アマチュア無線に戻る

e-QSL その2  e-QSLはどの程度普及しているか




○e-QSL利用者の割合 推測の材料

コール     私がアップした局数   e-QSLを受信した局数
7Q7KZ           4300                     300
5H3KA            700                      90
C93KZ            130                      20
Z2/JA2LZF      600                      20


全体として、アップしたデータの1割程度の受領である。
私がアフリカから交信したのはそれぞれDXを楽しむ局で、ローカルのラグチュー派ではない。
それでもe-QSLの利用は1割程度で、普及はまだこれからであろうか。
一方で、「3パーセントの利用で流行とみなせる」とする説もある。
この説に従えば、立派な普及率であろう。


○カードを受信するとその都度、お知らせのメイルがやってくる。
(データのアップ前に私宛に来ていたものは、たんにサーバーに蓄えられていただけで、メイルは来ていない)
これはかなり頻度が高く、やや面倒です。
上記のライセンスのアプルーブの段階では、このメイルは開始されませんでした。
その後、私がログをサーバーに流し込んで、カードを送り始めた時点から、受信についてのお知らせが届くようになりました。


○カード受信のお知らせのメイル その2
私のデータのアップ後2週間の経過です。
QSLが来ると、そのつどメイルでお知らせがある。
上記の受信数は、いまだに増え続けている。
この増えている量は、最近の2週間で67通である。
つまり、平均4通/日である。
1)私が上記コールで交信したのは2000〜2001年であるが、2年後の今日でも少しずつデータをアップしている局長がいるのであろうか。
2)あるいは、私のように、最近になってe-QSLシステムに加入し、一挙にデータをアップしたした局長が、一日当たり4局もいるのであろうか。
3)あるいは、データはすでにアップしてあったが、e-QSLのサーバーが遅いので、少しずつメイルがやってくるのであろうか。