日本名はサファリ、 ガソリン2800cc、4気筒。

  半日走ると、エンジンが止まる。時間変化があるのは、キャブレター関係だと思っていたが、じつはイグニッション接点の不良であった。

  走行中に前輪のブレーキシューが割れて、ガラガラ音がしたのは驚いたが、たいした事ではなかった。
現地の職人は、ランドローバーの部品を加工してくっつけてしまった。

  右上の写真はマラウィの北部でスタックした記念。

戻る

1991年 パトロール