設置したのは、5バンド用のワイヤーダイポールです。
2つのダイポールが一つのバランから給電されているおなじみの形です。

長いほうのワイヤーは以下のようになっています。
(バランの片側のみを示す)

            ワイヤー1              ワイヤー2           ワイヤー3
バラン―――――コイルA――――コイルB――――

 これに次の形で波を乗せます。
21メガ     ワイヤー1     ワイヤー1の長さで調整
7メガ     ワイヤー1+2     ワイヤー2の長さで調整
3.5メガ     ワイヤー1+2+3     ワイヤー3の長さで調整


 
21メガはほとんど無調整で合っていたことを先回のメモ(「アンテナの調整 ダイポール(1)」)で報告しました。

 
7メガ以下の調整にとりかかりましたが、さっぱり合いません。
ワイヤーは長めに設定してあり、場所に応じて少しづつ切り詰める事になっています。ワイヤー2の部分は、初期の長さが、400センチです。これを20センチずつ7回、合計140センチ切ってもさっぱり合いません。どこかおかしいのではないかとメーカーに問い合わせましたが、「合うはずである」「切り詰めていくしかない」との返答でした。
 しかし、「400センチ中の140センチはあまりにも切りすぎではないか」と心配になりました。

 結果的には、近所のOMさんの所有するアナライザーを借用して、やっとで合わせることができました。このアナライザーはSWRとインピーダンスを計測できるものでHFからVHFまで連続的に周波数を変化できます。やはり測定機にはそれだけの価値があると感じました。


アンテナ アナライザー

メーターは1個で、スイッチ切り替えでSWRとインピーダンスを表示する。
1.5V×6個の電池使用




まず、トランシーバーでの測定ではOKであった21メガをもう少し精密に測定しました。

 
ベストのSWRは1.1で20.60メガに合っていました。
 これを2回に分けて34センチ切り詰めました。
結果は、ベストSWRは1.1で21.12Mzです。
SWR1.5以下は20.7〜21.5Mz
2.0以下は20.4〜21.8Mzとなりました。

 次に7メガです。

 結局、ワイヤー2の部分を410センチにしました。
ベストSWRは1.7が7.04Mzででました。
SWR 2以下は7.0〜7.08Mzです。

 ワイヤー2は次のように長さを変えたことになります。
400センチ(当初設定)
→380
→360
→340
→320
→300
→280
→260(ここまでアナライザーなし)
→450(延長)
→350
→390(2回目の延長)
→410(3回目の延長)

 左右と中央のポールにかかったワイヤーの上げ下ろしを充分に根気よくやりました。

 切り詰めるのは、予想された事態なので、やむを得ないと思います。しかし、当初の設定より長くして落ち着いた件はやや釈然としません。私はたまたまOM氏のアナライザーの助けを借りたので、長くする判断がつきましたが、一般には何がおこっているか分からないと思います。

 3.5Mzは7Mzまでの設定が終わった段階で、ベストSWRが3.503Mzに出ていたので、最終的に10センチ切り詰めました。
 結果は、ベストSWRは1.2で、3.55Mzです。
1.5以下は、3.54〜3.56Mz
2.0以下は、3.53〜3.57Mzです。



 

 上記のSWRは別のメモ、「ダイポールとverticalの比較」にグラフにしておきます。

 なお、もう一本のダイポールが28Mzと14Mzを受け持っています。

28Mzについて、アナライザーで見ると、無調整の状態で29.8MzにベストSWR1.7が出ています。つまり、28Mzについても切り詰めるのではなく、ワイヤーをより長いものに交換する必要があります。
 ここで根気が尽きたので、14と28はまだ調整してありません。

 我が家のロケーションは、隣家との距離、自家の屋根との距離も、理想的ではないが、そんなに劣悪ではないと思います(「アンテナの調整 ダイポール(1)」を参照)。これくらいの条件に充分に対応できるように、ワイヤーの初期設定をもっと長くすべきだと、メーカーには希望します。

戻る


アンテナの調整 ダイポール(2)