.9.5, V R 57/17, ECLI:DE:BFH:2019:U.050919.VR57.17.0 解説 BFH Pressemitteilung Nummer 078/19 (2019.12.5) Steuerfreie Veräußerung von Kapitallebensversicherungen auf dem Zweitmarkt


2020/06-06 伊破毀院No. 7801/2020アメリカ法人たる銀行の伊PE帰属利得算定に当たりAOAを適用
イタリア最高裁(破毀院?)No. 7801/2020 (2020.4.14) (未入手) 解説Barbara Scampuddu & Gian Luca Nieddu, Italy confirms the authorised OECD approach for attributing profits to foreign bank PEs (ITR 2020.6.8)


2020/06-05 ナイジェリア租税裁判所Prime Plastichem Nigeria, No. TAT/LZ/CIT/015/2017移転価格利益指標
Prime Plastichem Nigeria Limited v. Federal Inrand Revenue Service, in the tax appeal tribunal Lagos zone Holden at Lagos, Appeal No. TAT/LZ/CIT/015/2017 (2020.2.19) 解説 Adarsh Rathi & Manish Gupta, Global Transfer Pricing Battleground: Nigeria Tax Appeal Tribunal ruling on selection of MAM and Profit Level Indicator (taxsutra 2020.6.5) 原告はプラスチックその他石油製品をVOL (Vinmar Overseas Limited:原告の関連会社)から輸入してナイジェリア顧客に転売する事業を営んでいた。


2020/06-04 Broadcom Semiconductor, CA 26342-01-16事業再編と移転価格
Broadcom Semiconductor Ltd. vs. Kfar Saba Assessing Officer, Israeli Central District Court, CA 26342-01-16, CA 2268-04-17 英訳 解説Ashwin Vishwanathan & Himanshu Bakshi, Global Transfer Pricing Battlegound: Israelli Court ruling in the case of Broadcom semiconductor Ltd on Business Restructuring (taxutra 2020.6.2)


2020/06-03 勃欧州人権裁判所Antonov, (58364/10)税還付の遅れ
Antonov v. Bulgaria, European Court of Human Rights (Application no. 58364/10) (2020.5.28) 解説IBFD TNS 2020.6.5


2020/06-02 1) Rank Group; 2) Done Brothers (Cash Betting), [2020] UKUT 117ゲーム機VAT
HMRC v. 1) The Rank Group PLC; 2) Done Brothers (Cash Betting) Ltd and Others, [2020] UKUT 117 (TCC) (2020.4.15) appealed from (1) The Rank Group plc, [2018] UKFTT 405 (TC) (2018.7.24); (2) Done Brothers (Cash Betting) Ltd, Tote (Successor) Company Ltd and Tote Bookmakers Ltd, [2018] UKFTT 406 (TC) (2018.7.25); HMRC policy paper: Revenue and Customs Brief 5 (2020): VAT treatment on fixed odds betting terminals and gaming machines (2020.5.26) 解説IBFD TNS 2020.6.3 参照Rang Group C-259/10Rang Group C-260/102015/07-15


2020/06-01 芬行政最高裁KHO:2020:35 グループ内取引を税務署が否認できる範囲
フィンランドSupreme Administrative Court Korkein hallinto-oikeus KHO:2020:35 (2020.4.2) ECLI:FI:KHO:2020:35 解説Taxsutra 2020.5.27 国際資金移動経路を再編成すべく、フィンランドに親会社(A社とする)のある国際的な企業グループがベルギーにA Finance NVをベルギーに設立した。A社は約2億ユーロの債権(グループ内ローン)をA Financeに譲渡し、代わりに株式を取得した。Group Tax Center(フィンランド課税庁内のグループ会社対応部署か?)は、A社がリスク管理等をしていると認定した。


2020/05-27 独BFH V R 36/19 VAT非課税の郵便
Der V. Senat des Bundesfinanzhof Urteil 06.02.2020, V R 36/19 (V R 30/19) ECLI:DE:BFH:2020:U.060220.VR37.19.0 解説 BFH bestätigt Umsatzsteuerbefreiung für förmliche Postzustellungen


2020/05-26 Vermilion, [2020] UKUT 162 (TCC)会社が助言者に付与した旧オプションが真オプションに切替った時
HMRC v Vermilion Holdings Ltd, [2020] UKUT 162 (TCC) (27 May 2020) 解説IBFD TNS 2020.5.29


2020/05-25 ウクライナ最高裁640/7490/19二重課税救済は源泉徴収税引後支払に適用されない
case No. 640/7490/19 (К/9901/36680/19) (2020.5.6) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.5.28


2020/05-24 独BFH VIII R 4/17納税者が適切に申告した所得を記録してなかったら税務署は所得税決定処分を修正できない
Bundesfinanzhof Urteil vom 14.01.2020 (VIII R 4/17) ECLI:DE:BFH:2020:U.140120.VIIIR4.17.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 25/20 vom 28. Mai 2020 Keine Berichtigung des bestandskräftigen Einkommensteuerbescheids bei fehlender Erfassung der vom Steuerpflichtigen ordnungsgemäß erklärten Einkünfte § 129 der Abgabenordnung


2020/05-23 蘭アムステルダム控訴審18/00318 en 18/00319 配当のbeneficial owner
Gerechtshof Amsterdam Zaaknummer 18/00318 en 18/00319 (2020.5.12) ECLI:NL:GHAMS:2020:1189 解説IBFD TNS 2020.5.26 オランダ法人X BVは国際金融グループの一員である。70億ドルでAEX株を購入した(購入に仏法人も関与していた)。その株をZ Plc(関連法人。英国法人)に貸した。X BVの配当源泉徴収税の相殺を、オランダ課税庁は、beneficial ownerではないという理由で拒絶した。


2020/05-22 伯最高裁AREsp 1618897 伯法人から非居住役務提供者(伯にPEなし)に対してした支払の源泉徴収税の有無
ブラジル最高裁第1部Superior Tribunal de Justiça (Agravo Em Recurso Especial 1618897)(レジュメだけ) (SP 2019/0334268-9) (2020.2.11 | 2020.2.13公表) 解説IBFD TNS 2020.5.26


2020/05-21 ケニア控訴審Kenya Nut Company, 58 of 2015 [2020]内国法人から販促外国法人への支払の源泉徴収
Kenya Revenue Authority & Commissioner of Domestic Taxes v. Republic (ex parte) Kenya Nut Company Limited, Civil Appeal No. 58 of 2015 [2020] eKLR (Court of Appeal at Nairobi, 2020.4.24) 解説IBFD TNS 2020.5.25 被告たるKenya Nut社は有限責任会社でありマカダミア・カシューナッツの生育、購入、加工業を国内外の市場にわたって営んでいた。被告が海外の販促代理人に支払った(といっても代理人が被告に支払うべき額から手数料分を控除するので源泉徴収できやしないと被告は主張している)手数料が源泉徴収税の対象となるか。


2020/05-20 独BFH VII R 6/18滞納処分時に滞納税額を示さず執行令状が無効となった場合、差押物件の差押も違法となる
Bundesfinanzhof Urteil vom 15.10.2019 - VII R 6/18 ECLI:DE:BFH:2019:U.151019.VIIR6.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 81/19 vom 19. Dezember 2019 Aufhebung des Durchsuchungsbeschlusses macht Sachpfändung rechtswidrig


2020/05-19 ケニア高裁Okiya Omtatah Okoiti事件番号156 of 2017課税庁の情報収集とプライバシー侵害の成否
Okiya Omtatah Okoiti v. the Honorable Attorney General and the Kenya Revenue Authority, High Court Petition Number 156 of 2017, decision 2020.2.20 解説IBFD TNS 2020.5.22


2020/05-18 ケニア控訴審Robert Anyisi [2020] eKLR [Civil Application No. 170 of 2018]課税庁差押制限
Kenya Revenue Authority v. Robert Anyisi; Nairobi City County Government (Interested Party), [2020] eKLR [Civil Application No. 170 of 2018] (2020.4.24判決) 解説IBFD TNS 2020.5.22


2020/05-17 英欧United Biscuits (Pensions Trustees) (C-235/19)年金基金管理役務のVAT仕入税額控除適格
United Biscuits (Pensions Trustees) Limited, United Biscuits Pension Investments Limited v. HMRC (C-235/19) Advocate General Pikamäe opinion (2020.5.14); Judgment (2020.10.8) 解説IBFD TNS 2019.5.20; IBFD TNS 2020.5.22


2020/05-16 独BFH XI R 21/18スーパーマーケット会員割引はVATに関し通常税率
Bundesfinanzhof Urteil vom 18.12.2019, XI R 21/18 ECLI:DE:BFH:2019:U.181219.XIR21.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 23/20[正しくは24/20であると思われる] vom 20. Mai 2020 Supermarkt-Rabattmodell "Mitgliedschaft" unterliegt umsatzsteuerrechtlich dem Regelsteuersatz


2020/05-15 独BFH II R 29/16訴訟で負けた場合の訴訟費用の相続税の課税標準からの控除
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.11.06 - II R 29/16 ECLI:DE:BFH:2019:U.061119.IIR29.16.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 23/20 vom 2020.5.22 Vergebliche Prozesskosten können bei der Erbschaftsteuer abgezogen warden


2020/05-14 葡欧Sonaecom SGPS (C-42/19)会社買収計画・資本政策諮問におけるVAT仕入税額控除
Sonaecom SGPS SA v. Autoridade Tributária e Aduaneira (C-42/19) Advocate General Kokott opinion (2020.5.14); Judgment (2020.11.12) 解説IBFD TNS 2019.4.15; IBFD TNS 2020.5.20 持株会社たるSonaecomが子会社に役務(VAT課税適状)を提供しており、或る会社の買収を計画した。会社債券発行に関する諮問役務を提供した。その役務に関する仕入税額控除を適用していた。しかし結局株式取得は実現しなかった。代わりに、社債発行で得た資本をグループ親会社にローンの形で提供したが、それはVAT非課税であった。


2020/05-13 クロアチア欧SA. 55577トン税
case No. SA. 55577


2020/05-12 丁SKM2020.105.ØLR移転価格TNMM暖簾の減耗
デンマーク東部高裁2020年1月13日判決事件番号B-1253-17 SKM番号SKM2020.105.ØLR(taxsutraの英文解説付き)


2020/05-11 PILCOM (Civil Appeal No. 5749 of 2012)クリケットW杯関連支払の源泉徴収納付義務肯定
インド最高裁PILCOM v. C.I.T. West Bengal-VII (Civil Appeal No. 5749 of 2012, 2020.4.29) 解説IBFD TNS 2020.5.18インド・パキスタン・スリランカ共催で1996 cricket world cupが開催された。Pak-Indo-Lanka Committee (PILCOM)が組織された。ホスト国は様々な国のcricket control boards and association(クリケット管理委員会)及びInternational Cricket Council (ICC)(事務所はLondon所在)に様々な支払をしなければならなかった。37試合中17試合がインド開催であった。課税庁はsections 194E(源泉徴収税率10%) and 115 BBA(海外スポーツ団体) of the Income Tax Act, 1961に基づき源泉徴収税納付をPILCOMに求めた。


2020/05-10 ケニアCoca-Cola Central East and West Africa (TAT NO. 5) [2018]国外関連会社への販促役務提供
Coca-Cola Central East and West Africa Limited v. the Commissioner Domestic Taxes (TAT NO. 5) [2018] (Tax Appeals Tribunal 2020.3.31) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.5.14 ケニア国外関連企業に提供した販促役務はVAT零税率適格である。


2020/05-09 以地裁ISP Financial Management (2020.3.30)イスラエル法人→スイス法人役務提供のVAT課税
ISP Financial Management Ltd v. Petach Tikva VAT Director, (Israeli District Court, 2020.3.30) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.5.12


2020/05-08 Bank of Montreal (2020 FCA 82)為替レート変更に関する損失についてのGAAR適用の是非
The Bank of Montreal v. The Queen, 2018 TCC 187 (2018.9.12); Canada v. Bank of Montreal, 2020 FCA 82 (2020.5.5) 解説IBFD TNS 2020.5.12


2020/05-07 Whirlpool, 154 T.C. No. 9販売所得へのCFC税制適用の可否
Whirlpool Financial Corporation & Consolidated Subsidiaries v. Commissioner of Internal Revenue, 154 T.C. No. 9, 2020.5.5解説IBFD TNS 2020.5.11; Whirlpool Owes On $50M In Foreign Income, Tax Court Rules (Law 360 2020.5.5)
 続報Whirlpool Financial Corporation; Consolidated Subsidiaries v. Commissioner of Internal Revenue, US Court of Appeals for the Sixth Circuit Nos. 20-1899/1900, 2021.12.6解説IBFD TNS 2021.12.7; Andrew Velarde, Circuit Leaves Whirlpool Out in the Cold in Branch Income Row, (Tax Notes Today Federal, 2021.12.7); Doug Connolly, Whirlpool profits routed through foreign subsidiary subject to US tax, court holds (MNE Tax 2021.12.7)


2020/05-06 伯連邦最高裁Súmula Vinculante 58非課税(又は免税)物品仕入は仕入税額控除不適格
ブラジル連邦最高裁Súmula Vinculante 58 (2020.4.27) 解説IBFD TNS 2020.5.11 IPI Imposto sobre Produtos Industrializados


2020/05-05 英欧Kaplan International Colleges (C-77/19)教育VAT非課税の適用範囲
Kaplan International Colleges UK Ltd v HMRC (C-77/19) Advocate General Kokott opinion (2020.4.23); Judgment (2020.11.18) 解説IBFD TNS 2019.4.8; IBFD TNS 2020.5.4 持株会社たるKaplan International Colleges UK Ltdは数多くの英国子会社(VAT非課税の教育役務提供)株式を100%保有している。香港法人Kaplan Partner Services Hong Kong Limitedを通じて学生をスカウトしている。英国子会社らと香港法人はcost sharingを締結した。


2020/05-04 伯最高裁Súmula Vinculante 57電子書籍非課税は合憲
ブラジル連邦最高裁Federal Supreme Court (Súmula Vinculante 57) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.5.4


2020/05-03 蘭ECLI:NL:GHSHE:2020:655オランダ法人からベルギー取締役に支払われた配当の源泉徴収税還付拒絶
オランダ控訴審Gerechtshof 's-Hertogenbosch, Zaaknummer 19/00297 (2020.2.20) (2020.4.28公開) ECLI:NL:GHSHE:2020:655 解説IBFD TNS 2020.5.1 オランダ法人からベルギー居住者取締役兼大株主に対し支払われた配当に係る源泉徴収税の還付請求を拒絶することは欧州機能加条約(TFEU)に違反しない。


2020/05-02 Toyota Kirloskar Auto Parts (1915/Bang/2017)技術の対価としてTNMMとPSMのどちらが適切か
Toyota Kirloskar Auto Parts Private Limited v. DCIT (Income Tax Appellate Tribunal, 2020.3.18, IT(TP)A No. 1915/Bang/2017) 解説IBFD TNS 2020.5.1 原告はインド法人であり自動車部品を製造しインド法人Toyota Kirloskar Motors Limitedに販売していた。日本法人Toyota Motor Corporation(みなし関連企業deemed associated enterprise)と国際取引をし、日本法人がノウハウを提供した。TNMM(Transactional Net Margin Method)が最も適切な方法であるとして適用していた。インド課税庁移転価格事務所(Transfer Pricing Office)は同意しなかった。納税者が使う技術の耐用年数が5年であり古い技術は消えるので日本法人は追加的な技術だけ対価を請求できると移転価格事務所は主張した。更に、TNMMが最も適切な方法であるのは5年ン期間の後だけであると主張し、PSM(Profit Split Method)を適用した。TNMMとPSMのどちらが最も適切な方法であるか。


2020/05-01 独BFH VIII R 34/16株式会社倒産時の株式無償償還による株主の損失控除
ドイツ連邦財政裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.12.3, VIII R 34/16, ECLI:DE:BFH:2019:U.031219.VIIIR34.16.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 21/20 vom 2020.4.30. Verluste aus dem entschä?digungslosen Entzug von Aktien können steuerlich geltend gemacht warden 株式会社の倒産計画で会社が株主から無償で株式を償還し資本金を零にし株主に以後の資本増加に対する参加権限を失わしめた場合の株主が被る損失は所得税法20条(2)(1)(1)及び20条(4)(1)により損失控除を主張できる


2020/04-21 U.A.E. Exchange Centre (Civil Appeal No. 9775 of 2011)非居住印人送金役務の印PE帰属利得
Union of India & Anr. v. U.A.E. Exchange Centre (Civil Appeal No. 9775 of 2011) (Supreme Court of India 2020.4.24) 解説IBFD TNS 2020.4.29 納税者たるU.A.E. Exchange CentreはUAEに居住する非居住インド人(non-resident Indians)に送金役務等を提供している。1997年に最初の連絡事務所をCochinに設立した。他の事務所も順次設立した。暫く0所得を申告した。Authority for Advance Rulingも申請した。


2020/04-20 リトアニア欧XT (C-312/19)組合の事業の業務執行組合員のVAT納税義務の範囲
XT v Lithuania (C-312/19) Advocate General Kokott opinion (2020.4.23); Judgment (2020.9.16) 解説IBFD TNS 2019.7.1; IBFD TNS 2020.4.29 XT社は共同事業契約を締結し5つの住居用建築物を建てることとした。費用の30%をXT社が、70%を他のpartnerが負担した。実際に事業をしていたのはXT社だけだった。


2020/04-19 Thomas Lohmeyer, 957 F.3d 505海外脱税調査の顧客情報収集、弁護士秘匿特権
Thomas Lohmeyer Law Firm PLLC v. USA, 957 F.3d 505 (5th Circuit Docket No. 505006, 2020.4.24) ←原審2019/05-10解説IBFD TNS 2019.5.17; IBFD TNS 2020.4.28; IBFD TNS 2020.12.18
 2021.10.4連邦最高裁上告不受理 docket no. 20-1596 解説IBFD TNS 2021.10.5


2020/04-18 独BFH I R 82/17欧州仲裁条約の下におけるドイツ・スペイン相互協議
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.9.25, I R 82/17, ECLI:DE:BFH:2019:U.250919.IR82.17.0 Verständigungsverfahren nach dem EU-Schiedsübereinkommen解説IBFD TNS 2020.4.28 ドイツの持株会社が関連企業たるスペイン法人からマーケティングサービスを受けており、両社の親会社は個人(別のスペイン法人の取締役)によって支配されていた。当該個人がドイツ法人が脱税幇助で有罪とされた。ドイツ法人が支払うサービス料はarm's lengthより高かった。スペイン法人は受領サービス料について課税されていたので欧州仲裁条約に基づく二重課税救済手続きを要請した。ドイツの権限ある当局は、欧州仲裁条約8条1項により個人が有罪の場合は手続が拒絶されると主張した。


2020/04-17 Loblaw, 2020 FCA 79カナダの外国銀行除外ルールによりCFC税制適用外とされた例
Loblaw Financial Holdings Inc. v. Canada, 2020 FCA 79 (2020.4.23); reversing 2018 TCC 182 (2018.9.7) 解説IBFD TNS 2020.4.24 Barbados子会社たるGBLについて


2020/04-16 独BFH V R 58/17保険商品ブローカー付加価値税非課税か
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2019.9.5, V R 58/17, ECLI:DE:BFH:2019:VE.050919.VR58.17.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 80/19 vom 2019.12.12 EuGH-Vorlage zur Umsatzsteuerfreiheit bei der Entwicklung und Vermittlung von Versicherungsprodukten


2020/04-15 独BFH III R 34/18ポーランドの児童扶養給付金がドイツで自動給付に算入される
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.7.25, III R 34/18, ECLI:DE:BFH:2019:U.250719.IIIR34.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 79/19 vom 2019.12.12 Anrechnung der polnischen Familienleistung "500+" auf das deutsche Kindergeld


2020/04-14 露仲裁裁判所A40-143296/19-107-2312金の延べ棒はVAT非課税ではない
Arbitration Court of Moscow case no. A40-143296/19-107-2312 (2020.3.5) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.4.21


2020/04-13 南ア最高裁Telkom (239/19) [2020] ZASCA 19為替差損とインセンティブボーナス控除不可
Telkom SA SOC Limited v The Commissioner for the South African Revenue Service (Case no. 239/19) [2020] ZASCA 19 (Supreme Court of Appeal 2020.3.25) 解説IBFD TNS 2020.4.16 原告(Telkom SA SOC)の完全子会社であるTelkom InternationalがNigeria居住者たるMulti-Links Telecommunications社の株式の75%を取得した。原告は残りの25%を取得し、合わせてMulti-Linksに米ドルで金銭貸付をした。Multi-Linksの業績は悪く、ついに原告と子会社は株式を第三者に譲渡し、原告は貸付金債権を第三者に100米ドルで譲渡した。原告はVelocitiに支払ったボーナスの控除も主張した。


2020/04-12 南ア最高裁Diageo South Africa (330/2019) [2020] ZASCA 34広告費のVAT:輸出免税不適用
Diageo South Africa (Pty) Ltd (Diageo) v. Commissioner for the South African Revenue Service (330/2019) [2020] ZASCA 34 (Supreme court of Appeal 2020.4.3) 解説iBFD TNS 2020.4.15 Diageo社は酒飲料の輸入、製造、販売業を営んでいる。外国のブランド企業と、南アフリカでの酒の広告宣伝契約を締結した。Diageoは南アフリカで当該ブランドの証憑、知財、装置、パッケージ、ラベルを利用できる。ブランド企業はブランドの維持向上のため広告宣伝に投資した。実際に作業したのはDiageoだった。DiageoはVAT0%としていたが南アフリカ課税庁はVAT法section 8(15)により国内提供として課税対象であると主張した。


2020/04-11 瑞連邦最高裁2C_344/2018スイス法人からBVI法人に支払われた配当の源泉徴収税の還付を墺居住者が請求
スイス連邦最高裁Schweizerisches Bundesgericht Urteil vom 2020.2.4 2C_344/2018 解説IBFD TNS 2020.4.9 原告たるオーストリア居住者個人はリヒテンシュタインの基金の創立者であり唯一の受益者であった。当該基金は第一パナマ法人の唯一の株主であった。後に覆るが、原告の兄弟が第二リヒテンシュタイン基金(第二パナマ法人を所有)を処分(設立?)した。二つのリヒテンシュタイン基金は第三パナマ法人の株式を半々ずつ保有していた。第三パナマ法人はBVI法人(British Virgin Islands)の唯一の株主であった。BVI法人は二つのスイス法人の唯一の株主であった。スイス法人は配当を支払い源泉徴収税を納付した。原告は瑞墺租税条約に基づきスイス源泉徴収税還付を部分的に受けることができるか。


2020/04-10 蘭高裁BK-18/00981二重居住法人がセント・マーチン島株主に払った配当はオランダで源泉徴収課税
オランダハーグ控訴審Gerechtshof 's-Gravenhage (2020.2.19) (BK-18/00981, BK-18/00982 & BK-18/00983) ECLI:NL:GHDHA:2020:281 解説IBFD TNS 2020.4.9 原告は1985年にオランダ法に基づき組成された会社である。原告は唯一の株主たるオランダ居住者個人によって管理されていたが、当該株主は2006年にSt. Maarten(Sint Maarten、Saint Martin)に移住した。2006年に原告の法令上の本拠はシンガポールに移転しシンガポール法人として扱われ課税されることとなった。


2020/04-09 独BFH XI R 13/18スロットマシーンの売り上げは付加価値税に服す
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.12.11.12, XI R 13/18, ECLI:DE:BFH:2019:U.111219.XIR13.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 20/20 vom 9. April 2020 Geldspielautomatenumsätze sind umsatzsteuerpflichtig


2020/04-08 BHP Billiton Limited ([2020] HCA 5)CFC税制とdual listing
BHP Billiton Limited v Commissioner of Taxation ([2020] HCA 5) (2020.3.11) Case Number: B28/2019; appealed from [2019] FCAFC 4 (2019.1.29) 解説IBFD TNS 2020.4.8; Australian Taxation Office, High Court confirms BHP Billiton Group members are ‘associates’ for tax purposes (2020.3.11); ATO wins appeal against BHP over tax owed by marketing arm (2019.1.29); Nassim Khadem, BHP loses tax case over Singapore marketing hub, hit with $125 million bill (ABC news 2020.3.11); Lance Cunningham & Meera Pillai, Australian High Court Clarifies Meaning of 'Sufficiently Influenced' in Tax Dispute (Bloomberg Tax 2020.6.18) BHP豪とBHP英はdual listing arrangement契約を締結し、一つの統合した事業体であるかのように共通の利害関係を持つことになっていた。取締役も共通であった。両社はスイス販売子会社(シンガポールでmarketing hub機能を営み、豪英も含めて商品の売買をしていた)の株式を有していた(豪58%英42%)。瑞社が英社(英社の豪子会社含む)から商品を買って転売して得た利益は豪でCFC税制の対象となるか(豪社→瑞社→転売利益が対象となるで争いなし)(争点は英社の豪子会社は関連会社か)。


2020/04-07 瑞連邦最高裁2C_510/2018年金支払い源泉徴収義務タイ
スイス連邦最高裁Schweizerisches Bundesgericht Urteil vom 2020.2.6 (2C_510/2018) 解説IBFD TNS 2020.4.7 スイスポストの子会社の元従業員がタイに居住していた。スイスポスト年金基金の年金支払いにつき源泉徴収義務があるとBern課税庁が主張した。


2020/04-06 瑞連邦最高裁2C_748/2018年金支払い源泉徴収義務フィリピン、スリランカ
スイス連邦最高裁Schweizerisches Bundesgericht Urteil vom 2020.2.20 (2C_748/2018) 解説IBFD TNS 2020.4.7スイス法人の年金受給者の一人がスリランカ、一人がフィリピンに居住していた。Bern州課税庁はスイス法人年金支払いに源泉徴収義務があると主張した。


2020/04-05 蘭仲裁裁判所А57-30537/2019露ウクライナ租税条約受益者否認
Arbitration Court of the Saratov District decision Case No. А57-30537/2019 (2020.3.13) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.4.6ロシア法人が親会社たるキプロス法人から金銭貸付を受けた。ロシア法人はキプロス法人に利子を支払い、そこから、British Virgin Islands, Seychelles Islands and Panamaの法人に利子が支払われた。究極受益者(ultimate beneficiaries)はウクライナ居住者たる二人の個人であった。ロシア法人は露ウクライナ租税条約の税率10%を適用したが課税庁が否認し国内法の20%税率を適用した。


2020/04-04 蘭ECLI:NL:GHSHE:2020:969蘭法人がマルタで管理されマルタで送金ベース課税を受けている場合の蘭での課税
Gerechtshof 's-Hertogenbosch (Zaaknummer 19/00142 t/m 19/00144) (2020.3.13) ECLI:NL:GHSHE:2020:969 (Formele relaties: Eerste aanleg: ECLI:NL:RBZWB:2019:597, Bekrachtiging/bevestiging) 解説IBFD TNS 2020.4.6原告はオランダ法に基づく有限会社である。2012年2月16日、登録事務所をオランダからMaltaに移転した。2012年、2013年、マルタに所得税の申告をした。国外所得でマルタに送金されてない所得は非課税なので、2012年、2013年の所得は0であった。2012年に譲渡損、2013年に譲渡益が生じた。2012年、オランダでの申告において、原告がオランダに設立されていた時の譲渡損を計上した。2013年に益を計上し、外国税額控除を主張した。課税庁は外国税額控除を否認した。マルタで送金ベース課税を選択し、実現した益がマルタに送金されなかったので、マルタで課税されたとはいえない。


2020/04-03 独BFH IX R 10/18: UEFA Champions League決勝チケットの転売に所得税が課せられる
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.10.29, IX R 10/18, ECLI:DE:BFH:2019:U.291019.IXR10.18.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 18/20 vom 2020.4.2 Weiterveräußerung von Tickets für das Finale der UEFA Champions League steuerpflichtig 原審Finanzgericht Baden-W?rttemberg Urteil vom 2018.3.2, 5 K 2508/17


2020/04-02 独BFH IX R 32/17欧州議会の選挙費用の控除が認められなかった事例
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.12.10, IX R 32/17, ECLI:DE:BFH:2019:U.101219.IXR32.17.0 解説 BFH Pressemitteilung Nr. 17/20 vom 2020.4.2 Wahlkampfkosten steuerlich nicht abziehbar


2020/04-01 露仲裁裁判所А40-282232/19-140-7336露蘭租税条約beneficial owner認否
Arbitration Court of Moscow Case No.А40-282232/19-140-7336 (2020.2.13) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.4.1ロシア法人→オランダ法人→カナダ法人の配当支払い


2020/03-32 独ニーダーザクセン租税裁判所6 K 69/17ポーランド支店の損失のドイツにおける利用
ドイツ租税裁判所Niedersächsisches Finanzgericht 6. Senat, Urteil vom 2019.11.28, 6 K 69/17, ECLI:DE:FGNI:2019:1128.6K69.17.00 解説IBFD TNS 2020.3.31原告たるドイツ有限会社(Gesellschaft mit beschränkter Haftung (GmbH))がポーランド支店(PE)を有していた。2010年に原告はポーランド支店を閉鎖しポーランドでの会社登録も抹消した。ポーランド支店の損失のドイツにおける控除が認められるか。Bundesfinanzhof Urteil vom 2017.2.22, I R 2/15, ECLI:DE:BFH:2017:U.220217.IR2.15.0によれば認められないが、租税裁判所は、A/S Bevola, Jens W. Trock ApS v. Skatteministeriet, (C-650/18) (EuGH (CJEU) 2018.6.12)に依拠し認めた。


2020/03-31 ルーマニア欧Terracult (C-835/18)税務調査後のインボイス訂正
SC Terracult SRL v. Romania (C-835/18) Advocate General Bobek opinion (2020.3.26); Judgment (2020.7.2) 解説IBFD TNS 2019.4.9; IBFD TNS 2020.3.31ルーマニア課税庁がDonauland社(後のTerracult社。ルーマニア法人)の税務調査をした。Donauland社からAlmos社(ドイツ法人)への菜種の供給について、域内国際供給ではなく国内供給であると認定し、標準税率が適用されるとした。Donauland社はVATをルーマニア課税庁に支払い、Almos社のドイツID番号でインボイスを再発行した。Almos社はルーマニア労特番号でのインボイスを求めた。Donauland社は旧インボイスを取消し、国内リバースチャージとしての新インボイスを発行した。


2020/03-30 露仲裁裁判所А40-108386/2019キプロス法人に支配された国内法人同士の債権債務関係における過小資本税制
Arbitration Court Moscow District Case No. А40-108386/2019, published 2020.2.25 (未入手) 解説IBFD TNS 2020.3.26


2020/03-29 独BFH V R 9/18無自動車島での馬車を使ったタクシーもVAT軽減税率(鉄道だけではない)
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.11.13, V R 9/18 解説Pressemitteilung Nr. 2/20 vom 2020.1.9 Umsatzsteuerermäßigung für Taxiverkehr mit Pferdefuhrwerken auf autofreier Insel


2020/03-28 独BFH IV R 59/16人的会社の事業譲渡の際の欠損金控除の事業引継要件
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.10.30, IV R 59/16 解説Pressemitteilung Nr. 4/20 vom 2020.1.30 Untergang von Gewerbeverlusten bei Betriebsverpachtung


2020/03-27 独BFH XI R 3/19 仕入税額控除制限を欧州司法裁判所CJEUへ回付
Bundesfinanzhof Beschluss vom 2019.9.18, XI R 3/19 解説Pressemitteilung Nr. 5/20 vom 2020.1.30 Vorsteuerabzug für ein Arbeitszimmer: Entspricht das Erfordernis der fristgebundenen Abgabe einer unternehmensbezogenen Zuordnungsentscheidung dem Unionsrecht? Az. XI R 7/19


2020/03-26 独BFH IX R 10/19自住用不動産を売った年に短期間賃貸していたとしても譲渡益非課
税Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.9.3, IX R 10/19 解説Pressemitteilung Nr. 16/20 vom 2020.3.26 Kurzzeitige Vermietung im Veräußerungsjahr begründet keine Steuerpflicht des Verkaufs der selbstgenutzten Wohnung "Zwischenvermietung" f?r die Anwendung der Ausnahmevorschrift des § 23 Abs. 1 Satz 1 Nr. 1 Satz 3 2. Alternative EStG unschädlich


2020/03-25 独BFH VI R 8/18通勤時の事故の治療費を必要経費として控除できる
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.12.19, VI R 8/18 解説Pressemitteilung Nr. 15/20 vom 2020.3.26 Krankheitskosten aufgrund eines Wegeunfalls sind als Werbungskosten abziehbar


2020/03-24 露А48-8351/2019事業再分化
Arbitration Court of Orlovskaya District case No. А48-8351/2019 (2020.2.13) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.3.25


2020/03-23 露最高裁5-KA19-66不動産地籍価格はVAT課税標準不算入
露最高裁case no. 5-KA19-66 (2020.2.5, published 2020.2.26) 解説IBFD TNS 2020.3.24


2020/03-22 独ボン地裁2020.3.18 "cum/ex trades"(配当付/配当落の取引)の有罪性
Landgericht Bonn 2020.3.18 (未入手) 解説IBFD TNS 2020.3.23 "cum/ex trades"(配当付/配当落の取引)の有罪性


2020/03-21 加最高裁Amazon v. Geneviève Gagnon (38842)誤徴収売上税返還請求集団訴訟の管轄
Amazon.com, Inc., Amazon.com.ca, Inc., Amazon Canada Fulfillment Services, Inc., Amazon Technologies, Inc. and Amazon.com LLC v. Geneviève Gagnon (Supreme Court of Canada, 2020.3.19, Case 38842) 解説IBFD TNS 2020.3.23 アマゾンが誤って徴収したとされるGST(goods and services tax)とQST(Québec sales tax)に相当する額の損害賠償を消費者保護法(Consumer Protection Act)により請求するクラスアクションの裁判管轄は州裁判所にあるか。Court of Appeal (2018 QCCA 2053)


2020/03-20 ウガンダ高裁Vivo Energy Uganda 2020.3.9賃借地賃料支払いの控除可能性
Vivo Energy Uganda Limited versus Uganda Revenue Authority, High Court 2020.3.9 (事件番号等不明、未入手) 解説IBFD TNS 2020.3.19 原告Vivo Energy Uganda Limitedが地主に支払った賃料とプレミアム(premium payment of UGX 771,656,368 and rent payments of UGX 4,691,505,907。プレミアムは一回払い、賃料は定期支払)について、Tax Appeals Tribunal(国税不服審判所か租税裁判所か不明)は、2020年12月21日(2019年であろう)、資本資産取得のための支払であり所得税法22条の下で控除できず52条2項により取得費に算入されると判断した。高裁は賃料の控除を認めた。


2020/03-19 独BFH VIII R 27/17外部データ保護事務員は弁護士であっても商業企業である
Bundesfinanzhof Urteil vom 2020.1.14 (VIII R 27/17) ECLI:DE:BFH:2020:U.140120.VIIIR27.17.0 解説BFH Pressemitteilung Nr. 14/20 vom 2020.3.19 Externe Datenschutzbeauftragte sind gewerbliche Unternehmer


2020/03-18 仏国務院435634行政庁解釈通達等に対する不服申立期間はオンライン発遣後2か月
Conseil d'État no. 435634 (2020.3.13) ECLI:FR:CESEC:2020:435634.20200313 解説IBFD TNS 2020.3.18 オランダ法人Hasbro European Trading BV|先例(Conseil d'État, 1998.2.11, No. 185804, Martin)では通達発遣が2か月時限のトリガーではないとされていた。


2020/03-17 独欧国家補助Hochschul Informations-System GmbH SA.34402
Hochschul Informations-System GmbH (State aid SA.34402 - 2015/C (ex 2015/NN)) (European Commission decision (EU) 2020/391 2019.9.20, published 2020.3.11) related court cases T-368/19 T-34/20


2020/03-16 仏国務院437122租税法上の罰金が比例原則違背で財産権侵害である
Conseil d'État no. 437122 (2020.3.10) ECLI:FR:CECHR:2020:437122.20200310 解説IBFD TNS 2020.3.17 Code général des impôts(一般租税法典)1764条(5年間建物を処分しない場合の法人所得税減税に係る法令遵守違反。資産価格の25%の罰金?[刑事罰?行政罰?]:amende dont le montant est égal à 25 % de la valeur de cession de l'actif)によって課(科?)された罰金が違反の程度に比例しておらず(montant d'amende disproportionné par rapport à la gravité du manquement)欧州人権条約第一議定書第1条の財産権(au droit au respect des biens garanti par les stipulations de l'article 1er du protocole additionnel ä la convention européenne de sauvegarde des droits de l'homme et des libertés fondamentales)を侵害している。課税庁の文書(BOI-CF-INF-20-10-20)は無効。


2020/03-15 英欧Blackrock Investment Management (C-231/19) 基金管理役務VAT非課税範囲
Blackrock Investment Management (UK) Limited v. HMRC (C-231/19) Advocate General Pikamäe opinion (2020.3.11); Judgment (2020.7.2) 解説IBFD TNS 2019.5.20; IBFD TNS 2020.3.17 Blackrock investment management (UK)はspecial investment funds (SIFs)その他の投資基金に関する基金管理役務を受けた。当該役務はBlackrock社に対しグループ内の別の会社(Blackrock Financial Management Inc英国法人)からAlladin(ITプラットフォーム)を経由して電気的に提供された。基金管理役務のうちのspecial investment funds管理に関わるものとしてVAT非課税か?


2020/03-14 独BFH II R 5/17生物的な父から相続した場合クラス1ではなくクラス3が適用される
Bundesfinanzhof Urteil vom 2019.12.5, II R 5/17 ECLI:DE:BFH:2019:U.051219.IIR5.17.0 解説Pressemitteilung Nr. 13/20 vom 12. März 2020 Erbschaft- und Schenkungsteuer: Maßgebende Steuerklasse beim Erwerb vom biologischen Vater 子が生物的な父(biologischen Vater)から相続した場合、子を優遇するクラス1(Steuerklasse I)ではなくクラス3(Steuerklasse III)が適用される。生前贈与の場合も同様である。§ 15 Abs. 1 Steuerklasse I Nr. 2 ErbStGは子に適用され、75000ユーロまで7%の税率が適用され、控除は40万ユーロ。Steuerklasse IIIの税率は30%で控除は2万ユーロ。本件の原告は娘にとって生命上の父ではあるが法律上の父ではなかった(der leibliche, aber nicht der rechtliche Vater)。法律上の父は別の男(娘が生まれた時に母と結婚していた)であった。


2020/03-13 Andrew Davies, [2020] UKUT 0067 (TCC)外国資産移転に英モーリシャス条約7条不適用
Andrew Davies and Others v. HMRC, [2020] UKUT 0067 (TCC) (2020.3.10) 解説IBFD TNS 2020.3.12 原告らはMauritius法人たるABP Properties Limited 35の生命保険証書に関する契約をしていた。英国非居住者にどこで所得が支払われようと資産移転があるので、問題の取引が国外資産移転に関する720条、721条(Income and Corporation Taxes Act 1988, ss 720 and 721 ITA 2007:国内租税回避対策規定)の範囲内であることについては争われなかった。動機(motive defence)が問題となった。租税回避目的の取引ではなかったという原告らの主張をFTTが斥けたことは誤りでないとUTは判断した。次に、英モーリシャス租税条約7条について。7条が英国課税を防いでいるのはABPについてであって原告についてではない。参照:Bayfine UK v HMRC, 13 ITL Rep 747, [2012] Bus LR 796, [2011] STC 717, [2011] EWCA Civ 304, [2012] 1 WLR 1630, [2011] STI 1208, [2011] BTC 242 (2011.3.23) & Bricom Holdings Ltd v. IRC, [1997] STC 1179, [1997] 70 TC 272 (1997.6.25).


2020/03-12 BHP Billiton, [2020] HCA 5シンガポールにマーケティングハブを置く
Commissioner of Taxation v BHP Billiton Limited, [2019] FCAFC 4 (2019.1.29); [2020] HCA 5 (2020.3.11) 解説ATO wins appeal against BHP over tax owed by marketing arm (2019.1.29); Nassim Khadem, BHP loses tax case over Singapore marketing hub, hit with $125 million bill (ABC news 2020.3.11)


2020/03-11 AT&T Advertising, 2020 U.S. Claims LEXIS 286電話帳広告収入と適格国内生産活動控除
AT&T Advertising, L.P., YP Advertising & Publishing LLC, Tax Matters Partner v. US, 2020 U.S. Claims LEXIS 286, US Court of Federal Claims, No. 16-272T, 2020.3.5 解説IBFD TNS 2020.3.10 "Yellow Pages" telephone directoriesの広告販売収入は、repealed section 199 of the US Internal Revenue Codeの下で適格国内生産活動控除(deduction for qualified domestic production activities)の適用を受けるか。


2020/03-10 Zomaron (2020 TCC 35)統合売上税非課税の金融役務の範囲
Zomaron Inc. v. The Queen (2020 TCC 35) (2020.2.28) 解説IBFD TNS 2020.3.9 HST (harmonized sales tax) = GST (goods & services tax) + PST (provincial sales tax) ZomaronがElavon(Elavon Canada Company)及びFirst Data(First Data Loan Company, Canada)に役務提供し受け取った手数料について統合売上税が課されない金融役務(financial service)の範囲であるかが争われた。Zomaronはカード決済支払役務「の為に調整された」("arranging for")仲介であると主張した。


2020/03-09 蘭欧Stichting Schoonzicht (C-791/18) 7アパートのうち4を非課税供給とした場合の仕入税額控除
Stichting Schoonzicht v. Staatssecretaris van Financiën (C-791/18) Advocate General Bobek opinion (2020.3.3); Judgment (2020.9.17) 解説IBFD TNS 2019.4.1; IBFD TNS 2020.3.9 原告たるStichting Schoonzicht基金はオランダで設立された。基金が保有する土地に7つのアパートを建てたことについて基金は支払いをした。アパートは2014年7月に引き渡された。基金はVAT仕入税額控除を主張した。2014年8月、基金は7つのアパートの打ち4つの賃貸についてVAT非課税供給とした。課税庁は4つについてVAT仕入税額控除を否認した。


2020/03-08 独BFH KAGG40a条1項第2文の遡及適用は違憲の疑い→BVerfGへ回付
ドイツ連邦憲法裁判所Pressemitteilung Nr. 12/20 vom 5. März 2020 Vorlage an das BVerfG: BFH hält rückwirkende Anwendung des § 40a Abs. 1 Satz 2 KAGG auf im Mai 2003 erfolgte Veräußerungen von Anteilscheinen aus einem Wertpapier-Sondervermögen für verfassungswidrig 参照BVerfG mit Beschluss vom 17.12.2013 ? 1 BvL 5/08


2020/03-07 独BFH III R 59/18大人(離婚した父又は母)は児童手当審査を断ることはできない
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil 2019.9.18, III R 59/18, ECLI:DE:BFH:2019:U.180919.IIIR59.18.0 BFH Pressemitteilung Nr. 11/20 vom 5. März 2020 Kein Zeugnisverweigerungsrecht volljähriger Kinder im Kindergeldprozess


2020/03-06 Jeffrey T. Maehr, 2020 U.S. Dist. LEXIS 34284税滞納者のパスポート取消の合憲性
Jeffrey T. Maehr v. United States Department of State, 2020 U.S. Dist. LEXIS 34284; 2020 WL 967754; US District Court for the District of Colorado, Civil Action No. 18-cv-02948-PAB-NRN (2020.2.28) 解説IBFD TNS 2020.3.4


2020/03-05 ナイジェリアPrime Plastichem Nigeria (TAT/LZ/CIT/015/2017)移転価格
Prime Plastichem Nigeria Limited (PPNL) Vs the Federal Inland Revenue Service (FIRS) (TAT/LZ/CIT/015/2017) (Lagos Tax Appeals Tribunal 2020.2.19) 解説IBFD TNS 2020.3.4 民間の有限責任会社であるPrime Plastichem Nigeria Limited (PPNL)はプラスチック・石油化学製品輸入業を営んでいる。関連会社であるVinmar Overseas Limited (VOL)はポリマー・石油化学製品の販売と流通業を営んでいる。2013-2014年度、PRNLはVOLとナイジェリアにおける化学製品供給・流通に関する関連当事者契約を締結した。PRNLはCUP法(comparable uncontrolled price method)を2013課税年度に選択した。しかし2014課税年度にTNMM (transactional net margin method)に変更した。2016年、課税庁は、2013・2014課税年度両方にTNMMが妥当するとし、2013課税年度のCUP法を否認した。PRNLと課税庁との間でTNMMに関する適切なPLI (profit level indicator)についても意見対立があった。


2020/03-04 仏国務院436392仏米租税条約における不動産:議定書明示の会社以外の会社
フランス国務院Conseil d'État no. 436392 (2020.2.24) (未公刊) 解説IBFD TNS 2020.3.4 フランス・ベルギー租税条約3条4項不動産使用料・譲渡益条項"the provisions of paragraphs 1 to 3 shall apply to income derived from the direct use, letting or leasing, or use in any other form of immovable property, including income from agriculture and forestry enterprises. They shall also apply to gains from the alienation of immovable property." 議定書2条で不動産管理会社(condominium real estate companies | sociétés immobilières de copropriété: CGI 1655 ter)株式も不動産として扱うこととなっている。フランス課税庁は、条約手引(BOI-INT-CVB-BEL-10-10, 130)において、議定書2条は限定列挙ではなくフランス不動産が主たる資産である他の会社にも当てはまる、との立場を採っていた。納税者は、他の会社の株式は動産扱いであると主張した。なお仏米租税条約にはOECDモデル租税条約13条4項に相当する規定(フランスの租税条約は大抵含んでいる)が含まれていなかった。


2020/03-03 Ott, 2020 U.S. Dist. LEXIS 32514外国金融口座報告義務懈怠
US v. Dennis R. Ott, 2020 U.S. Dist. LEXIS 32514 (2020.2.26) 解説IBFD TNS 2020.3.3 failure to file Reports of Foreign Bank and Financial Accounts (FBARs)


2020/03-02 露10АП-23856/2019イスラエルで納税したとの証明の不足
モスクワ仲裁裁判所Arbitration Appellate Court of Moscow Decision No. 10АП-23856/2019 (2020.2.3) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.3.3


2020/03-01 蘭欧C-331/19媚薬は食品としてVAT軽減税率の対象となるか
Staatssecretaris van Financiën v X (C-331/19) Advocate General Szpunar opinion (2020.2.27); Judgment (2020.10.1) 解説IBFD TNS 2019.7.29; IBFD TNS 2020.3.3 原告オランダ法人X社はカプセル・ドロップ・粉・スプレーといった口に入れるセックス刺激物を販売している。食品としてVAT軽減税率の対象となるか。


2020/02-19 独BFH(X R 12/18)§ 22 Nr. 1 Satz 3 Buchst. a Doppelbuchst. aa Satz 7 EStG高齢年金控除東西調整
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 03.12.2019 - X R 12/18 | BFH Pressemitteilung Nr. 10/20 vom 27. Februar 2020 Reguläre Anpassung der Renten im Beitrittsgebiet an das Westniveau


2020/02-18 露仲裁裁判所А11-10353/2016露子会社からキプロス親会社への配当支払いにつき受益者不認定
ロシアArbitrage Court of Volgo-Vyatsky District Case No. А11-10353/2016 (未入手) 解説IBFD TNS 2020.2.26


2020/02-17 露А27-12352/2018社債格付役務(Fitch and Moody's)VAT仕入税額控除否認
Arbitration Court of the Kemerovskaya District case No. А27-12352/2018 (2020.1.20) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.2.17


2020/02-16 仏国務院435907社会保障税に関する仏英租税条約の二重課税排除措置
Conseil d'État N° 435907 ECLI:FR:CECHR:2020:435907.20200212 Lecture du mercredi 12 février 2020 解説IBFD TNS 2020.2.14


2020/02-15 洪欧KrakVet Marek Batko (C-276/18)越境ペットフード販売の供給地
KrakVet Marek Batko sp. K. v. Nemzeti Adó- és Vámhivatal Fellebbviteli Igazgatósága (C-276/18) Advocate General Sharpston opinion (2020.2.6); Judgment (2020.6.18) 解説IBFD TNS 2018.9.3; IBFD TNS 2020.2.12 ポーランド法人たるKrakVet社がwebsiteを通じてハンガリーの顧客にペットフードを販売していた。KrakVet社はKrakVet社の関連会社である輸送会社(Krzysztof Batko Global Trade)を使用する機会を顧客に提供していた。KrakVet社は一定量を超える購入に対し割引を提供することで輸送費用を賄っていた。KrakVet社はポーランド課税当局と約束をしており、ハンガリー顧客への財の供給地はポーランドにある(EU VAT Directive 20006/112の32条)という約束であった。


2020/02-14 Estate of Daniel Wildenstein, etc., Docket No. 3423-18財産所在地
Estate of Daniel Wildenstein, Deceased, Royal Bank of Canada, Trust Company (Bahamas) Limited, as Successor Trustee of the Delta Trust v. Commissioner, US Tax Court, Docket No. 3423-18 (2020.2.3) 解説IBFD TNS 2020.2.10


2020/02-13 独BFH IX R 23/18会社株式譲渡益の誤りについて税務署長が更正できなくなる時
Bundesfinanzhof Urteil vom 10.12.2019 (IX R 23/18) 解説BFH Pressemitteilung Nr. 7/20 vom 6. Februar 2020 Keine Berichtigung des fehlerhaften Einkommensteuerbescheids bei ordnungsgemäßer Erkl&amul;rung eines Veräußerungsgewinns i.S. des § 17 EStG durch den Steuerpflichtigen 所得税法17条の譲渡益(Veräußerungsgewinns)について納税者が誤った申告をしたが"6 Augen-Prinzips"(六つの目の原則?)にもかかわらず"mechanischen Versehen"(機械的に見逃した?)場合、税務署長は国税通則法(Abgabenordnung)129条により最終租税決定を訂正することはできない。


2020/02-12 独BFH V R 23/19 (V R 62/17)監査役会の役員の事業者該当性
Bundesfinanzhof Urteil vom 27.11.2019 - V R 23/19 (V R 62/17) 解説BFH Pressemitteilung Nr. 6/20 vom 6. Februar 2020 Unternehmereigenschaft von Aufsichtsratsmitgliedern S社(S-AG)従業員がE社(E-AG)(S社が唯一の株主)の監査役会(Aufsichtsratsmitglied)の一員であり年2万ユーロの報酬を受けていた。事業者(Unternehmer)として付加価値税に服するか。事業者ではない。先例から変更。


2020/02-11 瑞連邦最高裁2C_518/2019仏法人が瑞法人から受けた配当に係る税の還付請求の根拠法
スイス連邦最高裁Bundesgericht (2C_518/2019) (Arrêt du 16 janvier 2020) 解説IBFD TNS 2020.2.6 原告たるフランス法人はZurichにPE(établissement stable en Suisse)を有していた。"reverse cash and carry"と呼ばれる金融取引を営んでいた。原告はスイス法人から配当支払いを受けた。分配法人は35%の予納税(impôt anticipé)を引いていた。原告はPEを通じて還付を請求した。スイス連邦課税庁はPEに帰属しないという理由で拒絶した。裁判所は仏瑞租税条約が予納税の還付の帰趨を決すると述べた。しかし条約には制限について記載がない。よって国内法による制限が適用される。配当予納税還付請求は、別の法的理由に基づいている。一方で、還付申請はスイスPEの外国法人の予納税還付を認めるスイス国内法に基づく。他方で、フランス法人が提出した還付申請について仏瑞租税条約に基づいて裁判所は判断しなければならない。還付申請は、条約に基づく予納税還付に適用される規定を妨げるものとは解されない。よって原告の請求を棄却。参照2C_249/20182019/07-17


2020/02-10 LINPAC, [2020] UKFTT 60 (TC)先に国内グループ救済が申請され後の越境救済申請が撤回された場合
LINPAC v. HMRC, [2020] UKFTT 60 (TC) (2020.1.31) 解説IBFD TNS 2020.2.5


2020/02-09 仏国務院423160不動産譲渡益税は外国(Kuweit)政府が間接保有の場合も免れない
フランス行政最高裁国務院Conseil d'État No 423160 (mercredi 22 janvier 2020) ECLI:FR:CECHR:2020:423160.20200122 解説IBFD TNS 2020.2.3


2020/02-08 仏国務院421913外国(Kuweit)政府がフランス利益生産活動に課税される
フランス行政最高裁国務院Conseil d'État No 421913 (mercredi 22 janvier 2020) ECLI:FR:CECHR:2020:421913.20200122 解説IBFD TNS 2020.2.3 一般租税法典で法人税が課される団体は有限責任会社(SA, SAS, SARL, etc.)、株式による有限責任組合、共同体、その他の利益生産の性質を有する活動(exploitation ou à des opérations de caractère lucratif|exploitation à caractère lucrative)を営む法人を含む。Kuwait (Koweït)政府がパリにオフィスを構え、そのオフィスがarm's lengthで商業会社に賃貸されている。Cf. 421914→2020/01-17


2020/02-07 韓最高裁2020.1.16ルクセンブルクSICAVs&SICAFsの租税条約受益者適格について
韓国最高裁2020年1月16日判決(未入手)解説IBFD TNS 2020.1.31


2020/02-06 以地裁26342-01-16組織再編否認失敗
Israel v. Broadcom (Lod District Court Case No 26342-01-16) (2019.12.9) 解説IBFD TNS 2020.1.30 アメリカ法人(Broadcom Corporation)がacquiring company、イスラエル法人(Broadcom Semiconductors Ltd、旧名Dune Semiconductors Ltd)がtarget companyである組織再編をイスラエル課税庁が移転価格のため否認しようとした、が、否認が認められなかった。参照Israel vs. Gteko Ltd (13 Sivan 5771) (2017.6.7) | Broadcom Semiconductor Ltd. v. Kfar Saba Assessing Officer | ITA Circular 15/2018


2020/02-05 白モンス控訴審2018/RG/454仏会社からの受取配当に係る源泉徴収税の税額控除権否定
ベルギー・モンス控訴審Cour d'Appel Mons, No. 2018/RG/454 (2019.6.28) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.1.30; Valérie-Anne de Brauwere & Laora Wautelet, Double imposition des dividendes français - Combien d'arrêts avant que l'administration ne prenne position ? (THALES 2020.1.28) 参照(No. F.15.0102.N)→2018/04-15


2020/02-04 白アントワープ控訴審2018/AR/1588仏会社からの受取配当に係る源泉徴収税の税額控除権
ベルギー・アントワープ控訴審Hof van Beroep Antwerpen, case no. 2018/AR/1588 (2019.12.17) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.1.29 参照Hof van Cassatie/Cour de Cassation, J.-H.L. and M.W. v. the Belgian State (No. F.15.0102.N)→2018/04-15


2020/02-03 白憲法院11/2020 Cash for Car違憲:不平等取扱い。
ベルギー憲法院(憲法裁判所?)Inter-Environnement Bruxelles and others v. Belgian State, Grondwettelijk Hof/Cour Constitutionelle, Arrêt no 11/2020 du 23 janvier 2020, Numéro du rôle: 7043 解説IBFD TNS 2020.1.29; La Cour constitutionnelle annule l'allocation de mobilité "Cash for Car"(Wolters Kluwer) 2018年3月30日法律(Loi du 30 mars 2018) (no. 54-2838)は2018年1月1日から遡及的に適用される。「Cash for Car」として知られるこの制度下で、従業員は社用車(voiture de société)を金に換えることができる。この金は社用車と同様に税制上扱われる結果、課税標準は社用車価値×6/7×20%となる。


2020/02-02 東京高H30.3.8訟月64-12-1794先物取引雑所得損失繰越控除の連年申告要件と期限後申告
第869回租税判例研究会橋本彩2020年2月21日報告東京高判平成30年3月8日訟月64巻12号1794頁棄却確定(原審長野地判平成29年9月29日税資267号順号13071訟月64巻12号1804号棄却) X氏は平成23年分の所得についてFX取引(先物取引)の雑所得に係る損失を申告した。平成24年分について申告し忘れた(なぜ忘れたか不明)。平成25年分について雑所得の損失の繰越控除を前提とした申告をした。税務署職員から、連年申告要件を満たさないと指摘された。平成25年分について損失の繰越控除なしの修正申告をした。平成24年分について期限後申告をした。平成24年分について期限後申告をしたので、平成25年分について損失の繰越控除を適用するための連年申告要件を満たすとし、Xは更正の請求をした。
 争点(1)租税特別措置法41条の15第3項「その後において連続して確定申告書を提出している場合」に該当するか否か。
 争点(2)更正の請求が国税通則法23条1項1号の要件を充足するか否か。
判旨 請求棄却、控訴棄却、確定
 争点(1)「本件特例の適用を受けるとした場合に当該年分において、その繰越控除の計算をし、先物取引に係る雑所得等の金額を確定させるためには、過去3年内の各年に係る「控除する先物取引の差金等決済に係る損失の金額」が確定している必要がある。そのため、先物取引の差金等決済に係る損失の金額が生じた年分の確定申告書を提出した後も確定申告書の連年申告要件を設け、当該繰越控除の適用を受けようとする旨の年分の確定申告書において必要な事項(施行令26条の26第4項)を記載して翌年以後において本件特例の適用を受ける旨を明らかにし、翌年以後において先物取引に係る雑所得等の金額の計算上控除することができる先物取引の差金等決済に係る損失の金額が確定している場合に限って、その適用を認めるものと解される。さらに、本件特例には、確定申告書の提出がなかった場合等においても、その提出等がなかったことについてやむを得ない事情等があり、後にその確定申告書等の提出等があったときには、本件特例の適用を認めるとする、いわゆる宥恕規定は設けられていないこと、確定申告書の連年申告の要件について、例えば、本件のように平成25年分の確定申告書を提出した後に、平成24年分の期限後申告がされたような場合でも、結果として連年申告の要件を充足すると解すると、期限後申告が通則法25条の規定する決定があるまでは、これを行うことができることから(通則法18条)、先物取引に係る課税雑所得等の金額及びこれに対して課される所得税の額が、それまでの間は確定しないこととなり、所得税の早期確定及び公平な賦課徴収の要請に反することになる。
 争点(2)「本件特例は、……措置法が特に認めた例外的規定であって、納税者がその適用を受けることを選択した場合に限って適用されるものにすぎないことから、本件特例の適用をすることなく記載された本件修正申告書について、課税標準等若しくは税額等の計算が国税に関する法律の規定に従っていなかった、又は当該計算に誤りがあったということはできない。
 平23申告→平24無申告→平25申告→平24期限後申告、が本件の事実経過である。これに対し、
 平23申告→平24無申告→平24期限後申告→平25申告、という順序であれば、連年申告要件を満たす、と実務上扱われているらしい(長島弘・月刊税務事例50巻11号44頁2018年…名古屋地判平成30年3月14日判例集未登載について)(フロアから、コンメンタールでも期限後申告で連年申告要件を満たすとされているらしい)。
 二重控除の可能性を指摘する『スタンダード所得税法』は、純損失の繰越控除(所得税法70条4項)・雑損失の繰越控除(所得税法71条2項)等に関し、本件の事実に近付けて状況を想定すると、平24期限後申告で追完することなく、平23申告→平24無申告→平25申告の段階で繰越控除を認めてしまうと、その後に平24期限後申告をした際に繰越控除の二重取りの可能性があることを指摘するにとどまるものであり、平23申告→平24無申告→平25申告→平24期限後申告のように、全ての証拠が揃った段階で二重控除の懸念は無いと考えられる。
 更正の請求について、社会保険料報酬(概算経費・実額経費の選択)に関する最判昭和62年11月10日訟月34巻4号861頁(申告書から選択の意思が見えなかった)、所得税額控除に関する南九州コカ・コーラ・ボトリング株式会社事件・最判平成21年7月10日民集63巻6号1092頁(申告書から選択の意思が見えていた)参照。
 私は、所得税法95条2項の外国税額控除の繰越(余裕枠の繰越又は超過額の繰越)について「各年」の申告を要求していることに関する東京地判平成25年11月19日判時2219号33頁棄却・東京高判平成26年3月26日税資264号順号12441棄却・最一小決平成26年12月18日税資264号順号12575不受理(木村弘之亮「外国税額控除繰越限度額」ジュリスト1483号120頁)(平19申告→平20申告の中で所得税法95条6項所定事項記載なし→平21申告で繰越を主張するも請求棄却)と本件との比較をしていただきたいと述べた。


2020/02-01 前橋地判H30.1.31判時2373-21給料等差押禁止は預金債権に承継されないが脱法的なら特段の事情あり
第868回租税判例研究会玉國文敏2020年2月7日報告 前橋地判平成30年1月31日判時2373号21頁判タ1453号161頁平成28(行ウ)5号一部認容、一部棄却、一部却下、確定Z999-8410(今本啓介「給料等受領目的の預金口座の預金債権の差押禁止財産該当性」税研208号292頁(35巻4号)等参照。)
 (1)債権差押処分の取消しを求める法律上の利益はないとした事例。不当利得返還請求で救済すれば足りるとした事例。
 (2)給料等差押禁止(国税徴収法76条1項及び2項)は給料が振り込まれた預金口座に承継されない(北見信用金庫事件・最三小判平成10年2月10日金判1056号6頁)が、脱法的な場合は違法と認められる特段の事情がありえ、当該特段の事情が認められるとして、不当利得返還請求を肯定した事例。
 (3)換価の猶予の取消し通知を行う義務(国税徴収法15条の6第2項、15条の3第3項)を怠った違法は認められないとした事例。
 (4)民法704条にいう悪意の受益者には該当せず利子相当分の返金は不要とした事例。
 (5)国家賠償法上の故意は認められないが過失は認められるとして違法を認定し、精神的損害と弁護士費用の賠償金の支払いを命じた事例。
 以下の判旨抜粋における下線は浅妻。
 (1)「処分の取消しの訴えは、当該処分の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者に限り、提起することができる(行政事件訴訟法九条一項)ところ、市県民税及び国民健康保険税に係る滞納処分による債権の差押えは、法に規定する滞納処分の例によることとされ、債権の差押えの場合、第三債務者に対する債権差押通知書の送達によって差押えの効力が生じ、差し押さえられた債権の取立てとして金銭を取り立てたときは、その限度において、滞納者から差押えに係る市県民税及び国民健康保険税を徴収したものとみなされるものとされている(地方税法四一条一項、三三一条六項、七二八条七項、法六二条一項、三項、六七条一項、三項)。そうすると、債権差押処分は、徴収吏員が差し押えた債権の取立てを行ったときには、その目的を達してその法的効果は消滅するものと解され、他に債権差押処分を理由に滞納者を法律上不利益に扱う法令の規定も存しないから、被差押債権の取立てにより債権差押処分の効果が消滅した後において、なお当該債権差押処分の取消しによって回復すべき法律上の利益はないというべきである。
 (2)a「〔1〕金融機関に対する預貯金債権は、預貯金口座開設者と金融機関との間の消費寄託契約に基づく債権であり、給料、賃金、俸給、歳費、退職年金及びこれらの性質を有する給与に係る債権(以下「給料等」という。)の支払請求権とは法的性質を異にすること、〔2〕給料等が受給者の預貯金口座に振り込まれると一般財産と混合し、識別特定ができなくなること、〔3〕地方税法四一条一項、三三一条六項、七二八条七項が準用する法七六条一項は給料等について、同条二項は給料等に基づき支払を受けた金銭について、それぞれの一部を差押禁止とする一方で、給与等の振込みにより成立した預金債権については何ら触れていないのであり、それにもかかわらず、預貯金債権まで差押禁止債権とすると、法の明文の規定なく責任財産から除外される財産を認めることとなりかねず、取引の安全を害するおそれがあること、〔4〕滞納者は、滞納処分により財産の換価によりその生活の維持が困難になるおそれ等がある場合には、換価の猶予(地方税法一五条の五)又は滞納処分の停止(同法一五条の七)を受けることも可能であることなどを考慮すると、原則として、給料等が金融機関の口座に振り込まれることによって発生する預貯金債権は、直ちに差押禁止債権としての属性を承継するものではないというべきである(最高裁判所平成九年(オ)第一九六三号・平成一〇年二月一〇日第三小法廷判決(以下「平成一〇年判決」という。)参照)。
 (2)b「もっとも、給料等が受給者の預貯金口座に振り込まれた場合であっても、法七六条一項、二項が給料等受給者の最低限の生活を維持するために必要な費用等に相当する一定の金額について差押えを禁止した趣旨はできる限り尊重されるべきであって、滞納処分庁が、実質的に法七六条一項、二項により差押えを禁止された財産自体を差し押さえることを意図して差押処分を行ったものと認めるべき特段の事情がある場合には、上記差押禁止の趣旨を没却する脱法的な差押処分として、違法となる場合があるというべきである。
 (2)c「被告が本件各差押処分に基づいて取り立てた一二万六二二六円は、支払を受けるべき法律上の原因を欠くこととなるから、被告はこれを返還する義務を負うというべきである。
 (5)「本件各差押処分は、具体的事情を考え併せると、実質的に給与自体を差し押さえることを意図してなされたものと認めるべき特段の事情があり、地方税法四一条一項、三三一条六項、七二八条七項、法七六条一項に反する脱法的な差押処分として違法であることは、既に説示したとおりであるから、前橋市長には上記注意義務を怠った過失があり、少なくとも本件各差押処分は、国賠法上も違法である。
 北見信用金庫事件・最三小判平成10年2月10日金判1056号6頁(差押禁止は預金債権に承継されない)に対し、民事なら、民事執行法153条で防御する方法があるが、本件のような公的な債権(市税、国民健康保険税等)の場合、民事執行法153条は使えない上に、(1)により債権差押処分取消請求も却下されてしまう。
 脱法的な債権差押については特段の事情ありとして救う流れ(本判決)と、権利濫用として救う流れ(前橋地判平成30年2月28日判自438号46頁の控訴審である東京高判平成30年12月19日判自448号17頁。但し結論としては濫用を認定しなかった)が、ある。収斂する気配はない。なお前橋市においてだけ同種の裁判が頻発している。  脱法的→特段の事情→国賠法上違法までは理解できるとしても、租税債権等の存在が確かであるにもかかわらず不当利得となる(法律上の原因を欠くこととなる)論理が、判旨から詳らかにならない、といった疑問がフロアから提起された。


2020/01-19 In re SKAT Tax Refund Scheme Litigation, 2020 U.S. Dist. LEXIS 12129デンマーク源徴不当還付
In re SKAT Tax Refund Scheme Litigation, 2020 U.S. Dist. LEXIS 12129, 18-cv-5053 (LAK) (US District Court for the Southern District of New York 2020.1.23) 解説IBFD TNS 2020.1.27 原告たるデンマーク課税庁(SKAT: The Customs and Tax Administration of the Kingdom of Denmark)がアメリカの年金基金を被告とし、詐欺的租税還付請求としてデンマーク法人株式に係るデンマーク源泉徴収税の還付を不当に受けたと主張した。裁判所は、被告が提出した反論書(counterclaim)を証拠採用しないとする原告の主張を認めた。


2020/01-18 瑞連邦最高裁2C_209/2017ルクセンブルク法人が英国法人からスイス法人株式を購入した例の受益保有者認否
スイス連邦最高裁Schweizerisches Bundesgericht 2C_209/2017 Urteil vom 16. Dezember 2019 (2019.12.16判決) 解説IBFD TNS 2020.1.27 ルクセンブルク法人たる原告がスイス上場会社株式投資に由来する配当を受領した。分配会社は配当額の35%の予納税を天引きしスイス課税庁に納税した。2009年、原告はスイス課税庁に還付を請求した。30%還付(相当の持分を有する法人株主に適用)か20%還付(ポートフォリオ投資に適用。15%はスイスに残る)か、の質問に答えていなかった。原告が配当の受益保有者(Nutzungsberechtigten) (bénéficiaire effectif) (beneficial owner)であるかが争点となった。原告は英国法人から配当直前に株式の権原の移転を受けていた。原告は当該英国法人に対し再移転保証のための支払債務を負っていた。更に原告は配当と同額の金員支払の債務を負っていた。参照判例:2C_895/2012 (2015.5.5)→2015/06/09


2020/01-17 仏国務院421914組合経由Kuwait政府稼得賃料所得へのフランス法人税の賦課
Conseil d'État no. 421914 (2020.1.22) 解説IBFD TNS 2020.1.27 クウェイト政府がフランス法の組合(sociétés civiles)を経由して稼得するフランス源泉賃料所得はフランス法人所得税に服さない。主権免税対象外たる商業活動ではない。Cf. 421913→2020/02-08


2020/01-16 仏憲法院2019-820 QPC富裕税の課税標準を直接保有住居につき30%減とすることの合憲性と組合経由保有
Conseil constitutionnel no. 2019-820 QPC (2020.1.17) (JORF n°0015 du 18 janvier 2020, texte n° 32 ECLI:FR:CC:2020:2019.820.QPC) 解説IBFD TNS 2020.1.27 富裕税の課税標準を直接保有住居につき30%減とする一方、組合(société civile immobiliére不動産民事会社)経由で住居を保有している場合に30%課税標準減が適用されなくても、合憲である。注意:本判決は旧法たる富裕税(impôt de solidarité sur la fortune財産連帯税)に関するものであり、2018年1月1日からは新法(impôt sur la fortune immobiliére不動産税)が適用される。


2020/01-15 西欧Banco de Santander (C-274/14)外国株式取得に係る金融資産の減耗
Banco de Santander, S.A. (C-274/14) Judgement (2020.1.1) 解説IBFD TNS 2014.9.18; IBFD TNS 2019.10.8; IBFD TNS 2020.1.24


2020/01-14 伊欧Societe Generale (C-565/18)金融取引税と役務提供の自由及び資本移動の自由
Société Générale S.A. v Agenzia delle Entrate - Direzione Regionale Lombardia Ufficio Contenzioso (C-565/18) Advocate General Hogan opinion (2019.11.28); Judgment (2020.4.30) 解説IBFD TNS 2018.12.3; IBFD TNS 2020.1.24 原告はイタリア支店を有するフランス法人であり、金融取引税の還付を求めた。


2020/01-13 Unilever Brasil, 16561.720100/2017-97蘭持株会社過小資本税制適用に係る実質的経済活動基準
Unilever Brasil Ltda. v. Nacional Treasury, Administrative Council of Tax Appeals (Conselho Administrativo de Recursos Fiscais) decision in Administrative Procedure 16561.720100/2017-97 (2019.12.31) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.1.24


2020/01-12 ウガンダAirtel, [2019] UGCA 2022係争税額の利子の賦課
Airtel Uganda Limited v. Uganda Revenue Authority, Court of Appeal decision 2019.11.12 (CIVIL APPEAL NO. 40 OF 2013) [2019] UGCA 2022 解説IBFD TNS 2020.1.23 原告Airtel社はテレコム業を営む。Airtel社はウガンダ課税庁(URA:Uganda Revenue Authority)の2004.2.25課税処分に異議を唱え係争税額の30%分を払った上でTax Appeals Tribunalに提訴した。Tax Appeals Tribunal及びHigh CourtはURAを勝たせ、残り70%分(UGX 428,269,883)の支払をAirtel社に命じた。URAは当該70%部分に係る利子相当額(UGX 1,555,836,915)を上乗せして請求した。Aritelは、Tax Appeals Tribunal及びHigh Courtが利子支払いを命じてないとして、再度High Courtに提訴した。High Court((HCT - 00 - CC - CS - 457 - 2010) [2012] UGCOMMC 129 (18 October 2012)であろうか?)は利子を認めた。Court of Appealは、利子を認めなかった。


2020/01-11 独欧SA.29150 "Sanierungsklausel"欠損金繰越制限国家補助非該当
SA.29150 Press Release (IP/10/180) (JOCE C/90/2010) | (IP/11/65) (JOCE L/235/2011) 解説IBFD TNS 2020.1.23 Cf. C-203/16 P, C-208/16 P, C-209/16 P & C-219/16 P


2020/01-10 独BFH II R 63/15社会保障税と事業税:合憲性
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 14.11.2018 - II R 63/15 ECLI:DE:BFH:2018:U.141118.IIR63.15.0解説Pressemitteilung Nr. 3/20 vom 23. Januar 2020 Solidaritätszuschlag und Gewerbesteuer 事業税は所得税の課税標準から控除されるのと比べ、被用者の社会保障税は事業者の社会保障税より不公平に重いか?


2020/01-09 Melford Capital General Partner, [2020] UKFTT 6 (TC)付加価値税グループ還付
Melford Capital General Partner Ltd v HMRC, [2020] UKFTT 6 (TC) (2019.12.30) 解説IBFD TNS 2020.1.21 Melford Capital Partners LLPが原告を保有し、原告はLimited Partnership (LPS)のgeneral partnerであり、そのLPSはHyde Park Hayes Ltd (HPH)株式を保有し、HPHはいくつものspecial purpose vehicles (SPVs)の株式を保有している。


2020/01-08 ベラルーシ最高裁2019.12.19
解説IBFD TNS 2020.1.20


2020/01-07 白欧Pantochim (C-19/19)清算中の会社のベルギー政府の対する還付請求権とドイツVATとの相殺
État belge v Pantochim SA, in liquidation (C-19/19) Advocate General Hogan opinion (2020.1.14); Judgment (2020.6.11) 解説IBFD TNS 2020.1.17 Pantochimは公開有限会社であり清算中である。清算手続中、ベルギー政府は、ドイツ政府による付加価値税債務(プラス利子)を主張した。このVAT債務は被担保債務とされた。ドイツ政府はこのVAT債務の徴収共助を依頼した。Pantochimはベルギー政府に対して租税還付請求権を有していた。ベルギー政府は、Pantochimに対する債務とドイツVAT債務との相殺を主張した。


2020/01-06 Adams Challenge (UK), 154 TC No 3 大陸棚外船舶時間貸し所得非課税拒絶
Adams Challenge (UK) Limited. v. Commissioner of Internal Revenue, 154 T.C. No. 3 (2020.1.8) cf. 156 T.C. No. 2→2021/01-14 解説U.K. Chartered Vessel Income Not Exempt From U.S. Tax Under Treaty (Tax Analysts 2020.1.9); IBFD TNS 2020.1.9


2020/01-05 白アントワープ控訴審2018/AR/1554蘭30%ルーリングによる非課税部分はベルギーで課税所得か(消極)
Hof van Beroep Antwerpen (Antwerp Court of Appeal) case no. 2018/AR/1554 (2019.11.26) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.1.6原告は2013〜2014年に出国者としてオランダにおいて雇われていた。オランダでは30%ルーリングにより給与の30%が領域外の費用に相当するとして非課税となっていた。原告はベルギーに納税申告する際に30%費用補償を含めていなかった。ベルギー課税庁は30%費用補償は隠れた給与に該当し申告に含めなければならないとして更正処分をした。


2020/01-04 News Corp UK & Ireland, [2019] UKUT 404 (TCC)電子新聞VAT0税率
News Corp UK & Ireland Limited v. HMRC, [2019] UKUT 404 (TCC) (2019.12.24); [2018] UKFTT 129 (TC) (2018.3.8) (⇒2018/03-46)から逆転 解説Philip Munn, Upper Tribunal rules that e-newspapers should be zero rated for VAT (2020.1.2); IBFD TNS 2020.2.19


2020/01-03 Vitaly Nikolaevich Baturin, 153 TC No 10露市民受領賃金の条約免税適格(積極)
Vitaly Nikolaevich Baturin v. Commissioner, 153 T.C. No. 10, 2019.12.18 解説IBFD TNS 2020.1.2


2020/01-02 ノルウェー最高裁HR-2019-2335-A年金管理役務のVAT非課税適格の有無(消極)
Gjensidige Pensjonsforsikring AS v. Skatteetaten (Norges Høyesterett (Supreme Court of Norway) case number HR-2019-2335-A) (decision on 2019.12.11) (未入手) 解説IBFD TNS 2020.1.2 原告たるノルウェー法人Gjensidige Pensjonsforsikring AS(Gjensidige社)は年金保険会社であり、デンマーク法人たるForsikringens Datacenterから役務提供を受けていた。ノルウェーVAT法3〜6条において、銀行・金融関連役務の非課税が規定されており、年金基金管理関連役務も非課税であった。


2020/01-01 札幌地H31.3.27平28行ウ31相続税納税猶予対象農地の「譲渡等」の意義
第867回租税判例研究会 平川英子 2020年1月17日報告 札幌地判平成31年3月27日平成28(行ウ)31号棄却 納税猶予の対象農地等の共有持分部分の移転は譲渡である。
 事実 被相続人Pの法定相続人はX(原告)、Q、R、S(後三者をまとめて「Qら」と呼ぶことがある)の四人。平成5年11月18日、PはXに遺産の全てを相続させる旨の公正証書遺言を作成した(Pの死亡年月日は不明)。Xは農地1〜農地8(「旧本件各農地」という)を相続した。Xは租税特別措置法(平成7年改正前)70条の6第1項に基づき「納税猶予の適用を受ける特例農地等の明細書」を添付し納税猶予額を4778万円と記載した申告書を平成6年12月9日に提出した。平成6年にXはQらから遺留分減殺請求を受けた。O税務署長は、原告の相続税額を4237万440円、猶予税額を4134万4800円とする更正処分をした。
 平成10年、農地3及び農地4に、牛舎等を建築する目的で転用許可(農地法4条)をし、T(Xの長男)所有名義の本件施設が建築された(「本件転用」という)(Xの持分は4636.875平米。4636.875÷6224.375=7.45%)。
 平成13年、XはQらと訴訟上の和解をした(「本件和解」という)。旧本件各土地のQらの共有持分と、農地9のXの共有持分とを交換した(「本件交換」という)。XはQらに本件交換の清算金を支払った。本件和解によりXからQらに8848.75平米(8848.75÷62224.375=14.22%)の農地が移転した。(7.45%+14.22%>20%)
 争点1 本件転用及び本件交換は租特70条の6第1項1号「譲渡等」に該当するか?
 争点2 Xが納税猶予の継続届出書を提出していたことが債務の承認に当たるか(相続税の徴収権の消滅時効が中断するか)?
 争点3 消滅時効中断の主張は信義則違反か?(割愛)
 判旨 争点1 本件転用について 「ア Tは,本件台帳上,本件施設の所有者として登録され,本件施設の固定資産税を納税していることに加え,自らの所得税の青色申告決算書において,本件施設を減価償却資産として計上している一方で,Xは,Tから本件施設を賃借した上,その賃料を支払っている……。これによれば,本件施設は,Xではなく,Tが所有していると認められる。
 そして,本件施設は,Xが所有する本件農地3及び本件農地4の各一部の上に存在するものの,Tは,Xに対し,本件施設に係る賃料等を支払っていない……。
 そうすると,Tは,本件施設を所有するために,Xが所有する本件農地3及び本件農地4の各一部を無償で利用していることになるから,Xは,Tに対し,「特例農地等」について,『使用貸借による権利〔中略〕の設定をし』た(改正前措置法70条の6第1項1号)といえ,本件転用は「譲渡等」に該当するということができる。

 本件交換について 「ア そもそも,租税法規は,みだりに規定の文言を離れて解釈すべきものではなく(最高裁平成22年3月2日第三小法廷判決・民集64巻2号420頁[ホステス報酬計算期間事件]),多数の納税者間の税負担の公平を図る観点から,法的安定性の要請が強く働くため,その解釈は,原則として文理解釈によるべきである。
 そこで,このことを踏まえて,本件交換が改正前措置法70条の6第1項1号の『譲渡』に該当するかを判断すると,本件交換は,本件農地9に係る原告の共有持分(『特例農地等』に該当するもの)をXからQらに移転する一方,本件農地1ないし本件農地8に係るQらの共有持分(『特例農地等』に該当しないもの)をQらからXに移転するものである。
 そして,一般に,資産を移転させる行為を(資産の)譲渡というところ,たとえ同時に『特例農地等』に該当しない農地を取得したとしても,『特例農地等』の所有権を第三者に移転する行為は,『特例農地等』を減少させるものであって,『特例農地等』の譲渡に当たると解するのが文理解釈にかなう。
 上記のように解した場合,『特例農地等』を喪失する代わりに,『特例農地等』とは異なる農地を取得し,実質的には,農業相続人の営農の実態に大きな変化がない場合であっても,納税猶予期限が確定する事態が生ずることとなるが,このような事態を防ぐために,買換え特例の制度が用意されているのであるから,農業相続人に大きな不利益が生ずるものではない。
 以上によれば,本件交換は『譲渡』に該当する。

 争点2 「イ 消滅時効における債務の承認とは,時効の利益を受ける当事者が,時効によって権利を喪失する者に対し,その権利が存在することを知っている旨を表示することであり,その旨の表示があればよく,時効を中断しようとする意思を必要としないと解される。
ウ 上記の各継続届出書に記載された引き続き納税の猶予を受けたい相続税額は,未だ納税猶予期限が到来していないものではあるが,これを記載して所轄税務署長に提出することによって,課税主体である国に対し,記載された金額の租税債権が存在することを表示したということができる。
 かかる租税債権は,将来的に免除される可能性のある租税債権ではあるものの,免除されることが確定的なものではなく,将来において納付義務が生じる可能性もあるものであり,免除の可能性があるからといって,権利の存在の表示がないことにはならない。


参照:所得税基本通達33-1の7(当時33-1の6)(共有地の分割)
参照:東京地判平成20年6月27日税資258号順号10979平成19(行ウ)704号棄却確定(共有物の分割が所得税法33条1項「譲渡」に該当する……「共有者相互間において共有持分の交換が行われたものと解する」)
参照:神戸地判平成28年3月16日税資266号順号12825事件番号不明棄却確定(租特70条の6第1項農地以外への転用……「本件土地の現在の状況は、社会通念に照らして、客観的にみた場合に、観賞用の庭園と評価するよりほかない」)
参照:東京地判平成31年2月5日平成29(行ウ)518号LEX/DB 25558569棄却・東京高判令和元年7月17日平成31(行コ)46号LEX/DB 25564171棄却(租特70条の6第1項農業経営廃止該当性。営農主体が個人から法人に変わったと評価された事例。)

 判旨は、「譲渡」を文言通りに解釈すべきであるという議論と、買い換え特例で救済が図られている(仕組み解釈なのか?)という議論を、同時にしている。結局、文言解釈なのか仕組み解釈なのか?
 所得税法33条1項「譲渡」は有償無償を区別しないが(名古屋医師財産分与事件・最判昭和50年5月27日民集29巻5号641頁)、租特70条の6第1項1号「譲渡」は贈与を含まないという違いは、所得税法33条1項「譲渡」との違いをもたらしうるか?所得税法33条1項「譲渡」に関しては資産が出ていくところだけに着目しているが、今回、交換で入ってくる資産(どっちにしても農地でしょというX側の主張)も注目に値するか?


2019/12-41 ウクライナ最高裁520/3060/19課税庁が算定した脱税(tax offence)罰則を裁判所が審査できる
Supreme Court, Resolution no. 520/3060/19 (2019.10.8 publish 2019.12.21) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.12.24


2019/12-40 チェコ欧Agrobet (C-446/18) 輸入者がmissing traderである場合の輸出免税による還付の有無
Agrobet CZ, s.r.o. v. Finanční úřad pro Středočeský kraj (C-446/18) Advocate General Kokott opinion (2019.12.19); Judgment (2020.5.14) 解説IBFD TNS 2018.9.17; IBFD TNS 2019.12.23 チェコ法人たるAgrobet社は農産品輸出入業に携わっていた。ポーランドへの菜種油の供給に際し輸出免税による還付を受けた。後にポーランドの買受人がmissing traderであると判明した。チェコ課税庁は、Agrobet社は詐欺的取引であると知っていた筈だ、輸出免税による還付は一つの期に関係しているので二分割できない筈だ、と主張した。


2019/12-39 ウクライナ826/12108/18付加価値税インボイス登録ブロックは違法
ウクライナ第六控訴審(?)Sixth Appeal Administrative Court case No. 826/12108/18 (2019.12.10) concerning Regulation No. 117 of 21 February 2018 (未入手) 解説IBFD TNS 2019.12.20


2019/12-38 仏国務院405496仏→独配当支払いに係る源泉徴収税
Conseil d'Éta no. 405496 ECLI:FR:CECHR:2019:405496.20191127 (2019.11.27) (lecture du mercredi 27 novembre 2019) 解説IBFD TNS 2019.12.20 フランス会社からドイツ有限責任組合員(?Vorwerk Elektrowerke GmbH et Co. KG)への配当支払い Cf. Sofina case: C-575/17 解説国際税務39巻1号7頁(2019.1)


2019/12-37 Redfern, 11th Cir., No. 19-12649 フランス政府SUMMONSES
William D. Redfern v. USA, US Court of Appeals for the Eleventh Circuit, No. 19-12649 (2019.12.17) 解説IBFD TNS 2019.12.19


2019/12-36 NZ Roberts, [2019] NZCA 654寄附金控除
Commissioner of Inland Revenue v. Roberts, [2019] NZCA 654 (Court of Appeal release 2019.12.17) 解説IBFD TNS 2019.12.18; Vickiammundsen, Donation tax credit clarification (Matters of Trust 2019.12.17)


2019/12-35 加最高裁British Columbia Investment Management (2019 SCC 63) Crown Corporation主権免税
Canada (Attorney General) v. British Columbia Investment Management Corp. (2019 SCC 63) (2019.12.13) 解説IBFD TNS 2019.12.18 British Columbia政府が保有する投資基金会社(BCIM)がGSTを課していなかった。カナダ連邦政府は、BCIMが投資役務についてGSTを課すべきであると主張した。下級審は、カナダ連邦政府がExcise Tax Actの下でBCIMに税の支払を強制できないとしてもBritish Columbia政府の同意があるのでBCIMは税を払うべき、と判断した。最高裁は下級審の判断を支持した。


2019/12-34 ナイジェリア連邦高裁FHC/L/CS/360/2018ホテル消費税
Federal High Court registered trustees of Hotel Owners and Managers Association v. Attorney General of Lagos State and the Federal Inland Revenue Service (FHC/L/CS/360/2018) (2019.10.3) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.12.17; Ukamaka Doris, Lagos Consumption Tax: Court to deliver Judgment April 15 (PRIME POST 2019.1.23); NAN, Court bars FIRS from enforcing VAT on goods consume in hotels (The Guardian Nigeria 2019.10.7)


2019/12-33 コロンビア憲法裁判所C-593不動産移転に係る消費税法改正:違憲
Constitutional Court decision C-593 (2019.12.5) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.12.13


2019/12-32 Ram K. Agrawal, 2019 US Dist LEXIS 212438; Reports of Foreign Bank and Financial Accounts
USA v. Ram K. Agrawal, 2019 U.S. Dist. LEXIS 212438, US District Court for the Eastern District of Wisconsin, Case No. 18-C-0504, (2019.12.9) 解説IBFD TNS 2019.12.11


2019/12-31 Barness v. Ingenious Media, [2019] EWHC 3299 (Ch)租税回避が失敗しても投資家は請求権なし
Barness & Ors v. Ingenious Media Ltd & Ors, [2019] EWHC 3299 (Ch) (2019.12.3) 解説IBFD TNS 2019.12.9


2019/12-30 Ping Zong (2019 TCC 270)英国社会保障賦課金の外税控除適格(消極)
Ping Zong v. The Queen (2019 TCC 270) (2019.11.28) 解説IBFD TNS 2019.12.9


2019/12-29 仏国務院423698仏法人から外国法人への非商業専門役務対価支払の源泉徴収とTFEU 56・57条
Conseil d'État 423698 (2019.11.22) 解説IBFD TNS 2019.12.4


2019/12-28 露最高裁No48 2019.11.26
Russian Supreme Court Resolution no. 48 (2019.11.26, publish 2019.12.2) 解説IBFD TNS 2019.7.5; IBFD TNS 2019.11.15; IBFD TNS 2019.12.3


2019/12-27 コロンビア憲法裁判所C-514税制改正合憲性審査
C-514 (未入手) 解説IBFD TNS 2019.12.3


2019/12-26 Endeavor Partners Fund, 2019 U.S. App. LEXIS 35351経済的実質法理で損失否認
Endeavor Partners Fund, LLC and Delta Currency Trading, LLC, Tax Matters Partners v. Commissioner of Internal Revenue, 2019 U.S. App. LEXIS 35351; __ F.3d __; 2019 WL 6314276, US Court of Appeals for the District of Columbia Circuit, No. 18-1275, 2018.11.26 解説IBFD TNS 2019.11.29


2019/12-25 Wilson, 2019 U.S. Dist. LEXIS 199902外国信託報告懈怠罰則
Emily S. Wilson, as Executrix of the Estate of Joseph A. Wilson, and the Estate of Joseph A. Wilson v. USA, 2019 U.S. Dist. LEXIS 199902; 2019 WL 6118013, US District Court for the Eastern District of New York, 19-cv-5037 (BMC) (2019.11.17 decided) (2019.11.18 filed) 解説IBFD TNS 2019.11.28 cf. IRS Form 3520 (Annual Return To Report Transactions With Foreign Trusts and Receipt of Certain Foreign Gifts)
 控訴審Emily S. Wilson, as Executrix of the Estate of Joseph A. Wilson, and the Estate of Joseph A. Wilson v. United States of America, 2nd Cir. Docket No. 20-603, 2021.7.28


2019/12-24 Cobalt Data Centre, [2019] UKUT 0342 (TCC)建設権
Cobalt Data Centre 2 LLP and Cobalt Data Centre 3 LLP v. HMRC, [2019] UKUT 0342 (TCC) (Upper Tribunal (Tax and Chancery Chamber) 2019.11.15) 解説IBFD TNS 2019.12.22


2019/12-23 波欧Dong Yang Electronics (C-547/18) VAT:韓国法人ポーランド固定施設への役務提供か
Dong Yang Electronics Sp. z o.o. v. Dyrector Izby Administracji Skarbowej we Wroclawiu (C-547/18) Advocate General Kokott opinion (2019.11.14); Judgment (2020.5.7) 解説IBFD TNS 2019.2.4; IBFD TNS 2019.11.21 韓国法人LG Display Co. LTDはポーランドでVAT登録を支、また、子会社を設立してTFT-LCD modules組立をしており、また、別の関連会社は韓国法人から製品を購入し欧州で販売をしていた。2010年、Dong Yang Electronics Sp. z o.o.は韓国法人と契約をし、集積回路組立をしLGポーランド子会社に提供する事を始めた。Dong Yangのインボイスは組立役務提供であることを示していなかった。Dong Yangは韓国法人のポーランドfixed establishmentに役務提供をしたのかポーランド子会社に役務提供をしたのか。


2019/12-22 丁東高裁SKM2019.537.ØLRデンマーク子会社からスイス法人へ支払った使用料の控除の可否
Østre Landsret (Eastern High Court) SKM2019.537.ØLR (2019.7.4, publish 2019.10.28) 解説IBFD TNS 2019.11.21


2019/12-21 仏国務院430543ドイツ有限責任組合Kommanditgesellschaftをフランスで有限責任組合として扱う
Conseil d'État No. 430543 (2019.11.8) ECLI:FR:CECHR:2019:430543.20191108解説IBFD TNS 2019.11.19フランス法人たるRoyal Canin SASはドイツのRoyal Canin Tiernahrung GmbH & Co KG (Kommanditgesellschaft)(ドイツで透明扱いなのでentity段階で非課税でありmember段階が課税される)のKommanditistである。フランス課税庁はフランス法人が配当を受領したものとして扱おうとしたが、裁判所はsociété en commandite simple(フランスで非透明扱いで法人税の課税対象となりmember段階は非課税)として扱えと命じた。


2019/12-20 白控訴審2019.10.1減資を課税対象配当所得に性質変更する更正処分の是非
Hof van Beroep Gent (2019.10.1) 事件番号不明、未入手 解説IBFD TNS 2019.11.19 参考判例Grondwettelijk Hof/Cour Constitutionelle (2013.10.30) No. 141/2013 two joined cases (Nos. 5487 and 5497)


2019/12-19 独欧Golfclub Schloss Igling (C-488/18)ゴルフ倶楽部とVAT非課税スポーツの範囲
Finanzamt Kaufbeuren mit Außenstelle Füssen v. Golfclub Schloss Igling e.V. (C-488/18) Advocate General Hogan opinion (2019.11.7); Judgment (2020.12.10) 解説IBFD TNS 2018.10.29; IBFD TNS 2019.11.13


2019/12-18 チェコ欧AURES Holdings (C-405/18)オランダ法人から承継した欠損金の利用の可否
AURES Holdings, a.s. v Odvolací finanční ředitelství (C-405/18) Advocate General Kokott opinion (2019.10.17); Judgment () 解説IBFD TNS 2019.11.5チェコ法人たる原告AURESはオランダ法人AAA Auto Group N.V.承継会社であり支店であった。オランダで欠損金を抱えていたが、管理の場所をオランダからチェコに移した(登録事務所は移してない)。オランダでは経済活動が無くなったのでオランダで欠損金の利用可能性が無くなった。チェコ内での欠損金しか利用できないとするチェコ租税法令は設立の自由に反するか。


2019/12-17 コロンビア憲法裁判所 大規模金融機関surchareg合憲
事件番号、日時等不明 解説IBFD TNS 2019.1.21; IBFD TNS 2019.11.5


2019/12-16 コロンビア憲法裁判所2019.10.22 C-493/19簡素化税制合憲
Constitutional Court Official Communiqué 44 decision C-493/19 (2019.10.22) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.11.5; IBFD TNS 2019.11.19


2019/12-15 Addy, [2019] FCA 1768バックパッカー税は豪英租税条約無差別原則違背
Addy v Commissioner of Taxation, [2019] FCA 1768 (Federal Court 2019.10.30) 解説IBFD TNS 2019.11.1; 31 Oct 2019 UK DTA puts a hole in the backpacker tax (The Tax Institute)
 オーストラリア連邦裁判所大法廷(?)Commissioner of Taxation v. Addy, [2020] FCAFC 135 (Full Federal Court, 2020.8.6) 政府ATO welcomes decision of Full Federal Court in the matter of Addy v Commissioner of Taxation (QC 63380, 2020.8.7) 解説IBFD TNS 2020.8.11


2019/12-14 露仲裁控訴審A40-49647/19 CFCリスト提出義務懈怠か
ロシア仲裁控訴審?Arbitration Appellate Court of Moscow decision no. 09АП-41791/2019 (case no. A40-49647/19) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.31ロシア法人が三つの被支配外国法人(CFC)リストを提出し、続いてリストを更新して14の被支配外国法人リストを提出した。


2019/12-13 Eaton, 153 TC No 6移転価格調整懈怠の罰則賦課を否定
Eaton Corporation and Subsidiaries v. Commissioner, 153 T.C. No. 6 (2019.10.28) 解説IBFD TNS 2017.7.28; IBFD TNS 2019.10.30


2019/12-12 墺連邦租税裁判所RV/2101287/2017燃料カードchain transaction Kettentransaktion
Bundesfinanzgericht vom 22.5.2019, RV/2101287/2017 解説IBFD TNS 2019.10.30 参照Vega International Car Transport and Logistic (C-235/18)


2019/12-11 ウクライナ第六行政控訴審826/9966/18取引の真の性質を証明する責任:仕入税額控除
第六行政控訴裁判所?Sixth Appeal Administrative Court case No. 826/9966/18 (2019.10.10) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.28


2019/12-10 勃欧GVC Services (Bulgaria) EOOD (C-458/18)設立の自由:英国法人とジブラルタル法人との比較
GVC Services (Bulgaria) EOOD v. Direktor na Direktsia Obzhalvane i danachno-osiguritelna praktika Sofia (C-458/18) Advocate General Hogan opinin (2019.10.24); Judgment (2020.4.2) 解説IBFD TNS 2018.9.24; IBFD TNS 2019.10.25 ブルガリア法人たる有限責任会社GVC Service社の唯一の親会社はジブラルタル法人PGB Limitedである。英国法人への配当支払いと同様に、ジブラルタル法人への配当支払いについても源泉徴収課税が禁ぜられるか。設立の自由違反か。


2019/12-09 葡欧IDEALMED III - Serviços de Saúde (C-211/18)医療役務提供者の仕入税額控除
IDEALMED III - Serviços de Saúde, S.A. v Autoridade Tributária e Aduaneira (C-211/18) Advocate General Maciej Szpunar opinion (2019.10.10); Judgment (2020.3.5) 解説IBFD TNS 2018.7.9; IBFD TNS 2019.10.23; IBFD TNS 2020.3.5 非課税医療役務提供者は課税事業者となることを2016年3月31日迄選択することができた。


2019/12-08 コロンビア憲法裁判所2019.10.22OECD加盟合憲
解説IBFD TNS 2019.10.23


2019/12-07 丁欧SA.33159 Fat TaxはState Aidでない
SA.33159


2019/12-06 白憲法院138/2019証券口座税は平等原則違背で違憲
ベルギー憲法裁判所Cour Constitutionnelle arrêt 138/2019 (2019.2.19) 解説IBFD TNS 2019.10.21


2019/12-05 ウガンダ高裁Target Well Control Uganda (HCCS No. 751 of 2015)英国法人へのリース料等支払い
Target Well Control Uganda Limited v. Uganda Revenue Authority (HCCS No. 751 of 2015) (High Court of Uganda, 2019.6.19) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.18 原告TWCU社は掘削機械を関連企業たるTarget Well Control UK社から借りレンタル料を支払っていた。原告は機械リース支払は租税条約の下で源泉徴収税の対象外であると主張した。役務提供の対価についても争われた。


2019/12-04 丁租税裁判所?SKM2019.499.LSRデンマークに住居を有しデンマーク居住者でない個人が海外で働く
デンマーク国税不服審判所?租税裁判所?Landsskatteretten (SKM2019.499.LSR) (2019.2.20, publish 2019.10.10) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.17


2019/12-03 コロンビア憲法裁判所D-3207税制改正違憲
コロンビア憲法裁判所Constitutional Court Official Communiqué D-3207 (decision C-481/19) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.17


2019/12-02 東京地R1.6.27平28行ウ508 TPR株式会社事件・法人税法132条の2適用例
第866回租税判例研究会 西本靖宏2019年12月20日報告 東京地判令和元年元年6月27日平成28(行ウ)508号棄却(D1-Law28273649) (控訴審でも棄却らしい。未確認) 先行評釈:谷口勢津夫・ジュリスト1538号10-11頁 旧A社から新A社に従業員等を移転した後、原告(X社)が旧A社を適格合併(特定資本関係5年超要件を満たす)をしたが、法人税法132条の2の適用により、欠損金引継が否認された事例。
 法人税法132条に関し経済合理性基準(純経済人として不合理不自然な取引等)が採用されてきた一方、ヤフー事件の一審・控訴審は趣旨目的基準を採用していたが、ヤフー事件最一小判平成28年2月29日民集70巻2号242頁(とICDF事件・最二小判平成28年2月29日民集70巻2号470頁。但し本判決はヤフー事件のみを引用)は濫用基準を採用した。しかし本判決は趣旨目的基準に戻ってしまったのではないか、として評者は本判決を非難する。
 事業継続要件が資産に対する支配の継続性にも及ぶと論ずるにあたり、本判決の「当該移転資産等の果たす機能の面に着目するならば」が鍵であろう、との指摘がフロアからなされた。


2019/12-01 東京高判平成30年5月17日平成29(行コ)386号
第865回租税判例研究会 田島秀則2019年12月6日報告 東京高判平成30年5月17日平成29(行コ)386号 (原審東京地判平成29年12月6日税資267号順号13096平成28(行ウ)10号) 欠席


2019/11-33 G2A.COM Sp. (3rd Cir. No. 18-3401)ポーランド課税当局の調査要請拒絶
G2A.COM Sp. z o.o. (Ltd.) v. USA, No. 18-3401 (3rd Cir., 2019.10.15) 解説IBFD TNS 2019.10.16


2019/11-32 チェコ欧Herst (C-401/18) 疑わしきは主権国家に有利にprinciple of in dubio mitius
Herst, s.r.o. v Odvolací finanční ředitelství (C-401/18) Advocate General Kokott opinion (2019.10.3); Judgment (2020.4.23) 解説IBFD TNS 2018.8.20; IBFD TNS 2019.10.14 チェコ法人たるHerst社は燃料供給に関するA-B-C chain取引に参加していた。燃料輸出に関するVAT仕入税額控除を主張した。供給地(place of supply)はチェコ国内(納税者側主張)か否(非課税域内供給。課税庁側主張)か。チェコ憲法は、複数の解釈の可能性がある場合、課税庁の解釈が優先するとしている。


2019/11-31 ウルグアイ行政最高裁Philips Uruguay 2019.7.25 事業譲渡の移転価格
ウルグアイ行政最高裁Tribunal de lo Contencioso Administrativo, Philips Uruguay S.A. v. Estado Ministerio de Economía y Finanzas (2019.7.25) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.11


2019/11-30 丁国税不服審判所SKM2019.492.SRドイツ集合投資基金に投資した持分の譲渡益課税を時価主義で
デンマーク国税不服審判所(?)National Tax Board of Denmark (Skatterådet) SKM2019.492.SR (リンク繋がらない) (2019.8.27) (publish 2019.10.7) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.10


2019/11-29 Angelo Paletta (2019 TCC 205)ハリウッド映画に投資した同族会社の損失控除の可否
Angelo Paletta v. The Queen (2019 TCC 205) (2019.10.1) 解説IBFD TNS 2019.10.10


2019/11-28 伊破毀院n. 23674 EU外から財を輸入し国内で無料で配布する際の輸入VAT納付義務の有無
イタリア最高裁(破毀院)Corte Suprema di Cassazione n. 23674 (2019.9.24) 解説IBFD TNS 2019.10.9


2019/11-27 Joseph S. Bellwood And Jacqueline E. Bellwood, T.C. Memo. 2019-135パイロット居住地
Joseph S. Bellwood And Jacqueline E. Bellwood v. Commissioner, T.C. Memo. 2019-135 (2019.10.7) 解説IBFD TNS 2019.10.8


2019/11-26 ナイジェリア租税裁判所Earth Moving International (TAT/C2/CIT/030/2018)異議申立の期間制限
Nigeria Tax Appeal Tribunal Earth Moving International Limited v. Federal Inland Revenue Service (TAT/C2/CIT/030/2018) (2019.9.17) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.8


2019/11-25 希行政最高裁1880/2019 & 1888/2019社会保障制度の合憲性審査
Supreme Administrative Court judgments no. 1880/2019 and no. 1888/2019 (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.8


2019/11-24 西欧Banco de Santander (C-274/14)金融業の暖簾
Banco de Santander, S.A. (C-274/14) Advocate General gan opinion (2019.10.1); Judgment () 解説IBFD TNS 2014.9.18; IBFD TNS 2019.10.8


2019/11-23 Weschenfelder, T.C. Memo. 2019-133イラク独での国外所得免税の不適用
Elena Lea Morgan Weschenfelder & Frederick Burkhart Weschenfelder v. Commissioner, T.C. Memo. 2019-133 (2019.10.3) 解説IBFD TNS 2019.10.4


2019/11-22 グァテマラ憲法院Escalas Mercantiles Innovadoras 課税庁が銀行から直接納税者情報を得る事の合憲性
Escalas Mercantiles Innovadoras, Sociedad Anónima (Guatemala, Corte de Constitucionalidad 209.8.5) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.10.2


2019/11-21 James M. Cambria, T.C. Summary Opinion 2019-28アフガニスタン居住か
James M. Cambria v. Commissioner, T.C. Summary Opinion 2019-28 (2019.9.30) 解説IBFD TNS 2019.10.1


2019/11-20 洪欧Google Ireland (C-482/18)広告税と登録義務
Google Ireland Limited v Nemzeti Adó- és Vámhivatal Kiemelt Adó- és Vámigazgatósága (C-482/18) Advocate General Kokott opinion (2019.9.12); Judgment (2020.3.3) 解説IBFD TNS 2019.10.1 広告税の登録義務不履行の罰則が、国内の同種の企業と比べて高すぎる(2000倍)と原告は主張した。


2019/11-19 ジンバブエ高裁2019.9.18送金税無効化
High court of Zimbabwe 2019.9.18 (未入手) 解説IBFD TNS 2019.9.30


2019/11-18 蘭最高裁18/048500英国政府勤務でオランダに移住した人が受ける年金
Hoge Raad der Nederlanden (Zaaknummer 18/048500) (2019.9.17) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.9.30 原告(納税者)は英国国籍を持ち2013年7月8日からオランダ居住者である。1998年〜2003年、英国政府組織のために働いていた。2014年に英国年金から金員を受けた。2008年条約30条4項による二重課税救済の恩恵の対象となるか。


2019/11-17 仏憲法院2019-804 QPC (2019.9.27)
Conseil constitutionnel (Décision no. 2019-804 QPC du 27 septembre 2019) decision on article L. 228 Livre des procédures fiscales


2019/11-16 モルドバ最高裁 VAT還付請求要件不備についての罰則適用の可否
Supreme Court of Justice decision (published 2019.9.19) (事件番号等不明、未入手) 解説IBFD TNS 2019.9.26 VAT還付の要件を満たしてない――財・サービスのoriginを明らかにしない等。課税庁による罰則賦課を納税者が争った。


2019/11-15 蘭欧Köln-Aktienfonds Deka (C-156/17)配当源泉徴収税還付
Köln-Aktienfonds Deka v. Staatssecretaris van Financiën (C-156/17) Advocate Geeral Pitruzella opinion (2019.9.5); Judgment (2020.1.30) 解説IBFD TNS 2019.1.23; IBFD TNS 2019.9.25 Dekaはドイツ法に基づいて設立された投資基金(Sondervermögen)である。UCITS(undertaking for collective investment in transferable securities)である。Dekaはオランダ居住エンティティの株式を保有し配当を受け15%の源泉徴収課税を受けていた。Dekaはオランダ課税庁に還付を請求した。


2019/11-14 蘭欧Netherlands (T-760/15) Starbucks国家補助金
Netherlands v. Commission (T-760/15) 解説IBFD TNS 2015.10.21; IBFD TNS 2016.2.16; IBFD TNS 2019.9.24; Tom O'Shea, Starbucks - General Court Judgment: Comments and Analysis, The EC Tax Journal, Vol. 17, 2016-17, pp. 313-327


2019/11-13 ルクセンブルク欧Luxembourg (T-755/15) & Fiat Chrysler Finance Europe (T-759/15)
General Court of the European Union (2019.9.24) Luxembourg v. Commission (T-755/15) & Fiat Chrysler Finance Europe v. Commission (T-759/15) 解説IBFD TNS 2015.10.21; IBFD TNS 2016.2.17; IBFD TNS 2019.9.24
 Ireland v. Commission (C-898/19 P) and Fiat Chrysler Finance Europe v Commission (C-885/19 P) Advocate General Priit Pikamäe opinion (2021.12.16) ECLI:EU:C:2021:1028 ECLI:EU:C:2021:1029; Judgment () 解説IBFD TNS 2020.2.11; IBFD TNS 2021.12.16; IBFD TNS 2021.12.20


2019/11-12 ウクライナ最高裁821/2067/17外国政府から送られた文書の管理
ウクライナ最高裁Supreme Court 2019.7.2 Case No. 821/2067/17(繋がらない) (issue 2019.8.28) 解説IBFD TNS 2019.9.23


2019/11-11 ノルウェーskatteklagenemnda 01 NS 90/2019 アメリカ年金基金信託への配当支払いの源泉徴収税率
ノルウェー国税不服審判所?national tax assessment board (skatteklagenemnda) (2019.9.17) decision case 01 NS 90/2019 (未入手) 解説IBFD TNS 2019.9.23 アメリカで設立された年金基金信託がノルウェー法人から受けた配当につきノルウェー国内法25%源泉徴収税率が適用されるか、租税条約による15%の源泉徴収税率か。


2019/11-10 仏破毀院n.18-81.980 (2019.9.11)二重処罰禁止
フランス破毀院Cour de cassation (2019.9.11) (n.18-81.980, 18-81.067, 18-82.430, 18-81.040, 18-83.484 & 18-84.14) (未入手) Note explicative 解説IBFD TNS 2019.9.19


2019/11-09 洪欧Sole-Mizo (C-13/18) paid consideration条件のVAT仕入税額控除
Sole-Mizo & Dalmandi Mezögazdasági Zrt. (joined cases C-13/18 & C-126/18) Judgment (2020.4.23) 解説IBFD TNS 2019.9.18 代金を全て支払わなければVAT仕入税額控除超過部分還付をしないとするハンガリー政府の扱い、及び還付加算金の扱い


2019/11-08 南ア最高裁BMW, South Africa 2019.9.6国外従業員税務代行役務費用負担はフリンジベネフィットか?
BMW, South Africa (Pty) Ltd, Supreme Court of Appeal, 2019.9.6 (未入手) 解説IBFD TNS 2091.9.17 南アフリカ法人たるBMW-SAはexpatriate employeesび税務上の登録役務をする税理士(コンサルファーム)に手数料を支払っていた。South African Revenue Service (SARS)はtaxable fringe benefitであると主張した。


2019/11-07 露仲裁裁判所A17-11142/2018情報交換の遡及適用
arbitration court of the first instance decision no. 02AП-7859/2019 (2019.7.19) (case no. A17-11142/2018) (publish 2019.8.20) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.9.11 ロシア法人たる小売業者がキプリス法人に支払いをした際に5%の源泉徴収税を適用した。ロシア課税庁は、受益者がエストニア法人であるとしてロシア・キプリス租税条約の適用を否認した。15%の源泉徴収税となる。ロシアはエストニア政府から2016年1月1日施行の条約の枠組みに基づき2014年・2015年の情報を提供してもらった。


2019/11-06 ウガンダMix Telematics East Africa, TAT 2019.8.21外国所在サーバから提供されるソフト役務のVAT
Mix Telematics East Africa Limited v. Uganda Revenue Authority, Tax Appeals Tribunal 2019.8.21 (未入手) ((CIVIL APPEAL No. 26 OF 2014) [2016] UGCOMMC 86 (2 September 2016)は別件か?) 解説IBFD TNS 2019.9.10 ウガンダ法人原告MTEA社はサウスアフリカ法人Mix Telematics Africa社(MTA社)の子会社であり、海運(?自動車隊?fleet)管理業やトラック修理業等を営む。技術はMix Telematics International Pty limited(やはりMTA社の子会社)から提供されている。ソフトウエア役務はサウスアフリカ所在のサーバーから提供されていた。VATとして知られる税を課してよいか。


2019/11-05 日本赤十字献血ポスター宇崎ちゃん起用是非論
「 」『 』を引用のために用いる。【 】を区切りの明確化の為に用いる。職名、敬称等を付さない。2019年11月の5番目の記事であり11月5日に書いた記事ではない。書いたのは2019年11月17日。

(1)表現の自由の土俵の設定
(2)税制優遇は自粛要請等の理由にならない
(3)不必要か否かは線引きの理由にならない
(4)主体としての女性性の利用と客体としての女性性の利用との異同

(1)表現の自由の土俵の設定
 Aには表現の自由があり、BがAの表現を批判する表現の自由もあり、CがBの批判を批判する表現の自由もある。
 A(日本赤十字の献血ポスター)の表現(宇崎ちゃん)
 B(Unseen Japan北村紗衣ら。日本赤十字は相当でない派。蔑称:お気持ち派)
 C(吉峯耕平ら。日本赤十字は相当である派。蔑称:表現の自由戦士派)
 B派とC派、どちらが説得力があるか、という形で土俵を設定する。
 議論において自らの立場について旗幟鮮明にすることは必要とまではいえないし旗幟鮮明にすることを避ける人もいるし避けることに理由がある場合もあるが、今回は簡単化の為、私はC派であると述べる。
 B派の全員が法的規制までは求めてない、とは限らないが、少なくとも北村紗衣は、法的規制は求めてない。また、献血に関し効果の有無を問題としていない。「日赤のデザインが理念に合致しないので問題がある」という主張は、自粛要請に見えるが、「この漫画を広告に使うべきでないとかいうような話は一切、していません」と述べているので、本人は自粛要請のつもりではないのであろう[劣等感を煽る云々は今回は度外視する。そもそも宇崎ちゃんの原典を読んでいれば、劣等感を煽る云々の批判は読解力不足の露呈である。原点を読まずに批判していたのであれば怠慢である。]。とすると、検討するというコストを日赤に課した方が良いという主張であると解される(それはやはり自粛要請に近いのでは?と私は思うが)。尤も、日赤がデザインの検討において今迄よりも一層慎重に自発性の理念との適合性を検討するようになることで何が良くなると考えているのか、その哲学的根拠は、私には未だ見えてない(次段落で後述する)。
 他方、C派は、かようなコストを日赤に追加することが非効率的である(雑駁に言い換えると、献血量が減る懸念がある)、といった功利主義に沿った主張をする傾向が強いように見受けられる。C派の全員が功利主義を前提にしているか定かではないが、本稿では私は功利主義を前提にして議論を進める。他方、B派は功利主義(もう少し広く、帰結主義)を前提としている訳ではないのかもしれない。B派のうち、功利主義者がいるとしたら、日赤の広報の理念との適合性の検討が杜撰になることによる社会全体のコストが、献血量が減るかもしれないというコストよりも高い、という判断をしていることになるであろうが、功利主義ではない何かの哲学を前提に主張を組み立てている人がB派には多いように見受けられる。尤も、ではどんな哲学を基にしているのか(リバタリアニズム?コミュニタリアニズム?等々)、私の能力では適切に予想することができない。
 さて、C派を功利主義の枠で解すと、例えば広告が当たり障りのない感じのものになってしまい 、訴求力が落ちてしまいかねない、といった主張であると解すことができる。他方、B派は【〜〜に配慮して△△という表現を□□という表現に修正しても、伝えたいメッセージは残る。例えばハリウッド映画の幾つかはポリコレに配慮しているが、売れている】といった主張をするであろう。
 広告が当たり障りのないものになるかについて私は決め手を見出し難いと考えているが、検討コストを追加した場合に、(広報の部署に追加資源を投入しない限り)打てる広告の数が減る、という懸念は馬鹿にならないと私は考えている。今迄だって企画された広告のうち自粛に至ったものは沢山あるであろう。
 自粛要請等(北村紗衣は自粛要請と言ってないので、検討コストの追加、を含め、自粛要請【等】と表記しておく)は、表現の自由に対する法規制ではないが、法規制でないからB派の主張は広く認められる、とは限らない。ドイツでアニメ放送が自粛により衰退したといった例のように、自粛要請等も表現の自由の【理念】に対する重大な懸念対象でありうる。日本においても表現の自由と法規制と自粛の関係についてさんざん議論されてきた(正直、憲法の先生にお任せしたい)。C派が自粛要請等に対しても懸念を示すことには、理由がありうる。
 一般論としてはともかく、宇崎花起用問題に関してはこの程度の自粛要請等なら不当ではない、という結論もありうるので、程度問題であるし、明瞭な線引きは難しい。だからB派とC派で対立は深刻化する。

(2)税制優遇は自粛要請等の理由にならない
 小塚真啓は、税財政上の優遇を理由に、男女共同参画理念への配慮が日赤に期待される旨を主張する。私はこれに反対する。税財政上の優遇措置と絡めた議論は殆どの論者にとって関心外であろうけれども、私は租税法学徒であるので、小塚説を潰すべき、と考える。
 C派は、自分が嫌悪感を抱く表現を想像すべきである(男女を反転させてもなかなか上手くいかないという指摘もあるけれども)。三次元女性のクラシック奏者(歌手や指揮者を含める)が、ポスターなり実際の演奏の場なりで、肌を少し露出した性的匂いのある服装でいることについて、私は嫌悪感を抱いている。演奏の鑑賞(聴くことのみならず演奏を見ることも含む)に集中したいのに、性的な服装はそれを阻害するからである。男性奏者と女性奏者で演奏に適した服装が違いうるかもしれないが、若い女性奏者が年老いた女性奏者の服装と同様の服装を着ることでも、演奏の邪魔にはならないであろう。
 しかし、服装の性的匂いに私が嫌悪感を抱くと同時に、自粛要請等は不当である、とも考えており、税財政上の優遇措置は考慮要素にならないとも考えている。
 クラシックに話を限る必要はないのであるが、税財政上の優遇措置の恩恵を受けている音楽関係者が、その優遇を理由に、女性性の利用に慎重になるべきである、と私はは考えない。音楽関係者は私より真摯に音楽の広報に取り組んでいる筈である。音楽関係者が音楽の発展のために少し性的匂いのある服装等を使うことが合理的であると考えているなら、私の抱く嫌悪感は個人的なものにとどまり、当該音楽関係者の判断を批判することは(勿論程度問題であるので線引きは難しいが)余程酷い判断例でない限り不当である、と私は考えている。
 男性奏者に関しても、美形だったりすると、その美形っぷりが強調されることが無いではない。私は男性奏者の何らかのアピールに嫌悪感を抱いた経験が無いが、中には嫌悪感を抱いたことのあるクラシック愛好家がいるかもしれない。しかし、女性をアイキャッチに用いることの是非という文脈なので、三次元男性奏者はここでは度外視する。
 そして音楽の聴衆の嫌悪感の有無・程度はあるにしても、音楽関係者の広報戦略(演奏時の演出等も含め)に委ねられるべきであって、税財政上の優遇措置の有無・程度は関係が無い、と私は考える。言い換えると、或る音楽関係者が税財政上の優遇措置の恩恵を受けていて、別の音楽関係者が受けてないという違いがある状況を仮想するとして、前者は後者よりも三次元女性奏者の性的匂いのある服装等の利用について慎重に検討しなければならない、という議論を私は支持しない。

(3)不必要か否かは線引きの理由にならない
 献血に女性性の利用は不必要である、という類の主張もB派の主張の一部を支えている。
 クラシック奏者に関しても、女性性の利用は不必要であるかもしれない(くどいが、私は、だから自粛等をせよ、とは主張しない)。
 不必要か否か、という線引きは、上手く作用しない、と私は考えている。
 それでも、三次元女性のクラシック奏者の性的匂いがある服装等と、献血の宇崎ちゃん起用とで、違いがある、と考える人はいるであろう。その違いについて(4)で私なりに推測する。

(4)主体としての女性性の利用と客体としての女性性の利用との異同
 女性が自らの女性性を売りにする自由があるという主張と、日赤等が女性性を使うことについては慎重でなければならないという主張が、同一人物からなされた際、B派は矛盾が無いと考える傾向にあり、C派は矛盾があると考える傾向にあるように見受けられる(傾向であり、反例はあるであろう)。
 矛盾が無いとする説明の候補として、主体と客体との区別、という可能性がある。
 三次元女性のクラシック奏者が性的匂いのある服装等を用いたりすることは、主体としての利用である。他方、宇崎ちゃんポスターの例は客体としての利用である。そこに違いがある、との理屈は、直ちには棄却し難い。後に述べるように私は支持しないが棄却し難いとは考えている。
 ここで、今迄の議論の常識が通用しなくなったなと思う点がある。嘗ては、二次元については被害者がいないということが強調されることが多かった。しかし宇崎ちゃんポスターの件では、二次元に主体性が無いために、三次元女性が自ら女性性を利用する場面と異なるという議論がなされている(と私は解している)。少なくとも石川優実は二次元女性の主体性の欠如を理由にしている。
 これに対し、C派は、宇崎ちゃんの二次元表現そのものに主体性はなくとも、原作者(丈)には主体性がある、といった議論をするかもしれない。
 仮に前段落の議論を意に介さず二次元には主体性を認めないとするとしたとして、客体として三次元女性を使うことの是非はどうなるのか。「自発性なき献血を本当に心配するなら」献血ポスターの三次元女性の利用もまずいということになる(三次元男性のポスターもあるが、女性をアイキャッチに用いることに疑念が呈されているという文脈なので、やはりここでもとりあえず三次元男性は度外視する)。そして、当該三次元女性からすれば主体としての女性性の利用であるが、日赤からすれば客体としての女性性の利用である。
 恐らく、献血ポスターの三次元女性の利用の是非については、B派の中でも意見が分かれる、と私は推測している。B派のうち三次元女性の利用も否であると考える人は、当該三次元女性の主体性を蔑ろにしてしまっているのではないか、という点が問題を難しくしている。それは、三次元女性のクラシック奏者の女性性の利用も自粛すべきであるという主張に繋がりかねず(念の為であるが私は嫌悪感を抱くにとどまり自粛要請等は主張してない)、危険であると私は考える。
 B派のうち献血ポスターの三次元女性起用を否とする人でも、三次元女性のクラシック奏者の女性性の利用については是とする人が殆どであろう。その理路を私なりに以下のように推測する。献血ポスターに起用された三次元女性の主体性の尊重と客体としての利用の悪性との比較衡量の結果、不適切な三次元女性起用がありうる一方、三次元女性のクラシック奏者に関しては客体性との比較衡量の要素をあまり考えなくてよい、という理路になるであろうか。
 主体としての女性性の利用と客体としての女性性の利用とは、違う、という議論は、成立可能性がないとまではいえない、と私は考えている。
 しかし、複雑すぎて使いこなし難い議論になると思われる。
 議論の単純化のために、客体としての女性性の利用の悪性を基数的に表現してみよう。客体としての女性性の利用の悪性については、許容範囲と許されない範囲との間でどこかに線引きがなされる筈である。それは倫理的要請として客観的に決まるものである。仮に、悪性が100を超えたら倫理的に不相当とされる(法的規制は今回視野に入れてない)としておく。また、宇崎ちゃんポスターについては悪であるという評価をとりあえずのここでの議論の前提とするため、宇崎ちゃんポスターの悪性は120であるとする。献血広報での三次元女性の起用も、その種の悪性としては120くらいかもしれない。献血の自発性尊重の理念に照らし、宇崎ちゃんポスターの悪性が三次元女性起用ポスターの悪性より高いとは言い難いであろうからである。しかし、三次元女性の主体性の発現という要素が、客体としての悪性120を緩和し、トータルで、閾値の100を下回る、という理路があるのかもしれない。
 そして、三次元女性の主体性の発現による客体としての悪性の低減の度合いは、起用される三次元女性毎に異なるであろう。三次元女性が主体として女性性を利用しようとする場合、その領域や程度を当該三次元女性自身が主観的に決めるからこそ客体としての悪性が低減するという部分があり、人によりその領域や程度は異なるであろうということである。
 とはいえ、三次元女性の主体性の発現によっても低減しきれない客体としての悪性の閾値があると思われ、それは客観的に倫理的に決められるであろうと思われる。例えば客体としての悪性が150以上ならば三次元女性の主体性の発現によっても客観的に倫理的に不当視される、といった閾値である。
 ここで二種類の人による違いが出てくる。三次元女性が主体性の発現として客体としての悪性が低減されると当該三次元女性自身が主観的に考える程度が人によって異なる(正に主観的だから)という意味での【人による違い】と、客観的に倫理的に決められるべき閾値が論者によって異なる(前段落では150という数値を仮置きしたが論者によっては130というかもしれないし190というかもしれない)という意味での【人による違い】という、二種類の【人による違い】である。便宜上、前者を【主観的人による違い】、後者を【客観的人による違い】と呼んでおく。
 第一に、【主観的人による違い】と【客観的人による違い】との区別をきちんと弁えながら議論をすることは難しい。第二に、議論の単純化のため悪性について基数的に表すという枠組みをここでは採用したが、悪性を巡る実際の議論は定性的でもっと扱いにくいものとなるであろう。第三に、法律論(特に実務において)であれば【客観的人による違い】について裁判官が最終的な判断権限を持つという形で割り切られているが、倫理的な土俵ではそうした割り切りの仕掛けも作り難い。
 以上より、主体としての女性性の利用と客体としての女性性の利用とは、違う(故に、宇崎ちゃんポスターと異なり三次元女性起用ポスターを問題視しないし、三次元女性のクラシック奏者の服装も問題視しない)、という議論は、成立可能性がないとまではいえない、と私は考えているものの、使いこなし難いであろう(使いこなすことを倫理の専門家集団ではない日赤に要請することは無理があるし、倫理の専門家集団においてすら百家争鳴であろうし、そもそも今回の議論の枠組みの適否についてすら百家争鳴であろう)、と私は同時に考えている。法的規制を求めているのではないのだとB派が述べたとしても、倫理の土俵の上でも使いこなし難いであろう、と私は考えるので、私はC派に属する。
 私は、主体・客体の区別の論理の成立可能性を棄却できる程には論を煮詰めていないけれども、しかしそれでも私は今回の論争に関しC派である。以上のような検討(主体性と客体性との区別、三次元と二次元との区別)をするコストを日赤に課すことは非効率的である(日赤が血の確保に専念することが望ましい)と予想するからである。但し、コストを日赤に課しても献血量が減るとは考えられないとのB派の主張に統計的な証拠は無いのと同様に、献血量が減ってしまうと懸念するという私の主張にも統計的な証拠は無い。また、表現に関しては程度問題を避けることは難しいため、余程酷いポスターがもしも今後出てくるとすれば、その表現に関しては私がB派になる可能性も皆無ではない。


2019/11-04 白欧Brussels Securities C-389/18 想定利子控除と海外子会社配当控除の先後
Brussels Securities SA v. Belgian State (C-389/18) Advocate General opinion Saugmansgaard Øe (2019.9.5); Judgment (2019.12.19) 解説IBFD TNS 2019.9.9 ベルギー法人たるBrussels Securities SAが2011年の申告において第一にnotional interest deduction (NID想定利子控除)を記載し、第二にdefinitively taxed income (DTI他のEU加盟国の子会社からの受取配当)を記載した。課税庁は、第一にDTIを、第二にNIDの順番に修正しようとした。


2019/11-03 白Antwerp控訴審2017/AR/1184モロッコPE認定のための実際の事業活動の証明
Antwerp控訴審2017/AR/1184 (2019.2.19) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.9.9 解説Court of Appeal Antwerp requires proof of actual business activities, having a certain degree of permanence, at a specific location (LEXQUE 2019.9.9) 参照Antwerp控訴審(2017/AR/1301) (2019.2.12)インバウンドの状況でルクセンブルク法人のベルギーPE認否の事案(否定例)。


2019/11-02 東京高判平成30年9月5日訟月65巻2号208頁
第864回租税判例研究会酒井克彦2019年11月15日報告 東京高判平成30年9月5日訟月65巻2号208頁(欠席)


2019/11-01 東京地判H30.9.25TAINS:Z888-2235求償権の時効消滅ではないため一時所得不発生
第863回租税判例研究会首藤重幸2019年11月1日報告 東京地判平成30年9月25日平成29(行ウ)128号請求認容TAINS:Z888-2235 D-1 Law.com 29053414
 事実関係――原告X氏がB社から5億円弱の借金をしていた。X氏の親であるA氏が2億円をB社に支払い、A氏がX氏に対し求償権を有することとなった。A氏が死亡しX氏の異母弟のD氏がA氏から当該求償権を相続したと推測されるが、A氏の遺言の中で、A氏のX氏に対する2億円の貸金債権をD氏に相続させることとされていた(但しD氏が相続税を納めたかどうか不分明。恐らく納めてないであろうという前提で研究会の議論は進んだ)。D氏がX氏に対し2億円の貸金債権を有していると主張し200万円の一部請求をした。別訴でA氏が時効消滅を主張し、A氏勝訴で確定した(横浜地判平成25年5月24日)。税務署長は、X氏の貸金債権の時効消滅の援用を理由としてX氏に2億円の一時所得が発生しているとして(尤も、200万円の一部請求に対する時効消滅の援用は当該200万円の部分にしか及ばなないというのが民法における理解であり、額の点でも課税庁側の主張に無理がある)、増額更正処分等をうった。後に、求償権の時効消滅を理由とし、処分理由の差替えが許されるかも争点となっている。
 判旨「原告が別件貸金訴訟の口頭弁論における消滅時効の援用の意思表示(本件時効援用の意思表示)の対象とした債権は、別件貸金訴訟において訴訟物とされた権利(本件貸金債権のうち200万円)を包含する本件貸金債権のみであると認められ、本件全証拠によっても、原告が平成25年2月1日に本件求償権等について消滅時効を援用する旨の意思表示をした事実は認められない。[改行] そうすると、仮に[A]が本件支払により本件求償権等を取得し、[D]がこれを相続していたとしても、本件時効援用の意思表示によって本件求償権等が消滅したものとは認められないから、原告が本件求償権等の消滅によって2億円の経済的利益を享受したものとは認められない。
 報告者曰く、課税庁は、横浜地裁判決を見て(?)、貸金債権の時効消滅に基づく一時所得の発生を主張するのではなく、最初から、求償権の時効消滅に基づく一時所得の発生を主張すべきであったが(尤も本判決は恐らく処分理由の差替えを許している――最三小判昭和56年7月14日民集35巻5号901頁について課税庁側が「いわゆる理由の差替えの枠外の問題として、当該新たな主張は許容される」と述べているのがどういう意味なのかも研究会で議論されたが)、本判決は、求償権が時効消滅したとはしていないので、そのように構成しても課税庁は勝てなかったであろう。
 報告者は、D氏が改めてX氏に求償権に基づき2億円を請求したら、X氏が時効消滅を援用するであろうから、X氏の一時所得の発生を認定できるのではないか、という可能性を示した。
 横浜地裁判決が、貸金債権と求償権との関係について充分に整理されてない結論を出してしまった(しかし処分権主義であるから横浜地裁の裁判官が悪いという訳でもない)という状況下で、課税庁側として、どのようにすればこの2億円について課税できたのであろうか?という質問を司会者が提起した。フロアから、先ず課税庁がD氏に対し2億円の求償権について相続税の増額更正処分を打つという筋が提案された。D氏にX氏への求償権に基づく請求の訴訟を提起させ、X氏に時効消滅を援用させる(時効完成はD氏の相続開始の前であるので、D氏は国税通則法23条2項の趣旨により、相続税を納めなくてよいとする結論を導けるのではないか。尤も、D・X間の訴訟が確定させることはXの時効消滅の援用の有効性であるにすぎず、時効消滅完成時期が相続開始前であるか否かはD・X間の訴訟の訴訟物であるとはいえないのではないか、という疑問も提起されている。この疑問は一旦措いておく)。こうすればX氏に時効消滅による債務消滅益としての一時所得が発生することになるのではないか。


2019/10-07 Silver Wheaton (2019 TCC 170)移転価格訴訟遂行のための文書開示請求
Silver Wheaton Corp. v. The Queen (2019 TCC 170) 解説IBFD TNS 2019.9.6 アメリカのカリフォルニア州で遂行しようとしている集団訴訟(class action)のための情報開示を7人の個人が請求した。参照判例Juman v. Doucette, 2008 SCC 8, [2008] 1 S.C.R. 157
Amanda Athanasiou, 2016 WTD 111-7 Transfer Pricing Class Action Against Canada's Silver Wheaton to Proceed
Amanda Athanasiou, 2016 WTD 141-7 Canada's Silver Wheaton Denies Wrongdoing in U.S. Transfer Pricing Suit
Amanda Athanasiou, 2018 WTD 66-1 U.S. Judge Forces Canadian Company to Turn Over Legal Opinions
Amanda Athanasiou, 2018 WTD 110-8 No Collusion with Deloitte, Silver Wheaton Tells District Court


2019/10-06 蘭欧Köln-Aktienfonds Deka (C-156/17)
Köln-Aktienfonds Deka v. Staatssecretaris van Financiën (C-156/17) 解説IBFD TNS 2019.1.23; IBFD TNS 2019.9.5


2019/10-05 Glencore Investment, [2019] FCA 1432移転価格紛争
Glencore Investment Pty Ltd v Commissioner of Taxation of the Commonwealth of Australia, [2019] FCA 1432 (2019.9.3)解説IBFD TNS 2019.9.4 銅採掘業を営むGlencoreの豪子会社たるCMPL社は1999年に再開し、スイス親会社たるGIAG社と供給契約を締結した。2007年、契約条項を改訂しprice-sharing agreement structureになった。ATO (Australlian Taxation Office)は、改定後の契約がarm's lengthに適ってないと主張した。CMPLは、独立の当事者との実際に存在する契約の条件に沿っていると主張した。ATOは、GIAGのCMPL支配が契約条項に反映されており商業的に非現実的で人為的であると主張した。代わりに1999年の契約が妥当すると主張した。裁判所はATOの主張を斥けた。
 Commissioner of Taxation v Glencore Investment Pty Ltd, [2020] FCAFC 187 (2020.11.6) IBFD TNS 2020.11.10 Glencore win


2019/10-04 希行政最高裁No. 346/2019インド親会社への支払が使用料に当たるか
ギリシャSupreme Administrative Court Judgment No. 346/2019 (2019.8.30公開)(未入手)解説IBFD TNS 2019.9.2 professional and customization services


2019/10-03 蘭ECLI:NL:RBNHO:2019:4803露過小資本税制が蘭参加免税に与える影響
Rechtbank Noord-Holland, Datum uitspraak 05-06-2019, Datum publicatie 06-06-2019, Zaaknummer, AWB - 17_871, ECLI:NL:RBNHO:2019:4803 解説IBFD TNS 2019.8.27蘭法人A社が関連会社たる露法人B社に金銭貸付をしていた。蘭[露の誤りか?]過小資本税制によりB社がA社に支払った利子の一部の控除が否認されたので、A社は蘭で参加免税の適用を主張した。


2019/10-02 東京高判令和元年5月29日平成29(行コ)388号
第862回租税判例研究会神山弘行2019年10月18日報告 欠席


2019/10-01 最三H31.4.9判タ1461-12調整池の用に供すことが開発許可条件であっても宅地認定とは限らない
第861回租税判例研究会柴由花2019年10月4日報告最三小判平成31年4月9日判タ1461号12頁破棄差戻、原々審津地判平成29年9月11日判タ1446号210頁請求棄却、原審名古屋高判平成30年3月23日平成29(行コ)90号控訴棄却、私見は浅妻章如「調整池の用に供されその機能を保持することが商業施設に係る開発行為の許可条件になっている土地の宅地該当性(消極)」判例秘書__(10月中旬公開予定)、先行評釈:煖エ祐介・ジュリスト1535号10-11頁、小西敦・税74巻9号72頁。
 「宅地とは,建物の敷地のほか,これを維持し,又はその効用を果たすために必要な土地をも含む」。[宅地の意義に関する初の最高裁判決]
 「本件各土地は,本件商業施設に係る開発行為に伴い調整池の用に供することとされ,排水調整の必要がなくなるまでその機能を保持することが上記開発行為の許可条件となっているというのであるが,開発許可に上記条件が付されていることは,本件各土地の用途が制限を受けることを意味するにとどまり,また,開発行為に伴う洪水調整の方法として設けられた調整池の機能は,一般的には,開発の対象となる地区への降水を一時的に貯留して下流域の洪水を防止することにあると考えられる。そうすると,上記条件に従って調整池の用に供されていることから直ちに,本件各土地が本件商業施設の敷地を維持し,又はその効用を果たすために必要な土地であると評価することはできないというべきである。
 判旨が引用する最二小判平成25年7月12日民集67巻6号1255頁は基準価格上限説と呼べるところ、基準価格が時価を上回らないものと推定される(納税者側がその推定を覆すためには再抗弁を出さなければならない、とする再抗弁説)ことに関し特別事情考慮説なるものが説かれることがあるが、特別事情考慮説は推定を覆すための当然のことを言っているだけなので無内容である、との指摘がフロアからあった。また、原々審判決等では特別の事情について厚く述べられているものの、原告の主張に応答するためであって、やはり特別事情考慮説に意味はない。
 宅地の意義に関する初めての最高裁判決であると判例タイムズ匿名解説には書かれてある。宅地の意義について、判旨は特段論拠を示していない。何かを準用したということもない。また、原々審では評価要領への言及があるものの、最高裁は、法的規範性が認められるのは固定資産評価基準までであり、評価要領(各自治体が作成する)に規範性が認められない、と考えていると思われる、とフロアから指摘された。
 「効用を果たすために必要な土地をも含む」から素直に導かれる読解として、調整池の用に供することが開発許可条件であるのだから「必要」の要件が満たされると考えられるし、「含む」という表現は十分条件を意味すると読解するのが素直であるし、原審まではそのように考えていた。
 最高裁判決は、「必要」の意義について、許可条件云々といった法的な意味での必要性だけでは不十分であるとしている。
 最高裁(の少なくとも調査官)は土地の高低が重要であると考えているけれども、原審判決に土地の高低に関する事実認定がなかったため、判例タイムズで言及する事しかできず、最高裁判決文だけでは「効用を果たすために必要」の判断の鍵となるのは何なのかが分かりにくくなったものと思われる。


2019/09-02 最判H30.7.17集民259-1:3号道路判定に行政処分性はないので道路判定を前提とする登録価格決定は違法
第860回租税判例研究会山田二郎2019年9月20日報告 最三小判平成30年7月17日集民259号1頁(破棄差戻)(京都地判平成28年1月21日判例地方自治439号32頁請求一部認容、大阪高判平成28年6月23日判例地方自治439号47頁請求棄却)(差戻控訴審判決大阪高判令和元年7月18日。公刊物未登載。長文であるらしい) (拙見として浅妻章如・判例秘書ジャーナルHJ10050参照)
 最判平成30・7・17は、或る土地の接面街路の3号道路(建築基準法42条1項3号)該当性は客観的に決まるものであり、市町村長の道路判定は事実上の確認行為にすぎず、行政処分の性質を有しないから、3号道路該当を前提とする当該土地の固定資産税の登録価格の決定は違法である、と判示し、建築確認等は相応の根拠の下になされた3号道路判定を前提とするから登録価格の決定は合理的とした原審を破棄し差戻した。
 山田が判旨として抜粋した部分。
 「建築基準法42条1項3号は,同法第3章の規定が適用されるに至った際現に存在する道で,幅員4m以上のものを道路とする旨定めている。これは,客観的にこれらの要件を満たす道については,そのことのみをもって当然に42条道路とする趣旨であると解される。そして,ある道が3号道路に該当するか否かについて,市町村長等がその判定をする法令上の根拠も見当たらない。 ……道路該当性に関する京都市長の道路判定は,事実上の確認行為にすぎないというべきであり,当該道が3号道路に該当し,又は該当しないことを確定する効果を持つ行政処分の性質を有するものではないと解される。
 「本件街路が3号道路に該当するための要件を満たすか否かは明らかでないとしながら,本件道路判定がされていること等を理由に,建築確認を受けることができないために本件各土地上に建築物を建築することができない事態となる可能性はないとして,本件街路が3号道路に該当することを前提とする本件登録価格の決定は適法であるとした原審の判断には,固定資産の評価等に関する法令の解釈適用を誤った違法がある。
 山田は限定付きで判旨に賛成。
 3号道路判定の処分性否定について、法令上の根拠がないからという判旨に反対しないものの、説明不十分であると難じ(法令上の根拠が無いことが当然に処分性の否定に繋がるものではない、と難じ)、3号道路判定は行政サービスにすぎない(から処分ではない)と山田は論じる。
 フロアから、3号道路判定に行政処分性はないと私も書いたことがあるところ、信義則が働いて建築主事が建築確認を拒否できないといえるとしたら、それも含めた法的状態を考慮すべきか否か、という論点がある、との指摘があった。
 フロアから、4mかどうか「不明」という記述は、破棄差戻ではなく破棄自判の材料となるのか否か、という質問があった。
 私は、前訴控訴審判決(行政処分性ありとした)を前訴上告審判決が否定しなかったところ、本判決は判例変更したことになるのか、という質問をしようとしたが、時間切れで諦めた。前訴上告審判決が前訴控訴審判決を否定しなかったことは前訴控訴審判決の肯定に直結するわけではないので、前訴上告審判決が行政処分性ありと判断した訳ではない、というのが素直な応答である。しかし、だとすると、前訴上告審判決は、行政処分性なしとの前提の下、3号道路判定は結論において正しいという事実認定をしたことになってしまうのではないか、という疑問が湧く。


2019/09-01 名古屋高判H29.12.14税資267-13099金地金スワップ取引における交換は混蔵寄託の準備行為であり譲渡非該当
第859回租税判例研究会佐藤直人2019年9月6日報告 名古屋高判平成29年12月14日税資267号順号13099平成29(行コ)74号原判決取消(請求認容)(確定)・原審名古屋地判平成29年6月29日税資267号順号13028平成28(行ウ)78号請求棄却
 原審「本件契約は,本件契約の締結を希望する顧客が,〔1〕三菱マテリアルから同社にて製錬した金地金を購入する「売買取引」を行うか,同社との間で,当該顧客が所有する金地金と同社にて製錬した金地金とを交換する「スワップ取引」を行うことにより,同社にて製錬した金地金を取得することと,〔2〕取得した金地金の保管を同社に委託する「保管取引」を行うことを組み合わせて構成された契約であると認められる。そして,初回の売買取引又はスワップ取引と初回の保管取引とは,同時に行われることが予定されているものの,本件約款上それぞれ独立した取引として観念され,各取引を行うに当たり生じる購入代金,スワップ取引手数料及び保管料といった費用も,それぞれ独立して発生するものとされていることに照らすと,三菱マテリアルにて製錬した金地金を取得することを目的とする上記〔1〕の取引と,その保管の委託を目的とする上記〔2〕の取引とは,本件契約上それぞれ独立した取引として構成されているものと認めるのが相当である。したがって,スワップ取引により取得した金地金を保管取引により預ける場合の本件契約の法的性質は,顧客と三菱マテリアルとが互いの金地金の所有権を相手方に移転する民法上の交換と,顧客がこれにより取得した金地金の保管を同社に委託する民法上の寄託(混蔵寄託)とを組み合わせた混合契約であると認められる(なお,被告は,本件契約におけるスワップ取引が交換又は売買である旨主張するところ,本件約款において定められたスワップ取引の具体的内容や,本件約款において金地金の「交換」であるとの文言が使用されていること,前記前提事実(2)イによれば,原告が本件契約の締結に当たり支払った費用はスワップ取引手数料,年会費及び年間保管料の合計94万7250円のみであることなどに鑑みると,スワップ取引の法的性質は,上記のとおり交換であると認められる。)。
 そして,上記1で説示したとおり,交換としての法的性質を有する本件スワップ取引により,原告が所有していた本件金地金の所有権が三菱マテリアルに移転し,その対価(反対給付)として原告に所有権が移転した同社にて製錬した金地金をもって,原告による本件金地金の保有期間中に抽象的に発生していた増加益が具体化されたものと解するのが相当である。そうすると、本件スワップ取引により,本件金地金について「資産の譲渡」があったものというべきである。

 控訴審「本件契約のうち,本件交換・保管取引は,交換と寄託(混蔵寄託)とを組み合わせた混合契約であると認められる。
 もっとも,金地金をすでに所有している顧客が,本件契約を締結して本件交換・保管取引を行うということの目的についてみるに,前提事実(1)の本件約款によれば,三菱マテリアルが本件交換・保管取引に応じるのは,顧客が持ち込んだ金地金がLBMAブランドで純度99.99%以上の純金であると判定された場合であり,三菱マテリアルが顧客からの求めに応じて引き渡す金地金は,顧客が寄託した交換後の金地金そのものではなく,同質かつ同重量の金地金であることが認められる。したがって,本件交換・保管取引における交換の対象となる顧客所有の金地金と三菱マテリアル所有の金地金は等価値であり,将来顧客が引き渡しを受ける金地金は,顧客が持ち込んだ金地金及び交換を受けた金地金そのものではなく,これと同質かつ同重量のものということになる。そもそも,金地金は,一定以上の純度があれば,重量のみで価値が決まり,刻印の違いやバーナンバーの違いは価値に影響しないので,同質かつ同重量の金地金を引き渡せば足りるものである。
 そうすると,本件契約を締結し,本件交換・保管取引を行う顧客からみれば,LBMAブランドで純度99.99%以上の純金からなる一定の重量の金地金を三菱マテリアルに預けて保管し,将来これと同質かつ同重量の金地金の返還を受けるというのと同じであるから,本件契約を締結し,本件交換・保管取引を行う顧客の目的は,特定の金地金を三菱マテリアルに預けて保管してもらうというのと等しいのであって,控訴人自身もそのような目的であったと主張しているところである。また,上記によれば,三菱マテリアルにおいても,本件交換・保管取引は,顧客から金地金を預かり,これと同質かつ同重量の金地金を返還するというのと同様であると認められるから,実質的には特定の金地金を預かりこれを保管するというのと同様であるといえる。
 したがって,本件契約のうち,本件交換・保管取引は,交換と寄託(混蔵寄託)からなる混合契約の形をとっているものの,スワップ取引部分に係る交換は,寄託(混蔵寄託)をするための単なる準備行為にすぎず,本件交換・保管取引は,実質的には寄託(混蔵寄託)契約であると認めるのが相当である。

 評釈者は判旨賛成。
 控訴審判決の、「準備行為にすぎ」ない、とは、どういう意味なのか?
 (1)私法上の交換(所有権の移転)があったが、所得税法33条1項の「譲渡」に該当しない(所得税法33条1項「譲渡」概念が借用概念ではなく固有概念である)という筋なのか。
 (2)私法上の交換と称される取引段階はあるものの所有権の移転は無かったので、所得税法33条1項の「譲渡」(借用概念であるとの前提)に該当しないという筋なのか。
 (3)交換と混蔵寄託という二つの取引段階が私法上あるものの租税法の適用の前提としては実質的には混蔵寄託であると見ることができるから、所得税法33条1項の「譲渡」(借用概念)に該当しないという筋なのか。
 もし(3)であるとすると、それは租税回避の否認(やってはいけないとされていること…近年の租税法学や裁判例においては)(仮に含み損があった場合に納税者側が意図的に損だししようとした場合でも譲渡損失が実現しないとして扱うことは典型的な租税回避の否認であって明文の規定を要すると近年の租税法学や裁判例では考えられている筈)なのではないか?
 岩瀬事件・相互売買事件・東京高判平成11年6月21日判時1685号33頁におけるような契約解釈の問題なのか?
 譲渡担保は所得税法33条1項「譲渡」に当たらないとした東京地判昭和49年7月15日訟月20巻10号39頁と同様の考え方なのか?
 交換と混蔵寄託という二つの取引段階が私法上あるように見えるものの私法上の契約解釈として一つの無名契約(所有権の移転がない契約)がある、という手法は、前記(1)(2)(3)の何れに当たるのか(又は(4)というべきなのか)?
 (ここからは私見)控訴審判決の結論を妥当視する空気が研究会では支配的であったけれども、やっぱり立法で解決すべき問題であって(立法による対処が望ましいことについては概ね異論がないと思われるが、立法による対処のみしか許さないかについては、【のみ】とは考えられていないのであろう)、結論(解釈論としての結論)としては原審の方が妥当だったのではないかという気がする。
 余談だが、原審の市原義孝裁判官は、第1次デンソー事件控訴審・名古屋高判平成28年2月10日(藤山雅行court)が納税者の請求を棄却した後(最三小判平成29年10月24日民集71巻8号1522頁で覆る前)に、第2次デンソー事件一審・名古屋地判平成29年1月26日平成26(行ウ)56号で名古屋高判平成28年2月10日に対する敵意剥き出しの判決を書いていたので、市原義孝裁判官が納税者に厳しい判断をしがちという傾向はないと思われる。


2019/08-25 Isac Schwarzbaum, 2019 WL 3997132故意FBAR違反
USA v. Isac Schwarzbaum, 2019 WL 3997132, US District Court for the Southern District of Florida, Case No. 18-cv-81147-BLOOM/Reinhart (2019.8.23)解説IBFD TNS 2019.8.26


2019/08-24 利益分割法の下での租税回避Sullivan vs. Devereux
Martin A. Sullivan, Tax Avoidance Under Residual Profit Splits, Tax Notes Inetrnational 2019.4.22 pp. 310-318; Michael P. Devereux, Tax Avoidance Under Residual Profit Splits: A Brief Response, Tax Notes International 2019.5.13 pp. 629-633


2019/08-23 Mizuho Corp. Bank, ITA No. 4711/Mum/2016 & 4710/Mum/2016支店支払非課税
DCIT v. Mizuho Corp. Bank Ltd., ITA No. 4711/Mum/2016 & 4710/Mum/2016 (Mumbai Income Tax Appellate Tribunal 2018.8.13)(未入手)解説J.P. Finet, No Tax on Brach Payments to Japanese Bank, Indian Tribunal Says, Tax Notes International 2018.8.20 pp. 837-838


2019/08-22 Keybrand Foods 2019 TCC 161 arm's length基準に沿わない投資損失の控除を否認
Keybrand Foods Inc. v. The Queen (2019 TCC 161) (Tax Court of Canada 2019.8.2) 解説IBFD TNS 2019.8.23同族会社たるB.W. Strassburger Ltd.(以下BWS)が原告・Keybrand Foods Inc.を100%保有していた。同族メンバーが、コンクリート製造業のVidabode Group Inc.に目を付け投資しようと考えた。同族メンバーがVidabodeに貸し付けをし、原告がそのローンで株式に出資をした。一連の取引後、原告とBWSが合わせて80%のVidabod株を保有するようになった。Vidabode株の時価は0であった。第一に原告はVidabode株のallowable business investment loss (事業投資損失控除)を主張した。課税庁は、Vidabode株式取得時の株価が0でありarm's length priceでないから認められないとした。第二に原告は株式購入のための借入に係る支払利子控除を主張した。第三にVidabodeに譲渡したローンに係るcapital lossを主張した。第三の主張だけ認められた。
 続報2020 FCA 201 (2020.11.19) 解説IBFD TNS 2020.11.25租税裁判所の判断を維持


2019/08-21 Glencore, [2019] HCA 26 Leaked documentsを課税庁が利用することの可否
Glencore International AG v Commissioner of Taxation, [2019] HCA 26 (High Court of Australia 2019.8.14) (Case Number: S256/2018) 解説William Hoke, Glencore Asks Court to Stop Australia From Using Paradise Papers, Tax Notes International 2018.10.8 p. 205; IBFD TNS 2019.8.23原告は国際Glencoreグループの4つの会社である。2014年10月、原告の指示による豪州法実務は豪州法人再編の法務助言を提供するバミューダ法実務家を巻き込んでいた。その結果バミューダ法実務家はプロジェクトに関する多数の電子媒体文書(Glencore文書)を所持するに至った。2017年、パラダイス・ペーパー(the Paradise Papers)によりこうした文書をバミューダ法実務家が保有することが報道された。オーストラリア課税庁(ATO)がGlencore文書を保持するに至った。原告は、Glencore文書がlegal professional privilege(弁護士特権)に服するとして、Glencore文書の返還を求めた(but not on the confidentiality basis)。裁判所はリークされた文書を課税庁が利用することを認めた。
 関連?William Hoke, Rio Tinto to Challenge $339 million Tax Assessment in Australia, 2017 WTD 65-7; William Hoke, Glencore Appeals Australian Tax Bill for Transfers to Swiss Marketing Hub, 2017 WTD 239-7


2019/08-20 モルドバ最高裁 所得を申告してない場合、法令上の誓約は適用されない
Moldova Supreme Court of Justice decision (published on 2019.8.7 by State Tax Service)解説IBFD TNS 2019.8.22


2019/08-19 独BFH VIII R 35/16証明エンジニアは所得税法上フリーランサー扱いである
Bundesfinanzhof Urteil vom 14. Mai 2019 - VIII R 35/16 zu § 18 Abs. 1 Nr. 1 des Einkommensteuergesetzes解説BFH Pressemitteilung Nr. 54/19 vom 22. August 2019 Prüfingenieure üben eine freiberufliche Tätigkeit aus


2019/08-18 独BFH VIII R 20/16みなし配当(隠れた利益処分)について源泉徴収で終了せず確定申告を要する
Bundesfinanzhof Urteil vom 14. Mai 2019 - VIII R 20/16 zu § 32d Abs. 2 Nr. 3 Satz 4 des Einkommensteuergesetzes 解説BFH Pressemitteilung Nr. 53/19 vom 22. August 2019 Abgeltungsteuer: Frist für Antrag auf Regelbesteuerung gilt auch bei nachträglich erkannter verdeckter Gewinnausschüttung


2019/08-17 ノルウェーSkatteklagenemnda 49/2019株主に対するローンが違法配当とされた事例
ノルウェー租税裁判所(国税不服審判所?) Tax Appeals Board (Skatteklagenemnda) decision in case 49/2019 (2019.5.8, published on 2019.8.14) 解説IBFD TNS 2019.8.21


2019/08-16 白Hof van Beroep Brussel 2019.3.26オランダ投資基金の租税条約恩恵適格(消極)
ベルギー・ブリュッセル控訴審Hof van Beroep Brussel 2019.3.26(未入手)解説IBFD TNS 2019.8.21


2019/08-15 モルジブOoredoo (TAT-CA-W/2015/001)相互通信費用は源泉徴収税不適用
Ooredoo Maldives Pvt. Ltd. v. Maldives Inland Revenue Authority (TAT-CA-W/2015/001) (Maldives, Tax Appeal Tribunal, 2019.5.27)解説IBFD TNS 2019.8.19テレコム業者たるOoredo Maldives社はinterconnection費用と、ローミング監視及び変換器のソフトウェアの使用の対価を非居住者に支払っていた。事業利得税(Business Profit Tax)法6条(a)(1)&(4)の「管理、人、技術の役務の対価、その他の雇用に拠らない報酬又は手数料として非居住者に支払われるべきもの」就中「技術の役務」に当たるか。


2019/08-14 ウクライナ最高裁No. 810/4482/16会計上の債権減損処理は税務上の債務免除の要件を満たさない
Supreme Court in case No. 810/4482/16 (2019.7.30)(未入手)解説IBFD TNS 2019.8.16


2019/08-13 ウクライナ最高裁No. 826/24145/15個別課税ルーリングは明瞭で非曖昧でなければならない
Supreme Court in case No. 826/24145/15 (2019.7.23)(未入手)解説IBFD TNS 2019.8.16


2019/08-12 独BFH V R 7/19自動車教習所はVAT非課税ではない
Bundesfinanzhofs Urteil vom 23. Mai 2019 - V R 7/19 (V R 38/16)解説BFH Pressemitteilung Nr. 50/19 vom 16. August 2019 Fahrschulunterricht ist nicht umsatzsteuerfrei | (C-449/17) ⇒2018/12-37


2019/08-11 独BFH VI R 28/17雇用者・被用者間の純額給与合意に基づく租税助言者費用の雇用者負担は給与か(消極)
Bundesfinanzhof Urteil vom 9. Mai 2019 - VI R 28/17解説BFH Pressemitteilung Nr. 51/19 vom 16. August 2019 Übernahme von Steuerberatungskosten bei Nettolohnvereinbarung kein Arbeitslohn


2019/08-10 独BFH VIII R 2/16 und VIII R 26/16年金助言者はフリーランサーではなく能動的事業所得稼得者である
Bundesfinanzhof Urteilen vom 7. Mai 2019 - VIII R 2/16 und VIII R 26/16解説BFH Pressemitteilung Nr. 52/19 vom 16. August 2019 Rentenberater sind gewerblich tätig


2019/08-09 ウクライナ最高裁2а-0770/2388/12国際運輸に係るVATゼロ税率
Supreme Court case No. 2а-0770/2388/12 (2019.7.12)解説IBFD TNS 2019.8.15


2019/08-08 丁高裁SKM2019.388.VLR外国法人からの送金はローンか課税所得か
High Court of Western Denmark (Vestre Landsret) SKM2019.388.VLR (2019.7.4、公開2019.8.5) 解説IBFD TNS 2019.8.13デンマーク居住者個人たる原告はベリーゼ・ルクセンブルク・ブリティッシュヴァージンアイランドの法人から、41回にわたり、計120万クローネの金員支払を受けた。原告は3法人によるローンであると主張したが、課税庁は課税所得であると主張した、


2019/08-07 Dennis R. Ott & Tracey R. Ott, Case No. 18-cv-12174故意FBAR違反
USA v. Dennis R. Ott & Tracey R. Ott, US District Court for the Eastern District of Michigan Southern Division, Case No. 18-cv-12174 (2019.8.7) Reports of Foreign Bank and Financial Accounts (FBARs) 解説IBFD TNS 2019.8.12


2019/08-06 蘭欧Inspecteur van de Belastingdienst (C-631/17) Hoge Raad 17/01041bis社会保障
Inspecteur van de Belastingdienst (C-631/17) Hoge Raad Case No. 17/01041bis (2019.7.19) 解説IBFD TNS 2019.8.7


2019/08-05 米故意FBAR違反(Foreign Bank and Financial Accounts)
USA v. Said Rum, US magistrate judge in the US District Court for the Middle District of Florida, Tampa Division (Case No: 8:17-cv-826-T-35AEP) (2019.8.2) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.8.5


2019/08-04 蘭最高裁No. 18/04686株式cum-ex取引(配当付空売り、配当無し譲渡)の国外PE帰属の是非
X BV v. Staatssecretaris van Financiën, Hoge Raad case No. 18/04686 [Advocate General Wattel opinion 2019.7.26] 解説BFD TNS 2019.8.2 原告たるオランダ法人は市場創設者(market maker:意味が分からない)である。ドイツ基金たるE社(株式市場に公開)は配当宣言をした。原告はE株をcum dividendで空売りした。配当を受け取り、株式をex dividendで供給した。ドイツ証券市場ルールにより原告は株式購入者に配当代替金を支払う義務を負った。ドイツ配当源泉徴収税を源泉徴収する義務は無かった。配当代替金は、あたかも21.1%のドイツ源泉徴収税が支払われたかのごとき純額ベースで、支払われた。配当源泉徴収税を回避する一方、原告はE株譲渡益を取得した。E株取引の直前、原告はキュラソー(Curaçao)にPEを設立し、E株はPEに時価で売却されていた。キュラソーには3人のtraderが派遣された。原告はより多くのE株を取得するためのcall optionも保有していた。cum-ex transactionが国外PEに帰属するか。


2019/08-03 Jane Boyd, 2019 U.S. Dist. LEXIS 68863故意FBAR違反
USA v. Jane Boyd, 2019 U.S. Dist. LEXIS 68863; Case No. CV 18-803-MWF (JEMx), US District Court for the Central District of California 2019.4.23 解説IBFD TNS 2019.8.1 FBAR:Report of Foreign Bank and Financial Accounts


2019/08-02 Satyam Polyplast (ITA 158/2019)非居住者向け支払の技術役務対価該当性
Satyam Polyplast v. DCIT (ITA 158/JP/2019) Income Tax Appellate Tribunal of Jaipur 2019.5.14 解説IBFD TNS 2019.8.1 インド登録のSatyam Polyplast社(a partnership firm registered組合?)はpolypropylene bags製造業を営む。非居住者向け手数料(commission)支払について、納税者側は、最終商品輸出のための協力を依頼した見返りであり海外遂行役務の対価であると主張した。課税庁側は技術役務対価(FTS:fee for technical services)であると主張した。納税者勝訴。


2019/08-01 洪欧Tesco (C-323/18)小売り特別税と設立の自由、国家補助
Tesco-Global Áruházak Zrt. v Nemzeti Adó- és Vámhivatal Fellebbviteli (C-323/18) Advocate General Kokott opinion (2019.7.4); Judgment () 解説IBFD TNS 2019.7.4; IBFD TNS 2019.8.1 ハンガリー公開会社たるTesco社は卸売・小売業を営む。英系Tesco Plcグループの一員である。小売りに関する特別税がTFEU 49条の設立の自由(freedom of establishment)に違反するか、国家補助(state aid)に該当するか。


2019/07-40 露仲裁控訴審No. 09АП-25795/2019 CFC税制通知の技術的過誤
Arbitration Appellate Court of Moscow decision No. 09АП-25795/2019 (case No. A40-267038/18) (2019.7.9) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.7.30


2019/07-39 墺行政最高裁Ro 2018/13/0004ルクセンブルク法人の欧州親子会社指令の濫用の有無
オーストリア行政最高裁Österreichischer Verwaltungsgerichtshof Ro 2018/13/0004 vom 27. März 2019 公式解説Körperschaftsteuer: Wirtschaftliche Gründe iSd § 22 BAO für die Zwischenschaltung von EU-Gesellschaften 解説IBFD TNS 2019.7.30 ルクセンブルク法人(LuxCo1)(従業員0)がオーストリア株式会社(L-AG:Aktiengesellschaft)の株式の39.73%を保有していた。LuxCo1の株式の100%をルクセンブルク法人(LuxCo2)(従業員3人)が保有していた。LuxCo2の株式の100%を、ケイマン信託会社(T-Ltd)を経由して豪州(オーストラリア)基金が保有していた。豪州B Pty Limitedが当該基金に助言していた。L-AGは約10百万ユーロを分配した。配当に係る源泉徴収税免除の1年保有要件を満たしてなかったのでL-AGは250万ユーロを源泉徴収納付した。1年保有期間経過後、LuxCo1は配当源泉徴収税還付を求めた。墺課税庁は、ルクセンブルク法人の役割が商業目的に貢献してないとして、拒絶した。ルクセンブルク法人や「directive shopping」(欧州親子指令の濫用)であるとした。連邦租税裁判所は、オーストリア連邦租税法典(Bundesabgabenordunung)§22に照らし、ルクセンブルク法人の実質と機能を認めがたいとした。行政最高裁は原審を覆した。


2019/07-38 瑞連邦最高裁2C_653/2018瑞仏執行共助
スイス連邦最高裁Bundesgericht case 2C_653/2018 (2019.7.26) 解説IBFD TNS 2019.7.29


2019/07-37 ULO Systems (ITA 5279/2011) UAEの石油ガス産業建築会社の船舶利用注入でPE認定
ULO Systems LLC v. DCIT (ITA 5279/2011) Indian Income Tax Appellate Tribunal 2019.3.29 (未入手) 解説IBFD TNS 2019.7.29 (grouting work through vessel) 同じITATの2018年度の判決(101 taxmann.com 490])に賛同しなかった。 Rakesh Nangia & Sudin Sabhnis, Construction PE − An Intriguing Conundrum!! (taxsutra 2019.4.15)


2019/07-36 希行政最高裁No. 153/2018社会連帯特別一括税と希伊租税条約
ギリシャSupreme Administrative Court decision No. 153/2018 (publish 2019.7.25) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.7.29


2019/07-35 希行政最高裁No. 2556/2018減価償却の義務
ギリシャSupreme Administrative Court judgement (No. 2556/2018) (publish 2019.7.25) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.7.29


2019/07-34 仏国務院424216米仏FATCA有効
Conseil d'État no. 424216 ECLI:FR:CEASS:2019:424216.20190719 (2019.7.19公開) 解説IBFD TNS 2019.7.24


2019/07-33 Hyva (ITA 3816/Mum/2017)技術役務対価としての源泉徴収税の可否
DCIT (Dy. Commissioner of Income Tax) v. Hyva Holding B.V. (ITA 3816/Mum/2017) Income Tax Appellate Tribunal (2019.4.30) 解説IBFD TNS 2019.7.23オランダ法人たる原告はインド子会社に役務を提供した。インド課税庁は当該役務が「管理、技術、諮問の役務(managerial, technical and consultancy services)」を含むとして条約12条5項のFTS (fees for technical services)に当たるとした。納税者勝訴。


2019/07-32 蘭最高裁17/05809韓国での掘削船監督活動等で韓国PEが認められず二重課税救済は無い
Hoge Raad der Nederlanden (17/05809) (2019.7.19) ECLI:NL:HR:2019:1220 解説IBFD TNS 2019.7.22オランダ居住者たる原告はオランダ法人に雇用されており世界各地で石油ガス掘削作業に従事していた。2010年に韓国に派遣された掘削船監督等を担った。韓国滞在日数は183日未満。原告は韓国PE関連賃金であるとして二重課税救済をオランダ課税庁に求めた。Arnhem-Leeuwarden Court of Appeal判決を是認し、掘削船監督活動は利益を生む掘削活動からかけ離れているため当該オランダ法人が韓国にPEを有しているとは認められないと判示した。


2019/07-31 以地裁2019.7.14無申告所得課税において法令上の期間制限に課税庁は縛られない
Israeli District Court 2019.7.14(未入手)解説IBFD TNS 2019.7.22


2019/07-30 Credit Suisse Securities, [2019] EWHC 1922 (Ch)
Credit Suisse Securities (Europe) Ltd & Ors v HMRC, [2019] EWHC 1922 (Ch) (19 July 2019) ; 解説Jane Croft, Credit Suisse loses court challenge over UK banker bonus tax: Swiss lender was seeking to claw back £239m levy imposed in wake of financial crisis (Financial Times 2019.7.19)


2019/07-29 Mihelick, No. 17-14975
Nora L. Mihelick v. US, No. 17-14975 (11th Cir. 2019.6.29) 解説Ex-Wife, Business Partner Denied Refund Beats IRS At Eleventh Circuit (taxprof blog 2019.7.19)


2019/07-28 ウクライナ最高裁case No. 822/1807/17納税者登録取消…連結納税に伴い
Supreme Court, in case No. 822/1807/17 (No. К/9901/31141/18) (2019.7.20) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.7.19


2019/07-27 露最高裁A05-879/2018法人税制上動産が不動産として扱われる場面
Supreme Court decision no. 307-ЭС19-5241 (case no. A05-879/2018) (2019.7.12) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.7.19伐採業者が木材加工場の山登り装置を動産として登録していた。


2019/07-26 蘭最高裁(18/03647)ベルギー居住組合員の利益の半分についてオランダ居住組合員が恒久的代理人である
オランダ最高裁Hoge Raad der Nederlanden (18/03647) (ECLI:NL:HR:2019:1229) (2019.7.19) 解説IBFD TNS 2019.7.19


2019/07-25 Shohat (AA 55937-01-17)従業員ストックオプションへのキャピタルゲイン税率適用の有無
Shohat vs The State of Israel, Israeli Court (AA 55937-01-17) (2019.7.4)(未入手)解説IBFD TNS 2091.7.19 普通株式とA級株式(配当受領権のみ)を発行している会社が所得税規則102条に従い従業員ストックオプションを提供した。23%のA級株式で会社の総配当の9.99%を占める。課税庁は、23%は支配的であるので102条を満たさず、キャピタルゲイン税率(25%)ではなく給与所得税率(50%上限累進)が適用されると主張した。


2019/07-24 モルドバ憲法裁判所:収入と同額の罰金は違憲である
article 10 (4) of Law No. 845 of 3 January 1992 解説IBFD TNS 2019.7.18


2019/07-23 ルーマニア欧Grup Servicii Petroliere (C-291/18)石油リグ売却に公海船舶売却(VAT0税率)か
Grup Servicii Petroliere SA v. Romania (C-291/18) Advocate General Hogan opinion (2019.4.10); Judgment () 解説IBFD TNS 2018.7.23; IBFD TNS 2019.7.18 ルーマニア法人Servicii Petroliere社(SP社)は2008年5月に3つの沖合石油リグをMaltese社に売却した。リグは浮遊型であり好きな場所に移動させ固定させることができる仕様であった。売却当時、リグはルーマニア海岸の外の黒海に位置していた。SP社は、公海における船舶の供給に適用される0税率(EU VAT指令148(c))のつもりでいた。


2019/07-22 白欧Infohos (C-400/18)対会員提供役務VAT非課税の範囲
Infohos v. Belgische Staat (C-400/18) Advocate General Pitruzella opinion (2019.7.11); Judgment (2019.11.20) 解説IBFD TNS 2018.8.27; IBFD TNS 2019.7.18 Infohosは社会保障のための公共センター(?public centres for social welfare)によって設立されたassociation(社団?)であり会員及び非会員に病院役務等を提供している。2000年、InfohosはIHC-Group NV(グループの会員ではない)と契約を締結し、会員に提供するソフトウェアアプリを共同で開発することとした。InfohosはVAT登録をしていなかった(IGP:independent groups of personsに関するVAT非課税)。2005年、ベルギー課税当局は、非会員(IHC-Group NV)に対する役務提供がVAT非課税ではない(IGPの要件を満たさない)と主張した。


2019/07-21 独BFH VI R 27/17旅費控除制限合憲
Bundesfinanzhof mit Urteil vom 4. April 2019 VI R 27/17 (Urteile vom 10. April 2019 VI R 6/17, vom 11. April 2019 VI R 36/16, vom 11. April 2019 VI R 40/16 und vom 11. April 2019 VI R 12/17).; Pressemitteilung Nr. 43/19 vom 18. Juli 2019 BFH bestätigt neues Reisekostenrecht


2019/07-20 独BFH III R 42/18児童控除
Bundesfinanzhof Urteil vom 20. Februar 2019 III R 42/18; Pressemitteilung Nr. 42/19 vom 18. Juli 2019 Kindergeld: Abgrenzung zwischen Erst- und Zweitausbildung bei einem bereits erwerbstätigen Kind 原告(母)の娘(1991.3生)は2013年7月まで行政職の職業訓練をしていた。2013年11月から2016年7月の間、行政特別職の職業訓練をこなした。加えて当該娘はフルタイムで市役所に勤めていた。


2019/07-19 以地裁2019.4.10スーパーモデルの居住地が国外であるとの主張を棄却
イスラエル地裁2019.4.10判決(事件番号不明、未入手)解説IBFD TNS 2019.7.17イスラエル出身イスラエル国籍Bar Refaeli氏が2009-2010年においてLeonardo DiCaprio氏と交際していたのでイスラエル居住者ではないと主張していた。イスラエル最高裁に上告する由。


2019/07-18 ウクライナ最高裁K/9901/4500/18ポーランドとの租税条約に関しPEが親会社から受領した基金は非課税
Ukrainian Supreme Court decision no. K/9901/4500/18 (2019.5.24。2019.6.25公開) case no. 826/3191/13-a(未入手)解説IBFD TNS 2019.7.16


2019/07-17 瑞連邦最高裁2C_249/2018源泉徴収税還付請求の期間制限と租税条約との関係
スイス連邦最高裁判所Bundesgericht 2C_249/2018 Urteil vom 25. Juni 2019 解説IBFD TNS 2019.7.15 フランス法人たる原告がスイス子会社から配当(2009-2011)(源泉徴収税・予納税を引いた額)を受けた。原告がスイス課税庁に還付請求をした(2016年)。課税庁は、還付請求の期間制限(3年間)内でなかったとして拒絶した。租税条約に還付に関する法令上の制限について規定が無いので、スイス国内法の制限が適用されるとした。参照2C_518/20192020/02-11


2019/07-16 仏国務院n° 421460連結納税拒絶について行政裁判所で争える
Conseil d'?tat case n° 421460/2019 ECLI:FR:CECHR:2019:421460.20190701 (2019.7.1) 解説IBFD TNS 2019.7.15


2019/07-15 ナイジェリア控訴審(CA/l/556/2018)輸入役務課税
Vodacom Business Nigeria Limited v. Federal Inland Revenue Service, Court of Appeal in the Lagos Judicial Division (CA/l/556/2018) (2019.6.24) 解説IBFD TNS 2019.7.12ナイジェリア法人Vodacom社はオランダ法人New Skies Satellites社と契約し衛星経由で帯域利用能力(badwidth capacities)を提供してもらっていた。NSS社はVodacom社にVATを請求していなかった。


2019/07-14 伯最高裁591,340欠損金繰越控除を利益の30%に制限することは合憲
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal decision Extraordinary Appeal 591,340 (Recurso Extraordinário 591,340) (2019.6.27) 解説IBFD TNS 2019.7.11


2019/07-13 独BFH VIII R 24/15法律事務所から抜けた弁護士が後継会社の株主となり直ぐに退社し退職金を受ける
Urteil des Bundesfinanzhofs vom 15. Januar 2019 VIII R 24/15; Pressemitteilung Nr. 40/19 vom 11. Juli 2019 Keine Tarifbeg?nstigung bei Realteilung mit Verwertung in Nachfolgegesellschaft争点は、組合の清算部分と、業務割当退職金の部分との、按分的な扱いを認めてもらえるか(加えて原告は後継会社段階で損失を被っていた)。裁判所は所得税法18条3項、16条4項、34条2項の按分的扱いを認めた。


2019/07-12 西控訴審IKEA (2019.3.6) 移転価格
IKEA (Spanish Court of Appeal 2019.3.6未入手) 解説Pilar Barriguete & Edland Graci, Spanish appeals court rules on IKEA subsidiary's approach to transfer pricing comparability, arm's length range (MNE Tax 2019.6.24)


2019/07-11 蘭欧(SA. 51284) NIKEへの国家補助
European Commission Daily New 01/07/2019 SA. 51284  著者不明?Non-confidential version of the European Commission's decision to open an in-depth investigation into the tax treatment of Nike in the Netherlands published (International Tax Plaza 2019.7.1)


2019/07-10 波欧(T-836/16) & (T-624/17) →(SA.44351)累進的デジタルサービス売上税
Poland v. Commission (T-836/16)
 Leopoldo Parada, EU loss in Polish State aid case may be a win for digital services tax (MNE Tax 2019.5.17)
 Ruth Mason & Leopoldo Parada, Mason, Digital Battlefront in the Tax Wars, 92 Tax Notes International 1183 (2018.12.17)
 SA.44351
 Patricia Lampreave, EU court addresses legality of progressive turnover taxes (MNE Tax 2019.6.30)
 Doug Connolly, CJEU confirms Polish and Hungarian progressive turnover taxes do not violate EU law (MNE Tax 2021.3.17)


2019/07-09 独BFH X R 28/17期限後年金申告における支払遅延は合憲
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil vom 20.2.2019 X R 28/17; Pressemitteilung Nr. 39/19 vom 4. Juli 2019 Verspätungsgeld für nicht fristgerecht übermittelte Rentenbezugsmitteilungen rechtmäßig


2019/07-08 仏国務院No. 422780スイス居住者への社会保障税賦課否認
Conseil d'État No. 422780 ECLI:FR:CECHR:2019:422780.20190701 (2019.7.1) appeled from Nancy Cour administrative d'appel (2018.5.31) 解説IBFD TNS 2019.7.4 義務的社会保障協定をフランスと締結してない個人であって他のEU国またはEEA加盟国(スイスを含む)と締結している個人に、フランスの社会保障税を課してはならない。関連Dreyer (C-372/18)


2019/07-07 蘭最高裁2019 18/02384ベルギー居住者に支払われる会社清算所得への課税
オランダ最高裁Hoge Raad der Nederlanden (2019 18/02384) (2019.6.21) ECLI:NL:HR:2019:1019 解説IBFD TNS 2019.7.3 X氏は1992年にオランダからベルギーに移住した。オランダ法人Y社の25.5%の株式を保有していた。会社は2006年に清算した。X氏は清算所得について持分割合が大きいので蘭白租税条約10条に従い15%の税を課した。Hertogenbosch控訴審(Gerechtshof 's-Hertogenbosch van 19 april 2018, nr. 16/03902)は、条約下でオランダの課税が認められるとした。最高裁も維持した。


2019/07-06 南ア租税裁判所:蘭との租税条約における最恵国待遇
Tax Court of South Africa (Cape Town) (2019.6.12)(未入手)解説IBFD TNS 2019.7.2南アフリカ法人たる原告の100%株式をオランダ法人が保有していた。原告は2012年4月及び10月に配当を支払い5%の源泉徴収税(租税条約10条2項)を支払った。が、後に配当宣言は不正確であったとし、2013年3月以降の配当の税率は0%であると主張した(南ア蘭租税条約10条10項、南ア・スウェーデン租税条約10条による最恵国待遇条項、南ア・クウェート租税条約の配当取扱い)。裁判所は最恵国待遇が適用されるとした。


2019/07-05 リトアニア行政最高裁eA-109-968/2019配当源泉徴収税回避違法
Lithuania Supreme Administrative Court decision (eA-109-968/2019) (2019.1.29, published 2019.6.20)(未入手)解説IBFD TNS 2019.7.2リトアニア法人X社の個人株主A氏が、X社の所得を、新設のY社(X社の100%を保有する持株会社)を経由してA氏に流し、配当支払に係る源泉徴収税の回避を企図した。


2019/07-04 洪欧Hungary v. Commission (T-20/17)広告税|欧州委員会決定を欧州司法裁判所が破棄
Hungary v. Commission (T-20/17) (appele C-204/17 P(R)); Order ECLI:EU:T:2017:203 (2017.3.23); Judgment ECLI:EU:T:2019:448 (2019.6.27); General Court of the European Union: Press Release No. 84/19 (2019.6.27) 解説IBFD TNS 2019.7.2; Patricia Lampreave, EU court addresses legality of progressive turnover taxes (MNE Tax 2019.6.30)


2019/07-03 Blue Lake Rancheria Economic Development Corp., 152 TC No 5
Blue Lake Rancheria Economic Development Corp. v. Commissioner, 152 T.C. No. 5 (2019.3.6) 解説Keith Fogg, Who Owes the Tax - Blue Lake Rancheria (Procedurally Taxing 2019.7.1)


2019/07-02 東京高H30.10.31平30行コ104
第858回租税判例研究会欠席 岸田貞夫2019年7月19日報告 東京高判平成30年10月31日平成30(行コ)104号棄却LEX/DB 25562636 原審東京地判平成30年3月13日平成28(行ウ)411号一部棄却、一部却下LEX/DB 25552507


2019/07-01 東京高H30.8.1平30行コ58期限後申告は法廷納期限後5年経過による徴収権時効消滅と共に不可となる
第857回租税判例研究会 品川芳宣2019年7月5日報告 東京高判平成30年8月1日平成30(行コ)58号D1-Law28263996原審千葉地判平成30年1月16日平成28(行ウ)26号請求棄却D1-Law28263995 Tains Z888-2194品川芳宣「所得税における損失の繰越控除手続と期限後(修正)申告の期間期限等」T&A master 773号15-24頁(2019.2.4)
 原告(X氏)は給与所得(公務員)で生計を立てている。先物取引に係る差金等決済による収入(損失)を申告していなかった。
 平成20年分-2116万0293円 平成21年分+1331万7168円 平成22年分-1463万9742円 平成23年分-0834万2762円 平成24年分1289万9344円 平成25年分+2363万2268円  住吉税務署長はXに対し平成26年11月7日付「平成21年〜25年分の所得税の確定申告について」書面で平成26年11月18日の来署を求め、Xは来署した。上席国税調査官YとXとの面談において、Xは平成20年分の雑所得に係る損失を平成21年分に繰り越すことを求めたが、Yは、平成20年分所得税が法定納期限(平成21年3月16日)から5年を経過しているため時効により期限後申告(国税通則法18条)をすることはできない旨をXに告げた。税務署長は、平成21年分について決定処分及び無申告加算税賦課決定処分を、平成25年分について無申告加算税賦課決定処分をした。
 主な争点は2つ。
 (1)平成20年分について平成26年3月16日以降期限後申告をすることができなくなるか。
 (2)平成25年分についての期限後申告は調査・更正等を予知してなされたものか。(割愛――平成24年9月12日付課総5-9ほか9課共同「国税通則法第7章の2(国税の調査)関係通達の制定について(法令解釈通達)」により「調査」概念が狭く記載されていることについて報告者はいたく不満気であった――「「当該職員が行う行為であって、次に掲げる行為のように、特定の納税義務者の課税標準等又は税額等を認定する目的で行う行為に至らないものは、調査には該当しないことに留意する。また、これらの行為のみに起因して修正申告書若しくは期限後申告書の提出又は源泉徴収に係る所得税の自主納付があった場合には、当該修正申告書等の提出等は更正若しくは決定又は納税の告知があるべきことを予知してなされたものには当たらないことに留意する。」と定め、上記行為の例として、「(3) 納税申告書の提出がないため納税申告書の提出義務の有無を確認する必要がある場合において、当該義務があるのではないかと思料される者に対して、当該義務の有無を確認するために必要な基礎的情報(事業活動の有無等)の自発的な提供を要請した上で、必要に応じて納税申告書の自発的な提出を要請する行為。」」)
 判旨
 (1)「所得税の申告に関しては、法「25条の規定による決定があるまで」(法18条1項)のほかに、期限後申告をすることができる期間について明示する規定はない。
  しかしながら、国税の徴収権は、原則としてその国税の法定納期限から5年間行使しないことによって、時効により消滅し(法72条1項)、その時効については、その援用を要せず、また、その利益を放棄することができない(同条2項)ことからすると、時効期間が経過した場合は、納税者が時効の利益を受ける意思があるか否かを問わずに絶対的に消滅し、課税庁は徴収手続をすることができないと解するのが相当である(なお、法25条の規定による決定についても、原則として、その決定に係る国税の法定申告期限(所得税の場合は、法定納期限と同日)から5年の除斥期間に服する(法70条1項1号)。)。
  そして、確定申告は、納税者自らの判断と責任においてその納税額を自ら確定させる行為であると解されるから、法25条の規定による決定がされない場合であっても、当該申告の対象となる国税の時効期間が経過し、抽象的な納税義務自体が消滅し、具体的な納税義務の内容をおよそ確定することができなくなったときには、期限後申告をすることはできなくなると解するほかはなく、したがって、納税者が期限後申告をすることができる期間は、原則として、当該国税に係る法定納期限から5年間(ただし、国税の徴収権で、偽りその他不正の行為によりその全部若しくは一部の税額を免れ、又はその全部若しくは一部の税額の還付を受けた国税等に係るものの時効は、当該国税等の法定納期限から2年間は進行しない(法73条3項本文参照)ので、この場合には、期限後申告をすることができる期間は、法定納期限から7年間)であると解するのが相当である。
」(千葉地判)
 「控訴人は、平成20年分の先物取引に係る繰越損失用の確定申告書に記載する損失の金額は、繰越控除ができる期間が平成21年分ないし平成23年分と定められているから、平成23年分の国税の徴収権が完全に消滅するまでの間は、平成20年分の同申告書の提出に実益がないとはいえないと主張する。   措置法41条の15第1項及び第3項によれば、ある年の先物取引の差金等決済に係る損失の金額については、損失明細書等を添付し、繰り越される損失の金額等を記載した同年分の確定申告書又は所得税法123条1項の確定損失申告書(以下、併せて「確定申告書等」という。)を提出すれば、同損失を3年間繰り越して、翌年以降の先物取引に係る雑所得等の金額から計算上控除することができるものとされている。そういうことから、控訴人は、平成20年分の国税の徴収権が時効消滅した後であっても、平成21年分以降に損失を繰り越すために平成20年分の申告書を提出することに実益があると主張するものと思われる。
  ところで、先物取引の差金等決裁に係る損失の金額は、他の所得の金額と損益通算することはできず、他の所得の損失を先物取引に係る雑所得等の金額と損益通算することもできないところ、所得税法123条1項に規定する「確定損失申告書」は、先物取引に係る雑所得等以外の他の所得について同法所定の損益通算を行った結果、純損失となったときに提出する申告書であり(なお、控訴人の平成20年分の申告は、これには該当しないと推認されることから、確定損失申告書を提出すべき場合ではない。)、先物取引の差金等決済に係る損失の金額について、これを繰り越すには、上記のとおり、損失明細書等を添付し、繰り越される損失の金額等を記載した確定申告書等を提出することになるものである。
  すなわち、前年以前3年以内の各年において生じた先物取引の差金等決済に係る損失の金額を有する場合に、この損失に相当する金額を先物取引に係る雑所得等の金額から計算上控除を受けようとするときには、損失の金額が生じた年分の当該先物取引の差金等決済に係る損失明細書等を添付し、繰り越される損失の金額等を記載した確定申告書等を提出する必要があり、翌年以降も連続して損失明細書等を添付するなどした確定申告書等を提出しなければならないものである。そして、この確定申告書等には、先物取引に係る雑所得等における繰り越される損失の金額等を記載するだけではなく、給与収入、事業収入等の収入金額等や所得金額等、医療費控除、社会保険料控除等の所得から差し引かれる金額等々の所定の確定申告書等への記載事項も記載しなくてはならない(所得税法施行規則47条参照)。
  そして、先物取引に係る雑所得等における繰り越される損失の金額が記載され、損失明細書等が添付された確定申告書等が提出されると、課税庁は、提出された確定申告書等の記載内容を確認し、必要に応じて調査し、その記載内容に誤りがあれば、納税義務が生じさせ、納税すべき金額等を変更させて更正又は決定を行なうこととなる(法24条、25条)。申告書の記載の誤りには、複数の先物取引について算定に誤りがある場合もあり得ようし、その他の所得について誤りがある場合もあり得ようが、いずれにしろ、このように、課税庁が調査を行い、更正又は決定を行なうことができるのは、国税の徴税権が存在することが前提となるのであり、国税の徴収権の消滅時効の期間が経過して徴税権がなくなり、課税庁が、提出された確定申告書等に誤りがあるかどうかを調査できず、更正又は決定ができない時点(法72条に規定される時効期間は、法70条に規定される更正、決定の期間制限と平仄が合っている。)に至っても、仮に確定申告書等の提出を許すこととすると、課税庁としては申告書の記載をそのまま認めるしかないことになってしまい、課税の適正・公平が確保できないことになるから、この実質的観点からみても、前記説示(2(1))のとおり、消滅時効期間の経過によって国税の徴収権そのものが確定的に消滅した場合には、先物取引に係る雑所得等における繰り越される損失の金額が記載され確定申告書等の提出はできなくなるものと解することが相当である。
  平成20年分の国税の徴収権が時効消滅した後であっても、平成21年分以降に損失を繰り越すために平成20年分の申告書を提出することに実益があると控訴人の主張する、平成20年分の確定申告書についても、消滅時効の絶対的効力の観点からみても、上記の実質的観点からみても、これと異なる取扱いをすることはできない。
」(東京高裁追記)
 報告者は、期限後の減額更正が緩やかに認められてきた先例に鑑みても(京都地判昭和51年9月10日行集27巻9号1565頁)、また、判例・裁判例とはならない実務において期限後減額更正が緩やかになされてきたことに鑑みても、平成20年分についての期限後申告が5年経過後一切できなくなるとする固い解釈を採らなくてもよい、と解する余地が無いとまでは言えないではないか、今回の問題は平成20年分の課税ではなく平成21年分の課税をするための参照材料として平成20年分の情報も勘案するかということであり従来の緩やかなやり方を勘案すると平成20年分の損失を勘案する余地もないとまでは言えないのではないか、と報告した。
 京都地裁の事例は訴訟継続中であるので確定してないという解釈論の余地がありえたのかもしれない(とは言っても相当に無理のある判決ではあるが)一方で、期限後減額更正は違法と言わざるをえないのではないか(納税者が争わないだけであって違法であるという評価は覆らないのではないか)といった質問がフロアから提起された。
 国税通則法が定める時効消滅は徴収権についてであるところ、徴収権はプラスの税額の時だけ意味を持ち、プラスとマイナスが意味を持ちうる課税所得等の額に関する課税権(または納税義務)と徴収権とは同じではなく、徴収権の時効消滅を以って納税義務に関する期限後申告が直ちにできなくなるとまで言うことは必然とまでは言えない、と報告者は述べた。
 これに対する課税庁側の論拠を補強するのが、控訴審における租税特別措置法41条の15の意義なのではないか、という質問がフロアから提起された。
 私は、仮にXが事業を営んでいて事業所得については申告をしていた(先物取引については申告してなかった)という事案であったならば、平成20年分については期限後申告ではなく更正の請求(国税通則法23条1項)の期間制限(平成24年改正後は5年間)に引っかかって当然に許されないこととなると思われるところ、本件のXが給与所得稼得者で申告をしていなかったという事例において本件のXを救うとしてしまうことは、均衡を欠くのではないか(言い換えると、裁判所の結論は結果論かもしれないが均衡がとれているという面でも肯定的材料となりうる)という質問をした。


2019/06-24 Renee Vento, 152 T.C. No. 1時期に後れた攻撃防御方法
Renee Vento, et al, v. Commissioner, 152 T.C. No. 1 (2019.2.4) 解説 Keith Fogg, Petitioners Cannot Raise New Issues at Rule 155 Stage of Tax Court Case (Procedurally Taxing 2019.6.27)
 Renee Vento et al. v. Commissioner, (147 T.C. No. 7) (147 T.C. 198) (2016.9.7) 解説Andrew Velarde, 2016 WTD 175-7 Virgin Islands Case is Caurionary Tale for U.S. FTC Claimants; IBFD TNS 2016.9.9
 追記Renee Vento, et al. v. Commissioner, 2021 U.S. App. LEXIS 4714, No. 19-71601, No. 19-71602 and -71603 (2021.2.18) 解説IBFD TNS 2021.2.19


2019/06-23 Schoenfeld, 2019 U.S. Dist. LEXIS 105906 FBAR違反
US v. Robert Schoenfeld, as distribute of the Estate of Steven Schoenfeld, 2019 U.S. Dist. LEXIS 105906, US District Court for the Middle District of Florida Jacksonville Division, Case No. 3:16-cv-1248-J-34PDB (2019.6.25) 解説IBFD TNS 2019.6.28Report of Foreign Bank and Financial Accounts (FBAR)


2019/06-22 白最高裁2019.5.24 Notional Interest Deduction利用目的の人為的仕組み
ベルギー破毀院?Belgique/ België, Cour de Cassation/Hof van Cassatie, 24 mai/mei 2019, (未入手) 解説IBFD TNS 2019.6.28フィンランド法人がスウェーデン子会社を経由してロシア法人を買収した。この買収は2008年設立のベルギー法人にルート変更された。買収の資金調達は以下の2つのローンに拠っていた。(1)フィンランド法人からベルギー法人への30億ユーロのローン。(2)ベルギー法人からスウェーデン法人への30億ユーロのローン。フィンランド法人はローン債権をベルギー法人に出資することで資本を24億ユーロ増やした。Notional Interest Deduction(想定元本利子控除。資本に係る利子控除)の利用がこの構造の目的であった。スウェーデン法人からの受領利子からNIDが控除され、フィンランド法人へ配当支払という形式となる。課税庁は、利子とローン債権が異常な経済的環境(abnormal economic circumstance)で受領されたものであると主張した。ベルギー法人は人為的な仲介会社(artificial intermediary company)であると主張した。Antwerp控訴審はabnormal artificial tax planningではないとした。最高裁(破毀院?)は逆転させた。


2019/06-21 ウガンダ高裁2019.6.14通達の拘束力と保険代理人の従業員性
Insurance companies in Uganda (several appellants) v. Uganda Revenue Authority, High Court of Uganda (Commercial Division) (2019.6.14)未入手 解説IBFD TNS 2019.6.27; IBFD TNS 2019.6.28歳入庁長官は自身の通達(practice note)に拘束されないとした原審(Tax Appeals Tribunal, in TAT No. 40 of 2017, 2018.8.3)の判断は誤りである。保険代理人は「専門家」(professional)ではなく会社の従業員であるとしたことも誤りである。


2019/06-20 希行政最高裁no. 2570/2018費用に基づく所得の推計
Greece Supreme Administrative Court judgment no. 2570/2018 (2019.6.20公表?)解説IBFD TNS 2019.6.27


2019/06-19 Mr and Mrs PQ, [2019] UKFTT 371 (TC)第三者情報収集
Mr and Mrs PQ v HMRC, [2019] UKFTT 371 (TC) (12 June 2019) 解説 Unknown, UK tribunal holds that third-party information notices now have global reach (STEP 2019.6.17)


2019/06-18 Hawk, 924 F3d 821
Hawk v. Commissioner, 924 F3d 821 (6th Cir. 2019.5.15) 解説Guest Blogger, The Sixth Circuit Sustains the IRS on Another MidCoast Transferee Liability Case (Procedurally Taxing 2019.6.26)


2019/06-17 Daniela Dadurian, 2019 U.S. Dist. LEXIS 104683故意FBAR違反
US v. Daniela Dadurian, 2019 U.S. Dist. LEXIS 104683, US District Court for the Southern District of Florida, Case No. 19:18-cv-81276-ROSENBERG/REINHART, 2019.6.24解説IBFD TNS 2019.6.26


2019/06-16 芬行政最高裁KHO:2018:11相対金銭消費貸借とクラウドファンディング
Finland Supreme Administrative Court (Korkein hallinto-oikeus) KHO:2018:11 (2018.1.19) →guidance VH 1804/00.01.00/2019 解説IBFD TNS 2019.6.26 peer-to-peer loanの譲渡損失が確定的なものであれば所得税法上控除できる。


2019/06-15 西欧Energía de Galicia (Engasa) (C-105/18 to C-113/18)国家補助該当性
Energía de Galicia (Engasa), S.A. v. Administración General del Estado and others (Joined Cases C-105/18 to C-113/18) Advocate General Hoogan opinion (2019.5.8); Judgment (); 2018 WTD 100-16 CJEU to Consider Spanish Tax on Inland Waters Used to Produce Energy等 解説IBFD TNS 2018.5.14; IBFD TNS 2019.6.25


2019/06-14 洪欧Vodafone Magyarország Mobil Távközlési (C-75/18)テレコム税
Vodafone Magyarország Mobil Távközlési Zrt. v. Nemzeti Adó- és Vámhivatal Fellebbviteli Igazgatósága (C-75/18) Advocate General Kokott opinion (2019.6.13); Judgment () 解説IBFD TNS 2019.6.25 原告はハンガリー法人で上場有限会社。唯一の株主たる親会社はオランダ法人Vodafone Europe B.V.。テレコム累進税による異なる課税が設立の自由を侵すか。低売上に対する補助金か。売上基準テレコム税は売上税か所得税か。
@masayoshimu
Leopoldo Parada, On turnover-based taxes and digital taxes: the EU Advocate General's opinion in Vodafone (MNE Tax 2019.6.17)


2019/06-13 希行政最高裁no. 580/2019利子使用料源泉徴収非課税
Greece Supreme Administrative Court judgment no. 580/2019 (2019.6.14)解説IBFD TNS 2019.6.24


2019/06-12 ノルウェー租税審判所Ruling 01 NS 9/2019会社買収後の欠損金繰越
ノルウェー租税審判所(?)Ruling 01 NS 9/2019 (2019.6.13 publish)解説IBFD TNS 2019.6.21ノルウェー法人B社が薬品新興会社A社の株式を購入した。A社には繰越欠損金があった。租税法14条90項は株式買取の主たる動機が欠損金利用である場合に欠損金利用を禁じていた。B社の知的財産の価値より欠損金利用の価値を重視していたとして納税者側の主張を斥けた。


2019/06-11 ウクライナ最高裁0940/1240/18 VAT登録拒絶にあたり役務の詐欺性を審査(勘案?)してはならない
Ukraine Supreme Court in case No. 0940/1240/18 (2019.5.21)(未入手)解説IBFD TNS 2019.6.19


2019/06-10 米テキサス連邦地裁Edward S. Flume 2019.6.11 FBAR違反故意
US v. Edward S. Flume, US District Court for the Southern District of Texas, Laredo Division, Civil Action No. 5:16-CV-73, 2019.6.11解説IBFD TNS 2019.6.14 failure to file Reports of Foreign Bank and Financial Accounts (FBARs)


2019/06-09 独FG Duesseldorf 7 K 1093/18 Kg→上訴BFH Az. III R 35/19障害子扶養控除の申告前の適用
FG Düsseldorf , Urteil vom 26.04.2019 - 7 K 1093/18 Kg→上訴Bundesfinanzhof unter dem Az. III R 35/19


2019/06-08 独BFH IX R 44/17給与か補償手当か
Bundesfinanzhof Urteil vom 12. März 2019 IX R 44/17 | Pressemitteilung Nr. 36/19 vom 13. Juni 2019 Keine Steuersatzermässigung f?r Aufstockungsbeträge zum Transferkurzarbeitergeld 従業員たる原告が24年間勤務した後で転職。前雇用主が原告に和解金を支払う。同時に次の雇用主?(Transfergesellschaft運輸会社なのか次の会社なのか?)が原告と2年間の契約を締結し原告は職業訓練を受ける。Transfergesellschaftが原告に§ 111 des Dritten Buchs Sozialgesetzbuch (SGB III)に従い移転手当?(Gewährung von Transferkurzarbeitergeld)を給付した。課税庁は給与であると主張し、原告は補償手当(軽減税率に服する)であると主張した。BFHは課税庁支持。


2019/06-07 洪欧Glencore Agriculture Hungary (C-189/18)付加価値税詐欺
Glencore Agriculture Hungary v. Nemzeti Adé- és Vámhivatal Fellebbviteli Igazgatósága (C-189/18) Advocate General Bobek opinion 2019.6.5; Judgment (2019.10.16) 2018 WTD 124-21 EU Court to Consider Hungarian Administration of VAT Inspection Rights 解説IBFD TNS 2018.6.26; IBFD TNS 2019.6.12 Glencore社はシリアル等の卸売業を営む。Glencore社に供給する者が偽造インボイスを用いていたのでGlencore社の仕入税額控除を課税庁が一部否認した。


2019/06-06 露最高裁A70-6340/2018キプロス&セイシェル諸島未受領利子控除認めず
Supreme Court decision no. 309-ЭС19-4171 (case no. A70-6340/2018) (2019.4.23) (公表2019.5.20)解説IBFD TNS 2019.6.7


2019/06-05 独BFH VI R 18/17家具等の控除
Bundesfinanzhof mit Urteil vom 4. April 2019 VI R 18/17 | Pressemitteilung Nr. 35/19 vom 6. Juni 2019 Doppelte Haushaltsführung: Kosten für Einrichtungsgegenstände voll abziehbar 1000ユーロ控除制限は適用されない。


2019/06-04 McCabe, [2019] UKFTT 317 (TC)
McCabe v. HMRC, [2019] UKFTT 317 (TC) (2019.5.20) 解説IBFD TNS 2019.6.5


2019/06-03 白憲法院75/2019配当逓減源泉徴収税率は新株についてのみ適用
Belgie Cour Constitutionnelle No. 75/2019 (2019.5.23) (判決文未入手) 解説IBFD TNS 2019.6.5


2019/06-02 名古屋地判H29.9.21平27行ウ125源泉所得税の誤納金還付請求事件行使可能時期は受給者から返還された時
第856回租税判例研究会佐藤英明2019年6月21日報告 名古屋地判平成29年9月21日平成27(行ウ)125号一部認容、一部棄却(ほぼ全部認容に近い)(控訴) 受給者の利得が失われるまでは源泉所得税誤納金還付請求権の行使に法律上の障害があるとされた事例
 判旨1「A株式会社の意思と関係なく,本件退職慰労金に相当する資産が持ち出された等の事情はうかがわれないこと,Cは,A株式会社の設立された昭和56年5月19日から退任日である平成20年5月16日までの約27年間にわたって,A株式会社の代表取締役としての業務を遂行してきたことや,Cが代表取締役及び取締役を退任した直後に本件退職慰労金手取額の過半の額の支払がされていることを考慮すると,本件退職慰労金の支給が株主総会決議という手続的要件を欠き,かつ,その額が相当性を欠く疑いがあったとしても,従来の継続的な職務に対する報償ないしその間の職務の対価の一部の後払いとしての性質が直ちに否定されるものではない。」(17-18頁)
 判旨2「所得税法上の所得は専ら経済的面から把握すべきものであり,経済的にみて利得者がその利得を現実に支配管理し,自己のために享受する限りその利得は所得を構成するのであるから,〔CからXへの〕上記返還によって所得の経済的成果が失われるまでは,源泉所得税の課税要件に欠けるところはなく,上記源泉所得税についての還付請求権を〔X(A)が〕行使するにつき,法律上の障害があるというべきである。」(19頁)
 Cの所得分類は違法所得の所得分類の話である。利息制限法違反理想事件・最判昭和46年11月9日民集25巻8号1120頁、帯広神経外科病院社会保険診療報酬不正請求事件・東京高判平成23年10月6日訟月59巻1号173頁(山田二郎「個人病院に対する未返還債務及び加算金が必要経費に計上できないとされた事例――帯広神経外科病院事件」ジュリスト1452号135-138頁)が挙げられる。[傍論ではあるが鈴や金融事件・最判昭和35年10月7日民集14巻12号2420頁で蛸配当であっても配当所得たりうるとした箇所も、本件で参考になると思われる。]
 違法所得に関しては、富士重工事件・最判昭和38年10月29日訟月9巻12号1373頁判時352号30頁(戦時補償特別税)、UNIKE事件・東京地判平成28年7月19日税資266号順号12883(岸田貞夫「匿名組合契約に基づく利益の分配の源泉徴収適用の可否について」ジュリスト1512号135-138頁。東京高判平成29年1月19日LEX/DB25560843控訴棄却確定。粉飾決算に基づく匿名組合員への利益分配について〔蛸配当と似てますね〕)が挙げられる。
 源泉徴収に関し、日光貿易事件・最判平成4年2月18日民集46巻2号77頁は、支払者(A社)の源泉徴収義務と受給者(C)の本税との非関連性を説いた。本件では元代表取締役Cが全額をA社(X社)に返金したが、返還しなかったとしても、A社独自の権利義務関係の処理として、A社が源泉所得税誤納金還付請求権を行使できるのではないか、という道筋が思い浮かぶ。しかし、最三小判平成30年9月25日民集72巻4号317頁(碓井光明「給与所得に係る源泉所得税の法定納期限後における錯誤無効の主張の可否」ジュリスト1533号128-131頁)が、経済的成果喪失要件非充足を理由に、課税処分に対する錯誤無効の主張を封じている(錯誤無効の主張の可能性自体は法廷納期限後でも構わないという形で納税者に有利な判断であったものの)ため、CがA社に返還しなければA社が源泉所得税誤納金還付請求権を行使できない、という流れは、判例の流れ(時系列としては最H30.9.25が後とはいえ)に沿っている。そのため、国税通則法74条1項の起算点も、CがA社に返還すべきとの和解が成立した時ではなく、返還した時となっている。本判決は駄目押し的に「本件株主総会決議が不存在であることが主張できる状態となったとしても,そのことをもって,直ちにCが本件退職慰労金の支給による利得を支配管理している状態に変化が生じたとはいえないから,本件還付請求権を行使するにつき,法律上の障害があるというほかない。」と判示している。
 Cが返還してくれない場合(例えばCが無資力であった場合)等、A社のコントロールできない事象により、A社の源泉所得税誤納金還付請求権の行使の可否が左右されるのは、A社にとって酷である可能性がある、と報告者は懸念する(報告者自身、この懸念は価値判断を伴うものであり論理だけで導かれるものではないと自認する)。しかし、この懸念についてフロアでは共有されなかった。
 Cが返還しなければA社が源泉所得税誤納金還付請求権を行使できない、という流れは、最H4.2.18に沿ってない感もあるが、源泉所得税が受給者たるCの課税の一環である(最H30.9.25)という理解を前提とするのであろう、と報告者は整理する。


2019/06-01 船井電機・東京地判H28.9.26広東型来料加工はCFC税制の適用除外基準を満たさない
第855回租税判例研究会 駒宮史博2019年6月7日報告 船井電機広東型来料加工事件・東京地判平成28年9月28日税資268号順号12906一部棄却、一部却下(控訴審東京高判平成29年10月26日平成28(行コ)368号棄却。未確定?)(前訴は大阪地判平成23年6月24日訟月59巻1号100頁棄却・大阪高判平成24年7月20日税資262号順号12006控訴棄却・最二小決平成25年12月11日税資263号順号12348棄却、不受理…一審と二審・三審とで弁護士が違う。何故だろう)(なお来料加工は既に平成29年度改正で適用除外基準を満たしうるように手当てされている)
 報告者は判旨賛成。
 フロアから、地裁と高裁とで、(1)事実認定の力点が違うのではないか、(2)一般論について違うのではないか、という質問があった。報告者は、高裁判決は地裁判決の長すぎる所を要約しただけだと理解している、と応じた。(フロアからの指摘の方が正当な読みである気がする)
 フロアから、製造問屋という言葉はよく使われるのか、また、製造問屋は卸売業に属するという理解は普通なのか寧ろ製造問屋は製造業に当たるという理解はありえないのか、という質問があった。報告者は、製造問屋は卸売業か製造業かについて両説あると理解しているが、裁判所は卸売業であるとした上で、事実認定をした、という意義があるのであろう、と応じた。
 本件では、香港法人が製造を管理しており製造に関する損益の帰属主体でもあるという認定なので、中国法人ではなく香港法人が製造主体である、という認定であるのに対し、仮に、香港法人が製造を管理しているものの製造の損益の帰属主体が中国法人であるならば(中国法人が香港法人に経営ノウハウの手数料を支払うだけという関係)、中国法人が製造主体であると認定されるであろう、と報告者は論じた。これに対し私は、昨今の移転価格ガイドラインでは、損益の帰属主体がどの法人であるかということを決め手とせず、管理・経営等のkeyとなる機能を果たす人に着目する傾向にあるところ、確かに移転価格の問題と、本件のCFC税制に関する製造主体の判定の問題とで、問題が異なるとは言えるものの、risk(損益の帰属主体)よりmanagement(管理・経営)を重視する移転価格の傾向に逆行する判断基準を立てる理由はあるのか、と質問した。なお、私個人の意見としては、移転価格でriskよりmanagementに着目する傾向の是非について、煮詰まらない。


2019/05-22 Timbron, T.C. Memo 2019-31
Timbron Holdings Corporation and Timbron International Corporation v. Commissioner, T.C. Memo 2019-31 解説Keith Fogg, Capacity to File a Tax Court Petition (Procedurally Taxing 2019.5.30)


2019/05-21 独BFH VII R 27/17判例変更:事業移転と租税管轄変更
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil 2019.3.19 VII R 27/17 | Pressemitteilung Nr. 34/19 2019.5.27 Rechtsprechungsänderung zum Zuständigkeitswechsel bei Abrechnungsbescheiden | BFH-Urteil vom 12. Juli 2011 VII R 69/10, BFHE 234, 114


2019/05-20 独BFH VI R 19/17介護ホーム費用控除は自分についてだけ主張可
ドイツ連邦租税裁判所Bundesfinanzhof Urteil 2019.4.3 VI R 19/17 | Pressemitteilung Nr. 33/19 vom 27. Mai 2019 Steuerermäßigung wegen Unterbringung in einem Pflegeheim


2019/05-19 ラトビア欧SIA Altic (C-329/18)付加価値税詐欺と食品衛生基準
Valsts ieņēmumu dienests v. SIA Altic (C-329/18) Advocate General Bobek opinion (2019.5.22); Judgment (2019.10.3) 解説IBFD TNS 2018.8.6; IBFD TNS 2019.5.28 Latvia法人Altic社は菜種(rapeseed)を購入しVATの仕入税額控除を主張した。課税庁はAltic社がVAT fraudに参加していることを知っているかまたは知っていた筈であると主張した。課税庁は、食品規制に関する供給者の登録を確認する義務が食品部門企業にはあることを援用した。


2019/05-18 Jung Joo Park, 2019 U.S. Dist. LEXIS 87477故意FBAR違反
US v. Jung Joo Park, Charles C. Park, James Park, Nina Park, and John Doe, as representative of the estate of Que Te Park, 2019 U.S. Dist. LEXIS 87477; US District Court for the Northern District of Illinois Eastern Division, No. 16 C 10787 (2019.5.24) 解説IBFD TNS 2019.5.27


2019/05-17 希行政最高裁2019.5.17(判決日?公開日?)no. 691/2019 貸倒損失
解説IBFD TNS 2019.5.27 article 9 of Bill 3296/2004.


2019/05-15 独BFH 2018.12.11 VIII R 44/15
Pressemitteilung Nr. 31/19 vom 22. Mai 2019 Kapitalertragsteuer bei dauerdefizitärer kommunaler Eigengesellschaft | Urteil des Bundesfinanzhof (BFH) vom 11. Dezember 2018 VIII R 44/15 (未入手)


2019/05-14 ウクライナ地裁640/1240/19リスクの高い納税者とVAT invoice制度
Kyiv District Administrative Court case no. 640/1240/19 (2019.4.26) (未入手)解説IBFD TNS 2019.5.22 (Letter of the State Fiscal Service No. 4065/99-99-07-05-04-18 of 5 November 2018)


2019/05-13 ウクライナ最高裁805/329/17-а机上税務調査後の納税遅延罰金を取消す
Ukraine Supreme Court case no. 805/329/17-а (2019.4.18) (未入手)解説IBFD TNS 2019.5.22机上税務調査(desk tax audits)では申告やその他の必要情報のみを調査し税の支払は調査対象外なので、机上税務調査に続く納税遅延罰金は取消される。


2019/05-12 以地裁2019.5.19譲渡益課税に関しbitcoinは通貨ではない
イスラエル地裁2019.5.19解説IBFD TNS 2019.5.22


2019/05-11 モルジブ高裁Jetan Travel Services (2015/HC-A/214)法施行日前の役務提供に源泉徴収税不賦課
Jetan Travel Services Pvt. Ltd. v. Maldives Inland Revenue Authority (2015/HC-A/214) (High Court of Maldives 2019.4.23) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.5.20


2019/05-10 Taylor Lohmeyer Law Firm, 2019 U.S. Dist. LEXIS 81809海外脱税John Doe summons
Taylor Lohmeyer Law Firm PLLC v. USA, 385 F. Supp. 3d 548; 2019 U.S. Dist. LEXIS 81809, US District Court for the Western District of Texas, San Antonio Division, Civil Action No. SA-18-1161-XR, 2019.5.15 解説IBFD TNS 2019.5.17 →控訴審2020/04-19
 5th Circuit No. 19-50506 (decided 2020.4.24) 解説 Leslie Book, Clients' Identities and the IRS Summons Power (procedurally taxing 2020.7.8)


2019/05-09 中国最高裁2019.4.30教育目的所得税非課税規定適用範囲
解説IBFD TNS 2019.5.15 corporate spin-offをして教育施設を作る。


2019/05-08 パキスタン高裁Khurram Shahzad (WP No. 14138 of 2019)税務署調査における建物立入権限
Khurram Shahzad v. Federation of Pakistan, etc. (WP No. 14138 of 2019) Lahore High Court (2019.4.23 published on 2019.4.30)


2019/05-07 ジブラルタル(英)欧SA.34914国家補助:受動的利子・使用料所得非課税
COMMISSION DECISION (EU) 2019/700 of 19 December 2018 on the State Aid SA.34914 (2013/C) implemented by the United Kingdom as regards the Gibraltar Corporate Income Tax Regime (notified under document C(2018) 7848); State aid: Commission refers United Kingdom to European Court for failure to fully recover illegal tax exemption aid of up to around €100 million in Gibraltar (2021.3.19) 解説IBFD TNS 2013.10.16; IBFD TNS 2014.10.1; IBFD TNS 2019.5.7; IBFD TNS 2021.3.22; IBFD TNS 2021.10.6


2019/05-06 独欧Cardpoint (C-42/18)支払役務のVAT非課税適格
Finanzamt Trier v. Cardpoint GmbH, as successor in law of Moneybox Deutschland GmbH (C-42/18) Advocate General Bot opinion (2019.5.2); Judgment (2019.10.3); 2018 WTD 87-18 EU Court to Consider German Payment Services VAT Exemption 解説IBFD TNS 2018.5.3; IBFD TNS 2019.5.7 Cardpoint社はATMの運営に係る役務を銀行に提供している。


2019/05-05 ベラルーシ最高裁2019.5.3公表:租税法33条4項GAAR適用について
解説IBFD TNS 2019.5.7


2019/05-04 瑞最高裁2C_254/2019スイス国籍フランス居住EUスイス・リヒテンシュタイン部ジュネーブ勤務
スイス連邦最高裁Bundesgericht (2C_254/2019) (2019.4.2) 解説IBFD TNS 2019.5.6


2019/05-03 葡欧Paulo Nascimento Consulting (C-692/17) VAT:不動産会社の債権譲渡と金融役務の範囲
Paulo Nascimento Consulting - Mediação Imobiliária Lda v. Autoridade Tributária e Aduaneira (C-692/17) Advocate General Henrik Saugmandsgaard Øe opinion (2019.5.2); Judgment (2019.10.17); 解説IBFD TNS 2018.3.12; IBFD TNS 2019.5.6


2019/05-02 米ワシントン州GameStop, 436 P.3d 435注五ゲーム販売業者売上税property of like kind
Department of Revenue v. GameStop Inc., 436 P.3d 435 (Court of Appeals of Washington, Division Two, 2019.3.19, No. 50409-0-II) 解説IBFD TNS 2019.5.2


2019/05-01 最判H29.12.15民集71巻10号2235頁 競馬
第854回租税判例研究会木村弘之亮2019年5月17日報告(欠席)最二小判平成29年12月15日民集71巻10号2235頁 原審東京高判平成28年4月21日判時2319号10頁 原々審東京地判平成27年5月14日平成24(行ウ)849号LEX/DB25540993 (一審判決について漆さき「馬券の払戻金に係る所得区分とその費用控除」ジュリスト1499号127-130頁(2016.11)等)


2019/04-17 Gardner, 2019 U.S. Dist. LEXIS 68032 FBARs(Reports of Foreign Bank and Financial Accounts)
USA v. Geraldine Gardner, 2019 U.S. Dist. LEXIS 68032 (US District Court for the Central District of California, Case No. 2:18-cv-03536-CAS-E, 2019.4.22)


2019/04-16 瑞連邦最高裁2C_473/2018 Canton Thurgau居住夫婦の夫がSouth Africaへ妻がCanton Zurichへ
スイス連邦最高裁Bundesgericht (2019.3.10) (2C_473/2018) (判決文未up) 解説Dein Blog zum Schweizer Steuerrecht 2019.3.31 解説IBFD TNS 2019.4.24


2019/04-15 希行政最高裁2660/2018違法国家補助金の返還
義理氏は行政最高裁2019.4.5(No. 2660/2018)解説IBFD TNS 2019.4.18


2019/04-14 ルーマニア欧Grup Servicii Petroliere (C-291/18)石油探索掘削リグVAT免税適格と船の定義
Grup Servicii Petroliere SA v. Romania (C-291/18) Advocate General Hogan opinion (2019.4.10); Judgement (); 2018 WTD 145-17 CJEU to Consider Romanian VAT Exemption for Drilling Rigs 解説IBFD TNS 2018.7.23; IBFD TNS 2019.4.18


2019/04-13 露А40-66788/18キプロス持株会社を受益者と認めた例
ロシア仲裁裁判所On 4 March 2019, Decision No. А40-66788/18 of the 9th Arbitrage Court of Appeal of Moscow ロシア法人たるGruppa Polymerteplo LLCがキプロス親会社(持株会社)に配当を支払った事例(5%の源泉徴収課税)。課税庁は究極親会社(ultimate parent)たるSaint Vincent and the Grenadines法人が受益者であるとして国内法による15%の源泉徴収課税を主張。


2019/04-12 英[2019] UKSC 19
R (on the application of Derry) (Respondent) v HMRC ([2019] UKSC 19)


2019/04-11 露仲裁裁判所А40-142855/18-115-4029外国法人の実質的管理地判定…ロシア
А40-142855/18-115-4029 of the Moscow Arbitration Court (2019.3.6) 解説IBFD TNS 2019.4.10


2019/04-10 勃憲法裁判所2019.4.4固定資産税リゾート地増税は違憲
解説IBFD TNS 2019.4.10


2019/04-09 Resource Capital Fund IV LP ([2019] FCAFC 51)有限責任組合を法人扱い
Commissioner of Taxation v Resource Capital Fund IV LP ([2019] FCAFC 51) (2019.4.2) 解説IBFD TNS 2019.4.9; Australian Court Rules That Limited Partnerships Are Companies (Tax Notes); Jonathan Schwarz, Investment funds- Tax classification and entitlement to treaty benefits (Kluwer International Tax Blog 2019.7.2)


2019/04-08 Keith & Laura Tucker, 5th Cir. No. 17-60833経済的実質法理による損失否認
Keith A. Tucker; Laura B. Tucker v. Commissioner, 5th Cir., 2019.4.3, No. 17-60833 解説IBFD TNS 2019.4.5


2019/04-07 波NSA sygn. akt II FSK 996/17課税庁は納税者の税務手続における情報へのアクセスを制限できる
ポーランド行政最高裁Naczelny Sąd Administracyjny (case NSA sygn. akt II FSK 996/17) (2019.3.28) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.4.4


2019/04-06 英欧国家補助、CFC税制
European Commission - Press release: State aid: Commission concludes part of UK tax scheme gave illegal tax advantages to certain multinational companies; remaining part does not constitute aid (2019.4.2) 解説IBFD TNS 2019.4.3; Stephanie Bodoni & Gaspard Sebag, EU Delivers U.K. Tax Bill as Brexit Deal Eludes Parliament (Bloomberg 2019.4.2); Dan Neidle & Rob Sharpe, The EC's group finance exemption state aid ruling (tax journal 2019.4.1)


2019/04-05 Vistadis (No. 18-190)米法人に対するフランス税務調査に関するサモン
Vistadis, LLC v. USA, (US District Court for the Eastern District of Pennsylvania, No. 18-190, 20193.3.29) 解説IBFD TNS 2019.4.2


2019/04-04 Gallaher ([2019] UKFTT 207 (TC))グループ内移転 資本移動の自由違反
Gallaher Ltd v. HMRC, [2019] UKFTT 207 (TC) (First-tier Tribunal Tax Chamber 2019.3.25) 解説IBFD TNS 2019.4.1


2019/04-03 Gladwin Realty (2019 TCC 62)不動産譲渡益課税軽減のための組合利用:GAAR適用例
Gladwin Realty Company v. The Queen (2019 TCC 62) (2019.3.21) 解説IBFD TNS 2019.4.1 家族経営不動産売買会社


2019/04-02 東京地H30.1.24平28行ウ344
第853回租税判例研究会谷口智紀2019年4月19日報告 東京地判平成30年1月24日平成28(行ウ)344号 欠席  被相続人が平成16年2月28日死亡。相続人の一人である原告Xは、同年12月27日、遺産未分割を理由に、相続税法55条に基づき民法の法定相続分(1/7)で財産を取得した前提で申告(課税価格22億6374万4000円、税額10億7095万円)をした。江東東税務署長は更正処分(課税価格41億2068万円、税額19億9989万9200円)をした。Xは更正処分の取り消しを請求した(佐藤英明「株式保有割合が25.9%の大会社が株式保有特定会社に該当しないとされた事例」ジュリスト1443号8-9頁(2012.7)、渋谷雅弘「株式保有特定会社の数値基準の合理性」ジュリスト1448号8-9頁(2012.12)、宮崎綾望「株式保有割合が25%以上である評価会社を一律に株式保有特定会社とする評価通達の合理性を否定した事例」法学セミナー増刊・速報判例解説Vol.12, 197頁(2013/4/25)、品川芳宣「株式保有特定会社株式の評価方法の是非」税研170号84-87頁(2013.7)、岩下忠吾「特定の評価会社」税務事例研究134号58-98頁(2013.7.20)、橋本守次「株式保有特定会社の判定基準――東京高裁平成25年5月28日判決と通達改正」税務弘報61巻8号115-121頁(2013.8)、山岡美樹「株式保有割合の判定基準の見直し―高裁判決から」税経通信68巻9号38-48頁(2013.8)、宰田高志「通達行政と司法によるチャレンジ(評価通達に関する平成25年2月28日東京高裁判決を題材として)」租税研究768号174頁(2013.10)、浅妻章如「株式保有割合が二五%を超える大会社が財産評価基本通達一八九の(2)にいう株式保有特定会社に該当しないとされた事例」判例評論661号2-6頁(判例時報2208号140-144頁)(2014.3.1)等参照)。前訴・東京地判平成24年3月2日判時2180号18頁・東京高判平成25年2月28日税資263号順号12157(株式保有特定会社に関する事件)は、税額10億7095万円を超える部分を取り消した。
 平成26年1月16日、遺産分割調停が成立し、XはA社株式の6/7を取得した。同年5月16日、Xは、A社株式評価について前訴判決を前提とし、相続税法32条1号の更正の請求(課税価格9億6080万5000円、税額4億4199万0400円)をした。税務署長は、A社株式評価の是正は相続税法32条1号の対象ではなく、当初申告における評価を前提とすべきと主張し、他の相続人の減額更正処分に伴い相続税法35条3項に基づく更正処分(課税価格49億0410万9000円、税額23億2567万1800円)をした。
 判旨
 「相続税法32条1号に基づく更正の請求においては,原則として,遺産分割によって財産の取得状況が変化したこと以外の事由,すなわち,申告又は従前の更正処分における個々の財産の価額の評価に誤りがあったこと等を主張することはできないものと解され(ただし,遺産分割による財産の取得状況の変化により,個々の財産の価額が変化するといえる場合には,この変化は主張し得るものと解される。),その結果として,同号に基づく更正の請求上,課税価格の算定の基礎となる個々の財産の価額は,まずは申告における価額となるというべきであり,また,その後に更正処分があった場合で,申告における価額のうち,当該更正処分によって変更された価額があるときには,その価額を基礎にすべきであると解される。
 「争点となった個々の財産の評価方法ないし価額に係る認定・判断並びにこれらを基礎として算定される課税価格及び相続税額に係る認定・判断に,判決主文が導き出されるのに必要な事実認定及び法律判断として,行政事件訴訟法33条1項所定の拘束力が生じているということができる上(最高裁昭和63年(行ツ)第10号平成4年4月28日第三小法廷判決・民集46巻4号245頁参照),後の相続税法32条1号に基づく更正の請求又は同法35条3項に基づく更正処分に係る事件についても,同一の被相続人から相続により取得した財産に係る相続税の課税価格及び相続税額に関する事件であることに変わりがない以上,行政事件訴訟法33条1項にいう「その事件」として,上記の拘束力が及ぶものと解するのが相当であって,従前の更正処分について,争点となり,その評価方法ないし価額が判決によって変更されるに至った個々の財産については,課税庁において,同判決における評価方法ないし価額を基礎として課税価格を算定しなければならないものというべきである。


2019/04-01 東京地H29.12.6平27行ウ514資本剰余金及び利益剰余金を原資とする配当につき令を違法・無効とした例
第852回租税判例研究会川端康之2019年4月5日報告東京地判平成29年12月6日平成27(行ウ)514号、東京高判令和元年5月29日平成29(行コ)388号東京高判平成30年5月17日 (国税不服審判所平成27年2月23日東裁(法)平26第73号TAINS F0-20735)⇒最判R3.3.11(⇒2021/07-02) 先行評釈:佐藤修二「みなし配当に係る政令の定めを違法・無効とした事例」ジュリスト1521号10-11頁、佐藤修二「法人税法施行令を違法・無効とした判決の衝撃」税務弘報66巻9号139頁、西中間浩「資本剰余金を原資とする剰余金の配当と利益剰余金を原資とする剰余金の配当を効力発生日同日で行ったケースにつき、全体をみなし配当の対象とした上で、法人税法施行令23条1項3号の計算式は払戻等対応資本金額が減少した資本剰余金を上回る結果となる場合には違法無効で適用されないとして、課税庁の処分を全部取り消した事例」税経通信73巻9号166頁、田島秀則「資本剰余金の配当とみなし配当の計算について」新・判例解説Watch23号237頁、長島弘「みなし配当に係る政令規定を委任の逸脱と判断した事例」月刊税務事例50巻9号25頁、小島義博=栗原宏幸=安部慶彦「最新事例解説−みなし配当の計算を規定する法人税法施行令の定めを一部無効とした裁判例」 TAX LAW NEWSLETTER 2018年7月号(Vol.31)
 参照:小山真輝「配当に関する税制の在り方−みなし配当と本来の配当概念との統合の観点から−」税務大学校論叢62号1-96頁(2009.6.25)
 「法人税法24条1項3号の「剰余金の配当(資本剰余金の額の減少に伴うものに限る。)」との規定は,同法23条1項1号の「剰余金の配当(…資本剰余金の額の減少に伴うもの…を除く。)」との規定と対になった規定であり,このうち同法23条1項1号の規定が上記のとおり利益剰余金のみを原資とする剰余金の配当を意味するものであることからすれば,その文理の論理的帰結として,同法24条1項3号の規定は,利益剰余金のみを原資とする剰余金の配当を除いた剰余金の配当,すなわち,資本剰余金のみを原資とする剰余金の配当及び資本剰余金と利益剰余金の双方を原資とする剰余金の配当を意味するものと解するのが自然である。」
 「法は,利益剰余金を原資とする部分の剰余金の配当の額が,同法24条1項柱書きの「株式又は出資に対応する部分の金額」に含まれて同法61条の2第1項1号にいう有価証券の譲渡に係る対価の額として認識され,法人税の課税を受けることとなる事態を想定していないものと解される。したがって,同法の委任を受けて政令で定める上記「株式又は出資に対応する部分の金額」の計算の方法に従って計算した結果,利益剰余金を原資とする部分の剰余金の配当の額が上記「株式又は出資に対応する部分の金額」に含まれることとなる場合には,当該政令の定めは,そのような計算結果となる限りにおいて同法の委任の範囲を逸脱した違法なものとして無効であると解するのが相当である。
 これを法人税法施行令23条1項3号の規定についてみるに,同号の定める計算の方法に従って「株式又は出資に対応する部分の金額」を計算すると,払戻法人の簿価純資産価額が当該剰余金の配当直前の資本金等の額を下回る場合(被告主張の別表2−1によれば,本件はこの場合に当たる。),すなわち,当該剰余金の配当直前の利益積立金額が0未満(マイナス)である場合には,減少した資本剰余金の額を超える「払戻し等の直前の払戻等対応資本金額等」が算出されることとなるから(別紙の最下段の算式参照),当該剰余金の配当が資本剰余金と利益剰余金の双方を原資とするものであった場合には,利益剰余金を原資とする部分の剰余金の配当の額が上記「払戻し等の直前の払戻等対応資本金額等」に含まれることとなり,ひいては「株式又は出資に対応する部分の金額」に含まれることとなる。
 この点,利益積立金額が0未満(マイナス)の状態の下で行われた剰余金の配当が利益剰余金を原資としていた場合に,当該利益剰余金を原資とする部分の剰余金の配当の額を課税済みのものとして益金不算入とすることが相当といえるかどうかは一応問題となり得るところであるが,当該利益剰余金の原資とされた流入価値が利益としての性質を有するものである以上,当該剰余金の配当の時点ではいまだ課税されていなかったとしても,いずれは課税されるものというべきであるから(本件においては,KPC社がKC社から受けた6億4400万ドルの配当に係る利益がこれに当たると解される。),二重課税を避けるための益金不算入という法人税法の趣旨はこの場合にも妥当するものと解される。」

 本件のデラウェア州LLCが税務上pass through扱いであったか、判決文からは判然としない。  評釈者は、会計学において資本剰余金に利益が混入する又は利益剰余金に資本が混入することはありうると考えられていることから、資本と利益との区別を強調する納税者側主張に疑義を呈す。
 評釈者は、本件はsooner or laterの問題でありnow or neverの問題ではないので、一旦課税し、basisを引き上げるという対処も、解釈上ありうるところ、そうした解釈論を充分に潰しきれてないのではないか、という疑問を呈す。これに対し、フロアから、basisを引き上げるという解釈論を採るとしたらその根拠となる条文上の文言は何か、という質問がなされた。評釈者は、無い、と答えた(素直だな)。
 「追加払込資本」の原語は判決文に記されていないところ、アメリカGAAPのAPIC (additional paid in capital)のことであると思われるが、「追加払込資本は我が国における資本剰余金に,留保利益は我が国における利益剰余金にそれぞれ該当する」という判旨には疑問がある、と評釈者は述べた。フロアから、(評釈者の懸念は理解するけれども)判決文中の「前提事実(当事者間に争いがないか,掲記の各証拠等により認めることができる事実)」で述べられていることなので、裁判所としては、訴訟当事者がそういう事実を争っていないのだとしたら、そういう前提で判決を書かざるをえないのかもしれない、との疑問が呈された。フロアの別のところから、「〜に該当する」は、訴訟当事者間に争いのな事実の範疇に入るのであろうか、という疑問が呈された。
 日米間の法人税法の違いとして、アメリカではE&P勘定(earnings & profits)を先ず決めて利益の配当の部分を括り出し残りを資本の払い戻しとするという構造が採られているのに対し、日本では資本の払い戻しの部分を括り出して残りを利益の配当とするという構造が採られている。


2019/03-33 ノルウェー控訴審LB-2017-202539移転価格において無形資産購入価格をbasisに用いることの是非
ノルウェー控訴審Borgarting lagmannsrett decision case No. LB-2017-202539 (2019.3.19) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.3.28ノルウェー法人が完全所有するカナダ子会社及びオーストラリア子会社がスイス法人に合併された。


2019/03-32 ケニア高裁TJN-A (494 of 2014)モーリシャスとの租税条約がケニア憲法に反するか
Tax Justice Network Africa (TJN-A) v. Cabinet Secretary for the National Treasury, The Kenya Revenue Authority and The Attorney General (High Court of Kenya, Petition No 494 of 2014, decision date:2019.3.15) 解説IBFD TNS 2019.3.20 [抽象的違憲審査?];


2019/03-31 Rajaram K. Matkari, Civil Action No. 18-mc-00051-MSK-KLM外国銀行口座情報提出命令
USA v. Rajaram K. Matkari, Civil Action No. 18-mc-00051-MSK-KLM (US Magistrate Judge in the US District Court for the District of Colombia 2019.3.19) (LEXIS未登載) 解説IBFD TNS 2019.3.27


2019/03-30 Hyrax Resourcing [2019] UKFTT 175 (TC)租税回避商品プロモーター潰し
HMRC v Hyrax Resourcing Ltd & Others [2019] UKFTT 175 (TC) (First-tier Tribunal (Tax) 2019.3.5) HMRC wins £40 million battle against tax avoidance promoters (2019.3.27) 解説IBFD TNS 2019.3.27


2019/03-29 丁欧KPC Herning (C-71/18)ビルが付随する不動産のVATの扱い
Skatteministeriet v KPC Herning (C-71/18) Advocate General Bobek opinion (2019.3.19); Judgment (); 2018 WTD 74-16 CJEU to Consider Danish VAT on Land with Building Set for Demolition 解説IBFD TNS 2018.4.16; IBFD TNS 2019.3.27


2019/03-28 Harding [2019] FCAFC 29居住判定Bahrain or Australia
Harding v Commissioner of Taxation [2019] FCAFC 29 (Full Federal Court of Australia, 2019.2.22) on appeal [2018] FCA 837 解説IBFD TNS 2019.3.26; PwC, Autralia: Residency case a win for the taxpayer (2019.2.25)


2019/03-27 ウクライナ最高裁826/13953/15非居住者PE帰属利得:PEが本店から資金提供を受けた場合
Supreme Court case no. 826/13953/15 (2019.2.26) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.3.25


2019/03-26 露最高裁A70-13715/2017従業員契約を支週40時間労働して個人企業としても登録している場合
Supreme Court issued decision no. 304-KГ18-25124 (case no. A70-13715/2017) (2019.3.7) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.3.25


2019/03-25 NZ Interpretation Statement 19/01 (Inland Revenue 2019.2.28) 非居住者取締役への支払の源泉徴収税
解説IBFD TNS 2019.3.22条約締結国居住者たる取締役がニュージーランド法人に対し外国に居ながら役務提供をする場合の所得源泉はニュージーランドにあるか?


2019/03-24 NZ Cullen Group ([2019] NZHC 404) equityをdebtに変え源泉徴収税軽減を目論む。否認例
ニュージーランド高裁Cullen Group Limited v. Commissioner of Inland Revenue [2019] NZHC 404 (High Court 2019.3.12) 解説IBFD TNS 2019.3.21 Watson氏がニュージーランドから英国に住所を移した。彼はNZ法人CIL社持分(NZD 193 million)を別のNZ法人Cullen社へのローンへと再編した。ローンはケイマン法人に譲渡された。Cullen社はAIL (approved issuer levy) regimeにおける「approved issuer」statusを内国歳入庁に申請した。Cullen社とケイマン法人とは非関連であるので非居住者への利子支払いにつき15%源泉徴収税ではなく2% levyが課される(NZD 59.5 millionから8 millionへ)とするものである。後に内国歳入庁はWatsonの取引が租税回避目的であるとしてAIL適用を否認し15%源泉徴収税を課すとした。参照判例Supreme Court Ben Nevis Forestry Ventures Ltd v. Commissioner of Inland Revenue [2008] NZSC 115; Court of Appeal Vinelight Nominees Ltd v. Commissioner of Inland Revenue [2013] NZCA 655


2019/03-23 ノルウェー欧Decision No: 018/19/COL石油探索費用にかかる税の還付は国家補助非該当
Subject: Cash refund of the tax value of petroleum exploration costs (Ministry of Trade, Industries and Fisheries Case No: 81036; Document No: 895902; Decision No: 018/19/COL) (Brussels 2019.3.20) 解説IBFD TNS 2019.3.21


2019/03-22 チリRuling 778法人組織再編とVAT仕入税額控除権に関するGAAR事例
チリ内国歳入庁2019.3.15 Ruling 778 (リンク先入手できない) 解説IBFD TNS 2019.3.15 合併後に仕入税額控除権は引き継がれないので合併前の消滅会社が不動産譲渡取引を合併直前に行なう(その他の事業上の理由もあるらしい)とした場合の事前照会例。


2019/03-21 M.G. & E.D. 2017/AR/1035オランダ法人からベルギー居住取締役への支払は給与所得
M.G. & E.D. v. Belgian State (2017/AR/1035) (Hof van Beroep Antwerpen 2018.12.18未入手) 解説IBFD TNS 2019.3.20


2019/03-20 洪憲法裁判所最高裁判所「署名」事件
ハンガリーConstitutional Court and Supreme Court rule in favour of tax administration in "signature" cases 解説IBFD TNS 2019.3.19


2019/03-19 仏欧Photographiques (C-145/18) VATの芸術家軽減税率の写真(自画像、結婚)販売
Regards Photographiques SARL v. Ministre de l'Action et des Comptes publics (C-145/18) 2018 WTD 89-13 CJEU to Consider Reduced French VAT Rate for Artistic Photographs; Advocate General Szpunar opinion (2019.3.7); Judgment () 解説IBFD TNS 2018.5.7; IBFD TNS 2019.3.2


2019/03-18 露モスクワ仲裁裁判所Case No. Α40-241026/2018アラブ首長国連邦法人との移転価格
Arbitration Court of Moscow Case No. А40-241026/2018 (2019.2.19) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.3.11ロシア法人LLC Trade House RIFからUAE法人GTCS Trading JLTへの農産物輸出取引。


2019/03-17 露最高裁No. 307-ΚΓ18-24877納税代理人の配当源泉徴収税未納付時の法人所得税納付義務
Russia Supreme Court decision No. 307-ΚΓ18-24877 (case No. Α56-31335/2017) (2019.2.12) (未入手)解説IBFD TNS 2019.3.11ロシア子会社からロシア株主(親会社であろう)が353百万の配当を受ける。子会社は配当源泉徴収税率0%と勘違い。株主は受取配当について法人税を払わなくてよいと勘違い。課税庁は株主が9%の法人税を払うべきと主張。控訴審は納税者を勝たせたが、破毀院が課税庁を勝たせ、最高裁も破毀院を維持した。


2019/03-16 Microsoft最高裁2019.1.31移転価格
Om honorering af koncerninterne transaktioner ? armsl?ngdeprincippet 31-01-2019 Sag 75/2018 Dom afsagt den 31. januar 2019 Skatteministeriet mod Microsoft Danmark ApS
Danish Supreme Court upholds decision in Microsoft transfer pricing case (MNE Tax 2019.3.5)


2019/03-15 G2A.COM, Misc. No. 17-177-LPS波課税庁からの波法人情報の要請。IRCのsummon却下
G2A.COM Sp. z o.o. (Ltd.) v. US, US District Court for the District of Delaware, Misc. No. 17-177-LPS, 2019.3.4 解説IBFD TNS 2019.3.7


2019/03-14 Knauf Insulation A70-8087/2018独親会社から露子会社が借入れ。利子の配当扱いを認めず
Knauf Insulation LLC第八控訴審(Eighth Arbitration Court of Appeal) case no. A70-8087/2018 (2019.2.8) 解説IBFD TNS 2019.3.7


2019/03-13 GE Energy Parts (ITA 621/2017)米法人のliaison officeがPEと認定された事例
GE Energy Parts Inc. v. CIT (ITA 621/2017) (Delhi High Court 2018.12.21) 解説IBFD TNS 2019.3.7 (IBFD TNS 2014.8.14にもGE Energy PartsのPE認定の裁判例としてIncome Tax Appellate Tribunal 2014.7.4判決が紹介されているがITA No. 671/Del/2011で検索すると2017.1.29判決がヒットする); EY Global Tax Alert | 8 April 2019 | Indian court rules on US companies’ permanent establishment due to sales and marketing activities in India; EY日本 TS-765-HC-2018 (DEL)(未入手)


2019/03-12 ウクライナ最高裁2019.2.12 (case no. 802/2253/16-a)電子invoice登録遅延
解説IBFD TNS 2019.3.6


2019/03-11 米Proposed regulations issued on deduction for FDII and GILTI (REG-104464-18)
Proposed regulations issued on deduction for FDII and GILTI (REG-104464-18) (2019.3.6)


2019/03-10 仏電子役務税digital service tax
Projet de loi relative à la taxation des grandes entreprises du numérique (2019.3.6)


2019/03-09 仏欧Sofina (C-575/17)内国法人から外国法人(赤字)への配当支払の源泉徴収税は不可
Sofina SA, Rebelco SA, Sidro SA v Ministre de l'Action et des Comptes Publics (C-575/17) 2017 WTD 242-26 EU Court to Hear French Case on Withholding for Dividends Paid to Nonresident Companies; Advocate General Wathelet opinion (2018.8.7) Judgment (2018.11.22)
Conseil d'État No. 398662 (2019.2.27)


2019/03-08 ウクライナ最高裁No. 804/2278/16 財サービス提供が仮装
Ukraine Supreme Court case No. 804/2278/16 (2019.2.7) 解説IBFD TNS 2019.3.5


2019/03-07 ケニアCivil Appeal No. 311 of 2013源泉徴収税に関するpaidの意義
Kenya Revenue Authority v. Republic (Ex Parte: Fintel Ltd (Civil Appeal No. 311 of 2013) (Kenya Court of Appeal 2019.2.5) (未入手) 解説IBFD TNS 2019.3.5ケニアFintel Ltdと中国Jiangsu International Economic Technical Co-operation|発生利子と利子支払い「paid」の異同


2019/03-06 伯連邦最高裁RE 651703民営健康保険会社は役務税に服さない
ブラジル連邦最高裁Supremo Tribunal Federal (Recurso Extraordinário RE 651703) 解説IBFD TNS 2019.3.5役務税Imposto sobre Serviços


2019/03-05 伯控訴審1045387-14.2016.8.26.0114非居住者たる贈与者・被相続人からの贈与・相続に課税できない
Brazil, São Paulo控訴審3判決(控訴事件番号1045387-14.2016.8.26.0114 (2019.2.18判決) 1019444-13.2018.8.26.0053 (2019.2.18判決) 1030923-03.2018.8.26.0053 (2019.2.21判決))(未入手)解説IBFD TNS 2019.3.5 相続贈与税Imposto sobre Transmissão Causa Mortis e Doação


2019/03-04 独欧Federal ExpresS (C-26/18)運輸業者の付加価値税法上の輸入の範囲
Federal Express Corporation, German branch v. Hauptzollamt Frankfurt am Main (C-26/18) 2018 WTD 87-19 CJEU to Consider Meaning of Importation for VAT Purposes; Advocate General Campos Sanchez-Bordona opinion (2019.2.27); Judgment (2019.7.10) 解説IBFD TNS 2018.5.3; IBFD TNS 2019.3.4ドイツFedExが第三国からフランクフルト空港経由でアテネを荷物を運ぶ。


2019/03-03 ウクライナ最高裁No. 805/2554/16-a付加価値税登録抹消の租税法令上の根拠
ウクライナ最高裁No. 805/2554/16-a (2019.1.24) 解説IBFD TNS 2019.3.1


2019/03-02 クラヴィス(プロミス)大阪高判H30.10.19平30行コ21前期損益修正のみならず過年度遡及会計基準も可(未確定)
第851回租税判例研究会川田剛2019年3月15日報告 クラヴィス(プロミス)大阪地判平成30年1月15日平成28(行ウ)68号棄却、大阪高判平成30年10月19日平成30(行コ)21号原判決取消→最高裁2020/12-01
 消費者金融会社が利息制限法、貸金業法43条1項に関する最二小判平成18年1月13日民集60巻1号1頁を受けて破産し、破産手続において、一般調査期間の経過をもって総額555億3373万9096円の過払金返還請求権が破産債権(「本件過払い金債権1」)として確定した。破産管財人たるXは国税通則法23条1項1号、23条2項1号「課税標準等又は税額等の計算の基礎となつた事実に関する訴えについての判決(判決と同一の効力を有する和解その他の行為を含む。)」に基づき更正の請求をした。原審は、法人税法22条4項「公正妥当な会計処理の基準」に関し、「企業会計原則においては、過去の利益計算に修正の必要が生じた場合に、過去の財務諸表を修正することなく、要修正額を前期損益修正として当期の特別損益項目に計上する方法を用いる旨が定められていることが認められる。そうすると、企業会計原則によれば、制限超過利息を収受した法人が、財務諸表において当該利息を収益(法人税法上の益金)に計上した後、その後の事業年度に、当該利息が私法上は無効な利息の契約に係るものであることより当該利息及びこれに対する過払利息に係る不当利得返還義務を負うこととなった場合には、過年度の収益を減算することなく、前記義務に係る損失が生じた年度において、前期損益修正により損失(法人税法上の損金)を計上することとなる。」と述べ、Xの請求を棄却した。
 原審の考え方はTFK(武富士)東京地判平成25年10月30日判時2223号3頁・東京高判平成26年4月23日金融法務事情2004号107頁・最三小決平成27年4月14日税資265号順号12647上告棄却・不受理決定と同様である。
 控訴審は「最高裁判所平成4年(行ツ)第45号同5年11月25日第一小法廷判決・民集47巻9号5278頁),収益・費用等の帰属年度をめぐり,一般に公正妥当と認められる会計処理の基準(公正処理基準)に適合する会計処理は必ずしも単一ではないと考えられるから,本件のように,制限超過利息を収受した法人が,当該利息を益金の額に算入して申告を行った後,破産手続開始決定を受け,その後の清算事業年度に,当該利息が私法上は無効な利息の契約に係るものであることにより当該利息相当額の不当利得返還義務及びこれに対する法定利息の支払義務を負うことが確定判決と同一の効力を有する破産債権者表の記載により確定した場合の収益・費用等の帰属年度に関し,前期損益修正による処理又は過年度遡及会計基準による遡及処理のみが公正処理基準に合致する唯一の会計処理としなければならないと解するのは相当ではない。」と述べ、過年度遡及会計基準による遡及処理としてXの請求を認容した。
 前期損益修正だけなのか過年度遡及会計基準もかという争いに見えるが、大竹貿易株式会社事件(最判平成5年11月25日)の理解が勝敗を分けているようである。控訴審による大竹貿易の理解は、オリックス銀行事件・東京高判平成26年8月29日税資264号順号12523と類似し、納税者側に或る程度の選択の余地を認めようとするものである。原審(及びTFK事件)による大竹貿易の理解は、「(最高裁平成4年(行ツ)第45号同5年11月25日第一小法廷判決・民集47巻9号5278頁参照)、法人が収益等の額の計算に当たって採った会計処理の基準が「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」(公正処理基準)に該当するといえるか否かについては、前記に述べたところを目的とする同法の独自の観点から判断される」というものであり、不動産信託流動化事件(ビックカメラ事件)・東京地判平成25年2月25日訟月60巻5号1103頁・東京高判平成25年7月19日訟月60巻5号1089頁や、有限会社湯原運送事件・東京地判平成27年9月25日税資265号順号12725・東京高判平成28年3月23日税資266号順号12830・最一小決平成28年10月27日税資266号順号12925と同様に、法人税法「独自の観点」を強調する。
 私見は、オリックス銀行事件原審東京地判平成24年11月2日税資262号順号12088を批判した通り、選択の余地ありと解する立場である。クラヴィス(プロミス)事件は上告審係属中らしいが、結論としてTFK(武富士)事件と同じなら最高裁自身の言葉で法人税法「独自の観点」を強調する意義が述べられるであろうし、もし控訴審の結論を維持するなら何故TFK(武富士)事件と結論を異にするかについてやはり最高裁自身の言葉で説明するであろう。どちらの結論でも注目に値する。


2019/03-01 東京地H29.4.11ワールドファミリー再販売価格基準法の差異調整が違法とされた事例
だ850回租税判例研究会大野雅人2019年3月1日報告ワールド・ファミリー事件・東京地判平成29年4月11日平成21(行ウ)472号Z888-2159認容 先行評釈:錦織康高・ジュリスト1516号10-11頁、佐藤修二・ジュリスト1516号44-49頁、林仲宣=谷口智紀・税務弘報66巻9号88-89頁……Disney World of English等の英語教材の訪問販売を営む日本子会社が外国法人S社に教材の輸入代金を支払っているところ、移転価格税制のうちの再販売価格基準法で課税庁が処分した。裁判所は、比較対象取引選定は合法であるとしたが、差異調整が違法であるとして、課税処分を取り消した。本件ではキャラクターの訴求力に関する差異調整が特に問題となった。  今はbest method ruleなので、裁判所が再販売価格基準法の差異調整のハードルをこのように高く設定すると(best method ruleになった今も差異調整のハードルの高さが変わる理由は無い筈であろう)、PS法やTNMMの利用を後押しすることになるであろう。  本件では、日本子会社(ワールド・ファミリー社、WF社)がS社に輸入代金を支払い、R社に著作権等のroyaltyを支払っているところ、S社が大幅に利益を溜め込んでいる一方で、WF社は赤字だったので、WF社から外国関連会社への利益移転を日本の課税庁が疑うのはむべなるかなというところがあった。しかしそれでもbest method ruleの前の再販売価格基準法が使えないということなので、課税庁としては打つ手が無いに近い。


2019/02-11 伊n. 32255/2018ルクセンブルク法人にEU親子会社指令の保護は無い。二重課税が無いから
Italy Supreme Court (破毀院?) decision n. 32255/2018 (2018.12.13) 解説Gian Luca Nieddu, Italian Supreme Court rejects Luxembourg company tax appeal, finds parent-subsidiary directive inapplicable (MNE Tax 2019.2.25)


2019/02-10 伯2019.2.21法人格否認incidente de desconsideração da personalidade jurídica
ブラジル最高裁(Superior Tribunal de Justiça)2019.2.21(RESP 1,775,269/PR & ARESP 1,173,201/SC)解説IBFD TNS 2019.2.26


2019/02-09 アドビ移転価格事件からuser participationモデル・marketng intangibleの妥協点を考える
拙稿2019.2.19Ver2|OECD, Addressing the tax challenges of the digitalization of the economy (2019 February 13th - March 1st)


2019/02-08 蘭欧Geelen (C-568/17)比の演者と蘭の顧客を結ぶlive interactieve erotische webcamsessies
Staatssecretaris van Financiën v. L.W. Geelen (C-568/17) 2017 WTD 237-23 CJEU to Consider Dutch VAT Case on Place of Taxation for Live Webcam Sessions; Advocate General Maciej Szpunar opinion (2019 February 13); Judgment (2019.5.8) 解説IBFD TNS 2017.12.11; IBFD TNS 2019.2.15 蘭裁判所は、役務遂行地がフィリピンであるとして課税処分を取消した。役務遂行地についてCJEUに付託。
 Hoge Raad (15/04171) (ECLI:NL:HR:2019:1230) (2019.7.19) 解説IBFD TNS 2019.7.19


2019/02-07 白欧Belgium v. Commission (T-131/16)ベルギー超過利潤免税
Belgium v. Commission (T-131/16) & Magnetron v. Commission (T-263/16) joined cases (ECLI:EU:T:2016:427) (2019 February 14) 解説IBFD TNS 2016.1.11; IBFD TNS 2019.1.12; IBFD TNS 2016.4.6; IBFD TNS 2019.2.15 annuls Commission Decision (EU) 2016/1699 of 11 January 2016 on the excess profit exemption State aid scheme SA.37667 (2015/C) (ex 2015/NN) cf. C-337/19 P→2020/12-08


2019/02-06 丁SKM2019.57.SRノルウェー親会社-デンマーク子会社-ノルウェー孫会社の親→孫グループ出資
デンマーク租税裁判所?国税不服審判所?Danish Tax Board (Skatterådet) SKM2019.57.SR (2019.1.29) 解説IBFD TNS 2019.2.8 ノルウェー親会社がデンマーク子会社株式を100%保有していた。ノルウェー親会社はグループ出資としてデンマーク子会社に保有されるノルウェー孫会社の設立を企図した。ノルウェー親会社からノルウェー孫会社へのグループ出資はデンマークで課税されるか。されない。


2019/02-05 Estate of Lewin (2019 TCC 21)遺産の評価。子会社の評価。
The Estate of the Late Laurence Lewin v. The Queen (2019 TCC 21) (2019.1.30) 解説IBFD TNS 2019.2.7


2019/02-04 ケニアTotal Touch Cargo Holland (17 of 2013)輸出役務該当性とVAT免税
Commissioner of Domestic Taxes v Total Touch Cargo Holland, [2018] Eklr., High Court (Nairobi Income Tax Appeal No. 17 of 2013, 2018.12.21) 解説IBFD TNS 2019.2.5 Kenya Airfreight Handling Limitedがケニアにおいて Total Touch Cargo Holland B.V.に提供するcooling serviceはケニア付加価値税標準税率16%が適用されずexported serviceに該当する。


2019/02-03 NN (l) International (2011/AR/2950)集合的投資基金特別税と租税条約の資産税
ブリュッセル高裁NN (l) International SA v. l'État de Belge SPF Finances (Cour d'appel Bruxelles Case No. 2011/AR/2950, 2018.11.29) (未入手) 解説IBFD TNS 2012.6.28; IBFD TNS 2019.2.4 ベルギー相続税法161条(161bis(1):課税標準は前年度純投資額。161ter(1):税率0.8%)の外国集合的投資基金税(tax for foreign collective investment funds)が、欧州資本義務指令(Capital Duty Directive (Directive 69/335/EEC))またはベルギー・ルクセンブルク租税条約に違反するとして、原告(基金)はベルギー政府に還付を請求した。一審はCapital Duty Directive違反ではないと判断した。一審は条約2条2項の資産税(tax on capital)が、本件の税を包含するとして、政府側主張を棄却した。二審も、本件の税が納税者の総資産に係る税ではないということを以って条約2条2項にいう資産税に当たらないとは言えないとし、政府側主張を棄却した。


2019/02-02 最判H30.9.25源泉徴収法定納期限後の錯誤無効主張は可。経済的成果喪失要件を満たしてない
第849回租税判例研究会碓井光明2019年2月15日報告最三小判平成30年9月25日民集72巻4号317頁給与所得に係る源泉徴収所得税の納税告知処分につき、法定納期限が経過したという一事をもって、錯誤無効を主張してその適否を争うことはできないとした原審を覆し、争うことはできるとしたが(「給与所得に係る源泉所得税の納付義務を成立させる支払の原因となる行為が無効であり,その行為により生じた経済的成果がその行為の無効であることに基因して失われたときは,税務署長は,その後に当該支払の存在を前提として納税の告知をすることはできないものと解される。そして,当該行為が錯誤により無効であることについて,一定の期間内に限り錯誤無効の主張をすることができる旨を定める法令の規定はなく,また,法定納期限の経過により源泉所得税の納付義務が確定するものでもない。したがって,給与所得に係る源泉所得税の納税告知処分について,法定納期限が経過したという一事をもって,当該行為の錯誤無効を主張してその適否を争うことが許されないとする理由はないというべきである。」)、無効であることに基因して経済的成果が失われたことの主張・立証がないとして(「上告人は,本件債務免除が錯誤により無効である旨の主張をするものの,前記2(5)の納税告知処分が行われた時点までに,本件債務免除により生じた経済的成果がその無効であることに基因して失われた旨の主張をしておらず,したがって,上告人の主張をもってしては,本件各部分が違法であるということはできない」)原審の結論は維持した事例。
 (1)申告納税についても申告納期限後の錯誤無効の主張が可能か。最二小判平成2年5月11日訟月37巻6号1080頁は「個人がその有する資産の譲渡による譲渡所得について所定の申告をしなかったとしても、当該譲渡行為が無効であり、その行為により生じた経済的成果がその行為の無効であることに基因して失われたときは、右所得は、格別の手続を要せず遡及的に消滅することになるのであって、税務署長は、その後に右所得の存在を前提として決定又は更正をすることはできないものと解される。」と述べるが、申告納期限後の錯誤無効の主張を認めるかは定かでない。最判H30.9.25の一般論は申告納税の申告納期限後の錯誤無効の主張にも射程が及ぶと西本靖宏・ジュリスト1528号11頁は述べる。フロアからは、異論も呈されている。
 (2)経済的成果喪失の具体的当てはめとして、国税不服審判所__裁決がある(年月日を書いたメモを紛失してしまった)。譲渡所得に関し不動産登記を戻す等していないので経済的成果喪失要件未充足とされた例であるらしい。本件債務免除益に関しては、債務を復活させるという覚書を当事者間で交わせば足りるのか、という問題が議論された。フロアの空気としては、覚書だけでは足りないでしょ、という感じだったが。尤も、本件のような関連者間の取引で、かつ、債務免除という、担保の再設定とかが期待し得ない状況で、経済的成果喪失要件を満たしえないと考えられるのかにつき、関連者間取引が非関連者間取引よりも経済的成果喪失要件充足が難しくなるという理由は無いように私には思える。
 (3)碓井光明「源泉徴収と特別徴収」金子宏ら編『実践租税法大系(上)基本法編』税務研究会、1981年323頁の327頁は、源泉徴収納付義務賦課に際し「支払」といえるためには何の目的で、かつ、いくらを交付するかということについて、交付する側に認識が存在しなければならない、という碓井独自説を唱えているものの、非売品であるためなかなか引用されない、とお嘆き。
 (4)そもそも錯誤無効は現行民法下でも取消的無効と言われれているのに、いつまでも遡ることができるのですかね(国税通則法上の時効により国税側の問題は或る程度解消できるとはいえ)、という問題と、改正民法下では錯誤は取消となっているので、税金に関する判例・裁判例も変わっていくかもしれませんね、というお話。


2019/02-01 東京地H30.4.19平26行ウ649債務免除益が不動産所得・事業所得に当たるか、と借入時の事情の重要度
第848回租税判例研究会長島弘2019年2月1日報告 東京地判平成30年4月19日判時2405号3頁(確定)平成26(行ウ)649号 債務免除益が不動産所得・事業所得に当たるか一時所得に当たるか争われた例。
 本件も過去の債務免除益の判例・裁判例も、借入時の事情と債務免除時の事情を総合的に考慮するとしているところ、本件は借入時の事情を過去の例より重視している傾向があるのではないか、と報告された。給与認定に関する最一小判平成27年10月8日平成26(行ヒ)167号は債務免除時の事情を重視しているとも理解しうる。
 不動産所得に付随収入が含まれるかにつき、事業所得と同様に付随収入も含めてよいという考え方(本判決は事業所得と対比してないがこの考え方)、所得税法26条の文言「不動産…の貸付け…による所得」を重視して付随収入を含めてはいけないという考え方(報告者はこの考え方)が、対立している。組合航空機リースのノンリコース債務免除益に関する東京高判平成28年2月17日平成27(行コ)215号は、借入時の事情より債務免除時の事情を本件より重視した例ともいえるし、また、本件より不動産所得の範囲を狭く解した例ともいえる(上告不受理のため最高裁の見解は示されてない)。
 所得分類に関し条文の解釈は緩やかであるべき(元々は山田二郎先生の論)(厳格に解釈していくと一時所得・雑所得が増えすぎてしまう)という考え方がフロアから出された。他方で、資産譲渡益の「資産」「譲渡」等の文言が「緩やかに」解釈されている訳ではないのではないか、という考え方がフロアから出された。
 以下は私見。租税法令の解釈を「緩やかに」すべしという意見を聞くと私は反射的に胡散臭いと思ってしまう癖がついてしまっているものの、所得分類については「緩やかに」という考え方を直ちには棄却し難いと感じた。場面は異なるが、租税条約の解釈適用に関しその他所得条項を多用してはならない(ということはつまり、租税条約7条の事業利得とか11条の利子所得とかの解釈を緩やかにすることとなる)という見解が欧州では(というよりvan Raad門下ではというべきか)根強いらしいためである(但し2019/01-11のようにその他所得条項を広く解しているやに見受けられる例も欧州の一つであるデンマークにある)。尤も、それは租税条約の所得分類が緩やかに解釈されるべきという文脈ではなく租税条約が緩やかに解釈されるべきという文脈(英国では租税条約が緩やかに解されるべしと考えられているという指摘をいただいた)なのかもしれない(但し、別の筋で、十年以上前、私が財務省の方に「租税条約は改正が難しいから緩やかに解釈し課税権確保にバイアスをかけるべきか」と質問した際、財務省の方は条約だから緩やかに解釈すべしという見解には与し難いと述べられた)。所得税法23条以下の所得分類は緩やかに解釈されるべきなのか、租税条約の所得分類は緩やかに解釈されるべきなのか、租税条約は緩やかに解釈されるべきなのか、3つとも難問であり、直ちには採用し難い一方で、直ちに棄却できる自信もない。


2019/01-11 丁SKM2019.33.LSR外国での研究に関する資金は政府職員給与ではなくその他所得である
デンマーク行政租税裁判所(国税不服審判所レベル?)SKM2019.33.LSR (2018.11.29) 原告は妻と共に2015年8月にデンマークからアメリカに行きデンマーク非居住者として制限納税義務に服することとなった。2015年4月、原告はデンマークの独立研究ファンド(Det Frie Forskningsråd)からアメリカの大学宛における2015年7月1日から2018年6月30日までの研究プロジェクトについて研究資金を受けた。デンマークで課税される所得に当たるか。原告は雇われていたのではないので19条の政府職員に該当せず21条のその他所得であると判断された。――その他所得というのは、賞金とか、当たり馬券とか、極々例外的な事象にのみ当てはまるというのが欧州における常識だと聞いていたけれど、こんなにあっさりその他所得と言ってしまっていいのだろうか。寧ろ、その他所得は極々例外的なものだ、と条約に明記しない限り、条約の解釈としては色々な所得がその他所得に当たることになってしまうと解釈されるということであろうか。何か悩ましいな。


2019/01-10 Peter Horowitz (Case No. PWG-16-1997) FBAR違反
US v. Peter Horowitz, et al., US District Court for the District Court of Maryland, Case No. PWG-16-1997 (2019 January 18) 解説IBFD TNS 2019.1.23


2019/01-09 伊欧EN.SA. (C-712/17)電力販売業者のVAT
EN.SA. Srl v. Agenzia delle Entrate - Direzione Regionale Lombardia Ufficio Contenzioso (C-712/17) 2018 WTD 59-13 CJEU to Consider How Nonexistent Transactions Affect VAT; Advocate General Kokott opinion (2019 January 17); Judgment (2019.5.8) 解説IBFD TNS 2018.3.26; IBFD TNS 2019.1.23


2019/01-08 韓最高裁2018.12.27アイルランド租税条約の特許使用料beneficial owner条項とGAAR
韓国最高裁2018年12月27日事件番号不明 解説IBFD TNS 2019.1.22アメリカ系多国籍企業グループが、2010年5月〜11月の組織再編の結果、特許使用料受取法人をアメリカ法人からアイルランド法人に変えるようにした。韓国課税庁は、アイルランド法人が0%源泉徴収税率の恩恵を受けるためだけの目的で設立された法人にすぎないとし、beneficial ownerはアメリカ法人であると主張した。最高裁は、原審同様、韓米租税条約の税率が適用されるとした。


2019/01-07 仏欧Sea Chefs Cruise Services GmbH (C-133/18)ドイツ法人VAT還付申請報告書要件
Sea Chefs Cruise Services GmbH v. Ministre de l'Action et des Comptes publics (C-133/18) 2018 WTD 94-19 CJEU to Consider French VAT Refund Case; Advocate General Hogan opinion (2019 January 17); Judgment (2019.5.2) 解説IBFD TNS 2018.5.14; IBFD TNS 2019.1.22


2019/01-06 蘭ECLI:NL:HR:2019:57南アフリカとの条約の最恵国待遇条項とスウェーデン配当所得条項
Hoge Raad der Nederlanden, Zaaknummer 17/04584 (Datum uitspraak 2019-01-18) 解説IBFD TNS 2017.9.5; IBFD TNS 2019.1.21条約の文理解釈により、南アフリカ・スウェーデン租税条約のプロトコル(2008、2012)を肯定した。課税庁は、南アフリカが新しい免税に同意した時のみ(南アフリカ・スウェーデン租税条約プロトコルはこれを満たしてない)最恵国待遇が効く、と主張したが斥けられた。納税者勝訴の原審を維持。


2019/01-05 スウェーデン欧Srf konsulterna (C-647/17)会計講座料金のVAT取扱い
Skatteverket v. Srf konsulterna AB (C-647/17) 2018 WTD 38-17 CJEU to Hear Swedish Accounting Course Fees VAT Case; Advocate General Sharpston opinion (2019 January 10); Judgment (2019.3.13) 解説IBFD TNS 2018.2.12; IBFD TNS 2019.1.18


2019/01-04 スウェーデン欧Holmen AB (C-608/17)スペイン子会社の欠損金のスウェーデン親会社における利用
Skatteverket v Holmen AB (C-608/17) 2018 WTD 6-13 EU Court to Hear Swedish Case on Deducting Foreign EU Subsidiary Losses; Advocate General Kokott opinion (2019 January 10); Judgment (2019.6.19) 解説IBFD TNS 2018.1.8; IBFD TNS 2019.1.17


2019/01-03 スウェーデン欧Memira Holding AB (C-607/17)域内他国法人の損失のスウェーデンにおける控除
Skatteverket v Memira Holding AB (C-607/17) 2018 WTD 6-12 CJEU to Consider Swedish Deductions for Losses of Subsidiary in Another EU State; Advocate General Kokott opinion (2019 January 10); Judgment (2019.6.19) 解説IBFD TNS 2019.1.15スウェーデン系多国籍企業グループのドイツ子会社の損失(ドイツで欠損金繰越)をスウェーデン親会社の所得計算において控除しないことの是非。


2019/01-02 米18-md-2865 (LAK)デンマーク課税庁の租税還付詐欺の訴えはrevenu ruleで斥けられない
In re SKAT Tax Refund Scheme Litigation, (US District Court for the Southern District of New York, 18-md-2865 (LAK), 2019 January 9)解説IBFD TNS 2019.1.11


2019/01/01 東京高H30.7.19平29行コ283財産評価基本通達の文理解釈
第847回租税判例研究会 渡辺徹也2019年1月18日報告 東京高判平成30年7月19日平成29(行コ)283号(変更)←原審2018/06-01 被相続人H氏がT社(タキゲン製造株式会社)株を保有しており、平成19年8月1日、保有株のうち72万5000株を1株当たり75円(配当還元方式による)でY社(有限会社タキゲン秀英会)に譲渡した。税務署長は類似業種比準方式により1株当たり2990円(異議決定で2505円)が時価であり、75円での譲渡は所得税法59条1項2号にいう法人への低額譲渡(低額:時価の半分未満)に当たるとして時価譲渡を擬制し譲渡所得について課税処分をした(所基通財産評価基本通達188(1)は譲渡直前に着目、188(2)〜(4)は譲渡直前に着目するとは書いてない)。原審は、清算課税説を重視し、譲渡人の譲渡直前の保有割合に着目して類似業種比準方式による時価算定を正当とした。高裁は、通達を文理通りに解釈すべしとし、譲渡人の譲渡直前の保有割合に着目することは許されないとして、配当還元方式による時価算定を正当とした。なおH氏は平成19年12月26日に死亡した(相続税に関しては東京地判平成29年8月30日平成24(行ウ)184号…概ね納税者側の勝ち)。(最三小判令和2年3月24日平成30(行ヒ)422号破棄差戻)
 通達の読み替えが許されるか否かで原審・控訴審の結論が分かれている。所基通59-6は所得税法59条の解釈として当然のことを確認的に記したものといえるのか、だとしても所基通59-6の記述だけで財産評価基本通達188の(2)〜(4)について(1)と同様に「直前」に読み替えるということを一般納税者に期待できる程分かりやすい記述となっていないのではないか(背景には国税局の違いにより扱いが違うということがあったらしい)。
 法規範ではない通達の「文理解釈」(通達よりは法規範性が高い判例について文理解釈とかいう言い方はほぼしない)だとか「適用」だとかいう言い方は奇異なのではないか、解釈・適用の対象はあくまで所得税法59条だけの筈(法規範性の根拠がある固定資産評価基準と、財産評価基本通達は位置付けが異なる筈)。解釈・適用の対象として相応しくないもの(法規範性が無い筈のもの)についての違和感としてはオリックス銀行一審東京地判平成24年11月2日税資262号順号12088を想起させる。(上告審の宇賀克也補足意見も「通達は,法規命令ではなく,講学上の行政規則であり,下級行政庁は原則としてこれに拘束されるものの,国民を拘束するものでも裁判所を拘束するものでもない。」と述べてますね(宮崎裕子補足意見「租税法の法令解釈において文理解釈が重要な解釈原則であるのと同じ意味で,文理解釈が通達の重要な解釈原則であるとはいえないのである。」)。ところで宇賀克也補足意見が「通達の公表は,最高裁昭和60年(行ツ)第125号同62年10月30日第三小法廷判決・裁判集民事152号93頁にいう「公的見解」の表示に当たり,それに反する課税処分は,場合によっては,信義則違反の問題を生ぜしめるといえよう。」と述べているのは、管見の限り最高裁レベルでは最初である気がします。ストック・オプションの最判平成17年1月25日民集59巻1号64頁とか最判平成18年10月24日民集60巻8号3128頁とかで頑なに信義則違反の論点には応えてこなかったのは、何故だったのでしょうか。)


2018/12-97 Totel ([2018] UKSC 44)付加価値税
Totel Ltd v. HMRC ([2018] UKSC 44) (U.K. Supreme Court, 2018 July 26) (On appeal from [2016] EWCA Civ 1310) (本文2018 WTD 145-20 要約2018 WTD 145-21) 解説J.P. Finet, Pay-First Rule for VAT Challenges Upheld by U.K. Supreme Court, 2018 WTD 146-7


2018/12-96 西欧European Commission v. Spain (C-128/16 P)船会社資金調達国家補助疑い
European Commission v. Spain (C-128/16 P) Judgment ECLI:EU:C:2018:591 (2018 July 25) Appeal case before the General Court Spain v. Commission (T-515/13) & Lico Leasing SA and Pequeños y Medianos Astilleros Sociededa de Reconversión SA v. Commission (T-719/13) 解説J.P. Finet, Spanish Ship Financing Scheme Doesn't Violate State Aid RUles, CJEU Finds, 2015 WTD 248-5; J.P. Finet, Group's Tax Benefit Part of State Aid Determination, CJEU Says, 2018 WTD 145-4
Joined Cases T-515/13 & T-719/13 General Court of the European Union decision 2020.9.23


2018/12-95 Sanjeev Arora, 2018 WL 3429915
US v. Sanjeev Arora, 2018 U.S. Dist. LEXIS 119202; 2018 WL 3429915 (No. 1:17-cv-00584) (United States District Court for the District of New Mexico, 2018 July 16) (2018 WTD 138-22 IRS Memo's Covered by Privilege in $6.7 Million Penalty Case) 解説J.P. Finet, Redacted FBAR Documents Protected by Privilege, U.S. Court Finds, 2018 WTD 138-7


2018/12-94 Pertemps ([2018] UKFTT 369 (TC))暫定代理人費用
Pertemps Limited v. HMRC ([2018] UKFTT 369 (TC)) (TC06583) (U.K. First-Tier Tribunal (Tax Chamber) 2018 July 6) 解説J.P. Finet, No VAT on Temp Agency Expense Scheme Fees, U.K. Tribunal Says, 2018 WTD 137-6


2018/12-93 Morgan Stanley (地裁2018.5.2)
District Court of North Holland (2018 May 2) Morgan Stanley 解説William Hoke, Morgan Stanley Wins Round One in Dutch Dividend-Stripping Case, 2018 WTD 134-6


2018/12-92 Taylor Clark Leisure ([2018] UKSC 35)付加価値税還付請求をできるのは代表者だけ
HMRC v. Taylor Clark Leisure Plc ([2018] UKSC 35) ([2018] 1 WLR 3803) (On appeal from: 2016 CSIH 54) (U.K. Supreme Court, 2018 July 11) 解説J.P. Finet, Group Rep must Seek VAT Refund, U.K. Supreme Court Says, 2018 WTD 134-4


2018/12-91 David Moulsdale ([2018] UKFTT 309 (TC))リース不動産のVAT非課税適格:回転取引
David Moulsdale (t/a Moulsdale Properties) v. HMRC) ([2018] UKFTT 309 (TC)) (TC06539) (U.K. First-Tier Tribunal (Tax Chamber) 2018 June 15) 解説J.P. Finet, Lease doesn't Void VAT Exemption Waiver, U.K. Tribunal Says, 2018 WTD 133-6


2018/12-90 Lorenzo Shipping Corporation (CTA Case No. 8694)
Lorenzo Shipping Corporation v. Commissioner of Internal Revenue (CTA Case No. 8694) (Philippine Court of Tax Appeals) (2018 June 28) (2018 WTD 130-25) 解説William Hoke, Philippine Court Nixes $37 Million Tax Bill for Want of Due Date, 2018 WTD 130-7 参照CIR v. Pascor Realty and Development Corp. (G.R. No. 128315, 1999 June 29)


2018/12-89 Softbrands India (ITA 536/2015 & 537/2015)移転価格コンパラ選定(TNMM)は事実問題
Principal Commissioner of Income Tax v. Softbrands India P. Ltd. (ITA nos. 536/2015 and 537/2015) (Karnataka High Courts, 2018 June 25) (2018 WTD 125-22) 解説Ryan Finley, Indian High Court won't Review Comparables Selection, 2018 WTD 125-7


2018/12-88 仏欧SGI & Valériane SNC (C-459/17 & C-460/17)供給者不存在取引仕入税額控除VAT fraud
SGI & Valériane SNC v. Ministre de l'Action et des Comptes Publiques (joined cases C-459/17 & C-460/17) 2017 WTD 199-19 EU Court to Hear French Case on Denial of Input VAT Deductions; 2017 WTD 199-20 CJEU to Consider French Case on Denial of Input VAT Deductions; 2018 WTD 125-19 CJEU Says Deny Input-VAT Deduction for Nonexistent Transaction 解説J.P. Finet, No Input VAT Deduction for Nonexistent Transaction, CJEU Says, 2018 WTD 125-4 invoiceに記載されている取引がVAT fraudに関わるものであった(つまりsupplier nonexistent)ことを納税者が知っていた(筈である)ということを課税庁側が立証しなければならない、との主張を斥けた。


2018/12-87 蘭欧A-Fonds (C-598/17)源泉徴収税還付、国家補助
A-Fonds v Inspecteur van de Belastingdienst (C-598/17) Advocate General Saugmansgaard Øe opinion (2018 December 19); Judgment (); 2018 WTD 16-16 CJEU to Consider Dutch State Aid Case 解説IBFD TNS 2018.2017.10.17; IBFD TNS 2018.12.21
 Hoge Raad der Nederlanden, Zaaknummer 19/03341 (2020.1.24) ECLI:NL:HR:2020:115 解説IBFD TNS 2020.1.29 cf. ECLI:NL:HR:2021:582 2021/04-17


2018/12-86 モルディブTAT-CA-W/2017/005チャンネルライセンスフィー源泉徴収税不適用
Medianet Pvt. Ltd. v. Maldives Inland Revenue Authority (Tax Appeal Tribunal, TAT-CA-W/2017/005) (2018 October 24) (未入手) 解説IBFD TNS 2018.12.19


2018/12-85 波欧Związek Gmin Zagłębia Miedziowego (C-566/17)仕入税額控除配分ルール不存在
Związek Gmin Zagłębia Miedziowego w Polkowicach v. Szef Krajowej Administracji Skarbowej (C-566/17) Advocate General Shapston opinion (2018 December 6); Judgment (2019.5.8) 原告(地方団体)がごみ処理に関し免責の料金を受領した。この活動に関して地方団体はVAT課税事業者ではない。他方でごみの種類に応じ利用可能化・輸送等の役務を提供しVAT課税事業者である。


2018/12-84 コロンビア憲法裁C-120/2018非雇用所得を得る個人が非雇用活動関連費用を控除できることは合憲
解説IBFD TNS 2018.12.12[感想:給与が控除不可なのか不分明。給与との扱いの違いが差別であると主張されたのだろうか?]


2018/12-83 白憲法院判決番号163/2018国際トラック運転手に対する差別は許される
ベルギー憲法院Cour Constitutionelle/Grondwettelijk Hof, Numéro du rôle: 6654, Arrét no 163/2018 (2018 novembre 29) 解説IBFD TNS 2018.12.12 ベルギー居住者であるXは国際トラック運転手としてスイス法人に雇われスイスの運転免許を有する。2011〜2013年度の所得についてベルギーでの完全国外所得免税を主張した(白瑞租税条約15条3項)。課税庁は、物的存在テストに基づく非課税(2010年84/231日。2011年42/233日)のみを認めた。物的存在テストでXが雇われている国にトラックを置いておかねばならないとするのは国際トラック運転手に対する差別として憲法違反であるしベルギー・ルクセンブルク租税条約は雇用者所在地国のみでの課税を規定している、とXは主張した。憲法院は、船・飛行機の運転手とトラック・鉄道の運転手とで課税上の扱いが異なることは、比例原則に反しないし合理的に正当化できるとした。


2018/12-82 韓最高裁2018.11.29 GAAR適用制限。beneficial owner判定…ハンガリー法人かアメリカ法人か
最高裁2018年11月29日(未入手)解説IBFD TNS 2018.12.11韓国製造会社がハンガリー親会社に配当を支払った。当該韓国会社はかつてアメリカ会社に保有されていたが法人組織再編により共通サービスセンターとしてのハンガリー会社に株式が移転していた。韓洪租税条約では配当源泉徴収税率は5%であった。課税庁は韓米租税条約による11%の配当源泉徴収税率を主張した。一審、控訴審は洪会社が導管にすぎないと判断した。最高裁は、洪会社の受益者(beneficial owner)としての資格は否定できないとした。


2018/12-81 露仲裁裁判所?Φ07-11188/2018組織再編後の簡易課税制度利用可
ロシア北西部仲裁裁判所破毀裁判所?Arbitration Court of the North-Western District (Court of Cassation) decision no. Φ07-11188/2018 (case no. A56-85842/2017) (2018 November 8) (未入手) 解説IBFD TNS 2018.12.10閉鎖会社たるZAO社は簡易課税制度を利用してきたが2016年9月に組織再編しOOO社になった。課税庁はOOO社が登録されてないので簡易課税制度を利用できないとした。


2018/12-80 勃行政最高裁10906/17.09.2018英法人現地治験支店が本店のみに供給する場合の仕入税額控除の可否
ブルガリア行政最高裁?事件番号10906/17.09.2018(LINK不明)解説IBFD TNS 2018.10.1原告たる英法人はブルガリア支店(ブルガリアでVAT登録)で治験をし本店のみに供給していた。第三者には供給なし。仕入税額控除権はあるか。裁判所は、国内で仕入税額控除は否定されるがEU域内越境VAT制度の中でブルガリアVATの還付請求は可能であると判示した。


2018/12-79 Gamestop, 428 P.3d 1269州売上税の同種資産取引非課税規定とゲーム売買
ワシントン州控訴審State of Washington Department of Revenue v. Gamestop Inc. & Socom, LLC, 428 P.3d 1269 (Court of Appeals of Washington, Division Two,