また、イエスは言われた。「ある人に息子が二人いた。弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄使いしてしまった。何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた。それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。そこで、彼は我に返って言った。『父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』しかし、父親は僕たちに言った。『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。』そして、祝宴を始めた。ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた。そこで、僕の一人を呼んで、これはいったい何事かと尋ねた。僕は言った。『弟さんが帰って来られました。無事な姿で迎えたというので、お父上が肥えた子牛を屠られたのです。』兄は怒って家に入ろうとはせず、父親が出て来てなだめた。しかし、兄は父親に言った。『このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる。』すると、父親は言った。『子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。』」(ルカによる福音書15章11-32節)

2001年3月25日、立教学院諸聖徒礼拝堂

 有名な「放蕩息子のたとえ」だ。ルカの福音書には、悔い改めとか、招きとか、失われたものを見出そうとする神の情熱といった一連のたとえ話が続いていく。大斎節に「放蕩息子」を取り上げているのは、やはり悔い改めということが主題になるのだろうか。
 これはある父親と二人の息子との物語だ。これを題材にした作品を書いた小説家もいる。確かに劇的で、よくできたストーリーだ。しかし、いうまでもないことだがこれは「たとえばなし」であって、実際にこういうことがあったのではない。いや、実際にこういうことはあるだろう。だから、人々はイエスがこの「たとえ」を持ち出したときに、自分の経験に照らして、あるいは、想像力を自由に働かせて物語の中に入っていくことができた。たとえばなしは、誰もが自分の姿を読みこめる要素を持っている
 この物語の三人の登場人物のうち、誰に自分を当てはめるだろうか。自分かってな生き方をして身を持ち崩し、どうしようもなくなって父の元に帰る次男、「放蕩息子」だろうか。それとも、身勝手な弟が父の愛情を受けていることを許せないでいる実直な兄だろうか。われわれがよく知っているタイトル「放蕩息子のたとえ」とは、次男に注目した言葉だ。仮に兄に注目すればわれわれはこのたとえ話にどんなタイトルをつけるだろうか。「実直な兄のたとえ」だろうか、「死んだはずの弟の帰郷を喜べない偏狭な兄のたとえ」だろうか。
 ルカの意図は、おそらく読者が兄に自分を当てはめることを期待している。弟のような人生は、おそらく多くの人にとってはあまりに奇抜で、親近感のもてない生き方に違いない。しかし、兄の生き方、弟が自分勝手に身を持ち崩そうとも、自分は実直に仕事をし、父親とともにこつこつと働いていく生き方は、多くの人にとってじゅうぶん理解可能なものだし、多くの人はそうして実直な人生を送っている。弟と兄、両者のどちらかといわれれば多くの人は兄の中に自分の姿を見出すだろう。そして、久しぶりに帰郷した弟に対して父親が用意した宴会のあまりの豪華さに、われわれはこの兄とともに不平をもらすのかもしれない。

 放蕩息子の回心、こういう話しはどこかで聞いたことがあるだろうか。聖アウグスチヌスは若いころ悪事の限りを尽くしといわれている。聖フランチェスコが金持ちの道楽息子で、それこそ放蕩の限りをつくし、名誉欲のために戦争に加わりおそらく殺人さえもしたであろうことはよく知られている。あるいは、モーツァルトは天才芸術家だが、決して立派な社会人だったとはいえない。聖人、英雄、天才といわれる人々には比較的よく付きまとう逸話だ。
 しかし、若いころにしたいほうだいを尽くして、のちに回心して清貧の暮らしに徹し、後世に聖人とあがめられるのであれば、自分も一通りの悪事の限りを尽くしてから、のちに回心して聖人のような暮らしをしてみたいと考える人は、いるだろうか。

 このたとえの弟のように、財産をすべて使い果たして、遊びたいだけ遊び、その果てにのこのこ帰ってきても叱責も受けず、大歓待を受けて許されるのなら、実直な生き方をする人間などいなくなるではないか。皆さんはそのようにお考えだろうか。それなら自分も弟のようにやれる限りの放蕩を尽くして、いい思いをしてから修道院にでも入ろうとおっしゃるだろうか。
 マタイ福音書の「ぶどう園の労働者たとえ」(20章1-16)にも、夕方になってようやく雇われながら、一日分の給料をもらう労働者が出てくる。それでいいのなら、朝早くから働く人間など誰もいなくなる。みなふらふらと一日を無為に過ごして夕方になってわずかばかりの労働をし、給料をもらって生きていく道を選ぶにちがいない。皆さんはそのようにお考えだろうか。

 放蕩の限りを尽くしても許してもらえる約束、夕方から働いても一日分の日当をもらえる約束、こうした約束があれば誰もが放蕩に身をやつすのだろうか。おそらくそうではない。
 金の力で虚しい人間関係を作り、金がなくなれば誰一人自分の友ではなかったことに気づき、困窮しても孤独でしかなく、最後には豚の餌さえも食べようとするほどの飢えにさいなまれる。こんな人生を望む人がいったいどこにいるだろうか。
 もし実直な兄に共感し、弟に対する父の処遇が手厚すぎて不公平だと思う人は、倫理観も自尊心もあらゆる物をかなぐり捨てて放蕩の限りを尽くして見るがいい。弟は父の財産を浪費し、贅沢をして楽しんだだけではなく、その結果、虚無と孤独と飢えと寒さにさいなまれ、ひとたび死のふちを垣間見たのだ。父は少なくともこのことを理解していた。だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。」

 もう一人の登場人物、父親に自分を当てはめる人はいるだろうか。実はこの物語は、放蕩息子の帰還を待ちわび、赦し、喜ぶ父親の物語に他ならない。兄の訴えは正当なようだが、兄はひとつのことを忘れている。父親はそのことを説明して兄に語りかける。子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ」。この父は今、弟と兄との間に立っている。兄弟としての関係を失ってしまった二人の間に。父は兄弟の和解のために、帰還した弟にではなく兄に語りかける。「ところが、あなたのあの息子が」と、もはや弟だと思えないで憎悪をむき出しにする兄に向かって、父は「子よ」と語りかける。
 悔い改めるのは実は兄に他ならない。聖書が語る悔い改めとは、弟のように父の家へと向かうことだけではない。絶望と死の淵から命へと向かって立ち上がるのが弟の悔い改めであったとすれば、兄が今必要としているのは、弟との和解であり、ねたみと憎悪を取り去ることであり、父とともにあることの豊かさを再発見すること、これこそが兄のなすべき悔い改め、我々のなすべき回心のわざに他ならない。

戻る