戻る


トランシーバーの不調と対策  2

○ALCが極大になる件

先回のレポートでは、マイクコードは糸ハンダで巻いてあった。

その後、マイクコード、HB9CV用の同軸(室内部分のみ)、DC電源コード(一部)をアルミフォイルで巻き、アースも取って、ALCは、ほとんど大丈夫になった。

アースは下の写真のように、ジャガイモのすりおろし器2個を使用した。穴があらかじめ開いていて好便であった。

メーカーのサポートに深謝です。


○PCへのインターフェア

マウスコードから回り込んでいるので、これもアルミフォイル巻にした