端正なスタイルが気に入っていた。

   利用していた車体は、登坂には弱く、いつも水温計を気にしていた。水温が上がって、ラジエターホースが圧力で外れる事もよくあったが
いつもの事なので、あわてないようになった。

   写真はスタックした記念。こんな中央部が盛り上がった道路で、すべったらどうしようもない。

戻る


1992年 トゥルーパー