ダイポールについて、調整の苦労はすでに「アンテナの調整 ダイポール(2)」で示しました。verticalについては、組みたて説明書の寸法どおりで、一切の調整をしていません。本来は微調整をするようですが、OM氏から借用のアナライザーで測定した結果、実用の範囲内になっているので、そのまま使用しています。

2つのアンテナを比較する項目は種々あると思いますが、ここではSWRのみを示します。すべて借用したアナライザーによる計測です。





21Mz
 縦軸に周波数をMzで示しています。それぞれの縦の棒が、SWRがベスト、1.5以下、2.0以下の範囲を示しています。
 一般に周波数を横軸にとる事が多いので、左のグラフは見にくいかもしれません。私のグラフ作成ソフトの都合なのでご容赦下さい。

 左の3つの区域がダイポール。次の3つがvertical、一番右の区域がアマチュアバンドの周波数です。

 2つのアンテナについて、それぞれ、左からベストのSWRが出た周波数、SWR1.5以下の周波数帯、2.0以下の周波数帯を示しています。

 比較すれば、ダイポールのほうがverticalよりずっと広帯域にあっていることが分かります。verticalのほうは無調整ですが、充分にアマチュアバンド全体に使用可能な状態です。

 ちなみにそれぞれのSWRの最低値は、
ダイポール1.1
vertical 1.05 でした。




  この上のグラフは、左、ダイポール、右、チェッペです。
  チェッペについて、2000年7月23日に張って見たので結果を示します。
チェッペの製品は、サガ電子のものです。7・21Mz共用で、21はフルサイズで、7は短縮型で働きます。全長12メートル程度です。同様の製品はコメットでもありますが、重量、ワイヤーの柔軟性を見て、こちらを選択しました。
  21MzのベストSWRは1.95で、やや厳しいです。SWRの範囲もダイポールよりも狭い事が分かります。



50Mz
 じつは、同一の周波数で比較できるのは現在のところ21Mzだけです。
 これ以後は、どちらか一方のアンテナのグラフになります。上のグラフと同様に左がダイポール、右がverticalです。

 50MzはベストSWRは1.8なので、SWR1.5以下の区域も点で示されています




28Mz
verticalのみ
ベストSWRは1.05



24Mz
verticalのみ
ベストSWRは1.1


28、24、18は無調整でもぴったりです。


18Mz
verticalのみ
べストSWRは1.07


14Mz
14Mzはダイポールの調整がつけば、比較できるはずですが、現在はverticalのみです。

ベストSWRは1.02


7Mz
ダイポールのみ
ベストSWRは1.7 やや高いか




  上のグラフでは、ダイポール(左)とチェッペ(右)を比較している。
  チェッペのベストSWRは1.6である。全体として、ややCWよりになっているが、実際に現地で張ってからの再調整が必要であろう。




3.5Mz
3.5Mzはコイル2個を入れているためか(アンテナの調整 ダイポール(2)を参照)、さすがにあっている周波数帯は狭いようです。
3.5Mzのアマチュアバンドは、実際は、3つに分かれています。

ベストSWRは1.2

戻る


ダイポールとverticalの比較