1998年 撮影




少年たちは町でさまざまな商売をして生活をたてている。

写真の少年は時計、ラジオ、ラジカセ、懐中電灯、ボールペン、ヘッドホン、人形などを売っている。
これらの品物は、基本的には少年が買い取ったものである。


これらの品物を貼り付けたボードを客がいそうな場所に運びつつ、人々に呼びかける。レストラン、ガソリンスタンド、バス停、郵便局のそば、などだ。










戻る


雑貨売り