戻る

マラウィでの運用 2002年

写真 準備中


 2002年8月上旬に1日だけ運用した。私の機材はすべてタンザニアに保管してあり、ここでは7Q7YL宅の機材を使用させていただいた。
 
 はじめはすべての周波数帯にわたってSWRが以上に高く、バランの異常を疑った。結果としてはこちらは異常なし。トランシーバー(IC-706)につないだアンテナチューナーの接続があやまっていたことが分かったので、接続しなおして正常に戻った。
 
 UTC11:00〜16:00まで28、21、14MzでCQを出した。交信はケニア、インドネシア、南ア、メキシコの合計5局と成立した。JA局は21Mzで2局が聞こえており、こちらから呼んだが届かなかった。
 
 半日ねばった割には数が少なく、やや残念だ。