アマチュア無線に戻る

e-QSL その1  データのアップとカード作成

2003年3月26日 記

e−QSLに登録して、自分のログを流し込み、カードを作りました。
私にとっては初めてのことが多数あったので、以下、報告します。


○世界版のe-QSLと日本版のQSL-bankとがある。
両者の仕様、寄付の受付など異なっている。
私は前者でやりましたが、両者でとくに情報のやり取りはしていないようです。
それであれば、なぜわざわざQSL-bankを立ち上げたのか、よくわかりません。

○寄付して初めてオリジナルデザインのカードを発行できる。
寄付は25ドルがデフォルトで入っています。
私は、7Q、5H、C9、Z2と4ヵ国もあるので合計100ドルでは痛手です。
ためしにそれぞれ5ドルにしたら、それでも受け付けてもらえました。

ちなみに私は4ヵ国分の違うデザインを作成するのも面倒で、同じデザインにしてしまった。






○従来の紙ベースのDXCCは、当初はe-QSLによるDXCCを認めていなかったが、今は認めている。
これは時代の流れか。
なお、e-QSL独自のDXCCのようなアワードもある。

○従来のcvs形式ベースのログではデータをe-QSLのサーバーに流すことができず、adi形式に変換する必要がある。
このようなツールは、さすがアマチュア無線の世界だけあって、無償提供をweb上でしている局がある。
ソフト制作者に感謝です。

○e-QSLのサーバーはとてものろい。
多分、アメリカにあるのでしょうが、小さいマシンをモデムでつないでいるのではないかと思いました。
データ量としては膨大になるので、バックアップは心配ですね。


○国外のライセンスを認証する仕組み。
e-QSLではライセンスの紙自体をスキャンして、JPGファイルでオフィスに送ります。
1週間から1ヶ月でアプルーブされます。
DXCCでは、本当にその国に滞在していたことをしめすべく、入国スタンプがあるパスポートのコピーが要求されましたが、e-QSLでは不要でした。


e-QSL その2 へ進む