国境を渡る人と物 3/3




マラウィ中部から運ばれてきたラッカセイ。
二つのズダ袋を合わせた大きな袋であるが、ラッカセイは殻付きなので90キログラム程度である。
タンザニア人の商人が買い付けて国境まで自動車で運ぶ。ソングウェ川まで自動車は着けないので、最後の数キロメートルは自転車で運び、国境は舟で、つまり通関せずに、渡している。
マラウィ側の岸には渡しを待つラッカセイの袋が見える









マラウィからのビールを運ぶ少年。
このビールはマラウィでは2002年に発売された種類でタンザニアの複数の銘柄のビールとビンが同一である。
タンザニアではビールの生産が南ア資本の注入で最近順調になっている。
マラウィには写真のビール以外の種類もあり、1980〜1990年代にはタンザニアに多数運び込まれていたが、現在では写真の種類のビールだけだ。




← 国境を渡る人と物 2/3 へ戻る

written by TAROTAKO
『クロスロード』2003年12月号に掲載したものに加筆させていただきました。





アフリカ案内--タンザニア  へ戻る

タンザニア=マラウィ国境 へ戻る